つかさ 名前 漢字。 【男の子の名前・一文字編】珍しい・かっこいい漢字厳選一覧!

「司」という名前の意味や読み方!つかさの漢字の女の子と男の子の名前も紹介

つかさ 名前 漢字

【男の子の名前】一文字の漢字名付け・命名のポイント! 名前を一文字にしようと考えている人のため、最初に漢字名付けや命名のポイントについてご紹介します。 男の子の名前一文字に珍しい漢字を使って個性を出す 名前を一文字にした時、どうしても見た目がさっぱりしがちです。 印象に残りやすい個性的な漢字を使うことで、すぐに名前を覚えてもらえ相手にインパクトを与えることができます。 男の子の名前一文字にかっこいい漢字を使う 男の子の名前は基本的には一生変わることはありません。 名字とのバランスを考えた上で、男らしいかっこいい漢字を使うと大人になっても名前のようなかっこいい人間になります。 将来、社会にでて働き始めた時に胸を張ることの出来るかっこいい名前をつけて上げて下さい。 男の子の名前一文字に子供に対する思いや願いを込める 名前を一文字にしても、しっかりと子供の事を思い名前に願いを込めるとりっぱな男の子にすくすくと成長してくれます。 人は見た目じゃなく中身からと同じように、見た目じゃなくどれだけ考えて名付けたかで愛情の深さが変わってきます。 【男の子の名前・一文字編】かぶらない・珍しい漢字一覧! 他の男の子とは名前がかぶりたくないですよね?でも一文字の漢字は限られていると思うかも知れませんが、珍しい漢字もたくさんあります。 二音と三音でそれぞれ10選ご紹介します。 男の子の名前【一文字で二音読みの珍しい漢字10選】 ・王(おう) 王様のようになにか一つでも最高位まで達し、尊敬されるようにと願いを込めて。 ・杏(きょう) アンズの花や実のように、輝きしっかりとした身のある人にぴったりです。 ・郷(ごう) 故郷を大切にすし素朴で素直なイメージを与えます。 ・善(ぜん) 人が良い、善人。 とても良い印象を与える名前です。 ・泰(たい) 安泰で平穏な毎日を過ごせる名前ですね。 二文字でも人気の漢字です。 ・陸(りく) 壮大に広がる大地をイメージする名前です。 陸上が好きな人に多い名前です。 ・拳(けん) 拳を握る。 強いというイメージを与えるので男の子にぴったりですね。 格闘技をさせようと考えている人にはとっておきの名前です。 ・勉(べん) 勉強熱心だけではなく、そのほかの事も努力する名前と言われています。 ・千(かず・ゆき) 一よりも百、百よりも千。 人を多く愛し、愛されるそんなイメージです。 ・天(そら) 大空よりさらに上へと進みそうですね。 頂点に立つという願いを込めて。 男の子の名前【一文字で三音読みの珍しい漢字10選】 ・成(あきら、しげる) 読み方がかなり珍しいですが、最後まで成し遂げる我慢強いや責任感がある印象です。 ・恭(たかし) 男の子でも女の子でも愛されている漢字です。 礼儀正しく、謙虚な人になるようにと。 ・貫(とおる) しっかりと自分の意思を貫き通す信念を持ってほしいと願いを込めて。 ・偉(いさむ) 偉人。 とても優れているという意味の漢字です。 ・颯(はやて) 一気に駆け抜けて行きそうなかっこいい印象を与えます。 ・輔(たすく) よく「大輔」など二文字で使われることが多いですが、一文字でも素敵な名前です。 ・論(さだむ、さとし) 議論する。 とても話し上手になりそうですね。 ・躍(すすむ) 勢いよく飛び上がるように前に進む元気な名前です。 ・匡(きょう・ただし) 物静かだけど、正義感が強くいろんな人から頼りにされるイメージです。 ・丞(じょう・すすむ) 止め字で使われることが多いですが、名助っ人として人助けをするという意味のある漢字です。 【男の子の名前・一文字編】かっこいい漢字一覧! 男の子にはかっこいい漢字で名付けてあげたい!そんな方におすすめの一文字をご紹介します。 男の子の名前【一文字で二音読みのかっこいい漢字10選】 ・壮(そう) 「士」の部分は武士の意味があるので、強い子に育ってほしいと男にぴったりの漢字です。 ・玄(げん) プロフェッショナルという単語がぴったりな名前。 ・哲(てつ) 二文字でもよく使われますが、一文字でも人気の名前です。 哲学のように物事を深く考えることができる印象を与えられます。 ・迅(じん) 鳥のハヤブサをイメージして表された漢字です。 速くて強い印象を与えられます。 ・魁(かい) かしらを意味する漢字なので、リーダーになるようにと思いを込めて。 ・空(そら) 大空に羽ばたくように育ってほしいですね。 ・慶(けい) 「徳川慶喜」「弁慶」など歴史上の人物に多く使われている漢字です。 凛々しく勇ましい男の子にぴったりです。 ・有(ゆう) 有する、保つという意味を表すことからものに不自由しないという願いを込めて。 人気の漢字ですが、ナチュラルさを持つことができます。 ・知(とも) いろんな事を知っている。 知的な印象を与えます。 ・悠(はる) ゆったりとした雰囲気があります。 二文字でも読みが複数あり人気の漢字です。 男の子の名前【一文字で三音読みのかっこいい漢字10選】 ・司(つかさ) よく止め字として使用される「司」ですが、一文字でもかっこいい名前です。 ・亘(わたる) 誠実や信念という意味の他に、広くわたるということから世界に広くわたるという願いも込めたお名前です。 ・隆(たかし) 「りゅう」と読むこともできます。 芸能人の上川隆也さんや佐藤隆太さんなど男らしい人に多い印象です。 ・樹(いつき) 人気の名前ランキングにランクインする大人気の名前です。 一本の大きな樹木のようにしっかりと自立した大人になるようにと願いを込めて。 ・柊(しゅう) 柊は常緑樹なので一年中葉っぱがありますが、冬に白い小さな花を咲かせます。 冬に生まれた子におすすめです。 ・昴(すばる) 星座のアルデバラン(おうし座)を表す漢字です。 誰よりも輝くお名前です。 ・眞(まこと) まこと。 うそを付かずに正直ものの印象を与えます。 ・琉(りゅう) 沖縄の別称である琉球に使われている漢字なので南国が好きな方におすすめです。 琉璃という古代インドの宝石にも使われています。 ・航(わたる) 船で海を渡るように、世界中をわたりあるくグローバルをイメージさせるお名前です。 ・翼(つばさ) 大空をのびのびとかっこよく飛ぶ鳥のような印象を与える名前です。 【男の子の名前・一文字編】おすすめの画数! 男の子は結婚をしても名前が変わらない場合が多いので画数は一生もの。 ここでは、一文字で名付けるときのおすすめの画数を2種類ご紹介します。 男の子の名前で一文字なら「8画」がおすすめ! 8画はすくすくと順調に成長し、カラダもココロもしっかりと発達していく。 と健康に育つようにと願いを込めることができます。 ・岳(がく) 大きな山のようにスケールの大きな大人になるよう願いを込めて。 ・卓(すぐる・たく) 知的な印象を与えるお名前です。 ・明(あきら) 太陽のようにみんなを照らす明るい子をイメージするお名前です。 ・昇(のぼる) 上へとのぼって行く、向上心を忘れない男の子にぴったりです。 商売をする可能性がある子におすすめです。 ・歩(あゆむ) 一歩ずつしっかりと歩んで行き、すくすく育っていくのが思い浮かびますね。 男の子の名前で一文字なら「13画」がおすすめ! 13画はとにかく明るい子に育つ一方で、文科系も優れた才能を持ち合わせる画数です。 ・慎(しん) つつしむ、謙虚で真っ直ぐな男をイメージするお名前です。 ・蒼(あお・そう) 蒼い空、ブルーが第一に出てくるので、伸びやかに育ってほしいですね。 ・源(げん) 全ては源から始まり、中心的な存在になるような印象を与えます。 ・蓮(れん) 水の上に咲く「蓮の花」。 とても美しい花なので美少年になることを願って。 ・誠(まこと・せい) 誠実を感じる定番の漢字です。 二文字でも使われることも多い人気の漢字です。 男の子の名前【一文字編】の呼びやすいおすすめ10選! ・篤(あつし) 「竹」に「馬」と少し古風な名前ですが、人情が厚いという意味があります。 みんなから慕われるようになってほしいと思っている方におすすめです。 ・旬(しゅん) 物事のチャンスを見極めて、結果をだし実行力のある人になってほしいという願いがあります。 最近では芸能人の小栗旬さんのお名前でよく目にしますね。 ・翔(しょう) 翔ける、めぐる、鳥のように自由に飛んでいるのをイメージできる、男の子に人気の名前です。 ・隼(はやと) 鳥のようにスピードを感じる名前ですね。 俊敏な元気な印象を与えられます。 ・薫(かおる) 男女に人気の一文字名前です。 薫は癒しを周囲に与える存在という願いを込めて。 ・淳(じゅん) ありのまま、じゅんすいという意味の漢字なので汚れを知らずまっすぐ育ってほしいですね。 ・葵(あおい・まもる) 男女で人気のある名前です。 穏やかで品格のある人になってほしいと願いが込められます。 ・海(うみ・かい) 地球の7割を占めている海のように、壮大な心の広い人になるように。 ・陽(はる) ひだまりの様に温かい優しい大人になってほしいと思う人におすすめです。 ・塁(るい) 野球のベースを意味する漢字です。 野球が好きな人におすすめです。 男の子の名前の一文字の漢字は決まりましたか? 珍しい名前、かっこいい名前、呼びやすい名前どんな漢字を使うかはパパとママがしっかりと考えて素敵な名前をプレゼントしてあげると、子どもも喜んでくれます。 男の子の名前のおすすめの画数は8画と13画でした。 画数で子どもの人生が左右してしまうと考えた時少しでも幸運を願うのが親心ですよね。 もちろん名字との関係性も考える方もいると思いますが、健康面や内面への願いを込めてその子にぴったりな画数を探してみて下さい。

