問題 が 発生 したため pc を 再 起動 する 必要 が あります 0。 WINDOWS10のパソコンで問題が発生したため、PCを再起動する必要がありま...

Windows10で修復不可能なブルースクリーンエラーを直す方法

問題 が 発生 したため pc を 再 起動 する 必要 が あります 0

パソコンを立ち上げたら、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 エラー情報を収集しています。 自動的に再起動します」というブルースクリーンが表示され、再起動すると、また同じ画面が現れてしまいます。 そのような現象はBSOD(死のブルースクリーン)エラーと呼ばれます。 画面に出る停止コードは下記の通りです。 ALWAYS LOOK ON THE BRIGHT SIDE OF LIFE• BAD SYSTEM CONFIG INFO• DRIVER POWER STATE FAILURE• INACCESSIBLE BOOT DEVICE• KERNEL SECURITY CHECK FAILURE• MEMORY MANAGEMENT• SYSTEM THREAD EXCEPTION NOT HANDLED• UNEXPECTED KERNEL MODE TRAP• 下記の解決策を参照してください。 BSODの原因 死のブルースクリーンエラーをもたらす具体的な原因を特定するのは難しいです。 一般的に、ハードウェアの問題またはハードウェアドライバーの問題が原因で「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と出てしまいます。 「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」ループに遭遇した原因は以下の通りです:• システムファイルが破損しています• あるレジストリファイルはSystem32フォルダから削除されました• パソコンの熱暴走• メモリ(RAM)使用率が高すぎます• ウイルス感染• 強制的なシャットダウン 何度再起動しても同じ症状になり、再起動の無限ループにはまります。 更に深刻なのはBSODエラーはデータ紛失を招く可能性があります。 したがって、データの救出とエラーの修復は急務です。 ケースA:お使いのPCがセーフモードで起動できる Windows 10が起動できない時に、以下の手順に従って、セーフモードに入ってください。 Windows起動中にリセットボタンまたは電源ボタンを押し、3 回以上連続して起動を失敗させることで、自動修復または「スタートアップ修復」が実行されます。 次に、4またはF4キーを押して、セーフモードで起動します。 解決策1. ドライバーの更新 欠陥のあるドライバーは、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」というエラーをもたらす可能性があります。 すべてのデバイスドライバーが最新バージョンであることを確認してください。 セーフモードで専門のドライバ更新ツールを利用する必要があります。 解決策2. 最近インストールしたアプリケーションをアンインストールする 最近インストールされたアプリケーションによって、RAMの使用率が高くなり、ブルースクリーンエラーを招く可能性があります。 どのプログラムをインストールした後に問題が発生したのか思い出してください。 Windows 10セーフモードに入った後、「スタート」メニューの「 プログラムと機能」をクリックします。 次に、最近インストールされたプログラムを確認してアンインストールします。 提示:Windowsセーフモードでアプリケーションをアンインストールすると、「Windowsインストーラサービスにアクセスできませんでした」というエラーメッセージが表示される可能性があります。 次のように操作してください。 解決策3. 次に、「起動と回復」欄の「設定」をクリックします。 「デバッグ情報の書き込み」の下のドロップダウンメニューをクリックし、「完全メモリダンプ」オプションを選択します。 解決策4. 処理が完了したら、PCを再起動し、ブルースクリーンエラーが表示されるかどうかを確認します。 ケースB:PCがセーフモードで起動できない パソコンがセーフモードで起動できない場合、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 」を修復するには、以下の解決策を試してください。 解決策1. 各項目を確認して「次へ」をクリックします。 解決策2. システムの復元 初期設定ではCドライブのみ自動的に作成されるようになっていますが、仮に、システムの復元を実行して復元ポイントが見当たらない場合は、自分で設定を変更してシステムの保護が無効になった疑いがあります。 利用可能な復元ポイントがある場合、下記の手順に従ってシステムの復元を行って、オペレーティングシステムを以前の状態に戻すことができます。 システムの復元処理が完了したら、Windowsを再起動します。 利用可能な復元ポイントがない場合、次の解決策を試してください。 解決策3. Windowsの初期化または再インストール 前述した解決策で「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 パソコンが起動できないので専門的なWindowsデータ復旧ツールを利用する必要があります。 また、パソコンが起動できなくてもデータを取り戻すことができます。 アカウントを選択してパスワードを入力し、「初期状態に戻す」をクリックします。 (注:Windows 8の場合、個人用ファイルを保持できません。 ) Windows 10の再インストール:を参照してください。 これから、どうすればいい? Windowsシステムイメージを作成すれば、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」のようなトラブルから抜け出せると思います。 あちこち解決策を探すことなく、システムイメージを利用してパソコンを素早く正常な状態に戻すことができます。 MiniTool ShadowMakerは、Windowsオペレーティングシステム、ディスク、パーティション、指定したファイルをバックアップできるWindowsバックアップソフトウェアです。 30日間無料試用版をダウンロードしてMiniTool ShadowMakerのバックアップ機能を体験できます。 「このコンピュータ」を選択して接続します。 変更を加えない場合、MiniTool ShadowMakerはデフォルトでは実行中のOSをバックアップします。 「Scheme スキーム 」機能を使って、バックアップファイルが占めるディスク容量を管理することができます。 「Options オプション 」機能を利用して、ファイル圧縮などのバックアップイメージの詳細設定を行うことができます。 設定が完了したら、「Backup Now 今すぐバックアップ 」をクリックします。 パソコンに問題が発生した時にブータブルメディアを使用して、システムの復元を実行してオペレーティングシステムを以前の状態に戻すことができます。

