ギリアド サイエンシズ 株価。 ギリアド・サイエンシズ(GILD)

米国株:銘柄情報 ギリアド.サイエンシズ

ギリアド サイエンシズ 株価

ギリアド・サイエンシズは抗インフルエンザ薬タミフルの開発会社として有名だった。 しかしここ最近は超高額でニセモノまで出回ってしまったC型肝炎特効薬ハーボニーで一発当てた製薬会社として有名。 強い副作用も少なく数多の患者さんを救ってきた。 患者も医師もギリアドも株主もみんながハッピー。 上昇し続けるギリアド株をみんなで見上げて毎日がお祭り騒ぎ。 だがどんな祭りにも終わりはやってくる 概要(2018年) 企業名:Gilead Sciences 上場取引所:NASDAQ ティッカー:GILD 創業:1987年 CEO:ダニエル・オデイ 本社所在地:カリフォルニア州フォスターシティ ギリアド・サイエンシズの歴史 1987年:医師でMBA持ちのMichael L. Riordanが29歳の時にギリアド・サイエンシズを設立。 (Michael L. Riordan) Michael L. Riordanはワシントン大学で生物学を専攻。 大学から奨学金を得てフィリピンへ留学し一年間診療所で働く。 その時にデング熱などウイルス性疾患に対する発展途上国の現状を知る。 その後に名門ジョンズ・ホプキンズ大学医学部に入学・卒業し医師になり更にハーバードでMBAを取得。 手に入れたMBAを携えてカリフォルニアのベンチャーファンドMenlo Venturesに入社。 そして製薬会社を設立するために自身が在籍したファンドから200万ドルの運転資金を調達。 その200万ドルを運転資金にサンフランシスコの小さな研究室で6人の従業と共にギリアド・サイエンシズを設立 1989年:ベンチャーキャピタルから1000万ドルを調達 1990年:後に買収するNeXstar Pharmaceuticalsのポリエン系抗生物質アムビゾーム(一般名:アムホテリシンB)が欧州で承認取得 この薬は2018年までコンスタントに3億ドルを毎年売上げている。 薬効成分アムホテリシンBを脂質のリポソームで包んで腎毒性を軽減している。 1991年:プライベートエクイティファイナンスで2000万ドルを調達 1992年:Nasdaqで新規株式公開し8625万ドルを調達 1996年:サイトメガロウイルス網膜炎治療薬Vistide(一般名:シドフォビル)がFDA承認 ギリアド・サイエンシズが開発した初めてのFDA認可薬でAIDS患者におけるCMV網膜炎の治療に。 1996年:タミフルのライセンスを に供与しロイヤリティ収入を得る契約を結ぶ 1999年:抗インフルエンザ薬タミフル(一般名:オセルタミビル)承認 1999年:NeXstar Pharmaceuticalsを買収しアムビゾームを手に入れる 2001年:抗HIV薬ビリアードが承認 2002年:B型肝炎治療薬ヘプセラが承認 2004年:抗HIV薬ツルバダが承認 HIV感染の予防にも効果がある。 2006年:抗HIV薬アトリプラが承認 と塩野義製薬のトリーメクがライバル 2007年:肺高血圧治療薬ヴォリブリス(一般名:アンブリセンタン)承認 トラクリアは1日2回服用だがヴォリブリスは1日1回服用が可能 2012年:ファーマセットを110億ドルで買収してソフォスビル(後のソバルディ、ハーボニー)を手に入れる。 ギリアド・サイエンシズの営業利益 [単位:100万ドル] 営業利益は2013年比で一気に3倍に爆発へ。 ギリアド・サイエンシズの純利益 [単位:100万ドル] 2015年の純利益は180億ドルで製薬会社世界一となるが患者さんが治ってしまい薬が使われなくなり祭りは3年で終わりを迎えた。 