ハウス ダスト アレルギー と は。 健康な人が気管支喘息とハウスダストアレルギーを発症する職場環境

ハウスダスト(ホコリ)によるアレルギーを予防する方法は?

ハウス ダスト アレルギー と は

敷布団 せんべい布団 は、主に畳や床の上に直接敷いて就寝する寝具を指します。 【和】を表す日本の文化でもあり、昔からの就寝方法の一つです。 敷布団のメリット• 持ち運びができるため手入れがしやすい。 水洗いできるものもある。 布団の裏に湿気が溜まらない。 比較的容易に買い直しや中綿の「打ち直し」ができる。 敷布団は厚みが薄いので、基本三つ折りでたためコンパクトにできます。 重量もマットレスに比べ重くないので、手軽に日陰または日向干しができ、アレルギーの原因になるダニやホコリを駆除することができます。 敷布団のデメリット• 畳や床からの距離が近く、ハウスダストを吸い込みやすい。 布団の上げ下げの際にハウスダストを撒き散らしやすい。 敷布団は直接、畳や床に敷いて寝るので、ホコリを吸いやすい睡眠環境になってしまいます。 ベッド(マットレス)とは、厚みのある寝具のことを指します。 内部にウレタンフォームやスプリングコイルなど使用して寝心地を調整しているので、敷布団に比べ重量があります。 ベッドのメリット• 床からの高さがあるためハウスダストを吸い込みにくい。 上げ下げがないので空気中にハウスダストを撒き散らしにくい。 なので、ホコリやハウスダストの吸い込みが少ない睡眠環境で寝ることができます。 ベッドのデメリット• 日干しなどの手入れがしにくい。 丸洗いはできない。 ベッドの構造によってはマットレスの裏に湿気が溜まり、乾燥させにくい。 価格が高い、大きいといった点で買い直ししにくい。 ベッド(マットレス)は重量があるので、普段は動かす機会がほとんどありません。 そのため、いくらスノコを敷いていたとしても湿気が溜まりやすい環境になってしまいます。 湿気が多い場所はカビやダニが発生しやすくなり、アレルギーの原因になる危険があります。 結論:ハウスダスト対策としてどっちがいい? どちらにも一長一短はありますが、 すぐに改善の効果が見込めるベッドで寝ることを管理人としてはおすすめいたします。 特にデメリットとなる点(敷布団はホコリやハウスダスト…ベッドではカビやダニなど)をよく理解した上で対策を練ること、そして、よりハウスダスト対策に適した敷布団やベッドを選ぶことで、デメリットをカバーすることはできます。 寝具のハウスダスト対策をするだけでなく、部屋全体に配慮することも大切です。 「ベッドか布団か以外のこと」も、とても重要なことです。 布団を使う寝室のハウスダスト対策 布団を使っているとハウスダストの量はどうしても増えてしまいます。 しかし、それはベッドで掛け布団を使っていても同じことですので、部屋のハウスダストを減らす対策はどんな寝室にも必要です。 床のハウスダストを減らす効果的な方法は、 掃除機よりも先に拭き掃除をすることです。 畳も硬く絞った雑巾で水拭きしましょう。 そうすることで、掃除機の排気により舞い上がるハウスダストが激減します。 べたつきもなくなりますので、非常におすすめです。 また、カーテンの洗濯や、鴨居や付け鴨居にたまるホコリの除去も忘れずに行うようにしましょう。 ハウスダスト対策におすすめ.

次の

【アレルギー検査結果の読み方】 花粉 ハウスダスト ダニ IgE値とは?

