喪中ハガキ どこまでの親族。 喪中はがきとは?出す時期はいつ?親族の範囲はどこまで?

喪中の範囲は2親等まで│喪中となる続柄と控えるべき行事

喪中ハガキ どこまでの親族

喪中の範囲はどこまで?何親等まで喪中はがきを出す必要があるの? 親類が亡くなった場合は、服喪期間に入り、喪中はがきを出すことになりますが、「喪中の範囲はどこまでなのか?」迷う人も多いと思います。 喪中はがきを出す範囲は、2親等まで 喪中はがきは自分(または配偶者)から見て2親等までは出すのが一般的です。 2親等の範囲は、以下の表の通りです。 本人(差出人)から見た関係 続柄の表記例 2親等 兄弟、姉妹 兄、姉、弟、妹、長兄、次兄、次男、末弟、長姉、次姉、次妹、末妹 孫 孫、孫息子、孫娘 父母の親(祖父母) 祖父、祖母 兄弟、姉妹の配偶者 兄、姉、弟、妹、義姉、義兄、義妹、義弟 配偶者の兄弟、姉妹 兄、姉、弟、妹、義兄、義姉、義弟、義妹 配偶者の父母の親 祖父、祖母 おじさん、おばさん、甥、姪、ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんは3親等になりますので、特に喪中はがきを出さなくても良いです。 しかし、心情的に喪に服したいという人もいると思いますので、本人の考え方次第です。 喪中はがきを出したいと思えば、出しても問題ありません。 親等を考えるときに気をつけることは、自分も配偶者も同じ0親等ということです。 つまり、実の両親であっても、義理の両親であっても、同じ1親等になります。 よく、「配偶者の親が亡くなった場合はどうするのか?」という質問を頂きますが、自分の実親と同じですので、喪中になります。 服喪期間はどのくらい? さて、親類が亡くなった場合の服喪期間ですが、以下の表のとおりです。 続柄 忌日数 服(喪)日数 父母 50日 13カ月 養父母 30日 150日 夫 30日 13カ月 妻 20日 90日 嫡子(息子) 20日 90日 その他の子(娘) 10日 90日 養子 10日 30日 兄弟姉妹 20日 90日 祖父母(父方) 30日 150日 祖父母(母方) 30日 90日 おじ・おば 20日 90日 夫の父母 30日 150日 妻の父母 なし なし 曾祖父母 20日 90日 服喪期間の取り決めは、現在の法律では定められていません。 上記の表は、明治時代の太政官布告によるもので、昭和22年に撤廃されていますが、その時の慣習がまだ残っていると言えるでしょう。 夫が13ヶ月で、妻が90日というのは、当時の男尊女卑に基づく考え方なんでしょうが、今の時代ではまったくナンセンスかと思います。 ですので、上記の表にとらわれる必要はなく、 亡くなって1年を服喪期間と考えれば問題無いかと思います。 つまり、その年の内に親類が亡くなった場合は、1年間は服喪期間になりますので、11月頃には喪中はがきを出すということを覚えていれば問題ありません。 喪中はがきを出す時期は? 喪中はがきを出す時期は、11月中旬〜下旬が良いでしょう。 年賀はがきが発売されるまでに喪中はがきを相手に届けるようにしないと、相手は年賀状を用意して書き始めてしまいますので、迷惑をかける事になります。 ただ、12月中旬以降に親類が亡くなる場合もあります。 その時はあえて喪中はがきを出さずに、年が明けて松の内の期間内(元日〜1月7日)に、寒中見舞いとして、喪中のため年始のご挨拶を遠慮した旨をしたためれば大丈夫です。

次の

喪中ってどこまで?年賀状を出さない範囲は?

