着物 左前。 着物は左前・右前?男女ともに右前(左が上)が正解!

浴衣の着方!女性はどっちが前(左前・右前)?自分で簡単に着るには

着物 左前

洋服の前合わせは男女で左右が違いますが、着物は男女とも右前に着ます。 着物は確かに左右対称の構造ですが、右前に着るデザインの衣服として、私たちは遠く祖先の代から着用してきました。 そもそも、右前・左前が意味する「前」とは「手前」のことです。 これは、左右どちら側の布地を先に自分の肌に密着させるかをいう言葉です。 鏡を見ながら覚えたり、「襟が左前」などという言い方をしますので、誤認しないように覚えましょう。 ではなぜ右前に着物を着るようになったのかというと、これには諸説ありますが、歴史的には、奈良時代の養老三年(七一九年)に出された「衣服令(えぶくりょう)」という法令の中にある「初令天下百姓右襟」という一文がその起源であるとされています。 要するにこの時から「庶民は右前に着なさい」とされ、これ以降、着物を右前に着ることが定着したものと考えられています。 この背景には中国の思想の影響から、左の方が右より上位であったことから、位の高い高貴な人にだけ左前は許され、庶民は右前に着ていたという経緯があり、それに倣って聖徳太子がこれを日本でも普及させたのだとする一説があります。 当時の高貴な人々は、労働的な動作は必要がなかったため、左前でも支障がなかったものと推測されますが、実は左前に着ると動きにくいという事実があり、庶民は労働の必要性からも自然と右前でなければ不合理であったため、庶民には右前を推奨したのでしょう。 これは、実際に着比べてみるとわかりますが、左前に着ると、非常に動きにくく、衣服としての役目をある意味果たさないのです。 着慣れるほどにこの事実は理解できると思います。 なお、別の説では、右前・左前は古代中国で西方の蛮族との区別をするために、蛮族の着装法であった左前を右に変えたのが始まりというものもあります。 当時の彼らは右手で弓を射る時に邪魔にならない左前に着ていたとする説ですが、信憑性のほどはわかりません。 ちなみに、いたって単純な理由である「ほとんどの人が右利きだから」という説については、いささか疑問が残ります。 確かに「右前」に着れば利き手をすぐに懐に入れられますから、これだと手拭いなどをすぐに出し入れできるので非常に合理的というわけですが、もしそうであるならば、左利きの人は、左前に着たほうが都合がいいわけで、多数決で右前が定着したとは考えにくい気がします。 左前に着物を着た所。 う〜ん、どうにも違和感が・・・。 衣服の前合わせでよく説明される話について補足しますと、奈良時代以前の古墳時代には確かに右前と左前が混在していました。 しかしながら、これは埴輪に見られるような上半身だけの衣服の場合は、長着状の着物と異なり、動作上の問題は生じにくかったことが理由と考えられます。 一方、「左前は死人の装束だから」という解釈もありますが、これには少々誤解があります。 もともとこれは死者を生者と区別するための風習で、人は死ぬと平等なのだという思想から、誰でも死ぬと位が上がって神や仏に近づくとして、貴人と同じ左前に着せたという風習が起こったのです。 死者が左前に着物を着るから、縁起が悪いので左前に着ないというわけではないのです。 いずれにせよ、着物を右前に着るのは、理屈ではなく日本人が受け入れてきた事実でもあり、1200年以上もそれを受け入れて定着している事実は、良し悪しの理屈を超えて、民族としての証であるともいえるでしょう。 今でも時折、テレビの若い女性アナウンサーなどが、温泉旅館の浴衣を左前に着ていたり、ポスターの着物のイラストが左前だったりと、何かと気になる左前ですが、着物を普通に着るなら右前に着るとだけ、覚えておけばいいだけのことなのです。 Copyright Iori Hayasaka 1998-. All Rights Reserved.

