引越し 安い サカイ。 一人暮らしの引っ越しは単身パックが格安!料金が安い業者ランキング

サカイ引越センターの引越し見積もり料金を安くする方法 | 引越し見積もりを安くする方法

引越し 安い サカイ

引越し料金は、引越しする時期によって変動します。 とくに注意したいのが、引越し業者に依頼が集中する3〜4月。 この時期は繁忙期と呼ばれ、それ以外の時期(通常期)に比べて、引越し料金が高めに設定されています。 繁忙期と通常期の引越し見積もり料金の平均をまとめたのが以下の表です。 引越し見積もり料金が高い時期(繁忙期)は3月と4月 引越し業者に依頼が集中するのは3〜4月です。 入学や卒業、就職、転職など、新生活がスタートさせる方が増えるこの時期、引越し業者は繁忙期をむかえます。 繁忙期となると、引越し業者では作業を担当するスタッフや手配できるトラックが不足しがちに。 そのため、希望した日に引越し予約をとりづらくなります。 繁忙期に引越しを予定している方は、引越し難民とならないためにも、早めに引越しの計画を進め、予定日を押さえておくことが大切です。 できるだけ安く引越しすることを優先したい場合は、繁忙期を避けて引越しするのがよいでしょう。 引越し見積もり料金が安い時期(通常期)は5~2月 繁忙期を除く、5〜2月は通常期と呼ばれます。 ゴールデンウィークがある5月、人事異動にともなって転勤が増える9月など、通常期でも引越し業者への依頼が一時的に増えることはありますが、繁忙期のように件数が多くなることはないようです。 通常期は、繁忙期に比べると引越し見積もり料金が安くなる傾向があります。 安く引越ししたい方は、ぜひこの時期に引っ越すとよいでしょう。 ただ、単身者の場合と比較して、繁忙期と通常期との差額が大きくなっています。 家族の引越しでは、休みを合わせたり、子どもの学校の事情があったりと、3月や4月の引越しが避けられないケースが多く、繁忙期に引越しが集中しやすい傾向があるのかもしれません。 単身者の引越し見積もり料金が安くなるのは11月、12月、8月 では、引越し見積もり料金が最も安くなるのはいつでしょうか。 以下の表は、単身者の引越しにかかった費用を月別にまとめたものです。 次いで8月が安く、45,746円です。 逆に、引越し料金が最も高いのは3月で58,168円、次いで4月が高く、55,010円です。 引越し料金の最安値と最高値との差額は、最大で13,135円となっています。 荷物が多い単身者の引越し料金が最も安くなるのは11月で、56,935円。 次いで8月が安く、58,447円です。 逆に、引越し料金が最も高いのは3月で87,643円、次いで4月が高く、81,943円です。 引越し料金の最安値と最高値との差額は、最大で30,708円となっています。 時期によって料金が変動することについて、アート引越センターの塚本斉さんに伺いました。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でも例えば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、そのなかでも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 3〜4月にかけて引越しの依頼が集中するため、3月・4月の料金が高くなるわけですね。 ただし、同じ3月でも、引越し料金を安くするためには、下旬より上旬に引越しするほうがよさそうです。 それぞれ、75,567円、93,538円となっています。 4人家族の引越し料金が一番安くなるのは6月で119,801円です。 逆に、引越し料金が一番高いのが3月。 2人家族は118,811円、3人家族は153,053円、4人家族は188,056円です。 引越し料金が最も高くなる月と安くなる月の差額は、2人家族で43,244円、3人家族で59,515円、4人家族で68,255円に。 単身者と同様、家族やカップルの場合でも、繁忙期の引越し料金が通常期に比べて大幅に高くなっていることが分かります。 引っ越し料金は、引っ越しする時期や家族の人数によって大きく変動することが分かりました。 