猫 餌 手作り。 手作りの白身魚の餌は猫ちゃんに安心して与えられるお魚レシピ

猫が喜ぶ手作りおやつ!ささみを使ったおすすめレシピ3選

猫 餌 手作り

com 老猫になると、体に不調が表れてくる場合があります。 健康は食事からです。 飼い主さんの愛情たっぷり手作りレシピでいたわってあげてください。 簡単なレシピをアレンジして、オリジナルなメニューを作ってみてください。 あくまで、飼い主さんも、老猫になった愛すべき猫も楽しむことを忘れずに。 老猫の抱える病気によっては、食事があまり出来なくなることもあります。 強制給餌をしなくてはならない場合もあります。 けれど、気持ちをしっかり持って、 食事を取ってもらえるように前を向いて努力を続けてあげてください。 簡単手作りレシピを食事に取り入れつつ、何が必要か、美味しく食べてくれるかを観察してみてください。 愛猫が老いて老猫になっても、寄り添ってあげてくださいね。

次の

猫に鶏肉

猫 餌 手作り

イワシ• カツオ• マグロ• サンマ おねだりされたらお刺身を一切れ、ついついあげたくなってしまうもの。 「いや本来肉食なんだから、お刺身なんてあげなくていいんじゃないの?」となりそうですが、たまにはお魚もメニューに取り入れてほしいものです。 なぜかというと、魚類には タウリンという体を健康に保つのに必要なアミノ酸が多く含まれているからです。 猫は人間や他の哺乳動物と違って、体内でタウリンを合成することが出来ません。 食べ物から摂取するしかないのです。 タウリンは貝類や海老にも多く含まれていますが、残念なことに猫向きの食材とは言い難いです。 そこでお薦めなのが血合いの部分があるお魚。 イワシ、アジ、カツオ、マグロ、サンマなどがタウリンの豊富なお魚です。 猫が人間と暮らすようになったのは保存してある穀類をネズミの被害から守るためでした。 野生の猫の食べ物といったら、ネズミなどの小動物や鳥、昆虫や爬虫類です。 人間にとっては害獣のネズミも猫にとってはご馳走。 そうなれば理想的な共存関係ですよね。 海や川で果敢に魚を捕まえる強者猫もいますが、ほとんどの猫はもっと手軽に捕まえられるネズミや鳥を食べてきたはずです。 しかし、いくらが猫がネズミを好きだといってもスーパーでネズミは売っていません。 それにいくら手作りご飯を頑張りたくても、ネズミを調理したくはないでしょう? だとしたら、手軽に買える 鶏肉がもっとも理想的だと思います。 猫は一度おいしいものを口にすると美食度が増す傾向にあります。 喜ぶからと毎日高価なお刺身を与えるのではなく、手作りご飯に旬の素材を取り入れて飽きることのないように様々な食材を与えてみるのはいかがでしょう。 「今日はなぁに?」そんなことを言いたげに、調理する手元をじっと見つめてくれたら嬉しいですね。 うちの猫ちゃんは、今も昔も手作りご飯です。 マグロの血あいを茹でてあげたり、フードにささみをトッピングして与える日もあります。 魚を焼いた日にほぐして与える日もありますし、魚はかかさずに、与えています。 いま飼っている猫ちゃんは2匹のうち1匹の猫ちゃんが魚が嫌いなのでフードにささみとふかしたサツマイモを添えて与えています。 魚を与えるときは、骨に気を付けなければなりませんね! 魚はカルシウムも豊富です。 野菜はビタミンなどが豊富なのでできるだけ、積極的に取り入れたメニューに気を配っています! なかなか飽きないように、とゆうのは、難しいけど、喜ぶ顔を見るのが楽しみなのでいろいろ、メニューを考えてあげたくなりますね。 猫が人間と暮らすようになったのが、ネズミの被害から守るためだったなんで全く知りませんでした。 猫は見た目やしぐさの可愛さがあれば十分ではないかと(笑)。 でも、大切な保存食を守ってくれるなんて頼もしい限りです。 カナダには小さい虫がたくさんいるので、家の中にも入り込んできます。 ムカデやスズメバチなどはいないので、ほとんどが害のないものですが、猫がいるとそれだけで守られている気分になるんです。 この記事で学んだことはもうひとつ。 猫に必要な栄養素のひとつがタウリンで、それを体内で合成することがないということも知りませんでした。 もっと勉強が必要だと感じます。 今猫が食べているキャットフードは良いものが入っていると思いますが、ちゃんとタウリンが含まれているか確認してみます。 肉や魚、野菜まで好んで食べられるなんて、人間同様グルメなんですね。 我が家では鶏肉と野菜、穀物中心の食生活をしています。 できるだけ人間も猫も正しい食生活をしていきたいと考えているので、調味料をつけていないものを今度あげてみて、反応を見てみたくなりました。 手作りご飯は理想ですがなかなか続かないので、まずフードにトッピングする事から始めました。 手作りご飯の本などに与えて良い食材、量に注意がいる食材、与えてはいけない食材などを参考に組み合わせています。 レシピ本によって書かれている内容などに偏りや違いがありすぎてフードにトッピングする事を選択しましたが、手作りご飯ほど、安心して与えられる物はないですから。 自分で選んだ食材なので無添加にも出来ますし、食材のサイズなども愛猫に合わせれるのでメリットは大きいですね。 ですがリスクもあり栄養が偏ってしまうと体調を崩してしまったりもするので、どんな感じの食材の比率の組み合わせが良いのかなどを調べて作る事をおすすめします。 私も手作り食には興味があるのでネットやレシピ本などを読んだりしています。