次の

浴衣の左前と右前とは?左が前だとだめな理由や男女の違い、マナーも

着物 左前

着物の襟の向きを正しく合わせよう 正しく着物を着付けるためには襟合わせという言葉の意味や正しい襟合わせの向きについて知ることが大切です。 まずは、襟合わせの基本知識をチェックしましょう。 襟合わせとは、着物の襟元の向きを表します。 「前合わせ」とも言うので覚えておくと安心です。 それでは、左右それぞれの意味をチェックしましょう。 ・右前(みぎまえ) 着物を羽織ったときに自分から見て右側を下に、左側を上に重ねた状態で着付けると右前になります。 普段着物を着る際は、右前で着るのが正しい着方になります。 ・左前(ひだりまえ) 着物を羽織ったときにご自分から見て左側を下に、右側を上に重ねた状態で着付けると左前になります。 左前は亡くなった方に着せる着物の着方になるため、左前で着付けないように気をつけるようにしましょう。 また、近年着物を着てスマートフォンで自撮りをしたときに、襟合わせが左前になった写真を撮影し、SNSにアップしている方も見かけます。 実際に右前で着付けたとしても、左前で写真をアップすることを縁起が悪いと感じる方もいます。 男女で襟の向きが異なるのかどうかなど気になる方もいると思います。 ここからは、着物の襟合わせを知る際にチェックしたい疑問点について紹介します。 ・着物が右前と決まった理由は? 着物の襟合わせが右前に決まったのは奈良時代と言われており、奈良時代より前は着物の襟合わせの向きに規則はありませんでした。 ですが、奈良時代に中国の習慣に習い「発令天下百姓右襟(はつれいてんかひゃくしょうみぎえり)」というすべての人が着物を右前で着るように、と定められたことが由来となっています。 この発令天下百姓右襟が、襟合わせが右前になったきっかけになりました。 ・男性や浴衣の場合も襟合わせの向きは一緒? 洋服のボタンは男女で左右が逆になっていますが、男性は自分で上着のボタンを留める風習があったことことから右利きの人が留めやすいようにボタンを右に、女性の衣装は使用人に着せてもらうことが多かったため左になったことが由来しています。 ですが、着物の襟合わせは男女で一緒になるので注意するようにしましょう。 また、着物の種類が変わっても襟合わせは右前になります。 浴衣を着た場合も右前に合わせるようにしましょう。 ・正しい襟合わせの向きを覚える方法は? 着物の正しい襟合わせは右前になりますが、右前と言う言葉から「右側が前」と勘違いしてしまう方もいると思います。 正面から見たときに「y」の字になっているのが右前• 実は、着物の襟の角度はTPOや体型合わせて調節をするのがポイントになります!ここからは、TPO別と体型別におすすめの襟合わせの角度を紹介します。 ・フォーマルの場で着物を着る場合 結婚式やパーティーで着る際や、訪問着や留袖を着る場合は、襟を約90度、喉仏が隠れる程度まで襟を合わせて着るのがおすすめです。 ・ちょっとしたお出かけで着物を着る場合 お茶会やちょっとした食事会で着物を着るときや、紬の着物などを着る場合は約60度、喉仏より低めの位置で襟を合わせるのがおすすめです。 ・自分の年齢に似合う襟合わせをしたい場合 自分の年齡に似合う襟の角度を知りたい方もいると思います。 以下を参考に自分の似合う角度を見つけてみてください。 若い方:襟を約90度にしっかりしめるときれい着こなせます。 ご年配の方:襟を約60度程度に合わせるのがおすすめですよ。 ・自分の体型に合わせて襟合わせをしたい場合 着物の襟は体型によっても似合う角度は変わります。 体型の変化で着物の着こなしを変えたい方もチェックしてみてください。 華奢な方:襟を約90度にしっかりしめるときれいに着こなせます。 ふくよかな方:襟を約60度にしめるときれいに着こなせます。 着物をおしゃれに着るための帯や生地の合わせ方は? 着物を着るときに帯や季節感に気を配ると、よりおしゃれに着こなすことができます。 けれども、生地の違いなどを一目で見分けるのは難しいですよね。 ここからは着物をよりおしゃれに着るためのポイントを紹介します。 着物に適した帯を合わせているか 洋服を着たときにアクセサリーや靴を季節やTPOで変えるのと同様、着物の帯も季節やTPOに合わせて変える必要があります。 着物のTPOだけではなく帯も合わせておしゃれに着こなしましょう。 季節に合わせた生地の着物を着ているか 夏に薄めの生地の洋服を、冬にニットなどを着るのと同様、着物も季節や気温に適した生地があります。 快適に着物を着こなすためにも季節に合わせて生地を変えて着物を着ましょう。 着物の帯の合わせ方は? それでは、着物の帯の合わせ方について知りましょう。 着物の帯の種類と適したTPOを知っておくと着物を買うときも安心して買うことができます。 ぜひ参考にしてください。 着物を買う際の買い忘れもなく安心です。 暑い夏や寒い冬でも季節感を合わせ、快適に着こなすためには生地もしっかり選ぶことが大切です。 ここからは季節ごとにおすすめの着物の生地を紹介します。 生地が薄く、裏地がないため暖かい季節になるときに着るのにおすすめです。 裏地がついており透け感がないのが特徴です。 着物の襟合わせに気をつけながら和のおしゃれを楽しもう 今回は着物の襟合わせの正しい向きや意味の他、TPOごとにおすすめの襟の角度や帯の種類などを紹介しました。 襟合わせを正すことは歴史だけではなく、マナーを守ったきこなしをするという意味でもとても大切です。 , ,.