次の

対処法:Windows10で「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」

問題 が 発生 したため pc を 再 起動 する 必要 が あります 0

エラー通知は次のようになります。 「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 エラー情報を収集しています。 自動的に再起動します。 (1)ハードウェアの損傷:問題のあるハードディスク、プロセッサ(CPU)、ビデオカード、メモリなどがあります。 (2)ドライバーーが古い、または損傷している:Windowsのアップデートの後でよく発生します。 (4)システムオーバークロック。 ステップ1.「設定」>「更新&セキュリティ」>「WindowsUpdate」>「アップデート」を確認の順にクリックします。 方法2:BIOSでオーバークロックの設定を無効にする もう一つの方法は、BIOSでオーバークロックオプションを無効にすることです。 ステップ1.WindowsでBIOSを開きます。 スタートメニューを右クリックし、 「設定」をクリックします。 「更新&セキュリティ」で、 「WindowsUpdate」を選択します。 「高度なスタートアップ」で 「今すぐ再起動」をクリックします。 PCが再起動したら、 「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「UEFIファームウェアの設定」の順に選択します。 そして再起動をクリックします。 すると、パソコンのBIOSメニューに入ります。 ステップ2.オーバークロック設定を無効にします。 BIOSメニューから、Advanced>Performanceに進み、Overclockingオプションを見つけます。 オーバークロックをDisableに設定して、PCを再起動します。 方法3.システムの復元 システムの復元を実行すると、コンピュータを少し前の状態に戻し、システムが正常に動作している状態に戻すことができます。 システム保護設定を有効にしている場合、Windowsをアップデート、または新しいソフトやドライバーーがインストールされるたびに、システムの復元ポイントが生成されます。 パソコンを少し前の復元ポイントに復元するには: ステップ1.「コントロールパネル」>「リカバリー」を開きます。 ステップ2.「システムの復元」を開けて、 「次へ」をクリックします。 ステップ3.ここで復元ポイントを選択します。 復元ポイントがない場合は、システム保護が無効に設定されている可能性があります。 システムの復元を執行する場合、個人ファイルは削除されませんが、最近インストールされたアップデート、ソフト、またはドライバーーは削除されます。 特に、最近で新しいドライバーをインストールした場合、またはシステムをアップデートした場合、この方法はおすすめします。 ステップ1.デバイスマネージャーを開けます。 ステップ2.ドライバーを右クリックし、 「ドライバーの更新」を選択します。 というのは、ディスクをチェックする意味です。 ドライブを修復できるコマンドです。 ステップ1.スタートボタンを右クリックし、 「検索」をクリックします。 cmdと入力してコマンドプロンプトを開きます。 ほかのボリュームをチェックしたい場合、Cをほかのボリューム名に置き換えましょう。 ステップ3.「次回のシステム再起動ときに、このボリュームのチェックをスケジュールしますか?」という行が表示されます。 Yを入力すれば、はいが選択されます。 そしてパソコンを再起動し、ディスクのチェックと修復を開始しましょう。 ご注意:CHKDSKコマンドはデータを復元しません。 また、データの損失を引き起こす可能性があります。 実行する前にはデータをバックアップしてください。 Sfc scannowを利用してWindows10、8、7のシステムファイルを修復することができます。 ステップ1.コマンドプロンプトを起動します。 sfcコマンドはパソコン上の重要システムファイルをスキャンし、破損したファイルを修復します。 コマンドの実行はしばらく時間がかかります。 方法7.Windowsのメモリ診断を実行し、メモリをチェック Windowsのメモリ診断ツールでメモリをチェックし、メモリが故障しているかどうかを確認できます。 ステップ1.スタートボタンを右クリックし、 「検索」をクリックします。 「メモリ」を入力し、Windowsメモリ診断を選択します。 ステップ2.PCが再起動され、Windowsメモリ診断が起動します。 メモリ診断ツールでメモリのテストを実行しましょう。 もしメモリにはエラーが見つかった場合、ツールがエラーを報告します。