ハウス ダスト アレルギー と は

アレルギーとは 身体には「免疫」という仕組みがあります。 「免疫」とは、体内にウイルスや細菌等の異物が入ってきてしまった際、身体が「抗体」をつくり、抵抗する仕組みです。 「アレルギー」は、この「免疫」という仕組みが、身体に害を及ぼさない物質に対しても過剰に反応し、 身体にとって悪質な症状を引き起こしてしまうことを指します。 アレルギーの原因となる物質「アレルゲン」には、多くの種類が存在します。 特にソファは、「ハウスダスト」や「ダニ」等のアレルゲンの潜伏率が高い場所のひとつです。 また、家具や建築資材に使用される接着剤・塗料等に含まれる化学物質が原因で引き起こされる「シックハウス症候群」も、アレルギー反応の1つとして考えられます。 アレルギーの原因は多岐にわたりますが、その中でもソファと関係のある、「ハウスダストが原因のアレルギー」と「シックハウス症候群」についてご紹介します。 ハウスダストが原因のアレルギー対策 【生活空間編】 アレルギーの症状を出さないためには、アレルギーの原因を取り除くことが重要です。 ハウスダストの対策に有効な、生活空間のお手入れ方法や対策ポイントをご紹介します。 定期的に部屋の換気を 空気の環境を整えるために、部屋の換気を定期的に必ず行ってください。 また、空気清浄機を併用することも有効です。 水分を含んだ洗濯物や観葉植物は、室内に置き過ぎないようご注意ください。 カビに対しては、 湿気の溜まりやすい場所に、乾燥剤や除湿機など、除湿効果のあるアイテムを使用すると効果的です。 こまめな掃除を心がける こまめに掃除をしてホコリを取ることが重要です。 室内で人が動いている時間帯は、ハウスダストが舞い上がっているため、朝の起床直後など、ハウスダストの浮き上がりが少ない状態での掃除がお勧めです。 主には、掃除機を使用し、ハウスダストを吸い取るようにしてください。 【ソファ編】 お部屋で過ごす時に、寝転んだり、くつろぐことの多いソファは、ハウスダストが溜まりやすい場所の1つです。 ソファに適したお手入れや、注意点をご紹介します。 クッションを整える際は換気をしっかりと クッションを整える際は、叩いて空気を含ませることから、多くのハウスダストが舞い上がります。 湿度の低い晴れた日に窓を開け、換気をしっかり行った環境で、クッションを整えるよう注意しましょう。 掃除機がけの注意点 ソファに付着したハウスダストを取り除くには、掃除機は非常に有効な手段です。 掃除機のブラシ付きのヘッドを使用する場合、ブラシが硬いものもあるため、 ソファ生地を傷つけてしまう可能性があります。 そのため、ブラシのないヘッドをお使いいただくと安心です。 また、掃除機の他には、ハウスダストを取り除くだけでなく、生地の毛並みを整える事ができる、洋服用のブラシを使用する事もおすすめです。 カバーリングソファで清潔に ホコリや湿気を多く含んだファブリックは、カビの温床となります。 お昼寝をしている最中に、多量の汗がソファ生地に染み込んだり、長時間座り込むことで湿気が溜まります。 そのため、カバーリングソファの場合、カバーを定期的に洗濯することが理想的です。 