バレー めぐ。 「メグカナ」に沸いたバレーW杯の思い出 うれしさと戸惑いの間に揺れて…

栗原恵結婚か?女子バレー「プリンセス・メグ」突然の引退発表!

バレー めぐ

「春高バレー」こと、 ジャパネット杯 春の高校バレー 第72回全日本バレーボール高等学校選手権の男子決勝が行われましたね! 今年は 京都府の東山高校が初優勝を飾る結果となりました!なかでも今大会では、 主将の高橋藍選手が大活躍し注目を集めています。 バックアタックのプレーが凄い!と日本プロバレーボール選手の 栗原恵さんも大絶賛するほどです! それに加えて高橋藍選手は イケメンで高身長ということでも話題になっており、すでに多くの方がファンになっているようです!今後も更に注目されること間違いなしですね! ということで、今回は 高橋藍選手の身長やwiki風プロフィールを紹介します! 出身中学や進路も調べてみたので、合わせてチェックしてくださいね! 目次• 【春高バレー】高橋藍の身長は? イケメンで高身長と話題の高橋藍選手の身長について調べてみました! 高橋藍選手の身長は188cmと発表されています。 名前:高橋 藍(たかはし らん)• 生年月日:2001年9月2日• 年齢:18歳• 血液型:不明• 出身:京都市• 身長:188cm• 体重:不明• 家族: 兄は日本大学の高橋塁選手• 最高到達点:343センチ 速さと高さを兼ね揃えた強烈なバックアタックが武器で、中学ではリベロの経験もありオールラウンドプレーヤーと言われています。 高橋選手の名前 藍 らん はホームランのランからきていて、野球好きの父が命名しました。 お兄さんの名前は塁 るい で、やはり野球に関連していますね。 【春高バレー】高橋藍の出身中学や進路は? 高橋藍選手は現在、東山高校の主将をつとめていますが、出身中学や今後の進路についても気になりますね! 高橋藍選手の出身中学は? 高橋藍選手の出身中学は、 京都の蜂ヶ岡中学校 です。 蜂ヶ岡中学校は京都で1位、2位を争うバレー強豪校で、高橋藍さんが在籍していた時も、京都府中学校総体では上位の素晴らしい成績を残しています。 中学時代からすでにバレーの才能が開花していて、注目選手となっていたんですね! 高橋藍選手の今後の進路は? 高橋藍選手の今後の進路も気になりますね! 現在のところ詳しい進路の情報は出ていませんが、お兄さんが日本体育大学へ進学しているため、 同じ日本体育大学へ進学するのではと予想されています! まもなく高校卒業となるので今後の進路が気になるところです。 詳しい情報が分かり次第、こちらで追記していきますね! 【春高バレー】高橋藍のプレーについて 今回の春高バレーのプレーが話題になっている高橋藍選手。 注目のプレーの様子はこちらです。 Satoru 5P1hJyPvMzoEq0A 東山特集みたけどなんか本当凄かった! メグも大絶賛! 高橋藍選手ってリベロ経験ありなんだね パナと試合したとき狙われてたけど全く崩れなかったのはリベロ経験もあるからか — ゆーき🐈 xLutI8iYG6Xkswr 見事なスーパープレーに思わず目が釘付けになりますね! まとめ 高橋藍選手の身長やwiki風プロフィール、出身中学や進路について紹介しました。 高橋藍選手の身長は188cm• 出身中学は 京都市立蜂ヶ岡中学校• 今後も高橋選手の活躍から目が離せません! 以上megumiでした!.

