頭皮かさぶた ストレス。 なぜ頭に・・・? 頭皮にかさぶたができる原因|カミわざ

日焼け後の頭皮にかさぶたができる原因って⁉対策・治し方は?

頭皮かさぶた ストレス

こんな頭皮の症状、原因は? かゆみ、フケ、かさぶた、チクチク痛む、抜け毛…頭皮の悩みも人それぞれ違います。 顔ならひとめでわかって気にしますが、頭皮についてはつい後回しになってしまいますよね。 でも、皮膚科でしっかりと原因を探って治療しないとやっかいなことになることもあります。 かゆみの原因はカビやダニかも 頭にカビというとぎょっとするかもしれませんが、頭皮にもカビがいるのです。 代表的なものは マラセチアというカビの一種です。 これは皮膚にいる常在菌です。 汗や皮脂などによって増殖すると脂漏性(しろうせい)皮膚炎の原因になります。 マラセチアはたとえば、洗髪して濡れたままでいると繁殖します。 乾燥した、あるいは脂っぽいフケをともなった頭皮のかゆみが続き、地肌が赤くなるようなら脂漏性皮膚炎かもしれません。 症状が重くなると、頭皮に厚いうろこ状の発疹ができ、はがれ落ちてくることもあります。 人の毛穴に潜む皮膚ダニもいます。 清潔にしていても皮膚にすみつきます。 増殖するとダニの排泄物が増え、これがアレルギーなどを引きおこす原因になります。 頭皮のかさぶたは乾癬が原因? 乾癬(かんせん)は赤く盛り上がった発疹があらわれ、皮膚の生まれ変わりが早くなり鱗屑(りんせつ)という白いフケになってポロポロとはがれてくる病気です。 ほかの人にうつるものではありませんが、はがれ落ちる前の状態がかさぶたのようになります。 また、 脂漏性皮膚炎によってかさぶたができる可能性もあります。 髪についた硬いフケ、もしかしたらアタマジラミかも 白いフケのようなものが髪の根元にみえるのに、全然落ちて来ないなら、それはアタマジラミかもしれません。 アタマジラミは頭髪に寄生する小さな昆虫です。 「シラミ?!」と驚く人も多いでしょうが、90年代からまた増加しています。 主に子どもの間で流行します。 清潔にしていても寝具、衣類、帽子、タオルなどの共用でうつります。 接触して過ごす場面の多い、子どものころにひろがりやすいのです。 家庭内感染でうつされる大人ももちろんいます。 発見した場合は感染を防ぐために幼稚園や保育園、学校などに知らせます。 発生を報告された学校などでは注意喚起が必要です。 痛みは神経痛や帯状疱疹の可能性 ブラッシング時など、頭頂部や生え際、後頭部などに電気が走ったようにピリピリと痛い場合は頭皮神経痛かもしれません。 自分でおかしいと感じる頭皮の部分を指で押すと強く痛む場合はその可能性があります。 帯状疱疹の痛みは 主に体幹部に帯状の湿疹があらわれます。 しかし、基本的に全身の皮膚に発症する可能性があるので、頭皮にビリビリとした痛みがあらわれることもあります。 産後のホルモンバランスの乱れも原因に 出産という大事を終えたお母さんには育児という次のストレスが待っています。 そこでおこる頭のかゆみは気になるものの、自分のメンテナンスに手がまわらない人も多いでしょう。 原因には、ホルモンバランスの乱れや寝不足などによるストレスがあります。 こうしたことが頭皮の血行不良や、乾燥などのダメージをもたらします。 また、忙しさで洗髪が不十分になっていることもあります。 かゆいところがハゲてきた! あらゆるダメージが引き金に 頭皮のかゆみをそのままにしていると、髪の毛が抜けることがあります。 皮膚の炎症は頭皮にダメージをあたえるからです。 マラセチアによる脂漏性皮膚炎などのほかに頭にできる水虫なども原因になります。 足にできるイメージの水虫ですが、水虫をおこす白癬菌(はくせんきん)にもいろいろ種類があります。 頭皮の水虫になると抜け毛がおこりやすくなります。 柔道、レスリングなどの格闘技を介して、海外から入ってきたトンズランス菌という白癬菌は頭皮にできます。 