では、やむをえず繁忙期に引っ越しする場合、引っ越し料金を安くするにはどうしたらよいのでしょうか。 ここからは、引っ越し料金を安くするための方法をご紹介します。 1:複数の引越し業者の見積もりから一番安い料金を選ぶ 引っ越し料金は業者ごとに異なるため、最も引っ越し料金が安い業者を見つけるためには、複数の引っ越し業者から相見積をとり、比較する必要があります。 とはいえ、何社にも見積もりを依頼するのは面倒なもの。 そんなときに役立つのが、一括見積もりサイトです。 引っ越しに関する基本的な情報を入力するだけで、大手から中小まで、さまざまな引っ越し業者に見積もりを依頼することができます。 各社が提案する引っ越しの料金が一目で分かるので、簡単に最も安くなる業者を探し出すことができます。 2:訪問見積もりを依頼する 電話やネットで引越し見積もりをすると、荷物の量を自分で申告するので、あやまって多めに申告してしまうこともあります。 そうすると、見積もり料金が実際よりも高くなってしまう可能性があります。 荷物の量を正確に把握する自信がない場合は、訪問見積もりを利用するのもよいでしょう。 訪問見積もりとは、引っ越し業者に自宅を訪問してもらい、荷物の量などを実際に見て確認しながら引っ越し料金の見積もりを依頼することを言います。 訪問見積もりでは、熟練のスタッフが見積もりしてくれるため、正確な引っ越し料金を知ることが可能です。 実際、引っ越し会社の営業担当者に、訪問見積もりが本当に必要かどうか聞いてみたところ、どの引っ越し業者も「訪問見積もりしたほうが引っ越し見積もり料金が安くなることが多い」と回答しています。 また、訪問見積もり時に引越し料金を安くしてもらうよう交渉することもできます。 なかには「いま決めてくれたら〜円安くします」と即決を条件に値引きを提案する引越し業者もあります。 ほかにも検討したい引越し業者がある場合、見積り額に納得いかない場合は、きちんと断りましょう。 3:引越し前に不用品をできるだけ処分する 荷物を減らし、引っ越しに使用するトラックの大きさをサイズダウンできれば、大幅に引っ越し見積もり料金を抑えることが可能です。 引っ越しの荷物がどのサイズのトラックでまかなえるのかを知るのは難しいもの。 そこでトラックの大きさごとの引っ越し料金相場を以下にまとめました。 【トラックの大きさごとの料金の相場】 トラックの種類 大きさ 荷物量の目安 料金の目安 軽トラック 約5~5. 5㎥程度 単身(荷物小) 34,372円 1. 5トントラック 2トンショートトラック 約10~11㎥程度 単身(荷物大) 48,697円 2トンロングトラック 2. もしこれを2. 5トントラックにサイズダウンすることができれば、引っ越し料金は69,887円に。 14,187円も安くすることが可能です。 引っ越しの荷物を減らすには、不用品をできるだけ処分するのがおすすめです。 使い古して捨てようかと迷っている大きな家具など、引っ越しする前に捨てることができれば、ワンサイズ小さいトラックを使用できるかもしれません。 引っ越し料金を安くすることを優先するのであれば、引っ越し後ではなく引っ越し前に不用品の処分を検討しましょう。 4:大安を避ける 縁起がよいとされる大安を避け、仏滅や赤口などを選ぶことで、引っ越し見積もりが安くなる場合があります。 引っ越しする日のお日柄を気にする方は少なくありません。 とくに参考にされることが多い暦注が六曜。 そのため、縁起がよいとされる大安の日に引っ越し依頼が増える傾向にあり、割引が適用されにくくなる可能性が高まります。 縁起のよい悪いはあまり気にしない、それよりも引っ越し料金が安くなるほうがよいという方は、ぜひ仏滅や赤口を狙ってみるとよいでしょう。 5:早めに引っ越し見積もりを申し込む 早めに引っ越し見積もりを申し込むのも得策です。 早いうちから引っ越し会社に混雑していない日を問い合わせ、提案された日に引っ越しを依頼することで、値引きを検討してくれる引っ越し業者もあるからです。 早めに引っ越し予約すると、「早割」のようなサービスを受けられるケースもあります。 引っ越しすることが早くから分かっている場合は、日程に余裕をもって早割りサービスを積極的に利用するとよいでしょう。 