メディケア 生命 医療 保険。 メディケア生命の医療保険は出産時のどんな入院で保障されるのか

本当に貯蓄できる積立型医療保険2選を徹底比較|掛け捨てとどちらがお得?

メディケア 生命 医療 保険

貯蓄型医療保険ってどんなもの? 医療保険の大半は「掛け捨て型」と呼ばれるもので、中途解約時や満期時に保険料が払い戻されることはありません。 その分、保険料が安く設定されています。 この「掛け捨て型」に抵抗を感じる人に人気なのが、 貯蓄型(積立型)と呼ばれるタイプです。 しかし「貯蓄型」には、明確な定義はありません。 所定の年齢まで払い込んだ保険料のうち、使わなかった保険料が全額返ってくるものや、解約時に一定の解約返戻金が戻ってくるものなど、さまざまな商品があります。 とはいえ、今のところ掛け捨て型に比べ、圧倒的に商品数が少ないです。 商品によって、保障内容や保険を使わなかったときに戻ってくる金額も大きく異なるので、それぞれに説明します。 使わなかった保険料が全額戻ってくる・リターン型 所定の年齢まで払い込んだ保険料のうち、使わなかった分が 健康還付給付金として、全額戻ってくるリターン型は、貯蓄型医療保険の中でも特に貯蓄性が高いです。 リターン型の主力商品は2つだけ! 東京海上日動あんしん生命 メディカルKit R 契約年齢が0~40歳の場合、60歳または70歳時に使わなかった保険料が全額戻ってくる。 主契約は、入院給付金、手術(放射線治療)給付金のみとシンプル。 メディケア生命 メディフィットリターン(100%) 契約年齢が0~35歳の場合、60・65・70歳いずれかの時に使わなかった保険料が全額戻ってくる。 3大疾病による入院は支払い日数が無制限に。 7大生活習慣病による入院は、1回の入院支払い限度が60日延長と保障が手厚い。 5万円 1回につき 5・10・20万円 その他主契約に 含むもの ・放射線治療給付金 ・放射線治療給付金 ・骨髄移植給付金 ・7生活習慣病は給付日数 60日延長 ・3大疾病による入院は支払い日数 無制限 上記の通り、月払保険料で比較した場合、 東京海上日動あんしん生命が一歩リードしています。 しかし、メディケア生命は、7生活習慣病の場合、給付日数を60日延長、また3大疾病による入院は支払い日数が無制限になるなど、保障が手厚く、一概に比べることはできません。 また、東京海上日動あんしん生命でも、これらの特約をつけることは可能です。 ただし、 両社とも健康還付給付金として戻ってくるのは主契約部分のみです。 特約分は掛け捨てとなるので、注意してください。 リターン型医療保険のメリット・デメリット メリット 所定の年齢まで保険料を払い込むと、使わなかった分の保険料が全額返ってくる。 デメリット 解約時や死亡時の返戻金は少額。 払い込んだ額の50%程度になることもある。 掛け捨て型と比較して、どちらがお得なの? では、このリターン型と一般的な掛け捨て型を比較した場合、どちらがお得なのでしょうか?東京海上日動あんしん生命の場合を例に挙げ、比較・検証してみました。 また、リターン型で健康還付給付金を受け取った後も契約を続ける場合、その後の保険料は掛け捨てとなります。 このため、80歳まで加入し続け、一度も保険を使わなかったケースでは、リターン型の方が掛け捨て額が大きくなってしまいます。 もちろん、健康還付給付金を受け取った後、解約することも可能ですが、60歳から新たに掛け捨て型保険に加入すると、同程度の保障でも月払保険料が5000円ほどになるので、そのまま加入しておくほうがお得です。 つまり、 リターン型医療保険をお得に活用するには、健康還付給付金を受け取った後、解約し、その後は医療保険に加入しないという形になります。 リターン型保険が向いている人 掛け捨ては嫌だが、月々の保険料は安めがいい人。 老後の医療保障はいらない人(健康還付給付金を受け取った後は解約でいい人)。 月々の保険料が高くなってもいいから、掛け捨てなしで終身保障にしたい!という人には、がおすすめです。 