次の

「メグカナ」に沸いたバレーW杯の思い出 うれしさと戸惑いの間に揺れて…

バレー めぐ

来歴 幼少期 生まれ。 その後父親の仕事の都合で大阪、東京と転々とした後、の多西小に通う。 バレーボールをしていた両親(特に母親)の影響を受け、小学校2年生の時に秋川JVCに入団し、バレーボールを始める。 秋川JVCは守備練習中心のチームで、この頃レシーブ練習を数多くこなした事が、現在のレシーブ力に生かされていると本人は言っている。 チームでは主にレフトを務め、小学校6年生時には東京新聞杯で優勝している。 小学校4年生の頃に「週末に思う存分友達と遊んでみたい」との理由で2週間ほどチームを辞めているが、バレーボールから離れたのはこの期間だけである。 中学時代 中学校は名門、に進学。 ここで、、など、以後チームメイトとなる選手達と出会う。 中学校入学時には163cmとさほど高くはなかった身長は、中学3年間で約15cmも伸びた。 以後ポジションはセンターとライトを務める事が多くなり、主力選手として全日本中学校バレーボール選手権大会優勝、(アクエリアスカップ)でJOC杯受賞。 Bクイックは得意技と言えるほどに上達し、プレーに幅が出た。 中学校2年生の頃、バレー人生で初の骨折(左手中指の付け根)。 全治2週間と軽度だったため大事には至らなかった。 高校時代 、バレーの名門として知られる成徳学園高校(現・)に進学。 高校2年生になるとライトで主力選手となり、で優勝を収め、成徳の2連覇に貢献した。 同年8月開催のは3位に終わり連覇を逃したが、インターハイ閉幕と同時にから強化合宿に招集され、同年9月のに出場。 当初はセッター登録であった。 そして11月開催のに故障のの代役として出場した。 12月の全国私学大会で下北沢成徳高は大会初の3連覇を達成。 では大会3連覇を目指し決勝に進出したが、第1セット、を決めた直後に味方選手であると接触し転倒、右足首を捻挫。 を施したのちに足を引きずりながらプレーを続行したが、結局に1-3で敗戦し準優勝であった。 最終予選で再度全日本代表に招集され、初戦の戦で代表初スタメン出場を果たし、14得点をマークすると共に持ち前の性格とあどけない笑顔で 「スーパー女子高生」の呼び名でブレイクした。 全日本女子チーム2大会ぶりのオリンピック出場に大きく貢献した。 6月にインターハイ関東予選に出場したが予選敗退。 全日本合宿に招集されイタリア4ヵ国対抗戦などに出場。 7月からは1ヵ月にわたるワールドグランプリに出場するも、日本は予選落ち。 目立った活躍は出来なかった。 はからの開幕であったが、腰の状態は最悪で立つこともままならない状態だった(アテネで他競技のトレーナーからと診断された)。 そのため出場機会がほとんど無いまま、初めてのオリンピックを終えた。 しかし、決勝戦の対戦を会場で観戦し最高峰のプレーを目の当たりにした事で、初めてメダルへの執着心が生まれる。 オリンピック終了後、で開催されたアジアジュニア選手権に出場。 12月、高校最後の大会となる全国私学大会の頃には腰痛がさらに悪化していた。 決勝戦の第2セット終盤に出場するが、得点を決めることなく自身の高校バレー生活に幕を閉じた。 東レ時代 高校卒業後は東レに入社した。 7月開催の女子ジュニア世界選手権U-20では、全試合レギュラー出場し得点王に輝き、復活を遂げる。 からのアジア選手権では、当時へ派遣移籍していた・の代役を担ってエースとして活躍した。 自身初のリーグとなった第12回Vリーグでは、開幕戦ライトでスタメン出場を果たす。 この試合でのアタック決定率はチームトップの52. その後もレフト・ライトでスタメン出場を続け、リーグ前半のチーム快進撃の原動力となった。 リーグ後半に入ると、アタック決定率は比較的安定していたが、サーブを集中して狙われ、攻撃パターンを封じられた。 また腰痛の影響からかキャッチの不安定さもみられたが、アタック決定率リーグ6位、サーブ効果率リーグ9位という成績で新人賞を受賞した。 出場、では日本の優勝に大きく貢献し、ベストサーバー賞を獲得。 同年に出場した。 、で優勝し初代チャンピオンとなった。 、 2007-08において東レのリーグ初優勝に貢献し、ベスト6賞を獲得した。 同年8月、に出場した。 