次の

【司】の意味は?名付けのポイントを徹底解説!

つかさ 名前 漢字

Contents• 男の子の人気の「名前」と「漢字」 まずは、こちらをご覧ください。 明治安田生命が1898年から毎年実施している名前ランキングの結果です。 そのランキングで、2014年の男の子の名前の漢字で人気だったベスト10の漢字がこれです! 漢字 順位 前年順位 太 1位 1位 翔 2位 2位 大 3位 3位 陽 4位 6位 斗 5位 4位 悠 6位 7位 真 7位 5位 人 8位 8位 琉 8位 10位 馬 10位 49位 そして続いては、2014年の男の子名前ランキングです。 男の子の名前 2014人気ベスト10 順位 名前 1位 蓮 2位 大翔 3位 大翔 4位 陽太 5位 悠真 6位 湊 6位 悠人 6位 陸 6位 駿 10位 朝陽 人気ベスト10の名前の中に 一文字漢字の名前が4つも入っています! この一文字名前は、の子の名前だけでなく、女の子の名前でも人気が上がってきていて男女共通での傾向といえます。 この、「一文字の名前」の特徴としては、 音の響きや、漢字の意味が、より強調されるところにあります。 たった一文字でも漢字から浮かぶイメージや同じ漢字でも読み方によっては古風に感じたり、かっこよく感じたりと印象がだいぶ変わってきます。 やさしい印象を与える男の子の一文字名前 優しい印象を与える名前を考える際に、最も重要になってくるのは、第三者が名前の漢字を見たときに、優しい印象を感じるかどうかになります。 優しいでも使われる「優」の字は、誰が見ても優しさを想像しますし、「和」という漢字は、「なごむ」という意味合いから、やはり優しさを感じやすいですよね。 優しいという言葉をもっと広げていくと、「大らか」や「温かみのある」と言った言葉も、優しさを感じやすい言葉。 「大」という字は、文字通りの意味になりますし、温かみのある漢字でいえば、例えば太陽を連想させる漢字や、春を連想させる漢字など、名前を見た人が温かみを感じやすいものであれば、自然と優しさを感じやすいのではないでしょうか。 ・優(ゆう・すぐる) ・光(ひかる) ・和(やまと) ・暖(はる) ・陽(よう・あさひ) ・泉(いずみ) ・純(じゅん) ・悠(ゆう・はるか) ・航(わたる) ・友(ゆう・とも) ・恵(めぐむ・けい) ・慈(しげる・いつく) ・満(みつる) ・空(そら) ・朋(とも) ・大(ひろ) ・旭(あさひ) ・佑(たすく) ・聡(さとし・そう) ・望(のぞむ) 古風な印象を与える男の子の一文字名前 古風というと、昔ながらの・・といったイメージを巡らせてしまいがちですが、決してそんなことはありません。 言い方を変えると、由緒ある名前ともなりますし、日本の伝統的な漢字を使うことによって、かっこよさや誠実さなど、第三者に与えるイメージは良くなる傾向にあります。 例えば、古風な印象を与える名前で「誠」という漢字があります。 「まこと」とも読みますし「せい」とも読むこの漢字を使った言葉には、誠実や誠意など、嘘や偽りのない様を表しますよね。 古くから使われている漢字なので、人は自然とその漢字の意味を覚え、その漢字が入っている名前=誠実な人に違いない、と思ってしまうのです。 少々硬いイメージと捉えがちですが、信念を持って人生を歩んで欲しいとか、着実に進んでいって欲しいという願いを込めるのには、向いている名前がとても多い印象があります。 ・歩(あゆむ) ・敦(あつし) ・健(けん・たける) ・悟(さとる) ・匠(たくみ) ・誠(せい・まこと) ・慶(けい) ・雅(みやび) ・武(たけし) ・仁(じん) ・陸(りく) ・昇(のぼる) ・和(やまと) ・護(まもる) ・賢(けん) ・寿(ひさし) ・譲(ゆずる) ・徹(とおる) ・龍(りゅう) ・理(おさむ) 中性的な印象を与える男の子の一文字名前 中性的な名前は、男の子にも女の子にも使える名前をさします。 