ブッシュ 大統領。 トランプ大統領のおかげで人気急上昇! ブッシュ元大統領の魅力あふれる39枚の写真

ジョージ・W・ブッシュ

ブッシュ 大統領

概要 [ ] ブッシュは、最初にで当選し、で再選した。 1995年から2000年まで第46代テキサス州知事を務めた。 また、第41代アメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュの長男である。 父親が22歳の時に生まれたために、父親が生きている間に大統領になった珍しいである。 身長は182cm 体重93kg。。 イェール大学歴史学部卒業後にの会社で勤務した後、選挙に出馬したが落選した。 その後、を共同所有するなど実業家として活躍した後、テキサス州知事選挙のために政治運動に戻った。 1994年にはアン・リチャーズを破ってテキサス知事に当選した。 ブッシュは2000年アメリカ合衆国大統領選挙において、一般投票では敗北したが選挙人投票で勝利し、共和党の候補として当選した。 大統領としてブッシュは、2001年に1兆3500億ドルの減税プログラムを 、2002年には全国一斉学力テストを義務化して成績次第で助成金とペナルティを学校に課す「」(通称:落ちこぼれゼロ法() 」に署名した。 2001年9月に発生したの後、ブッシュは世界的な「」を発表し、そしてに臨み、政権を倒しを壊滅させて、を としてあるいは殺害することを命じた。 2003年3月にブッシュはイラク侵攻を命じ、「がに違反しており、戦争がアメリカ合衆国の保護のために必要だった」と主張した。 の中、ブッシュは「戦時大統領」と自称して に再選を狙って出馬し、イラク戦争と国内問題の遂行をめぐる論争にもかかわらず、上院議員に大きな差をつけて2004年11月2日に再選された。 しかし再選後にブッシュはますます激しい批判を受けた。 それは2009年1月20日に後継のにをバトンタッチするその日まで続いた。 父との呼称の違い [ ] アメリカ合衆国では父のH・W・ブッシュと区別するため、であることから「 43(フォーティスリー)」や、ミドルネームを表す「 W」、またはテキサス州周辺地域での の発音から「 Dubbya(ダビャ)」と呼ばれることもある。 父を「 ブッシュ・シニア」と呼び、息子の方を「 ブッシュ・ジュニア」と呼ぶ例もある。 上述のように、弟・ジェブ・ブッシュの長男でもある、W・ブッシュの甥もジョージ・ブッシュだが、ミドルネームがPとなっている(ジョージ・P・ブッシュ)。 来歴 [ ] 若年期と軍歴 [ ] 空軍州兵時代のブッシュ 小ブッシュはに、でジョージ・H・W・ブッシュとの長男として生まれた。 ブッシュは四人の兄弟、、、とと、テキサス州のとで育てられた。 もう一人の妹・は、にによって3歳で死亡した。 ブッシュの祖父であるはコネチカット州選出の上院議員で、ブッシュの父であるジョージ・H・W・ブッシュはからまで41代目アメリカ合衆国大統領を務めた。 ブッシュはでに通った。 そこで彼はをして、最終学年まで男子校のヘッド・だった。 父の先例にならって、ブッシュはイェール大学に通い、に歴史号を取得した。 大学の専門課程に、ブッシュはのメンバーになった。 大学時代は当初部で投手だったが、才能に限界を感じて3年から部へ移り、4年でレギュラーになった。 1968年5月に進行していたのまっただ中に、ブッシュは適性検査の筆記試験で、下から25番目の成績だったにもかかわらず 、合格の最低点だったが 、に認められた。 これは、一度に一万人以上の人員(多くの戦闘機パイロット)がの作戦を支援するために招集されていた時期だった。 訓練の後、彼はヒューストンで任務を任せられ、からを飛ばした。 批評家はブッシュが彼の父親の政治的な地位のために、軍務で有利に扱われ、正常な兵役ではなかったと主張した。 は公式アーカイブに残っていたという、ブッシュのテキサス空軍州兵勤務記録の全てを公開した。 1970年に、ブッシュは難関のテキサス大学ロースクールに出願したが、不合格にされた。 ブッシュは共和党の議会選挙活動に取り組むために、にへ転任し、10月にに通うために、約8か月早くテキサス空軍州兵を退役して、6年間の兵役義務を終了した。 ブッシュはその時期に頻繁に飲酒していたことを認め、「無責任な青春の放浪期間」だったと言った。 、ブッシュは30歳で、家族の夏の別荘付近で、飲酒運転容疑でされた。 妻ローラと娘のジェンナ、バーバラと。 1990年 でを取得した後 、ブッシュはテキサスの石油工業会社に入社した。 1977年に、彼は友人に学校教師・司書のを紹介された。 彼らは結婚して、テキサス州ミッドランドに居住した。 ブッシュは妻のに入会するために、米国聖公会を脱会しを行った。 1978年にブッシュはテキサス州の19下院議員選挙区から立候補した。 ブッシュは、ブッシュが地元と接触していなかったと描写した相手に、6000票の差で負けた。 ブッシュは石油企業に戻り、 、、などの会社の社長、最高責任者となった。 これらの事業は、1980年代に産業と地域経済に影響を及ぼした、価格の広範囲な低下により損害を受けた。 さらに、ハーケンが関係したかもしれないの疑惑が起こったが、(SEC)の調査は、ブッシュの株式販売より前に容疑を正当化するインサイダー情報はないと結論付けた。 にブッシュは、妻ローラとの間に双子の娘、とを儲ける。 にブッシュは、で家族と父の大統領選挙活動に取り組んだ。 選挙運動の後、1989年4月にブッシュは、テキサス・レンジャーズの株を購入し、5年間無限責任組合員を務めた。 ブッシュは活発にチームの企画を指導して、定期的に試合に出席し、しばしばファンと売店に座ることを選んだ。 、ブッシュは最初に80万ドルしたレンジャーズのを売却し、1500万ドルのを得た。 テキサス州知事 [ ] テキサス州知事時代、父ジョージ・H・W・ブッシュ、妻ローラ・ブッシュと ブッシュはのテキサス州知事選挙に出馬を表明したが、これは弟のジェブ・ブッシュのフロリダ州知事選出馬と同時である。 共和党ので大勝し、人気のあった現職のアン・リチャーズ(民主党)との一騎討ちとなる。 ブッシュにはKaren Hughes、John Allbaugh、といった選挙参謀がついた。 ブッシュの選挙運動に対して、リチャーズへのアンフェアな中傷であるとする批判も上がった。 しかし公開討論での効果的な弁舌により、ブッシュの人気は上昇した。 知事としてブッシュは、首尾良く不法行為改革のための法律を支援し、教育資金の支出を増やして学校の教育水準を上げ、刑事制度改革を行った。 ブッシュは152人のを執行させたが、これはアメリカにおいて一人の州知事が執行させた死刑数としては最高記録である。 ブッシュは20億ドルの歳入超過を減税に回したが、これはテキサス州における減税額の最高記録である。 この減税により、ブッシュは企業活動を擁護する経済右派としての評価を確立した。 ブッシュはまた教会などの宗教組織による教育、アルコール・薬物依存症対策、家庭内暴力対策活動への政府支出を行った。 ブッシュはをテキサス州の「(・キリスト)の日」と定め、この日には「支援を必要とする人々への奉仕をテキサス州民に要請する」とした。 同年、共和党大統領候補予備選挙への出馬を表明する。 大統領選挙当選に伴い、知事職は2期目途中で辞任(知事就任期間:1995年1月17日-2000年12月21日)。 大統領職 [ ] 1期目 [ ] 「大規模戦闘の終結宣言」を行うため空母に降り立ったブッシュ 大統領の第1期目は、ほとんどを対外戦争に費やした。 2000年当時、を勝利し、2001年1月20日に大統領に就任。 民主党候補が、一般投票でブッシュの得票を50万票ほど上回っていたが、選挙人投票でブッシュが5票多く得票した。 実弟ジェブ・ブッシュが知事を務めるフロリダ州の、一般得票でゴアをわずかに上回り、25人の選挙人を獲得したためである。 しかし、選挙終盤のフロリダ州における選挙の運営方法への問題点も指摘され(ブッシュ陣営がジェフ・ブッシュを通じて不正選挙を行ったと主張する意見もある)ゴア陣営が抗議したため、発足当初の国民支持率は低迷していた。 任期9か月目の、とワシントンD. で が発生。 18日にはとする合同決議が上院98対0、下院420対1で通る(これはでの無期限の拘留の根拠となる)。 12日に開かれたと第56回では米国に連帯・哀悼を表してテロへの対応を求める決議が満場一致で採択され、28日には安保理決議でテロ対策が全世界に義務化され 、にとともに総会の演説で国際社会の支持に感謝してを宣言した。 また、小包によるであるも起き、同時テロとともに国内はパニック状態になった。 ブッシュ自身は とも呼んだこの戦争は、に によって開始され、世界各地でが実行された。 国際的なテロリズムとの戦いにも必要としても秘密裏に強化した。 国内では、テロ対策に不可欠だとして 「パトリオット法」()を制定し、本来アメリカの領土ではないとされるに対しても監視していたとする ()も起きた。 アフガニスタン作戦は順調に進み、にはは転覆、同月に新政権を樹立させた。 詳細は「」を参照 1月、において発言。 これは・・をを開発保有すると名指しで非難したものである。 特にイラクに対してはを抱えていたので厳しい態度で臨み、国連の全面査察を4年ぶりに受け入れさせた。 しかし武装解除が進まず、未だに大量破壊兵器を持ち続け、世界の脅威になっていると報告を受けたとし、それを世界に発信した。 同年2月のでの開会式では、第58条3項の規定を無視して「誇り高く、優雅なこの国を代表して」と政治的な言葉を付け加え、物議を醸した。 に入ると、いよいよイラクに対し強硬姿勢を採るようになる。 しかし、、、、などは根拠が足りないとして、イラクへのに反対した。 にブッシュはと側近に対して、48時間以内の国外退去を求める事実上の最後通牒を発表。 、最後通牒を無視したイラクに対し侵攻( )した。 作戦は順調に進み、には「大規模戦闘の終結宣言」を行ったが、これについて特にイラク側との協定はなく、実際にはまだ戦時中であった。 イラクはアメリカ・イギリス・による分割占領と、による統一した国家運営を行い、徐々にすることとした。 12月にはフセインのに成功し、の準備も行われ、占領政策も順調に行われているように見えたが、実際はを狙った攻撃やが絶えず、死者はの1000名を上回ることとなった。 また、イラクが隠し持っていると主張していた大量破壊兵器が見つからず、イラク戦争に対し国民は懐疑的になっていった。 2期目 [ ] 大統領として最後の演説を行うブッシュ 、ブッシュは再びに立候補したが、都市部の層がブッシュ支持から離反し、同時多発テロ発生後やイラク戦争開戦時の高支持率は維持できず、特に選挙戦の終盤は、対立候補の上院議員のジョン・ケリーと支持率は拮抗しているとたびたび伝えられた。 、第2期目における一般教書演説を行った。 外政に関しては各国との協調路線を取ると述べた。 イラクの国民議会選挙を評価し、イランの核開発問題に対して強硬な姿勢を打ち出し、さらに、中東各国の和平・民主化、核開発を進めていることを明言している北朝鮮の核廃棄問題などを取りあげ、世界をにするという決意を述べた。 、によって過去最大級の犠牲者を出す災害となったが、政府の予防の不十分さと対応の遅れが非難された。 本来、攻撃や災害から住民を守るべき州兵までイラクへ派兵されていることも大いに疑問視された。 テロや戦争など有事には強いとされていたブッシュ政権が同様の危機管理であるはずの天災への対応には脆弱さを見せたこと、のへの編入による指揮系統の複雑化、過去に堤防の改築など被害を最小限に抑える対策が進言されていたにもかかわらず十分な災害予算を計上していなかったことが議会の民主党などから批判の対象となった。 また、彼の母親であるが被災地を訪れた時ので「被災地に住む人は貧困層ばかりで、避難所に入れた方が恵まれている」と発言し、批判はさらに高まった。 実際、被災者への支援は系の富裕層に偏っており、逃げ遅れて被害に遭った層の救援は後回しで、衛生状態が悪い中、放置された。 さらに10月には、イラク戦争開始前にイラクの大量破壊兵器購入に懐疑的な見解を述べた、元駐のの妻がの工作員であると意図的に情報漏洩し、元大使の信頼性を落とそうと画策した事件に関し、チェイニー副大統領の首席補佐官が、事件の主導人物の隠蔽目的の偽証罪に問われ米連邦にされる()。 その後リビーは一審有罪判決を受け、さらに副大統領も情報漏洩の主導的関与を行った疑いが持たれた。 他の世論調査でも支持率が低下しており、ブッシュ政権は2期目の最初の1年目から試練に直面した。 年末、ブッシュはイラク開戦の重要な根拠となった大量破壊兵器の報告に誤りがあったと発表した。 開戦以前からイラクの武装解除は順調に行われていたことがすでに明らかになっていたが、これを追認する形となった。 しかしながら、フセインの圧政からイラク人を解放したことを強調し、戦争の正当性を改めて訴えた。 11月8日に行われたではイラク戦争に対する有権者の批判や同性愛のスキャンダルに加えて宗教派が大幅に離反したことなどから、共和党は民主党に大敗し連邦議会上下両院の多数派の座を奪われた。 このため、ブッシュはイラク政策の責任者であったラムズフェルドが国防長官を辞任(事実上の更迭)させ、後任に(元CIA長官)を指名した。 その後も相次ぐの不祥事や高による経済への不満などもあり支持率は低迷。 を目途にへの配備を目指すとした。 法案は、のを強化する一方で、すでに入国した不法に支払いや身元審査を条件に就労の合法化や永住権取得に道を開く包括的な改革であったが、共和党反対派が大々的なキャンペーンを行い、推進派からも内容の一部をめぐり反対の意見が出た。 ブッシュは賛成を求めて電話で最後の説得にあたったが、「支持率が記録的に落ち込んだ彼の懇願は実を結ばなかった」(アメリカ紙)という。 2008年には共和党の次期大統領候補に選出されたジョン・マケインの支持を公式に打ち出し、大統領選挙の事前投票でマケインに投票した。 しかしブッシュの人気が余りにも低いために、ブッシュの正統な後継者を自任し多くの政策に賛同してきたマケインに「私はブッシュ大統領ではない」と言われ、応援演説の依頼も殆ど無かった。 結果的に、ブッシュ政権との相違が見出せなかったマケインは民主党候補のバラク・オバマに6. に端を発した への対応策である「金融安定化法案」の採決では下院における共和党の反対もあって法案は否決されたが、修正法案が上院で可決された後に下院で可決され成立した。 2008年12月14日、退任末期のブッシュはイラク首相との共同会見中、取材していたイラク人記者()から履いていた左右の靴を投げつけられた。 ブッシュは身をすくめてかわし、直後にザイディは取り押さえられた。 同日の夜、イラクのニュース番組でこの映像が流れると、エジプトの民間衛星テレビ局の女性アナウンサーがこの記者を「英雄」と呼び、また数千人の市民がのを求めデモを起こした。 当のブッシュは靴を投げつけられた直後「今の靴のサイズは10だったよ」とジョークを飛ばす余裕を見せ、「私に靴が投げつけられたからといって、何だ? 」「(イラクが)自由な社会になった証だよ」と締めくくった。 2009年1月14日、ブッシュは「米国の真の友人であり、歴史的な挑戦に対して不屈の精神で対処した」として(元)、(元)、(大統領)の3人にを授与した。 なお、ら日本の政治家は選から漏れた。 大統領退任直前のインタビューや演説では8年に渡る政権期間を述懐。 「私は常に、米国にとって最良の道を考えて行動してきた。 自分の良心に従い、正しいと考えることをやってきた」と強調する一方、「私の政権の期間中、最も遺憾だったのが、イラクの大量破壊兵器に関する情報活動の失敗だった」「私の物言いには一部、誤りもあった。 それは明らかだ」「歴代大統領と同じように失敗も経験した。 やり直すチャンスがあれば違うやり方をしていたと思われることもある」と述べ自身の政策に対する後悔の念を事実上認める発言を行った。 [ ] 2009年1月20日正午(ワシントンD. 時間)、任期満了で大統領を退任。 退任時の財政赤字は1兆2000億ドルであった。 大統領退任後 [ ] 大統領退任後はテキサス州の自宅やの牧場に居住し、やの活動に従事している。 ブッシュは1994年までダラスに居住していた縁があり、地元ではブッシュを歓迎するムードが広がっている。 ダラスのでは「ブッシュ前大統領殿 ようこそお戻りになりました! 」 との書き出しで始まる「お客様係募集」求人広告をで掲載し、「に融通の利く、非常勤。 ご自宅からも近距離で、一日体験も可能です」 とメリットを列挙したうえで「何年にも亘る外国要人との会談を通して、術を磨き上げてきたあなたが、このポジションの優れた候補者だと確信しています」 と呼びかけた。 