名古屋 甲状腺外来。 愛知県の甲状腺専門外来のある病院・クリニック 26件 口コミ・評判 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

名古屋市中区 甲状腺検診 内科 愛知県 名古屋甲状腺診療所

名古屋 甲状腺外来

甲状腺は喉の下あたりにあり、タラコが二つ蝶ネクタイのように並んだ形をした臓器です。 体の新陳代謝を促す、甲状腺ホルモンを分泌します。 甲状腺疾患は全身に症状が現れます。 どこが悪いのか判らないが体調が悪いという状態が続き、首の腫れが認められる場合もあります。 一般的な内科検査では異常を発見しづらいため、うつ病などの精神疾患、更年期障害、気のせい、怠け…などと誤解されるケースもあります。 甲状腺疾患には、次のような疾患があります。 専門医でないと、甲状腺の腫れを確認することが難しいケースがあります。 よく知られている症状ですが、常に認められるとは限りません。 甲状腺の疾患は成人女性100人の内2〜3人に認められており、あまり知られていない割に、発生頻度の高い疾患といえます。 男性に比べて女性に発症する割合が高く、20〜40歳代の女性に多く発症します. また甲状腺疾患全体における男女別発症比率は、男性1に対し女性9であり、女性に多く見られる疾患ですが、男性に発症しない訳ではありません。 特に、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)は、発症比率が男性1に対し女性4と、男性も比較的発症率の高い疾患です。 ほとんどの患者さんが、「なんだか体の調子が悪い」、「首が腫れた」と訴えて来院されます。 甲状腺疾患は地域や職場の健康診断、人間ドックなどでは発見されにくい病気です。 思いあたる原因や検査で異常がないのに、なんだか体がだるい、調子が悪い、不整脈がある・・などの症状でお悩みの方は、一度内分泌代謝専門内科医に相談されることをお勧めいたします。 甲状腺疾患は血液検査や超音波検査(エコー)などで診断することができ、継続的な投薬治療と経過観察により、日常生活への支障を取り除くことが可能です。 甲状腺ホルモンが「過剰分泌する病気」の代表的なものが、「バセドウ病」です。 これは甲状腺を過剰に刺激するタンパク質によって、甲状腺ホルモンが体内に分泌され過ぎて、身体の新陳代謝が進み過ぎる病気です。 たくさん食べているのに痩せる、疲れやすい、不眠、動悸、発汗、手の震えなどの症状が出ます。 また目のまわりの脂肪組織や筋肉が肥大して、眼球を押し出す「眼球突出」という症状が出る場合もあります。 甲状腺ホルモンが「低下する病気」の代表的なものは「橋本病」です。 甲状腺を刺激するタンパク質により甲状腺が損傷を受け、ホルモンの分泌量が減って、身体の新陳代謝が低下する病気です。 疲れやすい、脱力感がある、食欲不振、白髪、脱毛、月経異常、認知症、筋力低下など、いわゆる老化現象と似た症状が出るために見過ごされやすく、なかなか病気に気づきません。

次の

愛知県の甲状腺専門外来のある病院・クリニック 26件 口コミ・評判 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

