リモート 研修 クビ。 【悲報】法政大卒新入社員、リモート研修中にクビになり、「クラファンで100万円目指します!」→大炎上

リモート研修中1ヶ月でクビになった新入社員の吉田くん(仮名)が他力本願で甘ったれた意識低い系だと判断した4つの理由

リモート 研修 クビ

リモート研修中にクビ!記事前半 最初の方は「まあひどい会社もあるよな」と思いながら読み進めていく、と後半になっていきなり不穏な方向にドライブしだすので最後まで読むのをおすすめします。 — じゃじゃまる JajacircleS こちらが記事の前半部分です。 今年4月、多くの企業で新卒社員が入社したが、少なくない企業が新卒社員を出社させず、オンラインで研修を実施している。 そんな不安な状況が依然続く中、すでに入社した会社でクビを言い渡された元新卒社員がいる。 しかも、なんと彼はオンライン上の態度などで解雇を決められたという。 上司とのコミュニケーションは原則パソコン画面上のみ。 一体、この若者にどんな問題があったのか。 これはコロナ後では、日本初の事例なのだろうか……。 しかし… 吉田陽太くん(仮名・23歳・千葉県出身)は、法政大学文系学部を卒業後、東証一部上場企業であるIT企業のS社に就職。 社員数は約2900人、資本金は約15億、携帯電話向けソフト開発・技術支援が主力の大手企業だ。 「もともと、就職活動時代はマスコミで記者職を志望していたのですが、受かる気がしなくて、滑り止めで受けた業界売上最大の大手タクシー会社とS社に内定をいただきました」 結果、「IT業界のほうが、長期的な可能性がありそう」ということでS社を選んだ吉田くん。 学生時代はヒッチハイクやママチャリなどで国内外を旅行し、卒業前にはアフリカ大陸の縦断旅行を決行。 「思い立ったらすぐ行動」「やらない後悔よりやって後悔」が吉田くんのモットーだ。 「せめて就職前に思いっきりやりたいことをやろうと思って。 お金のやりくりは大変でしたが、よい思い出になりました」 吉田くんは、新型コロナウイルスが猛威を振るう直前である今年3月にもタイ旅行へ出かけた。 予約していた航空券は一度コロナの影響で欠航となったが、別の航空会社のチケットを取り直してタイへ最後の学生旅行を楽しんだという。 「内定先から課題も出されていましたが、『旅行があるので提出が遅れます』と事前に伝えたところ、了承していただきました。 この日は同期300人と顔を合わせる入社式のはずだった。 だが—。 「コロナ禍により、新卒研修はすべてオンラインで行われることが通達されました。 内容は、マナー講習に始まり、人事の方のセミナーを聞くほか、ビデオチャットしながらグループ課題をするというもの。 期間は4月から6月までの3カ月です。 原則ワイシャツを着て自宅から参加することが課せられたので、それに倣って部屋でネットをつなぎ、パソコンで研修を進めました」 こうして研修から1カ月が経過した5月。 ほとんどの同期とは顔を合わせぬまま、GWに差し掛かったタイミングで、吉田くんのもとに一本の電話が入った。 「人事担当の男性社員から、明日急遽会社に来てほしいと言われました」 翌日。 スーツを着て千葉の自宅から地下鉄東西線を乗り継ぎ、40分かけて初めての通勤をした吉田くんは、人事担当者と顔を合わせ、開口一番にこう言われた。 「先に結論を言います。 吉田くんはうちの会社に合わない。 理由がちょっとわからないんですけど……」 動揺した吉田くんは、当然ながら上司に説明を求めたという。 「君はマナーが悪い。 うちはIT企業だけど、技術よりもマナーをとても重視している会社です。 吉田くんが研修を受けている様子を画面越しに見ていると、はっきり言って態度が悪すぎる。 君はうちの社風には合わないと判断しました」 しかし、吉田くんにはそれが思い当たる節がない。 「研修中はメモをとり、画面を見て話を聞いていたつもりです。 面談ではその疑問もぶつけたという。 すると人事担当者は具体的に彼の態度の悪い行動について次のように指摘した。 「吉田くんは、画面越しで顎の下が見えず、ちょっとはみ出している時がある。 それに、ワイシャツの上にカーディガンを羽織っていたでしょう。 ある講義では、立膝で話を聞いていた。 態度が悪いんです」 しかし、それは絶対に誤解だと吉田くんは言う。 「たしかに画面内に自分の顔がすべて収まらないときはあったとは思いますが、それがなぜダメなのかわかりません。 人事の方に『一時的に顎が映らなくなるのはマナー違反なんですか?』