引越し見積もり。 引越しの見積もり・費用相場・安い業者探しは【LIFULL引っ越し見積り】(旧HOME’S)

【楽天引越し】引っ越し・引越 見積もりで100ポイントプレゼント

引越し見積もり

引越しが決まったらまずは引越し業者をどこにするか、選びますね。 ネームバリューのある大手を選びますか?それともクチコミで評価の良い地域密着型の業者を選びますか? いろんなクチコミサイトなどを見ていたら良いことも書いてあれば悪いことも書いています。 引越し業者選びはギャンブルのようなものです。 正直、良いスタッフに当たるか悪いスタッフに当たるか…なんてわかりません。 そんな中で最も着目したいのが 引越し料金の部分ですね。 引越し料金なんてあって無いようなものと良く聞きますが、一体 引越し料金の基準はどんな風に決まるかを見てみましょう。 荷物量 単純に引越し時の荷物量です。 この 荷物量を少なくする事が引越し費用は抑えるコツです。 単身など荷物量が少ない場合、各引越し会社が定めるボックス1個に入りきれば格安で手軽に引越しをする事が可能です。 搬出の難易度 エレベータなしのアパート3階から荷物を運ぶなど、荷物搬出・搬入が困難でないか。 また、玄関からトラックまでの輸送距離も関係してきます。 もちろんこれらが 簡単であればあるほど引越し料金を割引きしてもらうチャンスです。 輸送距離 輸送コスト(燃料費)の事もあるので、短距離の方が引越し料金は安くなります。 長距離の場合もトラックではなく、貨物列車を利用して荷物を輸送する 「コンテナ便」などを上手く組み合わせて使えば格安な料金で引越しが可能です。 引越し作業日時 引越しをする日は「大安」や「休日」がいい!という人が多くこの日は引越しの申込みが集中します。 そうなるともちろん引越し料金もグンと跳ね上がります。 六曜にこだわりが無い場合は「仏滅」や「平日」を選べば安くなる業者が多いです。 特殊な荷物 グランドピアノや超大型な家具などは玄関から出す事が出来ない場合が多いです。 普通では運び出せない荷物があるか無いかでも引越し料金は大きく変わってきます。 同一市区内の短距離輸送でも 最低20,000円以上のオプション料金がかかる事もあります。 引越し料金の内訳、実は決まっている? 引越し料金を決める要素は上の表のとおりですが、実は各業者が国土交通省に 「引越運送約款」の届け出を出しています。 これは簡単に言うと「引越しする時のルール」です。 この届け出をしていな業者もありますが、その時は国が定める「標準引越運送約款」が適用されます。 ルールを作っておかないと滅茶苦茶な料金を請求してくる引越し会社が出てくるからでしょうね。 この引越運送約款には様々な決まり事が書かれていますが、その中に 「基礎運賃・基礎作業料金」という項目があります。 基礎となる時間制と距離制の基本ベースがあり、法律によって決まっているのでこの部分を極端に高くしたり安くしたりはできません。 そんな引越し料金とは、下の3項目の合計で算出されます。 基礎運賃・基礎作業料金(値引きしにくい部分)• 引越し作業や燃料、資材などの実費• 付帯サービス(オプション) 実費とオプションの部分で引越し業者との値引きバトルとなりますね。 値引き交渉にヒートアップし過ぎて「1000円にしろ!」なんて迫らないで下さいね。 法的に無理なお話なので(笑) では法的に決められた範囲内で出来るだけ 安い引越し料金の業者を失敗せずに選ぶ方法とは何か見てみましょう。 失敗しない引越し業者の選び方とは? 失敗しない引越し業者選び、と簡単に言いますが実際に探そうと思ったらかなり大変です。 何が一番大変かというと、どの引越し業者も 引越し料金を明確にしていないからです。 なぜかというと引越しというのは人によって色んなパターンがあって、それにより引越し料金が変動してくるからなんです。 荷物量にしても小さい冷蔵後を運ぶのか4ドアの大きな冷蔵後を運ぶのかで料金は大きくかわります。 要するに 見積もり取るまでは引越し料金が不明という事なんです。 じゃぁ見積りを取ればいいじゃない? はい、その通りでございます。 見積もりを取ってしまえば問題は解決なんです。 でも引越しの見積りって結構面倒で、どんな荷物が何個あるかなどの詳細を正確に伝えないと引越し業者も料金を割り出せません。 普通なら3社目くらいで面倒になってくるし、引越しの準備もしないとダメだから時間もあまりありません。 そんな面倒な作業も 「一括引越し見積サイト」を使えば非常に要領よく見積もりが取れます。 使い方はとっても簡単!引越しの条件(旧居、新居、荷物量、引越し日など)を入力して「一括見積」ボタンを押すだけです。 その情報がたくさんの引越し業者伝わり、自分の条件にあった引越し業者から後日連絡が入ります。 その中から自分が 一番気に入った引越し業者を選んで決める事ができるというシステムです。 これを使えば、今まで知らなかった激安でサービスの良い地域密着型の引越し業者と出会えるかもしれません。 一括引越し見積りサイトは何種類か知っていますが、個人的にはという一括見積サイトがオススメです。 オススメなポイントは3つあります。 さて、自分の引越し条件に合った業者を見つけましたか? うん!見つかったヨ!ここに決めるねっ! ちょっとまったー!!! 早まらないで下さい! ここからが本番なのでっ! 取り敢えず自分の条件に合った引越し業者の見積りをいくつか準備しましょう。 引越し料金も同じくらいの方がいいですね。 その中の1社を呼びつけて値引き交渉開始です。 ここで値引き交渉のコツとして ジワジワ攻めるという事です。 獲物を弱らせてから確実に仕留める!という狩猟の鉄則です。 後、自分で出来そうな作業は自分でするよ!と、引越しに前向きな姿勢を見せると値引きをして貰いやすくなるかもしれませんね。 ある程度まで値切ったら、ここで最終兵器の登場です。 他社の見積もり金額を耳元で囁いてください。 すると営業マンが「あぁ、きたか…」と腹をくくると思います。 そこから先は引越し業者の努力次第でしょう。 その値切りを成功させる為にも、交渉材料となる 他社の見積結果は多い方が良いです。 そんな時に役立つのが引越し一括見積もりです。 簡単な操作だけでたくさんの引越し業者から一括で見積もりが取れるので便利ですね。

