イチジク コンポート。 いちじくの甘露煮のおいしい煮方、作り方のレシピ [毎日のお助けレシピ] All About

季節の手作り いちじくのコンポート

イチジク コンポート

ファーム大しまのホームページへご訪問いただきありがとうございます。 私たちは繊維の町として知られる愛知県一宮市でいちじくの栽培と加工を行っています。 母娘二人で一から始めたいちじく栽培。 苦労もしましたが多くの皆さまにご愛顧いただけるまでになりました。 そんな私たちの畑をご紹介します! これが私たちの畑で実ったいちじくです。 ぱっくり割れた実が完熟の証です。 でも…おいしい果実は虫も大好物!特にいちじくは果肉も柔らかく、栽培は虫との闘いです。 1月ごろの農園 まだ寒~い1月から私たちはいちじく作りの準備を始めます。 これ、何をしてると思います?前の年にカットしたいちじくの枝や葉を細かく粉砕してるところです。 いちじくって新しい枝に実がなるから毎年枝を切り落とします。 わたしたちの農園ではこの切り落とした枝を粉砕して、堆肥にし、畑にまくという循環式農業を行っています。 粉砕した枝や葉は一年かけてじっくり堆肥にします。 一年前作った堆肥は3月後半に元肥として土に与えます。 熱を加えて数か月で堆肥を作る方法もありますが、ファーム大しまでは一年かけてじっくり堆肥を熟成! 「おいしくな~れ」と念じながら土づくりを行います! おいしいいちじくには虫も目がありません!でもできるだけ農薬には頼りたくない…。 見てください、こいつ!かわいい?なんてとんでもない!カミキリ虫は根からいちじくの木を食い荒らす最大の敵!私たちはこいつからいちじくを守るため、日々奮闘しています。 7月ごろの農園 防虫対策の一つがこの白いシート。 このシート、一見なんの変哲もない白いシートですがが、夏の日差しを痛いぐらいに反射し、その反射光が実り始めた実を虫から守ってくれるんです。 収穫風景。 手袋着用でやさしく収穫します。 それともう一つ。 我が家のいちじく栽培のこだわりはこの「雨傘」。 雨濡れても実が傷んでしまう、繊細ないちじくを守るため、丁寧に雨傘をかぶせています。 収穫時期は大忙し。 毎朝四時半から収穫を開始します。 こんな苦労も「木で完熟したいちじくをみなさんに味わっていただきたいから。 」やわらかくいたみやすいいちじくは、通常ちょっと早取りをして出荷されます。 しかし、 私たちは収穫シーズンには毎朝4時半に収穫を開始し、そのいちじくをすぐにパック詰めし、10時には販売店の店頭に並べる そんな私たちの畑でできた色とりどりないちじくたち。 赤いのが、みずみずしく食べごたえがある「桝井ドーフィン」 紫が、上品な甘さで日持ちが良い「ビオレソリエス」 黄色が、甘さ強く少しねっとりとして皮ごと食べられる「バナーネ 黄いちじく 」です。 収穫した完熟いちじくはその日のうちに出荷し、本当においしい状態でお客様にお届けしています。 でも生のいちじくのシーズンは8月~10月の約3カ月。 「シーズン外にもおいしいいちじくが食べたい!」そんな声にお応えして10年前から収穫したいちじくを使ってジャムを作り始めました。 ジャムから始まったファーム大しまブランドのいちじく加工製品も今ではグラッセ、コンポートと三種類に増えました。 私たちの作るものはすべて完熟したいちじくを使用しているのが特徴です!だからどれも生のいちじくの風味そのままに、おいしく仕上がっています。 ぜひ一度ファーム大しまのいちじくをご賞味ください。

次の

いちじくで作る3大保存食。コンポート&ジャム&ドライフルーツの作り方

イチジク コンポート

最初は赤ワインを入れずに砂糖とレモンだけで煮ていたけど、味がしまらない。 そこで甘めの赤ワインを加えてみたら美味しくなりました! 未熟イチジクのコンポートのレシピ• 未熟イチジクを水で洗う• 未熟イチジクのヘタを切る• 沸騰したたっぷりのお湯の中にイチジクを入れて、2~3分茹でる• 鍋に2のイチジク、砂糖、レモン、赤ワインを入れて、イチジクがかぶる量の水を新しく入れる• 火にかけて中火で沸騰させる• 沸騰したら弱火にして、キッチンペーパーをかぶせ 落し蓋でもOK 、30~1時間ほど煮る。 柔らかくなって、飴色になったらOK!• ハチミツ大さじ2を加える• 小さいうちに取ったから、皮が頑丈すぎるようですな。 ちなみに小さくても、しっかりと赤いプチプチは実の中に詰まっているよ。 尚、未熟いイチジクの中でも唯一大きめで、黄色っぽくなっていたイチジクだけは、圧をかけていない。 それでもこんな風に皮もシワシワになって、柔らかくなっていたからね。 普通の鍋でコトコトが良いよ! 未熟イチジクのコンポートの食べ方 そのまま食べても美味しいコンポート。 でもこちらの食べ方が、おすすめ! 甘いコンポートは、さっぱり味のヨーグルトとの相性抜群! 甘いコンポートの汁を炭酸水で割ると、すっきりとした美味しいジュースになります。 他にも虫や鳥という敵もいます。 だからイチジクは熟す前の青い実の未熟イチジク収穫するしかない。 しかも収穫したらトマトのように追熟しないし、生食では味がしない。 甘さが程よくて、パパリンのお気に入り。