なお、広告掲載後、当該の店にはブッシュ本人が「仕事を探しているんだ」 と突然来店し、店長に対して入社を丁重に辞退したうえで買い物をするというジョークで応じたため、居合わせた客らから喝采を浴びた。 また、「歴代支持率ワースト1の大統領」である彼の伝記映画『』が公開された。 (米国ではブッシュが退任直前の2008年に公開された)。 監督のは、映画を作る目的は「あくまでブッシュの品格を落としたり、傷つけようとしているのではない」としており、「彼の言葉を喋らせること、イラク戦争に対する彼の判断は、彼という人物やその個人史と相関関係にある。 それを示そうとした。 」とコメントしている。 2009年11月上旬に大統領辞任後の初来日を行い、かつての盟友である小泉純一郎元首相と再会したほか、で行われた日本シリーズのに参加した。 回顧録は自身の飲酒運転トラブルやイラク戦争の決断も詳しく語られた内容となっている。 しかし、本書に関して他の著作本からの剽窃・盗作の疑惑が報じられている。 2011年4月より、で連載されている自身の半生を綴った『』の執筆を担当し、原稿料は全額による震災孤児を支援するため、に寄付した。 2013年4月、ユニバーシティーパークのサザン・メソジスト大学に、「ジョージ・W・ブッシュ大統領センター」の開館式が行われ、ジョージ・W・ブッシュ本人と父のジョージ・H・W・ブッシュ、、、と、大統領及び存命の大統領経験者が揃った。 同月に行われたジョージ・W・ブッシュの評価についての世論調査では、大統領就任時の教育や医療制度改革が見直され、退任時よりも評価は上昇の傾向にある。 2016年2月15日、で苦戦する弟の元の集会に現れ、「米国民が怒り、不満を抱えているのは分かる。 しかし、我々の怒りや不満をそのまま映し、あおる人物はオーバルオフィス(米大統領執務室)には要らない」とでトップを独走する実業家のを批判した。 政権 [ ] 政権スタッフ [ ] 職名 氏名 任期 ジョージ・W・ブッシュ 2001 - 2009 ディック・チェイニー 2001 - 2009 コリン・パウエル 2001 - 2005 2005 - 2009 ドナルド・ラムズフェルド 2001 - 2006 ロバート・ゲーツ 2006 -(次政権に留任) 2001 - 2003 2003 - 2006 2006 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2007 2007 - 2009 2001 - 2006 2006 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2007 2007 - 2008(代理) 2008 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2009 2001 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2009 2001 - 2003 2004 - 2008 2008 - 2009 2001 - 2006 2006 (代理) 2006 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2007 2007 (代理) 2007 - 2009 2003 - 2005 2005 (代理) 2005 - 2009 ブッシュ政権のは、と称される閣僚が要職を多く占め、さらにを支持母体にしているため、中東の原油をめぐる利権の追求、それに伴うアフガニスタンやイラク侵攻などに関して、対外的な武力行使も辞さないアメリカの覇権を追求する(ユニラテラリズム)が顕著であり、と諷刺されることもあった。 このようなともとれる姿勢は、アフガニスタン侵攻、イラク戦争など戦時のたびに、ブッシュ大統領本人のみならず、閣僚・政権関係者が所有・関係する企業などに莫大な経済的利益をもたらす構造が疑問視された(も参照)。 政策 [ ] 経済政策は個人の所有権を尊重する ()を目標に掲げ、この持家政策はを引き起こして後のの原因となる。 また、に基づいたいわゆる(小切手送付などによる)、をの後任に起用した的な金融政策、()推進など新保守主義・的政策、「」の方針と重なるところも多い。 しかし、クリントン政権が大きな財政黒字だったのに対し、ブッシュ政権は2つの大きな戦争への参加や警察力を強化するテロ対策などで膨大な支出を治安面や軍事面で生じさせたため()、2004年には史上最大の4130億ドルもの財政赤字に苦しんでいる。 ブッシュ自身は、かかる自らの政策を 「思いやりのある主義」 Compassionate Conservatism と称している。 外交面では政権内のネオコンと呼ばれる人々によって特徴付けられ、「世界の警察」(Globocop )と呼ばれる「世界最強の軍事力」たる唯一の超大国アメリカを積極的に他国に介入させ、で世界の一極化を目指すタカ派戦略を採り、イラク戦争・アフガニスタン侵攻を引き起こした。 ブッシュを支持する共和党支持者の中には福音派のが多く含まれ、ブッシュは彼らの倫理観やなどの理論に理解を示してきた。 旧知のをの判事に指名した際、マイヤーズが弁護士時代に中絶に関する質問に対して曖昧な答えを残していたことなどから反発を受け、断念せざるを得なくなるという事例もあった。 他に話題を呼んだ政策として、次のようなものが挙げられる。 の研究をめぐる決定• からの離脱• の創設• による令状なき通信の容認• の拒否• 「州児童医療保険事業(SCHIP)」延長法案への反対 なお、ブッシュの下で副大統領を務めているディック・チェイニーは、父の大ブッシュの下で副大統領を務めたより年長である。 地球温暖化 [ ] ブッシュ政権は問題への取り組み(の排出削減対策)に消極的だと言われる。 によると、被害が増大している一因は温暖化であるとする内容の報告書を米国海洋大気局が発表しようとした際、ブッシュ政権からの圧力によって阻止されてしまったという。 また2005年には、京都議定書を離脱している。 外交政策 [ ] ホワイトハウスにて「友人」の小泉純一郎と() イラク戦争 ブッシュ政権は、が IAEA の査察に全面的に協力しないこと、やも含めを隠し持っていることなどを強く主張し続けた()。 先制攻撃も辞さないこと、軍事行動を肯定するによる決議は「望ましいけれども必要ではない」ことなどを主張し、2003年3月17日(アメリカ現地時間)に則り「48時間以内にとその息子がイラクを去らなければ軍事行動を行う」という最後通告を行ったが、フセインは黙殺した。 しかし、開戦の根拠とされた大量破壊兵器はその後発見されずイラク戦争の正当性が根底から揺らぐ事態になった。 後に、まったくの事実無根であることが判明し「私の政権の期間中、最も遺憾だったのが、イラクの大量破壊兵器に関する情報活動の失敗だった」と釈明することとなった。 ブッシュ政権はその後、開戦の理由を「イラクのフセイン政権がを始めテロリストを支援している」と説明し、「同時多発テロの実行犯とイラクの諜報部員が接触していた」と主張したが、独立調査委員会は「会合の存在自体が無かった」とする見解を示している。 英歴史家のポール・ケネディは読売新聞紙上に載せたコラムで、の二人の指導者、が小児マヒでありながら国外の戦略会議に3回出席したことやポツダム宣言で果たした役割、さらにが主要な戦場に何回も足を運んだことを指摘し、一方のブッシュが開戦から5年の間にイラクに訪問したのはいずれも数時間足らずで合計するとイラクに居たのは一日にも満たないと両者を対比しながら述べている。 またブッシュは石油の利権を手に入れた事でそのあがり となる、ブッシュ大統領の要請から17億ドル減額したものの186億ドル(約2兆460億円)のイラク復興支援の予算案を議会は可決した。 ブッシュは「イラク撤退はベトナムの二の舞いになる、米軍撤退は米国の信頼性を傷つけ、テロリストを勢いづかせる」と主張した。 しかし復興支援を出しても絶えない宗派対立で、毎日60人近くの死者が出るようなと、それを米軍とイラク軍が発砲し、イラク戦争の死者は10万人まで増加してしまい、結局イラク国民の間に根深い感情を残しのさいには、犯人の男に対する同情や駐留米軍に対する抗議の声が民衆から聞かれた。 ブッシュがフセインを打倒した事により、これまでフセイン政権に怯えていたととクルド人がの利権また争いのために対立が激化してしまい、皮肉にもフセインのが宗派・民族対立を押さえ込んでいたことが明白になった。 のはイラク戦争は泥沼化すると予想しており、イラクを『 パンドラの箱』と揶揄していた。 ブッシュ退任後は都市部から撤退した米軍の復帰を求める声すら聞かれている。 イラク侵攻でブッシュの支持率は低下したと言われているものの、クリントン政権時代でもイラクを敵視し空爆をしており、結局、フセインはブッシュだけでなくクリントンからも敵視されていた。 ブッシュは石油の利権を狙うためにイラクへ侵略したと酷評されているが、伝記映画『ブッシュ』でも、ブッシュが石油の利権を狙う様子が描かれており、父ブッシュが打倒出来なかったフセインに石油の利権を持たれている事が痛恨であるように描かれている。 北朝鮮 にされたの家族との少女と会見するブッシュ 小泉純一郎の在任中には個人的な繋がりをアピールし、「ジョージ」、「純一郎」と呼び合うほどの仲であった。 2006年6月に小泉が訪米した際には、ワシントンD. から、小泉がファンであるの自宅兼のあるまでで同乗し、プレスリーの自宅を自分の妻とプレスリーの元妻とその娘との4人で案内するなどした。 その一方で、やの輸入問題などで日米両政府の見解が一致しない政策もある。 また、後半には核施設の無力化のみを条件に北朝鮮に対して妥協するなど、拉致問題で対北朝鮮強硬姿勢を取る日本との歩調のズレが目立った。 アメリカの歴代政権は同盟国である日本の常任理事国入り自体には積極的な支援を表明してきたものの、2005年7月に入って日本が常任理事国入りの手段とするG4案への「ノー」を断固として表明した。 日本だけでなくや、が常任理事国になるというG4案は安保理全体の大幅拡大が前提であり、ドイツのがイラク問題その他で一貫してアメリカの方針に反対してきたためかアメリカはG4案には正面から反対した。 2007年8月、アメリカ中西部ので行った演説において、「敵は自由を嫌い、アメリカや諸国が自分たちをさげすんでいることに怒りを抱き、大虐殺を産み出した自殺的な攻撃を繰り広げました。 どこかで聞いた話のようですが、私が述べる敵とは、ではなく、9. 11テロでもなく、でもなく、パールハーバー(真珠湾)を攻撃した1940年代のの軍隊のことです」。 前の日本について「は日本では決して機能せず、もそう思っているといわれてきたし、実際に多くの日本人も同じことを信じていました。 民主主義は機能しないと」、「日本のである「」があまりに狂信的で、に根ざしていることから、民主主義は日本では成功し得ないという批判もあった」と述べている。 2009年1月14日、退任直前にブッシュは盟友としてトニー・ブレアらに大統領自由勲章を授与したが、日本の政治家には贈られていない。 大統領退任後の、2009年11月3日、日本シリーズ第3戦(巨人-日本ハム)で巨人の黒のジャンパーを着て、笑顔で1球を投じた。 小泉純一郎元首相、ジョン・ルース駐日米大使、前駐米大使の加藤良三コミッショナー、王貞治コミッショナー特別顧問らと観戦した。 なお、歴代アメリカ大統領で、初めて来日した1974年11月の以降、前大統領のまでの間、国賓としての来日がなかった唯一の大統領である。 中国の国家主席(左) 中華人民共和国 政権初期は、を「戦略的競争相手」とみなし、2001年4月にでおきたでは、「アメリカ側に責任は無い」とするなど対立姿勢を強めたが、911テロ直後にがブッシュに電話したことを契機に協調に向かい、翌月に9. 11テロ後の初外遊 で中国を訪れたブッシュを迎え入れた江沢民は上海の議長国としてテロとの戦いを呼びかける各国首脳との共同声明をまとめた。 中国からはアフガニスタン復興への1億5000万米ドルもの資金援助や対テロ戦争を支える国連決議でも支持を得て 、ブッシュは中国を「責任ある利害共有者」とみなすようになり、も受け入れた。 しかし、イラク戦争ではフセイン政権と友好関係にあった中国との利害対立が目立った。 なお同国への公式訪問を全任期中4回行ったことから、「対中関係を憂慮、重視していた」という意見がある(なお両国の首脳会談は相互の公式訪問時以外は行われていない)。 ブッシュ政権下のアメリカは財政赤字とともに対中貿易赤字も増え続けた()。 で増発の必要に迫られたアメリカの財務長官によるへの要請で中国は大量にアメリカ国債を引受し 、が開催された2008年8月には米国の同盟国である日本を超えて世界最大のアメリカ国債保有国となった。 には米中連絡事務所所長時代から中国とパイプを持つ父のジョージ・H・W・ブッシュとともに親子揃って出席した。 は経済では密接なのに対して人権問題では火花を散らしており、ブッシュ政権ではそのような関係が顕著となるような事例が見られた。 例えばブッシュは中華人民共和国に高度な自治権を求めて拘留されたラビア・カーディルの釈放に圧力をかけて後に会談して、同様に高度な自治権を求めるまた中華人民共和国の民主活動家をに招待している。 また、中国共産党政府と対立を続ける弾圧に対しても厳しく、人権を侵害するを追跡する権限をに与え「酷刑犯罪者の米国入国禁止法案」を署名しており、任期末期に訪問先の韓国とで中華人民共和国のを批判し、スポークスマンの秦剛は「人権と宗教などの問題で他国の内政を干渉する言葉や行動に強く反対する」と反論した。 韓国 の首脳会議時の日米韓3か国会議にて、 ジョージ・W・ブッシュ、(右)、(左)と(役職はいずれも当時) 2001年の米韓首脳会談では当時の大統領を「この人」と呼び、韓国人の間で話題となった。 2002年のによるでは、電話を通じて韓国政府に謝罪するが感情の高まりを抑えることはできなかった。 後継の盧武鉉政権とは、反米色が強かったため次第に関係は悪化した(ただし、イラク戦争に際して韓国はを派遣している)。 2008年の政権以降は・反北路線となり、関係は修復した。 大統領退任後には韓国に訪問した。 北朝鮮 大統領就任前のブッシュは北朝鮮問題に関心も知識も乏しかった。 2000年6月の大統領候補時代に、友人であるのと会談した際、「なぜ自分が北朝鮮のことを心配しなければならないのか?」とこぼして、王子に「北朝鮮の国境付近には3万8,000人のアメリカ兵が駐留しているため、北朝鮮が国境を越えて侵攻すればおそらく1万5000人が戦死して、合衆国は途端に戦争へ突入するからです」と諭されている。 就任後はクリントン政権の宥和策に反対してきたの姿勢に沿って、「」として批判を行うなど強硬姿勢を取っている。 についても、2006年に渡米した横田夫妻ら被害者家族との面会時に断固たる姿勢で望む事を表明していた。 しかし、実施や他の外交政策の不振から、「核施設の無能力化を進めれば、拉致問題の進展とは関係なく、指定を解除する」との立場を北朝鮮に伝えていたことが明らかになっている。 北朝鮮とにある中華人民共和国はイラク戦争開戦による衝撃から仲介に乗り出してが始まり 、核兵器の放棄が合意された。 2007年2月13日の六カ国協議での合意に基づき、2008年6月の北朝鮮のの爆破パフォーマンスや核開発計画申告などを受けて指定解除の手続きを開始、拉致問題については引き続き解決への協力姿勢を表明しているものの、被害者家族からは先の面会時からの豹変振りに「裏切られた」と失望の声が挙がっていた。 だが、土壇場の8月11日、「しっかりとした(核施設の)検証体制を示さない」ことを理由に北朝鮮のテロ支援国家指定解除の発令に対する署名を拒否した。 そもそも6月26日の指定解除手続きに関する発表 では、同時に北朝鮮および北朝鮮の国民に関する確定的な 移動 制限を継続することについての大統領令 Executive Order:Continuing Certain Restrictions with Respect to North Korea and North Korean Nationals も発表しており、この時点で北朝鮮による手続きが履行されても不履行であっても、対北朝鮮制裁を解除する意志がなかったことが、この大統領令の存在から明らかになっている。 オバマ政権に交代後の2009年4月、北朝鮮は核兵器開発の再開と六カ国協議からの離脱を表明することとなった。 にのをホワイトハウスに招待している。 チベット ダライ・ラマ14世をホワイトハウスに招待するほど親密であり、ダライ・ラマ14世がアメリカ議会から議会名誉黄金勲章を授与された時に子ブッシュ大統領も授章式に同席した。 アメリカ議会からのダライ・ラマ14世への黄金勲章授与に対して、に悪影響を及ぼすとしては強く反発した。 