京都 アニメーション 犠牲 者。 京アニ犠牲者全員の実名公表 「とにかくメディアが最悪だった」英テロ報告書があぶり出した報道の良心とは(木村正人)

京アニ犠牲者全員の身元公表、メディアが苦悩した実名報道の在り方

京都 アニメーション 犠牲 者

放火事件があったアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ=18日午後、京都市伏見区 Photo:JIJI 18日午前、京都市伏見区のアニメ制作会社のスタジオに男が放火し、33人が死亡、35人が負傷する大惨事となった。 男は「死ね」と叫びながら侵入してガソリンをまき、多目的ライターで火を付けたとみられる。 現場近くからはハンマーや庖丁なども見つかった。 警察庁によると、平成以降の放火殺人事件としては最悪の犠牲者数。 男の目的は何だったのか。 男もやけどを負い容体は重いというが、京都府警による動機の解明が待たれる。 また犠牲者がこれほど増えてしまった原因はなにか。 京都府警は19日午前、現場検証を開始した。 (事件ジャーナリスト 戸田一法) 免許証の住所は埼玉 事件が起きたのは18日午前10時半ごろ。 京都市伏見区桃山町因幡にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市、通称・京アニ)の第1スタジオにさいたま市の男(41)が侵入。 バケツからガソリンをまいて、火を付けたとされる。 当時、スタジオには社員70人前後がいた。 35人が重軽傷を負って搬送され、1階で2人、2階で11人、2階から3階の階段で1人、3階から屋上に向かう階段で19人が遺体で見つかった。 スタジオは3階建てで、1階が事務所、2階と3階がアニメ制作のフロアになっていた。 西側の階段と中央部にらせん階段があり、アニメーター同士がやりとりしやすいよう、壁のない構造だった。 犠牲者の多くが3階から屋上にかけての階段で折り重なるように倒れていたが、火災の発生が1階で下りられず、逃げ場を失って力尽きたとみられる。 屋上に出るためのドアは閉まったままで、何らかの理由で開けることができなかったようだ。 男は放火した後、逃走。 スタジオから100メートルほど離れた一般住宅のインターホンを押し、住人の女性が玄関に出ると男が倒れていたという。 Tシャツにジーンズ姿で靴は履いておらず、足は血まみれ。 髪は焦げ、顔にはすすが付いていた。 両腕は重いやけどで皮がむけ、服には火種がくすぶっていた。