次の

いちじくのコンポート レシピ 杉野 英実さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

イチジク コンポート

名称 [ ] 「 無花果」の字は、花を咲かせずに実をつけるように見える ことに由来するで名付けられたで 、日本語ではこれに「 イチジク」というを与えている。 中国で「 映日果」は、無花果に対する別名とされた。 通説として、日本語名「イチジク」は、17世紀初めに日本に渡来したとき、映日果を唐音読みで「エイジツカ」とし、それが転訛したものとされている。 中国の古語では他に「阿駔 」「阿驛」などとも音写され、「底珍樹」「天仙果」などの別名もある [ ]。 にはにに所縁のあるがのから伝えたとされ、はイチジク発祥の地とされる。 伝来当時の日本では、はじめ「唐柿(からがき)」、ほかに「蓬莱柿(ほうらいし)」「南蛮柿(なんばんがき)」「唐枇杷(とうびわ)」などと呼ばれた。 なお現在でも天草地方ではイチジクを「南蛮柿」と表記する文化が残っている。 属名 Ficus ( )はイチジクを意味する。 : fico, : figue, : higo, : fig, : Feige など、ヨーロッパの多くの言語の「イチジク」はこの語に由来するものである。 形態・生態 [ ] 日本ではせいぜい樹高3 - 5ほどに生長する樹であるが、条件が良ければ高さ20メートル、幹径1メートル以上にもなる。 葉は大型の3裂または5裂する掌状で互生する。 日本では、浅く3裂するものはに日本に移入された品種で、深く5裂して裂片の先端が丸みを帯びるものは明治以降に渡来したものである。 葉の裏には荒い毛が密生する。 葉や茎を切ると白乳汁が出る。 新枝が伸びだすと葉腋に花を入れた袋であるがつく。 下のものから順に育ち、花嚢はとなって肥大化する。 花嚢は倒卵状球形で、厚い肉質の壁に囲まれ、初夏に、花嚢の内面に無数の花(小果)をつける。 このような花のつき方を隠頭花序(いんとうかじょ)という。 雌雄異花であるが、イチジク属にはで同一の花嚢に両方花をつける種とで雄株には同一の花嚢に雌雄両方の花、雌株には雌花のみを形成する種がある。 栽培イチジクの栽培品種は結実に雌雄両株が必要な品種群が原産地近辺のやでは古くから栽培されてきたが、受粉して雌花に稔性のある種子が形成されていなくても花嚢がして熟果となる品種もあり 、原産地から離れた日本などではこうした品種が普及している。 イチジク属の植物は自然では花嚢内部には ()などのイチジクコバチ属 Blastophaga spp. の蜂が共生しており雌雄異株の種では雄株の花嚢に形成される雌花の受精後の種子全てを、雌雄同株の種では花嚢内の雌花の柱頭の長短で2群に分かれるもののうち柱頭の短い型のものに形成される種子を幼虫時代の食物として繁殖し、雄花の花粉を体の花粉収納器官に収めた交尾後の雌が若い花嚢に潜り込み花粉を散布することでを媒介する。 日本で栽培されているイチジクはほとんどが果実肥大に日本に分布しないイチジクコバチによる受粉を必要としない品種である。 ほとんどの種類の果実は秋に熟すと濃い紫色になり、下位の部分から収穫することができる。 甘みのある食用とする部分は果肉ではなく(しょうか)と(かたく)である。 芽吹き 利用 [ ] 歴史 [ ] 原産地に近いでは6千年以上前から栽培されていたことが知られている。 地中海世界でも古くから知られ、、などでから栽培されていた。 では最もありふれた果物のひとつであり、甘味源としても重要であった。 最近の研究では、に位置するの遺跡から、1万1千年以上前の炭化した実が出土し、イチジクが世界最古の化された植物であった可能性が示唆されている。 日本には江戸時代初期、節にもあるように、ペルシャから中国を経て、長崎に伝来した。 日本に古く渡来したのが在来種で、のちに果樹として洋種が栽培されている。 当初は薬樹としてもたらされたというが、やがて果実を生食して甘味を楽しむようになり、で容易にふやせることも手伝って、手間のかからない果樹として家庭の庭などにもひろく植えられるに至っている。 食用 [ ] 乾燥イチジク 果実は生食するほかに 乾燥イチジク(ドライフィグ)として多く流通する。 生果・乾燥品ともに、、、などに練りこんだり、やにしたり、やの材料として、またやの用など、さまざまな用途をもつ。 ほかにペースト、濃縮果汁、パウダー、冷凍品などの中間製品も流通している。 日本国内ではにする地方もある。 また、いちじくのも流行している。 