うな重 と うな丼。 うな重、うな丼の平均価格はいくら?違いは何なのか?

鹿児島でうな重・うな丼を堪能|うなぎのやまげん

うな重 と うな丼

「うな重」と「うな丼」の違いって? よく聞くのは、「名前と容器が違うだけ」という説だけど、これ、本当にそうなのだろうか。 かつてはそうだったとしても、そば屋では「ざる」と「もり」の麺やつゆを変えている店もあるという。 そんな感じに、今では「良心的な店では、使ううなぎの種類や部位を分けてる」とか「うなぎの量が違う」とか、あったりしないだろうか。 たとえば、通常メニューが「うな重」の店で、ランチメニューだけ少しお手軽な素材にして、「うな丼」を出したりすることはないのか? 都内のあるうなぎ屋さんに聞いてみると……。 「うちでは、通常メニューが『うな重』で、ランチだけ値段がちょっと手軽な『うな丼』を出してますが、これはうなぎの質も量もまったく同じですよ」 とのこと。 では、具体的な違いは名前と容器だけ? 「大きな違いは名前と容器だけど、うちの場合、うな重にはお新香と肝吸いがつくのに対し、ランチのうな丼にはお新香はなく、肝の入ってない普通のお吸い物になります」 ちなみに、一般的に、やはり「うな重」「うな丼」では、うなぎの質・量は全く変わらない店がほとんどで、「名前と器だけが違う店」か、もしくは、「お新香やお吸い物で微妙に差をつけている店」が多いということだった。 ところで、このお店のように「うな丼」をランチだけにするなど、時間帯をかえて出す店もある一方で、「うな丼だけしかない」あるいは「うな重だけしかない」店もけっこうある。 「うな丼=定食屋など、庶民の店」で、「うな重=素材にこだわった高級な店」ということ? 「いや、それはないですね。 もともとうなぎは庶民の食べ物で、丼で食べていたのが、きれいな漆器のお重に入れて、高級感を出すようになったといわれてます。 でも、必ずしも、『丼』が安い店で、『重』が高級な店というわけではなくて、たとえば、何千円もする『うな丼』だけのお店もありますよ。 そういう店では、『うな丼』が有田焼の立派な丼で出てきたりしますからね」 他に、うな重のほうが少し高い理由として、「容器の大きさの違いで、うなぎの大きさがちょっと違う」と説明する店、うな重とうな丼が同額で「容器の違いだけ」と説明する店もあった。 つまり、「うな重」「うな丼」は、うなぎの種類や部位という大きな違いはなくとも、「大きさの違い」「オプションの違い」など、店によって微妙に異なるよう。 気になる場合は、恥ずかしがらず、ズバリ聞いてみるのもアリかもしれません。 (田幸和歌子) あわせて読みたい•

次の

ひつまぶしとうな重の違いは?うな丼は?名古屋流の食べ方はこうだ!

うな重 と うな丼

夏になると様々な店で登場するうなぎ料理。 ある日、ガストの前を通りかかったところ、今更ながら 『うな丼』が販売されていることに気がついた。 でチェーン店のうなぎを食べ比べていたこともあり、気になってしょうがなくなった筆者は後日、ふたたびガストに足を運んだ。 さて、ガストのうな丼はどんな仕上がりなのか……いざ実食DA! ・他のチェーン店に比べて高価 ガストの『うな丼』は期間・数量限定の商品。 価格は単品で税込1133円となっている。 なお、販売期間を問い合わせてみたところ、 8月の前半まで在庫が持つかどうかという状況とのことだ。 参考までに、以前の記事で食べ比べた4社との価格を比較してみると…… 【他のチェーン店との比較】 ・吉野家『鰻重 一枚盛』750円 (669kca) ・すき家『うな丼 並盛』790円 (679kcal) ・なか卯『うな重』850円 (693kcal) ・ほっともっと『うな重』790円 (711kcal) ・ガスト『うな丼』1133円 (749kcal) ガストのうな丼が明らかに高価だが、これは味への自信の表れだろうか。 期待は高まるばかりである。 ちなみに、 うなぎの産地は他社と同じく中国産とのことだ。 ・激ウマだった 店内の席に座り『うな丼 味噌汁・漬物セット(税込1241円)』を注文。 待つこと10分ほどで料理が到着した。 ボリューム感は可もなく不可もなくといったところだ。 それより何より気になるのは味だ。 さっそくうなぎに箸を入れてみると、おっ! フワッとしていてメチャメチャ柔らかい!! こいつはかなり良い感じに仕上がっている気がするぞ。 ひとくち食べてみたところ…… うめぇぇぇえええええーーーーー! しっかり脂がのっていながら臭みやクドさはなく、口に入れた瞬間 トロッと溶けるような舌触りが感じられた。 また、うなぎ自体の味付けはやや濃いめだが、ご飯とのバランスでみるとちょうど良い。 筆者の個人的な感想としては、 他の4社と比べるとガストの味が圧倒的勝利! なお、日を改めてテイクアウトも味わってみたが、店内で食べた時と比べて時間が経っている分フワトロ感は劣るものの、やはり他の4社に比べて、食感、味ともに明らかに優れているように感じた。 値は張るものの、正直言ってガストのうな丼は期待を大きく上回る出来だった。 前述の通り、期間・数量限定なので、気になる方は早めに食べに行くことをオススメしたい。 参考リンク:ガスト Report: Photo:Rocketnews24.