ダライラマは、いくつかの政策は「大失敗」だったが、一個人としては好きだと語った。 ジョージ・W・ブッシュを強く批判するの大統領が親中共派で、他国干渉とダライ・ラマへの弾圧を進める中華人民共和国を全く批判しないのに対し、ジョージ・W・ブッシュは中華人民共和国から反発を受けながらもダライ・ラマと友好を深めていた。 ベトナム グエン・ミン・チェット国家主席とジョージ・W・ブッシュの握手 イラク戦争が末期に入った2006年、のとアメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領がで会談し、ベトナムとアメリカの友好関係を誇示した。 これは、冷戦後の「米越同盟」の強化と、後に「」の一角と呼ばれるようになったベトナムのを布告するものになった。 フィリピン 2008年にに対し食料価格高騰や台風6号の被害に苦しむ同国民を助けるため、アメリカ海軍の原子力空母を被災地に派遣し、食料支援を行った。 ジョージ・W・ブッシュ大統領は会談後、台風の犠牲者らに弔意を表明。 が(MILF)やなどの反政府勢力に対し、対話と圧力による硬軟両様のテロ対策を進め、効果を上げていると評価した。 またフィリピンはイラク戦争に仏独中露が反対する中で数少なく支持した国である。 メキシコ 隣国で強い経済関係を持つに対しては強い親近感を示し、これまでの歴代大統領は就任後初の訪問国としてを訪れていたが、子ブッシュは就任後初の訪問国としてメキシコを訪れている。 なお、この様なメキシコに対する親近感には、テキサス州知事選挙をはじめとする過去の選挙戦において、テキサス州で多くの票を持つメキシコ系アメリカ人からの支持を受けていたことが強く影響していると言われている 中南米 アフガン侵攻やイラク戦争以来、ベネズエラのウゴ・チャベス大統領との険悪な関係で知られており、2002年にはアメリカ政府の関与が指摘されるがおきている。 国連総会でチャベスはブッシュを『悪魔』と呼び、『ブッシュは大量殺人犯 残る一生を牢獄で過ごすべきだ』などと激しく非難されている。 ブッシュはの大統領のの利用を非難したが、逆に「私の知る唯一のテロリストはブッシュだ」と反論されモラレスも一歩も退かない。 ではアフガン侵攻やイラク戦争以来、『ブッシュはに並ぶ殺人犯』という皮肉ったプロパガンダが掲げられていた時期があった。 ロシア ロシアのプーチン大統領(左)と ロシアの政権とは問題もあり、当初は距離を取っていたが、911テロを契機にして協調関係に移行。 ロシア領域内通過容認やテロリストの情報提供 などプーチン政権から支援がされ、へのアメリカ軍基地も設置できた。 2005年のロシアの戦勝記念日の軍事パレードに出席するなど、積極的に「テロとの戦い」を進めていくことを確認した。 しかし、イラク戦争ではフセイン政権と親交があったロシアとの利害対立が目立った。 また、を推し進め、では政権から「紛争の発端はアメリカ大統領選挙で共和党を有利にするためのネオコンの陰謀である」と批判されてとも評された(これはプーチンとともにブッシュが北京オリンピックの式典に参加するため国内を空席にした際に紛争が起きたため、政権内部のネオコンをコントロールできていたかその能力を疑われたからでもある)。 ウクライナ で親欧米派が勝利したとはの親欧米路線をしている。 ブッシュはとのNATO加盟を支持していたが、両国の加盟はフランスやドイツが難色を示しており、またロシアからも強い反発があった。 その結果、ウクライナとグルジアのNATO加盟はブッシュ政権下では見送りとなった。 ウクライナは西部が親欧米、東部は親ロシアであるために東部からの親ロシア派からはを掲げブッシュの人形を燃やす場面が見られた。 アルバニア セルビア共和国自治州コソボ独立促進のため、アルバニアを訪問した。 への初の米大統領訪問となったため、ブッシュは熱烈な歓迎を受けるという珍しい事例である。 アルバニアのNATO加盟については、ブッシュは支持はするが、「アルバニアはより政治的、軍事的な改革を行い、組織化された犯罪を根絶せねばならない」とまだまだ加盟までに準備が必要であることを言及した。 アルバニアに対し、平和を維持し、コソボ自治州の独立交渉を進展させていくように促進した。 当時のアルバニアはの発生など混乱も生じていたが、ブッシュは粘り強く支援を続け、2009年のNATO加盟実現に漕ぎ着けた。 これらの経緯から、アルバニア国民がブッシュに寄せる愛着は強い。 2011年、同国のフシャクルヤ町に、アルバニア訪問時の姿を模したブッシュの銅像が建立された。 また、フシャクルヤ町には、ブッシュの名を冠した広場も設けられている。 アフガニスタン ではタリバン政権が崩壊し、親米政権が樹立した。 さらに各国からの200億ドルの支援が施されている。 アフガン人はで未だにロシアを激しく嫌っており、アメリカに対してはタリバンからの解放軍のように歓迎して親米政権も樹立していると宣伝されてきたが、実際には、2008年段階でアフガニスタンで内戦は続き、親米の政権は首都付近に勢力を持った。 アフリカ 諸国に対する支援に極めて熱心であり、、活動への支援とともに、やの終結を目指し積極的な仲介工作を展開した。 ブッシュ政権はアフリカ諸国への2国間支援を特に重視しており、その年間支出はクリントン政権時の4倍に達した。 ブッシュの積極的な支援活動に対しては、アフリカ諸国からも評価する声が強い。 大統領退任前後には、ブッシュの功績を称える市民らがに「ジョージ・ブッシュ」と命名するが発生し、北部地域を中心に流行した。 アフリカ地域の紛争に対処するを創設し、父ブッシュと同様ににも介入した。 オセアニア は対テロ戦争とイラク戦争を支持して派兵したが、は派兵をしていない。 またニュージーランドのオークランドとウェリントンで、人気ピザチェーンの『地獄ピザ(Hell)』が看板広告のブッシュ大統領の写真に『地獄(ピザ):悪魔野郎には贅沢すぎる』『地獄(ピザ)にだって規範はある』のキャッチコピーが添えられており、ブッシュ政権に対するとも言える。 その他の国 ブッシュはアフガニスタン侵攻からイラク戦争までイスラム社会から憎悪の対象となっており、その度にイスラム社会のやの店舗などに破壊や放火があり、訪問や大統領退任後の訪問でも現地民から抗議行動を受けており、大統領退任後もでは反戦抗議があった。 しかしアメリカはイラクでも莫大な復興支援を提供し、・の和平プロセスを進めており、パレスチナに多額の復興支援をしているが、結局でブッシュは拒否権を出したために関係は再び悪化してしまった。 またを廃棄した事を宣言してかつてのテロの和解金を出したの大佐との関係は良好化している。 イスラム社会から恐怖の存在で憎悪の対象となったブッシュだが、かつてはテロ支援国家だったリビアのカダフィ政権を保障した寛容性があった。 「」も参照 人物 [ ] 人物像 [ ] 名門イエール大学を卒業し、ハーバード・ビジネススクールで経営学修士を取得しており、双璧とされるイェールとハーバードを出るという歴代大統領の中でも「高学歴」だが、後に本人が母校での演説で「成績がCでも大統領になれる」とジョークのネタにしたように学生時代の成績は芳しくなかった。 ニューヨーク市立大学教授で、ハーバード時代のブッシュが受講する授業を担当したは、大統領就任が決まった直後の日本のマスコミの取材で当時のブッシュの印象を聞かれて「普通、授業を教えた生徒の事はいちいち覚えていないものだが、彼は非常に出来の悪い生徒だったのでよく覚えている」「もう箸にも棒にもかからない」「典型的な金持ちのお坊ちゃま。 怠惰で授業態度も悪く、大統領はおろかどんな組織のリーダーも務まる人物ではないと思った」と答えている。 大統領候補時代に、記者から「の名前は? 」と質問され答えられない など、就任前から大統領としてふさわしい知性の持ち主か否か、危ぶむ声があった(ブッシュが同じような質問を記者にすると「私は記者だが、あなたは大統領候補だ」と返された)。 大統領就任後も、2001年11月のとの首脳会談上の席上、「あなたの国にもはいるのか?」と尋ねて、その場でライス安全保障問題担当補佐官に訂正されるエピソードがある など、知性を疑われるような発言を何度も繰り返した。 これらの迷言癖は俗に「」 と呼ばれる。 他の歴代大統領と比較して著しくボキャブラリーが貧困であるとされた。 耳慣れない人名や地名をよく間違って発音することでも有名で、の囚人虐待事件に関する演説では「アブグレイブ」の発音を一度もまともに言えなかった。 2007年9月、・で行われたの演説では、と言い間違えた上にこの演説で三回もの言い間違いをし、参加者から失笑をかった。 第1回目の大統領選挙の公開討論の席で、がブッシュを小馬鹿にするような態度を示したが、それに対し誠実な対応を行ったことが有権者の好意的評価に結びついたとされる。 戦争中に、ラムズフェルドが戦死した兵士の家族への手紙の署名にを使用したのとは対照的に、ブッシュは直筆の手紙を出し続けている。 また、人権問題に関心が深いこともあり、に深い興味と理解を示し、拉致被害者の家族が訪米した際には、で面会した。 ブッシュ自身は側近の意見に耳を傾けていると言われ、特に外交に関しては穏健派のパウエル国務長官と強硬派のライス補佐官に議論をさせ、ライスの意見を支持しイラク戦争に向かったとされる。 ライス補佐官は第2期政権において国務長官に起用された。 ブッシュの意を受けたライスは国防総省を牽制しつつ、外交に重きを置きながらイラクの武力支配を正当化しようという戦略をとっている。 がアメリカ国民を対象に行ったでは、2006年の「憎まれ役」「英雄」でそれぞれ1位に選ばれた。 ちなみに「憎まれ役」は2位以下、、、、。 「英雄」は2位以下、イラク駐留アメリカ軍、バラク・オバマ。 また、以降の歴代大統領を、ホワイトハウスで取材してきたジャーナリスト、は、彼を「今までで最悪の大統領。 アメリカ史上最悪の大統領 This is the worst President ever. He is the worst President in all of American history. 」 と酷評している。 また2004年ブッシュが再選されたとき、ブッシュに批判的なアメリカ人はカナダに移住したそうである。 一方でライス国務長官は政権末期のアメリカテレビとのインタビューで、ブッシュが直面してきた状況について「後で最も厳しい時期だったのではないか」との見方を示し、そのなかでブッシュが下してきた決断は「時を経て記憶にとどまるだろう」とし、イラクのフセイン政権打倒や中華人民共和国、、ブラジルなどとの良好な関係を例に挙げ、「歴史がブッシュ政権に良い評価を下すだろう」と述べた。 2002年1月テレビでフットボール観戦中、菓子のをのどに詰まらせて気絶し倒れて目尻の横を怪我をして、マスコミに大きく報じられたことがある。 本人は苦笑しながらこの一件について釈明した。 の撲滅運動にも熱心で、2004年、はコンサートにやって来たブッシュ夫妻と直接面会した際に、彼の政策への強い不満の一方で、彼の魅力と「優しさ」を覚えたとし、教訓になったと述べた。 身長は511. 5インチ(約182cm)である。 宗教 [ ] 学生時代には大量の飲酒を行う時代もあったものの、にと出会って以降、その当時患っていたをの支えもあって克服し、現在では敬虔なとして知られており、宗派は妻と同じである。 約40歳からという一般的に見れば遅い宗教への目覚めではあるが、信仰心は篤く毎朝5時には起床し祈りをささげることが日課になっている。 そのため、生活リズムは早寝早起きである。 愛読書 [ ] 読書家としての側面も知られており、専用機での時間や週末の多くを読書に費やすという。 ジャーナリストのエリザベス・ビュミラーの取材によると、愛読書として聖書のほか、建国者、の評伝があげられた。 この他の小説の熱烈なファンで、イスラエルの作家の本を盛んに周囲に勧めていたことが伝えられている。 ペット [ ] ジョージ・W・ブッシュの愛犬であるバーニー。 (写真は大統領執務室において) 愛好家として知られており、愛のバーニーをはじめ、、、、など複数のを飼育している。 また、収集に熱心である。 特にホワイトハウス内で同居していた愛犬のバーニーは、で一緒の姿を映されることも多いためアメリカ国内ではつとに有名である。 スポーツ [ ] 大の野球ファンとして有名で、1989年からはテキサス・レンジャーズの共同オーナーも務めていた。 当時のテキサス・レンジャーズ監督は2005年11月15日にでジョージ・W・ブッシュを出迎えた。 大統領時代も度々の始球式を行っている。 2009年11月3日、東京ドームで行われたプロ野球日本シリーズ第3戦(日本ハム-読売ジャイアンツ)の始球式にも登場した。 2002年にのが濃厚になった時にはストライキの中止を求めるコメントを出した。 その結果、ストライキは直前で中止された。 語録 [ ]• DoctorZebra. com. 2009年3月12日閲覧。 2007年10月21日閲覧。 2013年1月5日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年5月24日閲覧。 Whitehouse. gov. 2006年5月25日閲覧。 Powell, Colin 2003年2月5日. Whitehouse. gov. 2006年5月25日閲覧。 MSNBC 2004年2月8日. 2006年9月9日閲覧。 Reuters 2007年10月17日. 2007年10月17日閲覧。 USA Today. 2007年7月10日. 2007年11月28日閲覧。 2007年7月25日. 2007年7月25日閲覧。 2008年2月20日. 2009年1月25日時点のよりアーカイブ。 2008年2月20日閲覧。 J-CASTモバイル テレビウォッチ• Famous Texans. famoustexans. com 2005年2月3日. 2006年6月27日閲覧。 CNN. cnn. com 2000年10月29日. 2007年3月18日閲覧。 See also 2000年6月10日. 2007年6月23日閲覧。 2007年7月10日閲覧。 Associated Press 2001年5月21日. FOXNews. com. 2006年6月27日閲覧。 Inside Politics 2005年6月17日. insidepolitics. org. 2007年7月5日閲覧。 2013年3月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年1月19日閲覧。 の2007年9月30日時点におけるアーカイブ。 2007年7月5日閲覧。 2007年11月30日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月18日閲覧。 The Washington Post. A08. 2007年7月3日閲覧。 United States Air Force, National Guard Bureau Historical Services Division. 2007年8月8日閲覧。 York, Byron 2004年8月26日. National Review Online. 2007年10月19日閲覧。 2007年10月28日閲覧。 Brit Hume, Mara Liasson, Jeff Birnbaum, Charles Krauthammer 09-07-2004. Fox News Network transcript• Romano, Lois; George Lardner Jr 1999年7月25日. 2006年6月27日閲覧。 Department of the 2000年11月2日. 2006年8月9日閲覧。 Time Magazine 2000年11月13日. 2006年9月8日閲覧。 The American Thinker. www. americanthinker. com. 2006年10月26日時点のよりアーカイブ。 2006年10月16日閲覧。 WGBH. PBS. 2004年5月6日閲覧。 Washington Post. 1999年10月17日. 2007年4月7日閲覧。 Stone, Peter H. 04-07-2001. National Journal 33 : 1042. ISSN:03604217. Carlisle, John K 03-01-2004. Human Events• Washington Post. 2002年7月21日. の2008年9月18日時点におけるアーカイブ。 2007年1月2日閲覧。 