果実には、、、類、、、などが含まれている。 が少量含まれるが、糖分の方が多いので、甘い味がする。 食物繊維は、不溶性と水溶性の両方が豊富に含まれている。 薬用 [ ] 熟した果実、葉を乾燥したものは、それぞれ 無花果(ムカカ)、 無花果葉(ムカカヨウ)といい生薬として用いられる。 イチジクには整腸作用があり 、果実を干したもの3—5個を600の水に入れてとろ火で半分まで煮詰めてかすを取り除いたものまたは、30分ほど煎じたものを1日3回に分けて服用して、便秘のに使われた。 生の果実をそのまま1日2—3個程度を毎日食べ続けても同様の効果が期待される。 便秘のほかにも、滋養に利用されたり、痰の多い咳、のどの痛みや痔にも効能があるとされる。 7—9月頃に採取した成熟した葉を日干しさせた無花果葉には、蛋白分解酵素、血圧降下作用がある、が含まれる。 風呂に入れて浴用に使われ、冷え性、肌荒れ、の出血止め、脱肛、腰痛、神経痛に効能があるとされる。 また果肉や葉から出る白いにはに近い樹脂分が含まれるが、として、(いぼ)に塗布したり 、として内服した。 正常な肌に乳液がつくと、かぶれやかゆみが起こることがある。 その他の利用 [ ] またイチジクのにはというが含まれており、日本の名簿に収載され、の原料として使用が認められている。 ほかにイチジク葉物は製造用剤などの用途でかつて同名簿に掲載されていたが、近年販売実績がないため、に削除された。 長野県阿智村、喬木村などでは、イチジクの葉を風呂に入れ入浴剤とする伝統がある。 栽培 [ ] この節のが望まれています。 挿し木で繁殖させ、主に庭や畑で栽培される。 浅根性で、夏季の乾燥する時期は潅水を行って水を与える。 高温、多湿を好み、寒気、乾燥を嫌う。 では並木仕立てにしている場合もある。 品種も数多く作出されていて、沿岸地方や地方などでは需要な産物になっている。 特産地 [ ] によれば、2007年のイチジク生産量のトップ3は、、。 ほか地中海沿岸から南アジアにかけての比較的乾燥した気候の国々が名を連ねる中、6位に米国が、9位にブラジルが見えている。 上位の国々は乾燥イチジクの輸出量も多く、とくにトルコ産、イラン産のものは有名である。 日本 [ ] イチジクは農林水産省では特産果樹(主要果樹と比較すると重要度は低い果樹)として統計されている。 しかしながら、もともと日本の温暖、湿潤な気候に適合していたことから、1960年代あたりから耕作放棄地、休耕田の活用や稲作、他果樹からの転作が進み、生産が増加した。 近年収穫量が増加している品目の一つであり、年間収穫量は約16000トンと、一部の主要果樹より多くなっている。 特に、高温多湿な西日本に産地が集中しており、愛知県のほか、関西地方に産地が密集する。 一方で、比較的寒冷な地域でも栽培が行われるようになったことで、冷害による被害なども発生している。 日本における主な特産地は順に次のとおり(産地は農林水産省資料特産果樹統計より参照し、公式webサイトなどで照合したもの)• - ホワイトゼノア種の生産が多い。 、(四倉地区)など• - 稲敷地区に産地があり、ブランド化を目指している。 、(旧新利根町)、美浦村• 加須市(旧騎西町) 、川島町• - 収穫量国内7-11位。 東日本における主産地の一つで、昭和初期から栽培が始められた。 市原市、香取市(旧佐原市)• 神奈川県• 大井町• 新潟県• 新潟市、新発田市、佐渡市(旧小木町)• (旧押水町) 、輪島市• 小浜市• 岐阜県• 海津市(旧南濃町)• - 収穫量国内7-11位。 静岡市、藤枝市、焼津市、牧之原市(旧榛原町)• 安城市~碧南市に至る西三河地区は全国で最も収穫量が多い。 、、、、• 鈴鹿市• 高島市、東近江市(旧湖東町)• - 収穫量国内7-11位。 城陽は国内有数の歴史を持つ西洋イチジク産地。 、木津川市(旧木津町)• - 収穫量国内3-5位。 2000年代より羽曳野市、河南町を中心に国内有数の産地として発展。 羽曳野市では地元産のイチジクを使ったソースも作られている。 、、 、• - 収穫量国内3-5位。 川西市は桝井ドーフィンの国内発祥地。 早朝に収穫を行い、その日の昼までに出荷を行う「朝採りいちじく」をブランド化している。 神戸市、、• - 収穫量国内7-11位。 大和郡山市~斑鳩町に至る地区に産地が広がり、養鶏からの転業が進んだ。 ハウス栽培も盛んで、いちご農家からの転業も多い• - 収穫量国内第2位。 