6:梱包・荷ほどきは自分で行うプランに 引っ越しの荷物の梱包や荷ほどきを自分で行うプランを選択することで、引っ越し見積もり料金が抑えられます。 引っ越し業者には、梱包や荷ほどきなどをすべて業者まかせにできるプランがあるのが一般的です。 そのようなプランでは、引っ越し作業の手間が少ない反面、料金が高くなる傾向があります。 引っ越し料金を安くするのであれば、荷物の運搬以外の周辺的な作業を自分でするプランを選びましょう。 7:単身者なら単身パックがおすすめ 単身者であれば、単身パックを利用することで引っ越し見積もり料金を安くすることが可能です。 荷物が少ない単身者向けに、多くの引っ越し業社が単身パックを用意しています。 単身パックとは、引っ越し業者ごとにコンテナを用意し、それに収まる荷物だけを運ぶプラン。 輸送できる荷物が少ない代わりに、料金が安くなっているのが特徴です。 引っ越し業者が提供する単身パックには以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン内容 コンテナサイズ 日本通運 「単身パックS」「単身パックL」の2種類から選択できる。 混載便とは、同じ方面に向かうトラックの荷室を共有し、引っ越しの荷物をまとめて運ぶ引っ越しトラックのこと。 引っ越し業者が提供する混載便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 プラン特徴 アーク引越センター ミニ引越し長距離プラン ワンルーム〜1LDKまでの少ない荷物の量で長距離(100km以上が目安)の引っ越しの場合に利用できる。 大型家具・家電の荷造りや運び込み、配置などはスタッフが対応。 1台のトラックで複数の引っ越しをまかなうため、引っ越し見積もり料金が安く設定されています。 運搬できる荷物の量が限られているため、荷物の量が少ない方はぜひ確認してみてはいかがでしょうか。 9:コンテナ便を利用する 荷物の量が多い方は、コンテナ便を利用することで引っ越し見積もり料金が安くなるかもしれません。 コンテナ便とは、JRの貨物用コンテナを使って引っ越しの荷物を運ぶ方法のこと。 トラックの燃料費や人件費を削減できるぶん、引っ越し見積もり料金が安く設定されています。 単身者だけでなく、家族のように荷物が比較的多くても利用できる場合があります。 引っ越し業者が提供するコンテナ便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 プラン特徴 アリさんマークの引越社 長距離エコ便 引っ越し業者のスタッフは、旧居での荷造りと搬出、新居への搬入と最寄り貨物駅まで/からのトラック輸送を担当。 長距離エコリーズナブルパック 引っ越し業者のスタッフは、旧居での荷造りと運び出し、新居での搬入作業などを担当。 ただし、通常の引っ越しよりも輸送日数が余計にかかる傾向があり、住まいと駅が離れていると、かえって費用がかかるケースもあるので注意が必要です。 10:長距離の引越しなら帰り便が使える場合も 帰り便が利用できれば、引っ越し見積もり料金を安くすることが可能です。 帰り便とは、引っ越し作業を終えて帰途につく空のトラックを有効活用するプランのこと。 引っ越し料金には、往復分の運賃が含まれるのが一般的です。 ところが、帰り便で必要なのは片道分の運賃だけなので、引っ越し見積もり料金が安く抑えられます。 引っ越し業者が提供する帰り便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 料金(税別) プロスタッフ 長距離引越し格安プラン 52,000円〜(関西方面) 42,000円〜(中部方面) 66,000円〜(中国方面) 76,000円〜(四国方面) 91,000円〜(九州方面) 55,000円〜(東北方面) ただし、帰り便では、あくまで往路を行く便が優先です。 そのため、日にちや時間帯の希望が通らない可能性も少なくありません。 11:フリー便や午後便がお得! 引っ越し見積もり料金は引っ越し時期だけでなく、引っ越しする時間帯によっても変動します。 とくに予約が集中しやすい午前中に作業を開始するほうが午後よりも高くなる傾向があるようです。 そのため、時間指定をしないフリー便や午後便を利用することで、引っ越し見積もり料金を安くすることができます。 ただし、引っ越しの移動距離が長く荷物の量も多い場合は注意が必要です。 引っ越し作業に時間がかかり、その日のうちに作業が完了しなかった場合、追加料金を請求される場合があるからです。 事前に引っ越し業者に相談するとよいでしょう。

