おもしろいらすとや。 新入社員のおもしろい失敗談&仕事のミスエピソードまとめ

【レクリエーションゲーム 厳選20選】大学生に絶対おすすめ。盛り上がるレクを紹介!

おもしろいらすとや

A4の紙2枚に印刷して貼り合わせるA3版、A4版の2種類が配布されています。 このすごろくを使えば、楽しみながら、特定の音 【さ行】【た行】【か行】【ら行】【い列】で始まる言葉の 発音を練習ができます。 例えば【さ行】のすごろくでは、全てのマスに「さんま」「せんべい」「そり」など、さ行の言葉が書かれていますよ。 止まったマスを楽しく音読しながら、すごろくで遊んでみてくださいね。 A4の紙2枚に印刷して貼り合わせるA3版、A4版の2種類が配布されています。 」「じぶんのすきなたべものを みんなにおしえる」など、 遊ぶ人とのコミュニケーションを指示するマスが楽しいすごろくです。 コミュニケーションが取れ、自然と友達との距離が縮まるのはもちろん、順番やルールについても学ぶことができます。 A4の紙2枚に印刷して貼り合わせるA3版、A4版の2種類が配布されています。 モノクロ・線のみでイラストも多く入っているすごろくなので、塗り絵もできますよ。 PDFファイルが配布されています。 「てんしにであった」マスに止まれば良いことがたくさん起こる天国に移動できる、逆に「あくまがでてきた」に止まれば地獄に…と、マスの構成も凝っていて面白いですよ。 コマやさいころも組み立てて作れるので、何も道具を持っていなくても、これをダウンロードするだけで遊べるのが嬉しいですね。 A4サイズのPDFが2枚配布されています。 こちらも、コマとサイコロを組み立てて使うことができます。 ニックン&セイちゃんと、楽しくソフトクリームランドを冒険してみてくださいね。 PDFが2枚配布されています。 大人数で遊んだら盛り上がりそうですね! PDFが1枚配布されています。 マス数:約55マス 簡単な漢字にはフリガナは無いので、小学生以上におすすめです。 楽しみながら 環境問題を学ぶことができます。 マスの指示が細かく、マスの数も多いので、無料配布されているすごろくながら市販の人生ゲームのようなクオリティ。 とても楽しめますよ。 PDFが1枚配布されています。 マス数:約200マス フリガナがなく、指示も細かなので、小学校中学年以上のお子さまにおすすめです。 特定のマスにとまると、指示やクイズのカードをひいてゲームを進めるので、 何度遊んでも新鮮な気持ちで楽しめます。 楽しく遊びながら エコロジーに関して知ることができるので、ぜひ親子で挑戦するとともに、身近なエコロジーについて話し合ってみてくださいね。 こちらも、組み立て式のこま・サイコロがついています。 PDFが5枚配布されています。 マス数:約65マス フリガナがないので小学校中学年以上のお子さまにおすすめです。 