次の

引越し費用の料金相場を調べる

引越し見積もり

この記事の目次• 「 サカイ引越センター」は、顧客満足度が高く、人気がある引越し業者のひとつです。 サカイ引越センターを利用してみたいけど、大手の引越し業者だし料金も高いのでは……?と迷っていませんか? 効果的な見積もりの取得方法や、料金を下げるコツなどを知っていれば、引越しの料金を安くすることはできるんです!ここでは、 サカイ引越センターの料金相場と、見積もりの取得方法などを詳しく紹介していきます。 サカイ引越センターの引越し費用の相場はどのくらい? 単身からファミリーまで、幅広い層に支持されているサカイ引越センター。 少しでも引越し費用をおさえるための方法を紹介しましょう。 季節や時期によって引越し費用の相場が変わる 3月から4月は引越し業者の「繁忙期」となり、料金が高くなります。 3月から4月は進学や転勤など、人の移動する機会が多くなる時期のため、引越しの需要が増えて相場が上昇するのです。 一方、3月から4月以外の閑散期には人の動きが比較的少ないため、料金が安くなる傾向があります。 また、繁忙期は料金が高くなるほか、 引越しの作業日程を押さえにくいといったデメリットもあります。 サカイ引越センターでは「 お得な引越しカレンダー」という、名前の通り引越し料金のお得な日が一目でわかるカレンダーを公式サイトに掲載しています。 引越しのサービス内容・距離などが引越し費用の変動要因になる サカイ引越センターでは、サービス内容や予算、家族・単身での引越しなどの条件に合わせて以下のような引越しコースが用意されています。 家族での引越しや、できるだけ引越し作業を任せたいという方におススメ らくらくコースプレミアム 食器などの小物や家具・家電までの荷造り、荷ほどきをサカイ引越センターが行ってくれます。 さらに掃除のプロ「ダスキン」に引越し後の新居の掃除を頼めるプレミアムなプランです。 らくらくAコース 食器などの小物から家具・家電までのすべての荷造り、荷ほどきをサカイ引越しセンターが行ってくれます。 らくらくBコース 食器などの小物から家具・家電までのすべての荷造りはサカイ引越センターが行ってくれます。 新居での家具家電などの設置は行ってくれますが、小物の荷ほどきは自分で行います。 らくらくCコース 食器や大型家具の荷造り・荷ほどきはサカイ引越センターが行ってくれます。 その他のものの荷造り・荷ほどきは自分で行います。 サカイ引越センターに引越しを依頼する際は、事前に見積もり訪問してもらう必要があります。 この章では、サカイ引越センターの見積もりについて解説します。 見積もりは引越しの約2カ月~3カ月前より依頼できます。 繁忙期に引越しをする場合は、なるべく早く連絡するとよいでしょう。 (step1)電話・WEBで見積もり依頼をする サカイ引越センターの公式ホームページで入力もしくは窓口に電話し、訪問見積もり日を決めます。 地域によって異なりますが8時~18時の時間帯から指定できます。 また訪問見積もりは 無料ですが、キャンセルする場合は早めに連絡するのがマナーですね。 (step2)訪問見積もりの当日 訪問見積もりの当日はサカイ引越センターのスタッフに、住居内の荷物の量をチェックし見積もり金額を算出してもらいます。 サカイ引越センターには多くのプランがあるため、悩んでいる場合は相談するとよいでしょう。 他の引越し業者とも見積もりを比較するという方も少なくないでしょうから、その場で契約するかどうかの返事をしなくても問題ありません。 