メディケア生命には保険料の全額超がリターンするプランも! メディケア生命の「メディフィットリターン」には、健康還付給付金割合105%という払い込んだ保険料以上のリターンがあるプランもあります。 月払保険料と健康還付給付金額は以下の通りです。 掛け捨てなしで一生涯保障・短期払いリターン型 先にも説明した通り、リターン型で健康還付給付金を受け取った後も契約を続ける場合、その後の保険料は掛け捨てとなってしまいます。 掛け捨てなしで一生涯の保障を望む人には、短期払いのリターン型がおすすめです。 ただし、リターン型に比べ、保険料はかなり高くなります。 リターン型で短期払いが可能な商品はほとんどない リターン型で短期払いが可能な主要商品は、メットライフ生命「リターンボーナスつき終身医療保険」だけです。 月払保険料や健康還付給付金額、契約内容などをまとめました。 短期払いリターン型保険のメリット・デメリット メリット 保険料の払込が終了し、リターンボーナスを受け取った後も一生涯保障が続く。 デメリット 保険料が高額。 死亡した場合や中途解約した場合の解約返戻金はかなり少額。 掛け捨て金なしで一生涯保障、と一見、魅力的な短期払いリターン型ですが、その分、月払保険料は30歳男性の場合で1万7960円と高額です。 途中で払い続けることができなくなり、中途解約した場合の解約返戻金はかなり少額になるので、 加入前に将来に渡って払い続けることができるのか、しっかり検討してください。 短期払いリターン型が向いている人 掛け捨ては絶対に嫌な人。 生涯、医療保障をつけたい人。 月々の保険料が高くなっても、働いている間に保険料を払い終えたい人。 解約返戻金あり型 解約時に返戻金を受け取れるタイプの商品です。 ただし、解約返戻金は払い込んだ額よりも少なくなります。 解約返戻金は受け取れるが返戻率は決して高くない。 ただし、給付を受けても減額なし 解約返戻金あり型の主要商品はソニー生命の「総合医療保険」のみです。 月払保険料や解約時の返戻率をまとめました。 また、ソニー生命では、全医療保険で最長となる入院給付730日を選ぶことができ、長期入院に備えることもできます。 ただし、解約してしまうと、その後の保障はなくなります。 また、60歳から新たに掛け捨て型保険に加入しようとすると、同程度の保障でも月払保険料が5000円ほどになるので、そのまま加入している方がお得です。 ちなみに、 死亡するまで解約しなかった場合、同額が死亡保障として支払われるので、家族にお金を残すことができます。 解約返戻金あり型保険のメリット・デメリット メリット 最終的に掛け捨て型に比べ、保険料が節約できる。 デメリット 掛け捨て型に比べ、保険料が高額。 解約返戻金あり型が向いている人 自分が亡くなった後、家族にお金を残したい人。 とはいえ、死亡時に受け取れる金額は低めなので、貯蓄性は期待できません。 結論はコレ! 貯蓄性を重要視するならリターン型がおすすめ。 ただし、60歳以降の医療保障は不要な人向け! ひとくちに「貯蓄型」といっても、商品によってさまざまな特徴があります。 本当の意味で「貯蓄」と「医療保険」を両立させたいなら、リターン型を選んでください。 ただし、解約時や死亡時の返戻金は少額なことを理解した上で加入しましょう。 また、健康還付給付金を受け取った後も契約を続ける場合、以降の保険料は掛け捨てとなるため、その時点で解約する方がお得です。 つまり、 老後の医療保障はいらない人向けの保険と言えます。 あるいは、受け取った健康還付給付金を老後の医療資金としておいておくのもおすすめです。 リターン型の商品を比較した結果、保険料が安いのは、 東京海上日動あんしん生命の「メディカルKit R」でした。 先進医療特約や3大疾病入院支払日数無制限特約など、さまざまな特約があるので、自分に必要な特約を選んでカスタマイズすることもできます。 貯蓄型医療保険が気になる人はまず「メディカルKit R」の資料請求をして、保険料を無理なく支払えるかなど、検討してみてください。