次の

引越し見積もり料金が一番安くなる時期を徹底調査。月別料金データと引越し代を安くするコツ|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越し 安い サカイ

「 サカイ引越センターに頼むと、いくらかかる?」 「 サカイ引越センターの料金を抑える方法が知りたい!」 サカイ引越センターで引っ越しの費用を節約したいなら「小口便引越サービス」です。 今回、見積もりを依頼したところ、 専用のBOX1台であれば最安値の44,000円で済ませることができました。 ただし、同じ専用BOXに荷物を積むプランであれば、他社のサービスの方が安くなります。 また、「小口便引越サービス」は長距離プランのため、同一県内や市内への引っ越し向けではありません。 ただし、運ぶ荷物の量や距離で、引っ越しの費用は変わってきます。 また、土日祝日に作業を依頼すると追加料金もかかります。 自分に合った最安値プランを探すためにも、複数社の見積もりを比べるといいでしょう。 一括見積もりサービスなら、一社ずつ依頼する手間も省け、フォーム送信から1分ほどで結果がわかるので便利です。 一括見積もりサービスを利用して、引っ越し費用を抑える工夫をしてみましょう。 サカイ引越センターの料金目安• サカイ引越センター「小口便引越サービス」は44,000円~• 他社の単身パックの方が安くなる可能性が高い• サカイ引越センターで値下げ交渉するなら、他社の見積もりがあるとよい• 他社の単身パック料金を比較検討するなら、「」を利用すると便利 目次• サカイ引越センターの単身者向けプラン「小口便引越サービス」 「小口便引越サービス」は、少量の荷物を費用をかけずに運びたい単身者向けのサービスです。 今回、当メディアのスタッフが「小口便引越サービス」を利用すべく見積もりを依頼しました。 結果、専用BOX1台に積める荷物量なら最安値で44,000円になることがわかりました。 スタッフが依頼した見積もり内容は以下の通りです。 上記の荷物は「BOX1台にぎりぎり積める量」とのことでした。 サカイ引越センターの対象エリア 「小口便引越サービス」の対象エリアは以下の通りです(2020年6月)。 東北エリア:宮城県・山形県・福島県• 関東エリア:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県• 北陸エリア:石川県・富山県・福井県• 関西エリア:滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・兵庫県• 九州エリア:福岡県・佐賀県・大分県・熊本県 上記エリア外の引っ越しには対応していません。 また、長距離専用のサービスなので、同一エリア内における引っ越しも対象外となります。 さらに、「小口便引越サービス」は梱包資材を無料で提供してくれません。 有料オプションを利用するか、自身で用意する必要があります。 以上の特徴をふまえ、 サカイ引越センターを利用するのであれば、値下げ交渉を試みるのもよいでしょう。 他社と比較したサカイ引越センターの料金相場 サカイ引越センターの単身パックと他社の単身パックで料金比較をしてみました。 いずれにせよ、 サカイ引越センターに決める前に、複数社から見積もりを取り寄せるとよいでしょう。 サカイ引越センターの料金を安くする方法 サカイ引越センターでは、必ず訪問見積もりを実施しています。 Webで依頼できる見積もりはあくまで目安です。 実際の料金は荷物量をチェック後に確定します。 サカイ引越センターに見積もりを依頼する際は、まず公式サイトの「」を確認しましょう。 カレンダー内で「赤字覚悟」や「勉強しまっせ!」