妊婦 逆流性食道炎。 妊婦の逆流性食道炎、原因や対処法は?自身の経験談

【妊婦の逆流性食道炎】 妊婦さんのつわりは辛い!?

妊婦 逆流性食道炎

妊婦の逆流性食道炎とは? 逆流性食道炎 ぎゃくりゅうせいしょくどうえん とは 胃から 胃液 胃酸 が逆流してくる病気と 胃液の逆流によって 食道が炎症を 起こす病気のことです。 胃酸は強い酸性なので、 食道に大きなダメージを与えます。 そのため炎症だけでなく、潰瘍や びらん ただれ の原因になることも。 逆流性食道炎は肥満気味の人や、 高齢者で発症しやすいと言われています。 そして 妊婦さんも発症しやすい病気として知られているんです。 妊婦の逆流性食道炎の症状 症状は、 しつこい胸やけが特徴といえます。 他には、主に次の症状が挙げられます。 胸やけ• 胸の痛み• のどの違和感、不快感• 呑酸 どんさん• 不眠 呑酸とは、酸っぱさが 口まで上がってくる症状を言います。 ほかにも喉 のど のつかえやゲップ、 咳などの症状なども、逆流性食道炎の 可能性があります。 なぜ妊娠中は 逆流性食道炎が発症しやすいのかというと、 お腹が大きくなることで胃が圧迫される ことと、 ホルモンバランスの変化が 原因として考えられています。 つわりとは何が違う? まぎらわしいのですが、 逆流性食道炎は 妊婦さんのつわりの症状と似ています。 例えば胸やけや呑酸などは、 どちらの症状にも当てはまります。 そのため、妊娠中に つわりだから仕方ないと考えていたけど 実は逆流性食道炎であった、という 「隠れ逆流性食道炎」の可能性もあります。 一般的にが治まるとされる 妊娠12週~16週目以降になっても しつこい胸やけや吐き気が治まらない場合は 逆流性食道炎の疑いを考慮して、 かかりつけ医に相談してみると良いかもしれません。 妊婦の逆流性食道炎の予防 妊娠中に逆流性食道炎を予防するには 次のことを見直してみましょう。 食生活• 食べ過ぎない• お腹に負担をかけない 逆流性食道炎を予防するには、 まず 食生活の見直しが大切です。 や糖分の多い食べ物や香辛料、 レモンなど酸味の強い食べ物などを 日々食べていると、胃への負担が大きいです。 なるべく消化のよいものを食べるようにし 寝る数時間前には食べないようにすると良いです。 またお腹を圧迫させると 逆流性食道炎を引き起こすことがあるので、 ベルトを強く締めたり、腰回りのきつい パンツを履くことは避けましょう。 最後に 妊娠中の逆流性食道炎とは何か? どのような症状なのかなどについても なるべくわかりやすく解説していきました。 あなたのマタニティライフに少しでも役立てば幸いです!.

次の

逆流性食道炎の食事でおすすめは?トマト・ヨーグルト・酢?

