スプール 巻き 方。 【ベイトリールの糸巻き方法 】スプールへの結び方決定版 3つのNGとは?

DAIWA : スピニングリールの使い方

スプール 巻き 方

皆さんおはようございます、Jackです。 本来であれば、今朝は2019・(投げ)の中部大会に参加している予定だったのですが…ちょっと諸事情により参加費支払い後のキャンセルとしてしまいました。 残念です。 で、 時間を持て余してしまったのでブログ記事の更新をしているのですが、今回はスピニングリールにおけるスプールへの糸巻き量の適正値についてのお話です。 最初から糸が巻かれている商品を購入される際には気にする必要が無いのですが、糸が巻かれていない商品(どちらかというと、市販されているスピニングリールのほとんどがこちらになります。 )について、どれぐらいの量のラインをスプールに巻くのが良いかといった内容となっております。 今回もどうぞよろしくお願いいたします。 スピニングリールにおけるスプールへの糸巻き量の適正値について イントロダクション 今回のお話の発端となったのは、とあるのユーザーさんとのやり取りの中でスピニングリールのスプールへの糸巻き量の話題が出たことでした。 僕自身は今までの経験から、だいたいの感覚でスプールに糸を巻いていましたが、糸が巻かれていないスピニングリールを初めて買われた方にとって、どれぐらいの糸巻き量が適正値であるのかが分からないのは当然のことだと思います。 そのような場合には、ラインを購入した釣具屋の店員さんにラインを巻いてもらうと良いのですが…今回は通売でラインを購入されたなど、そういったことが頼みにくい方向けのお話です。 あと、「自分でリールにラインを巻いてみよう!! 」と思われた方にも。 なお、僕自身はベイトリールを使ったことが全く無いので、皆さんにお話しできるのがスピニングリールのケースのみとなっております…いずれはベイトリールにも触れてみたいと思っているのですが、なにとぞご了承下さい。 (苦笑) ライン種別の、スプールへの糸巻き量の適正値について それでは早速、現在僕が使用しているスピニングリールのスプールを例に解説していきますね。 向かって左側からナイロンライン、PEライン、フロロカーボンラインを巻いたスプールです。 スピニングリールのスプールにラインを巻く時に一番注意していただきたい点は、 スプールエッジが埋もれてしまうようなラインの巻き方をしていないかどうかです。 スプールに対するラインの糸巻き量の適正値の判断基準はここにあります。 スプールエッジとは、上の写真の赤丸で示した部分で、スピニングリールで仕掛けを投げた時には放出されるラインがこの部分に当たることによって、スムーズにラインが放出されるように設計されています。 ラインを巻く前のスプールは、こんな感じです。 つまり、上の写真でいえば スプールの黒い部分が隠れつつ、銀色のスプールエッジが隠れないぐらいの量を巻けばOKという訳ですね。 ちなみに、先の写真で写っていたPEラインは、非常にしなやかなラインなので、 スプールエッジが隠れない程度~ほんのちょっとぐらいであれば隠れても大丈夫なぐらいで巻くのが良いでしょう。 例えば、スプールに書かれている糸巻き量の適正値と同じだけの長さのラインを買ってきたものの、メーカー各社の製品によっては、実際にスプールに巻いてみるとスプールエッジが少し隠れてしまったり、あるいはスプールエッジの端まで足りなかったりというケースが発生することがあります。 が、ことPEラインを巻く場合について言えば、ラインの巻きすぎにさえ気を付けておけば、多少の差異は気にしなくても大丈夫です。 ただし、 ラインを巻きすぎると仕掛けを投げた時にラインがボワッっとまとまってスプールから出て行ってしまい、それらがロッイドなどに引っかかって絡まり、ライントラブルの原因となる可能性が高くなりますので注意してください。 上の写真はラインの巻きすぎが原因ではないのですが、要はこのようになってしまうということです。 (笑) PEラインは細くて軽くてしなやかな分、仕掛けを投げた際に強風にあおられたりすると、このようにこんがらがりやすいのですが…スプールに糸を巻きすぎて、仕掛けを投げた時にボワッとまとまってラインを放出してしまうと、よりこのような状況に陥りやすくなるという訳です。 「スプールに巻いたラインとスプールエッジまでの段差は、だいたい1円玉の厚み(約1. 5ミリメートル)ぐらいが良い」などと言われますが、スプールに表記されているラインの適正量(この場合はPE0. 8号を150メートル)で巻くと、実際にはこんな感じになりました。 次はナイロンラインです。 こちらもPEラインの場合と同様に、スプールエッジの下端ギリギリぐらいまで巻くと良いでしょう。 