ダッカ ル パラ ノーマル。 【六王国探検記part.4】4ターンでGRは死ぬ。

【デッキ】ダッカルの凄惨なる牙

ダッカ ル パラ ノーマル

数 カード名 コスト 種類 文明 コメント 1 殿 1 呪文 自然 オーリリアやダッカルの早期降臨。 3 2 呪文 光 同上。 中盤以降弱いけど、STでも使えるのでドッコイ。 4 2 呪文 水 パラノーマルを仕込み、手札の前借 3 2 5 クリ 呪文 光 光 両面が色んなデッキに対して使えるので便利すぎる。 2 3 クリ 水 青単色ST。 幻惑で盾埋めとか、抱えてるとSTヘブフォから出したりとか、面白い札。 1 8 3 クリ 呪文 自然 自然 仕込み枠。 2 4 8 クリ 呪文 自然 自然 メタ枠。 ビート以外の勝ち筋として。 3 4 クリ 水 ループのキーパーツ呪文や打点を止める。 4 4 クリ 光 コンセプト。 無色のコストを増やすのが現環境で意味が薄いけれど、強い効果ではある。 3 5 3 クリ 呪文 光 水 核。 ダッカルやドラゴンWブレイクと合わせてGRのcipでアドとりながら打点生成。 序盤に埋めたサイゾウを戻せるのがつよい。 相手の攻撃に合わせてハイオリーダ起動できるのは面白い。 4 7 クリ 闇 コンセプト。 お祈りダッカルもするので4。 ダッカルパラノーマルのデッキになります。 パラノーマルの強力な効果を、ダッカルで早期起動させましょう。 パラノーマル1枚起動するだけでミッツァイルデッキは軒並み大打撃を受け、型によってはほぼ詰みます。 自分がこのデッキを練り始めた1番の理由で、このデッキの強みだと思います。 デッキの核はハイオリーダです。 ダッカルと一緒に並べれば呪文連打でGR大量展開を行えます。 これもまた強い動きですね。 回収や天啓で手札を回したり、オコラッタやダリファントで除去を行いながら、そのまま打点としてフィニッシュします。 わりかし広い範囲を見れますが、苦手デッキは存在します。 あとは各カード欄に書いた感じです。 採用候補 ・サッヴァーク 耐性付与で殴る場面に貢献。 ザハエルハ御嶺スロチェよりも硬いですが、コンボ狙うための必要な表向き盾が多すぎて抜きました。 ・オーリリア シャッフと違い、初動のラビリンスは手間ではあるが複数呪文を止められる。 ・魂の呼び声 これもデッキトップ仕込みカード。 ダッカルで適当なメタリカを盾に埋めつつ次のターンにハイオリーダ引いて2枚並べられるので面白いカード。 追加アウトレイジ込みで枠が無いので採用見送り。 ・アレキサンドライト シールドゴー専用のダッカル。 6枚見れるのが中々いいですが、今回は枠の都合で採用してません。 決して安いデッキとは言えませんが、個人的には触ってて楽しいデッキです。 カード持っている方は組んでみては。 ダッカルパラノーマルのアイデア握りしめただけの所から始めて 環境デッキ入り混じるvaultフリーで遊べるぐらいまでに調整してる段階が楽しかったみたいな所はありますので、 はじめからコレ使う人にとって楽しいのかは自信ありません。 グレープエモGなどを積む型も増え、ミッツァイル対面も複雑さが増してきた所でのミッツァイル殿堂。 楽しかったです。 ありがとうミッツァイル。

次の

【デッキ】ダッカルパラノーマル(策略のエメラル入り)

ダッカ ル パラ ノーマル

その中の一枚が今回紹介するカードの 凄惨なる牙 パラノーマルです。 今回はこのカードを詳しく見ていきます。 凄惨なる牙 パラノーマルとは 凄惨なる牙 パラノーマル R 闇文明 7 クリーチャー: 7000W・ブレーシールド・ゴーこのカードが自分のシールドゾーンに表向きであれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーすべてのパワーは-3000される。 2013年9月21日発売。 DMR-10 デッド・エンド・ビート にて収録。 シールドゴーで常在効果としてパワーを-3000する効果を持っています。 ただ、シールドに表向きで存在しなければ7コストWブレーのバニラと、お世辞にもこのカード単体は強いと言うことはできません。 しかし、現在のGR環境でこのカードを表向きのシールドとして残すことが出来れば、非常に強力でそれは5000GTにも匹敵します。 」から新たに ギャシールドというギミックが登場し、表向きのシールドに関する効果のカードが増加しました。 強力なカードとして このあたりのカードが目立ちます。 ギャシールドは シールドゴーと似ていますが、かなり使いやすく作られている印象です。 カードを表向きで追加する効果のカードが増えたのが高騰理由の1つです。 ですがもちろんこのカードたちの登場だけで急にパラノーマルが強くなるというわけではありません。 あるカードが大きく影響しています。 「 緑知銀 ル」の存在ですね。 実はこのカードの情報公開された当初に記事を上げていたので、よかったら見てね。 相性抜群!?緑知銀 ルの使い方 主に使うのは このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または自分が呪文を唱えた時、自分の山札の上から1枚目を、表向きにして自分のシールド1つの上に置いてもよい。 」発売前から注目されていたカード。 呪文を唱える度表向きシールドを追加していく効果で、 ルとパラノーマルを採用したデッキが入賞!? 本日はお越しいただきありがとうございました! 優勝 NJ 赤青覇道 準優勝 フォーミュラ 赤白バイク 3位 プププ バーンメア 4位 ングマ・モネネ ルパラノーマル — プレミアムミックスCS mixCS01 ここではデッキの回し方などは省略させていただきますが、このGRの地獄環境で4位は素直に拍手ですね。 「キューブ」や「シークレット」などの古いカードも採用されており、山札の上を操作しルで シールドゴーや ギャシールドを踏み倒していくデッキのようです。 これにより「キューブ」が少し値上がったとかどうとか パラノーマルの値段は今後も上がっていくのか? ここからは完全に私の予想になりますが、今後上がっていくことはないと考えています。 なぜならパラノーマルというカードはGRクリーチャーに対して強く出るカードです。 もちろん複数枚シールドに存在させることが出来ればそうとも言い切れませんが、今後公式からGRクリーチャーの追加は期待出来ませんし、衰退していくと考えています。 新弾は得にパワーが高いクリーチャーが多いことも向かい風です。 ですが、簡単にGRが衰退すると言いましたが、それは殿堂発表でもない限り難しい話でしばらくは環境に変動はないでしょう。 これで上がりまくっても責任はとれん。 最後に 「 凄惨なる牙 パラノーマル」の高騰には新ギミックの ギャシールドの影響が大きく、それと相性が良い 「緑知銀 ル」と共に採用されたデッキが入賞。 そして現在の高騰に至ったと考えられます。 GR環境の今、シールドに置くことが出来れば勝ち!のようなデッキが多いので環境次第ですが、今後GRが増えることはなく殿堂の可能性もあるので徐々に下がっていくと予想しています。