と聞いたら『そうだ』と言われました。 また、寒かったのでカーディガンを羽織ったのですが、それも事前に伝えていないのでダメだと言われた。 それから立膝で話を聞いていたというのは完全なる誤解で、そんなことはしていません」 さらに、入社前に課せられていた課題提出が遅れていたことも指摘されたという。 「これは、卒業旅行に出るので提出が遅れると事前に伝え、了承してもらっていました」と吉田くん。 しかし、会社から下された結論は変わらなかった。 「今のうちに転職すればなんとかなるでしょう。 明日、正式に退職届を書類に記入してもらい、5月いっぱいの在籍とします。 それから、明日以降はオンライン研修に参加しないでください。 今日をもって研修用のアカウントは無効にします。 そして、自己都合か会社都合かを選ばせる形でのリモート研修中のクビ宣告。 すべて入社1カ月の新人に襲いかかる事実としてはあまりにも耐え難い屈辱だろう。 「コロナ禍のいま、職務経験なしの僕を雇ってくれるところなどあるのでしょうか……。 転職活動を開始しようにも正直不安しかないです」 引用: スポンサーリンク リモート研修中にクビ!記事後半 ここから記事の後半です。 その選択肢は……。 「エンジニアを目指すためのテックキャンプというスクールに通おうかと思っています。 ただ、初任給もまだ入っていないのでお金がない。 そこでクラウドファンディングで学費を集めようと思っています」 吉田くんによると、スクールの学費は70万円。 これに加え、最新のMacBook Air14万8000円と、クラウドファンディングの手数料を含む約100万円を募集する予定だ。 「学費を支援していただいた方には、僕がアフリカ旅行に行ったときにもらった各国の小銭のお釣りや、旅の写真、あとは僕とお茶する権利を与えようと思っています。 ためしに、クラウドファンディングサイトの一つであるCAMPFIREのページで「学費」と検索してみると、出てくるのは約90件。 そのうち、個人の極私的理由で学費を募る案件は調達額がほぼ0円で、集まってもせいぜい3万~20万円程度だ。 プログラミングは学びたい。 だけどお金はない—。 ならば、吉田くんはこれまでの貯金を切り崩すなどし、実家で同居する両親に学費を借りてエンジニアを目指す道は考えていないのだろうか。 また、5月まで在籍していることになっているS社の給料を学費にあてることもできるはずだ。 「両親にはアフリカ旅行の際に30万円借りているので、もうお金は借りれません。 「毎月9000円ずつ返していると思っていたのですが、先日、先輩にお金の件を相談したところ、『キミが返済しているのは元本ではなく利息分だけで、元本は減っていないよ』と言われて、その事実を初めて知りました。 元本は一切減っていない借金を抱えている今、プログラミングスクールに通うお金を自分で工面するのは限界があります」 こうしてコロナ禍のいま、お金も職も失った元新卒社員である吉田くん。 「念のため、クラウドファンディング以外に同時進行で転職活動もしてみようと思います。 ただ、リモート研修中に1カ月でクビになったこんな僕を雇ってくれる会社はあるんでしょうか……」 「プログラマーになりたい」という情熱をカタチにしたい彼の壮大なる実験は、果たして身を結ぶときが来るのだろうか—。 引用: 後半を読み進めると印象がガラッと変わります。 感覚がズレているというか、世間知らずというか。。 ネットでも炎上する騒ぎでツイッター上ではトレンドになるほどです。 法政大学・吉田陽太くん謎の上からでネットは炎上 ネット上では、読み物として面白いといった声もありますが、炎上しています。 リモート研修中にクビになったとかいう奴頭悪すぎて草 こういう意識高い「系」の奴って自分に滅茶苦茶価値があると勘違いしてるから、クラファンで自分の時間をあげるとかいう使用済みティッシュペーパーよりも役に立たんものを提供してくるよね — 段ボール肉じゃがR. 金ないなら5万のWindowsPC買ってください — kinさんと他95人 lostlove168 いやーすごいね。 資本金15億、従業員2900人、携帯電話向けソフト開発のS社、、、株式会社システナ一択ですな。 とりあえず背中の写真多すぎ笑 日本初? らしいといえばらしいけど。 でも会社が特定できるような記事はダメだね。 株式会社システナ ・東証一部上場企業 ・IT企業のS社 ・社員数は約2900人 ・資本金は約15億 ・携帯電話向けソフト開発・技術支援が主力.