次の

京アニ放火、氏名公表された犠牲者10人の軌跡。「らき☆すた」「氷菓」珠玉の作品を作り続けた武本康弘監督ら

京都 アニメーション 犠牲 者

10人の氏名は次の通り 京都府警によると、亡くなった10人の氏名は次の通り。 (五十音順) 宇田淳一さん(34)=京都府宇治市= 大村勇貴さん(23)=同市= 笠間結花さん(22)=京都市伏見区= 木上益治さん(61)=同区= 栗木亜美さん(30)=京都市東山区= 武本康弘さん(47)=京都府宇治市= 津田幸恵さん(41)=京都市伏見区= 西屋太志さん(37)=京都府宇治市= 横田圭佑さん(34)=京都市伏見区= 渡邊美希子さん(35)=京都府井手町= 京アニの金字塔「日常系アニメ」で人気。 武本さんは兵庫県出身。 専門学校を卒業後、京都アニメーションに入社し、2003年の「フルメタル・パニック?ふもっふ」で初めてテレビアニメの監督を務めた。 武本さんは、京都アニメーションの代名詞ともいえる「日常系アニメ」で、多くの人気作品を生み出してきた。 教科書のデザインひとつとっても、実在の出版社で出されている教科書に似たような色使い。 実際に、机の中にその教材が入っていた人間には、自分の使っていた教室の質感が、そのまま手に取るようにわかるのだ。 2000年代中盤にあって、学内でアニメの話をするのはまだかなり勇気のある行為だった。 「オタク」であることを隠さず、「アニメが見られなくなるから」と帰宅部を選んだことを公言するキャラクター。 左利きであることが描かれても、それが特徴づけとして使われないナチュラルな多様性の受け入れ。 全体が、とても優しい空気で包まれているのだ。 実際の情景が描かれ、舞台となった埼玉県の鷲宮神社などをファンが訪れる「」という盛り上がりも注目された。 武本監督作品の中で、特にその繊細さが高い評価を受けたアニメシリーズでは「氷菓」も特筆すべき作品だ。 原作のミステリー小説の世界観をふんだんに生かし、「日常の謎」を追いかける高校生たちをカメラアングルやセリフ回し、圧倒的な作画センスで魅せた青春群像劇。 最終回に至っては、桜の散る柔らかさが本物の桜以上に美しい。 キャラクターは超人的な能力を持っていたり、大どんでん返しを起こしたりはしない。 「可愛らしい」「カッコいい」というステレオタイプな印象付けではなく、キャラクターの微妙な表情の動き、セリフのテンポの良さで個性を際立たせた。 未来の決まらない10代の不確実性を、いい意味でもその反面でも丁寧に描き出す珠玉の作品といえる。 アニメーターのレジェンド、木上益治さんも犠牲に アニメーターの木上益治(きがみ・よしじ)さんは、京アニが初めて自主制作したアニメ「MUNTOシリーズ」の監督も務めた。 京アニへは転職組として武本さんの前年に入社。 京アニ入社前には、若手有能アニメーターを結集させた1988年公開のアニメ映画「AKIRA」や、ジブリ作品「火垂るの墓」でも原画担当として活躍した。 映画「AKIRA」は、「リアルアニメ」の代名詞として、海外でも衝撃を持って受け入れられた。 木上さんは2011年、京都文化博物館で開かれたイベントで、武本さんらとともに登壇。 京アニのスタッフについてベテランの立場から「スタッフ全般に言えることですが、キャラへの思いが凄いんです。 愛を持って作画している。 それが新人にさえあるんです。 その気持ちは大切にしたい」と笑顔で語っていた。 木上さんに対して中途半端な状態で仕事を見せると、「何も言わずにすべて木上さんに直されてしまう」といい、その仕事への情熱と姿勢は、京アニに勤めるアニメーターの精神的支柱のような人物だったといわれる。 京アニの制作環境について「立場のある人がしっかり後輩をフォローできる。 だから愛情を入れられるし安心して作業ができる。 スタッフを育てて、みなさんに喜んでもらえるフィルムを皆さんに届けていきたい」とも語っていた。 木上さんはその思いの通り、アニメーターを育てる同社の養成塾で講師も務めていた。 「犬夜叉」特殊効果、劇場版「響け!ユーフォニアム」の作画総監督もーー 宇田淳一さんは、動画担当として多くの作品に関わった。 女子高の生徒がバンドを結成したところから、卒業までの日々を描く「けいおん!」、「MUNTOシリーズ」以来2作目のオリジナル作品となった「たまこまーけっと」などの動画を務めた。 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、新作映画が公開を予定しており、その新作でも美術監督を務めている。 今後を期待された新入社員も犠牲に 今回の事件では、4月に入社したばかりの笠間結花さんと大村勇貴さんも犠牲になった。 笠間さんは、大阪成蹊大学芸術学部を卒業。 デジタル作画や動画などアニメーションの技術を学び、アニメーターとして活躍する第一歩を踏み出したばかりだった。 京都アニメーション内定者として、同大学の「VISUAL ART BOOK 2020」には、現役クリエイターから学んだ技術について「特に動画制作やアニメーションの授業で学んだ映像の仕組みや技法などは、これからの仕事に大いに役立つと思います」とコメントを寄せていた。

次の

犠牲者全員の身元発表 京アニ放火で府警 :日本経済新聞

京都 アニメーション 犠牲 者

2階で見つかった犠牲者の位置とベランダへの避難行動 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、2階で見つかった全犠牲者11人は、ベランダに出られる四つの窓のうち、一つの窓の直近に集中して倒れていたことが、関係者への取材で分かった。 生存者の証言によると、この窓だけが何らかの原因で開かなかった可能性がある。 事件は18日で発生9カ月を迎えた。 市消防局の説明では、ベランダ側には南北に四つの窓が並んでいた。 いずれも引き戸で、高さ約180センチ、幅約180センチ。 関係者によると、犠牲者たちは北から二つ目の窓のすぐ前にある机と棚の間でかたまって倒れていた。 2階では出火直後に、北から三つ目の窓から5人がベランダに逃れた。 続いて北端の窓から18人が脱出した。 これらの人は、飛び降りるなどして全員が屋外に出られた。 一方、北から二つ目の窓からベランダに出た人は2人にとどまった。 うち1人は、この窓が完全には開かなかったことや、窓の隙間から呼吸していたところ、火熱で窓が割れてかろうじてベランダに出たという内容を証言したという。 総務省消防庁の火災シミュレーションでは、出火60秒後には黒煙と100~300度のガスが2、3階のフロア全体に充満し、2階の社員はごく短時間で避難困難な状況に陥っていたとする結果が出た。 北から二つ目の窓が開放できなかったことで、この窓を目指した社員が煙と高温ガスに巻き込まれた可能性がある。 3階では、屋上へ通じる階段に犠牲者20人が集中し、うち5人は屋上に出る扉の手前まで到達していたことがこれまでの取材で判明している。 2階の犠牲者11人の詳細な位置関係が分かったことで、この階でも多くの犠牲者が脱出寸前だった状況が明らかになった。

次の