遊びながら 下水道の仕組みや、水の循環における下水道の役割について、深く学ぶことができます。 PDFが1枚配布されています。 マス数:約100マス 上下水道について学校でも学ぶ、小学校中学年のお子さまにおすすめです。 なんとも言えないゆるさがたまらず、子供よりも大人が夢中になってしまいそうな可愛さです。 色使いもナチュラルでかわいく、ブランドの世界観が伝わるおしゃれなすごろくなので、出しっぱなしにしておいてもかわいいのが嬉しいですね。 PDFが配布されています。 マス数:約55マス 漢字にフリガナはついていませんが、指示は簡単なので就学前のお子さまとも遊べます。 遊び方はまず、都道府県のパズルのピースを、ばらばらにしてすごろくのマスの上に置きます。 サイコロを振って、止まったマス目の上に置いてある都道府県のピースを取り、自分の白地図の上に置いていきましょう。 PDFが配布されています。 待ちに待った明日の遠足のためお弁当の材料とお菓子を買うというストーリーで、 止まったマスの商品を買う・買わないを選びながらプレイします。 《1000円をもってスタート、おかず・やさいを両方買う・おかしは300円まで》という、 リアルなルールを守りながらゴールを目指します。 「消費者市民」として、必要なものと欲しいものをしっかり分けて考える、買い物は計画・記録する、自分で選ぶといった学びを、日常生活でも生かして欲しいという思いをこめて作られているすごろくです。 親子で楽しみながら学んでみてはいかがでしょうか? PDFが配布されています。 mext. 表面はユニバーサル社会についての解説、裏面はすごろくになっています。 街のユニバーサル設備を紹介するマスの他に、「和式便器はケガをした時に使いにくいよ。 どんな便器だったらよかったと思う?」「エレベーターにある、車いすを使っている人のための押しボタンを押すと、何が変わるのかな?」といったクイズ形式のマスもあり、 知る+考えることができるすごろくです。 A2版・A3版のPDFが配布されています。 一気に順位が逆転し 、今までと逆方向に進むことになります。 2人目が止まったら元に戻ります。 最後まで勝敗がわからなくなるので面白いですよ。 ゴール近くよりも、 中盤に配置するとよいでしょう。 止まった人は、20秒エアギターを演奏しなければならない、罰ゲームのような 「エアギター演奏マス」はいかがでしょうか。 流す曲は、残りのメンバーの話し合いで決めるのが楽しいですね。 こちらも、「恥ずかしがらずに全力でやりきったら3マス進む」など、追加ルールを決めてもいいでしょう。 「ゴールまで、喋るときは語尾にざますをつける」など、 語尾を指定するマスを作ってみてください。 その人が何かしゃべる度に、爆笑間違いなしです。 語尾は、「にゃー」「だっちゃ」「ズラ」など、色々工夫できそうですね。 もし語尾をつけ忘れて話したら、3マス戻る…という追加罰ゲームもあるとよいかも。

