帝王 の 娘 スベクヒャン キャスト。 帝王の娘 スベクヒャン 第108話

真の女人化計画開始!実在の密偵トリムって?「帝王の娘 スベクヒャン」第24

帝王 の 娘 スベクヒャン キャスト

では、放送に合せて各話のあらすじと見どころ、キャストの魅力などを紹介していく。 ドラマ視聴に役立つ時代背景もまとめているのでドラマ視聴前にもチェックをどうぞ。 以下のあらすじはBS朝日版にあわせていますが、オリジナル版を視聴してご紹介するため、物語が多少前後することもあることをご理解ください。 トリムは、高句麗の密偵だったのだ。 長らくその名を口にすることすら禁じられていたトリムは、実は女で、百済の王宮に今も仕えていた。 テウンは、訓練生たちにこの話をして、百済の敵ではあるがトリムは最高の密偵。 ソルランにトリムのように成れと言う。 武寧王は王宮の花を扱う懿花園にいるトリムを呼び寄せ、高句麗王・興安王の人となりについて情報を集める。 トリムは1枚の絵を取り出し、その人となりを告げ、勝てない戦はやらないと伝える。 ミョンノンはトゥジャン城の高句麗兵をピムンに調べさせ、ソルランたち訓練生にもこの任務を命じるが…。 そんな中、高句麗から会談に応じるという書状が届くが、そこにはスベクヒャン王女を会談終了までの人質(請人)として差し出すようにとあった。 興安とは高句麗22代・安蔵王のこと。 1枚の絵から、トリムはどのように高句麗の王・興安の人となりを分析するのか、お聴き逃しなく。 高句麗兵の偵察でソルラン、トルデ、マングが3人で組むことになるが、ここで初めてマングの絵の実力が役に立つ。 ソルランの可愛い鎧兜姿もお見逃しなく。 そして、商人を装った高句麗の密偵の地図を奪ってくるよう、ミョンノンから命じられたソルランは…。 一方、スベクヒャン(ソルヒ)は、自ら高句麗に人質として差し出してもらうよう、武寧王に申し出るが、王は危険な敵地に王女を送れないと言う。 武寧王は、ミョンノンたちに自らが高句麗に出向くと伝えるが、ミョンノンは秘策があるからとこれを止める。 ミョンノンはその秘策のためにトリムを訪ね、ある頼みごとをする。 、 前回の鎧兜から一転。 美しく装ったソルランに注目。 そんなソルランを満足そうに見つめるミョンノン。 まるでデートのようなミョンノンとソルランのお散歩。 二人の妙な雰囲気にソルランは胸キュン、勘違い、爆笑、涙、憤怒…。 果たしてその訳は?そして、ここからソルランがピムンとして大きく変わっていく。 「冷酷な人だ」と文句を言い立ち去るソルランを冗談で返しながらも、複雑な表情で見送るミョンノン。 ヘ・ネスクは、スベクヒャンの存在を高句麗に知らせたのがミョンノンだと見抜き、王を悲しませる失策だと言うが、ミョンノンは…。 そんな中、人質としてスベクヒャンを高句麗へ送る、という王命を聞いたチンムは、スベクヒャン(ソルヒ)のもとを訪れた。 人質にはしない、と武寧王から聞かされていたスベクヒャン(ソルヒ)は、動揺を隠せない。 しかし、ミョンノンが武寧王を守るために、王女の存在を高句麗に伝えたと知ったスベクヒャンは…。 一方、懿花園(ウィファウォン)では、トリムによるソルランの女人化計画が始まる。 トリムが作ろうとする女人は? 蓋鹵(ケロ)王はトリムを愛してしまったが、トリムも王を愛していたようだ。 そう感じさせる場面があるのでお見逃しなく。 また、トリムにはもう一つ大きな秘密があるようだ。 それを知るのは教官テウン。 トリム役を担当したのは、のチャ・ファヨン。 