引越し費用を少しでも安くするには? 人それぞれで引越しの条件が異なるため、引越し費用に「定価」というものはありません。 そのため、 工夫次第で引越し費用を安くすることができます。 ここでは、サカイ引越センターでの引越し費用を安くするためのコツをご紹介します。 荷物量を減らす工夫をしてみる 引越し費用は荷物量が少ないほど安くなるので、自分で運べる荷物はできるだけ運んでしまいましょう。 また、不要なものを引越し前に処分するのも、荷物量を減らすのには有効な方法です。 サカイ引越センターの「小口便引越サービス」を利用してみる 関東から関西、関西から九州などの長距離の引越しで荷物量が少ない場合には、小口便引越サービスを利用することで引越し費用を安くすることができます。 指定されている「高さ144cm、幅105cm、奥行き75cm(内寸)」のBOXに荷物を詰めて運ぶため、 料金が格安に設定されています。 ただし、小口便引越サービスは「同エリア内の移動は対応外」「資材は別料金になる」という条件があるので注意してください。 なお、梱包資材については3種類の資材セットの販売サービスがあります。 サカイ引越センターの資材セット Aパック 3,300円(税込) ダンボール大5個 ダンボール小5個 ガムテープ1個 布団袋1枚 Bパック 6,600円(税込) ダンボール大5個 ダンボール小5個 食器包装紙100枚 エアキャップ10m ハンガーBOX ガムテープ1個 布団袋2枚 単身資材パック 5,500円(税込) ダンボール大10個 ダンボール小10個 ガムテープ1個 布団袋1枚 小口便引越サービスは、専用BOXに荷物が収まれば引越し費用の節約ができるので、荷物が少ない方はぜひ検討してみてくださいね。 サカイ引越センターと他社との比較をしてみる 少しでも引越し費用を安くするためには、サカイ引越センター以外の引越し業者にも見積もりを依頼し、比較検討してみましょう。 比較した見積もり金額は、サカイ引越センターと交渉する際の材料になります。 引越し一括見積もりでサカイ引越センターの引越し費用も安くなる!? サカイ引越センターへ見積もりを依頼する方法や、引越し費用の相場、値引き交渉のタイミングのコツなどについて解説しました。 荷物量や引越し時期について工夫をすることでじょうずに引越し費用を節約することができますが、 複数の引越し業者から見積もりを取ってサカイ引越センターと料金の交渉をすることもおススメです! 「引越し一括見積もり」でよりおトクに引越しをしよう! よい引越しサービスをより安い料金で受けたいなら、まずは引越し一括見積もりサイトを活用してみましょう。 最初からサカイ引越センターに引越しの依頼をすると決めている場合でも、引越しの一括見積もりサイトを利用してみましょう。 引越しの一括見積もりサイトで自分の引越しの条件を入力すると、さまざまな引越し業者から一括して見積もりをとることができます。 また、引越し見積もりサイト限定の キャンペーンなどの優待を受けられるチャンスがあり、タイミングによってはサカイ引越しセンターへ直接依頼をするよりも、 引越し見積サイトを通して依頼した方がおトクになる場合もありますよ。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればおトクに電気も使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