、 2008-09プレミアリーグにおいて女子史上初の二連覇に貢献し、前年に引き続きベスト6賞を獲得した(日本人ベストスコアラー)。 同年5月、第58回で優勝し、自身初となる黒鷲賞(最高殊勲選手)とベスト6賞を獲得した。 妹・も2010年より同チームに所属している。 、 2009-10プレミアリーグにおいて女子史上初の三連覇に貢献し、自身初のMVPに輝くとともに、3年連続ベスト6賞を獲得した。 また、の持つ最多得点部門の記録を塗り替え、レギュラーラウンドで合計566点(アタック496点、ブロック43点、サーブ27点)を記録し、Vリーグ日本記録賞(最多得点部門)を受賞した。 同年5月、第59回で優勝し、2年連続となる黒鷲賞とベスト6賞を獲得した。 決勝のJT戦では、3セット目に一人で14点を稼ぐ大活躍を見せた。 ワールドグランプリ2010では、故障明けのが不参加だったため、臨時で副キャプテンを務めた。 攻守の中心となりチームを引っ張り、予選ラウンドでは165得点、決勝ラウンドでは105得点を挙げ、予選・決勝ともにベストスコアラーに輝いた。 チームはイタリアに2度勝利したり、9年ぶりにブラジルに勝利するなど大健闘したが、最終順位は5位に終わった。 同年11月開催のでは、32年ぶりの銅メダル獲得に大きく貢献した。 エースとしてほぼフル出場し、ベストスコアラーランキングではトルコのに次ぐ第2位で、アタック本数、サーブ受数、サーブ本数においては全選手の中で一番の数字であった。 木村本人がつぶやくことはなかったが、制作時の裏話や彼女の近況などを編集者を通して伺い知る事が出来た。 また、その中で木村本人への質問を募り、バレーボール専門誌誌上で回答を行うという企画が行われた。 では早いトスに挑戦した(ワールドカップ時は本来のトスに戻した)影響や、直前の中心メンバーの離脱などもあり、チームも彼女自身も序盤は調子が上がらなかった。 若手の台頭などがあり徐々にチームが固まっていき、最終的には当時、世界ランキング1位のブラジルや2位のアメリカをストレートで破るなど、怒涛の巻き返しをみせ、5連勝で大会を締めくくった。 しかし惜しくも最終順位は4位となり、上位3チームまでに与えられるロンドン五輪出場権獲得にはあと一歩届かなかった。 彼女自身も序盤こそ苦しんだものの、その後は安定した活躍をみせ、最終的にはベストスコアラー第4位、ベストアタッカー第5位、ベストブロッカー第13位、ベストサーバー第11位、ベストレシーバー第3位、ベストディガー第10位という攻守にバランスの取れた個人成績を残した。 特にベストレシーバーとベストディガー部門においては守備専門選手のリベロを除くと共に最上位であり、彼女の守備能力の高さを証明する結果となった。 2012年、ロンドン五輪・での木村 、 2011-12プレミアリーグにおいて、東レアローズ4度目の優勝に貢献した。 決勝戦では両チーム最多の20得点をあげ、5年連続のベスト6賞を受賞した。 シーズン途中の2レグ終盤、チームでの練習中に足首を捻挫し、全治3週間という診断を受けた。 2012年2月11日、12日に行われた岐阜大会ではチームに帯同はせず、翌週の山形大会からベンチ復帰した(試合には出場しなかった)。 実質的な復帰戦であった2月25日の岡山シーガルズ戦では絶不調でアタックで2得点しかあげる事が出来ず、2セット目の途中で交代を余儀なくされた。 チームメイトのセッターによると、翌日の朝練習で木村は非常にピリピリとした雰囲気で一言も口を利かなかったという。 こんなことは初めてで、はその日の試合(2月26日久光製薬戦)で出来るだけ彼女にトスを上げることを心がけたという。 故障開けにもかかわらず彼女は試合にフルセットフル出場し、チーム最多の24得点をあげ、チームは勝利を収めた。 2012年6月、の代表メンバーに選出された。 準々決勝の対中国戦ではと共にチーム最多の33得点を叩き出す活躍で、これまでの五輪で1セットも取る事が出来なかった相手にフルセットの激戦の末勝利を収めた。 で韓国をストレートで破り、日本女子バレーボール代表28年ぶりの銅メダル獲得の立役者となった。 中心選手として全試合にフル出場し、北京オリンピックに引き続き日本人ベストスコアラーとなった。 