の日を選ぶと、通常より安くなる可能性が高まります。 さらに、 訪問見積もりでは値下げ交渉が欠かせません。 交渉材料の一つとして他社の見積もりを提示してみましょう。 「同じ条件なら他社の方が安かった」と説得できれば、値下げに応じてくれるかもしれません。 そのためにも、一括見積もりサービスで複数社の見積もりを用意しておくようにしたいですね. サカイ引越センターで引越し準備を楽にしたい人向け「らくらくコース」 サカイ引越センターには、忙しくて荷造りに時間が割けない人向けの「らくらくコース」もあります。 らくらくコースプレミアム:引っ越しの作業すべてを任せることができ、引っ越し後には「ダスキンのお掃除サービス」を3回利用できる• らくらくAコース:引っ越しの作業すべてを任せることができる• らくらくBコース:小物の荷ほどき以外を任せることができる• らくらくCコース:食器など梱包の難しいものの作業を任せることができる 上記の通り、引っ越しのプロに作業を任せることができるプランです。 ただし、 当然ながら「小口便引越サービス」よりも料金は高くなります。 サカイ引越センターの有料オプション一覧 サカイ引越センターはオプションの種類も豊富です。 少し費用はかかっても故障・損傷のリスクを抑えたいものについては、以下の有料オプションを検討しましょう。 ハウスクリーニング:ダスキンのスタッフによる清掃• 資材回収:ダンボールなどを1回1,000円(税別)で回収 サカイ引越センターはダンボールの回収は有料です。 予約をキャンセルする場合も、ダンボールの引き取りは有料になる可能性があるので注意しましょう。 引っ越し費用を抑えたいなら「一括見積もりサービス」 ここまで、サカイ引越センターの料金について紹介してきました。 サカイ引越センターで費用を抑えたいなら、少量の荷物を運んでくれる「小口便引越サービス」を検討しましょう。 専用BOX1台に荷物が収まれば最安値で44,000円となります。 ただし、同じ専用BOXに荷物を積むプランであれば、他社のサービスの方が安くなります。 また、「小口便引越サービス」は長距離プランのため、同一県内や市内への引っ越し向けではありません。 一括見積もりサービスなら、 フォームを送信すれば1分ほどで結果を受け取ることができますよ。 サカイ引越センターの料金目安• サカイ引越センター「小口便引越サービス」は44,000円~• 他社の単身パックの方が安くなる可能性が高い• サカイ引越センターで値下げ交渉するなら、他社の見積もりがあるとよい• 他社の単身パック料金を比較検討するなら、「」を利用すると便利.

次の

サカイ引越センターの単身パックの料金相場と安い単身プランの選び方

引越し 安い サカイ

したがって、この地域以外の引越しになると、サカイの小口便引越サービスは利用できません。 その場合は、下記で紹介するサカイの「せつやくコース」を検討してみましょう。 この金額は、私が過去にサカイから見積もりを取ったときの料金や、口コミ情報を参考にしたものです。 この相場金額はあくまでも目安になりますが、それでもトラックをチャーターする通常プランに比べれば確実に安いです。 サカイの単身パックの料金は見積もりで提示してもらう必要がある ただし、時期や移動距離、荷物量によって料金は変わります。 ですから、サカイの単身パックの料金は、基本的に見積もりを取ったうえで提示してもらうことになります。 日通やクロネコヤマトの単身パックについては、各社のホームページで料金の目安が公表されています。 しかし、サカイの場合は、見積もりでの料金提示になるため、料金の目安は公表されていません。 サカイ引越センターの単身パックはダンボールなどの梱包資材が有料 通常の引越しプランでは、ダンボールなどの梱包資材が無料サービスで付いていることがほとんどです。 しかし、サカイの小口便引越サービスには無料ダンボールが付いていません。 これは、日通やクロネコヤマトの単身パックでも同様です。 したがって、 単身パックを利用する場合は、基本的に資材セットを別途購入する必要があります。 サカイ引越センターで購入できる資材セットは、以下の3種類があります。 