三井 不動産 ロジスティクス パーク。 「三井不動産ロジスティクスパーク」さらなる事業拡大

PO[公募増資・売出]:三井不動産ロジスティクスパーク投資法人(3471)

三井 不動産 ロジスティクス パーク

67億 海外公募:65. 引受会社 主幹事 大和証券 33,017口 野村證券 16,698口 引受会社 幹事 SMBC日興証券 16,698口 みずほ証券 5,313口 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 3,415口 岡三証券 759口 株価・公募価格など 発 表 日 終 値 313,500 円 仮 条 件 — 2. 5 % ~ — 5. 0 % 価 格 決 定 日 終 値 328,000 円 公 募 価 格 313,986 円 予想分配金5,963円を控除 割 引 率 —2. ある程度の目安としてお考え下さい。 各種指標など 1口あたりNAV 309,616 円 N A V 倍 率 1. 01 倍 N O I 利 回 り 5. 27 % L T V 31. 2 % 決 算 月 1月、7月 格 付 け AA- JCR 予 想 分 配 金 年 間 12,792 円 分 配 金 利 回 り 4. また、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。 最終的な投資の決定は、投資家ご自身の判断で行われるようお願いいたします。 発表日時点• 株主優待:なし• 2017年は物流系リートがもてはやされた年でしたが、昨年は物流系リートの公募増資が相次いだためか、リートの中では一人負けと言っていい状態でした。 前回の公募価格からは株価が5万以上下落しています・・・この状況で発行口数の4割もの増資に踏み切るのは、株価への影響をやや軽視している感じも受けますね。 LTVはリートの中でもトップクラスですが、その状況下で大規模増資による資金調達を優先したのは評価が分かれるかも。 格付けはAA-を取得済み。 株価下落により、利回りは4%台まで回復しています。 1%程度。 国内分だけでも発行口総数の3割近くあります。 また、月の平均出来高が600口程度しか無く、増資の規模に比べて流動性に欠ける状態です。 前回は10%程度の増資でしたが、受渡日では微益~トントンといった感じでした。 今回は規模がかなり大きく、前回より条件が厳しいです。 非貸借銘柄ということもあり、受渡日では厳しい展開を想定しておく必要があるかも。 ・株価動向:昨年1月に38. 95万の高値を付けた後、下落基調が続いています。 株価が下落し始めたタイミングがちょうど前回POの受渡日以降となっており、その辺も今回の増資に対して良いイメージが持てない一因に・・・またREIT指数は上昇トレンドが続いているのに、三井ロジは下落トレンドのチャートを描いています。 地合いとは関係なく下げている状態なので、今のところ上昇を期待するのは難しいという印象ですね。 価格決定日時点• 63%上昇し、25日線から上に乖離。 公募価格は発表日の終値と同水準。 そのため、公募価格は発表日終値とほぼ同値になっています。 元々厳しい印象のPOでしたが、この価格帯ではあまりお得感もなく無理して申し込む必要もなさそうです。 なお、募集数が変更となっており、国内分の一部が海外募集に回されたようです。 これは海外で人気があったのか、国内で人気がなかったのか・・・ 直近2年のチャートを見ると、おおむね31万付近が支持線となっているよう。 配当落ち分を含めたディスカウントは1. 4万程度有り、地合い悪化がなければ割れても限定的といったところでしょうか。 ポジティブな点を挙げるとすると、前日までの上昇で抵抗線と見られていた200日線を一旦ブレイクしています。 他の物流系リートの値動きはまちまちなので微妙なところですが、33. 5万~34万を明確に超えてくるようなら反転攻勢の兆しとなりそうでしょうか。 99 % 1日の出来高 33,745 株• 一旦32. 1万円まで下げるも、その後は徐々に買い戻される展開に。 前場の引け際には33万円台を回復し、後場は33万円台を維持する展開となりました。 結局33万円で引けています。 値決め以降7%も上昇するとは思わず、完全に読みを外した形に・・・金利が低下傾向にあるということで、リート全般に資金が向かっているようですね。 この地合いがいつまで続くかは分かりませんが、当面のリートPOにいい影響があることを期待したいです。

次の

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人とコンフォリア・レジデンシャル投資法人の公募増資(PO)日程詳細! | IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