Bush, George W. ; Bill Adler 2004. The Quotable George W. Bush:A Portrait in His Own Words. Andrews McMeel Publishing. Public Broadcasting System 2005年6月17日. www. pbs. org. 2007年7月5日閲覧。 Farrey, Tom 1999年11月1日. 2007年1月21日閲覧。 2007年1月21日閲覧。 Make Them Accountable 2002年8月19日. 2007年12月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年1月21日閲覧。 Bush's Brain:How Karl Rove Made George W. Bush Presidential. Wiley. 210. 2008年6月10日閲覧。 Texas State 2005年3月11日. Texas State Archives. PBS. 2006年6月30日閲覧。 Associated Press 1998年11月3日. CNN. 2006年6月30日閲覧。 President Bush's speech to United Nations". CNN. com. November 10, 2001• "Bush likens 'war on terror' to WWIII". ABC News Online — Abc. net. MacKay, Duncan February 15, 2002. "Chariots of ire: is US jingoism tarnishing the Olympic ideal? The Guardian. Retrieved September 2, 2008. CBS 60ミニッツ「沈みゆく町」• マイケル・エリック・ダイソン著 カトリーナが洗い流せなかった貧困のアメリカ• [ ]時事通信、2009年1月14日• 2010年5月28日 - 産経新聞、2009年1月14日• Ed Stoddard・Chris Baltimore、植竹知子訳「政治の表舞台去るブッシュ米大統領の今後」『』、2009年。 」『』54巻11号、、2009年3月19日。 映画の公式サイトのメッセージ• 日本では、2011年4月23日により刊行。 YOMIURI ONLINE. 2010年4月28日. の2010年4月30日時点におけるアーカイブ。 2010年4月28日閲覧。 THE HUFFINGTON POST 11-12-10 01:48 PM• (2011年11月21日、あしなが育英会プレスリリース)• ウォール・ストリート・ジャーナル. 2013年4月26日. 2013年9月24日閲覧。 日刊スポーツ. 2013年4月25日. 2013年9月24日閲覧。 2016年2月16日. 2016年3月18日閲覧。 ブッシュ大統領は、2001年の同時多発テロ直後からの電子メールなどの傍受を令状なしで行っていたことを認めている。 これに対し、令状なしの盗聴は違憲であるとが訴訟を起こし、の連邦地裁は2006年8月17日、令状なしの盗聴の即時停止を命令。 しかし、ブッシュは「盗聴はあくまで大統領の権限だ」と主張している。 ワールド・リサーチ・ネット 『意外なツボがひと目でわかる世界地図』 青春出版社 2007年 p. ブッシュ政権、科学者に圧力? 温暖化報告書めぐり 『』 2006年9月28日• 2005年2月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年8月1日閲覧。 2009年7月13日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年6月23日閲覧。 では米軍撤退後に隙を狙ったがサイゴンを陥落させ、でもアメリカ軍に協力したの市民は北ベトナム政府によってに送られとひどい扱いを受けた。 [ ]• 2013年5月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年5月10日閲覧。 高島博之 2017年11月6日. 毎日新聞. 毎日新聞社. 2018年5月9日閲覧。 2001年10月17日. 2019年5月1日閲覧。 , "". ["U. state. gov. Retrieved 2011-06-06. 2018年3月24日. 2018年3月29日閲覧。 その時期は2009年の7月にクリントン前大統領が北朝鮮に侵入して拘束された女性記者を釈放するために訪朝した時期であった• 『State of Denial:Bush at War, Part III』• 2007年10月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年10月21日閲覧。 寺林裕介 「 」• 2008年6月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年5月3日閲覧。 ではモラレスのアメリカに対して一歩も引かない姿勢でゲストが拍手して笑みを浮かべていた。 斎藤元秀 「 」• David Blair, "Analysis:How George W Bush became an African hero", , , ,. 2000年11月27日付けの日刊ゲンダイ,CNN. COM 2004年9月13日配信記事• 「」 、2007年9月26日。 2009年1月4日閲覧。 Washington Post. 2004年9月15日. 2008年12月13日閲覧。 マイケル・ユー「ホワイトハウスの職人たち」新潮社 2006 p. 120より• 「ホワイトハウスの必読書」、2005年7月号• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 () - 内の記念館• - アメリカのコメディアン。 ブッシュの物真似を得意としており、2006年のホワイトハウス記者会主催夕食会ではブッシュ本人と共演した。 外部リンク [ ]• (英語)• (英語) 公職 先代: アメリカ合衆国大統領 第43代:2001年 - 2009年 次代: 先代: テキサス州知事 第46代:1995年 - 2000年 次代: 党職 先代: 共和党大統領候補者 、 次代: 外交職 先代: フランス 議長 2004年 次代: イギリス.

次の

ジョージ・ブッシュ

ブッシュ 大統領

12月12日 事件名: George W. Bush and Richard Cheney, Petitioners v. Albert Gore, Jr. , et al. 判例集: 531 U. 98; 121 S. 525; 148 L. 2d 388 裁判要旨 本件の事実関係の下において、いかなる手作業による投票の数え直しも、12月12日の「セーフハーバー」条項の期限に間に合わせようとする限り、合衆国憲法修正第14条の平等保護条項に違反する。 裁判官 首席判事: 意見 多数意見 匿名意見 賛同者:ウィリアム・レンキスト(スカリア、トマスが同調) 少数意見 スティーブンズ反対意見(ギンズバーグ、ブレイヤーが同調)、スーター反対意見(ブレイヤー、スティーブンズ、ギンズバーグが一部同調)、ギンズバーグ反対意見(スティーブンズ、スーター、ブレイヤーが一部同調)、ブレイヤー反対意見(スティーブンズ、ギンズバーグ、スーターが一部同調) 参照法条 アメリカ合衆国憲法第2条、修正14条、3 5 ブッシュ対ゴア事件 Bush v. Gore, 531 98 2000 は、(連邦最高裁)が2000年12月12日に判決を下した訴訟事件である。 この判決により、が、の勝利に終わることとなった。 この判決のわずか8日前に、連邦最高裁は、密接に関係した事件であるブッシュ対パームビーチ郡選挙委員会 Bush v. Palm Beach County Canvassing Board, 531 U. 70 2000 について全員一致の判決が下されている。 また、わずか3日前には、連邦最高裁はで行われていた票の数え直しを停止する予備的命令を出していた。 連邦最高裁は、7対2の多数による匿名意見 の中で、フロリダ州最高裁の命じた投票の数え直しの方法はの平等保護条項に違反すると判示した。 また、5対4の多数で、フロリダ州によって設定された期限内には、代わりの手段をとることは不可能であると判示した。 賛同意見を述べた裁判官のうち3名は、フロリダ州最高裁は同州の議会が制定した選挙法の解釈を誤っており、合衆国憲法2条1節2項にも違反しているとの意見を述べた。 この判決により、フロリダ州キャサリン・ハリス が先に行っていた、ブッシュをフロリダ州の選挙人投票の勝者と認める旨の認証が維持された。 フロリダ州の25票の選挙人投票が加わることで、候補のブッシュは271票を獲得することになり、266票に終わった候補のを破った(の選挙人1名は棄権)。 なお・選挙に勝つためには、の中で多数である270名が必要である。 背景 [ ] 問題となる大統領選挙は、に行われた。 で採用されている制の下では、各州がそれぞれ、大統領・副大統領に対する一般投票を行う。 一般の有権者は、選挙人団の中で、特定の大統領・副大統領候補者に投票することを誓約している、名簿に登載された「選挙人」に対して投票する。 通常(すべての州ではないが)、ある州の一般投票で勝利した大統領・副大統領候補者はその州の選挙人投票すべてを獲得する(総取り制)。 多数である270名の選挙人投票を得た候補が、大統領・副大統領選挙に勝利する。 2000年11月8日、フロリダ州の選挙局は、ブッシュが投票の48. この票差は投票数の0. 11月10日、機械による数え直しが一つの郡を除き完了した時点で、ブッシュのゴアに対する票差は327票にまで減っていた。 フロリダ州の選挙法 によれば、候補者は郡に対し手作業による数え直しを要求することができ、ゴアは四つの郡(、、、)での手作業による数え直しを求めた。 これらの4郡は要求を認め、手作業による数え直しを開始した。 しかし、フロリダ州法は、同時に、すべての郡が、選挙から7日以内に州務長官に対し投票結果を認証することを求めていた。 いくつかの郡では、手作業による数え直しはこの期限までに間に合わないと考えていた。 期限である11月14日に、フロリダ州巡回区裁判所は、7日間という期限は変更を許さないものであるが、郡は後日投票結果を修正することができると判断した。 同裁判所は、また、州務長官は、州全体の選挙認証に際して、関係するすべての事実・状況を考慮した上で、裁量により、期限に遅れて修正された投票結果を含めることができると判断した。 期限である11月14日午後5時までに、ヴォルジア郡は手作業による数え直しを完了し、その結果を認証した。 同日午後5時、フロリダ州州務長官キャサリン・ハリスは、全67郡から投票結果の認証を受け取ったが、パームビーチ郡、ブラワード郡、マイアミデイド郡は依然手作業による数え直しを行っていると発表した。 ハリス長官は、期限に遅れた提出を認めるか否かの基準を示すとともに 、期限に遅れて提出をしようとする郡は、長官に対し、翌日の午後2時までに、期限に遅れることの正当性を示す事実関係を書面で提出しなければならないとの要求をした。 4郡は書面を提出したが、ハリス長官は、これらを審査した上で、いずれも提出期限の延長を正当化するものではないと決定した。 長官は、さらに、海外不在者投票の結果を受け取った後の、2000年11月26日(日曜)に大統領選挙の結果を認証する予定であることを発表した。 そして11月26日、長官はブッシュの勝利を認証し、同じ日に訴訟が起こった。 訴訟経過 [ ] 2000年12月8日までに、フロリダ州における大統領選挙をめぐっては様々な裁判所の判断が示された。 そして12月8日、フロリダ州最高裁は、4対3の票決で、州全体での手作業による数え直しを命じた。 12月9日、連邦最高裁は5対4の票決で数え直しの執行停止を命じた。 ブッシュ対ゴア事件のは、12月11日に行われた。 ブッシュの弁論は、の弁護士セオドア・B・オルソン(後の)が行った。 ゴアの弁論はの弁護士デービッド・ボイズが行った。 連邦最高裁がブッシュ対ゴア事件を審理している短い間に、フロリダ州最高裁は、連邦最高裁が12月4日にブッシュ対パームビーチ郡選挙委員会事件 で行った要求に応えて、説明を行った。 本件の特異性と緊急性から、連邦最高裁は、ブッシュ対ゴア事件について、12月12日、口頭弁論からちょうど16時間後に、判決を言い渡した。 関連する法令 [ ] ブッシュ対ゴア事件の判決の基礎となったのはの平等保護条項であり 、同条項は次のように規定している。 「いかなる州も……その管轄内にある何人に対しても、法の平等な保護を否定してはならない。 」 また、アメリカ合衆国憲法第2条1節2項は、州当たりの選挙人の数を規定するとともに、本件に最も関係することであるが 、選挙人を選出する方法について、次の通り規定している。 「各州は、その州の議会が定める方法により、一定数の選挙人を任命する。 」 同条が、フロリダ州政府の一部門のみ(すなわち州議会)に権限を与えたものであることについては、ほぼ争いがない。 また、本件で最も重要なは、第3編第5節(以下「3 U. 本件に特に関係するのが、いわゆる「セーフ・ハーバー」条項であり、これは、定められた期限までに行われる限り、州が連邦議会の干渉を受けずに選挙人を任命することができるというものである。 州が、少なくとも選挙人集会に設定された日の6日前までに、選挙人の全部又は一部の任命について最終的な決定をしたときは、その決定は拘束力を有する。 選挙人集会の日は12月18日と設定されていたため、「セーフ・ハーバー」の期限は12月12日、すなわち連邦最高裁が本件の口頭弁論を開いたちょうど1日後であった。 また、28 U. 州の最上級裁判所によって言い渡された終局的な判決又は決定は、連邦法が関係している場合、連邦最高裁による審理の対象となり得る。 争点 [ ] ブッシュの代理人、セオドア・オルソン。 連邦最高裁は、本件を解決するために、二つの異なった問題に答える必要があった。 実体的な問題として、ブッシュとゴアのいずれが勝つか。 すなわち、目下行われている票の数え直しは違憲か否か。 仮に数え直しが違憲であるとすれば、訴訟上の救済手段は何か。 判決の3日前、連邦最高裁は、裁判官5名の多数により、票の数え直しを停止させており 、裁判所はそれを再開するか否かを判断する必要があった。 平等保護条項 [ ] ブッシュは、フロリダ州における票の数え直しは、各郡の委員会が、ある投票が適法なものであるか否かを判断するために用いることのできる州全体の基準がない点で憲法修正第14条の平等保護条項に違反すると主張した。 各郡が、手作業で各投票用紙を数え直すための独自の基準を用いており、ブッシュは、ある郡の基準が他の郡の基準より緩やかなものになるということが起こると主張した。 したがって、2人の投票者が、同じように投票用紙にマークしたかもしれないのに、手作業による数え直しに用いられる基準が異なるために、ある郡で投票した1人の投票用紙は数えられる一方で、違う郡で投票したもう1人の投票用紙は認められないということが起こり得るとした。 ゴアは、州全体の基準は実際に存在する、すなわち「投票者の意思」という基準があるとして、この基準は平等保護条項の下で十分なものであると主張した。 さらに、ゴアは、異なる投票者に対し異なった取扱いをすることになるとの理由だけでフロリダ州の数え直しを違憲と判断するとすれば、その帰結として、「すべての」州の選挙が違憲であると事実上宣言することになってしまうと主張した。 そして、どの方法をとるかによって、票を数えるに当たって生じる誤差の率も異なるとした。 「パンチカード」方式の郡の投票者は、「光学的スキャナー」方式の郡よりも票を少なく数えられる可能性が高い。 仮にブッシュの主張が通るのであれば、憲法に適合するためには、すべての州が、票の記録について州全体の方法を持っていなければならないことになると、ゴアは主張した。 救済手段 [ ] ゴアの代理人、デイビッド・ボイズ この争点は、最終的に、本件で最も僅差で判断されることになった。 代理人の弁論では、裁判所が平等保護条項違反を認定した場合に裁判所がいかなる措置をとるべきかについて、詳しく述べられなかった。 しかし、ゴアは、適切な救済手段はすべての数え直しをやめさせることではなく、適正な数え直しを命じることであると手短に主張した。 憲法第2条 [ ] ブッシュは、また、フロリダ州最高裁の決定は合衆国憲法2条1節2項に違反すると主張した。 要約すれば、ブッシュは、フロリダ州最高裁のフロリダ州法の解釈は極めて誤ったものであり、新たな立法を行っているのと同じであると主張した。 