名古屋 甲状腺外来

当科の特徴と概要 扱う分野は A乳腺疾患、特に乳がんの診断と治療、 B内分泌疾患の外科治療です。 内分泌の外科疾患とは甲状腺がん、良性甲状腺結節の一部、バセドウ病の一部、原発性副甲状腺機能亢進症などが挙げられます。 これらの疾患に対し一般消化器外科のメンバーと協同して治療にあたっています。 外来予約制へのご協力について 名古屋第一赤十字病院の外来は、予約制を原則としています。 乳腺・内分泌外科では、ほとんどの診察時間が予約の方で埋まっている状態です。 このため、予約なしでいらっしゃった方は、長時間お待たせすることもあります。 より安全で正確な診療のためにも、初診・再診とも必ず予約をとって下さいます様、ご協力をお願いいたします。 診療の解説• 乳腺疾患 近年、わが国における乳がん罹患数の増加が著しく、全国がん登録によると2016年女性で年間94848人(上皮内がん除く)となっており、死亡数は人口動態統計によると2017年女性乳がん死亡が14285人といずれも増加しています。 乳がんの臨床は年々進歩しており、その診断および治療のために、高い水準の医療の持続が要求されています。 当院に託された患者さんに例外なく最善の治療をするために、医師のみならず放射線技師、検査技師、看護師、薬剤師等の協力を得た総合力を生かした質の高い医療を提供できるように努めています。 乳がん検診の重要性 欧米では乳がんの患者数は日本よりずっと多いものの乳がん死亡率は1990年代に入って減少しています。 日本でも最近乳がんへの関心やマンモグラフィ検診の必要性の認識が高まりつつありますが、いまだに検診受診率が低く、40歳以上の女性に対し、2年に1回の乳がん検診受診をお勧めしています。 乳がん地域連携パス 当院で乳がん手術を行った患者さんに対して、かかりつけ医と当院の両方で連絡を取り合い、術後の定期的な診療を行っていくために作られた一連の書式(パス)です。 これにより、患者さんは当院への頻繁な通院が不要となり、通院の不便さや外来での長い待ち時間からも解放されます。 複数の主治医によるサポートを受けられる長所が生まれます。• 内分泌疾患 甲状腺、副甲状腺(上皮小体)、副腎など内分泌腺の病気の外科治療を行っています。 内分泌内科と協同して適切な治療を行うよう心がけています。 甲状腺、副甲状腺の外科手術 甲状腺、副甲状腺(上皮小体)の外科治療を行っています。 ほとんどの甲状腺がんは手術適応があります。 良性甲状腺結節の一部(悪性と鑑別が困難なもの、気管圧迫例など)、バセドウ病の一部も手術の対象になります。 甲状腺葉切除、亜全摘、全摘術を症例に応じて施行しています。 クリニカルパスを導入しており、平均術後4日で退院できます。 医師の紹介.

