ここから竜王アウトレットまで。 竜王アウトレットの駐車場は絶対にここがおすすめ!アクセス方法を伝授!

竜王アウトレット2020初売りセールや福袋の販売店は?混雑状況も調査!

ここから竜王アウトレットまで

重要なのは子供の為に大人を犠牲にする事 いきなり結論から言っちゃいます。 どういう事かと言いますと、、、• 子供は遊べる場所で遊ばせておく。 そこに必ず大人(私か嫁さん)が付いておく つまり、買い物をするのは、私か嫁さんの一人って事です。 私が買い物をしている時は嫁さんが遊んでいる子供に付いていますし、嫁さんが買い物するときは私が子供に付いています。 と言っても、我が家の場合はほとんど私が子供に付いています。 あまり、買い物に興味もないので・・。 これは、竜王アウトレット、、いやアウトレットに限らず、イオンなどの大型ショッピングモールに行く際も重要な事だと思います。 大人の都合で子供を連れまわすから、子供は嫌がって早く帰りたがる。 これだけの事だと思います。 と言う事で、この項では大前提を書かせて頂きました。 次からは、竜王アウトレットに特化した攻略方を書いていきますね。 竜王アウトレット攻略法 前の項で、大前提を記載しましたが、• 子供をどこで遊ばせるのか?• 何をして遊ばせておくのか? この辺が重要になってきますよね。 どこで? ずばり、 子供に遊んでもらうのは南コート奥のお子様向け広場です。 数多くの遊具があり、これだけでも勝手に遊んでくれます。 竜王アウトレットのホームページを覗いたんですが、意外な事に載ってないんですね。 と言う訳で、せっかくなので、どんな遊具があるのか紹介していきますね。 まずは、シーソーとお山の滑り台。 これは、小さいお子様向けと言ったところでしょうか。 次は大型遊具です。 正式名称は何っていうのだろう?笑 この遊具は人気で、日によっては子供が結構ごった返しています。 次はうんてい。 これは、小学生以上になってきますかね? でも、結構列を作って待っている事が多いですよ。 そして、大広場。 建前上は防災広場らしいです。 何をして? 遊具に関しては、「勝手に遊んどけ」って感じですけどね。 まぁ、すぐに飽きちゃうので。 と言う事で、我が家は竜王アウトレットに来る祭は、以下の持ち物を持参しています。 野球道具(バットとボール)• ドッチビー(フリスビー)• バトミントン• 縄跳び はい。 紹介した一番奥にある広場で遊ぶ為の道具です。 他のご家庭の小さいお子さんがいたりすると、野球とかは出来ませんけどね。 この広場、ガラ空きな事が多いので、好き放題遊ばせてもらっています。 それは、 お子さんの着替え。 公園内の入り口に、噴水が仕込まれています。 この画像は南コートの2階にあるフードコートのテラスから撮影したものです。 