この「新たな立法」はフロリダの議会によって行われたものではないから、合衆国憲法2条に違反するとした。 ただし、憲法2条は、連邦の司法権に対しては、州議会の意思が守られるように、州の選挙法を独力で解釈する権限を与えているとブッシュは主張した。 ゴアは、憲法2条は司法による州制定法の審査と解釈を想定しており、フロリダ州最高裁は自己の判断に到達するための制定法の解釈という、通常と変わらない指針に従っただけであると反論した。 連邦最高裁の判断 [ ] 最高裁判決の要旨は次のとおりである。 7人の裁判官(多数意見の5人の裁判官のほかに、ブレイヤー及びスーター)が、異なる郡で異なる計数基準を用いることは平等保護条項に違反するとの判断で一致した。 5人の裁判官は、12月12日(判決が言い渡された日)が、フロリダ州が数え直しのために設けた期限であると判断した(ケネディ、オコナー、レンキスト 、スカリア、トマス裁判官が賛同。 ブレイヤー 、ギンズバーグ、スーター 、スティーヴンズ裁判官は反対。 ブレイヤー、スーターは、事件をフロリダ州最高裁に差し戻し、何が適法な投票であるかについての統一的な基準を設けさせた上で、その基準に従ってすべての投票を手作業により数え直させるべきだと主張した。 3人の裁判官(レンキスト、スカリア及びトマス)は、フロリダ州最高裁は同州議会の意思に反した行動をとったと判断した。 ケネディ、オコナー両裁判官は、この論点についてはいずれとも判断を示さなかった。 平等保護条項 [ ] 連邦最高裁は、7対2で、フロリダ最高裁の、州全体の数え直しを求める判断はの平等保護条項に違反すると判断した。 連邦最高裁は、平等保護条項は、個人に対し、その投票の価値が、事後的に、恣意的で異なる取扱いによって減じられてはならないことを保障しているとした。 仮に数え直しが理論的には公正であっても、実際上は不公平である。 記録によれば、投票用紙ごと、投票区ごと、郡ごとに、数え直しに異なる基準が適用されていることが窺われる。 7対2の匿名意見 によれば、州全体の基準(「適法な投票」は「投票者の意思が明確に表されているもの」であるというもの)では、各郡が憲法に適合した方法で票を数えることが保証されていない。 匿名意見は、「我々の検討は本件の事実関係に限定される。 なぜなら選挙の過程における平等保護の問題は、一般的に多くの複雑な問題を含んでいるからである。 」とした。 救済手段 [ ] 連邦最高裁は、5対4の多数で、12月12日の「セーフ・ハーバー条項」による期限までに、憲法に適合した数え直しを行うことは不可能であると判断した。 連邦最高裁は、「フロリダ州最高裁の述べるように、州議会は州の選挙人が3 U. 「フロリダ州議会は3 U. 4人の裁判官(スティーヴンズ、ギンズバーグ、スーター、ブレイヤー)は、数え直しを中止することに反対した。 これらの裁判官は公平の原則を主張した。 実際の集計作業は、同じ5人の多数意見裁判官によって12月9日に出された差止命令によって中断されており、これは期限の3日前であった。 もっとも、反対意見の4人のうち2人(ブレイヤー、スーター)は、12月9日までの集計は平等保護の要請にかなったものではなかったことを認めた。 反対意見は、多数意見に対する尋常でないほど辛辣な批判が特徴的である。 スティーヴンズ裁判官の反対意見(ブレイヤー、ギンズバーグ両裁判官が同調)は、次のように結論付けている。 申立人(ブッシュ)らが、フロリダ州の選挙手続に対し連邦裁判所において行っている攻撃全体の背後にあると思われるのは、明言されていないが、票の集計が進んだ場合に決定的な判断をするであろう州の裁判官の公平さと能力に対する不信である。 そうでなければ、申立人らの見解には全く理由がない。 当裁判所の多数意見がその見解を是認するということは、全国の裁判官の仕事に対する最も侮蔑的な評価に信憑性を与えることでしかない。 の真のバックボーンとなるのは、司法制度を運営する人々に対する信頼である。 今日の判断によって負わされるであろう、この信頼に対する傷は、いつか時間によって癒やされるであろう。 しかし、一つ確かなことがある。 我々は、今年の大統領選の勝者が誰になるか、確実に分かるわけではないが、誰が敗者かは完全に明らかである。 それは、国家の、法の支配の公平な守護者としての裁判官に対する信頼である。 匿名意見は、厳密にいえば、ゴアによる訴訟を却下したわけではなく、この意見に反しないように更に手続を進めるべく、差し戻した。 そのため、ゴアの代理人は、戦いを続けることはできると理解し、フロリダ州最高裁に対し、フロリダ州法の下で12月12日が最終期限であるとの考えを退けるよう申立てをすることは可能と考えた。 しかし、ゴアは、フロリダの最高裁裁判官らが更なる弁論に対しどのように対応するかについて、悲観的な見方をした。 また、いずれにしても、ゴアが望み得るのは、彼の助言者が言ったとおり、せいぜい争われている選挙人の一部であった。 そのため、ゴアは事件を取り下げた。 別事件で、差戻しを受けたフロリダ州最高裁は、2000年12月22日に判決を言い渡したが、そこでは州法の下で12月12日が数え直しの最終期限か否かについては論じられていなかった。 憲法第2条 [ ] レンキスト裁判官の賛同意見(スカリア、トマス裁判官が同調)は、この事件は合衆国憲法が連邦裁判所に対し、州最高裁判所が州議会の意思を正しく解釈しているかを評価することを求めている、異例の事件であるということを最初に強調している。 通常、連邦裁判所はその種の評価を行わないし、実際、本件の匿名意見はその評価を行わなかった。 レンキスト裁判官は、このような本件の側面について述べた後、フロリダ州最高裁における反対意見で述べられた議論を精査し、これに同意した。 脚注 [ ] []• 匿名意見 per curiam とは、誰が執筆したかを明らかにしない法廷意見をいう。 通常、連邦最高裁の判決では、少数意見はもちろん、多数意見を代表して執筆した裁判官の名前も明らかにされている。 Harris, (2000年11月21日)。 長官の示した基準は注5にある。 本件に関連した他の書面については、参照:。 参照:(2001年7月2日時点)。 PG Publishing Co. , Inc. 2000年12月17日. 2006年10月28日閲覧。 参照:(2001年7月2日現在)。 参照:(2001年7月2日現在)• 2006年10月28日閲覧。 2006年10月28日閲覧。 例えば、ブッシュ対ゴア連邦最高裁判決の賛同意見に引用されているものとして、 Touchston v. McDermott, 2008年12月9日, at the. (連邦控訴裁判所〔第11巡回区〕、2000年12月6日。 Gore v. Harris, (フロリダ州最高裁、2000年12月8日)。 Bush v. Gore on Application for Stay, (連邦最高裁、2000年12月9日)。 口頭弁論のスクリプトと音声:. Bush v. Palm Beach County Canvassing Board, 531 U. 70 2000• Part Iの最終段落には、次のように書かれている。 「申立人(ブッシュ)は、次の問題を提起している:(中略)基準のない手作業による数え直しを採用することが、平等保護条項及び条項に違反するか。 平等保護の問題に関して、我々は、平等保護条項違反を認定する。 Part Iの最終段落には、次のように書かれている。 判決Part IIの最終段落には次のようにある。 「当裁判所の7名の裁判官は、フロリダ最高裁の命じた数え直しには憲法上の問題があり、救済を要するということについて一致した意見である。 同じく判決Part II最終段落には、「唯一の見解の不一致は、救済手段に関してである。 」とある。 CNN 2000年12月11日. 2009年5月8日時点のよりアーカイブ。 2008年12月9日閲覧。 2008年12月9日閲覧。 Part III-Aの第2段落で、「平等保護条項は、同じ状況に置かれた投票者に、その投票者がたまたま住んでいる郡や地区ゆえに異なる取扱いをするような選挙制度を実施することを、政府職員に対し禁じている。 」とする。 2008年12月9日閲覧。 PartIII-Aの第3段落で、「下級審は、投票用紙の数え直しは一つの統一した基準によって行われなければならないと強く断言している。 すなわち、投票者の意思によって決められるべきだというものである。 」としている。 前掲被上訴人書面PartIII-A、第3段落は、「仮に申立人ら(ブッシュら)が、すべての投票が固定的・機械的な基準の下に集計されなければならないと言おうとしているのであれば、そのようなアプローチは、投票用紙の意味を投票者の意思によって決めるとしている州の法律を違憲であると宣言することになる。 」とする。 2008年12月9日閲覧。 脚注28に、「平等保護条項違反又はデュー・プロセス条項違反に対する適切な救済手段は、すべての数え直しを取りやめることではなく、むしろ統一した基準の下に数え直しが行われるよう命じることである。 」とある。 2008年12月9日閲覧。 このような、憲法により与えられた権限の不法な侵害は、憲法制定者の意図を平然と無視するものである。 2008年12月9日閲覧。 Argument, Part I第5段落「マクファーソン事件判決 McPherson v. Blacker, 146 U. 1 1892 が州の選挙人選出手続に関連するものはすべて特別の大統領選挙法典に書き込まれていることを必要としているというばかげた理屈はさておくとしても、申立人の議論の前提には致命的な欠陥がある。 なぜなら、フロリダ州議会が1999年に選挙異議に関する法律を再制定した際には、選挙異議訴訟における巡回区裁判所の判断は上訴審の審査に服するとの確立した原則が背景にあったからである。 (スカリア、トマス裁判官が同調)• (ギンズバーグ裁判官が同調)• 230-234. Gore v. Harris, (フロリダ州最高裁、2000年12月22日)。 ただリーンダー・ショー裁判官だけが、賛同意見の中で、12月12日が州法の下で数え直しの最終期限だと述べた。 関連項目 [ ] 英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。

次の

ブッシュ対ゴア事件

ブッシュ 大統領

概要 [ ] ブッシュは、最初にで当選し、で再選した。 1995年から2000年まで第46代テキサス州知事を務めた。 また、第41代アメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュの長男である。 父親が22歳の時に生まれたために、父親が生きている間に大統領になった珍しいである。 身長は182cm 体重93kg。。 イェール大学歴史学部卒業後にの会社で勤務した後、選挙に出馬したが落選した。 その後、を共同所有するなど実業家として活躍した後、テキサス州知事選挙のために政治運動に戻った。 1994年にはアン・リチャーズを破ってテキサス知事に当選した。 ブッシュは2000年アメリカ合衆国大統領選挙において、一般投票では敗北したが選挙人投票で勝利し、共和党の候補として当選した。 大統領としてブッシュは、2001年に1兆3500億ドルの減税プログラムを 、2002年には全国一斉学力テストを義務化して成績次第で助成金とペナルティを学校に課す「」(通称:落ちこぼれゼロ法() 」に署名した。 2001年9月に発生したの後、ブッシュは世界的な「」を発表し、そしてに臨み、政権を倒しを壊滅させて、を としてあるいは殺害することを命じた。 2003年3月にブッシュはイラク侵攻を命じ、「がに違反しており、戦争がアメリカ合衆国の保護のために必要だった」と主張した。 の中、ブッシュは「戦時大統領」と自称して に再選を狙って出馬し、イラク戦争と国内問題の遂行をめぐる論争にもかかわらず、上院議員に大きな差をつけて2004年11月2日に再選された。 しかし再選後にブッシュはますます激しい批判を受けた。 それは2009年1月20日に後継のにをバトンタッチするその日まで続いた。 父との呼称の違い [ ] アメリカ合衆国では父のH・W・ブッシュと区別するため、であることから「 43(フォーティスリー)」や、ミドルネームを表す「 W」、またはテキサス州周辺地域での の発音から「 Dubbya(ダビャ)」と呼ばれることもある。 父を「 ブッシュ・シニア」と呼び、息子の方を「 ブッシュ・ジュニア」と呼ぶ例もある。 上述のように、弟・ジェブ・ブッシュの長男でもある、W・ブッシュの甥もジョージ・ブッシュだが、ミドルネームがPとなっている(ジョージ・P・ブッシュ)。 来歴 [ ] 若年期と軍歴 [ ] 空軍州兵時代のブッシュ 小ブッシュはに、でジョージ・H・W・ブッシュとの長男として生まれた。 ブッシュは四人の兄弟、、、とと、テキサス州のとで育てられた。 もう一人の妹・は、にによって3歳で死亡した。 ブッシュの祖父であるはコネチカット州選出の上院議員で、ブッシュの父であるジョージ・H・W・ブッシュはからまで41代目アメリカ合衆国大統領を務めた。 ブッシュはでに通った。 そこで彼はをして、最終学年まで男子校のヘッド・だった。 父の先例にならって、ブッシュはイェール大学に通い、に歴史号を取得した。 大学の専門課程に、ブッシュはのメンバーになった。 大学時代は当初部で投手だったが、才能に限界を感じて3年から部へ移り、4年でレギュラーになった。 1968年5月に進行していたのまっただ中に、ブッシュは適性検査の筆記試験で、下から25番目の成績だったにもかかわらず 、合格の最低点だったが 、に認められた。 これは、一度に一万人以上の人員(多くの戦闘機パイロット)がの作戦を支援するために招集されていた時期だった。 訓練の後、彼はヒューストンで任務を任せられ、からを飛ばした。 批評家はブッシュが彼の父親の政治的な地位のために、軍務で有利に扱われ、正常な兵役ではなかったと主張した。 は公式アーカイブに残っていたという、ブッシュのテキサス空軍州兵勤務記録の全てを公開した。 1970年に、ブッシュは難関のテキサス大学ロースクールに出願したが、不合格にされた。 ブッシュは共和党の議会選挙活動に取り組むために、にへ転任し、10月にに通うために、約8か月早くテキサス空軍州兵を退役して、6年間の兵役義務を終了した。 ブッシュはその時期に頻繁に飲酒していたことを認め、「無責任な青春の放浪期間」だったと言った。 、ブッシュは30歳で、家族の夏の別荘付近で、飲酒運転容疑でされた。 妻ローラと娘のジェンナ、バーバラと。 1990年 でを取得した後 、ブッシュはテキサスの石油工業会社に入社した。 1977年に、彼は友人に学校教師・司書のを紹介された。 彼らは結婚して、テキサス州ミッドランドに居住した。 ブッシュは妻のに入会するために、米国聖公会を脱会しを行った。 1978年にブッシュはテキサス州の19下院議員選挙区から立候補した。 ブッシュは、ブッシュが地元と接触していなかったと描写した相手に、6000票の差で負けた。 ブッシュは石油企業に戻り、 、、などの会社の社長、最高責任者となった。 これらの事業は、1980年代に産業と地域経済に影響を及ぼした、価格の広範囲な低下により損害を受けた。 さらに、ハーケンが関係したかもしれないの疑惑が起こったが、(SEC)の調査は、ブッシュの株式販売より前に容疑を正当化するインサイダー情報はないと結論付けた。 にブッシュは、妻ローラとの間に双子の娘、とを儲ける。 にブッシュは、で家族と父の大統領選挙活動に取り組んだ。 選挙運動の後、1989年4月にブッシュは、テキサス・レンジャーズの株を購入し、5年間無限責任組合員を務めた。 ブッシュは活発にチームの企画を指導して、定期的に試合に出席し、しばしばファンと売店に座ることを選んだ。 、ブッシュは最初に80万ドルしたレンジャーズのを売却し、1500万ドルのを得た。 テキサス州知事 [ ] テキサス州知事時代、父ジョージ・H・W・ブッシュ、妻ローラ・ブッシュと ブッシュはのテキサス州知事選挙に出馬を表明したが、これは弟のジェブ・ブッシュのフロリダ州知事選出馬と同時である。 共和党ので大勝し、人気のあった現職のアン・リチャーズ(民主党)との一騎討ちとなる。 ブッシュにはKaren Hughes、John Allbaugh、といった選挙参謀がついた。 ブッシュの選挙運動に対して、リチャーズへのアンフェアな中傷であるとする批判も上がった。 しかし公開討論での効果的な弁舌により、ブッシュの人気は上昇した。 知事としてブッシュは、首尾良く不法行為改革のための法律を支援し、教育資金の支出を増やして学校の教育水準を上げ、刑事制度改革を行った。 