また、犬や猫が主にかかるミクロスポルム・カニスという白癬菌もあり、これはペットから人に感染する可能性があります。 空気の乾燥する冬にあらわれる乾燥性皮膚炎は、適度な水分や脂分が失われて頭皮がうるおいをなくし、乾燥することによってかゆみ、フケを生じます。 頭皮環境の悪化によって脱毛もおこりやすくなります。 アレルギーによって皮膚に強いかゆみをともなう発疹があらわれる アトピー性皮膚炎も、頭皮にあらわれれば抜け毛をおこしやすくなります。 また、自己免疫やストレスなどが原因と考えられる円形脱毛症では髪が抜ける前にかゆみを感じることがあります。

次の

頭皮にフケやかさぶた!出来てしまう原因と4つの対策

頭皮かさぶた ストレス

頭皮にかさぶたができて悩んでいる人は意外と多いと思います。 かさぶたができると、それが頭皮のかゆみに繋がり、無意識のうちに指で触ったり、爪で引っかいたりしてしまいます。 そしてまた、頭皮の同じ個所にかさぶたができてしまう。 そんな悪循環から1日でも早く抜け出したい。 1日でも早く治したいと思っている人も多いはずです。 ここでは、そんな多くの悩める子羊達(あなた)を、 頭皮のかさぶたから1日でも早く治す為の、原因と対処法を一緒に学んでいきましょう。 頭皮のかさぶたからくる「かゆみ」は、お風呂上がりだと余計に掻きむしりたくなりますが、そんなかゆみを今すぐ抑えたい人に、効果的なシャンプーや美容液なども存在します。 その為、頭皮のかさぶたが治るとフケや湿疹も一緒に治ったりする場合があります。 頭皮湿疹でお悩みの人は別の記事「」をご覧ください。 頭皮のかさぶたが出来てしまっている状態だと、頭皮環境の悪化により薄毛・抜け毛の原因になりかねません。 一刻も早く頭皮環境を整え、薄毛・抜け毛の原因を1つでも減らしていきましょう。 スポンサーリンク• 不規則、不摂生な食生活をしている。 不定期に就寝している。 最近運動をしていない。 帽子をいつも被っている。 ストレスが溜まっている。 シャンプー剤の洗浄成分が強すぎる。 シャンプー剤を手の平に取り、泡立てずにそのまま頭皮へ着ける。 洗髪時に爪が頭皮に当たっている。 洗髪後のすすぎ洗いで、シャンプー剤が頭皮に残っている。 風呂上りに頭皮と髪の毛が濡れている。 ドライヤーで頭皮を過度に乾燥させている。 クシで頭皮を傷つけている。 帽子や枕カバーを変えていない。 どうでしょう!?該当する項目ありましたか? 主な原因とされているのは「シャンプー剤の洗浄成分が強すぎる」というのが最有力候補です。 その他、シャンプー剤系やお風呂後の頭皮の乾燥も軽視できませんね。 シャンプー剤の洗浄成分が強すぎると頭皮に過度な刺激を与えることになります。 上図の様に刺激の強いシャンプーを毎回使用することにより、頭皮の悪循環が生まれてしまいますね。 そして意外と忘れがちなのが、「帽子や枕カバーを変えていない。 」これは帽子や枕カバーに雑菌が繁殖してその雑菌が頭皮に付いて炎症を起こし、かさぶたになります。 頭皮のかさぶた原因【病気編】 頭皮のかさぶたの原因の1つとして、病気ということが考えられます。 あなたはただの「かさぶた」と思っているかもしれません。 しかしそれは脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)という病気かもしれません。 脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹) 頭皮のかさぶたの正体は、この 脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)であることが多いとされています。 乳児・高齢者に特に多くみられ、乳児に発症する湿疹のことを 乳児脂漏性湿疹とも言われます。 この脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が多く、湿気の多いジメジメした環境(梅雨など)で特に多く見られる皮膚炎です。 