専修 大学 バスケ。 筑波大学が2016年以来のインカレ制覇、専修大学を15点差で退ける

大学バスケ選手進路一覧

専修 大学 バスケ

Contents• 西野曜の彼女は? 彼女はいるのでしょうか? をやっているのでのぞいてみました。 テラハの予告ちょっとナンセンス — 西野 曜 screwya7 彼女はいるのでしょうか? 恋愛番組には興味津々の大学生と言ったところでしょうか。 Twitterの内容をみても、彼女がいる様子はうかがえませんでした。 ドミノピザ切るの下手すぎやろ — 西野 曜 screwya7 一緒にピザを食べてるのかな? バイトやめました — 西野 曜 screwya7 バイト先での彼女がいたのでしょうか? なんて想像が膨らみますね。 そして、バイトしていたことにも驚きました。 西野曜の中学や高校・大学は? 大阪府出身の西野選手は、 大正北中学校に通っていました。 中学時代の成績はわかりませんでしたが、こんな投稿がありました。 その後、 近畿大学附属高等学校へ進学します。 U-18日本代表チーム第3次強化合宿に、1年生ながら日本代表候補として参加していました。 「197cmと高身長ながら器用さを兼ね備え、1年生ながらレギュラーとして近畿大会3位に導いたことが評価された」 その後も平成 28 年度バスケットボール男子 U-19 日本代表チームに選出されるなど、日本代表経験を積んでいます。 大学は、 専修大学経済学部へ進学します。 実はアルバイトをやっていたのもこの頃で、バイトで試合を休むこともあったとか。 2年生ながら、優秀選手賞にも輝いていました。 3年になり、インカレ準優勝、優秀選手賞・得点王にも輝いています。 2020年は大学最後の年。 二刀流なのですね。 これまでにU23ネーションズリーグに日本代表として出場したりと、国際大会の経験もあります。 スピードが重要視される3人制にも、どっぷりつかっている様子です。 実はオリンピックにも焦点を当てているようです。 5人制では、 「インカレはもちろん優勝したいですけど、まずは5月にスプリングトーナメントがあるので、そのタイトルを獲ろうと目標に掲げています」 と声を大にしています。 二刀流となると、どちらかがおろそかになりがちですが、技術の吸収力は半端ないものをもっている西野選手。 実際には大学の学業と三刀流もこなせるので必ずや成績を出してくれることでしょう。 西野曜プロフィール ではプロフィールの紹介です。 12に注目してプレーをご覧ください。 ゴール前での、体の当たりは強い印象ですよね。 さらっとゴールを決めるあたりは流石です。 さらに、余計な力が入っていないように思える3ポイントシュートなど、シュートの確率も高い印象です。 今回秋田に所属することになり、さらに本格的に試合時間を稼げるようになると、成績や技術・スキルもあがってくることでしょう。 スポンサーリンク まとめ.