次の

メディケア生命の医療保険は出産時のどんな入院で保障されるのか

メディケア 生命 医療 保険

住友生命・三井生命のグループとして、2009年に設立。 「メディフィット」シリーズで医療保険に注力しているほか、2018年には定期保険・収入保障保険でも保険料大幅見直しで注目されています。 2019年3月期の年間保険料収入は 約355億円、保有契約数 約71万件です。 会社名 業績 安全性 生命保険 医療保険 その他商品 保険料等収入 円 保有 契約数 件 3ヶ年 平均 成長率 ソルベンシーマージェンシー比率 定期 終身 収入保障 緩和型終身 養老 医療 がん 緩和型医療 学資 個人年金 就労不能 介護 355億円 71万 21. 保険種別 保険名 特徴 保険料例 生命保険 定期保険 メディフィット定期• 500万円〜最高1億円まで100万円単位で保険金額を設定可能• 自動査定システムを採用したネット専用商品で、スピーディーな申込みとお手頃な保険料を実現 30歳男性 1,704円 30歳女性 1,294円 収入保障 保険 メディフィット収入保障• 過去1年以内喫煙有無・血圧基準値・BIM値の3項目で 非喫煙優良・ 非喫煙標準・ 喫煙に分類されるリスク細分型商品。 非喫煙優良に該当する場合に 最安保険料を実現 35歳男性 2,683円 35歳女性 2,419円 医療保険 終身保険 メディフィットA エース• がんによる入院は 支払日数無制限、 6大生活習慣病は 支払日数限度60日延長で手厚く保証• 1回の入院の支払限度日数を 60日型と 120日型から選択可能• 放射線治療と 骨髄移植術を保障• がん診断給付金や 抗がん剤治療など、がんに関する特約も充実• 3大疾病保険料払込免除や 3大疾病保障特約も付加可能 30歳男性 2,900円 30歳女性 3,030円 終身 医療保険 (女性) メディフィットA 女性専用パック• 女性特有の病気による入院に対し、 女性疾病入院給付金を上乗せして支払い、特に手厚く保障• 入院給付金は、がんによる入院は 支払日数無制限、7大生活習慣病は 支払日数限度60日延長で手厚く保証• 3大疾病保険料払込免除特約が付加できる点も人気 30歳女性 1,860円 終身 医療保険 緩和型 メディフィットRe リリーフ• 3つの質問に答えるだけで、持病や健康に不安がある方も加入できる• がんによる入院は 支払日数無制• 自社の経験豊富なFP・コンサルタントを直接派遣するのが特徴です。 FPによって取扱可能保険に違いがなく、 取扱保険会社30社以上から幅広く比較検討できます。 また、 満足度97%・おすすめ度83%の利用者アンケートのとおり、所属FP・コンサルタントも経験豊富で、 業界平均12年と他社より長い点もポイントです。 独立FPを紹介してもらうだけでは不安があり、面談・契約後もしっかり対応してくれる会社に相談したいという方におススメです。 アンケート・保険相談でもれなくプレゼントも実施中です。

次の

本当に貯蓄できる積立型医療保険2選を徹底比較|掛け捨てとどちらがお得?