一番手前にある円形の模様がある場所が噴水になります。 その奥が遊具のある場所で、見えないですけどさらに奥が防災ひろばです。 噴水の様子はこんな感じです。 近くで撮影すると、どうしてもよそのお子さんの顔が映っちゃうので、あえて遠く(フードコートテラス)から撮影しています。 ちょっと見づらいかもしれないですが、結構な勢いで噴水が出ますので、結構、子供にはウケます。 これも、見づらいかもしれないですが、水着を着ているお子さんいますからね(実際、我が家も水着持参した事もありました)。 噴水のスケジュール• 開始時刻:毎時00分、30分• 噴水時間:約8分間 8分間と結構長い時間、強弱をつけて噴水が出てきますので、見ていてもなかなか楽しいですよ。 注意してほしいのは、噴水口を覗きこまない事と、よその小さいお子さんの存在ですね。 おむつを履いたようなお子さんもいますので気を付けた方がいいです。 しっかりと自分のお子さんに注意(しつけ)をしておきましょう。 その他 地味におすすめしたいのが、お弁当とレジャーシート持参でピクニック気分で来場する事ですね。 見ての通り、大きな広場があるので、そこにレジャーシートを広げて、ご家族でお弁当を食べるのも楽しいですよ。 実際、バーゲン中や連休の人が多いときなどは、フードコートで食事をする事を諦めた方たちが、南コートにあるファミリーマートで購入した食事を広場で食べていますからねー。 せっかく、1日がかりで楽しむつもりで来場するのであれば、お弁当持参も考えてみてはいかがでしょうか?• 子供は買い物に連れまわさずに、大人一人が付いて遊ばせておく• 子供を遊ばせるのは、南コート奥にある、遊具コーナーと広場• 広場で遊ぶための道具を持参するとGood! 夏場や暑い日は、30分おきに開催される噴水がおすすめ。 是非、着替の持参を!• お弁当持参でピクニック気分を味わうのも良いかも 最初の方に記載しましたが、大切なのはいかに子供を飽きさせないかと言う事。 やはり、大人の都合で子供を振り回すのではなく、子供目線で予定を組んであげる事が重要ではないかと思います。 これは竜王アウトレットの攻略法に限った事ではないですよね。 あと、ベビーカーが必要なくらいの小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は、駐車場も一工夫する事でかなり疲労度が変わって来ると思います。 その辺りは以下の記事で紹介させて頂いているので、是非とも参考にしてみて下さい。 せっかくの外出、家族みんなが満足できる楽しいイベントにしましょうね。 竜王アウトレットに行こうと思っている方の参考になればうれしいです。 また、この記事をみて竜王アウトレットに行ってみよう!と思った方が増えることも期待しています。 それでは、今回はこの辺りで失礼します。