妊婦 逆流性食道炎

逆流性食道炎の食事にはトマトがおすすめ? 逆流性食道炎には食生活や生活習慣が密接にかかわっています。 そのため食生活を変えたり消化を促す食べ物を摂ることで症状が改善することも多いのです。 まず、 トマトは逆流性食道炎を改善する食べ物のうちの一つと言えるでしょう。 トマトには リコピンという活性酸素を消して逆流性食道炎になりやすい肥満の原因となる生活習慣病から守ってくれる栄養素が多く含まれています。 それ以外にも トマトの酸味は胃の不快感を解消して消化器のはたらきを促進し、逆流性食道炎を防いでくれるのです。 他にも効果がありトマトに含まれる ビタミンUは胃壁の修復効果が期待でき、 ペクチンは逆流性食道炎になりやすくなる便秘を解消してくれるでしょう。 一説には逆流性食道炎ではトマトを避けたほうがいいというものがありますが、トマトの栄養素を深く考えた場合、逆流性食道炎対策として摂取したほうがいいものであると気が付くと思います。 ヨーグルトもおすすめ? 逆流性食道炎の症状で必ず付きまとうのが 胸焼けや 呑酸ですが、 ヨーグルトはそれらを防ぐ効果があると言われております。 ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれており悪玉菌を退治する能力が高く、胃を保護する効果があります。 それ以外にも乳製品であるため胃酸の分泌を抑える効果もあり、腸の蠕動運動を活発にして胃にかかる腹圧を減らす効果もあります。 逆流性食道炎で問題となるのは胃酸の逆流となるため、 胃酸の分泌を抑えたり腹圧を減らすことは非常に効果があると言えるでしょう。 そのことからもヨーグルトは逆流性食道炎に対して非常に効果的な食べ物であると言えます。 酢もおすすめ? お酢は一昔前に健康ブームがあったため、あらゆる病気のもとに効くイメージがあるかと思いますが、こと 逆流性食道炎の場合には逆になります。 なぜなら 逆流性食道炎で食べてはいけない食べ物には酸っぱいものがあり、そこにお酢はピンポイントに的中するからです。 酸っぱいものは逆流性食道炎のリスクを高めるため、もしこの病気と診断された場合には食べてはいけません。 過去の健康ブームでお酢を使う人が激増したことがありましたが、その時期に合わせて胸焼けで病院にかかった人が増えたという話もあります。 納豆はどう? 胃の粘膜はムチンという物質から作られているので、 逆流性食道炎や胃の不調を防ぐためにはムチンを摂取することが有効なのです。 摂取する方法はサプリメントや食品に頼ることなのですが、 その食品の筆頭が納豆になります。 納豆のねばねばは多糖類とタンパク質が結合したムチンという成分なので摂取効率は高めとなります。 ただし、逆流性食道炎の症状が重く吐き気がひどいという人は納豆は消化に悪いので食べない方がいいでしょう。 そのような方は病院で診てもらってください。 ほかにもムチンが含まれている物質は長いも・レンコン・なめこ・オクラ・里芋などです。 いわゆるヌルヌルしたものやねばねばしたものに含まれているので、わかりやすいと言えるでしょう。 その他の逆流性食道炎におすすめの食べ物 逆流性食道炎で今まであげてきた食べ物以外でおすすめできるものはまず、 パンです。 理由はシンプルで パンはご飯よりも消化が良くて糖分が少ないからです。 注意点としてはそこからバターやマーガリンなどをつけて脂肪分や糖分を増やすと逆効果になってしまうので、それは避けるようにしてくださいね。 次におすすめするのは お粥です。 ご飯をそのまま食べるよりもお粥にしたほうが消化に良いため、ご飯が食べたい人にはうってつけでしょう。 雑炊にしてもかまいません。 それ以外ではヨーグルトと同じ乳製品である チーズもいいでしょう。 これもヨーグルトと同じく胃の粘膜を保護してくれる効果や胃酸を抑える効果があるためおすすめです。 Sponsored Link おすすめできない食べ物は? 