メディケア 生命 医療 保険

貯蓄型医療保険ってどんなもの? 医療保険の大半は「掛け捨て型」と呼ばれるもので、中途解約時や満期時に保険料が払い戻されることはありません。 その分、保険料が安く設定されています。 この「掛け捨て型」に抵抗を感じる人に人気なのが、 貯蓄型(積立型)と呼ばれるタイプです。 しかし「貯蓄型」には、明確な定義はありません。 所定の年齢まで払い込んだ保険料のうち、使わなかった保険料が全額返ってくるものや、解約時に一定の解約返戻金が戻ってくるものなど、さまざまな商品があります。 とはいえ、今のところ掛け捨て型に比べ、圧倒的に商品数が少ないです。 商品によって、保障内容や保険を使わなかったときに戻ってくる金額も大きく異なるので、それぞれに説明します。 使わなかった保険料が全額戻ってくる・リターン型 所定の年齢まで払い込んだ保険料のうち、使わなかった分が 健康還付給付金として、全額戻ってくるリターン型は、貯蓄型医療保険の中でも特に貯蓄性が高いです。 リターン型の主力商品は2つだけ! 東京海上日動あんしん生命 メディカルKit R 契約年齢が0~40歳の場合、60歳または70歳時に使わなかった保険料が全額戻ってくる。 主契約は、入院給付金、手術(放射線治療)給付金のみとシンプル。 メディケア生命 メディフィットリターン(100%) 契約年齢が0~35歳の場合、60・65・70歳いずれかの時に使わなかった保険料が全額戻ってくる。 3大疾病による入院は支払い日数が無制限に。 7大生活習慣病による入院は、1回の入院支払い限度が60日延長と保障が手厚い。 5万円 1回につき 5・10・20万円 その他主契約に 含むもの ・放射線治療給付金 ・放射線治療給付金 ・骨髄移植給付金 ・7生活習慣病は給付日数 60日延長 ・3大疾病による入院は支払い日数 無制限 上記の通り、月払保険料で比較した場合、 東京海上日動あんしん生命が一歩リードしています。 しかし、メディケア生命は、7生活習慣病の場合、給付日数を60日延長、また3大疾病による入院は支払い日数が無制限になるなど、保障が手厚く、一概に比べることはできません。 また、東京海上日動あんしん生命でも、これらの特約をつけることは可能です。 ただし、 両社とも健康還付給付金として戻ってくるのは主契約部分のみです。 特約分は掛け捨てとなるので、注意してください。 リターン型医療保険のメリット・デメリット メリット 所定の年齢まで保険料を払い込むと、使わなかった分の保険料が全額返ってくる。 デメリット 解約時や死亡時の返戻金は少額。 払い込んだ額の50%程度になることもある。 掛け捨て型と比較して、どちらがお得なの? では、このリターン型と一般的な掛け捨て型を比較した場合、どちらがお得なのでしょうか?東京海上日動あんしん生命の場合を例に挙げ、比較・検証してみました。 また、リターン型で健康還付給付金を受け取った後も契約を続ける場合、その後の保険料は掛け捨てとなります。 このため、80歳まで加入し続け、一度も保険を使わなかったケースでは、リターン型の方が掛け捨て額が大きくなってしまいます。 もちろん、健康還付給付金を受け取った後、解約することも可能ですが、60歳から新たに掛け捨て型保険に加入すると、同程度の保障でも月払保険料が5000円ほどになるので、そのまま加入しておくほうがお得です。 つまり、 リターン型医療保険をお得に活用するには、健康還付給付金を受け取った後、解約し、その後は医療保険に加入しないという形になります。 リターン型保険が向いている人 掛け捨ては嫌だが、月々の保険料は安めがいい人。 老後の医療保障はいらない人(健康還付給付金を受け取った後は解約でいい人)。 月々の保険料が高くなってもいいから、掛け捨てなしで終身保障にしたい!という人には、がおすすめです。 メディケア生命には保険料の全額超がリターンするプランも! メディケア生命の「メディフィットリターン」には、健康還付給付金割合105%という払い込んだ保険料以上のリターンがあるプランもあります。 月払保険料と健康還付給付金額は以下の通りです。 掛け捨てなしで一生涯保障・短期払いリターン型 先にも説明した通り、リターン型で健康還付給付金を受け取った後も契約を続ける場合、その後の保険料は掛け捨てとなってしまいます。 掛け捨てなしで一生涯の保障を望む人には、短期払いのリターン型がおすすめです。 ただし、リターン型に比べ、保険料はかなり高くなります。 リターン型で短期払いが可能な商品はほとんどない リターン型で短期払いが可能な主要商品は、メットライフ生命「リターンボーナスつき終身医療保険」だけです。 月払保険料や健康還付給付金額、契約内容などをまとめました。 短期払いリターン型保険のメリット・デメリット メリット 保険料の払込が終了し、リターンボーナスを受け取った後も一生涯保障が続く。 デメリット 保険料が高額。 死亡した場合や中途解約した場合の解約返戻金はかなり少額。 掛け捨て金なしで一生涯保障、と一見、魅力的な短期払いリターン型ですが、その分、月払保険料は30歳男性の場合で1万7960円と高額です。 途中で払い続けることができなくなり、中途解約した場合の解約返戻金はかなり少額になるので、 加入前に将来に渡って払い続けることができるのか、しっかり検討してください。 短期払いリターン型が向いている人 掛け捨ては絶対に嫌な人。 生涯、医療保障をつけたい人。 月々の保険料が高くなっても、働いている間に保険料を払い終えたい人。 解約返戻金あり型 解約時に返戻金を受け取れるタイプの商品です。 ただし、解約返戻金は払い込んだ額よりも少なくなります。 解約返戻金は受け取れるが返戻率は決して高くない。 ただし、給付を受けても減額なし 解約返戻金あり型の主要商品はソニー生命の「総合医療保険」のみです。 月払保険料や解約時の返戻率をまとめました。 また、ソニー生命では、全医療保険で最長となる入院給付730日を選ぶことができ、長期入院に備えることもできます。 ただし、解約してしまうと、その後の保障はなくなります。 また、60歳から新たに掛け捨て型保険に加入しようとすると、同程度の保障でも月払保険料が5000円ほどになるので、そのまま加入している方がお得です。 ちなみに、 死亡するまで解約しなかった場合、同額が死亡保障として支払われるので、家族にお金を残すことができます。 解約返戻金あり型保険のメリット・デメリット メリット 最終的に掛け捨て型に比べ、保険料が節約できる。 デメリット 掛け捨て型に比べ、保険料が高額。 解約返戻金あり型が向いている人 自分が亡くなった後、家族にお金を残したい人。 とはいえ、死亡時に受け取れる金額は低めなので、貯蓄性は期待できません。 結論はコレ! 貯蓄性を重要視するならリターン型がおすすめ。 ただし、60歳以降の医療保障は不要な人向け! ひとくちに「貯蓄型」といっても、商品によってさまざまな特徴があります。 本当の意味で「貯蓄」と「医療保険」を両立させたいなら、リターン型を選んでください。 ただし、解約時や死亡時の返戻金は少額なことを理解した上で加入しましょう。 また、健康還付給付金を受け取った後も契約を続ける場合、以降の保険料は掛け捨てとなるため、その時点で解約する方がお得です。 つまり、 老後の医療保障はいらない人向けの保険と言えます。 あるいは、受け取った健康還付給付金を老後の医療資金としておいておくのもおすすめです。 リターン型の商品を比較した結果、保険料が安いのは、 東京海上日動あんしん生命の「メディカルKit R」でした。 先進医療特約や3大疾病入院支払日数無制限特約など、さまざまな特約があるので、自分に必要な特約を選んでカスタマイズすることもできます。 貯蓄型医療保険が気になる人はまず「メディカルKit R」の資料請求をして、保険料を無理なく支払えるかなど、検討してみてください。

次の