次の

着物の前合わせは左前?右前?一度で覚える方法です!

着物 左前

着物の前合わせは右前がルール!左前がダメな理由とは? タイトルの通り、 「右前」が前合わせの正解です。 右前って?と思う方も 多いと思いますが、 それは後ほど詳しく説明するとして・・・ 何故、左前だとダメなのでしょう? それは、 「死装束」になってしまうからです。 今現在、お亡くなりになった方には 逆の左前で死装束を着付けます。 ですので、左前で着付けてしまうと かなり縁起が悪いといった印象になってしまいます。 なぜ死装束は逆なのでしょうか。 諸説あるのですが、 どうやら死装束が決まったのは 奈良時代のことだそうです。 奈良時代に、 「百姓などの 一般人は右前合わせ」 と定められました。 その後に、庶民が死ぬと 「せめて来世は吉事あらんことを」 と願って、 死装束を 左前に着せることが 流行ったそう。 やがて奈良時代が過ぎると、 その律令もなくなったのですが 「死者には左前に着せる」という習慣だけが 残ったのだそうです。 他にも、 「あの世とこの世は 正反対の世界だから逆」 「お釈迦様が 左前に着物を着ていたから、その反対にいる 私たちは逆」 などの説があるみたいです。 男女の場合は前合わせも逆になるの!? こちらは、私自身も何度か友達から聴かれたことがあります。 意外にも男女で前合わせが逆なのでは ないかと思っている方が多いようですね。 答えは「男女共に一緒」です。 男も女も右前合わせが正解です! どうやら洋装(シャツなどボタンのあるもの)の着方と混同されている方が多いようですね。 ちなみに、洋装で何故男女が逆なのでしょう。 ボタンがついた服がでてきたのは 13世紀頃のヨーロッパ。 やはり右利きの人が多かったようで、それに合わせて 自分から見て右側にボタンがあるほうが着やすい ということでそうなったようです。 ちなみに、当時ボタンがついているような 高級な服を着れたのは 上流階級の人だけでした。 男性は自分で服を着替えていましたが、 女性はメイドさんなど使用人の方が服を着せてくれていました。 召使が右利きで相手に服を着させると考えると、 男性とは逆の方向にボタンがついていたほうが便利だったということで 女性の場合は逆になった と言われています。 ややこしい!逆に着付けてしまわないための覚え方とは? 最初に少し触れましたが そもそも右前とか左前とか言われてもわからない! と思われている方も多いかと思いますので、 その辺りをご説明したいと思います。 つまり、右前だと 自分から見て「右から先に重ねる」 ということです。 では間違えない為にどうやって覚えたら良いのでしょう? いくつか覚え方があるのですが、 一番簡単なのは着た後に ご自分の右手が懐にすっと入るようであれば 正解です! 諸説では、 男性が後ろから女性を抱きしめた時に ちょうど利き手の右手を使って、 女性の懐に手を入れやすいように なっているとかいないとか・・・ また、 男性は洋装の時と同じ合わせ方、 女性は逆の合わせ方と覚えるのも ありかもしれませんね。 着物の前合わせは、浴衣や着物を着る上でとても大切です! せっかく張り切って着て行ったのに、 間違えて着てしまって恥ずかしい思いをするのはいやですものね・・・ また 男女の合わせが 一緒ということや、 なんで 逆ではダメなのか?ということをちょっと覚えておいて、 花火大会の時などに お友達や彼氏などに豆知識を教えてあげるのも 良いかもしれませんね。 合わせ方を覚えて、 今年の夏はぜひ浴衣や着物の着付けに チャレンジしてみてくださいね!.

次の