全体でもベストスコアラー部門3位にランクインし、ベストスパイカー12位、ベストレシーバー12位、ベストディガー部門で8位だった。 ワクフバンク・テュルクテレコムへの移籍 2012年7月10日、ロンドンオリンピック終了後の2012年 - 2013年シーズンよりのワクフバンク・テュルクテレコムへ移籍することが発表された。 年俸は1億円。 同年8月16日、とマネジメント契約を締結。 9月7日に成田空港からトルコへ向け出発した。 空港では記者会見を行い「いろんな面で成長できるように頑張りたい」と抱負を述べた。 同日、トルコに行っている期間だけ更新するという『木村沙織オフィシャルブログ「木村沙織のトルコ奮闘記」』をにて開始。 10日にはイスタンブールでの入団会見に出席し、新チームでの抱負を述べた。 また、本人の希望で決まったという背番号「18 」のユニフォーム姿も初披露した。 9月末を持って東レ株式会社を退社(東レアローズを退団)した。 2013年1月31日、寝具メーカーであるとスポンサー契約を締結したことが発表された。 3月12日にはとオフィシャル・エアライン・パートナー契約を締結したことが発表された。 同年3月、において優勝を果たした。 予選ラウンドではスタメンで起用されることが多かったが、主にスパイク面で苦労し、PLAYOFF12以降はピンチサーバーからの守備固めで起用される事が多くなった。 決勝の戦では3セット全てで途中出場し、サーブや後衛でのサーブレシーブで貢献した。 決勝戦後には「絶対勝ちたいと思って臨んだので、優勝して本当によかった。 すごくラッキーだなと思います。 サーブで攻めて流れをいい方に変えるなど、(チームの)いいリズムをキープするのが一番の役割だと思っていた。 」と語った。 指揮官である監督からは「ほぼ完璧」と賞賛された。 準決勝ではの移籍先であると対戦し、史上初となるFINAL4での日本人対決が実現した。 その準決勝と決勝戦の模様はにて生中継された。 ワクフバンクはトルコカップ、トルコリーグも制覇し、公式戦無傷の47連勝で3冠を達成し、最高の形でこのシーズンを終えた。 同年5月13日、監督に指名され、2013年度の全日本キャプテンに就任 (バレー人生初のキャプテン)。 そして、「元のキャプテンシーを受け継ぎたい」という気持ちから、竹下が付けていた背番号「3」を希望したという。 同年6月3日、(同じトルコリーグのスポンサー親会社)は、ワクフバンクからガラタサライへの移籍に合意したことを発表。 日本球界に復帰 2016年、リオデジャネイロ五輪での木村 2014年6月5日、東レ・アローズへの復帰が決定した。 東レでは初のプロ契約で契約期間は2年間。 2015年8月の直前、ロンドン五輪後から伸ばして試合ではで一つに束ねていた髪を、30cm切って大会に臨んだ。 2016年5月の。 前日の第1セットで右手小指を負傷した中 、第2セットから出場した4日目の戦(逆転勝利)では、劣勢の最終セットでコート内で仲間を集め、6人が手を繋ぎ輪になった。 木村はその後も出場を続け、6日目に日本は五輪切符を獲得。 自身も出場内定し、女子インドアバレー史上日本初の、五輪4大会連続出場となる。 2016年12月31日に元インドアバレー・ビーチバレー選手のと結婚したことを発表した。 現役引退 2017年3月22日、記者会見を開き正式に現役引退を表明した。 一番印象に残った試合は、準々決勝の対戦。 木村は「カフェを持ちたい、子供の頃からの夢だった」と語った。 演じた女優• - 、系列で、親友だったの著書を原作としたドラマ「」が放送された (木村を相武が、横山をが演じた)。 プレッシャーから寝つきが悪くなったり食事が喉を通らない事もあり、体重は昨年から5kg減った。 単独から複数のものまで含め、専門誌「」の表紙を14ヶ月連続で飾った。 2011年09月号から2012年10月号までで、1人の選手が1年以上に渡り表紙に登場し続けたのは極めて異例なことである。 - 2003-2016年• 全日本代表としての主な国際大会出場歴• - 2004年、2008年、2012年、2016年• - 2006、2010年、2014年• - 2003年、2007年、2011年、2015年 所属チーム• 多西小(秋川JVC)• 成徳学園中• (2005 - 2012年)• (2012 - 2013年)• (2013-2014年)• 東レ・アローズ(2014年-) 受賞歴• - 第13回世界ジュニア女子(U-20)選手権大会 ベストスコアラー賞• - 第12回 新人賞• - ベストサーバー賞• 2009年 - MIP• 2009年 - 第58回 黒鷲賞(最高殊勲選手)、ベスト6• 2009年 - ベストサーバー賞• 2010年 - MVP• 2010年 - 第59回 黒鷲賞(最高殊勲選手)、ベスト6• 2010年 - トリノ国際大会 MVP、ベストサーバー賞• 2010年 - ワールドグランプリ2010 ベストスコアラー• 2011年 - 第60回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 ベスト6• 2016年 - 第66回 競技団体別最優秀賞 個人成績 レギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り。 19 401 26 6. 23 446 21 4. 37 279 16 6. 38 380 22 5. 40 390 27 6. 29 408 26 6. 25 223 13 5. 38 331 10 3. 31 391 27 6. 広告出演• 京阪マナーポスター 「ファインプレー宣言」 2007年• 女子部活動応援サポーター 2013年 出演 情報・スポーツテレビ番組• (2011年7月23日、2012年11月17日 )• (2011年11月20日、2012年5月27日 制作・)• (2012年12月23日 )• (2012年4月9日 、)• (2012年5月15日 )• (2012年9月4日 TBS系列)• (2012年9月9日、2012年9月23日 )• (2012年9月23日 )• (2012年12月29日、2013年1月5日、2013年1月14日 BS日テレ、、BS-TBS)• (2013年1月28日 )• (2013年2月5日 BS-TBS)• (2013年7月6日、2013年7月13日 BS朝日)• (2013年8月31日 TBS系列)• おしえて木村沙織選手(2013年12月30日、NHK総合) テレビアニメ• (2015年8月23日、) - 本人役 著書• 脚注 注釈• - Vリーグ オフィシャルサイト• 日本バレーボール協会. 2012年6月25日閲覧。 スポーツニッポン 2012年7月10日閲覧• 東レ・アローズ. 2013年9月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年7月10日閲覧。 number 2012年9月19日. 2012年12月14日閲覧。 日本バレーボール協会. 2012年9月7日閲覧。 東レアローズ. 2012年10月1日閲覧。 東京西川. 2013年1月31日閲覧。 トルコ航空. 2013年3月12日閲覧。 フジテレビ. 2013年3月8日閲覧。 スポーツニッポン. 2013年3月11日閲覧。 スポーツニッポン. 2013年3月12日閲覧。 フジテレビ. 2013年3月5日閲覧。 フジテレビ. 2013年4月23日閲覧。 日本バレーボール協会. 朝日新聞 2013年5月14日朝刊14版 24面• 日本テレビ. 2013年11月14日閲覧。 ダイキン工業. 2013年6月3日閲覧。 yahoo Japan ニュース. 2014年6月5日閲覧。 東レアローズ女子バレーボール部. 2014年6月5日閲覧。 Yahoo Japan ニュース. 2014年6月13日閲覧。 THE PAGE 2015年8月22日. 2015年9月2日閲覧。 - 日刊スポーツ、2016年5月18日• - 産経ニュース、2016年5月29日• - 日刊スポーツ、2016年5月19日• - スポニチ、2016年5月21日• - スポニチ、2016年6月27日• - スポニチ、2016年5月22日• 、2017年1月3日閲覧。 日本バレーボール協会. 2017年3月22日閲覧。 ORICON NEWS 2018年8月3日. 2018年8月7日閲覧。 2010年10月25日閲覧• 月刊バレーボール(日本文化出版)5月号、 スポーツナビ、2010年4月11日から引用。 伊藤昇 サンケイスポーツ、2010年4月11日を参考。 日本バレーボール協会. 2017年1月27日閲覧。 Vリーグ機構. 2017年1月31日閲覧。 2015年8月10日. 2015年8月10日閲覧。 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (下北沢成徳高校の1学年後輩) 外部リンク• - Olympic results 英語• - 英語• - (2012年9月7日 - )•

