エクセル 下まで移動。 エクセルで一番端や最後のセルに一瞬で移動するショートカット

エクセル シート内の一番下のセルに移動したい

エクセル 下まで移動

マウスを使って移動する方法 一番下や一番右のセルに移動する方法は、マウスを使った方法とキーボードを使った方法の2種類があります。 状況に応じて使い分けるといいでしょう。 まずは、マウスを使った方法をご紹介します。 マウスを使った方法では、 今選択されているセルの枠線をダブルクリックすることで移動することができます。 移動する方向は、ダブルクリックした枠線の方向に対応しています。 つまり、右端に移動したい場合は右の枠線を、一番下に移動したい場合は下の枠線をダブルクリックすればいいわけです。 試しに今、A1セルが選択されている状態で、A1セルの下の枠線をダブルクリックすると・・・ 一瞬で一番下のセルへ移動します。 なんだかワープしたような気分になりませんか? キーボードを使って移動する方法 それでは、次はキーボードを使った移動の方法をご紹介します。 キーボードで移動するときは、 Ctrlキーと移動したい方向の矢印キーを同時に押すことで移動することができます。 実際にやってみましょう。 今、A1セルが選択されています。 この状態から一番右端に移動してみましょう。 すると、一瞬で一番右端のセルに移動できます。 こんなときはためセナイ・・・ カンタンに一瞬で最後のセルに移動することができるのですが、残念ながら次のようなときはこのワザをタメすことができません。 それは、 データの途中に空白が含まれているときです。 具体的に言うと、例えば、次のようなデータでは、最後のセルまで移動することはできません。 このようなデータの中で、A1セルから一番下のセルに移動しようとしても・・・ 途中で止まってしまい、一番下まで移動することができません。 実は、今回ご紹介した方法は、空白セルの位置を探して、 空白セルの直前までしか移動することができませんので、データの途中に空白セルが含まれる場合は、一番下のセルまで移動することができないのです。

次の

Excelで一番下(最終行)&一番右(最終列)まで選択する方法

エクセル 下まで移動

改行(Enter)したら下のセルに行く この記事では、エクセルでEnterキーを押した時に、カーソルの移動を、横移動したり、下に移動したりと、任意に設定する方法を紹介します。 エクセルで沢山のデータ作業中にセル内容を確定し次のセルに移動する時【Enter】キーを押しますが、思い通りの方向にカーソルが移動しないとと、イライラしますよね。 そこで【Enter】キーを押したときのカーソルの移動方向を、指定できるのが、エクセルのオプション設定にあります。 【Enter】キーを押したときのカーソルの移動方向は上下左右の任意の方向に設定できますし、いつでも、何度でも、変更できますので、作業に応じてこまめに設定を見直すことで、作業が素早くラクになります。 この記事の目次• 【基礎編】1. 一時的に逆方向にカーソルを移動させたい場合は、オプション設定はそのままで【Shift】キーを使うほうが楽です。 【参考】3. 【参考】4. 一時的に逆方向にカーソルを移動させたい場合は、オプション設定はそのままで【Shift】キーを使うほうが楽です。 【参考】5. オプション設定の有効期限 オプション設定の有効期限ですが、設定変更した該当ファイルだけでなく他のファイルも含めて、次回変更時まで設定内容が有効になります。 例えば、Aファイルで設定を変更した場合、Bファイルを開けば、Aファイルと同じ設定が適用されます。 まとめ このページでは、エクセルの「カーソルの移動方向」について、以下を解説しました。 ・【Enter】キーを押したときのカーソルの移動はオプション設定で任意の方向に設定できる• ・【Shift】キーを加えれば、オプションで設定した【Enter】キーでの移動とは反対方向に移動できる(一時的に)• ・オプション設定は、他ファイルを含めて次回変更する時までその設定が有効になる ご理解いただけましたでしょうか? 次は、あなたが実際にエクセル上で実際に作業してみて下さい。 自分の手を動かすことが、パソコンスキル向上の近道です。 この記事は以上です。

次の

Ctrl・Shiftキーを使ってExcelの行・列をスムーズに移動・コピーする方法

エクセル 下まで移動

アクティブセルの移動方法:Excel基本講座 |||アクティブセルの移動方法• エクセルの基本操作となるアクティブセルの移動方法を詳しく説明しています。 スポンサードリンク• 入力するセルにマウスポインタを合わせてクリックします。 黒枠で強調表示されているセルがアクティブセルです。 右の列に移動 [Tab]キー• 下の行に移動 [Enter]キー• 逆方向へは [Shift]キー を押しながら、それぞれのキーを押します。• カーソルキー[矢印キー]でも操作できます。• 離れたセルに移動する場合はマウスやショートカットキーを使います。 [ファイル]タブをクリックしてバックステージを表示し、[オプション]を選択します。 Excelのオプションで[詳細設定]タブを選択し、[Enterキーを押したら、セルを移動する]にチェックを入れます。 [方向]を『右』に変更します。 [ファイル]タブをクリックしてバックステージを表示し、[オプション]を選択します。 [詳細設定]タブを選択し、[Enterキーを押したら、セルを移動する]にチェックを入れます。 ダブルクリックで移動する方法:入力済みの一番端のセルへ移動します。 アクティブセルの枠線をダブルクリックします。 (マウスポインタの形状に注意してください。 枠線上をポイントすると両十字矢印の形になります。 上の枠線:一番上のセル(D1セル• 左の枠線:左端のセル(A6セル• 下の枠線:一番下のセル(D12セル• 右の枠線:右端のセル(I6セル ショートカットキーを使う方法• データ範囲内での移動です。 データがないシートでは )の最大値に移動します。 数値はExcel2013です。 移動したいセル番地を名前ボックスに入力し[Enter]キーを押します。 B3セルをアクティブにする例です。 名前ボックスに B3と入力して、[Enter]キーを押すと、B3セルがアクティブになります。 B4:C8のようにセル範囲を入力すると、その範囲の左上のセルがアクティブな状態で選択できます。 横方向のセルへの入力は[Tab]キーを使います。 [Enter] キーで最初に[Tab]キーで移動したセルの下に移動します。 G2セルで[Enter] キーを押すとC3セルへ移動します。 選択範囲内への入力方法• 入力セルをあらかじめ選択しておくと、選択範囲内を【Enter】キーまたは【Tab】キーで移動できます。 行方向への入力• 列方向への入力• 入力を順番に行う• 入力するセルが固定で、その順番で入力するには「名前の定義」を利用します。 下図のように 1 〜 6 の順番で入力したいとします。 2 から順に 6 までを選択し、 最後に 1 のセルを選択します。 2つ目以降のセルは【Ctrl】キーを押しながら選択します。 名前ボックスに『入力順』と入力し、選択範囲に名前を定義します。 「名前ボックス」で『入力順』を選択すると、名前を定義した範囲が選択された状態になります。 この状態で、【Enter】キーを押すと、 1 〜 6 へと順番にアクティブセルが移動していきます。 参考までに、『入力順』の参照範囲には選択したセルが順番に記述されているのが分かります。 [数式]タブの[名前の管理]をクリックして、名前の管理 ダイアログボックスを表示します。 定義した名前「入力順」を選択すると、下の欄に参照範囲として選択しているセルが表示されるので、確認することができます。

次の