しっかりとした男らしい印象を与えつつ、柔らかな女性的な印象も与えることができます。 中性的な名前で真っ先に上がるのが「翼」。 「つばさ」は、男の子に付けた場合大空を自由に力強く羽ばたく印象がありますが、女の子に付けた場合は、力強さというよりも軽やかな印象を抱きますよね。 つまり、中性的な名前は、どちらにつけてもおかしくない漢字でありながら、性別によって微妙に意味合いが異なってくるということ。 その点を上手に使えば、素敵な名前が誕生するような気がしますよね。 今では外国への行き来が自由になり、国際的に羽ばたいていく日本人も増えています。 世界に羽ばたくことをイメージした名前も良いかもしれませんね。 ・翼(つばさ) ・聖(ひじり) ・累(るい) ・景(けい) ・瑞(みずき) ・蛍(ほたる) ・晶(あきら) ・碧(あおい) ・渚(なぎさ) ・淳(じゅん) ・輝(ひかる) ・結(ゆう・ゆい) ・真(まこと) ・薫(かおる) ・司(つかさ) ・涼(りょう) ・楓(かえで) ・尚(なお) ・希(のぞみ) ・晴(はる) かわいい印象を与える男の子の一文字名前 男の子が可愛らしい名前を付けることで得られる効果は優しい印象の名前と似ていて、可愛らしい印象を与える漢字を使った名前は、相手を安心させる効果がありますよね。 響きが可愛らしい響きもまた、相手に安心感を与えますし、親しみを持ってもらいやすくなります。 しかし、可愛らしい名前は、誰からも愛されることは間違いありませんが、あまりにも可愛らしすぎるのは考えもの。 その子が一生、付けてもらった名前を背負っていけるように、男の子であることも意識した名前をつけるようにしましょうね。 ・星(せい) ・天(てん) ・柚(ゆず) ・心(こころ) ・静(しずか) ・遙(はるか) ・環(かん) ・紡(つむぐ) ・凜(りん) ・滴(しずく) ・円(まどか) ・詞(うた) ・陽(はる) ・宙(そら) ・獅(れお) ・咲(さく) ・歩(あゆむ) ・岬(みさき) ・皐(さつき) ・珀(はく) おしゃれな印象を与える男の子の一文字名前 おしゃれな印象を与える名前には、近代的なイメージが連想されるものや、外国風なイメージのものなどがあります。 最近では、漢字とは別な読み方をさせることでおしゃれな印象を与える名前も。 こちらも注意すべき点として、あまりにも凝った名前にしてしまうと読めない場合があります。 人に広く覚えてもらい、愛されるのが新の目的である訳で、子供の未来を最優先に考えて名前を付けるべきです。 子供が愛着を感じられる名前で、皆に愛されるおしゃれな名前をつけてあげるようにしましょうね。 ・天(そら) ・永(はるか) ・究(きわめ) ・凱(がい) ・魁(かい) ・劉(りゅう) ・光(らいと) ・虎(たいが) ・昴(すばる) ・基(もとい) ・麗(あきら) ・弦(ゆずる) ・遼(りょう) ・煌(こう) ・柊(しゅう) ・縁(えにし) ・丈(じょう) ・岳(がく) ・郷(ごう) ・誉(ほまれ) 珍しい印象を与える男の子の一文字名前 珍しい名前は印象に残りやすく、早く名前を覚えてもらえるメリットがあります。 普段使う漢字でも、名前にすることがなかった漢字や、響きが珍しいパターンなどさまざま。 しかし、名前に込められている願いはしっかりしていて、納得がいくものが多い印象です。 例えば、「雄」という字を使った名前、「ゆう」。 ゆうという名前は、「悠」や「友」などを使う名前が多く、雄を使うのは珍しいかもしれません。 丸く穏やかに、円満な人生を歩んで欲しいという願いを込めて付けられることの多い「まどか」という名前も、「円」という字を使うことが多いですが、旧字の圓とすると、珍しい上に、知的さも感じますよね。 ・雄(ゆう) ・諄(まこと) ・謙(ゆずる) ・叶(きょう) ・絢(けん) ・琳(りん) ・黎(れい) ・耀(よう) ・璃(あきら) ・極(きわむ) ・誉(ほまれ) ・廻(めぐる) ・椛(もみじ) ・潮(うしお) ・菖(しょう) ・倭(やまと) ・尊(みこと) ・巽(たつみ) ・要(かなめ) ・丞(たすく) 個性的な印象を与える男の子の一文字名前 個性的な名前もまた、覚えてもらいやすいのがメリットとなります。 どんな人間になってもらいたいかなどの願いをダイレクトに込めることもでき、既成概念に捕らわれないで名前を付けることができますよね。 やはりこの手の名前も、子供が一生その名前を背負っていけるかを、しっかりと考える必要があります。 あまりにも個性的な名前を付けた結果、子供が大きくなってから結局改名したという事例も少なくないようです。 名前が原因で、言われ無き仕打ちを受けることも報告されていますので、くれぐれも慎重に名前を付けてあげて下さいね。 ・宙(こすも) ・恩(めぐむ) ・玄(はじめ) ・袖(つむぎ) ・証(あかし) ・鐘(あつむ) ・浬(かいり) ・朔(さく) ・傑(すぐる) ・陸(だいち) ・輝(てるき) ・睦(むつみ) ・流(ながれ) ・棗(なつめ) ・錦(にしき) ・聖(ひじり) ・畔(ほとり) ・澪(みお) ・力(ちから) ・湧(わく) 最近人気の一文字名前5つとその意味 ここでは、最近人気のある一文字名前をピックアップし、その意味を見ていきます。 海 海は、「かい」「うみ」などと呼ばせることが多いようです。 広く大きな海のように、周りの人を大きく包み込み、広い心を持って育って欲しいという意味が込められています。 愛情深い子に育って欲しいという、パパとママの願いが込められているのでしょうね。 なお、パパやママが海が好き、若しくは海に関わる仕事をしている人が名付けることが多いようです。 空 空は、「そら」「くう」「こう」などと呼ばせることが多いようです。 空もまた、海と同じく自然の中のもので、大きく無限に広がっていますよね。 そのことから、大らかな子供に育って欲しいという願いや、空には境界線がないことから、人を差別することなく、広い視野を持って欲しいという意味も込められているようです。 青く澄んだ爽やかなイメージを与えるので、近年、男の子の名前で人気の高い漢字になっています。 月 月は、「あかり」「らいと」など、一歩先の意味合いで呼ばせることが多いようです。 暗闇を優しく照らし、常に穏やかなイメージがあるので、誰にでも優しく思いやる心を持って欲しいという意味があるようです。 また、月は神秘的なイメージがあり、満ち欠けのサイクルがあることから、変化に負けない強さを持って欲しいという願いを込める場合もあるようです。 白 白は、「あきら」や「きよし」など、連想させる呼び方にする場合が多いようですが、最近では「はく」とそのまま読ませることも。 白は、純真無垢や純粋など、汚れのないイメージの象徴であり、色の中でも一番明るい色味。 そのため、清く正しく人生を歩んで欲しいという意味があり、自分の考えをはっきりと言える、明朗活発な子になるように願いを込めることが多いようです。 和 和は、「なごむ」や「やまと」などと呼ばせていることが多いようです。 平和や和みなどの意味が強く、和風や和食などから日本的なイメージもあります。 心優しく穏やかに育って欲しいという願いや、落ち着きをもって人々を和ませ愛される存在になって欲しいという願いを込めて、名付けられるようです。 まとめ 漢字一文字の名前は、 視覚にすっと入り、印象に残るインパクトがあります。 音の響きも強調されやすく、相手に自分を表現しやすいのも魅力と言えるのではないでしょうか。 一文字名前は二音のものが多いですが、中には三音のものもあり、イメージを広げて読ませることも可能です。 そんなこともあり、あえて、50音順ではなくバラバラに紹介しています。