三井 不動産 ロジスティクス パーク

三井不動産ロジスティクスパーク八千代勝田台 (MFLP八千代勝田台) 千葉県八千代市 2020年8月竣工予定 三井不動産ロジスティクスパーク鳥栖 MFLP鳥栖) 佐賀県鳥栖市 2021年3月竣工予定 三井不動産ロジスティクスパーク所沢 (MFLP所沢) 埼玉県入間郡三芳町 2021年5月竣工予定 三井不動産ロジスティクスパーク大阪交野 (MFLP大阪交野) 大阪府交野市、枚方市 2021年9月竣工予定 三井不動産ロジスティクスパーク海老名 (MFLP海老名) 神奈川県海老名市 2022年度春竣工予定 これにより、当社のロジスティクス事業として開発・運営する施設は、竣工稼働施設が国内26物件、延床面積約220万m 2、開発中施設が今般発表の5物件を含む国内12物件、海外2物件の計40物件となり、総延床面積は約360万m 2になります。 2012年4月の事業開始からの累計総投資額は約5,700億円に達する見込みです。 施設従業員の満足度向上施策として、オーシャンビューを望むことのできる「MINAMOラウンジ」や「スカイデッキ」を整備するなど共用スペースの充実化を図るだけでなく、倉庫内に空調設備も実装しております。 また、施設内では「セキュリティゲート」や「顔認証システム」を採用し館内セキュリティレベルを高めるとともに、震災時の被害を軽減する「免震構造」や72時間電源を供給し続ける「非常用発電設備」を整備するなど、トップレベルのBCP設備も兼ね備えた物流施設となります。 レストルーム 「MFLP船橋・&GATE」内には、入荷から出荷まですべての物流業務フローを自動化した「フルオートメーション物流モデル」を展示する物流ICTショールーム「MFLP ICT LABO 2. 0」が2020年2月より稼働を予定しております。 「MFLP ICT LABO 2. 展示される「フルオートメーション物流モデル」においては、各分野における最先端物流ICT機器を選定するとともに、在庫管理や各機器の処理能力・起動スピードの調整を行うWMS(倉庫管理システム)を一から構築。 トラックコンテナの商品が搬出されるところから、トラックコンテナに商品が積載されるまで、人の手を借りずに荷物が流れる姿をご覧になる事が可能です。 この「フルオートメーション物流モデル」をフックに、今まで以上に顧客に寄り添ったソリューション提案力強化を目指してまいります。

次の

物流施設管理物件紹介 三井不動産ロジスティクスパーク横浜大黒(MFLP横浜大黒)(横浜:倉庫)|物流不動産/物流施設に特化したアセットマネジメント事業と総合不動産サービスの株式会社ecoプロパティーズ

三井 不動産 ロジスティクス パーク

三井不動産ロジスティクスパーク八千代勝田台 (MFLP八千代勝田台) 千葉県八千代市 2020年8月竣工予定 三井不動産ロジスティクスパーク鳥栖 MFLP鳥栖) 佐賀県鳥栖市 2021年3月竣工予定 三井不動産ロジスティクスパーク所沢 (MFLP所沢) 埼玉県入間郡三芳町 2021年5月竣工予定 三井不動産ロジスティクスパーク大阪交野 (MFLP大阪交野) 大阪府交野市、枚方市 2021年9月竣工予定 三井不動産ロジスティクスパーク海老名 (MFLP海老名) 神奈川県海老名市 2022年度春竣工予定 これにより、当社のロジスティクス事業として開発・運営する施設は、竣工稼働施設が国内26物件、延床面積約220万m 2、開発中施設が今般発表の5物件を含む国内12物件、海外2物件の計40物件となり、総延床面積は約360万m 2になります。 2012年4月の事業開始からの累計総投資額は約5,700億円に達する見込みです。 施設従業員の満足度向上施策として、オーシャンビューを望むことのできる「MINAMOラウンジ」や「スカイデッキ」を整備するなど共用スペースの充実化を図るだけでなく、倉庫内に空調設備も実装しております。 また、施設内では「セキュリティゲート」や「顔認証システム」を採用し館内セキュリティレベルを高めるとともに、震災時の被害を軽減する「免震構造」や72時間電源を供給し続ける「非常用発電設備」を整備するなど、トップレベルのBCP設備も兼ね備えた物流施設となります。 レストルーム 「MFLP船橋・&GATE」内には、入荷から出荷まですべての物流業務フローを自動化した「フルオートメーション物流モデル」を展示する物流ICTショールーム「MFLP ICT LABO 2. 0」が2020年2月より稼働を予定しております。 「MFLP ICT LABO 2. 展示される「フルオートメーション物流モデル」においては、各分野における最先端物流ICT機器を選定するとともに、在庫管理や各機器の処理能力・起動スピードの調整を行うWMS(倉庫管理システム)を一から構築。 トラックコンテナの商品が搬出されるところから、トラックコンテナに商品が積載されるまで、人の手を借りずに荷物が流れる姿をご覧になる事が可能です。 この「フルオートメーション物流モデル」をフックに、今まで以上に顧客に寄り添ったソリューション提案力強化を目指してまいります。

次の