次の

庄司浩平の高校は専修大学附属!?バスケで活躍?噂は本当なのか?|いとはスタイル

専修 大学 バスケ

第59回 関東大学バスケットボール新人戦 6月9日 日本体育大学世田谷キャンパス 決勝 専修大 82-97 東海大 専修大は関東大学新人戦決勝で東海大に敗れ、準優勝に終わった。 佐々木優一ヘッドコーチ HC は失意の選手たちに向かってこう話したという。 「ノーシードで決勝までこられたのは素晴らしいこと。 負けたのは俺の責任であって、お前たちはやってほしいことをしっかりやってくれた。 下を向かず、胸を張って表彰式に出てほしい」 後半、東海大のディフェンスにパワー負け 準決勝の筑波大戦で4-17という最悪の出だしを経験した反省を生かし、専修大は試合への入り方を大切にした。 コートに立つ5人全員がゴールにアタックして流れをつくり、第2クオーター Q はそこに喜志永修斗 きしなが、1年、豊浦 、寺澤大夢 ひろむ、2年、東海大諏訪 、山本翔太 2年、日大山形 の3ポイントシュートが絡んだ。 前半が終わってのスコアは49-44。 チーム全体が「勝てる」という予感に高揚した。 しかし第3Q開始からほどなくして、ディフェンスのインテンシティ 強度 を高めた東海大に逆転された。 専修大のインサイドを司るケイタ・シェイク・ブーバガー 1年、日体大柏 と寺澤は、大学屈指のパワーを誇る東海大インサイド陣を相手に、交代なしでプレー。 疲労の影響は間違いなくあったが、それでもディフェンスを軸に食い下がった。 最後は力尽きた。 全国大会上位入賞、アンダーカテゴリー日本代表といった輝かしい実績を持つ選手はいないが、選手たち一人ひとりが伸び伸びとプレーし、準決勝では代表経験者がそろう筑波大を撃破。 スター軍団の東海大とも最後まで対等に戦った。 佐々木HCは選手獲得と育成の方針をこう説明する。 「総合的に優れていなくても『ここだけは特別』という選手を獲得するようにしてます。 そして入学1年目はできないことには目をつぶって、いいところだけを見ます。 自信につながるものをしっかり磨いたのちに、次のステップへと進ませます」 山本 右端 は高校時代、インサイドプレーヤーだったが、いまはシューターとして花開き出している パワーフォワードだった高校時代からシュートに光るものがあった山本は、入学直後にスモールフォワードに転向し、1年の鍛錬の成果でアウトサイドシュートが開花。 新人戦チームの専修大は、各選手の突出した個性がピタリとかみ合ったところに強さがあった。 新人戦チームの主将をつとめたキング開 2年、アレセイア湘南 は、高校3年生のときはインターハイで1回戦負け。 当時から高い身体能力を持っていたが、チームのスタイルとの兼ね合いで、それをフルに発揮する機会に恵まれなかった。 「もっとできるはず」と感じた佐々木HCの誘いで専修大に入学すると、1年目から活躍。 エースキラーという役割を与えられ、現在はシューティングガードからポイントガードへの転向というお題が出ている。 「ここまで成長できるとは、正直思ってませんでした。 HCの『得意なところを全部出していけ』というスタイルにチャンスをもらい、それをものにできたから、いまの自分がいます」。 キングはここまでの歩みを感慨深げに振り返る。 今大会で優秀選手賞に選ばれた寺澤は、自由なオフェンススタイルにひかれて専修大に入学した 決勝戦後、佐々木HCは選手たちに「フルメンバーもこのメンツでいいくらい。 秋はプレータイムを勝ち取れ」とハッパをかけたという。 大きな自信を得た下級生たち。 上級生もうかうかしていられない。 より高いレベルの切磋琢磨を経て、昨年のリーグ3位、インカレ準優勝の成績を超えていけるか。 4years. は大学スポーツに関する総合情報サイトです。 陸上・駅伝、アメフト、野球、ラグビー、サッカー、バスケ、バレー、ラクロスをはじめ、あらゆる競技について全力で独自取材したヒューマンストーリーをお届けしています。 そのほか、全国大学選手権(インカレ)などのビッグイベントに関する特集や、東京オリンピック・パラリンピック出場を目指す学生アスリートたちの特集、理系学部で学ぶアスリートの文武両道についての連載など、さまざまな視点から大学スポーツをとらえていきます。 大学スポーツに取り組める「4年間」という限られた時間に情熱を注ぐ彼ら、彼女らには、数限りないドラマがあります。 そのドラマに一つでも多く寄り添い、いつか大学スポーツの会場をお客さんで埋めたい。 そんな思いで運営しています。

次の

一般社団法人関東大学バスケットボール連盟

専修 大学 バスケ

12月15日、駒沢オリンピック公園総合運動場体育館にて「第71回全日本大学バスケットボール選手権大会」の男子決勝戦が行われ、筑波大学(関東5位)が専修大学(同3位)と対戦した。 試合は専修大の(4年)の連続3ポイントシュートでスタート。 筑波も(4年)が3ポイントシュートを沈め、チーム初得点を記録した。 その後は、拮抗した展開となるが、筑波大は、(2年)と(3年)が立て続けに3ポイントシュートを沈め、16-8とリードを奪った。 しかし、盛實や(3年)に得点を許し、25-21で終えた。 第2クォーターは、(4年)の3ポイントシュートなどで点差を広げるも、徐々に点差を詰められ、一時7点差まで詰められる。 それでも井上の得点で再度リードを広げ、46-36で試合を折り返した。 10点差で迎えた後半は、アブ・フィリップ(4年)の得点で開始。 その後も相手を寄せ付けず、69-50で最後の10分間へ。 最後の10分間でも相手に試合の主導権を渡すことなく、最終スコア91-76で試合終了。 筑波大学がインカレ制覇を決めた。

次の