【公式】引っ越しのことなら0123アート!【アート引越センター】

引越し見積もり

この記事の目次• 「引越しの見積もりにあまり時間をかけたくない」「見積もりにはどれくらい時間がかかるの?」など、見積もりを取る時間がなかなか取れず、悩む方も多いのではないでしょうか。 実は、引越しの見積もりにかかる時間は、引越しの条件や業者ごとで大きく変わります。 この記事では、訪問や電話による 引越し見積もりの所要時間と、それを短縮する方法を紹介します。 引越しの訪問見積もりにかかる時間はどれくらい? 訪問見積もりは20分以内で終わることがほとんどですが、なかには30分~1時間程度時間がかかることがあります。 どのような場合に、見積もりに時間がかかってしまうのでしょうか? 訪問見積もりで時間がかかる場合 訪問見積もりに時間がかかるのは、以下のような場合です。 荷物の量が多い 荷物の量が多いと一目で概算を出すことが難しくなるため、正確な計算に時間がかかります。 また、 捨てるものと引越しで運ぶものが混在していると、荷物の量が把握しにくくなるため時間がかかってしまいます。 依頼者が把握できていない荷物が多い ベランダや庭など屋外にある荷物を、依頼者自身が忘れていることがあります。 訪問見積もり時に、屋外の荷物の確認を慌ててすることになると、その分余計に時間がかかってしまいます。 また、見積もりを取る時点で、屋外の荷物の存在を忘れてしまっていると、 引越し当日に運べなくなったり、追加料金が発生したりします。 訪問見積もりの時間を短くするコツ 訪問見積もりは、なるべく時間をかけずにスムーズに終わらせたいですよね。 訪問見積もりにかかる時間を、短くする方法をいくつか紹介します。 荷物の量を把握しておく 荷物の量は正確に把握しておきましょう。 屋内だけでなく屋外や、敷地内にあるものすべてを事前にチェックしておくと見積もりはスムーズになります。 また、あらかじめ捨てるものが決まっている場合は、あわせてチェックしておきましょう。 「とりあえず部屋にあるもの全部が、引越しで運ぶ荷物です」とあいまいな情報を伝えてしまうと、見積もりに時間がかかります。 また、不要な荷物分も含まれて見積もりをされてしまうと、想定以上の引越し料金が提示されることになります。 捨てるものと引越しで運ぶ荷物をあらかじめ明確にしておくだけで、訪問見積もりは格段にラクになるでしょう。 引越しの予算を決めておく 引越しの予算は事前に決めて、引越し業者に提示できるとようにしましょう。 予算が決まっていると、引越し業者は予算内でプランを提示してくれるので、 自分にとって最低限必要なサービスを選べ、具体的な引越し料金の交渉もしやすくなります。 また、引越し料金の最終決定までをスムーズに進められるため、見積もりにかかる時間も短くなるでしょう。 引越し業者を選ぶのに重要視するポイントを決めておく たくさんの引越し業者がある中で、引越しの希望日時に対応できる、とにかく料金が安いなど、引越し業者を選ぶ時のポイントはそれぞれ異なるでしょう。 希望が曖昧なままだと、選択をするのに余計に時間がかかってしまいます。 引越し業者を選ぶのに、 絶対に妥協できない重要視ポイントを決めておきましょう。 ただし、ピアノなどのデリケートな荷物の運搬がある場合は、引越し業者選びが難しくなります。 