次の

リモート研修中にクビ X 君はマナーが悪い

リモート 研修 クビ

1ヶ月のリモート研修中にクビ!理由や原因は? 最初の方は「まあひどい会社もあるよな」と思いながら読み進めていく、と後半になっていきなり不穏な方向にドライブしだすので最後まで読むのをおすすめします。 — じゃじゃまる JajacircleS 今年4月から研修を受けてそしてクビになったという吉田陽太くん(仮名)ですが、一体何をすればクビになるのか・・・? 入社一ヶ月でクビってあり得ませんよ・・・? 相当な問題を起こさない限りこんな話にならないのでは? と思ってしまいます。 事件とかのレベルでもなければクビなんて本当に難しいと思いますが 原因は「マナーの悪さ」という事らしいのです。 こんなことがあり得るのか?本気で疑問です。 会社は大手企業S社でIT系企業 この記事の仕掛けがすごいところは ・リモート研修という流行言葉で読者を掴み ・序盤は理不尽な会社を描き ・後半は甘えた若者を描き ・どうせ意見が割れるのでバズる というところまでを設計しているところだと思う。 300人近い新入社員ということですので会社規模が凄いと思いましたが 口コミを見てみると、安月給のようで不満は多いみたいですね。 一気にいれて一気に出ていく会社なのかな?と感じました。 安給料で結婚も難しいと書いてありましたしね。 リモート研修中にクビになった、法政大卒新入社員の末路 — むぎ@社内SE MUGI1208 さて今回のリモート研修中に解雇事件ですが 本人、つまり吉田陽太くん(仮名)にも問題があったのでは? という事でポイントが変わってきております。 吉田陽太くん(仮名)は借金をしてまで学生時代に旅行をしたそうです。 ・卒業前にはアフリカ大陸の縦断旅行を決行(2019年9月) ・2020年にはタイ旅行 ・旅行で内定先からの課題を遅れますと事前に通知 消費者金融よりアフリカ、タイ旅行それぞれで 各20万の借金をしているということです。 今年3月の旅行は普通は行かないし、卒業旅行で課題を遅らせる事もありえないかと思いました。 こんなの常識的にありえないですよね。 それにクラウドファンディングを今後の進路の為に募ろうとしておりますが その理由も不純に感じます。 クラウドファンディングの内容やサイトはどこ? 世の中舐めてて草 エンジニアは独学でもやれます。 金ないなら5万のWindowsPC買ってください — kinさんと他95人 lostlove168 今回の会社員としてのクビ宣告を受けて プログラミングスクールに通おうとしている。 ここまではまだいいでしょう。 こんな短期間で落とされて、しかも今のタイミングで就職は大分きついと思うからです。 しかし、クラウドファンディングの条件がキツイです。 スクールの学費は70万円。 これに加え、 最新のMacBook Air14万8000円と、クラウドファンディングの手数料を含む約100万円を募集する予定 「学費を支援していただいた方には、僕がアフリカ旅行に行ったときにもらった各国の小銭のお釣りや、旅の写真、あとは僕とお茶する権利を 与えようと思っています。 1万円以上の高額の支援を頂いた方には、僕が卒業したあとに制作したホームページに名前を載せるなど、 僕を10時間自由に使ってもらう権利をプレゼントしようと思います」 特に気になるのは3点あり、他の人も感じているのか 指摘している人も多いですね。 まず、最新のPCなんていらないでしょう。 自分に金ないのですから、アプリを使うなりして中古品を安く仕入れるべき。 そして言動が気になります。 ミス青学ならまだしも 一般男性との「お茶する権利」て誰が欲しいのか? 「10時間自由に使える権利」も同様です。 何に使うのか本当に疑問で困りますよね。 クラウドファンディングで学費を募る際の調達額はせいぜい20万円いけばいいそうです。 今回のケースでは最初は注目されるかもしれませんが、最初だけな気がしてなりません。 ちなみに、ページはまだないようです。

