ウィー フィット アドベンチャー。 素材別入手ステージ【リングフィットアドベンチャー攻略】

どっちが痩せる?リングフィットアドベンチャーとFit Boxing(フィットボクシング)を比較してみた

ウィー フィット アドベンチャー

任天堂らしいうまい戦略です。 リングフィットアドベンチャーでは、ゲームのクリアに運動を組み入れることでやる気を引き出させています。 ステージ内の移動ですら歩かなくてはいけないという仕様のようです。 動画を見るとヨガ的な動きもしていたので、筋トレやフィットネス以外にも効果がありそうです。 Wii Fitほどの目に見える報酬がない Wii Fitの場合は体重測定が行えたのでそれによってさらにやる気を引き出すことができました。 いわゆるレコードダイエットですね。 私もWii Fitでダイエットしていましたが、目に見えて体重が減っていく様子は本当にやる気が引き出されました。 今回のリングフィットアドベンチャーはリングコンとレッグバンドが簡単な分、非常に安価で売られますが、こういった点がいまいちな気がします。 別売りででも体組成計との連携とかできると面白いと思うのですが。 価格は7,980円で10月18日発売、9月13日から予約開始 リングフィットアドベンチャーは7,980円で10月18日に発売されます。 体重測定もできるWii Fitが8,380であったのを考えると、ちょっとお高めな気もしますが、運動としてはやれることが増えていますのでこれくらいかもしれません。 Switchはこれまでどちらかというとライトゲーマーに向けた商品が多かったですが、これでWiiと同様にゲームをやらない層にも普及すると良いですね。

次の

リングフィットアドベンチャーを2週間やって実感した3つの効果とは?

ウィー フィット アドベンチャー

コンテンツ• 映像 『リングフィット アドベンチャー』とは Nintendo Switchソフト『リングフィット アドベンチャー』は、セットに付属するピラティスリングのような新しい周辺機器「リングコン」と「レッグバンド」にJoy-Conを取り付け、身体に装着し、全身を動かして遊ぶ、フィットネスアドベンチャーゲームです。 Joy-Conを取り付けた「リングコン」と「レッグバンド」が腕や肩、胸、お腹、背中、お尻、脚など身体の各部位の動きを認識し、キャラクターと連動します。 ファンタジー世界を冒険しながら楽しく続けられる、長期間のフィットネス・プログラムの「アドベンチャー」のほか、 お手軽に始められる「ミニゲーム」や 気になるところをピンポイントに鍛える「シンプル」、 決められたフィットネス種目を連続でプレイする「セットメニュー」など、いろいろなスタイルで運動することができます。 アドベンチャー 「アドベンチャー」は実際に自分の身体を動かして移動、エクササイズメニューをこなして敵に攻撃、あるいは守備をするなどして戦いながらゴールを目指すモードです。 敵を倒したりゲームの進行に応じてレベルアップ。 主人公の能力が上がったり、新たなスキルを覚えたりします。 ワールド数は20、敵とのバトルで使用するフィットスキルは40以上が登場します。 自分のペースで主人公と成長しながら、ゴールを目指して冒険するだけで、自然に体を動かすことができるというモードです。 初公開の予告映像から、新商品が『Wii Fit』のような新しいエクササイズ系ソフトであることは予想できましたが、『リングフィット アドベンチャー』はアドベンチャーゲームを楽しめるモードも含むソフトでした。 Joy-Conに搭載された様々なセンサーと、新たな周辺機器「リングコン」と「レッグバンド」を組み合わせ、楽しみながら運動することができます。 階下や周囲への振動音が気になる、という場合は足踏みせず屈伸運動で移動ができる「サイレントモード」も搭載されています。 収録されているトレーニングについて 『リングフィットアドベンチャー』には60種類以上のフィットネスが収録されており、それらを使ってゲームを楽しむことができます。 収録されているフィットネスはすべて、パーソナルトレーナーの松井薫さんと、ヨガインストラクターの斉木美佳さんが監修。 プロが監修した幅広い分野のトレーニングを楽しむことができます。 Joy-Con R で脈拍を測れる また驚いたのが、Joy-Con R の機能を活用して脈拍を図ることができるという点。 Joy-Con R には「モーションIRカメラ」が備わっていて、「赤外線ライト」と「IRカメラ」(一般的なカメラよりも高い精度で赤外線を捉える)を組み合わせて物の動きを捉えています。 これを脈拍の測定にも応用。 Joy-Con R のモーションIRカメラから赤外線を指先に照射し、反射してくる微小な光量の変化をモニタリングしています。 なおあくまで目安の値であり、医療用ではありません。 脈を測れると聞くと、2010年E3で発表されつつも、製品化が実現せずにいる『Wiiバイタリティーセンサー』のことを思い出しますね。 『Wiiバイタリティーセンサー』は脈を測るだけでなく、そこから分かるより多くの生体信号を分析して見える化し、ゲームに反映させていく。 そんな目標を掲げて開発が進められた周辺機器でした。 世の中の8割が自然に感じられる程度の精度であれば出せるけれど、任天堂が目指す、利用する99%が違和感のない精度に達するハードルを越えられていないということでペンディング状態となっています。 ゲームのボリュームについて 仕組みが良くても内容が単調でゲームのボリュームがなければすぐに遊ばなくなってしまいます。 『リングフィットアドベンチャー』の「アドベンチャー」モードは20以上のワールドに250以上のコースが収録されており、1日30分のプレイで3か月以上楽しめるボリュームとなっています。 ミニゲームなども収録されており、楽しみながら運動を続けられる仕組みとなっています。 ダウンロード版はどこで買える? 『リングフィット アドベンチャー』も他の任天堂ソフトと同じく、パッケージ版とダウンロード版両方の形態で販売されます。 ただしプレイするために必要な機器がセットに含まれる関係か、『Nintendo Labo』のようにダウンロード版が販売されるストアは に限られるようです。 ソフト単品での販売は、今のところありません。 Nintendo Switch Liteで遊べる? 『リングフィット アドベンチャー』はJoy-Conと「リングコン」「レッグバンド」を組み合わせて遊ぶゲーム。 」「「Nintendo Switch Lite」ではプレイできません。 」といった注意書きを確認することができます。 Nintendo Switch Liteでは遊ぶことはできない? 『リングフィット アドベンチャー』は、スイッチのプレイモードのうち「TVモード」と「テーブルモード」に対応。 Joy-Conを本体から取り外して「リングコン」と「レッグバンド」に装着する必要があるため、「携帯モード」で遊ぶことはできません。 Nintendo Switch Liteは携帯専用のゲーム機であるため、Nintendo Switch Liteで『リングフィット アドベンチャー』を遊ぶことはできません。 現時点では。 Nintendo Switch Liteは本体のコントローラーだけでなく、Joy-Conを無線接続して操作することも可能です。 あくまで現時点では、Joy-ConがあればNintendo Switch Liteでプレイ可能となるソフトに『リングフィット アドベンチャー』は含まれていませんが、発売後のアップデートなどで対応することがあるかもしれません。 ダウンロード版はマイニンテンドーストア限定で販売されます。 ダウンロードに必要な空き容量は「2. 8GB」。 プレイ人数は1人ですが、オンラインプレイに対応したモードが用意されています。