脂漏性皮膚炎は発症すると、頭皮が赤くなりかゆみを伴います。 このかゆみから頭皮を掻き、かさぶたやフケが発生してしまうものです。 かゆみの程度には、人によりかなりの個人差があります。 ですから、多少かゆいなと思ったらそれは脂漏性皮膚炎かもしれません。 人の多くは顔や頭皮に皮脂腺が多い為、大半の人はこれらの部位にできてしまいます。 因みに 頭皮は顔(Tゾーン)の2倍もの皮脂腺があると言われています。 あなたが額や鼻に汗を掻いていれば、頭皮はその2倍もの量の汗を掻いていることになります。 ゾッとしますね… 脂漏性皮膚炎の原因は以下になります。 マラセチア菌(真菌)による頭皮の刺激• ビタミン不足(B2,B6)• アルコール依存• ストレス• 糖尿病• 肝疾患 実に多くの原因がある為、原因を特定するのが難しいとも言われていますが、「マラセチア菌~」、「ビタミン不足」の上記2つが最有力候補とされています。 マラセチア菌による頭皮の刺激とは? マラセチア菌とは皮膚常在菌の1つで真菌です。 簡単に言うと、皮膚に常にいるカビの一種です。 カビと言っても誰もが持っているものなので心配はいりません。 マラセチア菌が増殖すると、皮脂分解酵素を分泌します。 この皮脂分解酵素により皮脂は遊離脂肪酸とグリセリンに分解される。 そして分解された遊離脂肪酸が酸化することで、過酸化脂質に変化し、これが頭皮を刺激し炎症させる原因です。 マラセチア菌は皮脂と湿気を好む習性があります。 つまり、皮脂の分泌量が多い頭皮は危険だということ。 また、湿気が多い梅雨の時期もそうですが、お風呂上りで髪の毛が湿った状態のまま放置していると、このマラセチア菌を増殖させてしまい脂漏性皮膚炎になる可能性が高まります。 脂漏性皮膚炎による頭皮の炎症で、髪の毛が抜けやすくなってしまうことも少なくありません。 なので早めに対策することをおすすめします。 また、この記事の最後に脂漏性皮膚炎に最適なシャンプーも紹介していますが、すぐ見たい人は下記をご覧ください。 カダソンシャンプーという名の脂漏性皮膚炎に特化したシャンプーです。 これらのビタミンが不足すると皮脂(脂肪)が酸化しやすいとされ、酸化した過酸化脂質が頭皮を刺激します。 その刺激により頭皮のかさぶたが完成してしまいます。 頭皮のかさぶた画像 この写真は頭皮のかさぶたの画像です。 脂漏性皮膚炎ではありません。 なのでベタベタしている訳ではなく、どちらかと言うとカサカサしています。 大きさは10㎜の箇所もあれば、5㎜ぐらいの箇所もあり、表面はぶつぶつと髪の毛の穴が空いています。 かさぶたの色は画像のように白っぽいく、頭皮にかさぶたがある人は大体 この様なかさぶたが頭皮に複数ある状態です。 写真は一般的な頭皮のかさぶた画像です。 あなたの頭皮にも、このような乾燥したフケや粉っぽい白い塊があったとしたら、それは頭皮のかさぶたかもしれません。 また画像のかさぶたは乾性フケに近いものがあります。 なのでこのような頭皮のかさぶたを持っている人は、フケみたいに肩へ白い粉が落ちて汚く見えてしまいます。 周りからはフケのように思える物も「頭皮のかさぶた」だということもあります。 1日でも早く治したい人の対処法 1日でも早く治したい人は 皮膚科へ行くことをオススメします。 一番手っ取り早く治せる対処法です。 皮膚科へ行く 皮膚科へ行く。 ですが実際多くの人は皮膚科へは行かないと思います。 「たかが、かさぶたが出来たぐらいで大袈裟な」と…その気持ちは充分承知しています。 私の嫁さんも頭皮にかさぶたがあり、頭をよく掻いてました。 頭皮を見ると出血していましたね。 その時の私達のやり取り 私: 「皮膚科へ行けば?」 嫁: 「嫌だ!」と言い返してきやがった。 私: 「何で?」と聞くと 嫁: 「病院嫌いだし、面倒くさい!」ってそんだけかい。 私: 「でも病院いけば楽になんじゃない?」