次の

竜王アウトレットの駐車場は絶対にここがおすすめ!アクセス方法を伝授!

ここから竜王アウトレットまで

琵琶湖まわりには楽しいスポットが多いから、わたしたちもよく訪れるんだよねー。 アクセス&駐車場 名神高速道路の 「竜王インターチェンジ」を降りて数分走ると間もなく到着する。 このようにアウトレットの駐車場台数は7000台と十分なはずなのに・・・ この日は晴天の日曜日とあってか、通常の駐車場が満車らしく、少し離れた無料バス送迎付きの臨時駐車場に誘導されそうになる。 満杯の駐車場 でも、ワンコもいるので、通常の駐車場へ引き返して少し待っていると、出庫も多くてタイミングよく入ることができた。 車のナンバーは滋賀ナンバーよりも東海・北陸ナンバーや京阪神ナンバーが目立つ。 ここに訪れるのは今回で5回目くらいだけど、今回のように駐車場が満車になるのは初めて。 これから夏に向けて天気のいい休日は混雑することもありそうだから注意しよう。 駐車場からの道 池のほとりを歩きながら、10分ほどで店舗に到着。 夏の暑い日でもこの池のおかげで、少し涼しさアップ。 ただし、少し遠めの駐車場からだと店舗までは遠いので、真夏には日よけの帽子か日傘が必需品かも。 途中のベンチ 「志賀竜王三井アウトレット」は 約200の店舗が入っていて、かなり規模が大きい。 関西では、同じく約200店舗の 「りんくうプレミアムアウトレット」と 「神戸三田プレミアムアウトレット」と並んで、3大アウトレットと言えるだろう。 滋賀竜王アウトレット でも、両プレミアムアウトレットよりも、ここ滋賀竜王三井アウトレットはペットに優しいので、最近のお気に入り。 ペット同伴可店舗 アウトレットへの出入口には、このように看板や誘導用の足跡がペットを出迎えてくれる。 ペット同伴出入り口 誘導通路 フロアは• 1階南モール• 2階南モール• 3階北モール の3箇所に分かれている。 だだし、3階北モールは2階南モールと繋がっていて、迷いそうになるのでご注意。 (3階北モールの下2階は立体駐車場になっていて、そのまま通路を渡ると2階南モールへ通じる) スポンサーリンク <ペット入店可のショップ> ペットが入店できるのは以下の 76店舗。 キャリーバッグに入れるか、抱きかかえて入店可能。 だから、ペットと食事したいときはテイクアウトして屋外で食べるしかない。 ワンコOK ワンコNG 中に入れない時は、窓越しに 「これ、どう?」とジェスチャーをしながらのお買い物となるので、一緒に入れて選べるのはかなり嬉しい。 この日は買い物客がかなり多く、リードをつけて歩きながらではなく、抱かれたままでのショッピング。 小型犬を中心にたくさんのワンコが目についた。 ベンチで休憩していると、子供達がやってきて一緒に遊んでくれ、人間大好きな我が家のワンコはけっこう楽しんでいるもよう。 おとんとおかんもそれぞれ目当ての品をゲットした一方で、のんは収穫ゼロ。 ペットに優しいアウトレットなんだけど、ペットショップが見当たらないね・・・。 ペット用品のショップがなかったのは残念だが、ペット同伴客も多いことから、近い将来には出店する期待が持てる。 ここからは、ちょっと寄り道。 道の駅「かがみの里」 アウトレットから車で10分くらい走った場所に、ドックカフェが併設された「道の駅 かがみの里」がある。 この「かがみの里」は、源義経(みなもとのよしつね)が元服した地だという。 近江うし丸 お買い物で歩き疲れた後は、お茶かご飯で一休みしたいところだけど、アウトレット内のフードコートはペット同伴不可なので、こちらで一服。 ただし、 閉店時間が17:00と、かなり早いのでご注意(道の駅自体は 18:00閉店)。 道の駅のドッグカフェ 道の駅では地元の野菜なども手頃なお値段で販売されている。 わたしたちは滋賀の地酒と新鮮な地元野菜をおみやげに。 道の駅構内 希望が丘文化公園 ワンコが遊び足りないときは、アウトレットから車で20分くらい走ると「希望が丘文化公園」がある。 東西約4km、南北約1km、面積416ヘクタールと、とても広い公園で、「スポーツゾーン」「文化ゾーン」「野外活動ゾーン」に分かれている。 有料エリアには入れないが、自然の中でお散歩を十分に満喫できる。 特にキャンプ場のある「野外活動ゾーン」はおススメのエリア。 駐車場:普通車1日500円 入園料:無料 琵琶湖大橋 時間のあるときは、琵琶湖まで30分くらいなので、「琵琶湖大橋」(150円)を通ってみるのもいい。 比叡山の山並みを見ながらドライブするのは爽快だ。

