ポニョ お母さん 名前。 ポニョの父親と母親の馴れ初めは?フジモトの名前の由来や何者か考察!

両親を名前で呼ぶ

ポニョ お母さん 名前

そもそもポニョって、なんでハムが好きなの?? 物語の序盤、リサの車の中でそうすけがサンドイッチをポニョに食べさせるシーンがありましたよね? しかし、なぜかポニョはパンを毛嫌いして食べませんでした。 そして、ハムを見た瞬間にかぶりつき、むさぼるようにハムを頬張っていました。 ラーメンを食べるシーンでも、真っ先にハムにかぶりついていましたよね?? そこで、なぜポニョはハムが好きのか??気になって仕方がありませんでしたので、私なりにポニョがハム好きの理由を整理してみました。 ハムに 塩分が含まれているから。 人類の先祖と言われる一人「ハム」にちなんで。 ham(ハム)が、アマチュア無線家の通称だから。 まず最初の理由ですが、普段私たちが食べるハムについて調べてみたところ、ある面白い事実が発覚しました。 代表的な肉製品の一つ。 豚肉を 塩漬し,香辛料を加え,薫煙し,独特の風味と防腐性を与えた加工食品のこと。 引用:コトバンク つまり、豚肉には塩分が含まれており、いわば 海水と同じ状態なんですね。 もぉ〜お気づきかもしれませんが、ポニョは海水と同じ塩分が含まれているハムが大好きなんです!! なぜあれほどハムが好きなのか?については、普段は広大な海をさまよっているだけに、ポニョにとって塩分はなくてはならない存在であり、日本人に例えるならお米のような存在なんですよ!! 勝手なこと言ってスミマセン!! また、ノアの方舟(はこぶね)という有名な聖書は、大洪水にまつわる、ノアの方舟物語の事ですが、その物語の中で ハムという人物が登場します。 ハムは物語の主人公「ノア」の3人の息子の一人で、アフリカを中心とする人類の先祖の一人だと言われています。 そんな人類の先祖と言われるハムを頬張ったのは、この世に生きる生命として当然の行為だったのかもしれませんね。 これまたちょっと強引な推定かもしれませんが、大洪水も発生した本作とは重なる部分も多かったので・・・ 最後に、ハムという単語には肉製品のハム以外に、ham(ハム)という アマチュア無線家の通称という単語も存在します。 ham(ハム)という意味を調べてみましたが、以下の通りです。 アマチュア無線家の通称。 音声やモールス符号による私設の短波無線局を開設することのできる有資格者 引用:コトバンク ここでちょっとピンときた方がいらっしゃるかもしれませんが、そうすけの家族は モールス信号を使って、頻繁に家族間で連絡を取り合っていましたよね? こういち(父親)が自宅に帰れないシーンで、リサとそうすけが暗闇の中でライトを巧みに操り、こういちに伝言を送るシーンですね。 つまり、そうすけ一家のようにモールス信号を巧みに操る家族をアマチュア無線家と呼ぶわけです。 ポニョはハムを食べることで、 そうすけ一家とより深い関係が結べると察したのかもしれませんね。 それと、ちょっと脱線するかもしれませんが、そうすけが「ポニョはハムが好きなんだよ」と発言したことに対して、 あたしみたいね・・・ と発言したリサのフレーズも妙に気にかかっていました。 