次の

【悲報】日本初?リモート研修中にクビになった、法政大卒新入社員の末路

リモート 研修 クビ

法政卒業後、一部上場IT企業に就職。 しかし… 吉田陽太くん(仮名・23歳・千葉県出身)は、法政大学文系学部を卒業後、東証一部上場企業であるIT企業のS社に就職。 社員数は約2900人、資本金は約15億、携帯電話向けソフト開発・技術支援が主力の大手企業だ。 「もともと、就職活動時代はマスコミで記者職を志望していたのですが、受かる気がしなくて、滑り止めで受けた業界売上最大の大手タクシー会社とS社に内定をいただきました」 結果、「IT業界のほうが、長期的な可能性がありそう」ということでS社を選んだ吉田くん。 学生時代はヒッチハイクやママチャリなどで国内外を旅行し、卒業前にはアフリカ大陸の縦断旅行を決行。 「思い立ったらすぐ行動」「やらない後悔よりやって後悔」が吉田くんのモットーだ。 「せめて就職前に思いっきりやりたいことをやろうと思って。 お金のやりくりは大変でしたが、よい思い出になりました」 吉田くんは、新型コロナウイルスが猛威を振るう直前である今年3月にもタイ旅行へ出かけた。 PR 予約していた航空券は一度コロナの影響で欠航となったが、別の航空会社のチケットを取り直してタイへ最後の学生旅行を楽しんだという。 「内定先から課題も出されていましたが、『旅行があるので提出が遅れます』と事前に伝えたところ、了承していただきました。 いい会社だと思いましたね」 「君はマナーが悪すぎる」 迎えた4月1日。 この日は同期300人と顔を合わせる入社式のはずだった。 「コロナ禍により、新卒研修はすべてオンラインで行われることが通達されました。 内容は、マナー講習に始まり、人事の方のセミナーを聞くほか、ビデオチャットしながらグループ課題をするというもの。 期間は4月から6月までの3カ月です。 原則ワイシャツを着て自宅から参加することが課せられたので、それに倣って部屋でネットをつなぎ、パソコンで研修を進めました」 こうして研修から1カ月が経過した5月。 ほとんどの同期とは顔を合わせぬまま、GWに差し掛かったタイミングで、吉田くんのもとに一本の電話が入った。 PR 「人事担当の男性社員から、明日急遽会社に来てほしいと言われました」 翌日。 スーツを着て千葉の自宅から地下鉄東西線を乗り継ぎ、40分かけて初めての通勤をした吉田くんは、人事担当者と顔を合わせ、開口一番にこう言われた。 「先に結論を言います。 吉田くんはうちの会社に合わない。 自己都合か、会社都合がどちらか選んで会社を辞めてもらいます」 リモート研修で「画面越しのマナーが悪いからクビ」 「すみません、急に言われて、ちょっと混乱しています…。 理由がちょっとわからないんですけど…」 動揺した吉田くんは、当然ながら上司に説明を求めたという。 「君はマナーが悪い。 うちはIT企業だけど、技術よりもマナーをとても重視している会社です。 吉田くんが研修を受けている様子を画面越しに見ていると、はっきり言って態度が悪すぎる。 君はうちの社風には合わないと判断しました」 しかし、吉田くんにはそれが思い当たる節がない。

次の