ナイロンラインも比較的しなやかなラインですが、PEラインよりは太くてハリがあるので、PEライン程の神経質さはありません。 ちょっとぐらいであれば、スプールに糸を巻きすぎても、そうそうライントラブルを招くようなことにはならないはずです。 ナイロンラインは「ボビン巻」という600メートル巻きの製品から適当にラインを巻いたので、だいたいこんな感じです。 スプールの形状から、1円玉が平行に置けなかったのはご勘弁ください。 (笑) ご注意いただきたいのは、フロロカーボンラインを使用する場合です。 フロロカーボンラインをスプールに巻く時には、スプール適正値の8~9割ぐらいまでにとどめておきましょう。 あ、写真のフロロカーボンラインが毛羽立っているように見えるのは、スプールを保護するためにくるんでいたタオルの毛が付着しているだけなので、どうぞお気になさらず。 (笑) さて、 フロロカーボンラインはその素材の性質上、コシやハリがある一方で巻き癖が付きやすいため、スプールの糸巻き量の適正値でラインを巻いても、ボワッとまとまってラインを放出してしまう可能性が比較的高く、ライントラブルを引き起こしやすいです。 よって、本来のスプールの糸巻き量の適正値よりもやや少なめにラインを巻くことで、仕掛けを投げた時に必要以上にラインがまとまって放出される可能性を低くし、極力ライントラブルを避けようというものです。 そのための目安が、スプール適正値の8~9割ぐらいという訳ですね。 こちらは、スプールに表記されているラインの適正な量(5lbの太さで110メートル)よりも、より細いライン(2lbの太さで150メートル)を巻いているため、スプールエッジとの段差が随分と空いてしまっています。 本来は 下巻き(細いラインを巻く時に底上げをするために、安いラインや古いラインをあらかじめ適量巻いて底上げすること。 )をするべきなのですが、面倒臭かったので今回のこのスプールでは下巻きをやっていません。 (苦笑) 僕は「まあこれぐらいなら、ライントラブルの原因にはおそらくならないだろう」と、自分で分かっていてわざとやっていることですが、本ブログをご覧の皆様へのオススメにはならないですね…どうもすみません。 なお、余談ですが、フロロカーボンラインのこの特性が故に、アジングやメバリングで使用するような細いラインであっても、1000番台ぐらいのサイズのスピニングリールよりは、2000~2500番台ぐらいのサイズのスピニングリールを使用する方が良いそうです。 これは、スプールの直径を少し大きめにすることによって、フロロカーボンラインに付く巻き癖を少しでも少なくし、ライントラブルを防ぐという目的がありまして…といったことが、加来匠さんの著書の中で述べられていました。 完全に加来さんの受け売りです。 (笑) 余談:スプールにラインを巻くときの、テンションの掛け具合について さらに余談となりますが、スプールに巻くラインの適正量に加えて、スプールにラインを巻く時のテンションの掛け具合についても触れておきましょう。 スプールにラインを巻く時のテンションの掛け具合というのは、要はスプールに対してゆるくラインを巻くか、それともギチギチに締めこむように巻くかといった具合についてのことなのですが、結論から言いますと 「心もち強めのテンションを掛けて巻いてください」という回答になります。 と言いますのも、ゆるくラインを巻いてしまうと、適正量で巻かれたPEラインやナイロンラインであっても仕掛けを投げた時にボワッとラインが出るようになってしまい、ライントラブルの原因となりやすくなります。 一方、ギチギチにラインを巻いてしまうと、今度はスプールに巻き付けた下のラインに対して、その上に巻いたラインが喰い込むようになってしまい、仕掛けを投げた時に飛距離が出にくくなってしまうのです。 よって、心もちややテンションをかけてラインを巻くことによって、ライントラブルや飛距離の低下を防ぐことが出来るという訳ですね。 最後に ということで、今回は自分でスピニングリールのスプールにラインを巻く時の注意点についてお話をしてきましたが、通売でラインを買った場合でも、自分でスプールにラインを巻くのがどうしても不安だという場合は、思い切ってリールとラインを近所の釣具屋さんに持っていって「ラインを巻いてください」とお願いしちゃいましょう。 その釣具屋さんで買ったリールやラインでなければ、手数料を取られることになると思いますが、折角買ったリールやラインを適切に使えることの方が大事だと僕は思います。 とはいえ、何事も自分でやってみないとなかなか分からないことが多いので、もしよろしければ、自分でリールにラインを巻いてみることにチャレンジしてもらうと、より一層釣りという趣味を楽しんでもらえるかな、とも思います。 その時には、下記の過去記事もご参照いただければ幸いです。