紀の川市は安城市に次ぐ全国2位の収穫量で、みかん、稲作の転作作物として旧打田町を中心に栽培が奨励された。 紀の川市(旧、旧粉河町)、和歌山市• - 西伯は古くからの産地として知られた。 南部町(旧西伯町)• - 多伎は古くからの蓬莱柿産地で、全国に先駆けイチジクを特産品として注力していた。 (旧多伎町)、松江市(旧島根町)• 笠岡市• - 収穫量国内6位。 尾道は蓬莱柿の生産が全国で最も多い。 、福山市、江田島市(旧沖美町)• 田布施町、岩国市• 鳴門市• - 収穫量国内7-11位。 まんのう町羽間(はざま)地区が中心産地として知られる。 高松市、まんのう町(旧満濃町)、坂出市、三豊市(旧高瀬町)• 新居浜市• - 収穫量国内3-5位。 行橋市は古くから蓬莱柿の産地として知られる一方、県が開発した「とよみつひめ」のブランド化を進めている。 、朝倉市(旧朝倉町)、柳川市• 長崎県• 諫早市• 宇城市(旧三角町)• 大分市 文化とエピソード [ ] 『』の(3章7節)に「でを食べたとは、自分たちが裸であることに気づいて、いちじくの葉で作った腰ミノを身につけた」と記されている。 また、『』の(13章6〜9節)では、実がならないイチジクの木を切り倒すのではなく、実るように世話をしを与えて育てるというを語っている()。 一方で(11章12節〜)では、旅の途中イチジクの木を見つけた空腹のキリストがその木にまだ実がなっていないのに腹を立て、呪いの言葉を述べると翌日その木が枯れていたというエピソードがある。 その他にもイチジクはの中で、または、・のたとえと関連してしばしば登場する。 イチジクはでは神、ではへの供物であり、のはイチジクの木陰で生まれたとされている。 他の民族でもイチジクは生命力や知識、自然の再生、豊かさなどの象徴とされている。 イチジクを摘むと花柄からと呼ばれる樹液が滴る。 この樹液は母乳や精液になぞらえられ、アフリカの女性の間では不妊治療や乳汁分泌の促進に効果がある塗油として使われてきた。 の政治家は、第一次・第二次を戦った敵であるを説くため、演説の中で産のイチジクの実を用いたと伝えられる。 イチジクの流通は乾燥品が中心であった当時において、カルタゴから運ばれたイチジクが生食できるほど新鮮であることを示し、カルタゴの脅威が身近にあることをアピールしたのだという。 その他 [ ]• には中国語で「無花果」と呼ばれる甘く味付けした菓子もあるが、これはを千切りにして干した物で、イチジクとは関係がない。 イチジクの天然香料は毒性が強いために化粧品などには使用されない。 などに用いるイチジク香はグリーン香にココナツ香を加えて再現されている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 米倉浩司・梶田忠 2003-. 2020年5月23日閲覧。 2020年3月29日閲覧。 2020年3月29日閲覧。 2020年3月29日閲覧。 124. 2020年3月29日閲覧。 142. Mordechai E. 312. 5778, 2006, pp. 1372-1374• 『』 2012年9月25日 「」 [ ]• 177. 『信州の民間薬』全212頁中79頁医療タイムス社昭和46年12月10日発行信濃生薬研究会林兼道編集• 三浦耕喜 2016年10月1日. 中日新聞社 : p. 朝刊 28• 2015年10月6日. 2015年10月11日閲覧。 [ ]• マグロンヌ・トゥーサン=サマ、玉村豊男訳 『世界食物百科』 原書房、1998年。 699-700 参考文献 [ ]• 貝津好孝『日本の薬草』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、177頁。 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、124頁。 辻井達一『日本の樹木』〈〉、1995年4月25日。 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、、1996年9月27日、21頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 イチジクに関連する および があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 品種「桝井ドーフィン」創始者 外部リンク [ ]• 農林水産省近畿農政局• 照明学会誌 82 8A , 544-550, 1998-08-01.

次の