喪中ハガキ どこまでの親族

スポンサーリンク 年賀状を喪中欠礼するべき範囲は? 現在一般論としてよく言われているのは、 2親等までの親族が亡くなった場合には年賀を欠礼し、 喪中はがきを出すということです。 親兄弟が亡くなって出さないという人はそうそういませんが、 祖父母は別居だった場合は出さない人も多いです。 しかし喪中はがきとは本来、 身内を失った悲しみからとてもお祝いをする気持ちになれないので、 新年の挨拶を控えさせてもらいます、という意味で出すものです。 2親等だから悲しい、3親等だから悲しくないとか、 同居していたから悲しい、別居だったから悲しくないとか、 そんなことではありませんよね。 したがって最終的にはやはり、 ご本人の気持ちや考え方しだいということなのです。 しかし現実的には世間体も無視はできませんから、 そういった意味を考えて出すものなのかどうか迷われた場合には、 機械的に2親等の方までという基準で判断して差し支えないでしょう。 年賀状を喪中欠礼する範囲は叔父叔母の場合は非常識? 叔父や叔母の方や従兄弟など、 一般的には喪中はがきを出さない親族が亡くなった場合、 喪中はがきを出して年賀欠礼をするのは非常識なのでしょうか。 ちなみに叔父や叔母、従兄弟は3親等にあたりますので、 一般的に喪中はがきを出す範囲と言われる2親等より遠い親戚になります。 しかし、生前とてもよくしてもらっていたり、 兄弟同然に仲良くしていたなど親兄弟同様の悲しみを感じる 関係であったという場合もありますよね。 先ほども書きましたが、 その悲しみは何親等かなど関係ないものです。 また一般的に考えても叔父叔母や従兄弟などは 身近にいるのがそんなに珍しいことではありませんし、 普段から親しい付き合いであったことを客観的に想像しやすい関係です。 したがって、 叔父、叔母、従兄弟が亡くなったときに喪中はがきを出して 年賀を欠礼しても、一般的に非常識ではありません。 ちなみにもっと遠い親戚の場合は、 いくら実際に生前深く付き合っていて悲しい気持ちであるとしても、 その関係性を知らない人には非常識と思われてしまうかもしれません。 ですから 遠い親戚の不幸で喪中はがきを出す場合には、 喪中はがきには続柄や故人の名前などを記載せずに、 喪中で年賀を欠礼することだけ書くようにするといいでしょう。 スポンサーリンク 喪中はがきを出すべき範囲は? 喪中はがきはどこまでの範囲の方まで 出すべきなのでしょうか。 これは喪中はがきの意味を考えるとわかります。 この意味を、 身内の不幸自体、又は喪中であることをお知らせするものであると 思っている方がけっこう多いようですがそれは違います。 前述のことですが喪中はがきとは、 「身内を失った悲しみの中、今はお祝いをする気持ちになれないので、 勝手ながら新年の挨拶を控えさせていただきます」という内容です。 ようは、 「新年の挨拶ができずに礼を欠いてしまう」ことへのお詫び状であり、 身内の不幸などをお知らせするためのものではないんですね。 まして自身の喪中をアピールし、 「私は喪中です。 だから年賀状を送らないでくださいね」と、 受け取った相手に対してお願いや警告をするようなものでもありません。 ですからあくまでも自分が挨拶を遠慮するお詫びなので、 例年年賀状を交換している方や年始の挨拶に伺っている相手先には 全員に出すべきものなのです。 迷いやすい例として、 先に相手から喪中はがきを受け取っている方には出すのかどうか? ということがありますが、この場合にも出します。 ただし当然といえば当然ですが、 同じ身内の不幸で喪中になっている親族には、 お互い欠礼は当然のことなので出さないのが一般的です。 まとめ 簡単にまとめますと、 喪中で年賀を欠礼すべき範囲は、 一般的には2親等までの親族がなくなった場合である。 叔父や叔母、従兄弟が亡くなった場合でも、 喪中はがきを出して年賀を欠礼しても非常識ではない。 喪中はがきを出すときの相手先の範囲は、 例年年賀状を交換している方や年始の挨拶に伺っている相手先には 全て出すべきである。 いかがでしたでしょうか。

次の

喪中はがきを出す親族・身内の範囲と時期、祖母、祖父、義父、義兄?

喪中ハガキ どこまでの親族

「大切な人が亡くなって新年のお祝いをする気持ちになれないので、新年のおめでたい挨拶は遠慮させていただきます。 今年はお世話になりました。 来年もよろしくおねがいします」 という内容の年賀欠礼の挨拶です。 なので、普段年賀状を交換している方々全員に出します。 たまに、喪中ハガキは身内が亡くなったことをお知らせするハガキだとか、年賀状を送らないでね!という意味合いだと思っていらっしゃる方がいますが、そういう事ではないので注意して下さいね! あくまで、 「自分が」喪中だからおめでとうを言えなくてごめんね、という挨拶になります。 しかしながら、近年では喪中ハガキを貰ったらその相手には年賀状は出さないという風潮になっています。 喪中のハガキは上記のような内容なので、本当は年賀状を出しても問題ないんです。 でも、喪中のハガキを出したのに年賀状を送って来るなんて非常識!と思う方が多いので、 喪中ハガキを貰ったら年賀状は出さないのが普通となっています。 悲しみの中で喪に服しているのに、おめでとうというハガキに良い印象を持てないという方もいらっしゃいます。 ただ、逆にこちらからは出せませんが年賀状は楽しみに待っていますというご家族もいらっしゃいます。 しかし、中には親族での話し合いで「お互い喪中はがきは出さない事にしましょう」と決めるご家族もあります。 なので少し遠目の親戚には出しておくのが良いでしょうが、近しい親族の場合は直接お伺いを立てて決めるのが良いですね! 現に、私は嫁に出ていますが、私の父方の祖父が亡くなった時は実家の両親とは普段よく行き来している事もあり、話し合って喪中ハガキをお互い出しませんでした。 例年は年賀状は出しています。 年に数回しか会いませんが仲の良い叔父叔母やいとこには出しました。 勿論、葬儀には出席してくれましたので、うちが喪中であることは知っています。 参考になるかは分かりませんが、一例という事で参照いただければです。 喪中はがきを喪中の人に出す意味 喪中はがきが「年賀状を送らないでね」の意味合いであれば、喪中葉書を貰ったらこちらから喪中葉書を出す意味はなかったのでしょうが、もうしつこいくらい何回も言いますが挨拶状なのでこちらから送らない理由はないですよね。 こちらからも、 「うちも喪中で年始の挨拶が出来ないので、このハガキをもって挨拶とさせていただきますね」 くらいの気持ちで喪中ハガキを送るのが良いでしょう。 まとめ いかがでしたか?喪中ハガキの意味をちゃんと理解すると迷う事も少ないのですが、なにぶん、普段あまり出す機会がないと難しい所ですよね。

次の