ブッシュは152人のを執行させたが、これはアメリカにおいて一人の州知事が執行させた死刑数としては最高記録である。 ブッシュは20億ドルの歳入超過を減税に回したが、これはテキサス州における減税額の最高記録である。 この減税により、ブッシュは企業活動を擁護する経済右派としての評価を確立した。 ブッシュはまた教会などの宗教組織による教育、アルコール・薬物依存症対策、家庭内暴力対策活動への政府支出を行った。 ブッシュはをテキサス州の「(・キリスト)の日」と定め、この日には「支援を必要とする人々への奉仕をテキサス州民に要請する」とした。 同年、共和党大統領候補予備選挙への出馬を表明する。 大統領選挙当選に伴い、知事職は2期目途中で辞任(知事就任期間:1995年1月17日-2000年12月21日)。 大統領職 [ ] 1期目 [ ] 「大規模戦闘の終結宣言」を行うため空母に降り立ったブッシュ 大統領の第1期目は、ほとんどを対外戦争に費やした。 2000年当時、を勝利し、2001年1月20日に大統領に就任。 民主党候補が、一般投票でブッシュの得票を50万票ほど上回っていたが、選挙人投票でブッシュが5票多く得票した。 実弟ジェブ・ブッシュが知事を務めるフロリダ州の、一般得票でゴアをわずかに上回り、25人の選挙人を獲得したためである。 しかし、選挙終盤のフロリダ州における選挙の運営方法への問題点も指摘され(ブッシュ陣営がジェフ・ブッシュを通じて不正選挙を行ったと主張する意見もある)ゴア陣営が抗議したため、発足当初の国民支持率は低迷していた。 任期9か月目の、とワシントンD. で が発生。 18日にはとする合同決議が上院98対0、下院420対1で通る(これはでの無期限の拘留の根拠となる)。 12日に開かれたと第56回では米国に連帯・哀悼を表してテロへの対応を求める決議が満場一致で採択され、28日には安保理決議でテロ対策が全世界に義務化され 、にとともに総会の演説で国際社会の支持に感謝してを宣言した。 また、小包によるであるも起き、同時テロとともに国内はパニック状態になった。 ブッシュ自身は とも呼んだこの戦争は、に によって開始され、世界各地でが実行された。 国際的なテロリズムとの戦いにも必要としても秘密裏に強化した。 国内では、テロ対策に不可欠だとして 「パトリオット法」()を制定し、本来アメリカの領土ではないとされるに対しても監視していたとする ()も起きた。 アフガニスタン作戦は順調に進み、にはは転覆、同月に新政権を樹立させた。 詳細は「」を参照 1月、において発言。 これは・・をを開発保有すると名指しで非難したものである。 特にイラクに対してはを抱えていたので厳しい態度で臨み、国連の全面査察を4年ぶりに受け入れさせた。 しかし武装解除が進まず、未だに大量破壊兵器を持ち続け、世界の脅威になっていると報告を受けたとし、それを世界に発信した。 同年2月のでの開会式では、第58条3項の規定を無視して「誇り高く、優雅なこの国を代表して」と政治的な言葉を付け加え、物議を醸した。 に入ると、いよいよイラクに対し強硬姿勢を採るようになる。 しかし、、、、などは根拠が足りないとして、イラクへのに反対した。 にブッシュはと側近に対して、48時間以内の国外退去を求める事実上の最後通牒を発表。 、最後通牒を無視したイラクに対し侵攻( )した。 作戦は順調に進み、には「大規模戦闘の終結宣言」を行ったが、これについて特にイラク側との協定はなく、実際にはまだ戦時中であった。 イラクはアメリカ・イギリス・による分割占領と、による統一した国家運営を行い、徐々にすることとした。 12月にはフセインのに成功し、の準備も行われ、占領政策も順調に行われているように見えたが、実際はを狙った攻撃やが絶えず、死者はの1000名を上回ることとなった。 また、イラクが隠し持っていると主張していた大量破壊兵器が見つからず、イラク戦争に対し国民は懐疑的になっていった。 2期目 [ ] 大統領として最後の演説を行うブッシュ 、ブッシュは再びに立候補したが、都市部の層がブッシュ支持から離反し、同時多発テロ発生後やイラク戦争開戦時の高支持率は維持できず、特に選挙戦の終盤は、対立候補の上院議員のジョン・ケリーと支持率は拮抗しているとたびたび伝えられた。 、第2期目における一般教書演説を行った。 外政に関しては各国との協調路線を取ると述べた。 イラクの国民議会選挙を評価し、イランの核開発問題に対して強硬な姿勢を打ち出し、さらに、中東各国の和平・民主化、核開発を進めていることを明言している北朝鮮の核廃棄問題などを取りあげ、世界をにするという決意を述べた。 、によって過去最大級の犠牲者を出す災害となったが、政府の予防の不十分さと対応の遅れが非難された。 本来、攻撃や災害から住民を守るべき州兵までイラクへ派兵されていることも大いに疑問視された。 テロや戦争など有事には強いとされていたブッシュ政権が同様の危機管理であるはずの天災への対応には脆弱さを見せたこと、のへの編入による指揮系統の複雑化、過去に堤防の改築など被害を最小限に抑える対策が進言されていたにもかかわらず十分な災害予算を計上していなかったことが議会の民主党などから批判の対象となった。 また、彼の母親であるが被災地を訪れた時ので「被災地に住む人は貧困層ばかりで、避難所に入れた方が恵まれている」と発言し、批判はさらに高まった。 実際、被災者への支援は系の富裕層に偏っており、逃げ遅れて被害に遭った層の救援は後回しで、衛生状態が悪い中、放置された。 さらに10月には、イラク戦争開始前にイラクの大量破壊兵器購入に懐疑的な見解を述べた、元駐のの妻がの工作員であると意図的に情報漏洩し、元大使の信頼性を落とそうと画策した事件に関し、チェイニー副大統領の首席補佐官が、事件の主導人物の隠蔽目的の偽証罪に問われ米連邦にされる()。 その後リビーは一審有罪判決を受け、さらに副大統領も情報漏洩の主導的関与を行った疑いが持たれた。 他の世論調査でも支持率が低下しており、ブッシュ政権は2期目の最初の1年目から試練に直面した。 年末、ブッシュはイラク開戦の重要な根拠となった大量破壊兵器の報告に誤りがあったと発表した。 開戦以前からイラクの武装解除は順調に行われていたことがすでに明らかになっていたが、これを追認する形となった。 しかしながら、フセインの圧政からイラク人を解放したことを強調し、戦争の正当性を改めて訴えた。 11月8日に行われたではイラク戦争に対する有権者の批判や同性愛のスキャンダルに加えて宗教派が大幅に離反したことなどから、共和党は民主党に大敗し連邦議会上下両院の多数派の座を奪われた。 このため、ブッシュはイラク政策の責任者であったラムズフェルドが国防長官を辞任(事実上の更迭)させ、後任に(元CIA長官)を指名した。 その後も相次ぐの不祥事や高による経済への不満などもあり支持率は低迷。 を目途にへの配備を目指すとした。 法案は、のを強化する一方で、すでに入国した不法に支払いや身元審査を条件に就労の合法化や永住権取得に道を開く包括的な改革であったが、共和党反対派が大々的なキャンペーンを行い、推進派からも内容の一部をめぐり反対の意見が出た。 ブッシュは賛成を求めて電話で最後の説得にあたったが、「支持率が記録的に落ち込んだ彼の懇願は実を結ばなかった」(アメリカ紙)という。 2008年には共和党の次期大統領候補に選出されたジョン・マケインの支持を公式に打ち出し、大統領選挙の事前投票でマケインに投票した。 しかしブッシュの人気が余りにも低いために、ブッシュの正統な後継者を自任し多くの政策に賛同してきたマケインに「私はブッシュ大統領ではない」と言われ、応援演説の依頼も殆ど無かった。 結果的に、ブッシュ政権との相違が見出せなかったマケインは民主党候補のバラク・オバマに6. に端を発した への対応策である「金融安定化法案」の採決では下院における共和党の反対もあって法案は否決されたが、修正法案が上院で可決された後に下院で可決され成立した。 2008年12月14日、退任末期のブッシュはイラク首相との共同会見中、取材していたイラク人記者()から履いていた左右の靴を投げつけられた。 ブッシュは身をすくめてかわし、直後にザイディは取り押さえられた。 同日の夜、イラクのニュース番組でこの映像が流れると、エジプトの民間衛星テレビ局の女性アナウンサーがこの記者を「英雄」と呼び、また数千人の市民がのを求めデモを起こした。 当のブッシュは靴を投げつけられた直後「今の靴のサイズは10だったよ」とジョークを飛ばす余裕を見せ、「私に靴が投げつけられたからといって、何だ? 」「(イラクが)自由な社会になった証だよ」と締めくくった。 2009年1月14日、ブッシュは「米国の真の友人であり、歴史的な挑戦に対して不屈の精神で対処した」として(元)、(元)、(大統領)の3人にを授与した。 なお、ら日本の政治家は選から漏れた。 大統領退任直前のインタビューや演説では8年に渡る政権期間を述懐。 「私は常に、米国にとって最良の道を考えて行動してきた。 自分の良心に従い、正しいと考えることをやってきた」と強調する一方、「私の政権の期間中、最も遺憾だったのが、イラクの大量破壊兵器に関する情報活動の失敗だった」「私の物言いには一部、誤りもあった。 それは明らかだ」「歴代大統領と同じように失敗も経験した。 やり直すチャンスがあれば違うやり方をしていたと思われることもある」と述べ自身の政策に対する後悔の念を事実上認める発言を行った。 [ ] 2009年1月20日正午(ワシントンD. 時間)、任期満了で大統領を退任。 退任時の財政赤字は1兆2000億ドルであった。 大統領退任後 [ ] 大統領退任後はテキサス州の自宅やの牧場に居住し、やの活動に従事している。 ブッシュは1994年までダラスに居住していた縁があり、地元ではブッシュを歓迎するムードが広がっている。 ダラスのでは「ブッシュ前大統領殿 ようこそお戻りになりました! 」 との書き出しで始まる「お客様係募集」求人広告をで掲載し、「に融通の利く、非常勤。 ご自宅からも近距離で、一日体験も可能です」 とメリットを列挙したうえで「何年にも亘る外国要人との会談を通して、術を磨き上げてきたあなたが、このポジションの優れた候補者だと確信しています」 と呼びかけた。 なお、広告掲載後、当該の店にはブッシュ本人が「仕事を探しているんだ」 と突然来店し、店長に対して入社を丁重に辞退したうえで買い物をするというジョークで応じたため、居合わせた客らから喝采を浴びた。 また、「歴代支持率ワースト1の大統領」である彼の伝記映画『』が公開された。 (米国ではブッシュが退任直前の2008年に公開された)。 監督のは、映画を作る目的は「あくまでブッシュの品格を落としたり、傷つけようとしているのではない」としており、「彼の言葉を喋らせること、イラク戦争に対する彼の判断は、彼という人物やその個人史と相関関係にある。 それを示そうとした。 」とコメントしている。 2009年11月上旬に大統領辞任後の初来日を行い、かつての盟友である小泉純一郎元首相と再会したほか、で行われた日本シリーズのに参加した。 回顧録は自身の飲酒運転トラブルやイラク戦争の決断も詳しく語られた内容となっている。 しかし、本書に関して他の著作本からの剽窃・盗作の疑惑が報じられている。 2011年4月より、で連載されている自身の半生を綴った『』の執筆を担当し、原稿料は全額による震災孤児を支援するため、に寄付した。 2013年4月、ユニバーシティーパークのサザン・メソジスト大学に、「ジョージ・W・ブッシュ大統領センター」の開館式が行われ、ジョージ・W・ブッシュ本人と父のジョージ・H・W・ブッシュ、、、と、大統領及び存命の大統領経験者が揃った。 同月に行われたジョージ・W・ブッシュの評価についての世論調査では、大統領就任時の教育や医療制度改革が見直され、退任時よりも評価は上昇の傾向にある。 2016年2月15日、で苦戦する弟の元の集会に現れ、「米国民が怒り、不満を抱えているのは分かる。 しかし、我々の怒りや不満をそのまま映し、あおる人物はオーバルオフィス(米大統領執務室)には要らない」とでトップを独走する実業家のを批判した。 政権 [ ] 政権スタッフ [ ] 職名 氏名 任期 ジョージ・W・ブッシュ 2001 - 2009 ディック・チェイニー 2001 - 2009 コリン・パウエル 2001 - 2005 2005 - 2009 ドナルド・ラムズフェルド 2001 - 2006 ロバート・ゲーツ 2006 -(次政権に留任) 2001 - 2003 2003 - 2006 2006 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2007 2007 - 2009 2001 - 2006 2006 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2007 2007 - 2008(代理) 2008 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2009 2001 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2009 2001 - 2003 2004 - 2008 2008 - 2009 2001 - 2006 2006 (代理) 2006 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2009 2001 - 2005 2005 - 2007 2007 (代理) 2007 - 2009 2003 - 2005 2005 (代理) 2005 - 2009 ブッシュ政権のは、と称される閣僚が要職を多く占め、さらにを支持母体にしているため、中東の原油をめぐる利権の追求、それに伴うアフガニスタンやイラク侵攻などに関して、対外的な武力行使も辞さないアメリカの覇権を追求する(ユニラテラリズム)が顕著であり、と諷刺されることもあった。 このようなともとれる姿勢は、アフガニスタン侵攻、イラク戦争など戦時のたびに、ブッシュ大統領本人のみならず、閣僚・政権関係者が所有・関係する企業などに莫大な経済的利益をもたらす構造が疑問視された(も参照)。 政策 [ ] 経済政策は個人の所有権を尊重する ()を目標に掲げ、この持家政策はを引き起こして後のの原因となる。 また、に基づいたいわゆる(小切手送付などによる)、をの後任に起用した的な金融政策、()推進など新保守主義・的政策、「」の方針と重なるところも多い。 しかし、クリントン政権が大きな財政黒字だったのに対し、ブッシュ政権は2つの大きな戦争への参加や警察力を強化するテロ対策などで膨大な支出を治安面や軍事面で生じさせたため()、2004年には史上最大の4130億ドルもの財政赤字に苦しんでいる。 ブッシュ自身は、かかる自らの政策を 「思いやりのある主義」 Compassionate Conservatism と称している。 外交面では政権内のネオコンと呼ばれる人々によって特徴付けられ、「世界の警察」(Globocop )と呼ばれる「世界最強の軍事力」たる唯一の超大国アメリカを積極的に他国に介入させ、で世界の一極化を目指すタカ派戦略を採り、イラク戦争・アフガニスタン侵攻を引き起こした。 ブッシュを支持する共和党支持者の中には福音派のが多く含まれ、ブッシュは彼らの倫理観やなどの理論に理解を示してきた。 旧知のをの判事に指名した際、マイヤーズが弁護士時代に中絶に関する質問に対して曖昧な答えを残していたことなどから反発を受け、断念せざるを得なくなるという事例もあった。 他に話題を呼んだ政策として、次のようなものが挙げられる。 の研究をめぐる決定• からの離脱• の創設• による令状なき通信の容認• の拒否• 「州児童医療保険事業(SCHIP)」延長法案への反対 なお、ブッシュの下で副大統領を務めているディック・チェイニーは、父の大ブッシュの下で副大統領を務めたより年長である。 地球温暖化 [ ] ブッシュ政権は問題への取り組み(の排出削減対策)に消極的だと言われる。 によると、被害が増大している一因は温暖化であるとする内容の報告書を米国海洋大気局が発表しようとした際、ブッシュ政権からの圧力によって阻止されてしまったという。 また2005年には、京都議定書を離脱している。 外交政策 [ ] ホワイトハウスにて「友人」の小泉純一郎と() イラク戦争 ブッシュ政権は、が IAEA の査察に全面的に協力しないこと、やも含めを隠し持っていることなどを強く主張し続けた()。 先制攻撃も辞さないこと、軍事行動を肯定するによる決議は「望ましいけれども必要ではない」ことなどを主張し、2003年3月17日(アメリカ現地時間)に則り「48時間以内にとその息子がイラクを去らなければ軍事行動を行う」という最後通告を行ったが、フセインは黙殺した。 