次の

愛犬と三井アウトレット「滋賀竜王」へ-ペット同伴で買い物の後はちょっと寄り道

ここから竜王アウトレットまで

重要なのは子供の為に大人を犠牲にする事 いきなり結論から言っちゃいます。 どういう事かと言いますと、、、• 子供は遊べる場所で遊ばせておく。 そこに必ず大人(私か嫁さん)が付いておく つまり、買い物をするのは、私か嫁さんの一人って事です。 私が買い物をしている時は嫁さんが遊んでいる子供に付いていますし、嫁さんが買い物するときは私が子供に付いています。 と言っても、我が家の場合はほとんど私が子供に付いています。 あまり、買い物に興味もないので・・。 これは、竜王アウトレット、、いやアウトレットに限らず、イオンなどの大型ショッピングモールに行く際も重要な事だと思います。 大人の都合で子供を連れまわすから、子供は嫌がって早く帰りたがる。 これだけの事だと思います。 と言う事で、この項では大前提を書かせて頂きました。 次からは、竜王アウトレットに特化した攻略方を書いていきますね。 竜王アウトレット攻略法 前の項で、大前提を記載しましたが、• 子供をどこで遊ばせるのか?• 何をして遊ばせておくのか? この辺が重要になってきますよね。 どこで? ずばり、 子供に遊んでもらうのは南コート奥のお子様向け広場です。 数多くの遊具があり、これだけでも勝手に遊んでくれます。 竜王アウトレットのホームページを覗いたんですが、意外な事に載ってないんですね。 と言う訳で、せっかくなので、どんな遊具があるのか紹介していきますね。 まずは、シーソーとお山の滑り台。 これは、小さいお子様向けと言ったところでしょうか。 次は大型遊具です。 正式名称は何っていうのだろう?笑 この遊具は人気で、日によっては子供が結構ごった返しています。 次はうんてい。 これは、小学生以上になってきますかね? でも、結構列を作って待っている事が多いですよ。 そして、大広場。 建前上は防災広場らしいです。 何をして? 遊具に関しては、「勝手に遊んどけ」って感じですけどね。 まぁ、すぐに飽きちゃうので。 と言う事で、我が家は竜王アウトレットに来る祭は、以下の持ち物を持参しています。 野球道具(バットとボール)• ドッチビー(フリスビー)• バトミントン• 縄跳び はい。 紹介した一番奥にある広場で遊ぶ為の道具です。 他のご家庭の小さいお子さんがいたりすると、野球とかは出来ませんけどね。 この広場、ガラ空きな事が多いので、好き放題遊ばせてもらっています。 それは、 お子さんの着替え。 公園内の入り口に、噴水が仕込まれています。 この画像は南コートの2階にあるフードコートのテラスから撮影したものです。 一番手前にある円形の模様がある場所が噴水になります。 その奥が遊具のある場所で、見えないですけどさらに奥が防災ひろばです。 噴水の様子はこんな感じです。 近くで撮影すると、どうしてもよそのお子さんの顔が映っちゃうので、あえて遠く(フードコートテラス)から撮影しています。 ちょっと見づらいかもしれないですが、結構な勢いで噴水が出ますので、結構、子供にはウケます。 これも、見づらいかもしれないですが、水着を着ているお子さんいますからね(実際、我が家も水着持参した事もありました)。 噴水のスケジュール• 開始時刻:毎時00分、30分• 噴水時間:約8分間 8分間と結構長い時間、強弱をつけて噴水が出てきますので、見ていてもなかなか楽しいですよ。 注意してほしいのは、噴水口を覗きこまない事と、よその小さいお子さんの存在ですね。 おむつを履いたようなお子さんもいますので気を付けた方がいいです。 しっかりと自分のお子さんに注意(しつけ)をしておきましょう。 その他 地味におすすめしたいのが、お弁当とレジャーシート持参でピクニック気分で来場する事ですね。 見ての通り、大きな広場があるので、そこにレジャーシートを広げて、ご家族でお弁当を食べるのも楽しいですよ。 実際、バーゲン中や連休の人が多いときなどは、フードコートで食事をする事を諦めた方たちが、南コートにあるファミリーマートで購入した食事を広場で食べていますからねー。 せっかく、1日がかりで楽しむつもりで来場するのであれば、お弁当持参も考えてみてはいかがでしょうか?• 子供は買い物に連れまわさずに、大人一人が付いて遊ばせておく• 子供を遊ばせるのは、南コート奥にある、遊具コーナーと広場• 広場で遊ぶための道具を持参するとGood! 夏場や暑い日は、30分おきに開催される噴水がおすすめ。 是非、着替の持参を!• お弁当持参でピクニック気分を味わうのも良いかも 最初の方に記載しましたが、大切なのはいかに子供を飽きさせないかと言う事。 やはり、大人の都合で子供を振り回すのではなく、子供目線で予定を組んであげる事が重要ではないかと思います。 これは竜王アウトレットの攻略法に限った事ではないですよね。 あと、ベビーカーが必要なくらいの小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は、駐車場も一工夫する事でかなり疲労度が変わって来ると思います。 その辺りは以下の記事で紹介させて頂いているので、是非とも参考にしてみて下さい。 せっかくの外出、家族みんなが満足できる楽しいイベントにしましょうね。 竜王アウトレットに行こうと思っている方の参考になればうれしいです。 また、この記事をみて竜王アウトレットに行ってみよう!と思った方が増えることも期待しています。 それでは、今回はこの辺りで失礼します。

次の