心配の眼差し! 嫁: 「皮膚科って混んでるし、それにこのぐらい病院行くほどじゃないよ」このお方はかさぶたを舐めているな。 私: 「病院は混むもんだよ。 はよ行け!」正論です。 嫁: 「大丈夫だって、うっさいなー」うるさいって心配してんのに… 汗 風邪引いた時は、嫁: 「私もうだめかも。 」ぐらいの勢いで病院へ行くと自分から言い出すくせに、ほんと気分屋です。 私の予想だと掻いて一時的にスッキリするから、頭皮にかさぶたが出来た時は病院へ行かない。 風邪の場合は熱が出たり、喉が痛かったり等、自分ではどうしようもないから病院へ行くのではないでしょうか。 皮膚科で飲み薬や塗り薬で治療できると思います。 一般的には外用坑真菌薬という塗り薬を使用して治療をしていきます。 この外用坑真菌薬は1週間~2週間位で効果が出始める為、1日でも早く治したい人の対処法としては1番適しています。 ただし、 数ヶ月で再発する可能性が非常に高く、あくまでもその時に発症した脂漏性皮膚炎の改善には最適です。 頭皮のかさぶたが治ったとしても、根本的な原因を排除しなければまた頭皮のかさぶたができ、苦しむことになるでしょう。 そうならない為にも、原因に対する対処法(下記参照)を実行することが大切になってきます。 頭皮のかさぶた対処法【直接対策】 直接対策とは頭皮へ直接的に原因になるものを排除したり、変更するというものです。 この直接対策を実行することにより、 比較的早い段階での回復も期待できます。 具体的には以下のようになります。 シャンプーを変える• シャンプー剤をしっかり洗い流す• 風呂上り後しっかり適度に乾燥させる• ドライヤーを変える• 帽子や枕カバーに除菌スプレーを掛ける シャンプーを変える 簡単にいきます。 シャンプーには頭皮への刺激が強いものと弱いものがあります。 強すぎる刺激は頭皮を傷つけたり、かゆみやフケを発生させ、それらが原因でかさぶたになる可能性があります。 こちらの「」でシャンプーの何が強すぎて頭皮に良い成分は何かを詳しく説明しているので、シャンプーを変えようと思っている人は参考にしてください。 シャンプーを変えることによって、頭皮のかさぶたが無くなると言うケースはとても多く、ちょっと肌の弱い人は刺激の弱いシャンプーに変えるだけでも治ってしまうこともあります。 「昔から同じシャンプーを使用していたのに、急に頭皮のかさぶたが出来始めてしまった。 」という人でも、原因がシャンプーというケースがあります。 その理由として、体質変化や環境変化等がある為です。 身近な存在でいうと、ストレス、禁煙、加齢、転職したとか、そんな感じのたぐいですね。 これらの体質や環境の変化によって、自分では気づかないレベルの変化が生じ、それが頭皮のかさぶたやかゆみに出てしまう場合があります。 シャンプーを変えることは、何も薄毛・抜け毛の為に買い換えることだけでは無く、 頭皮のかさぶたやかゆみを治す有効な手段の1つともいえます。 頭皮環境を正常に整えることでかさぶたなどが自然に改善されていく可能性もあります。 また、こちらの「」ではサクセスシャンプーをピックアップした記事になっていますが、一般的に市販されているシャンプー剤も、そのほとんどが同じような強い刺激が入っていることが多く、参考になると思います。 記事の最後に「頭皮のかさぶた」、「頭皮のフケ」、「頭皮のかゆみ」に最適だと思うシャンプーについて少し書いておきますね。 シャンプー剤をしっかり洗い流す このサイトでもちょくちょく書いているのですが、シャンプーで洗髪をした後しっかり洗い流さないとシャンプー剤が頭皮に残っていてそれが頭皮のかさぶたに関係してきます。 この様にならない為にも、シャンプーを使用した後のすすぎ洗いは入念にやった方が良いです。 また、すすぎ洗いをした後は身体にシャンプー剤が付着したままの場合もあり、背中や首回りにニキビが出来てしまう人はこれが原因の可能性があります。 