ピアノや精密機械など 特殊な運搬ノウハウが必要な荷物は、通常の引越しプランでは対応できないことがほとんどです。 もし、選んだ引越し業者が特殊な荷物の運搬を得意としていないならば、その荷物だけ他の専門業者に任せる方法を検討する必要があるでしょう。 引越しの電話見積もりにかかる時間はどれくらい? 引越しの見積もりは電話だけでも可能な場合があります。 電話見積もりでは、引越し業者が電話で引越し条件についてヒアリングをし、見積もりを出します。 電話見積もりは目視で荷物の量を確認できないため、場合によっては 訪問見積もりよりも時間がかかることがあります。 おおよそ15分~30分を見込んでおくとよいでしょう。 電話見積もりで時間がかかる場合 電話見積もりは、引越し業者にとって、訪問見積もりよりも難易度の高い見積もり方法です。 荷物の量は依頼者から申告がある分だけで把握しなければならず、 実際の正確な荷物の量を業者が確認することができないためです。 そのため、電話見積もりの引越し料金はあくまで目安で、ほとんどの場合あらためて 訪問見積もりが必要となります。 引越し業者が正確な荷物の量を把握し料金を提示するために、 電話見積もりだけで完結することは難しいのです。 家族での引越しなら、訪問見積もりは必須 単身の引越しの場合、専用のコンテナボックスに積める分だけの荷物を運ぶ「単身パック」が利用できるため、電話見積もりのみで完結することがあります。 ただし、家族での引越しの場合は荷物の量が多くなってしまいます。 詳細に荷物の量や種類を引越し業者へ伝えられていても、訪問見積もりは必須となるでしょう。 電話見積もりの時間を短くするコツ 電話見積もりの時間を短縮するために、引越しに関する正確な情報をあらかじめまとめておくとよいです。 メールや問い合わせフォームを利用し、引越し業者にあらかじめ情報を伝えておきましょう。 引越しに関する情報• 現住所や引越し先の住所• 荷物の量• 引越し作業時の駐車スペース• 建物の階段やエレベーターの有無 引越し見積もりの時間を短縮するなら、引越し一括見積もりサイトが便利! 引越しの見積もりを取るのにかかる時間と、その時間を短縮するためのポイントを紹介しました。 荷物の量などの引越し条件を、正確に把握して引越し業者へ伝えることで、スムーズに引越しの見積もりを取ることができます。 でも、複数の引越し業者の訪問見積もりに対応するには、訪問日時の調整や、訪問時の立会いなどがあり、ちょっと面倒ですよね。 引越し一括見積もりサイトを使えば、見積もりを取る時間が大幅に短縮できます!じょうずに引越し一括見積もりサイトを活用して、手間なくスムーズに引越しを進めましょう。 引越し一括見積もりサイトでおトクに引越し Web上のフォームに引越し条件などの必要な情報を 一度入力するだけで、 複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。 そのなかから、実際利用した方の口コミや引越し料金、サービス内容などを比較して、アナタにぴったりな引越し業者を選びましょう。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればおトクにでんきも使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の