サカイの梱包資材セット(有料) セット名・金額 セット内容 【Aパック】 3,000円+税• ダンボール大 5個• ダンボール小 5個• ガムテープ 1本• ふとん袋 1枚 【Bパック】 6,000円+税• ダンボール大 5個• ダンボール小 5個• 食器包装紙 100枚• エアキャップ 10m• ハンガーボックス• ガムテープ 1本• ふとん袋 2枚 【単身資材パック】 5,000円+税• ダンボール大 10個• ダンボール小 10個• ガムテープ 1本• ふとん袋 1枚 このように、梱包資材だけでも数千円の費用がかかります。 ですから、小口便引越サービスを検討するときは、 ダンボールなどの資材費も含めた見積もりを取ることが重要です。 サカイ引越センターの単身パックは電話見積もり不可 日通やクロネコヤマトの場合、単身パックの見積もりは電話のみで可能です。 気軽に単身パックの見積もりが取れるため、利用しやすいのが特徴です。 しかし、前述のとおり、 サカイの小口便引越サービスは「訪問見積もり」が前提になります。 そのため、日通やクロネコヤマトの単身パックよりは見積もりに手間がかかります。 ただ、場合によっては、単身パックが最適なプランではない可能性もあります。 そういった意味では、訪問見積もりで直接相談できるサカイのほうが好都合です。 サカイ引越センターの単身プラン「せつやくコース」の特徴 サカイの単身パック「小口便引越サービス」は、確かにお得なプランではあります。 しかし、「対象エリアが限定される」「荷物量が制限される」「資材が有料」など、何かと不便な点があるのも事実。 そこで、検討してほしいのが、サカイの「 せつやくコース」です。 せつやくコースは、小物の荷造りはすべて自分で行うプランで、費用の節約が可能です。 サカイの「せつやくコース」の特徴• 自分で小物の荷造り・荷ほどきをする• 費用を安く抑えられる• 荷造りの時間が取れる人向け 「せつやくコース」といっても、家具や家電の梱包などはすべてサカイの作業員が行ってくれるため、基本的なサービス内容は通常の引越しプランと変わりません。 せつやくコースはトラックを1台チャーターする引越しプランですから、単身パックの料金よりは高いですが、割安なプランであるのは確かです。 せつやくコースは「無料の梱包資材」付き せつやくコースの場合、小口便引越サービスにはなかった 無料梱包資材が付いています。 そういった意味では、追加費用を気にする必要はありません。 せつやくコースは荷物量が制限されない また、単身パックのように 荷物量が制限されることもありません。 ですから、単身パックのボックスにうまく荷物が収まらない場合は、せつやくコースを検討してみましょう。 せつやくコースは「10分間サービス」付き さらに、せつやくコースには「10分間サービス」が付いています。 10分間サービスとは、「 最後の10分間、簡単な作業であれば何でもお願いできるサービスのこと」です。 たとえば、「簡単な掃除」や「家具の配置換え」、「照明の取り付け」など、あと少し手伝ってほしいところの作業をお願いすることができます。 「10分間サービス」は小口便引越サービス(サカイの単身パック)には付いていないので、この点はせつやくコースの大きな特徴と言えます。 訪問見積もりでサカイのスタッフから最適なプランを提案してもらおう それでは、ここまでのポイントをまとめます。 小口便引越サービス せつやくコース• 専用ボックスで輸送する引越しプラン• 荷物量やサイズが制限される• サカイのなかで最安プラン• 訪問見積もりが必要• ダンボールなどの梱包資材は別途有料• 単身者向けのプラン• 自分で小物の荷造り・荷ほどきをする• 無料の梱包資材付き• サービス内容は通常プランとほとんど変わらない• 10分間サービスが付いている 小口便引越サービスはお得ではありますが、さまざまな条件がつくので利用しにくいプランです。 一方、せつやくコースはほとんど条件に縛られることがないので、費用を安くできる現実的なプランと言えます。 いずれにしてもサカイの場合は、訪問見積もりが必要になります。 まずは 営業スタッフに荷物状況などを見てもらい、そのうえで最適なプランを提案してもらうのが確実です。 