株価推移(1999年~2019年) こうしてみるとファーマセットを110億ドルで買収したのは見事としか言いようがない。 現在のギリアド・サイエンシズの主力薬はハーボニーではなく抗HIV治療薬。 概要(2018年)ギリアド・サイエンシズの株主構成 TOP10株主 株式数 比率 The Vanguard Group, Inc. 95,194,616 7. Global Investors 69,854,968 5. 56,015,307 4. 17,555,088 1. 16,606,713 1. Rowe Price Associates, Inc. 14,549,656 1. International Investors 13,751,442 1. を出したので見通しは明るい。 リウマチだけでなく免疫が関係するクローン病等でも試験中。 リウマチはハーボニーとは違い毎日継続して服用する薬なので安定的な売り上げが見込める。 売上トップ5(2018年) 1位:ゲンボイヤ【46. 2億ドル】 抗HIV治療薬:スタリビルドに入っているTDFをTAFに変更し少量で同薬効 2位:ツルバダ【29. 9億ドル】 抗HIV治療薬:毎年3000億円を稼ぐギリアドのNo2だが既に欧州では特許が切れている 3位:エプクルーサ【19. 6億ドル】 C型肝炎治療薬:非代償性肝硬変に適応あり 4位:オデフシィ【15. 9億ドル】 抗HIV治療薬: 子会社のヤンセンと共同開発 5位:デシコビ【15. 2015年は2つ合計で190億ドルを売り上げた。 その時に株価は過去最高値を記録した。 ギリアドの株さえ買っておけば間違いないと投資資金が殺到。 だが患者さんを完治させてしまうと薬を飲む患者数が急激に減少し売上は急降下。 から安い同薬効のマヴィレットも販売され既にギリアドの主力薬では無くなっている。 独り言 ギリアドの2大領域であるHIVと肝炎 その2つは現在対照的な先行きとなってる。 HIV治療薬の見通しは明るい。 これまでギリアドを支えてきたアトリプラとツルバダはもう特許が切れるが代わりにビクタルビがこれから急成長するのでHIVフランチャイズとしてマイナスは無い。 そして開発パイプラインに更に期待できる抗HIV治療がある。 現在のHIV治療薬は1日1回タイプがメイン。 まだ長期間作用型の薬は無い。 もし長時間作用型のGS-6207が成功したら抗HIV治療においてギリアドの存在感は圧倒的なものになる。 ギリアドという企業はタミフルの企業でなくC型肝炎治療薬ハーボニーの企業でもなくHIV治療薬の企業。 HIV薬が安定している限り経営に不安は無い。 日本ではこれまでJT子会社の鳥居薬品に委託していたがこれからはギリアドが直販体制となり益々抗HIV治療薬分野に力を入れている。 そんな好調なHIV事業とは対照的にC肝炎ウイルス治療薬分野は厳しい C型肝炎治療薬ソバルディとハーボニーのソホスブビルファミリーは既に対象患者さんが大方治ってしまって売上は激減。 人類にとっては勝利だがギリアド株主にとっては先行きが不安。 エプクルーサも売上はピークアウトしている。 だがしかし・・・ 特効薬ハーボニーの祭は終わったがC型肝炎治療において人類の医学は大きく進歩した。 極論を言えば全ての病人を治してしまったら薬も医者も薬剤師も必要無くなる。 製薬業界で働いている人にとっては不運だことだが世の中の大多数にとっては幸運。 ギリアド・サイエンシズ株は3年で半減してしまったがそれは肝炎が完治し薬を服用する必要が無くなったという証左。