次の

『リングフィット アドベンチャー』の特徴・内容、Switch Liteでも遊べる?任天堂のスイッチ向けエクササイズゲーム

ウィー フィット アドベンチャー

任天堂は、ついにスイッチ向けにもフィットネスゲームを発売!と9月に発表しましたが、それがこの 「リングフィットアドベンチャー」なのです! Wii fitでゲームにフィットネスを持ち込み大成功した任天堂が、満を持して最新ハードにもってきた運動系ゲームということで、注目度も高まっているようです! 10月6日19時時点での Amazon「ゲーム」カテゴリでも、「ドラゴンボール11S」や「ペルソナ5ザ・ロイヤル」といった強豪を抑えて堂々の1位!もしかしたらWii fitの再来といわんばかりのブームになるかもしれません。 新垣結衣さんのCMで最近リングフィットアドベンチャーを知ったという方もいると思いますので、今回は• リングフィットアドベンチャーはどんなゲーム?• リングフィットアドベンチャーの発売日や予約情報は?• リングフィットアドベンチャーは買いなのか?考察! という3つの観点から紹介、そして予想や考察をしてみたいと思います! このリングコンとレッグバンドにジョイコンを取り付けると、なんと特殊なセンサーで 全身の動きを認識できるんだとか!これによってゲーム内で与えられた課題(運動)を正しくできるよう、工夫されているようです。 さらに、もともとジョイコンについていたセンサーやカメラ機能などもいかして、 脈拍も測定できます! 今回の運動負荷が自分に合っていたか?もこれでわかるという優れモノです! 「運動しながら」冒険物語!? フィットネスならジムに行けばいいじゃん?しかし… みなさんは ジムに通ったことはありますか?僕は何度か通っては挫折しています(笑)。 僕の場合、ジムが続かないのは 「辛いし飽きる」= 「モチベーションが続かない!」につきます。 一応「何回やる!」って目標は立てたり、音楽を聴きながらしてみたり工夫はしますが…でも やっぱり飽きる!モチベーションが続かない! あくまで僕自身に対する分析ですが、 ジム通いのモチベーションが続かない理由が「同じことの繰り返し」で「ゴールが見えない」ことだと思うんです。 フィットネスで冒険ができる!?敵とバトル!? 僕みたいに、人によっては「ゴールが見えない」という筋トレに対して、 リングフィットアドベンチャーは「ゴール」というか「目標」があります! リングフィットアドベンチャーは 「冒険アドベンチャー」であり、ちゃんとストーリーや「ボス」が存在するのです!リングを使って運動することで、敵に攻撃をしたり、逆にガードしたりと、 バトル=フィットネスで連動しています! おそらく、あくまでフィットネスが主目的のゲームですので、そこまで本格的なストーリーではないと思います。 しかし、 冒険する(運動する)目的があって、バトル(運動)がその目的達成(ボスを倒す)と連動しているため、 やる気やモチベーションが続きやすいといえます。 つまり、 リングフィットアドベンチャーは筋トレをゲーム化してくれているので、単純作業の繰り返しによるマンネリや飽きを防止しやすい構造です。 発売日は10月18日(金)!• Amazonではオリジナル版で手ぬぐいがもらえる! リングフィットアドベンチャーは買いなのか? ここまでリングフィットアドベンチャーとは?という基本的情報の紹介をしてきました。 ここからは、 「リングフィットアドベンチャー」は果たして買いなのか?どんな人におすすめできそうか?効果はありそうか?といった考察や予想をしてみたいと思います! 「運動習慣」を楽しくつけられそう? 先ほども書いたように、 リングフィットアドベンチャーの最大の見どころは「筋トレをゲーム化」していることです。 となると、いままでジムや自宅での筋トレを挫折してきてしまった人にとっては、 「楽しく」運動習慣をつけられる効果やメリットが期待できます! ですので、これまで単純にジムなどでの筋トレが続かなかった人にとって、リングフィットアドベンチャーは試してみる価値がありそうです。 ちなみに、「運動をゲーム化している」ソフトとして、同じくスイッチ向けに 「フィットボクシング」というゲームもあります!こちらも僕は 「運動習慣」をつけるのにとても素晴らしいソフトだと思っていますので、ゆくゆくはそちらとの比較も記事にしてみたいです。

次の