他社の単身見積もりと比較して、サカイの料金を値引きしてもらう裏ワザ ここまで、サカイの単身向けプランの特徴について説明しました。 費用の節約を考えている人には、どれも有力な選択肢になるはずです。 その際は、「 一括見積もりサービス」を利用すると便利です。 一括見積もりサービスの特徴は、次のとおりです。 一括見積もりサービスって何?• サカイを含め、複数社にまとめて見積もり依頼ができる• 各社の料金やサービス内容をすぐに比較できる• 業者同士で競争が起こり、自然と見積もりが安くなる• 他社の見積もりを引き合いに出し、値引き交渉を有利に進められる• 嬉しいキャンペーン特典がたくさんある• 無料で利用できる つまり、簡潔に言うと、一括見積もりとは「 引越し業者をカンタンに比較できるサービスのこと」です。 したがって、一括見積もりは業者選びの際には欠かせないサービスです。 また、複数社の見積もりを比較すれば、値引き交渉を有利に進められるのも大きなメリットです。 たとえば、ほぼサカイに決めていたいとしても、 もっと安い他社の見積もりを引き合いに出せば、サカイの料金がさらに安くなる可能性があります。 ですから、値引き交渉をするうえでも、複数社から見積もりを取ることが肝心です。 一括見積もりは無料のサービスです。 「サカイの見積もりを安くしたい!」「とにかく安い業者がいい!」という人は、ぜひ利用することをオススメします。 ただし、荷物量などに制限があるため、どのようなケースでも利用できるとは限りません。 もちろん、単身向けのプランは「単身パック」だけではありません。 各社からさまざまな単身プランが提供されています。 ですから、できるだけ多くの業者から見積もりを取り、その上で、あなたにとって最適なプランを選ぶことが大切です。 そうすれば各社の料金も比較できるので、結果的に、最もお得なプランを選ぶことにもなります。 ただ、1社1社に電話をして見積もりを依頼するのは面倒なので、「一括見積もりサービス」を使い、各社をカンタンに比較しましょう。 これが、引越し業者を賢く選ぶためのコツです。 引越し料金をできるだけ安く抑えたくても、どの業者を選べばいいか迷いますよね。 そこでオススメなのが 『 一括見積もりサービス』です。 一括見積もりとは、複数社にまとめて見積もりの依頼ができるサービスのこと。 カンタンな情報を入力するだけで、 各社の概算料金をWeb上ですぐにチェックできます。 ですので、「少しでも安い業者を選びたい!」という方にはとても便利なサービスです。 実際に私もサービスを利用したことがありますが、一人暮らしの引っ越しでも、一番高い業者と一番安い業者の差は 5万3,000円にもなりました! 依頼内容はいっしょなのに、引越し業者によって料金がこんなに違うなんて・・・。 もちろん、サービス内容にも納得した上で、一番安い業者を選びました。 一括見積もりは無料のサービスです。 引越し業者を選ぶ際は、ぜひ気軽に利用してみてくださいね。 一番安い業者がすぐに見つかる! サカイやアート、アークなど、有名会社からまとめて見積もりを取れるのが 『 引越し達人』です。 〈引越し達人の特徴〉• 大手から地域密着まで全国210社以上と提携• 最短30秒のカンタン入力で、各社の料金をWeb上で比較• 引越し料金が最大55%OFF• サービス内容や口コミもその場でチェック• お得な限定特典が豊富• 見積もりだけでもOK• 完全無料 『引越し達人』は各社の料金をウェブ上ですぐにチェックできるので、1番安い引越し業者が一発で見つかります。 引っ越し費用をできるだけ抑えたい方は、最大55%オフになる『引越し達人』で料金を比較してみてくださいね。 一番安い引越し業者が見つかる! SUUMO(スーモ) 電話登録ナシで一括見積もりできる! こちらは、リクルートが運営する 『 スーモ』の一括見積もりサービスです。 『スーモ』の特徴は、電話番号の登録が【任意】になっていること。 引越し業者とのやりとりをメールで済ませることができます。 「引越し業者からの営業電話に対応したくない!」という方には、スーモの一括見積もりサービスをおすすめします。 電話登録ナシで一括見積もりをゲットする.

次の