ちなみに物語では、そうすけは 5歳、リサは 25歳という設定ですが、なぜか妙に今時のファミリーを思い浮かべてしまいます。 一昔前までは、親の名前を呼び捨てするなんて考えられませんでしたが、現代では親と子供が親子というよりは友達のようにフレンドリーな関係になっている世帯も多いですよね? 特に女性は顕著で、母親と娘がいつまでも仲良しという光景をSNSなどでよく見かけます・・・ そんな家族間の存在意義も一昔前と変わったことも考慮し、あえて母親を呼び捨てにする設定を選んだのではないでしょうか? 現実世界でも割りとありますが、母親側としては、他人に対してそれだけ仲の良い親子と思わせたい思惑はあるでしょうね。 それと、 「母なんて呼ばれると、老けているイメージがあるから」と親の方針で呼ばせない家庭もあるようです。 子供は素直だから親の方針に従いますもんね・・・ それにしても、現代社会を読み取り、若者の視点に立って物語を制作しているなんて・・・やはり宮崎駿監督の着眼点とセンスは只者ではないですよ。 スポンサーリンク リサの車のナンバーが333の理由! コチラも気になっていた方が多いのではないでしょうか? 車のナンバーは数字の3が3つ、物語では他にも3に関するキーワードが随所に散りばめられていました。 例えば、ラーメンを食べるシーンで、出来上がるまでは3分かかるとのこと。 当たり前です。 ポニョの母親(グランマンマーレ)のイアリングが両耳に3つずつ付いている。 などなど。 不思議な光景を目の当たりにしていましたが、何か3という数字に意味はあるのでしょうか? そこで3という数字に隠された秘密を探りましたが・・・どうやら3にはアセンデッドマスター(超越した人間とその霊魂)を示す天使の数字という意味合いがあるみたいです。 たとえば、 イエス・キリストなどですね。 そういえば、物語でポニョは頻繁に睡眠をとっていましたが、その回数も3回でしたね・・・ 物語ではいくつものトラブルが発生していましたが、3という数字によって、そうすけやリサを擁護しているという意味合いがあるのかもしれませんね。 ハムに 塩分が含まれているから。 人類の先祖と言われる一人「ハム」にちなんで。 ham(ハム)が、アマチュア無線家の通称だから。 そうすけがリサを呼び捨てする理由は、ホントに仲の良い家族と思わせたい現代の親子関係をリアルに再現している。 リサの車が333の理由は、3という数字には天使の意味合いがあり、トラブルからそうすけやリサを擁護するため。 ポニョの気になるポイントについて調査してみましたが、結局これって各々で見方は違うでしょうし、必ずしも正解は一つしかないというわけではないと感じました。 いや〜なんとも奥深い作品ですね。 我々の探究心をくすぐる宮崎駿監督には頭が上がりませんよ・・・ まだまだポニョには都市伝説的なシーンが多いので、もし機会があればもう一度ご覧になってはいかがでしょうか?? 最後までお読みいただき、ありがとうございました!!.