また、ダニは50度以上の熱に弱く、ドライクリーニングで半数以上は死滅するため、 ドライクリーニング対応の生地の場合は、定期的にクリーニングに出していただくことをお勧めします。 また洗濯やクリーニングへ出す際は、必ず洗濯表示をご確認ください。 ソファ本体を床に直置きしない ソファの種類によって、脚の取り外しができるものがあります。 しかし、そのまま脚を外してソファ本体を床に直置きしてしまうと、湿気がこもり、カビが繁殖しやすくなります。 床に近いほどダニも近寄りやすく、アレルギーに敏感な方には不向きです。 床に限りなく近い状態でソファの使用をご希望のお客様には、脚を取り外してお使いいただけるよう、 予め「プラスチック鋲」と呼ばれる高さ10mm程のプラスチック製の脚を、オーダーで取り付ける事ができます。 床とソファの間に隙間を作ることで、空気の流れを作り、カビを繁殖させにくくすることができます。 ご希望の際は、ソファご注文時にお申しつけください。 予めご了承ください。 【LBシリーズ】 抗菌作用があります。 表面に付着した黄色ブドウ球菌や大腸菌の繁殖を抑えてくれるため、より清潔にお使いいただけます。 お手入れが簡単なだけでなく、本革の風合いに寄せた、高品質な合成皮革です。 Group-5 HCシリーズ フェイクスエード フェイクスエードは、優れたメンテナンス性と耐久性を併せ持っています。 表面に凹凸感が少なくなめらかで、なおかつ非常に細かい繊維が絡み合った緻密な構造のため、生地の織りの隙間にゴミが入りにくい仕様になっています。 また、吸水しにくい構造のため、水をこぼしてしまってもはじいてくれます。 固く絞った柔らかいクロスで水拭きもしていただけるため、汚れや、アレルゲンであるハウスダストの除去がしやすいです。 引っ掻き等にも強く、非常に高い耐久性を誇るため、ペットと暮らすご家庭に特にオススメです。 「ソファに関係するアレルギー【2】」 シックハウス症候群 室内の空気環境の悪化が原因で、頭痛・湿疹・めまいなどの健康被害に見舞われる症状を指します。 アレルギーの一種として扱われることもあります。 原因 建材や家具に使用される、接着材や塗料。 揮発・放散したホルムアルデヒドを吸い込んだり、皮膚が反応を起こしたりすることで、頭痛・湿疹・めまいなどの健康被害を及ぼします。 住宅は、空調 冷暖房 効率を上げるため、気密性の高い構造を目指して設計されます。 その結果、換気が不十分となり、ホルムアルデヒドが滞留し、人体に影響する場合があります。 対策 2003年、建築基準法の改正によって、「ホルムアルデヒド放散等級」が確立され、等級の低い内装材においては、使用面積が制限されました。 設計上、換気システムが作動している限り問題がないとされていても、 空気の溜まり場は発生し、ホコリ・カビといった物質にも、ホルムアルデヒドが付着します。 そのため、必ず窓を開放して換気・掃除を定期的に行い、お部屋の空気環境が悪化しないよう、心がけましょう。 「ホルムアルデヒド放散等級」とは ホルムアルデヒド formaldehyde の「F」から始まり、星の数で等級を示します。