次の

栗原恵と大山加奈、バレー人気を牽引したメグカナに生じた確執

バレー めぐ

来歴 家族は両親と兄の4人家族で、小学校4年生から父がコーチをしていた鹿川フラワーズでバレーボールを始める。 中学1年時には身長が176cmをこえ、2年時の1998年6月、バレーが上手くなりたいという気持ちからのにバレー留学をする。 大津中の2年後輩に陸上長距離で北京オリンピックに出場したがいる。 高校はのに進学し、1年生時に・・優勝の高校3冠を経験する。 2001年に初選出。 高校3年次の2002年、日米対抗に出場し代表デビューを果たす。 2003年、Vリーグ(プレミアリーグ)のに入団。 同年5月のでは若鷲賞を受賞した。 同年11月のでは、と共に『メグカナ』と呼ばれ、全国的人気を博す。 翌2004年のに出場し5位入賞を果たした。 2004年10月、NECレッドロケッツを退団。 「NECのバレースタイルと、自分のスタイルが合わない」というのが主な理由であった。 その後・へ移籍の噂もあったが、2004年11月、に入団した。 2004-05年第11回Vリーグは、『シーズン開幕後に移籍した選手はリーグ戦の参加を認めない』という大会規定から出場できなかった。 2005年5月開催ので公式戦出場し、チーム優勝に貢献。 大会後、当時監督だったとの対立により一時期チームから離れていたが、8月中旬にはチームに戻り、2005-06年第12回Vリーグは開幕戦から出場。 パイオニア2季ぶりの優勝に大きく貢献し、最高殊勲選手・サーブ賞・ベスト6賞を獲得した。 2006年に2年ぶりに全日本代表に選出されたが、合宿中に左足有痛性分裂種子骨障害と診断され離脱、約半年間のリハビリ生活を送った。 2006-07Vプレミアリーグで復帰し、同シーズンと第56回黒鷲旗大会で3位となった。 2007年全日本に復帰し、同年では全9試合に出場し、ベストスコアラー部門で125点の9位の成績を収めた。 同年9月のアジア選手権で5年ぶりに中国を破るなどして、24年ぶりの優勝に大きく貢献した。 11月開催のでは全出場選手トップのスパイク打数を記録するなど、日本の中核として活躍した。 2008年、2大会連続の五輪出場を決め、の決勝ラウンドでベストスコアラー賞を受賞した。 において、全日本代表のエースとして5位入賞に貢献した。 同年12月、スポーツ用品メーカーのと2年間のアドバイザリー契約を結び、トレーニングウェアなどの提供を受けることになった。 秋のの時に左を断裂、その後治療をしながらVリーグの試合に出場していたが悪化。 2010年、3月中旬に半月板のを行った。 半年に及ぶリハビリを乗り越え、同年10月のに出場し銅メダルを獲得した。 この大会から本格的にライトで起用され、開幕戦のポーランド戦など流れを引き寄せる活躍を見せた。 2011年、1月上旬より左膝の違和感を覚え、2月下旬に東京都内にて左膝軟骨損傷を手術。 同年6月、治療に専念するためパイオニアを退団。 その後日本を離れ、同年9月3日にのに移籍したと発表した。 同年11月のは、故障している左膝の回復状態を考慮し最終登録メンバーから外れた。 2012年3月、ディナモ・カザンを退団。 同年6月のワールドグランプリにて2年ぶりに代表メンバーとして復帰したが、順調な回復ぶりをアピールできずロンドンオリンピック代表メンバーからは外れ、3大会連続出場はならなかった。 同年7月11日、への移籍が決定した。 2014年6月、岡山シーガルズを退団し 、同年9月にへの移籍が発表された。 2016年1月23日の対戦に出場し、通算出場試合数が230試合となりVリーグ栄誉賞の受賞資格を得た。 