雑菌はジメジメが好きなようです。 なので頭をタオルドライしてある程度水分を取った後に、ドライヤーでしっかりとそして適度に乾燥させることが大切です。 ここでは「しっかりと適度に」が重要で難しい所です。 ドライヤーで乾燥させ過ぎてしまうと、それは乾燥からくるかゆみに繋がり、結果かさぶたが完成してしまう。 頭皮が濡れたままでも雑菌が繁殖して、かゆみから頭を掻きこれまたかさぶたが完成してしまう。 しっかりと乾燥させることは大切ですが、あくまでも適度に温め過ぎないように乾燥させていくことを意識して行いましょう。 適度にしっかりと何て難しいと思われているそこの貴方は、ドライヤーを変えてみるという手もあります。 ドライヤーを変える 適度にと言われても良く分からんって人の為に、最近のドライヤーにはスカルプモードってのが付いているドライヤーがあります。 このドライヤーに関して詳しく知りたい人は、こちらの記事「」を見て頂ければ分かりやすいです。 ナノケアドライヤーで薄毛・抜け毛の改善が見込めるのか記事にしてあります。 帽子や枕カバーに除菌スプレーをかける 帽子や枕カバーは頭皮や髪の毛に何時間も直接接触しています。 夏の暑い日に帽子を被ってお出かけするにしても、4~6時間ぐらいは被っていると思います。 直射日光を避けるという意味で、帽子は非常に有効的な手段の一つだと私も思います。 しかし、帽子を長時間被っていれば、当然汗を掻いて帽子と頭皮の間はサウナ状態になり、かなり蒸れます。 そんな帽子を脱いで、そのまま放置されていませんか?頭皮はお風呂に入って綺麗になりますが、帽子はまだ汚いままです。 私もたまにやってしまうのですが、私服等は直ぐに洗濯機に入れるくせに帽子は入れず、家に帰ってきたら帽子掛けにパサッと掛けてしまいます。 こんな状態では帽子に雑菌が繁殖してしまい、次に帽子を被ってしまったら最後!その雑菌が頭皮や髪の毛に移ります。 そして頭皮が汗をかいたらもっと繁殖していく…。 考えると気持ち悪いですが事実なので受け止めるとして、雑菌を繁殖させない為にも洗濯するか、除菌スプレーを掛けるかしましょう。 オススメは除菌スプレーですね。 手軽に出来て最近では日干しするよりも雑菌の繁殖を防げる除菌 スプレーが売られている程、進化しています。 除菌スプレーはお近くのドラッグストア等に売られています。 枕カバーも帽子と同じで、人は寝ている時に汗を大量に掻くので、枕カバーがそのままだと雑菌もかなり繁殖していることになります。 こちらも洗濯するか除菌スプレーを使うかして、頭皮のかさぶたになりそうな原因を1つでも排除して対策しましょう。 頭皮のかさぶた対処法【間接対策】 頭皮のかさぶた対処法の直接対策は理解していただけたと思います。 次は間接対策です。 ここでは、間接的に頭皮のかさぶたの対策になるものを紹介していきます。 間接対策を実行することにより、直接対策よりも回復に時間が掛かります。 ですが、これら対処法は 対策と同時に予防も出来る為、再発防止になるとても有効な手段の1つです。 間接対策は、以下の通りです。 ビタミンB2、B6を摂取する• 食生活の改善をする• 適度な運動をする ビタミンB2,B6を摂取する ビタミン(B2,B6)は皮膚の代謝を改善して、傷ついた頭皮を回復してくれたり、酸化を防いでくれる効果に期待できるので積極的に摂取しましょう。 ビタミンB2 レバー、うなぎ、卵、納豆に多く含まれています。 ビタミンB6 マグロの刺身、バナナ、野菜、大豆、小麦に多く含まれています。 食生活の改善をする これは何の病気に対しても基本中の基本です。 不規則不摂生、暴飲暴食な食事を治すことは大前提になります。 それから唐辛子やキムチなど刺激の強い食べ物が好きな人は出来るだけ抑えるようにした方が良いでしょう。 これらの刺激物は肌や頭皮を酸化させる原因にもなります。 これらを意識した食事の取り方が大切です。 適度な運動をする あなたは適度な運動してますか? 