次の

双子の名前(男&男)を101個集めてみた

つかさ 名前 漢字

「司」の意味や由来は? 「司」には 「役人」「官職、公務」「役所」などの意味があり、これらをまとめて「つかさ」という言葉で表します。 また、「つかさどる」と動詞の意味でも使われ、 「職務(あるいは責任者)として行う、管理する」などを表しています。 「会の進行を管理する人」を指す「司会者」という言葉もここからきています。 この漢字の成り立ちには諸説ありますが、「司」の「口」の部分とそれ以外のアルファベットの「F」を反転させたような部分、どちらも「器」の形を表すことに由来するといわれます。 その器を用いて「神や祖先をまつる祭典」を行ったといわれ、それに従事する人々を「司」と呼ぶようになりました。 余談ですが、「つかさ」という言葉の語源は「つみ重なる」か、あるいは「つちかさ(土かさ)」だといわれ、「小高い場所」から指示を出す人を日本では「つかさ」と呼ぶようになったといわれています。 「司(ツカサ)」は男の子の名前?それとも女の子? 「司」は、 「ツカサ」の一文字名前が男の子、女の子どちらの名前にも使われます。 ただ、もともとは男性の名前としての印象が強かったようで、その後、少しずつ女性の名前にも使われるようになりました。 そのため、女の子の場合は「司紗(ツカサ)」のように、女性らしい一字を組み合わせて性別を表現することも増えているようです。 また、音読みの「シ」「ジ」の響きで男の子なら敦司(アツシ)や和司(カズシ)、健司(ケンジ)、晃司(コウジ)など、女の子なら司織(シオリ)や司穂(シホ)、司絵(シエ)などの名前も考えられます。 【「シ」「ジ」の響きをもつ漢字】 「」「詩」「」「」など 「司」はみんなから頼られる存在 「司」には「管理する」の意味から「(人の上に立って)物事を先導する」様子を連想し、 「リーダーシップがある」「責任感」などのイメージがあります。 たとえば、スポーツのサッカーでは「司令塔」と呼ばれるポジションがあり、刻々と変化する状況を見極め、試合全体のペースを把握し、時に決定的なパスを出す選手を指しています。 「判断力に優れている」「全体を調和させる」と具体的な能力をイメージすることもできますね。 ここから、 「頼り甲斐のある人に成長してほしい」「リーダーとしての気質をもった子になってほしい」「より良い判断を常に導きだせる子に」と願いを込められます。 また、「つかさ」という言葉の由来である「高いところから指示を出す」様子は、「全体を見渡す」「視野が広い」と言い換えることができるので、 「心配りができる子になってほしい」と表現することもできます。 古くから名前に使われていたこともあり、落ち着いた印象も受ける「司」。 イメージを膨らませて素敵な願いの込もった名前を赤ちゃんに贈ってあげてくださいね。 【組み合わせて使われる漢字】 司(カズシ) 司(ケンジ) 司(コウジ) 司(シンジ) 司(セイジ) など 司(シオリ) 司(シホ) 司(シホ) など.

次の