次の

愛と光と忍耐でいこう! 映画『崖の上のポニョ』より

ポニョ お母さん 名前

ポニョの父(フジモト)って何者なの?? 崖の上のポニョを観て、「結局、ポニョの父親って何者なの!?」という方のために、まずはポニョの父親について整理していきましょう!! 個人的な考察も交えてご紹介してきますね〜 まずフジモトはポニョの父親ですね。 海に生きる魔法使いですが、パッと見た感じからもわかる通り、 元人間だそうです。 若い頃は、潜水艦「ノーチラス号」にて唯一の東洋人乗組員として働いていたようですが、 ある人物との出会いや、人間だった自分に嫌気がさして、海で生きる道を選択します。 なぜ人間だった自分に嫌気がさしたのか? これについて様々な意見はありますが、「地球の自然を破壊する人間」や「プライドが高く協調性のない人間」などなど、人間として生きる上で色んなストレスを抱え込み、フジモトは広大な海で生きていくことを決めました。 ちなみに、潜水艦:ノーチラス号は 小説「海底二万里」に登場する潜水艦で、1870年に発表された作品なので、フジモトの年齢はゆうに100歳は超えているという計算ですね。 ちょっと老けているイメージなのは、純粋に年齢的な問題だったのでしょうね(笑) 物語の中で、ポニョを連れ戻そうとしたり、不思議な行動を取ったりして何とも怪しいオジサンのようなイメージですが・・・実はとっても良い方なんですよ。 ここで、 これまで抱いていたフジモトのイメージを一新して、彼の高感度を上げていきましょう! スポンサーリンク フジモトの名前の由来ってなんなの?? 初めてフジモトという名前を聞いたとき、妙に違和感を感じました。 そもそも、本作は 童話「人魚姫」をモチーフに描かれていると言われているのに、ポニョの母親がグランマンマーレという名前に対して、父親はフジモトという日本人っぽい名前ですよね〜 まぁ〜元人間ということでしたので、日本人っぽい名前なのはちょっと理解できますが、なぜ名前が フジモトなのかはやっぱり気になります 何だか日本人っぽく適当にネーミングしたんだろう!っと言いたいところですが、宮崎駿監督のことですので、何か理由があってフジモトと名付けたに違いありません!! 一体何なんだ!! そこで、物語の題材となった小説「海底二万里」の中にヒントが隠されているのではないかと考えて、実際に小説を読んでみることにしましたが・・・ フジモトが見つかりません・・・(泣) 実は後からわかったことですが、フジモトは潜水艦「ノーチラス号」にて唯一の東洋人乗組員という設定で 、実在していない人物だったんです。 よく考えたら小説「海底二万里」って、もともとは1870年に発表されたフランスの洋書ですので、そもそも日本人が登場するわけがありませんよね? では、フジモトという名前の由来は一体なんなのか? 「海底二万里」に出てくる登場人物などのキーワードをつなげたり、逆さにしたり・・・など、色々と試してみましたが謎は解けないままでした・・・ フジモトという名前にこめられた意味とは・・・まさにポニョの中でも未だにベールに包まれた都市伝説の一つですね。 スポンサーリンク ポニョの父親と母親の馴れ初めは? さて、先ほどフジモトをご紹介する際に登場した ある人物とは・・・ そうです。 ポニョの母親:グランマンマーレのことですね。 フジモトは、潜水艦「ノーチラス号」で働いていた時に、海の女神と呼ばれるグランマンマーレと出会い、彼女の寛大な心に惹かれていきます。 そして、まだ当時は少年だったフジモトですが、グランマンマーレと恋に落ちて・・・その後結ばれるという展開ですね。 作中ではお二人の馴れ初めについては触れていませんが、なんとも素敵な出会いですよね〜 では、だからと言ってフジモトが彼女を一人占めできるのか?と言われると・・・ 実はそんなことはありません! なぜなら、グランマンマーレは海の女神であり、広大な海に生きる生物たちの母のような存在だからです。 物語でも、なぜか夫婦なのにフジモトが彼女と会う瞬間を楽しみにしているシーンがありますよね? 本当になかなか会えないんだと思います(笑) フジモトにとって彼女は唯一無二の存在かもしれませんが、彼女にとってフジモトは、ポニョの父としてのパートナーのような存在なんだな〜っと感じましたね。 これらのことからも、なんだか一昔前の亭主関白な家庭ではなく、女性側に力があるというか、簡単にいえば嫁が強い立場になっていますよね? 宮崎駿監督は物語の中で、 女性の立場が強くなった現在社会をうまく表現しているのでしょう。 いや〜奥深い。 他にも、 フジモトは海の女神グランマンマーレと恋に落ちて人間をやめた・・・ 一方、 ポニョは人魚姫のように、そうすけに恋に落ちてお魚から人間になった・・・ これは個人的な考察ですが、人間と自然(海)は持ちつ持たれつの関係で、地球上で生きていく上でこれから人類がどんなことを考えていかないければいけないのか?というメッセージではないでしょうか? 簡単にいえば もっと共存しなさい・・・ ということでしょうか? まとめると、人間としてこれからもっと自然を大切にしよう!と決めました。 ポニョの気になる・・・についてまとめ!!• ポニョの父親(フジモト)は、実はいい人。 フジモトの名前の由来は、未だ解明されていない。 ポニョの父と母の馴れ初めは、フジモト(父)が潜水艦で働いている時に出会い一目惚れ。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!!.

次の

[ ポニョ ]