次の

ギリアド サイエンシズの株価 反発の兆しが見えてきました。

ギリアド サイエンシズ 株価

エイズ治療薬の世界最大手 Gilead Sciences 【ティッカー:GILD】【セクター:ヘルスケア】 1987年に設立 決算12月 世界第2位のバイオ医療品メーカー。 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)やC型肝炎などが事業領域です。 インフルエンザ予防薬のタミフルも製薬会社のRoche社と共同開発しました。 さらに、ーボニが14年に承認、16年にはエプクルサが承認されました。 ただし、他社との競合や薬価の値下げ圧力をうけて市場は厳しい状況です。 5億ドル。 68ドルで市場予想の1. 57ドルより強い。 1%増の55億ドルで市場予想の54億ドルより強い。 目標株価・配当利回り:基準日2020年6月24日 株価 PER 配当利回り 75. 93$ 14. 1倍 3. 0$ 15. 2%(16. 9%) ・目標株価はアナリスト等が提示するものを、任意抽出して平均・最頻値から勘案。 ・配当利回りは直近配当から計算しており、今後を保証するものではありません。 ・個別株のデータは情報提供が目的で、売買を推奨するものではありません。 ・いずれも独自考察・調査の為、正確性は保証されていません。 過去の実績データ 年度 売上高(100万$) 純利益(100万$) 1株利益($) 1株配当($) 2016年12月 30,390 18,065 9. 94 1. 84 2017年12月 26,107 14,124 3. 51 2. 08 2018年12月 22,127 9,020 4. 17 2. 28 2019年12月 22,449 5,087 4. 22 2. 52 当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。 提供している情報によって不利益を被ることがあっても当方は一切の責任を負いません。 【関連】 米国株に強い証券会社は? ~管理人の実践投資~ 米国株や海外ETFは、大手ネット証券の マネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。 手数料は3社とも最安水準で横並びですが、「時間外取引の有無」「注文サービス」などについては 証券会社でバラツキがあるのが実情。 45%(最高20米ドル)が基本です。 【詳細:】 【ヒント】 管理人の投資方法 米国株はNYダウに採用されているような大型株を中心に取引をしています。 長期的に成長が見込めそうなヘルスケアセクター(JNJ)やIT大手(GOOGL)などが多いですね。 タイミングとしては、米国市場は年に1~2回は株価下落があるので 大きく下がった時にまとめて購入するパターン。 (指値をして待つだけ!買い急ぎは厳禁)。 購入後は、ホッタラカシで値上がりを待つだけです。 こんな単純な方法ですが、ここ3年間で2000万円以上の利益が得られました。 投資の理想である【損小利大】がホッタラカシでも可能になります。 【活用例】 また、米国株は 時間外取引だと安く購入できることがある ので注目です。 マネックス証券は時間外取引ができる貴重な会社なので口座を持っている人は活用してみてください。 本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。 万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