次の

ラスト シンデレラ

おもしろいらすとや

まずは上司に叱られた新入社員のおもしろいミスや冷や汗が出てしまうような失敗ネタをまとめました。 先輩社員の人も、新入社員の時に仕事で、このようなミスをしたことがあるのではないでしょうか? ・仕事上の重要書類をシュレッダーにかけて粉々にした。 ・シュレッダーに紙を詰めすぎて壊した。 要らない書類が山になりました…。 ・先輩との資料読み上げ作業中に寝た。 しかも、うなされていたらしい。 ・一人では運べない大量のごみ捨てを、積極性が大事だと考えて「私がやります! 」と買って出た。 結果、廊下にゴミをぶちまけていた。 ・宛先を確認せず重要なメールを競合他社に送信した。 上司にこっぴどく叱られた。 ・前日緊張して眠れなかったため、入社式で爆睡した。 新入社員は緊張や焦りから、さまざまなミスをしてしまうもの。 居眠りぐらいならおもしろいミスで済みますが、宛先間違えや重要書類を粉々にしたなんて失敗談は、トラウマになってしまうかも…。 ・上司宛の電話を取り次いだ。 名前が聞き取れず「出てからのお楽しみです」と電話を繋いだ。 もちろん、電話を終えた後に注意された。 ・朝のラッシュで、初めてホームでマイクを持ったとき、緊張のあまり「で で で電話が参ります」と言った。 ・短縮を押さないで110番にFAXをした。 警察から間違ってますよと電話がかかってきた。 ・「これB4でコピーお願いします」と頼まれて、地下に続く階段を降りて地下4階に行こうとした。 ・宛名に御中ではなくて「want you」と書いた。 ・有限会社の(有)をアルファベットで「U」と書いた。 発想がすごいと言われた。 ・お客さんから名刺を渡され、先輩に「名刺の名前で領収書をきって」と指示された。 次の瞬間、領収書と一緒に名刺をハサミで切った。 初々しい新入社員は発想も奇抜です。 ネタとして、いつまでも語り継がれそうなものまで。 電話をしたら、「今、パチンコ中で、当たっちゃって戻れないんです」早く会社戻れ。 ・出向に来た新人らしい女性が、社内でポテトチップを食べていた。 すぐに追い出した。 ・朝礼の時に新人が倒れた。 具合が悪いのかと思ったら、ゲームのし過ぎで寝ていないんだとか。 ・新入社員が所長を「村長!」と呼んでいた。 社内の皆は大爆笑だった。 「村長」はネタとしてからかわれるぐらいで済みそうですが、休憩中のパチンコはひどいですよね。 休日にやりましょう!出向先でポテチを食べるのはいくらお腹がすいていたからとはいえ、良くないですね。 仕事中だという自覚がないと、怒られるのは仕方ありませんね。 「はあ?」みたいな顔をされた。 ・人を容姿で覚えていて、社内にいる太った人やバーコードハゲの名前がごちゃ混ぜになって、名前が呼べない状態に…。 ・上司に年賀状を出したら、名前の漢字が思いっきりまちがっていた。 ・顔を覚えておらずエレベーターで無視してしまった。 後々、部長だと分かって冷や汗かいた。 大企業に入社したら、いくら人数が多くても偉い人の顔と名前を覚えなくてはなりません。 さらに役職も加わると把握するのが大変ですよね。 手紙での間違いも結構大変です。 漢字はしっかりと覚えておきましょう。 上司がそのことを注意したら「自分の席のパソコンを使って何が悪い?」と逆ギレしていた。 ・得意先から商品を持ってくるように言われた新人営業マン。 その日は雨だったのだが、「雨降ってるのにやだー」と電話で言った。 ・「残業してはいけない宗教に入っているので、私は会社を辞めます」と言って、辞めていった新入社員がいた。 ・新入社員はすぐに「なるほど~」と言う。 全然分かってないし、仕事を覚えないのに「なるほど!」を連発。 なるほど、が上から目線とは知らないらしい。 ・お客様の名前を間違った名前で覚えて、そのままの名前で呼んでいた。 ・会社の電話に出たときに「おまえ何様でしょうか?」と言ってしまった。 本当は、「おなまえどちら様でしょうか」と言いたかった。 ・なかなか正しい敬語が使えない。 電話をかわった時「おかわりします!」と元気に言った。 ・社長を「パパ!」と呼んだ。 なかなかおもしろいミスをしてしまう新入社員たち。 来年はしっかり仕事を覚えて、同じ失敗をくり返さないでほしいものですね。 新入社員のおもしろいミスは笑えても、仕事の失敗談は冷や汗もの 新入社員は先輩社員には考えられないミスを連発します。 中にはおもしろいミスだと爆笑する失敗談もありますが、「常識がなさすぎる」と理解できないミスも多々あるでしょう。 新入社員のみなさん、おもしろいミスも冷や汗ものの失敗も許されるのは一度までです。 仕事では2年目に同じミスは許されませんし、責任のある立場になったら信用を失う可能性もありますよ。