次の

猫が喜ぶ手作りおやつ!ささみを使ったおすすめレシピ3選

猫 餌 手作り

完全肉食動物の猫ちゃんに最も重要な栄養素といえば、動物性タンパク源。 お肉ですね!特にささみは猫にとって嗜好性も高く、ペットの手作りご飯の材料としても有名です。 おすすめのレシピを3つご紹介したいと思います。 手作りささみジャーキー• ささみケーキ• ささみスープ それでは、順番に見ていきましょう。 特におやつの場合、肥満などになりやすいので脂肪分の少ないささみなら、ダイエット中の猫ちゃんにも嬉しいですね。 ささみを使ったレシピはもちろん、ささみそのものも十分猫ちゃんのおやつとして喜ばれます。 湯がく• 炒める• 生のまま細かく刻む 猫ちゃんによっては、湯がいたささみは食べないのに、焼いたら突然食いつきが良くなった、という例も。 愛猫の食欲がないときや、特別なとき、特にささみ大好きな猫ちゃんには普段のカリカリにささみをプラスしてみたり、おやつとして ささみそのものを少量あげてみてはいかがでしょうか。 注意点 おやつ全般に対して言えることですが、あげすぎは禁物です。 ささみをあげる量は、5分の1程度で十分。 ささみ1本で約40kcalなので、おいしそうに食べるから、ご褒美だからといって 丸々1本あげるのは好ましくありません。 ささみの筋をとって、つぶして平らにしながら小さく切り、鉄板に並べてオーブンで焼くだけ。 材料がささみのみとシンプルなので、ワンちゃんにも猫ちゃんにも好評です。 たくさんの飼い主さんが 実際につくってみて愛犬・愛猫の食いつきの良さを実感しているようですよ。 食いつきが良いあまりついついあげすぎてしまわないように注意。 おやつとして少量をあげて、主食であるカリカリを食べなくなるなんてことがないように気をつけましょう。 ささみと一緒にご飯や野菜などを入れることで、バランスの良い猫ご飯をあげることができます。 それでも完全ではないので、あげすぎには注意です。 あげすぎると消化不良で下痢などの原因になるので注意。 鳥ささみ:3本• 人間の減塩食にも使えるくらい、味はバツグンです。 材料も、猫ちゃん用なので 鶏のささみと水だけのシンプル。 余計な調味料は一切入れません。 鍋に水とささみを入れて火にかけ、沸騰直前になったら弱火にしてしっかりアクをとります。 ささみのエキスを抽出して、スープがクリアになってきたら火を止めて冷まして出来上がり。 年老いて食欲がなくなってきたり、カリカリが上手く食べられないときなど、スープと一緒にあげて食欲を刺激してあげましょう。 おすすめのレシピを3つご紹介しました。 猫に嬉しいタンパク質豊富な鶏のささみ、食いつきが良いとつくった方も嬉しいですよね。 あげる量にはくれぐれも注意して、愛猫が喜ぶオイシイおやつをつくりましょう。 是非、参考にしてみて下さい!.

次の