次の

椿 秀三千 院長の独自取材記事(名古屋甲状腺診療所)|ドクターズ・ファイル

名古屋 甲状腺外来

名古屋市立大学病院における2018年の乳がんの初回治療患者数は年間約300名で、乳がん手術患者数は265 名でした(下グラフ参照)。 当院における乳がんの手術件数は年々増加傾向にあり、愛知県では愛知県がんセンター中央病院に次いで第二位です。 また、乳房全切除と同時に行う乳房再建術(一次乳房再建術)も増加しており、2018年は48例でした(下グラフ緑色部分)。 当院では、多数の経験豊富な「日本乳癌学会 乳腺専門医」が乳がんの診断・治療を担当しています。 名市大病院では、年々増加している乳がんの患者さんに対し、名市大病院のスペシャリストが連携し、先進的でより良い治療を提供するとともに、治療による様々な負担を抱える乳がん患者さんに対し積極的にサポートを行う体制を構築するために、「 」を開設しています。 乳がん治療・乳房再建センターでは、乳腺外科と形成外科の医師が一つのチームとして、「乳がん手術+乳房再建術」を実施します。 また、乳がんの再発に対する不安やがんの進行に伴う痛みなど、治療に関連して起こる心身の苦痛に対し、を専門とする医師(精神腫瘍医:サイコオンコロジスト)、およびの医療スタッフが密接に連携することで、乳がん患者さんに質の高い医療を提供します。 また、名古屋市立大学病院は、「地域がん診療連携拠点病院」として診療体制、相談支援体制、疫学的調査・情報提供体制が整備されています。 では、がんの診療(診断や治療)の相談、ご家族や費用についてなど様々な相談に対して専門研修を受けた支援相談員が対応しています。 当院乳腺外科部長による乳がんのも行っています。 私たちは乳房温存手術を標準術式とし、病変の範囲が広い方にのみ乳房切除術をお勧めしています。 乳房切除術が適応になる患者さんには、術前に薬物療法(抗がん剤治療)を行うことにより「しこり」を小さくして乳房温存手術を目指す「術前薬物療法」を積極的に行っています。 センチネルリンパ節生検も標準術式として導入しています。 これは、腋窩リンパ節(ワキのリンパ節)を全部切除するという従来の術式より手術による後遺症が少ないというメリットを持っています。 当科では、精度の高いラジオアイソトープ(RI)・色素併用法によりセンチネルリンパ節生検をより正確に行うことが可能となっています(色素法単独は一般的にセンチネルリンパ節生検の精度が劣ると言われています)。 乳がんで手術をすると、乳房が変形してしまうのではないか、乳房がなくなってしまうと、もう女性でいられないような気がする、そんな思いで不安な患者さんは少なくありません。 しかし、手術によって、変形したり、失われた乳房をもう一度取り戻す手術があります。 それが「乳房再建術」です。 実際に「乳房再建術」を受けることで、多くの患者さんが生まれ変わった乳房によって自信を取り戻し、明るく前向きな人生を送っています。 当院では、乳房再建を希望されている患者さんに対して、とタイアップして「乳房再建術」を行っています。 女性にとって乳房は大切な臓器であるからこそ、当院では、患者さんにより安全でより美容に配慮した治療を提供できるよう診療に取り組んでおります。 乳がんにおいては、(術前または術後の)薬物療法(ホルモン療法や抗がん剤治療など)がとても重要な役割を担っています。 当科では、乳がん薬物療法に熟知した乳腺専門医が、最新のエビデンスに基づき、それぞれの患者さんに応じた最適な治療内容をご呈示し、薬物療法をより安全に施行することを心がけています。 また、臨床試験管理センターの支援のもとに、乳がん薬物療法の治験や医師主導臨床試験に積極的に参加することにより医学の進歩に貢献することも当科の基本方針のひとつとしています。 甲状腺疾患も圧倒的に女性に多いのですが、たとえ「がん」であろうと予後のよいものが多いので、美容に配慮した術式を採択し、総合的な治療成績を向上させようと心がけています。 役職 氏名 専門分野 部長・教授 遠山 竜也• 乳がんの診療 日本乳癌学会 乳腺専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本外科学会 外科専門医・指導医 日本癌治療学会会員 代議員• 甲状腺疾患の診療 日本内分泌外科学会会員 副部長・講師 近藤 直人• 乳がんの診療 日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医 日本外科学会 外科専門医・指導医 日本癌治療学会会員• 甲状腺疾患の診療 日本内分泌外科学会会員 講師 鰐渕 友美• 乳がんの診療 日本乳癌学会 乳腺専門医 日本外科学会 外科専門医 日本癌治療学会会員• 甲状腺疾患の診療 日本内分泌外科学会会員 講師 藤田 崇史• 乳がんの診療 日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医 日本外科学会 外科専門医・指導医 日本乳腺甲状腺超音波医学会会員 評議員 日本遺伝性腫瘍学会 家族性腫瘍専門医 助教 浅野 倫子• 乳がんの診察 日本乳癌学会 乳腺認定医 日本外科学会 外科専門医 日本癌治療学会会員 病院助教 久田 知可• 乳がんの診療 日本乳癌学会 乳腺専門医 日本外科学会 外科専門医 上本 康明• 乳がんの診療 日本乳癌学会会員 認定医 日本外科学会 外科専門医 加藤 明子• 乳がんの診療 日本外科学会 外科専門医 日本乳癌学会会員 寺田 満雄• 乳がんの診療 日本外科学会 外科専門医 日本乳癌学会会員 山中 菜摘• 乳がんの診療 日本外科学会会員 日本乳癌学会会員.

次の