次の

【原因は?】ベイトリールのスプール内部でのライントラブル解決方法&対策を大公開【オシアジガー】

スプール 巻き 方

セロテープを短く切り、糸をスプールに止めます。 そのまま2〜3回ハンドルを巻くと、糸がスプールに巻き付きます。 糸の端を再びレベルワインダーに通して、ユニノットで結びます。 ギュッと締めれば、糸が締まってスプールにしっかりと止まります。 ハンドルで巻く 最初の5〜6回はハンドルをゆっくり回して、しっかりと糸をスプールに巻き付けるようにします。 その後はハンドルを一定のスピードで回すと、きれいに糸が巻けます。 この時ドラグは、強く締めておきましょう。 スプールの両端に注意 レベルワインダーが端に来たら、リールを少しだけ反対側に傾けます。 糸巻き終了 糸の量の目安は、回転するスプール径(エッジ)のギリギリに収まる程度です。 これ以上巻き過ぎると、スプールの回転に支障を来すので注意。 糸巻き作業は二人で! 市販の糸のスプールに棒(ペンやドライバ-でOK)を差し、指で軽く押さえて糸の張りを調整します。 (軍手や革グローブをはめましょう)。 一人で行う場合は足の指で押さえるなど、熟練のテクニックが必要! 初心者は誰かに手伝ってもらうといいでしょう。 リールには糸が出て行く方向があります。 糸を均等に巻き取るための機構(レベルワインダー)がある方を、前向きにして竿にセットします。 また、リールには右利き&左効きがあるので、買うとき(借りるとき)は注意しましょう。 船の小物竿と小型両軸リールの組み合わせ。 軽いので一日中手持ちでも疲れないのが魅力です。 リールシートにセットし、グリップを回して固定する。 しっかりきっちり締めないと、釣っている最中に外れてしまうので要注意! リールのレベルワインダー(糸を均等に巻き取るための機構)のガイドに、糸を通します。 竿のガイドに糸を通します。 スプール(糸を巻くところ)をフリーにして、ゆっくりと糸をのばすのがポイント! ハイ、セット完了。 この後は糸の先に、スナップ付ヨリモドシ(糸と仕掛けをつなぐための小物)を結びます。 ページ:|.

次の

リールのスプールに新しい糸(PEライン)を巻く~釣行中のトラブルを減らすやり方/釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸

スプール 巻き 方

板型では仕掛けの折り返し点でどうしても クセが強くついてしまいがち。 特にハリスの長いメバル仕掛けやサビキ仕掛けをはじめとした船仕掛けにおいては不利な場合があります。 しかし、スプール型では折り返しがないので、仕掛けが折れるということがありません。 仕掛けに 折りグセをつけたくない場合は有効です。 釣りの種類によりますが、長い仕掛けであると全長20mを超えるようなものもあります。 1スプールにつき1つの仕掛けを収納するので、長い仕掛けでも他の仕掛けと干渉して絡まるということがありませんね。 スプール型の容量にもよりますが、釣りに合わせて好みの仕掛け巻きを選択して下さい。 どちらかといえば、仕掛けにこだわりがある人や船釣り師がよく使う印象があります。 長方形の「板型」の特徴 こちらはシンプルな 板型。 使い方は基本的にスプール型と同様に、巻き始め(針部分)から巻き終わり(サルカンなど)をツメに引っ掛けるものや、その逆のものなど様々。 いずれも特に巻き方にはルールはないでしょう。 先述のように折れグセが付くといったウィークポイントもありますが、もちろんメリットもあります。 市販されている仕掛けを思い出してみてください。 例としてキス仕掛け。 このような仕掛けの台紙が長方形の板型なのです。 複数の仕掛けをまとめることで 省スペースにも貢献できるのではないでしょうか。 また、もつれにくいという点はスプール型よりも優れていると個人的に感じます。 堤防釣りの仕掛けや投げ釣り仕掛けなどに多用しますので、短い仕掛けをまとめて扱うのにちょうどいいと思います。 コンパクトでタックルケースにも収まりがいいので 手軽に使うならこちらがオススメです。 さて続いて、6種類の仕掛け巻きの紹介に移りましょう。 リンク 裏面の説明書きも丁寧なので何を買えばわからない場合はこれが使いやすいかと思います。 第一精工「スプールシート」で柔軟に収納 次は薄めのスプール型。 第一精工 「スプールシート」 スプール自体に厚みがなくコンパクトです。 様々な使い方ができるのが特徴的なこのスプール。 基本は切り込みが入ったしゃもじ状のツメを全て起こしてからそこに仕掛けを巻いていきます。 非常にシンプルな作りですね。 外周のツメには幹糸、 内周のツメにはエダを巻きます。 また「カット線」と書かれているところで切って使えば内周のみ使用できるとのこと。 先ほど同様、仕掛けのスペックの書き込みも可能です。 どのような仕掛けも収納できるかと思います。 イカ仕掛けはタナカ産業「まきたろう」が便利 次の板型仕掛け巻きはスポンジ部分が両面にあります。 タナカ産業 「まきたろう」 こちらはイカ釣りの スッテを収納するのに便利な仕掛け巻き。 カンナはどのポジションにも刺さるのでフレキシブルな仕様といってもいいでしょう。 また、こちらは巻き始めがサルカン部分にあたります。 説明によると 船べりに固定してスッテをキープすることも可能とのこと。 2種類の使い方ができるのも魅力的ですね。 もちろん、スッテ以外にも使用できるので様々釣り方に対応できる印象を持っています。 小物系はオオネ工業「SHIKAKEMAKI150」でまとめよう ラストはこちら。 オオネ工業 「SHIKAKEMAKI150」 小さめの作りになっており少しハード気味な青いスポンジが内側に採用されています。 サルカンから巻き始めますが、スリットについて 「糸に優しい」を謳い文句にしているので、気になる方はこちらで仕掛けを巻いてみてもいいと思います。 スポンジ部分が少し周りのプラスチック部分よりも深くなっているので、ガン玉などがついた仕掛けの収納にも困りません。 イメージとしてはのべ竿で楽しむ川釣りなどの仕掛けにちょうどいい印象です。 仕掛け巻き6種まとめ 今回紹介した仕掛け巻きをまとめてみます。 ・ヤマシタ「仕掛巻き上手」 ・第一精工「スプールシート」 ・メイホウ「ちびまる」 ・メイホウ「ニュー仕掛け巻き」 ・タナカ産業「まきたろう」 ・オオネ工業「SHIKAKEMAKI150」 どの仕掛け巻きにも特徴やメリットデメリットがあります。 ご自身の釣りのスタイルに合ったものを選ぶとよいでしょう。 代用・自作も可。 用途に合わせて選択を スピール型・板型の2種類を軸に個人的にオススメな仕掛け巻きを6種類紹介させていただきました。 船釣りから堤防釣りなど世の中の釣り仕掛けには様々な種類があります。 保管する場合や作る仕掛けのスペックにあったものや使いやすいものを選んで買ってみて下さい。 また、単純な構造のものも多いので市販品で満足いかないという方は 自作や代用品で対応するのもいいでしょう。 ご閲覧ありがとうございました。

次の