機械 ボス。 ボスとはどういった形状のことを言うのでしょうか。

軸とボスの締結方法(動きを持つ構造設計

機械 ボス

マッチング 株式会社カネミツ• 商品・サービス詳細 この技術を使うと、ボス部を一枚の鋼板から一体成形することができます。 別部品を溶接するなどに比べて飛躍的に信頼度が向上します。 また、溶接結合、ボルト結合を廃止することができ、軽量化、コスト低減を実現できます。 ボスの形状・サイズ等については豊富にバリエーションをご用意いたしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。 分野 塑性加工 提供可能地域 日本、アジア地域 中国・韓国・タイ・マレーシア・インド・インドネシア etc. 料金体系 応相談 今までの実績 自動車メーカー・自動車部品メーカー各社・農業機械メーカー etc. 鋼板製プーリ Vベルト用、Vリブドベルト用 2. EPS 電動パワーステアリング 用部品 4. エアバッグ用部品 5. kanemitsu. ボス部の外周に向けて素材にプレス加工を行い、カップ状に仕上げ、その側壁部に様々な細工を施すことが可能になります。 例えば、当社の主力商品でありますプーリのベルトを保持する溝部の加工は、自動車業界や農機業... 外周部にギヤ等、歯切り加工ができます。 当社の特長、回転成形技術により素材の外周部 端部 に増減肉加工技術や割り加工技術を活用して様々な形状の成形が可能になっております。 金属薄板 直径 約108㎜ 板厚 2. 回転成形技術は、鋼板の素材を上下の金型で押えて回転させながら横から別の金型で圧力を加えてお好みの形状に変形させる加工方法です。 部品の軽量化・コスト低減・高精度化等ご検討されるお客様のニーズにお応えいた... この技術を使うと、ボス部を一枚の鋼板から一体成形することができます。 別部品を溶接するなどに比べて飛躍的に信頼度が向上します。 また、溶接結合、ボルト結合を廃止することができ、軽量化、コスト低減を実現でき... さがす 企業情報から探す 売りたい 買いたい 検 索 年輪会の予定 海外トップセミナー ご利用ガイド• net•

次の

ボスとはどういった形状のことを言うのでしょうか。

機械 ボス

マッチング 株式会社カネミツ• 商品・サービス詳細 この技術を使うと、ボス部を一枚の鋼板から一体成形することができます。 別部品を溶接するなどに比べて飛躍的に信頼度が向上します。 また、溶接結合、ボルト結合を廃止することができ、軽量化、コスト低減を実現できます。 ボスの形状・サイズ等については豊富にバリエーションをご用意いたしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。 分野 塑性加工 提供可能地域 日本、アジア地域 中国・韓国・タイ・マレーシア・インド・インドネシア etc. 料金体系 応相談 今までの実績 自動車メーカー・自動車部品メーカー各社・農業機械メーカー etc. 鋼板製プーリ Vベルト用、Vリブドベルト用 2. EPS 電動パワーステアリング 用部品 4. エアバッグ用部品 5. kanemitsu. ボス部の外周に向けて素材にプレス加工を行い、カップ状に仕上げ、その側壁部に様々な細工を施すことが可能になります。 例えば、当社の主力商品でありますプーリのベルトを保持する溝部の加工は、自動車業界や農機業... 外周部にギヤ等、歯切り加工ができます。 当社の特長、回転成形技術により素材の外周部 端部 に増減肉加工技術や割り加工技術を活用して様々な形状の成形が可能になっております。 金属薄板 直径 約108㎜ 板厚 2. 回転成形技術は、鋼板の素材を上下の金型で押えて回転させながら横から別の金型で圧力を加えてお好みの形状に変形させる加工方法です。 部品の軽量化・コスト低減・高精度化等ご検討されるお客様のニーズにお応えいた... この技術を使うと、ボス部を一枚の鋼板から一体成形することができます。 別部品を溶接するなどに比べて飛躍的に信頼度が向上します。 また、溶接結合、ボルト結合を廃止することができ、軽量化、コスト低減を実現でき... さがす 企業情報から探す 売りたい 買いたい 検 索 年輪会の予定 海外トップセミナー ご利用ガイド• net•

次の

やさしい実践 機械設計講座

機械 ボス

キーとは? キーとは、軸と回転体をすべらないように締結させるためのものです。 また、これによって他の歯車などへ動力を効率良く伝えることができます。 とてもシンプルな部品で簡単に分解できます。 別名で、「 マシンキー」とも呼ばれ、一般的にイメージされる住宅のキー(鍵)とは全く異なったものです。 キーの大きさは、軸の太さによって決まります。 つまり軸の太さが決まれば、自動的にキーの大きさも決まります。 キーが受けられる力は、それぞれの材料の剪断応力によって変わります。 剪断応力(せんだんおうりょく)とは、剪断はハサミで切るときのようなねじり切る切り方で、剪断する際に抵抗して押し返してくる力のことを剪断応力といいます。 軸や回転体には、キーをはめ込むキー溝が有るものと無いものに分かれ、キー溝が有るものは、動力伝達用に使用され、キー溝が無いものは軽荷重用となります。 また、軸に取り付けられる機械的要素側をボスと呼びます。 キーの種類 キーの種類は、キーをはめ込むキー溝が有るものと無いものに大別されます。 キー溝が有るものは、「 動力伝達用」で、キー溝が無いものは「 軽荷重用」です。 また、軸に取り付けられる機械的要素側を「 ボス」と呼びます。 平行キー ストレート 平行キー 片端丸形 平行キー 両端丸形 勾配キー(頭付き) 半月キー キーの用途 ・沈みキー 電動装置など、一般的によく使われているキーです。 軸とギアなどの回転体の両方にキー溝を作り、キーをはめ込みます。 回転体の動力が確実に伝わるというメリットがあり、高速回転、重荷重に適しています。 平行キーや 勾配キーが使われます。 ・半月キー キー溝の加工が容易で、先の部分に向かって細くなっているテーパー軸でよく使用されます。 通常では、テーパーの形状に合わせて正確にキー溝を加工するのは難しいですが、半月キーであれば、フライスカッターによって容易に加工できます。 伝達能力は低いのがデメリットです。 ウッドラフキー(wood ruff key)とも呼ばれます。 ・接線キー キーのなかで最も強く固定できます。 また、ボスや軸を弱めないというメリットもあります。 伝達能力が高く、圧延機、重荷重や回転方向が正逆に変化する交番トルクの軸に最適です。 伝達力は、キーと軸の接触圧力によって発生する摩擦の力と摩擦のトルクです。 軽荷重用でくらキーよりも固定度は高いといわれています。 伝達力はキーと軸との接触圧力によって発生する摩擦力だけです。 大きな荷重が作用する場合や正転、逆転する変動トルクの部分には使えず、主に軽荷重用として使われます。 ・丸キー 伝達力が非常に小さく、小軽荷重用として使われます。 丸ピンをキーの代わりとしてはめ込んで固定します。 ・すべりキー すべりキーは沈みキーの一種で、主にクラッチや変速歯車装置に使われます。 キーを軸やボスにボルトで固定して、スライドできるようにしたものです。 ボスを軸方向に動かすので、ともがねを回避する必要があり、キーの材質は非鉄金属などボスと異なる材質を用います。 注意点 方向が繰り返し変わる交番荷重の際には、軸とともにフレッチング摩耗を起こすことがあるので、注意が必要です。 主な対策としては、次の通りです。 ・軸のはめ込み(嵌合 かんごう)をきつくする。 ・キー溝をJIS精級する。

次の