次の

ハウスダストの原因とアレルギー症状 日常生活でできる対策

ハウス ダスト アレルギー と は

湿度の高い季節や夏の暑い季節、ダニやカビが最も繁殖しやすいので、ダニアレルギーやハウスダストアレルギーの方にとって辛い症状が出る事があります。 また子供は免疫力が弱い為、何らかのアレルギーを持っている場合も多く、大人よりも敏感に反応します。 子供が咳をしたり、鼻水をだしたり、そんな姿を見ているとなんとかして改善してあげたいと思う親も多いです。 そんな時に大切なのはダニやハウスダストアレルギーの原因をなるべく取り除く事、これだけでも症状が改善される事があります。 アレルギー症状を持つ人は多いので、家族の健康を守る為にはきちんとした対策をとる必要があります。 今回は、ダニやハウスダストアレルギーの症状を少しでも改善する為にも、アレルギーの原因と対策方法や、布団乾燥機と空気清浄機の効果でアレルギー対策をおこなう方法をご紹介します。 ダニやハウスダストアレルギーの原因 最近ダニやハウスダストアレルギーはよくテレビで注目される事が多いアレルギー症状となりました。 私もダニやハウスダストアレルギーで、鼻水がでたり、目がかゆくなったりする症状が現れ、大変きつい事があります。 このアレルギーは家の中で起こるアレルギーなので、まずはアレルギーの原因を知り、家の中の掃除などを徹底的に行えばアレルギーを抑えることが出来ます。 アレルギーになる原因は アレルゲンという物質、人はアレルゲンを 体内に取り込むとアレルギーになります。 どのくらいの量のアレルゲンを取り込むとアレルギーになってしまうか、気になりますが、現在までの研究では明確には判明していません。 それぞれのアレルギーの許容できる量は個人差があり、許容量の上限がストレスや環境などによって変動するとも言われています。 いずれにせよ私達がアレルギーになった場合は、アレルギーの原因を突き止めて、その原因に触れる事がないよう取り除く事が必要です。 そもそもなぜダニやハウスダストアレルギーになるのか、皆さんはご存知ですか? ダニアレルギーの原因は、布団や絨毯に潜む 「コナヒョウヒダニ」「ヤケヒョウヒダニ」というチリダニで、家全体のダニの8割以上をがこのチリダニとなります。 チリダニがなぜアレルギーになるのか、実は 消化管にある酵素が主なアレルギーの原因となり、ダニの糞や死骸にこの酵素が多く含まれる為、ダニアレルギーになります。 ハウスダストアレルギーの原因は様々で、家の中に入ってきた 花粉、布団や絨毯などに潜む ダニ、湿気の多い季節に生える カビやバクテリア、衣類などの 糸クズ、いろいろな種類の ペットの毛、食べこぼした 食べ物など通常に生活してる中で、特に意識しないものが多いです。 そしてほとんどのハウスダストアレルギーはダニが原因となる事が多く、ダニアレルギーの方はハウスダストアレルギーである事が多いです。 ダニやカビ菌が繁殖しやすいのは、温度が20度~30度とほとんど夏の季節です。 そして湿度60%~80%と雨が多く降る時期、さらに蒸し暑さが続く時期にカビがたくさん生えます。 特に6月~8月にかけては、ダニやカビどちらにも気をつけなければいけない季節です。 またダニが好むものは人間のフケ、垢、食べカス、カビなどで、しっかりとこまめに掃除してダニのえさとなるものを取り除かないと、大量のダニが発生する原因となります。 しかしそんなダニも寿命は約3ヶ月、そこで安心してしまいそうですが、9月~10月に寿命となり、大量の死骸となってダニが家の中に残り続ける為、10月や11月になっても、ダニやハウスアレルギーの症状が出る事があります。 ダニやハウスダストアレルギーの症状 ダニやハウスダストが原因となっておこるアレルギー症状について、代表的な4つの症状をまとめました。 アレルギー性喘息の症状 アレルギー性喘息の場合は、ダニやハウスダストの原因となるものを吸入すると 気管支がつまってしまい、息苦しくなり発作が起こります。 喘息の場合は激しい咳が出るのが特徴で、喘息が長く続いた場合は酸欠状態になることも多いので、すぐに対処が必要なことが多いです。 喘息は横になると苦しくて息が出来なくなってしまう事もあるので、体を起して前かがみに座ると少し楽になります。 アレルギー性鼻炎の症状 ダニやハウスダストを吸い込むと、発作的に何度も くしゃみが出てしまい、鼻水が出てきます。 春先に症状の出る花粉症の症状と同じような状況です。 鼻炎の症状が続くと、体がだるくなり、頭が重くなることも多いです。 またあまり鼻をかみすぎてしまうと、耳の奥が痛くなる事も。 風邪にかかった時と同じで、何度も鼻を強くかんでいると 中耳炎になることがあります。 あまり鼻を強くかまない、はさんで鼻水をとるだけにすると中耳炎になりにくいです。 アレルギー性結膜炎の症状 アレルギー性結膜炎は目のかゆみや充血、ゴロゴロするなどの症状がでて、涙を出すことが多いです。 さらに朝起きた時に目やにが多く出ている事も多く、まぶたにブツブツが出来ることも。 