しかし、開戦の根拠とされた大量破壊兵器はその後発見されずイラク戦争の正当性が根底から揺らぐ事態になった。 後に、まったくの事実無根であることが判明し「私の政権の期間中、最も遺憾だったのが、イラクの大量破壊兵器に関する情報活動の失敗だった」と釈明することとなった。 ブッシュ政権はその後、開戦の理由を「イラクのフセイン政権がを始めテロリストを支援している」と説明し、「同時多発テロの実行犯とイラクの諜報部員が接触していた」と主張したが、独立調査委員会は「会合の存在自体が無かった」とする見解を示している。 英歴史家のポール・ケネディは読売新聞紙上に載せたコラムで、の二人の指導者、が小児マヒでありながら国外の戦略会議に3回出席したことやポツダム宣言で果たした役割、さらにが主要な戦場に何回も足を運んだことを指摘し、一方のブッシュが開戦から5年の間にイラクに訪問したのはいずれも数時間足らずで合計するとイラクに居たのは一日にも満たないと両者を対比しながら述べている。 またブッシュは石油の利権を手に入れた事でそのあがり となる、ブッシュ大統領の要請から17億ドル減額したものの186億ドル(約2兆460億円)のイラク復興支援の予算案を議会は可決した。 ブッシュは「イラク撤退はベトナムの二の舞いになる、米軍撤退は米国の信頼性を傷つけ、テロリストを勢いづかせる」と主張した。 しかし復興支援を出しても絶えない宗派対立で、毎日60人近くの死者が出るようなと、それを米軍とイラク軍が発砲し、イラク戦争の死者は10万人まで増加してしまい、結局イラク国民の間に根深い感情を残しのさいには、犯人の男に対する同情や駐留米軍に対する抗議の声が民衆から聞かれた。 ブッシュがフセインを打倒した事により、これまでフセイン政権に怯えていたととクルド人がの利権また争いのために対立が激化してしまい、皮肉にもフセインのが宗派・民族対立を押さえ込んでいたことが明白になった。 のはイラク戦争は泥沼化すると予想しており、イラクを『 パンドラの箱』と揶揄していた。 ブッシュ退任後は都市部から撤退した米軍の復帰を求める声すら聞かれている。 イラク侵攻でブッシュの支持率は低下したと言われているものの、クリントン政権時代でもイラクを敵視し空爆をしており、結局、フセインはブッシュだけでなくクリントンからも敵視されていた。 ブッシュは石油の利権を狙うためにイラクへ侵略したと酷評されているが、伝記映画『ブッシュ』でも、ブッシュが石油の利権を狙う様子が描かれており、父ブッシュが打倒出来なかったフセインに石油の利権を持たれている事が痛恨であるように描かれている。 北朝鮮 にされたの家族との少女と会見するブッシュ 小泉純一郎の在任中には個人的な繋がりをアピールし、「ジョージ」、「純一郎」と呼び合うほどの仲であった。 2006年6月に小泉が訪米した際には、ワシントンD. から、小泉がファンであるの自宅兼のあるまでで同乗し、プレスリーの自宅を自分の妻とプレスリーの元妻とその娘との4人で案内するなどした。 その一方で、やの輸入問題などで日米両政府の見解が一致しない政策もある。 また、後半には核施設の無力化のみを条件に北朝鮮に対して妥協するなど、拉致問題で対北朝鮮強硬姿勢を取る日本との歩調のズレが目立った。 アメリカの歴代政権は同盟国である日本の常任理事国入り自体には積極的な支援を表明してきたものの、2005年7月に入って日本が常任理事国入りの手段とするG4案への「ノー」を断固として表明した。 日本だけでなくや、が常任理事国になるというG4案は安保理全体の大幅拡大が前提であり、ドイツのがイラク問題その他で一貫してアメリカの方針に反対してきたためかアメリカはG4案には正面から反対した。 2007年8月、アメリカ中西部ので行った演説において、「敵は自由を嫌い、アメリカや諸国が自分たちをさげすんでいることに怒りを抱き、大虐殺を産み出した自殺的な攻撃を繰り広げました。 どこかで聞いた話のようですが、私が述べる敵とは、ではなく、9. 11テロでもなく、でもなく、パールハーバー(真珠湾)を攻撃した1940年代のの軍隊のことです」。 前の日本について「は日本では決して機能せず、もそう思っているといわれてきたし、実際に多くの日本人も同じことを信じていました。 民主主義は機能しないと」、「日本のである「」があまりに狂信的で、に根ざしていることから、民主主義は日本では成功し得ないという批判もあった」と述べている。 2009年1月14日、退任直前にブッシュは盟友としてトニー・ブレアらに大統領自由勲章を授与したが、日本の政治家には贈られていない。 大統領退任後の、2009年11月3日、日本シリーズ第3戦(巨人-日本ハム)で巨人の黒のジャンパーを着て、笑顔で1球を投じた。 小泉純一郎元首相、ジョン・ルース駐日米大使、前駐米大使の加藤良三コミッショナー、王貞治コミッショナー特別顧問らと観戦した。 なお、歴代アメリカ大統領で、初めて来日した1974年11月の以降、前大統領のまでの間、国賓としての来日がなかった唯一の大統領である。 中国の国家主席(左) 中華人民共和国 政権初期は、を「戦略的競争相手」とみなし、2001年4月にでおきたでは、「アメリカ側に責任は無い」とするなど対立姿勢を強めたが、911テロ直後にがブッシュに電話したことを契機に協調に向かい、翌月に9. 11テロ後の初外遊 で中国を訪れたブッシュを迎え入れた江沢民は上海の議長国としてテロとの戦いを呼びかける各国首脳との共同声明をまとめた。 中国からはアフガニスタン復興への1億5000万米ドルもの資金援助や対テロ戦争を支える国連決議でも支持を得て 、ブッシュは中国を「責任ある利害共有者」とみなすようになり、も受け入れた。 しかし、イラク戦争ではフセイン政権と友好関係にあった中国との利害対立が目立った。 なお同国への公式訪問を全任期中4回行ったことから、「対中関係を憂慮、重視していた」という意見がある(なお両国の首脳会談は相互の公式訪問時以外は行われていない)。 ブッシュ政権下のアメリカは財政赤字とともに対中貿易赤字も増え続けた()。 で増発の必要に迫られたアメリカの財務長官によるへの要請で中国は大量にアメリカ国債を引受し 、が開催された2008年8月には米国の同盟国である日本を超えて世界最大のアメリカ国債保有国となった。 には米中連絡事務所所長時代から中国とパイプを持つ父のジョージ・H・W・ブッシュとともに親子揃って出席した。 は経済では密接なのに対して人権問題では火花を散らしており、ブッシュ政権ではそのような関係が顕著となるような事例が見られた。 例えばブッシュは中華人民共和国に高度な自治権を求めて拘留されたラビア・カーディルの釈放に圧力をかけて後に会談して、同様に高度な自治権を求めるまた中華人民共和国の民主活動家をに招待している。 また、中国共産党政府と対立を続ける弾圧に対しても厳しく、人権を侵害するを追跡する権限をに与え「酷刑犯罪者の米国入国禁止法案」を署名しており、任期末期に訪問先の韓国とで中華人民共和国のを批判し、スポークスマンの秦剛は「人権と宗教などの問題で他国の内政を干渉する言葉や行動に強く反対する」と反論した。 韓国 の首脳会議時の日米韓3か国会議にて、 ジョージ・W・ブッシュ、(右)、(左)と(役職はいずれも当時) 2001年の米韓首脳会談では当時の大統領を「この人」と呼び、韓国人の間で話題となった。 2002年のによるでは、電話を通じて韓国政府に謝罪するが感情の高まりを抑えることはできなかった。 後継の盧武鉉政権とは、反米色が強かったため次第に関係は悪化した(ただし、イラク戦争に際して韓国はを派遣している)。 2008年の政権以降は・反北路線となり、関係は修復した。 大統領退任後には韓国に訪問した。 北朝鮮 大統領就任前のブッシュは北朝鮮問題に関心も知識も乏しかった。 2000年6月の大統領候補時代に、友人であるのと会談した際、「なぜ自分が北朝鮮のことを心配しなければならないのか?」とこぼして、王子に「北朝鮮の国境付近には3万8,000人のアメリカ兵が駐留しているため、北朝鮮が国境を越えて侵攻すればおそらく1万5000人が戦死して、合衆国は途端に戦争へ突入するからです」と諭されている。 就任後はクリントン政権の宥和策に反対してきたの姿勢に沿って、「」として批判を行うなど強硬姿勢を取っている。 についても、2006年に渡米した横田夫妻ら被害者家族との面会時に断固たる姿勢で望む事を表明していた。 しかし、実施や他の外交政策の不振から、「核施設の無能力化を進めれば、拉致問題の進展とは関係なく、指定を解除する」との立場を北朝鮮に伝えていたことが明らかになっている。 北朝鮮とにある中華人民共和国はイラク戦争開戦による衝撃から仲介に乗り出してが始まり 、核兵器の放棄が合意された。 2007年2月13日の六カ国協議での合意に基づき、2008年6月の北朝鮮のの爆破パフォーマンスや核開発計画申告などを受けて指定解除の手続きを開始、拉致問題については引き続き解決への協力姿勢を表明しているものの、被害者家族からは先の面会時からの豹変振りに「裏切られた」と失望の声が挙がっていた。 だが、土壇場の8月11日、「しっかりとした(核施設の)検証体制を示さない」ことを理由に北朝鮮のテロ支援国家指定解除の発令に対する署名を拒否した。 そもそも6月26日の指定解除手続きに関する発表 では、同時に北朝鮮および北朝鮮の国民に関する確定的な 移動 制限を継続することについての大統領令 Executive Order:Continuing Certain Restrictions with Respect to North Korea and North Korean Nationals も発表しており、この時点で北朝鮮による手続きが履行されても不履行であっても、対北朝鮮制裁を解除する意志がなかったことが、この大統領令の存在から明らかになっている。 オバマ政権に交代後の2009年4月、北朝鮮は核兵器開発の再開と六カ国協議からの離脱を表明することとなった。 にのをホワイトハウスに招待している。 チベット ダライ・ラマ14世をホワイトハウスに招待するほど親密であり、ダライ・ラマ14世がアメリカ議会から議会名誉黄金勲章を授与された時に子ブッシュ大統領も授章式に同席した。 アメリカ議会からのダライ・ラマ14世への黄金勲章授与に対して、に悪影響を及ぼすとしては強く反発した。 ダライラマは、いくつかの政策は「大失敗」だったが、一個人としては好きだと語った。 ジョージ・W・ブッシュを強く批判するの大統領が親中共派で、他国干渉とダライ・ラマへの弾圧を進める中華人民共和国を全く批判しないのに対し、ジョージ・W・ブッシュは中華人民共和国から反発を受けながらもダライ・ラマと友好を深めていた。 ベトナム グエン・ミン・チェット国家主席とジョージ・W・ブッシュの握手 イラク戦争が末期に入った2006年、のとアメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領がで会談し、ベトナムとアメリカの友好関係を誇示した。 これは、冷戦後の「米越同盟」の強化と、後に「」の一角と呼ばれるようになったベトナムのを布告するものになった。 フィリピン 2008年にに対し食料価格高騰や台風6号の被害に苦しむ同国民を助けるため、アメリカ海軍の原子力空母を被災地に派遣し、食料支援を行った。 ジョージ・W・ブッシュ大統領は会談後、台風の犠牲者らに弔意を表明。 が(MILF)やなどの反政府勢力に対し、対話と圧力による硬軟両様のテロ対策を進め、効果を上げていると評価した。 またフィリピンはイラク戦争に仏独中露が反対する中で数少なく支持した国である。 メキシコ 隣国で強い経済関係を持つに対しては強い親近感を示し、これまでの歴代大統領は就任後初の訪問国としてを訪れていたが、子ブッシュは就任後初の訪問国としてメキシコを訪れている。 なお、この様なメキシコに対する親近感には、テキサス州知事選挙をはじめとする過去の選挙戦において、テキサス州で多くの票を持つメキシコ系アメリカ人からの支持を受けていたことが強く影響していると言われている 中南米 アフガン侵攻やイラク戦争以来、ベネズエラのウゴ・チャベス大統領との険悪な関係で知られており、2002年にはアメリカ政府の関与が指摘されるがおきている。 国連総会でチャベスはブッシュを『悪魔』と呼び、『ブッシュは大量殺人犯 残る一生を牢獄で過ごすべきだ』などと激しく非難されている。 ブッシュはの大統領のの利用を非難したが、逆に「私の知る唯一のテロリストはブッシュだ」と反論されモラレスも一歩も退かない。 ではアフガン侵攻やイラク戦争以来、『ブッシュはに並ぶ殺人犯』という皮肉ったプロパガンダが掲げられていた時期があった。 ロシア ロシアのプーチン大統領(左)と ロシアの政権とは問題もあり、当初は距離を取っていたが、911テロを契機にして協調関係に移行。 ロシア領域内通過容認やテロリストの情報提供 などプーチン政権から支援がされ、へのアメリカ軍基地も設置できた。 2005年のロシアの戦勝記念日の軍事パレードに出席するなど、積極的に「テロとの戦い」を進めていくことを確認した。 しかし、イラク戦争ではフセイン政権と親交があったロシアとの利害対立が目立った。 また、を推し進め、では政権から「紛争の発端はアメリカ大統領選挙で共和党を有利にするためのネオコンの陰謀である」と批判されてとも評された(これはプーチンとともにブッシュが北京オリンピックの式典に参加するため国内を空席にした際に紛争が起きたため、政権内部のネオコンをコントロールできていたかその能力を疑われたからでもある)。 ウクライナ で親欧米派が勝利したとはの親欧米路線をしている。 ブッシュはとのNATO加盟を支持していたが、両国の加盟はフランスやドイツが難色を示しており、またロシアからも強い反発があった。 その結果、ウクライナとグルジアのNATO加盟はブッシュ政権下では見送りとなった。 ウクライナは西部が親欧米、東部は親ロシアであるために東部からの親ロシア派からはを掲げブッシュの人形を燃やす場面が見られた。 アルバニア セルビア共和国自治州コソボ独立促進のため、アルバニアを訪問した。 への初の米大統領訪問となったため、ブッシュは熱烈な歓迎を受けるという珍しい事例である。 アルバニアのNATO加盟については、ブッシュは支持はするが、「アルバニアはより政治的、軍事的な改革を行い、組織化された犯罪を根絶せねばならない」とまだまだ加盟までに準備が必要であることを言及した。 アルバニアに対し、平和を維持し、コソボ自治州の独立交渉を進展させていくように促進した。 当時のアルバニアはの発生など混乱も生じていたが、ブッシュは粘り強く支援を続け、2009年のNATO加盟実現に漕ぎ着けた。 これらの経緯から、アルバニア国民がブッシュに寄せる愛着は強い。 2011年、同国のフシャクルヤ町に、アルバニア訪問時の姿を模したブッシュの銅像が建立された。 また、フシャクルヤ町には、ブッシュの名を冠した広場も設けられている。 アフガニスタン ではタリバン政権が崩壊し、親米政権が樹立した。 さらに各国からの200億ドルの支援が施されている。 アフガン人はで未だにロシアを激しく嫌っており、アメリカに対してはタリバンからの解放軍のように歓迎して親米政権も樹立していると宣伝されてきたが、実際には、2008年段階でアフガニスタンで内戦は続き、親米の政権は首都付近に勢力を持った。 アフリカ 諸国に対する支援に極めて熱心であり、、活動への支援とともに、やの終結を目指し積極的な仲介工作を展開した。 ブッシュ政権はアフリカ諸国への2国間支援を特に重視しており、その年間支出はクリントン政権時の4倍に達した。 ブッシュの積極的な支援活動に対しては、アフリカ諸国からも評価する声が強い。 大統領退任前後には、ブッシュの功績を称える市民らがに「ジョージ・ブッシュ」と命名するが発生し、北部地域を中心に流行した。 アフリカ地域の紛争に対処するを創設し、父ブッシュと同様ににも介入した。 オセアニア は対テロ戦争とイラク戦争を支持して派兵したが、は派兵をしていない。 またニュージーランドのオークランドとウェリントンで、人気ピザチェーンの『地獄ピザ(Hell)』が看板広告のブッシュ大統領の写真に『地獄(ピザ):悪魔野郎には贅沢すぎる』『地獄(ピザ)にだって規範はある』のキャッチコピーが添えられており、ブッシュ政権に対するとも言える。 その他の国 ブッシュはアフガニスタン侵攻からイラク戦争までイスラム社会から憎悪の対象となっており、その度にイスラム社会のやの店舗などに破壊や放火があり、訪問や大統領退任後の訪問でも現地民から抗議行動を受けており、大統領退任後もでは反戦抗議があった。 