次の

【デュエルマスターズ】《緑知銀ダッカル》や14年前に登場した《シナプス・キューブ》、7年前に登場した《凄惨なる牙 パラノーマル》《進軍する巨砲 クロムウェル》が高騰|デネブログ デュエマの速報・環境

ダッカ ル パラ ノーマル

その中の一枚が今回紹介するカードの 凄惨なる牙 パラノーマルです。 今回はこのカードを詳しく見ていきます。 凄惨なる牙 パラノーマルとは 凄惨なる牙 パラノーマル R 闇文明 7 クリーチャー: 7000W・ブレーシールド・ゴーこのカードが自分のシールドゾーンに表向きであれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーすべてのパワーは-3000される。 2013年9月21日発売。 DMR-10 デッド・エンド・ビート にて収録。 シールドゴーで常在効果としてパワーを-3000する効果を持っています。 ただ、シールドに表向きで存在しなければ7コストWブレーのバニラと、お世辞にもこのカード単体は強いと言うことはできません。 しかし、現在のGR環境でこのカードを表向きのシールドとして残すことが出来れば、非常に強力でそれは5000GTにも匹敵します。 」から新たに ギャシールドというギミックが登場し、表向きのシールドに関する効果のカードが増加しました。 強力なカードとして このあたりのカードが目立ちます。 ギャシールドは シールドゴーと似ていますが、かなり使いやすく作られている印象です。 カードを表向きで追加する効果のカードが増えたのが高騰理由の1つです。 ですがもちろんこのカードたちの登場だけで急にパラノーマルが強くなるというわけではありません。 あるカードが大きく影響しています。 「 緑知銀 ル」の存在ですね。 実はこのカードの情報公開された当初に記事を上げていたので、よかったら見てね。 相性抜群!?緑知銀 ルの使い方 主に使うのは このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または自分が呪文を唱えた時、自分の山札の上から1枚目を、表向きにして自分のシールド1つの上に置いてもよい。 」発売前から注目されていたカード。 呪文を唱える度表向きシールドを追加していく効果で、 ルとパラノーマルを採用したデッキが入賞!? 本日はお越しいただきありがとうございました! 優勝 NJ 赤青覇道 準優勝 フォーミュラ 赤白バイク 3位 プププ バーンメア 4位 ングマ・モネネ ルパラノーマル — プレミアムミックスCS mixCS01 ここではデッキの回し方などは省略させていただきますが、このGRの地獄環境で4位は素直に拍手ですね。 「キューブ」や「シークレット」などの古いカードも採用されており、山札の上を操作しルで シールドゴーや ギャシールドを踏み倒していくデッキのようです。 これにより「キューブ」が少し値上がったとかどうとか パラノーマルの値段は今後も上がっていくのか? ここからは完全に私の予想になりますが、今後上がっていくことはないと考えています。 なぜならパラノーマルというカードはGRクリーチャーに対して強く出るカードです。 もちろん複数枚シールドに存在させることが出来ればそうとも言い切れませんが、今後公式からGRクリーチャーの追加は期待出来ませんし、衰退していくと考えています。 新弾は得にパワーが高いクリーチャーが多いことも向かい風です。 ですが、簡単にGRが衰退すると言いましたが、それは殿堂発表でもない限り難しい話でしばらくは環境に変動はないでしょう。 これで上がりまくっても責任はとれん。 最後に 「 凄惨なる牙 パラノーマル」の高騰には新ギミックの ギャシールドの影響が大きく、それと相性が良い 「緑知銀 ル」と共に採用されたデッキが入賞。 そして現在の高騰に至ったと考えられます。 GR環境の今、シールドに置くことが出来れば勝ち!のようなデッキが多いので環境次第ですが、今後GRが増えることはなく殿堂の可能性もあるので徐々に下がっていくと予想しています。

次の