次の

ラスト シンデレラ

おもしろいらすとや

まずは上司に叱られた新入社員のおもしろいミスや冷や汗が出てしまうような失敗ネタをまとめました。 先輩社員の人も、新入社員の時に仕事で、このようなミスをしたことがあるのではないでしょうか? ・仕事上の重要書類をシュレッダーにかけて粉々にした。 ・シュレッダーに紙を詰めすぎて壊した。 要らない書類が山になりました…。 ・先輩との資料読み上げ作業中に寝た。 しかも、うなされていたらしい。 ・一人では運べない大量のごみ捨てを、積極性が大事だと考えて「私がやります! 」と買って出た。 結果、廊下にゴミをぶちまけていた。 ・宛先を確認せず重要なメールを競合他社に送信した。 上司にこっぴどく叱られた。 ・前日緊張して眠れなかったため、入社式で爆睡した。 新入社員は緊張や焦りから、さまざまなミスをしてしまうもの。 居眠りぐらいならおもしろいミスで済みますが、宛先間違えや重要書類を粉々にしたなんて失敗談は、トラウマになってしまうかも…。 ・上司宛の電話を取り次いだ。 名前が聞き取れず「出てからのお楽しみです」と電話を繋いだ。 もちろん、電話を終えた後に注意された。 ・朝のラッシュで、初めてホームでマイクを持ったとき、緊張のあまり「で で で電話が参ります」と言った。 ・短縮を押さないで110番にFAXをした。 警察から間違ってますよと電話がかかってきた。 ・「これB4でコピーお願いします」と頼まれて、地下に続く階段を降りて地下4階に行こうとした。 ・宛名に御中ではなくて「want you」と書いた。 ・有限会社の(有)をアルファベットで「U」と書いた。 発想がすごいと言われた。 ・お客さんから名刺を渡され、先輩に「名刺の名前で領収書をきって」と指示された。 次の瞬間、領収書と一緒に名刺をハサミで切った。 初々しい新入社員は発想も奇抜です。 ネタとして、いつまでも語り継がれそうなものまで。 電話をしたら、「今、パチンコ中で、当たっちゃって戻れないんです」早く会社戻れ。 ・出向に来た新人らしい女性が、社内でポテトチップを食べていた。 すぐに追い出した。 ・朝礼の時に新人が倒れた。 具合が悪いのかと思ったら、ゲームのし過ぎで寝ていないんだとか。 ・新入社員が所長を「村長!」と呼んでいた。 社内の皆は大爆笑だった。 「村長」はネタとしてからかわれるぐらいで済みそうですが、休憩中のパチンコはひどいですよね。 休日にやりましょう!出向先でポテチを食べるのはいくらお腹がすいていたからとはいえ、良くないですね。 仕事中だという自覚がないと、怒られるのは仕方ありませんね。 「はあ?」みたいな顔をされた。 ・人を容姿で覚えていて、社内にいる太った人やバーコードハゲの名前がごちゃ混ぜになって、名前が呼べない状態に…。 ・上司に年賀状を出したら、名前の漢字が思いっきりまちがっていた。 ・顔を覚えておらずエレベーターで無視してしまった。 後々、部長だと分かって冷や汗かいた。 大企業に入社したら、いくら人数が多くても偉い人の顔と名前を覚えなくてはなりません。 さらに役職も加わると把握するのが大変ですよね。 手紙での間違いも結構大変です。 漢字はしっかりと覚えておきましょう。 上司がそのことを注意したら「自分の席のパソコンを使って何が悪い?」と逆ギレしていた。 ・得意先から商品を持ってくるように言われた新人営業マン。 その日は雨だったのだが、「雨降ってるのにやだー」と電話で言った。 ・「残業してはいけない宗教に入っているので、私は会社を辞めます」と言って、辞めていった新入社員がいた。 ・新入社員はすぐに「なるほど~」と言う。 全然分かってないし、仕事を覚えないのに「なるほど!」を連発。 なるほど、が上から目線とは知らないらしい。 ・お客様の名前を間違った名前で覚えて、そのままの名前で呼んでいた。 ・会社の電話に出たときに「おまえ何様でしょうか?」と言ってしまった。 本当は、「おなまえどちら様でしょうか」と言いたかった。 ・なかなか正しい敬語が使えない。 電話をかわった時「おかわりします!」と元気に言った。 ・社長を「パパ!」と呼んだ。 なかなかおもしろいミスをしてしまう新入社員たち。 来年はしっかり仕事を覚えて、同じ失敗をくり返さないでほしいものですね。 新入社員のおもしろいミスは笑えても、仕事の失敗談は冷や汗もの 新入社員は先輩社員には考えられないミスを連発します。 中にはおもしろいミスだと爆笑する失敗談もありますが、「常識がなさすぎる」と理解できないミスも多々あるでしょう。 新入社員のみなさん、おもしろいミスも冷や汗ものの失敗も許されるのは一度までです。 仕事では2年目に同じミスは許されませんし、責任のある立場になったら信用を失う可能性もありますよ。

次の