ミョンノンが、ソルランをピムンに合格させるために何よりも大事に考えるのは、ソルランが死なないこと!果たしてこれは、単に任務遂行のためだけか?今回は、ソルランをもてあそんだとヨオクが仕返しをしてくれるのだが…。 トリムが作ろうとする最高の女人像は、「誰もが振り返る女人。 美しいが派手ではなく、慎ましいが愚かでない女人」。 ソルランがどう変わっていくのか?今後、ミョンノンの反応がますます面白くなるのでソルランの変貌と共にお楽しみに。 一方、真の女人になるため、ソルランもタニョンの舞を伝授されていた。 そしてソルランは、真の女人になるための特訓が、スベクヒャンの身代わりを務めるためだと聞かされ、この後この使命の核心を教えられる。 チンムから、王女の存在を高句麗に知らせたのがミョンノンだと聞いていたスベクヒャン(ソルヒ)も、ミョンノンを訪ね身代わりの話を聞く。 その頃、ブルテは、相変わらず怠惰な生活を送るチンムに苦言を呈しながらも、心の中では東城王への忠誠心を強くしていた。 一方、トルデとマングにも新たな任務として、王女のお供を命じられる。 そんな中、懿花園でチンムに会い、親近感を覚えたソルランは、チンムと話をする。 楽しそうなソルランを見たミョンノンは、嫉妬し…。 タニョンの舞は21歳になった王家の女人のための舞い。 衣装をつけた時のソルヒの失言をお忘れなく。 二人のスベクヒャンのタニョンの舞を見つめるミョンノンとチンムの熱い目にも注目。 今回は、トリムの提案で、ソルランとミョンノンが剣の勝負をする。 はたしてトリムの狙いは?その後のミョンノンの行動と共に要チェックだ。 正式なピムンとなった証しに、獏(ばく)の入れ墨を授けられるソルランは、肩にある醜いほくろのところに彫ってもらおうとするが、トリムから、それはほくろではなく、百済を守る花、守百香(スベクヒャン)の入れ墨だと言われる。 その頃、スベクヒャン(ソルヒ)も歴代の王の肖像後には守百香の花模様が描き込まれるとチンムから聞き、姉ソルランの肩にあったホクロを思い出す。 ミョンノンから獏の入れ墨を授けられたソルランだったが、王女の身代わりに加林(カリム)城に赴き人質にされると知り、心は晴れない。 しかし、必ず妹を捜し出すという信念のもと、ソルランはついに覚悟を決める。 一方、トリムはスベクヒャン付きの侍女ナウンから、王女の日常をこと細かく聞き出し、ソルランはトリムから聞く王女がソルヒと似ていると感じる。 ミョンノンがソルランに入れ墨を授けるシーン。 ドキドキのミョンノンが本心を隠してなんと言うのか?そして、ソルランを身代わりにするのを止めるテウンに、ミョンノンはどう答えるのか?今回は、女心を知らないミョンノンに対して、女心に精通しているチンムの粋な計らいに注目。 また、今回大切な役を担当する侍女ナウン。 今後彼女がどんな役回りを引き受けるのか注視しよう。 演じたのはカ・ドゥッキ。 で女医役を演じた女優だ。 中国南朝と通じるとともに新羅・倭国と同盟(羅済同盟)して高句麗に対抗するこれまでの外交政策を維持したが、初めて北朝に対して高句麗を討伐することを働きかけるが失敗。 却って高句麗の侵攻を招いた。 その結果475年には首都慰礼城(ソウル)を陥落させられ、王自身は戦死することとなったが、その時高句麗がスパイを送り込んだ。 道琳(トリム)という名前でドラマの通り碁の名手。 側近なった道琳は、大規模な土木事業を進め、国庫を疲弊させ、国庫の空になったことを見届けたのち、高句麗に戻って長寿王に報告。 長寿王はこれを好機とみて3万の兵を率いて漢城に攻め入ったのだ。 ドラマでは女性として描かれている。