2016年9月、脳血栓のために入院。 リハビリを経て2017年1月に試合に復帰した。 当時は、病名も入院も伏せられていた。 2018年2月28日、日立リヴァーレは栗原の退団を発表し 、同年6月にに移籍した。 2019年6月4日、自身のブログで現役引退を表明し、10日に引退会見を開いた。 人物・エピソード• 家族の身長は父親が182cm、母が160cm、兄は183cmで、栗原が一番背が高い。 愛犬は種のオスで名前はプーマ。 合宿や遠征続きの栗原は実家に預かってもらっている。 で最初にやった練習が「笑う練習」。 チームの仲間がいいプレーをしたら喜びを分かち合うという練習の一環で、栗原は寮の洗面所の鏡で練習したという。 ニックネームの コウは、に『最高を目指せ』という意味から命名された。 ルックスの良さから人気が高く 、2004年アテネ五輪前に、 ・メグというが定着。 2008年、に協力。 第5回「」に、女優、タレントとともに選ばれ、2008年9月3日の授賞式において、4年前から美容師の兄にカラーとカットをしてもらっていると語った。 球歴・受賞歴• - 2002 - 2004年、2006-2012年• 全日本代表としての主な国際大会出場歴• - 2004年、2008年• - 2010年• - 2003年、2007年 所属チーム• 能美町立鹿川小(鹿川フラワーズ)• 能美町立能美中• (2003 - 2004年)• (2004 - 2011年)• (2011 - 2012年)• (2012-2014年)• (2014-2018年)• (2018年-2019年) 受賞歴• 2003年 - 第52回黒鷲旗男女選抜バレーボール大会 若鷲賞• 2005年 - 第54回黒鷲旗男女選抜バレーボール大会 ベスト6賞• 2006年 - 最高殊勲選手賞、サーブ賞、ベスト6• 2007年 - 第56回黒鷲旗男女選抜バレーボール大会 ベスト6賞• 2008年 - ワールドグランプリ2008 賞、ベストサーバー賞• 2008年 - 第14回プリンセスカップ MVP、ベストスパイカー賞• 38 185 12 6. 39 461 39 8. 34 426 36 8. 40 411 26 6. 37 374 30 8. 41 164 9 5. 61 120 5 4. 29 229 21 9. 29 78 4 5. 27 237 7 2. 25 20 0 0. めぐみ MEGUMI (2008年5月、実業之日本社刊) ISBN CM• - と出演(2013年7月~) 脚注• 日本トップリーグ連携機構. 2013年11月25日閲覧。 2013年現在も、デサントとの結びつきがある。 2011年9月現在も、副主将。 サンケイスポーツ 2011年9月5日閲覧• ディナモ・カザン オフィシャルサイト プレスリリース 2011年9月3日• 時事通信 2011年11月3日. 2011年11月14日閲覧。 SANSPO. COM. 2012年3月11日閲覧。 日本バレーボール協会. 2012年6月26日閲覧。 岡山シーガルズ. 2012年7月12日閲覧。 山陽新聞WebNews. 2012年7月11日閲覧。 岡山シーガルズ. 2014年6月25日閲覧。 LDH. 2014年9月2日閲覧。 日立リヴァーレ. 2014年9月2日閲覧。 Vリーグ機構. 2016年1月24日閲覧。 FNN 2020年1月19日. 2020年1月19日閲覧。 日立リヴァーレ. 2018年2月28日閲覧。 JTマーヴェラス 2018年5月30日. 2018年6月5日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年1月31日閲覧。 自著「めぐみ MEGUMI」35ページ• 自著「めぐみ MEGUMI」26ページ• 自著「めぐみ MEGUMI」70ページ• 栗原のコートネームがメグではなくコウであったのは、全日本の1年先輩にがいたというのも理由のひとつとして挙げられる。 「メグカナ世代20歳の脈動」 - 『月刊バレーボール』2005年2月号。 Vリーグ機構. 2017年1月30日閲覧。 関連項目• - 2010年11月13日放送「Vol. 262 エース栗原恵復活! 激動の1年 涙のわけとは…」 外部リンク•

次の