次の

WINDOWS10のパソコンで問題が発生したため、PCを再起動する必要がありま...

問題 が 発生 したため pc を 再 起動 する 必要 が あります 0

修理事例をご覧いただき、ありがとうございます。 パソコンドック24 仙台駅東口店の相沢です。 今回は、OS(Windows 10)が正常起動しないNEC社製のノートパソコン(VersaPro VK26MD-B)の修理事例をご紹介いたします。 まずは実際に修理に入る前の下準備です。 当店ではOSが正常に起動できない場合、記憶装置(今回の場合HDD)の 健康状態を確認した後、完全な バックアップを作成します。 これによって、当店で修復のために様々な操作を試行しても、お客様の大切なデータを失ってしまったり、悪化してしまったりすることを防ぐことができます。 また修理をキャンセルされた場合であっても、お預かりしたそのままの状態でお返しすることが可能です。 単純に「OSが正常起動しない」と言う症状であっても、 考えられる原因は多岐に渡り、それを特定するまで様々な修理方法を試します。 具体的な症状を診察するため、お客様の環境をバックアップしたHDDを利用して確認します。 NECのロゴが表示され、その後Windowsロゴは出るものの、正常起動せずにブルースクリーンとなりました。 表示されているメッセージは、 「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。 自動的に再起動します。 詳細については、次のエラーを後からオンラインで検索してください. この後、自動的に再起動が実行されて自動修復が試みられますが、修復は成功しません。 Windowsの自動修復でも直らない場合、手作業で原因特定し、ピンポイントで修復や是正を試みます。 「詳細オプション」に進んでチェックを行っていくのですが、セオリーは セーフモードの確認です。 セーフモードは Windowsの起動に最低限必要なもの以外を無効化するモードです。 このモードではOSが起動するときに一緒に立ち上がるソフトウェアも大半が無効化され、Windowsに備わっている機能(例えばネットワーク等)も制限されます。 今回の場合は、幸いなことにOSがセーフモードで正常起動しました。 つまり、OS本体ではなく、OSに付随して動き出すものが原因となっている可能性が高いです。 いくつかパターンはあるものの、今回は事前にお客様から「特に変なことはしていないのに壊れた」とお聞きしていました。 よく耳にする、 「 何もしていないのに壊れた」 と言うワードですが、修理屋にとっては大事な情報です。 つまり、 意図的に実施されるものではなく、自動実行されるものでOSが破損している可能性が考えられます。 その中でもよくあるのはWindows Updateの自動更新です。 最近のWindows UpdateではOSだけでなくWindows製のソフトウェアやセキュリティから、デバイスドライバと言われる機器制御用のソフトウェアまでも自動更新されます。 それらをチェックしていくと、デバイスドライバに「!」マークが確認できます。 デバイスドライバが何らかの理由で不具合や誤作動を起こすと、OSが機器を制御することができなくなり、正常起動しないこともあります。 これがOSの起動を妨げているのであれば、アンイストールしてしまえば起動するはずです。 想定通り、正常起動しました。 後は、Windows Updateをやり直し、アンインストールしたデバイスドライバの代わりに適切なデバイスドライバをインストールして修理完了です。 今回は、 故障前のお客様がご利用していた環境に修理することができました。 システム故障の場合、単純にOSを再インストール(初期化)したり、リカバリー(工場出荷時の状態)したりするのは簡単で早い修理方法ではあります。 しかし、それではお客様が使っていたソフトウェアの再インストール、メールやプリンターの設定などをやり直さなくてはならない手間や煩わしさがあります。 当店ではお客様にとって何が最善か考え、技術的に可能な限り、今回のように故障以前の状態に戻す修理も行っております。 メーカー修理等で初期化が必要と言われたパソコンであってもお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。 PC修理 「正常に起動しない」の症状は?(修理に関する参考費用はこちら)•

次の