人には誰しも、代謝というものがあります。 代謝を高めると身体の血行が良くなるものです。 運動は面倒くさいかもしれませんが、適度な運動が体に与える影響はもの凄くメリットが大きいです。 運動すれば代謝も良くなり、筋肉もつき、発汗することにより、ストレスも軽減されます。 何より薄毛・抜け毛にも効果的です。 頭皮のかさぶたの原因には、じつに様々なものがあり、それを完璧に特定するのは難しいとされています。 しかし、適度な運動は身体を向上させ、良い変化をもたらしてくれることは確実です。 今一度、自分と向き合い、考えてみてください。 頭皮のかゆみを今すぐ抑えたい人の為のシャンプー 頭皮のかゆみや、かさぶたが原因のかゆみを今すぐ抑えたい人には、毎日使用しているシャンプーを変えることで解決される場合も多いです。 頭皮のトラブルに私が最適だと思うシャンプーを、3つだけ載せておくので参考にしてください。 コラージュフルフルネクストシャンプー 皮膚科でも紹介されている 抗真菌剤入りシャンプーです。 こちらは育毛シャンプーではありません、フケやかゆみ等の頭皮トラブル用シャンプー、リンスです。 このコラージュフルフルシャンプーは、抗カビ成分の 「ミコナゾール硝酸塩」を、 シャンプー、リンスに配合しています。 その為、頭皮のかさぶた、フケ、かゆみの原因とされている雑菌の繁殖を抑えてくれます。 これは日本初です。 また、頭皮のにおいを防ぐ、抗酸化・抗菌成分の 「オクトピロックス」も配合されています。 この2つの有効成分で頭皮のトラブルに対抗するシャンプー、リンスです。 コラージュフルフルシャンプーは、マラセチア菌などを倒してくれる効果に期待できるシャンプーです。 使用する人に合わせた2種類のタイプがあります。 こんな人におすすめ!• 既に頭皮に雑菌が繁殖している人。 脂漏性皮膚炎の人。 頭皮のかさぶたがなかなか治らない人。 このカダソンシャンプーは皮膚科専門医と共同開発したシャンプーで、 脂漏性皮膚炎に特化したアミノ酸系シャンプーです。 かゆみやフケの原因にもなる添加物が入っていないので、脂漏性皮膚炎の他にも頭皮のかさぶたや湿疹、かゆみ、赤み、フケの症状が出ている人におすすめのシャンプー。 コラージュフルフルシャンプーよりも即効性は落ちますが、脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア菌がエサとして好む油系の保湿成分の代わりに水溶性の保湿成分(シロキクラゲエキス)が配合されているので、菌の増殖を防ぐ効果に期待できます。 そんなカダソンシャンプーは、中長期的な視野での回復に期待できるシャンプーといえます。 コラージュフルフルシャンプーは殺菌ですが、このカダソンシャンプーは マラセチア菌が苦手な頭皮環境を作ることで異常発生を防いでくれるシャンプーです。 なので、菌の増殖をあらかじめ予防したり再発防止に最適。 口コミなどを見ても、まずはこちらから試した方が良いかなと。 脂漏性皮膚炎の人におすすめなシャンプーってなかなかありません。 公式サイトにも「脂漏性皮膚炎」という言葉が出てくるシャンプー自体がほぼありません。 詳しくは公式サイトを確認してみてください。 脂漏性皮膚炎で何を使っても効果がなかった人は、一度使用してみることをオススメします。 こんな人におすすめ!• 脂漏性皮膚炎予備軍の人。 以前、脂漏性皮膚炎だった人。 頭皮の皮脂が多く菌が繁殖しやすい人。 このイメルシオは、頭皮の「かゆみ・フケ・臭い」用の美容液です。 特に頭皮のかさぶたや乾燥などといった 「かゆみ」を抑える成分を低分子化しているので、頭皮の角質層まで浸透し、かゆみを緩和してくれます。 また、髪の毛の補修成分も配合されているので、毛髪のトリートメント効果にも期待できます。 ちょっと特殊ですが、使い方は簡単です。 お風呂でシャンプー後、そのまま頭皮に塗布&マッサージをして洗い流すだけ。 