今までおすすめできる食べ物を中心にお伝えしてまいりましたが、ここでは逆におすすめできない食べ物をご紹介します。 まず、 消化に時間がかかり胃に負担がかかる食べ物はおすすめできません。 胃に負担がかかればその分胃もたれや胃酸過多を引き起こしやすくなり胸焼けが発生しやすくなります。 代表的な食べ物は刺身・ラーメン・焼肉・ゴボウなどの根菜・じゃがいもなどです。 基本的に脂っこいものや生もの、食物繊維が豊富なものがおすすめできないと思ってください。 食べる時は消化しやすくするためによく噛んでくださいね。 次に注意が必要なものは 胃の運動機能を低下させる冷たいものです。 冷たいものを食べ過ぎるとどうしても胃が冷やされてしまい、消化能力が低下して消化に時間がかかるようになって胃酸が多く出るようになってしまいます。 そのため冷たいものの食べ過ぎに気を付けましょう。 それ以外にもカレーやしょうがなどの刺激が強いもの、カフェインが入っているもの、ケーキなどの甘味が強いもの、レモンやお酢などの酸っぱいもの、アルコール類のビールなどがおすすめできない食べ物となるでしょう。 食事量や回数はについて【抜き】も有り? 逆流性食道炎になって胸焼けや嘔吐などが発生すると、食欲そのものが無くなってしまい食事をすることが億劫になることがあります。 そこで気になるのが逆流性食道炎になった場合の食事回数についてです。 まず回数を増やすことは良くないことをお伝えします。 間食等で回数を増やしてしまうと 胃の働く回数が増えてしまい結果的に胃酸が多くなってしまいます。 そのため 食事の回数を減らすのは胃酸が出る回数を減らすことにもつながるため、おすすめだと判断できるでしょう。 ここで気を付けることは空腹感に苛まれないようにすることです。 空腹がどうしてもつらいときにはダイエットに使われることが多いグリーンスムージーなどで補っていきましょう。 おすすめの飲み物は? 逆流性食道炎におすすめの飲み物はなんといっても牛乳になるでしょう。 いままで乳製品は逆流性食道炎に効果があるといっていたように、 牛乳でもその効果が期待できるためです。 それ以外ではまずは 麦茶がいいですね、これは胃粘膜を保護する効果があるためおすすめできます。 他には消化力を高める 白湯もいいでしょう。 また、牛乳を飲むときには冷えている状態よりもホットミルクとしたほうが、逆流性食道炎に対しての効果が高いため 可能ならホットミルクにしましょう。 逆流性食道炎は高齢者に多い? 若い人に増えつつある逆流性食道炎ですが、それでも 一番発症率が高いのは高齢者になっています。 特に多いのは60歳以上の女性です。 高齢者が多くなっている理由は、老化によって胃から食道への逆流を防ぐ働きをする筋肉である 下部食道括約筋の機能が低下してしまうことが原因です。 年を取ると筋力が低下してしまうのはしょうがないことであり、それこそ普段見えない部分の筋肉も低下しているためにある程度、逆流性食道炎になりやすくなってしまうのはやむを得ないとも言えます。 その他、逆流性食道炎に関しましては次のページも参考にしてください。 逆流性食道炎における食事に関しましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 医療法人社団 史世会 町田胃腸病院 最後に 以上、いかがだったでしょうか? 今回は逆流性食道炎に効果がある食べ物についてお伝えしてまいりました。 逆流性食道炎は食生活と密接な関わり合いがある病気であるため、食生活に気を付けることで防ぐことができる病気です。 そのためにも今回ここで紹介したおすすめするものとおすすめできないものをよく理解していただきたいです。 ただしいくら食生活を改善したからといって、タバコを吸いすぎたり肥満体系であったりストレスが多すぎたりすると逆流性食道炎になる可能性はなくならないため気を付けてくださいね。 今回のこの記事が逆流性食道炎に対しての参考文献の一つになれば幸いに思います カテゴリー•