次の

BS朝日

帝王 の 娘 スベクヒャン キャスト

BS朝日で放送される韓国ドラマ帝王の娘スベクヒャンのキャスト,相関図を紹介!最高視聴率11%超えの人気ドラマ。 メインキャスト ソ・ヒョンジン、ソウ、チョ・ヒョンジェ、チョン・テス、イ・ジェリョン 韓国MBCで放送されたドラマで見どころは、やはり人気女優のソウの演技で彼女は、今回姉をいじめる約柄だったのですが本人は、初めての悪役だったが久しぶりの時代劇のドラマだったので楽しみにしていたみたいです。 姉を裏切り自分だけ良い生活をしようと王に自身が娘だと主張し王女への階段を上るがやがてその事が明るみになっていきいろいろな問題が怒っていくお話で全108話構成です。 ここでは、韓国ドラマ帝王の娘スベクヒャンの 相関図・キャストを紹介していきます。 スポンサードリンク 【 相関図】 帝王の娘スベクヒャン-主要キャストと登場人物 ソ・ヒョンジン・・・スベクヒャン ソルラン 役 ムリョン王とチェファとの間に授かった娘。 飾り気のない性格ので、深夜に機織りを始める母の隣で就寝する日々の生活に幸せを感じる普通の女性。 妹のソルヒに王女の身分を取られ、百済で諜報団のメンバーになる事に。 ソウ・・・ソルヒ役 綺麗な容姿の持つ女性でカヤの村で彼女の事を知らない人はいないくらい有名で彼女を見て心を奪われない者は、いないくらい美しい。 だけどこのカヤの地から脱出したいとソルヒは、考えていて母から聞かされたペクチェにいつの日か行く事が夢だった。 イ・ジェリョン・・・武寧 ムリョン 王役 ペクチェ第25代の王。 戦に明け暮れていた頃にチェファと出会い内密に恋をしていて、その時に授かった子供がスベクヒャンだがその事をまだ知らずにいた。 ミョン・セビン・・・チェファ役 ソルランとソルヒの二人の姉妹の母。 ムリョン王が気持ちを寄せた女性。 だが、恋人であったムリョンに自身の父親を亡き者にされてしまう。 けれど彼の事を今だに忘れる事が出来ない、そして言葉を話すことができないクチョンと一緒にペクチェを離れて、カヤの地に身を隠していた。 そして彼と結婚してソルランを育てるいたがムリョンを狙っていたチンムの策略によって両方の目を失ってしまうが...。 チョン・テス・・・チンム役 ムリョン王の息子だがトンソンの遺言でチンムを守ってくれと書いてありそれを守るためにトンソン王の息子とにするためにムリョンが入れ替える。 そのせいで、父親が命を奪われて太子の身分から永久に下ろされたと思っている。 ユン・テヨン・・・クチョン役 チェファの夫で彼女の父のペク・カの召使いで、力持ち。 だが言葉がわからないから話すこともできない、戦のの時は、矢を運ぶのが担当。 謀反の罪でペク・カが刑を執行されてしまいチェファが自ら命を絶ったところを偶然発見し彼女を背負いカヤの地まで逃げてきた。

次の

帝王の娘スベクヒャン あらすじ 視聴率 キャスト 感想

帝王 の 娘 スベクヒャン キャスト

帝王の娘スベクヒャン 廃止された放送枠の最後のドラマ 帝王の娘スベクヒャンはMBCで放送されていました。 けれど、その放送枠はこのドラマを最後になくなってしまったのです。 毎週20時55分に放送される 「日々連続史劇」という枠で、なかなか微妙な位置での放送でした。 この一つ前のドラマが 「亀巌ホ・ジュン」でした。 2014年の放送なので、今よりも視聴率が高かった時代。 その時代で視聴率が10%程度だったので、制作側も手応えを感じていない印象でした。 普通に22時枠で放送していればもっと数字が取れた気がしますが・・・。 実際1話あたり32~33分の放送です。 日本の放送時間に合わせると、帯に短し襷に長しですよね? 日本のドラマは実質おおよそ48分なのかな? そうなると、製作者が設定したところで1話ずつが終了せずに、盛り上がりに欠けたところでブチブチと切れてつなぎ合わされてしまいますよね? どの韓国ドラマでも、日本の放送枠に合わせてカットされるわけですが、このような編集は非常に残念です。 とはいえ、「放送」という枠組みでは仕方がありません。 チョン・テスはハ・ジウォンの弟なんだけど・・・ ハ・ジウォンの弟として知られている チョン・テス。 実は、2018年1月21日に、34歳の若さで亡くなっています。 うつ病により自ら命をたったのではないかと言われていますが、詳細は伏せられています。 姉がスポットライトを浴びる一方でトラブルを起こしたりと、影がつきまとっている印象の俳優でした。 彼は 「成均館スキャンダル」のハ・インス役で注目を浴びました。 このドラマは日本のファンも多くいるので、彼の顔を見ればその役柄を思い出すと思います。 そう、あの成均館を統率していたヒールです。 このドラマに限らず、チョン・テスは他のドラマでも、ほぼほぼ影のある役を演じていることが多い俳優でした。 均整の取れた顔立ちながら、どこかきつい印象があるためでしょう。 そのあたりも姉ハ・ジウォンとは全く違いますね。 ちなみに、ハ・ジウォンの本名は チョン・ヘリム(전해림)です。 田さんですね。

次の