しかしアメリカはイラクでも莫大な復興支援を提供し、・の和平プロセスを進めており、パレスチナに多額の復興支援をしているが、結局でブッシュは拒否権を出したために関係は再び悪化してしまった。 またを廃棄した事を宣言してかつてのテロの和解金を出したの大佐との関係は良好化している。 イスラム社会から恐怖の存在で憎悪の対象となったブッシュだが、かつてはテロ支援国家だったリビアのカダフィ政権を保障した寛容性があった。 「」も参照 人物 [ ] 人物像 [ ] 名門イエール大学を卒業し、ハーバード・ビジネススクールで経営学修士を取得しており、双璧とされるイェールとハーバードを出るという歴代大統領の中でも「高学歴」だが、後に本人が母校での演説で「成績がCでも大統領になれる」とジョークのネタにしたように学生時代の成績は芳しくなかった。 ニューヨーク市立大学教授で、ハーバード時代のブッシュが受講する授業を担当したは、大統領就任が決まった直後の日本のマスコミの取材で当時のブッシュの印象を聞かれて「普通、授業を教えた生徒の事はいちいち覚えていないものだが、彼は非常に出来の悪い生徒だったのでよく覚えている」「もう箸にも棒にもかからない」「典型的な金持ちのお坊ちゃま。 怠惰で授業態度も悪く、大統領はおろかどんな組織のリーダーも務まる人物ではないと思った」と答えている。 大統領候補時代に、記者から「の名前は? 」と質問され答えられない など、就任前から大統領としてふさわしい知性の持ち主か否か、危ぶむ声があった(ブッシュが同じような質問を記者にすると「私は記者だが、あなたは大統領候補だ」と返された)。 大統領就任後も、2001年11月のとの首脳会談上の席上、「あなたの国にもはいるのか?」と尋ねて、その場でライス安全保障問題担当補佐官に訂正されるエピソードがある など、知性を疑われるような発言を何度も繰り返した。 これらの迷言癖は俗に「」 と呼ばれる。 他の歴代大統領と比較して著しくボキャブラリーが貧困であるとされた。 耳慣れない人名や地名をよく間違って発音することでも有名で、の囚人虐待事件に関する演説では「アブグレイブ」の発音を一度もまともに言えなかった。 2007年9月、・で行われたの演説では、と言い間違えた上にこの演説で三回もの言い間違いをし、参加者から失笑をかった。 第1回目の大統領選挙の公開討論の席で、がブッシュを小馬鹿にするような態度を示したが、それに対し誠実な対応を行ったことが有権者の好意的評価に結びついたとされる。 戦争中に、ラムズフェルドが戦死した兵士の家族への手紙の署名にを使用したのとは対照的に、ブッシュは直筆の手紙を出し続けている。 また、人権問題に関心が深いこともあり、に深い興味と理解を示し、拉致被害者の家族が訪米した際には、で面会した。 ブッシュ自身は側近の意見に耳を傾けていると言われ、特に外交に関しては穏健派のパウエル国務長官と強硬派のライス補佐官に議論をさせ、ライスの意見を支持しイラク戦争に向かったとされる。 ライス補佐官は第2期政権において国務長官に起用された。 ブッシュの意を受けたライスは国防総省を牽制しつつ、外交に重きを置きながらイラクの武力支配を正当化しようという戦略をとっている。 がアメリカ国民を対象に行ったでは、2006年の「憎まれ役」「英雄」でそれぞれ1位に選ばれた。 ちなみに「憎まれ役」は2位以下、、、、。 「英雄」は2位以下、イラク駐留アメリカ軍、バラク・オバマ。 また、以降の歴代大統領を、ホワイトハウスで取材してきたジャーナリスト、は、彼を「今までで最悪の大統領。 アメリカ史上最悪の大統領 This is the worst President ever. He is the worst President in all of American history. 」 と酷評している。 また2004年ブッシュが再選されたとき、ブッシュに批判的なアメリカ人はカナダに移住したそうである。 一方でライス国務長官は政権末期のアメリカテレビとのインタビューで、ブッシュが直面してきた状況について「後で最も厳しい時期だったのではないか」との見方を示し、そのなかでブッシュが下してきた決断は「時を経て記憶にとどまるだろう」とし、イラクのフセイン政権打倒や中華人民共和国、、ブラジルなどとの良好な関係を例に挙げ、「歴史がブッシュ政権に良い評価を下すだろう」と述べた。 2002年1月テレビでフットボール観戦中、菓子のをのどに詰まらせて気絶し倒れて目尻の横を怪我をして、マスコミに大きく報じられたことがある。 本人は苦笑しながらこの一件について釈明した。 の撲滅運動にも熱心で、2004年、はコンサートにやって来たブッシュ夫妻と直接面会した際に、彼の政策への強い不満の一方で、彼の魅力と「優しさ」を覚えたとし、教訓になったと述べた。 身長は511. 5インチ(約182cm)である。 宗教 [ ] 学生時代には大量の飲酒を行う時代もあったものの、にと出会って以降、その当時患っていたをの支えもあって克服し、現在では敬虔なとして知られており、宗派は妻と同じである。 約40歳からという一般的に見れば遅い宗教への目覚めではあるが、信仰心は篤く毎朝5時には起床し祈りをささげることが日課になっている。 そのため、生活リズムは早寝早起きである。 愛読書 [ ] 読書家としての側面も知られており、専用機での時間や週末の多くを読書に費やすという。 ジャーナリストのエリザベス・ビュミラーの取材によると、愛読書として聖書のほか、建国者、の評伝があげられた。 この他の小説の熱烈なファンで、イスラエルの作家の本を盛んに周囲に勧めていたことが伝えられている。 ペット [ ] ジョージ・W・ブッシュの愛犬であるバーニー。 (写真は大統領執務室において) 愛好家として知られており、愛のバーニーをはじめ、、、、など複数のを飼育している。 また、収集に熱心である。 特にホワイトハウス内で同居していた愛犬のバーニーは、で一緒の姿を映されることも多いためアメリカ国内ではつとに有名である。 スポーツ [ ] 大の野球ファンとして有名で、1989年からはテキサス・レンジャーズの共同オーナーも務めていた。 当時のテキサス・レンジャーズ監督は2005年11月15日にでジョージ・W・ブッシュを出迎えた。 大統領時代も度々の始球式を行っている。 2009年11月3日、東京ドームで行われたプロ野球日本シリーズ第3戦(日本ハム-読売ジャイアンツ)の始球式にも登場した。 2002年にのが濃厚になった時にはストライキの中止を求めるコメントを出した。 その結果、ストライキは直前で中止された。 語録 [ ]• DoctorZebra. com. 2009年3月12日閲覧。 2007年10月21日閲覧。 2013年1月5日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年5月24日閲覧。 Whitehouse. gov. 2006年5月25日閲覧。 Powell, Colin 2003年2月5日. Whitehouse. gov. 2006年5月25日閲覧。 MSNBC 2004年2月8日. 2006年9月9日閲覧。 Reuters 2007年10月17日. 2007年10月17日閲覧。 USA Today. 2007年7月10日. 2007年11月28日閲覧。 2007年7月25日. 2007年7月25日閲覧。 2008年2月20日. 2009年1月25日時点のよりアーカイブ。 2008年2月20日閲覧。 J-CASTモバイル テレビウォッチ• Famous Texans. famoustexans. com 2005年2月3日. 2006年6月27日閲覧。 CNN. cnn. com 2000年10月29日. 2007年3月18日閲覧。 See also 2000年6月10日. 2007年6月23日閲覧。 2007年7月10日閲覧。 Associated Press 2001年5月21日. FOXNews. com. 2006年6月27日閲覧。 Inside Politics 2005年6月17日. insidepolitics. org. 2007年7月5日閲覧。 2013年3月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年1月19日閲覧。 の2007年9月30日時点におけるアーカイブ。 2007年7月5日閲覧。 2007年11月30日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月18日閲覧。 The Washington Post. A08. 2007年7月3日閲覧。 United States Air Force, National Guard Bureau Historical Services Division. 2007年8月8日閲覧。 York, Byron 2004年8月26日. National Review Online. 2007年10月19日閲覧。 2007年10月28日閲覧。 Brit Hume, Mara Liasson, Jeff Birnbaum, Charles Krauthammer 09-07-2004. Fox News Network transcript• Romano, Lois; George Lardner Jr 1999年7月25日. 2006年6月27日閲覧。 Department of the 2000年11月2日. 2006年8月9日閲覧。 Time Magazine 2000年11月13日. 2006年9月8日閲覧。 The American Thinker. www. americanthinker. com. 2006年10月26日時点のよりアーカイブ。 2006年10月16日閲覧。 WGBH. PBS. 2004年5月6日閲覧。 Washington Post. 1999年10月17日. 2007年4月7日閲覧。 Stone, Peter H. 04-07-2001. National Journal 33 : 1042. ISSN:03604217. Carlisle, John K 03-01-2004. Human Events• Washington Post. 2002年7月21日. の2008年9月18日時点におけるアーカイブ。 2007年1月2日閲覧。 Bush, George W. ; Bill Adler 2004. The Quotable George W. Bush:A Portrait in His Own Words. Andrews McMeel Publishing. Public Broadcasting System 2005年6月17日. www. pbs. org. 2007年7月5日閲覧。 Farrey, Tom 1999年11月1日. 2007年1月21日閲覧。 2007年1月21日閲覧。 Make Them Accountable 2002年8月19日. 2007年12月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年1月21日閲覧。 Bush's Brain:How Karl Rove Made George W. Bush Presidential. Wiley. 210. 2008年6月10日閲覧。 Texas State 2005年3月11日. Texas State Archives. PBS. 2006年6月30日閲覧。 Associated Press 1998年11月3日. CNN. 2006年6月30日閲覧。 President Bush's speech to United Nations". CNN. com. November 10, 2001• "Bush likens 'war on terror' to WWIII". ABC News Online — Abc. net. MacKay, Duncan February 15, 2002. "Chariots of ire: is US jingoism tarnishing the Olympic ideal? The Guardian. Retrieved September 2, 2008. CBS 60ミニッツ「沈みゆく町」• マイケル・エリック・ダイソン著 カトリーナが洗い流せなかった貧困のアメリカ• [ ]時事通信、2009年1月14日• 2010年5月28日 - 産経新聞、2009年1月14日• Ed Stoddard・Chris Baltimore、植竹知子訳「政治の表舞台去るブッシュ米大統領の今後」『』、2009年。 」『』54巻11号、、2009年3月19日。 映画の公式サイトのメッセージ• 日本では、2011年4月23日により刊行。 YOMIURI ONLINE. 2010年4月28日. の2010年4月30日時点におけるアーカイブ。 2010年4月28日閲覧。 THE HUFFINGTON POST 11-12-10 01:48 PM• (2011年11月21日、あしなが育英会プレスリリース)• ウォール・ストリート・ジャーナル. 2013年4月26日. 2013年9月24日閲覧。 日刊スポーツ. 2013年4月25日. 2013年9月24日閲覧。 2016年2月16日. 2016年3月18日閲覧。 ブッシュ大統領は、2001年の同時多発テロ直後からの電子メールなどの傍受を令状なしで行っていたことを認めている。 これに対し、令状なしの盗聴は違憲であるとが訴訟を起こし、の連邦地裁は2006年8月17日、令状なしの盗聴の即時停止を命令。 しかし、ブッシュは「盗聴はあくまで大統領の権限だ」と主張している。 ワールド・リサーチ・ネット 『意外なツボがひと目でわかる世界地図』 青春出版社 2007年 p. ブッシュ政権、科学者に圧力? 温暖化報告書めぐり 『』 2006年9月28日• 2005年2月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年8月1日閲覧。 2009年7月13日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年6月23日閲覧。 では米軍撤退後に隙を狙ったがサイゴンを陥落させ、でもアメリカ軍に協力したの市民は北ベトナム政府によってに送られとひどい扱いを受けた。 [ ]• 2013年5月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年5月10日閲覧。 高島博之 2017年11月6日. 毎日新聞. 毎日新聞社. 2018年5月9日閲覧。 2001年10月17日. 2019年5月1日閲覧。 , "". ["U. state. gov. Retrieved 2011-06-06. 2018年3月24日. 2018年3月29日閲覧。 その時期は2009年の7月にクリントン前大統領が北朝鮮に侵入して拘束された女性記者を釈放するために訪朝した時期であった• 『State of Denial:Bush at War, Part III』• 2007年10月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年10月21日閲覧。 寺林裕介 「 」• 2008年6月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年5月3日閲覧。 ではモラレスのアメリカに対して一歩も引かない姿勢でゲストが拍手して笑みを浮かべていた。 斎藤元秀 「 」• David Blair, "Analysis:How George W Bush became an African hero", , , ,. 2000年11月27日付けの日刊ゲンダイ,CNN. COM 2004年9月13日配信記事• 「」 、2007年9月26日。 2009年1月4日閲覧。 Washington Post. 2004年9月15日. 2008年12月13日閲覧。 マイケル・ユー「ホワイトハウスの職人たち」新潮社 2006 p. 120より• 「ホワイトハウスの必読書」、2005年7月号• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 () - 内の記念館• - アメリカのコメディアン。 ブッシュの物真似を得意としており、2006年のホワイトハウス記者会主催夕食会ではブッシュ本人と共演した。 外部リンク [ ]• (英語)• (英語) 公職 先代: アメリカ合衆国大統領 第43代:2001年 - 2009年 次代: 先代: テキサス州知事 第46代:1995年 - 2000年 次代: 党職 先代: 共和党大統領候補者 、 次代: 外交職 先代: フランス 議長 2004年 次代: イギリス.

次の