次の

【楽天市場】逆流性食道炎 枕 でお困りの方専用の枕 Sleeping pillow(70×70×12cm) 逆流性食道炎 枕まくら(胃食道逆流症 流動性食道炎)逆流性食道炎 枕 傾斜枕 傾斜まくら 傾斜のある枕 妊婦 妊娠 ホワイト 白 逆流性食道炎対策用枕:スリーププラス インテリア館

妊婦 逆流性食道炎

逆流性食道炎とは!?メカニズムは? 逆流食道炎は、胃液や胃酸、食べた物などが逆流してしまい食道に炎症が起こる状態を指します。 通常、胃液などにより食道に炎症が起こらないように食道と胃を繋いでいる下部食道括約筋という筋肉により食道が締められているのです。 そのため、胃の内容物が逆流してくること無く過ごすことができています。 ところが、肥満や便秘や加齢、そして妊娠などが原因となり、下部食道括約筋が緩んでしまいやすくなります。 下部食道括約筋が緩むと胃の中の圧力が高くなってしまい、逆流が起きてしまうのです。 逆流してしまうと食道がただれ、炎症が起き、ひどい時は腫瘍ができてしまうこともあります。 妊婦は逆流性食道炎になりやすい!つわりが原因? 妊娠中は逆流性食道炎になりやすいのですが、なりやすい原因として2つの要因が影響します。 子宮が大きくなる 妊娠すると妊婦さんの身体の中では子宮が大きくなります。 すると、胃が子宮により下から上へと突き上げられてしまい圧迫されてしまうのです。 食道と胃を繋いでいる下部食道括約筋の圧力が低下し、胃の内容物と胃酸が食道に逆流してしまいます。 ホルモンバランスの変化 ホルモンバランスの変化も原因の1つです。 体内では妊娠の継続のためにプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増えるのです。 プロゲステロンの働きにより胃腸の筋肉が緩んでしまいます。 すると直腸に食べ物を運ぶために必要な消化管の筋肉が収縮する動き、蠕動運動が低下してしまうため、消化されずに逆流しやすくなってしまうのです。 胃の動きが悪くなってしまい逆流性食道炎となりやすくなりますが、腸の動きも鈍くなり、便秘にもなりやすくなってしまいますね。 妊娠によるこの2つの変化も逆流性食道炎になりやすい原因となるのです。 逆流性食道炎とつわりは別物? 逆流性食道炎とつわりは別物でした、。 つわりと逆流性食道炎は似ているものの別物です。 なぜこんなにつわりが長く続くのだろうと妊娠初期から後期まで嘔吐が続いていた私は思っていたのですが、実はつわりだけではなく逆流性食道炎にもなってしまっていたため、ずっと続いていたのですね。 逆流性食道炎の症状は、嘔吐、ゲップ、胃のむかつき、胸焼け、お腹の張りなどが起こります。 また逆流した胃液により喉にも炎症が起こってしまい、声が枯れてしまうということもあります。 逆流性食道炎の症状のピークは妊娠中期である傾向があります。 人によっては妊娠初期から症状が起こることがありますが…。 妊娠初期はつわりである場合が多いのですが、つわりから逆流性食道炎のピークになることでつわりが続いているように感じる事が多いですね。 似ているので混同されやすいですね。 逆流性食道炎は病院に受診すべき? 逆流性食道炎の症状が感じられた場合、日常生活に支障が起こるという時は産婦人科で相談してみると良いです。 悪化してしまうと食道が細くなり食べ物の通りが悪くなってしまったり、炎症が起こっている部分から出血し貧血や吐血が起こることもあります。 また、つわりから逆流性食道炎と続くと、かなり長い期間食事をしっかりととることができなくなってしまいます。 水分すらも摂取できなくなってしまうこともあります。 脱水症状になるのが怖いので、水分も摂取できない、食事も全く食べられないというような場合は受診したほうがよいですね。 脱水症状を避けるために氷をなめたりして、少しずつ水分を摂取するのもおすすめです。 逆流性食道炎での薬の服用は可能? 辛い逆流性食道炎ですが、症状を軽くしたいと思い、胃薬などの薬の服用をしたくなります。 しかし、自己判断での服用は避けましょう。 逆襲性食道炎で受診した場合は、胃酸の分泌を抑えたり、胃酸を中和したり、胃の機能を整える薬などがあります。 妊婦さんでも比較的安全に服用できる薬もあるので医師に相談し処方してもらったものを服用しましょう。 自己判断で市販薬を服用し逆流性食道炎に対処するのは間違いですね。 妊婦が逆流性食道炎にならないための予防法! 妊婦さんが逆流性食道炎にならないための予防法をご紹介します。 以下のポイントに注意して過ごすことで予防や症状の緩和に繋がります。 食べ物に注意 食べ物に注意しましょう。 脂質やタンパク質を摂取しすぎてしまうと、下部食道括約筋が緩んでしまう原因となり、逆流性食道炎が起こりやすくなってしまいます。 脂質やタンパク質が多い食べ物。 チョコレートなどの甘すぎるもの• 唐辛子や香辛料などの辛いもの• レモンなどの酸味が強いもの などはできるだけ避けたほうが良いです。 飲み物にも注意 飲み物にも注意しましょう。 コーヒーやお茶などのカフェインが含まれている飲み物は胃酸が増えたり胸焼けを起こしてしまう原因となりやすいので控えたほうがよいです。 食べ方や食べる量にも注意 食べ方や食べる量にも注意しましょう。 食事は少量に分けて行うとよいです。 よく噛んで食べましょう。 そうすることで胃の負担を減らすことができます。 また、腹八分目で食事を終えることも大切です。 就寝3時間前くらいには食事を終えておくことも予防となりますよ。 食べてすぐに横になってしまったりすると逆流しやすいので注意ですね。 姿勢を意識 姿勢を意識することも大切なポイントとなります。 前かがみの姿勢は胃からの逆流がしやすいので避けたほうがよいです。 また、眠る時は少し上半身を高くしましょう。 上半身を高くして寝ることで胃酸の逆流を抑えることができ、逆流性食道炎を防ぐことになりますよ。 まとめ 妊娠中はホルモンバランスの変化、子宮が大きくなる、下部食道括約筋の緩みなどが起こりやすくなり、逆流性食道炎になりやすくなってしまいます。 逆流性食道炎に一度なってしまうと治るまでかなり続きやすく辛い思いをしてしまうので、ならないように予防しましょう。 食事内容や量や姿勢を見直しながら改善したいですね。 症状がひどく食事も水分も摂取できないというようなときは無理しすぎず産科の担当医に相談しましょう。

次の