次の

ギリアド・サイエンシズ

ギリアド サイエンシズ 株価

政府から1人13万円の支給が実施され、 新型コロナにより生活が困窮する米国民もホッとひと息 今、アメリカのほとんどの州で外出禁止令が出ており、米国民は、一部のどうしても維持しなければいけない公益事業や医療関係、食料品の小売業を除いて在宅勤務しています。 食料品以外の小売店やレストラン、理容店などの従業員は、自宅で待機しています。 先週、一部高額所得者を除くほぼ全家庭に、米国政府から最低13万円、扶養家族が沢山いる家庭については30万円を超える支援金が届きました。 これで家賃、クルマのローンの支払い、クレカ債務の支払いなどでホッと一息つくことができました。 もうひとつの朗報として、先に議会が可決した2. 2兆ドルの景気刺激策の一環として行われていた中小企業向け賃金保護プログラム(PPP)での貸出しが、当初の予定である3500億ドルに達しました。 レストランや専門店などのスモール・ビジネスは、この融資で何とかやりくりすることができるのです。 今、米議会は春休み中ですが、来週になって審議が再開されればさらに追加の支援金が議論されることになると思います。 米国民の多くは、「よし、これで何とか乗り切れるぞ!」と希望を見出しています。 NYは新規感染者数が鈍化しないことから、 外出禁止令が少なくとも5月15日まで延長に その反面、他州より一足先に外出禁止令が発令されたニューヨーク州では、「ひょっとすると来月から外出禁止令が解除されるかも?」という期待に反し、「少なくとも5月15日までは外出禁止令を解除しない」と宣言されました。 その理由は、新規感染者数がいまだ十分に鈍化してないからです。 外出禁止令は、それが発せられている間の1日1日が、ボディブローのようにずっしりと経済に響いてきます。 多大な経済的犠牲を払っているわけです。 したがって、外出禁止令解除の延期は株式市場にとっても明らかにマイナス要因です。 ギリアド・サイエンシズが開発する 新型コロナ治療薬「レムデシビル」への期待が高まる! そんな状況にもかかわらず先週の米国の株式市場がしっかりした展開になった背景には、「良い薬がありそうだ!」という期待が広がったことがあります。 3月30日付の本コラムでも紹介したの抗ウイルス薬「レムデシビル」が、シカゴ大学病院の臨床試験で良い効果が出ているという報道が出ました。 しかし、は、FDAなど関連当局と緊密な連絡を取り合った結果、重篤な患者に対して「レムデシビル」をどんどん供給できるよう量産に踏み切ることにしました。 現在「レムデシビル」は、世界で多くの臨床試験が進行中です。 しかし、臨床試験に参加できているのは新型肺炎の患者のごく一部だけであり、その間にもどんどん尊い生命が失われています。 普通、バイオテクノロジー企業は、新薬が承認されるまでは臨床試験に必要な量だけしか生産しません。 「レムデシビル」も臨床試験の規模に合わせて限定的に生産されていました。 しかし、事態は深刻であり、ひとたび承認されたらすぐにでも大量の「レムデシビル」を提供できる生産能力を整えておく必要があることから、は今から新しい生産設備を準備しています。 は、生命の危険にある患者に対して例外的に未承認薬の使用を認める「特別配慮(compassionate use)」制度に基づいた使用などのために、すでに確保している14万人分、150万回投与できる量の「レムデシビル」を寄付しました。 さらに、 10月までに50万人分、年末までに100万人分を「レムデシビル」供給したいと考えています。 この生産量を確保するために、は他の製薬会社に呼びかけ、世界の複数の拠点で同時に生産に入ります。 また米国外へも供給する考えです。 ギリアド・サイエンシズが目先の利益に囚われず 「レムデシビル」を無料で配る理由とは? なお「レムデシビル」は無料で提供され、は対価を受け取りません。 は、なぜ無料でこんな大事な薬を世界に配るのでしょうか? これには2つの説明ができると思います。 まずは、数年前にC型肝炎の治療薬「ハーボニ」でホームランをかっ飛ばしたのですが、薬価を高く設定したことで患者や保険会社から恨まれました。 彼らは、が暴利をむさぼっていると感じたわけです。 その関係もあっては、唸るほどの利益を上げたにもかかわらず、株価は反落し、その後長期にわたって低迷しました。 今回、世界が危機に瀕しているこの局面でがまたボロ儲けしたら、企業イメージはいよいよ地に堕ちます。 そこでは、「レムデシビル」を無料で提供することに踏み切りました。 「レムデシビル」は、早ければ5月にも米国食品医薬品局(FDA)から承認が下りると予想されています。 新型コロナウイルスは、インフルエンザのように毎年ぶり返す可能性があります。 その場合、 来年以降のウイルスは変異(mutation)し、今年とは少しタイプが変わる可能性があります。 その場合 は、新しいタイプのウイルスに対応する必要があり、その分に関しては有料にするのだろうと予想されます。 言い換えれば、としては「なにも急いで今年儲ける必要は全然ない」ということです。 外出禁止令が解かれるためには、新規患者数が下がって来ることが必要です。 しかし、人々が昔のように自由に動き回り経済が活気を取り戻すためには、どうしても「安心」が必要になります。 その「安心」を提供するのは、究極的には治療薬やワクチンの存在です。 「良い薬がある!」という事になれば、新型コロナウイルスに対する恐怖は大いに和らぎます。 それだけ世界経済が「V字回復」しやすくなるというわけです。 経済の復活が治療薬・ワクチンにかかっているわけですから、当然、それらを開発している企業は注目されます。 つまり、「バイオ」は相場のテーマになるということです。 ただ、だからといってバイオ株を片っ端から買っても意味がありません。 そのため、この分野に特化して技術力を持ったリーダー企業を「銘柄一本釣り」で買うほうが、ETFなどで買うよりはるかに効率が良いでしょう。 具体的な銘柄としては、今回説明したのほかに、 関節炎治療薬の「ケブザラ」が新型コロナウイルスに効くのではないかと期待されている や、新たにワクチンを開発している が良いと思います。 【2020年6月1日時点】 「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社 米国株の取扱銘柄数 取扱手数料 (税抜) 3500銘柄以上 約定代金の0. 取引手数料もお得で、 米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。 さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、 米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。 また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。 しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、 外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 【関連記事】 米国株の取扱銘柄数 取扱手数料 (税抜) 3400銘柄以上 約定代金の0. また、一部の米国ETFは売買手数料が実質無料で取引できる。 あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「 米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、 海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。 また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「 米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。 【関連記事】 米国株の取扱銘柄数 取扱手数料 (税抜) 1000銘柄以上 無料 【DMM. com証券おすすめポイント】 2019年12月に 米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード! ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、配当狙いで長期保有する人は注意が必要だ。 取扱銘柄数は少なめだが、 FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。 他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に米ドルから円に交換されること。 米ドルで持っておきたい人にはデメリットだが、 すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。 また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。 米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。 ダウ・ジョーンズ社が発行する「 バロンズ拾い読み」も掲載されている。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ編集部(2020. 28)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ポイ探ニュース(2020. 27).

次の