こうなると、よくやってしまうのが、目をかいてしまうこと。 目がかゆいと手で目をこすることが多くなります。 しかしあまり目をこすってしまうと、知らず知らずのうちに目の角膜を傷つけて、 角膜炎になることもあります。 アレルギー性皮膚炎の症状 アレルギー性皮膚炎は 肌に湿疹や炎症が起こり、顔などが赤く腫れあがり強いかゆみがでます。 女性の場合はお化粧で多少赤味を隠したりすると、 化粧品でさらにかゆみが増してしまう場合があるので注意が必要です。 アレルギー性皮膚炎の時は、いつもは平気なものにも刺激を感じる事があります。 肌がかゆいので無意識のうちに掻いてしまうと、余計に皮膚が傷ついてしまい、掻いた跡が残る事もあります。 人間はかゆい場所を反射的に掻いてしまいますが、症状を広げない為にも、なるべくかかないように皮膚炎の場所をガーゼなどで保護すると良いです。 私は以前ハムスターを飼っていたときに風邪が引き金となってハムスターアレルギーになってしまい、この4つの症状全てが出てとても辛かった経験があります。 当時ワンルームだったので同じ室内で生活していました。 ハムスターと同じ室内にいると激しい喘息の発作が起きて夜は寝転がることが出来ず一睡も出来ない日々が続きました。 目がかゆくてかきむしってしまい角膜を傷つけて白眼がブヨブヨと浮いてしまい、病院通いが続きアレルギーの恐ろしさを知りました。 スポンサーリンク ダニやハウスダストアレルギーの対策 ダニやハウスダストアレルギーの症状が出ると大変つらく、日常の生活にも支障がでます。 なるべくアレルギーの症状を出さない為にも、 アレルギーの原因を取り除き、しっかりと対策をとる事が必要です。 そこでおすすめなのが 空気清浄機!ダニアレルギーやハウスダストアレルギーの原因物質を取り除いてくれる優れものです。 ハウスダストは空気中に舞い上がり、重いものは床や絨毯、ソファーに落ちていきます。 そして床や絨毯の上を歩くたび、ソファーに座るたびに再度空中に舞い上がり、私達の体の中に入っていきます。 空気清浄機は、このような 微細で目に見えない粒子のアレルゲンを効率よく吸い取ってくれるので、常に部屋の中を綺麗な空気で保つことが出来ます。 私はシャープ製品の空気清浄機を使用しているのですが、外出先から帰ってくると空気清浄機がゴー!と音を立ててお仕事をしてくれているのがわかります。 春先の花粉の時期は特に外から家に戻ると強く反応します。 もしダニやハウスダストのアレルギー症状で悩まれている人は、是非空気清浄機の購入を検討することをおすすめします。 花粉の時期もそうですが、空気清浄機があるのとないのとでは、症状の出方も全く違ってきます。 そして一番重要なのが、 ダニやハウスダストのたまりやすい布団、絨毯、ソファーなどはこまめに掃除する事です。 布団はなるべく干して、ダニが好む湿気の多い布団にしないことが大切です。 天日干しも良いのですが、おすすめなのが 布団乾燥機。 布団乾燥機であれば天気に左右されないですし、温度も一定の為、確実にダニを退治することができます。 また、外に干すと外の空気が悪い場合や、花粉がつくこともあり、布団乾燥機を使用すればそんな心配もありません。 私はダニ対策の為に、夏の時期は週に1回布団乾燥機をかけています。 布団乾燥機をかけた後は、 ダニを除去する為にも、布団に掃除機をかけると良いですよ。 絨毯やソファは外に干したり、丸洗いすることができないので、掃除機をかけましょう。 絨毯はこまめに掃除をかける事でハウスダストの舞い上がりを防ぐことができます。 ソファはソファのクッションを剥がして、中まで掃除機をかけるのがおすすめです。 また 除菌消臭スプレーをかけるのも良いですね。 掃除機を使用する場合の注意点は、 掃除機の後ろからでる排気です。 実はこの排気が床のほこりを舞い上がらせている原因となっています。 最近では排気を出さない掃除機もありますし、排気がでる掃除機は掃除機を前にかけていき、掃除機の排気口側は既に掃除が終わっている場所にすることです。 他にも掃除機をかけている時に窓を開けて換気を良くするのも良いですね。 ダニやハウスダストアレルギーの原因と対策のまとめ• ダニやハウスダストアレルギーの原因はダニの死骸• アレルギーの症状は気管支、鼻、目、皮膚に出る事が多い• 空気清浄機や掃除機で部屋の空気を綺麗にする• 布団乾燥機でダニ対策をすると効果的 アレルギーによる何かしらの症状をもつ人の7~8割はダニ・ハウスダストが原因と言われています。 現在は皮膚科やアレルギー科に行くとアレルギー検査を受ける事ができ、何が原因でアレルギー反応が起きているのか、アレルギーの原因を調べて特定することができます。 病院に相談して原因を突き止め、出来る限り原因物質を取り除くようにしましょう。 ダニやハウスダストアレルギーの対策は基本的には原因物質を取り除くことですが、日常の生活をする限り原因物質をゼロにすることはできません。 症状の悪化を防ぎ改善するよう、室内を清潔に保つとともに、適切な治療を受けましょう。

次の