トリートメントみたいな使い方ですね。 このシャンプー後すぐにケアする「インナーバスケア」により、 お風呂上りの乾燥からいち早く地肌を守ることができます。 敏感肌の人にも優しい無添加・低刺激成分で作られている化粧品なので、副作用なども出にくいのがメリットです。 シャンプーではないので、上記2つと併用してもOKなところが良いですね。 イメルシオを使用している人の「約9割は女性」ということで、女性にはかなり人気みたいです。 頭皮のかさぶた対処法• 病院へ行く• シャンプーを変える• シャンプー剤をしっかり洗い流す• 風呂上り後しっかり適度に乾燥させる• ドライヤーを変える• 帽子や枕カバーに除菌スプレーをかける• ビタミンB2,B6を摂取する• 食生活の改善をする• 適度な運動をする• を使用する• を使用する• まとめはこんな感じになります。 私の見解は、かさぶたができた時点で早めに皮膚科へ行き、今ある頭皮のかさぶたの処理をして改善されるのが良いと思います。 それと同時進行して、それ以外のかさぶたの対処法を実行していくことで早期回復が見込め、 再発する恐れがない健康的な頭皮を得ることができる近道です。 スポンサーリンク \ この記事をシェアしてみよう /.

次の

頭皮が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

頭皮かさぶた ストレス

頭皮にできるかさぶた。 とってもかゆくて厄介なこのかさぶたは、いったい何が原因で起きているのでしょうか?その原因と対策を見ていきましょう。 頭皮にできるかさぶた、一番大きな原因は脂漏性皮膚炎 頭皮にできるかさぶたのなかで、最も大きな原因になるのが「脂漏性皮膚炎」です。 脂漏性皮膚炎は、頭皮のかゆみや湿疹の原因にもなるものであり、頭皮のトラブルの筆頭に挙げられるものです。 脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が過剰になることで起こるのですが、この「皮脂」が真菌であるマラセチアの繁殖を促進させます。 真菌が活発になると、人間の免疫力は低下してしまいます。 免疫力が低下すれば、当然マラセチアはますます増えることになります。 これが皮膚の炎症を引き起こし、皮膚がぼろぼろと剥がれ落ちる、という工程をたどります。 かさぶたにも似た手触りのこの皮膚は、爪でひっかくとぼろりと崩れ落ちます。 このときの感覚が快楽になったり、かゆみからついつい頭をかいたりすることで、頭皮の状況はどんどん悪化していくことになります。 爪でひっかいた部分から血が流れ、それがかさぶたになる、というように、悪循環に陥る可能性も高く、非常に厄介なのです。 かさぶた対策はどうするの? このかさぶたを作らないためには、 ・頭皮にかさぶたができてもはがさない ・免疫力を高めるように努める ・自分に合ったシャンプーを選ぶ ・それでもだめな場合は病院に行く という4か条を守る必要があります。 免疫力を高めるためには、脂っこいものを避け、煙草やお酒を慎み、睡眠時間を確保し、毎日適度な運動を行う、ということがとても大切です。 また、ストレスの解消にも努めましょう。 これは健康的な生活をする上で常に話題に上る事柄ですが、頭皮の環境を改善する上でも重要なのです。 脂漏性皮膚炎の対策シャンプーを選ぶとき、特に気を付けたいのは、「皮脂を取りすぎる強いものは選ばない」ということです。 もちろん適度に皮脂を取り去ることは必要ですが、あまりにも皮脂を取りすぎてしまうと、「肌のバリアである皮脂がなくなってしまった!今すぐ大量の皮脂を分泌して、頭皮をフォローしないと!」と身体が認識し、更に皮脂の分泌を促進させてしまいます。 それでもだめなら、病院にいって診察を受けるようにしましょう。 頭のかさぶたは、ついつい気になってひっかいてしまうもの。 ですが、早期治療のためにも、正しい原因と対策を知っておくことが必要です。

次の