ポニョ お母さん 名前

ポニョの父(フジモト)って何者なの?? 崖の上のポニョを観て、「結局、ポニョの父親って何者なの!?」という方のために、まずはポニョの父親について整理していきましょう!! 個人的な考察も交えてご紹介してきますね〜 まずフジモトはポニョの父親ですね。 海に生きる魔法使いですが、パッと見た感じからもわかる通り、 元人間だそうです。 若い頃は、潜水艦「ノーチラス号」にて唯一の東洋人乗組員として働いていたようですが、 ある人物との出会いや、人間だった自分に嫌気がさして、海で生きる道を選択します。 なぜ人間だった自分に嫌気がさしたのか? これについて様々な意見はありますが、「地球の自然を破壊する人間」や「プライドが高く協調性のない人間」などなど、人間として生きる上で色んなストレスを抱え込み、フジモトは広大な海で生きていくことを決めました。 ちなみに、潜水艦:ノーチラス号は 小説「海底二万里」に登場する潜水艦で、1870年に発表された作品なので、フジモトの年齢はゆうに100歳は超えているという計算ですね。 ちょっと老けているイメージなのは、純粋に年齢的な問題だったのでしょうね(笑) 物語の中で、ポニョを連れ戻そうとしたり、不思議な行動を取ったりして何とも怪しいオジサンのようなイメージですが・・・実はとっても良い方なんですよ。 ここで、 これまで抱いていたフジモトのイメージを一新して、彼の高感度を上げていきましょう! スポンサーリンク フジモトの名前の由来ってなんなの?? 初めてフジモトという名前を聞いたとき、妙に違和感を感じました。 そもそも、本作は 童話「人魚姫」をモチーフに描かれていると言われているのに、ポニョの母親がグランマンマーレという名前に対して、父親はフジモトという日本人っぽい名前ですよね〜 まぁ〜元人間ということでしたので、日本人っぽい名前なのはちょっと理解できますが、なぜ名前が フジモトなのかはやっぱり気になります 何だか日本人っぽく適当にネーミングしたんだろう!っと言いたいところですが、宮崎駿監督のことですので、何か理由があってフジモトと名付けたに違いありません!! 一体何なんだ!! そこで、物語の題材となった小説「海底二万里」の中にヒントが隠されているのではないかと考えて、実際に小説を読んでみることにしましたが・・・ フジモトが見つかりません・・・(泣) 実は後からわかったことですが、フジモトは潜水艦「ノーチラス号」にて唯一の東洋人乗組員という設定で 、実在していない人物だったんです。 よく考えたら小説「海底二万里」って、もともとは1870年に発表されたフランスの洋書ですので、そもそも日本人が登場するわけがありませんよね? では、フジモトという名前の由来は一体なんなのか? 「海底二万里」に出てくる登場人物などのキーワードをつなげたり、逆さにしたり・・・など、色々と試してみましたが謎は解けないままでした・・・ フジモトという名前にこめられた意味とは・・・まさにポニョの中でも未だにベールに包まれた都市伝説の一つですね。 スポンサーリンク ポニョの父親と母親の馴れ初めは? さて、先ほどフジモトをご紹介する際に登場した ある人物とは・・・ そうです。 ポニョの母親:グランマンマーレのことですね。 フジモトは、潜水艦「ノーチラス号」で働いていた時に、海の女神と呼ばれるグランマンマーレと出会い、彼女の寛大な心に惹かれていきます。 そして、まだ当時は少年だったフジモトですが、グランマンマーレと恋に落ちて・・・その後結ばれるという展開ですね。 作中ではお二人の馴れ初めについては触れていませんが、なんとも素敵な出会いですよね〜 では、だからと言ってフジモトが彼女を一人占めできるのか?と言われると・・・ 実はそんなことはありません! なぜなら、グランマンマーレは海の女神であり、広大な海に生きる生物たちの母のような存在だからです。 物語でも、なぜか夫婦なのにフジモトが彼女と会う瞬間を楽しみにしているシーンがありますよね? 本当になかなか会えないんだと思います(笑) フジモトにとって彼女は唯一無二の存在かもしれませんが、彼女にとってフジモトは、ポニョの父としてのパートナーのような存在なんだな〜っと感じましたね。 これらのことからも、なんだか一昔前の亭主関白な家庭ではなく、女性側に力があるというか、簡単にいえば嫁が強い立場になっていますよね? 宮崎駿監督は物語の中で、 女性の立場が強くなった現在社会をうまく表現しているのでしょう。 いや〜奥深い。 他にも、 フジモトは海の女神グランマンマーレと恋に落ちて人間をやめた・・・ 一方、 ポニョは人魚姫のように、そうすけに恋に落ちてお魚から人間になった・・・ これは個人的な考察ですが、人間と自然(海)は持ちつ持たれつの関係で、地球上で生きていく上でこれから人類がどんなことを考えていかないければいけないのか?というメッセージではないでしょうか? 簡単にいえば もっと共存しなさい・・・ ということでしょうか? まとめると、人間としてこれからもっと自然を大切にしよう!と決めました。 ポニョの気になる・・・についてまとめ!!• ポニョの父親(フジモト)は、実はいい人。 フジモトの名前の由来は、未だ解明されていない。 ポニョの父と母の馴れ初めは、フジモト(父)が潜水艦で働いている時に出会い一目惚れ。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!!.

次の