次の

チェーン店の「うな丼」で1番おいしいのはどこなのか / 吉野家・すき家・なか卯・ほっともっとを食べ比べてみた

うな重 と うな丼

うな重とうな丼の違い うな重は今やすっかり高級になり、庶民にとっては高根の花となってしまいました。 しかし、そんな中でもちょっとだけお安いうな丼には希望を感じます! そんなうな重とうな丼の違いを調べてみると、主に次の3つの違いがあるようです。 うなぎの量• 肝吸いや漬物の有無 お店によっても微妙な違いはありますが、違いは概ねこの3つです。 というわけで、順番にこの違いを見ていきましょう。 器 違いの1つ目は器です。 まぁ、名前の通りですが、うな重は 重箱に入っていますが、うな丼は 丼ぶりに入っています。 これはさすがに誰にでも分かる違いですね…。 うなぎの量 2つ目の違いはうなぎの量や大きさです。 うな重の方が値段が高い分、 使っているうなぎの量が多めになっています。 多くの店ではうな重には「並・上・特上」とは「梅・竹・松」なんてグレードがあり、高いグレードのメニューほど、使われているうなぎの量が多いですよね! うな丼は並や竹の更に下に位置するグレードなわけです。 肝吸いや漬物の有無 3つ目の違いは、肝吸いや漬物の有無です。 うな重に肝吸いや香の物は付き物ですが、うな丼にはこれらは付いてないことも多いのです。 こういった付属のものの有無でも値段に差を出しているわけです。 以上のように、うな重とうな丼は、ご飯の上にうなぎのかば焼きが乗っているのは同じですが、うな重の方がより豪華なんですね。 確かにそう言われてみるとうな丼って、すこししょぼい気がしますね…。 やっぱりうな重の方が、大きなうなぎが乗っていて贅沢ですよね…。 それもそのはずです。 実はうな重はただ何となく贅沢なわけではなく、お重に入れているのにはちゃんと意味があるのです。 次はうな重がお重に入っている理由を紹介します。 スポンサーリンク 本当のうな重 うな重はお重に入っているから、うな重という名前かと言うと実はそれだけが理由ではありません。 本来のうな重は ご飯の上にうなぎのかば焼きを乗せ、またその上にご飯を入れてうなぎのかば焼きを乗せるという、とてもゴージャスな食べ物でした。 このようにご飯とうなぎを重ね合わせることから、うな重と呼ばれていたのです。 また、ご飯とうなぎを重ね合わせるのは、他にも理由があります。 うなぎのかば焼きは、関東では焼くだけでなく蒸すことでふっくらとした食感に仕上げますが、関西では蒸さずに焼きだけで済ませることが多いのです。 そのため、ご飯とかば焼きを重ね合わせて、更に蓋をすることでかば焼きを蒸してふっくらさせる効果もあるのです。 関東のかば焼きの場合は、既に蒸してふっくらしているので、2段重ねになっているお店は滅多にありませんが、元々のうな重はこのような贅沢なものだったのです! かば焼きが2段重ねのうな重なんて、今ではとても考えられない贅沢ですね…。

次の