なす の 病気。 なすの病気一覧 日本初!トウモロコシの活性炭のオンラインショップ アーク農園

ナスの病気一覧。半身萎凋病やうどんこ病の予防と対策

なす の 病気

生育期処理で防ぐ主な病気 うどんこ病 登録のある農薬 特徴 系統 物理的に気門を封鎖して殺虫。 抵抗性発達なし。 有効成分は食品添加物。 生体・土壌中では炭酸ガス・水に分解される。 天然殺虫剤 微生物で殺菌。 低温でも効果発揮。 作物汚れほぼなし。 微生物農薬 予防的。 胞子阻害で二次感染も防止。 チオフェン系剤 食用きのこ由来物質で菌の呼吸阻害。 浸透浸達性あり。 ストロビルリン系剤 作物汚れが少ない。 ストロビルリン系剤[混:有機塩素剤] 粉立ちがない。 作物汚れが少ない。 硫黄剤 無人ヘリ散布。 有機農産物生産に使用可。 有用菌が病原菌と競合し繁殖を抑制する。 有用昆虫 ハチ等 への影響が少ない。 微生物農薬 有用昆虫 ハチ・蚕・ダニ等 への影響が少ない。 作物汚れやにおいが少ない。 主成分 炭酸水素カリウムは植物に吸収される。 吸収後、肥料効果を発揮して生長促進する。 炭酸水素塩剤 作物汚れが少ない。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) 物理的に気門を封鎖して殺虫。 抵抗性発達なし。 有効成分は食用油脂。 ミツバチ・天敵への影響が少ない。 天然殺虫剤 展着性・菌への浸透性優秀。 訪花昆虫への影響ほぼなし。 銅剤 ミツバチへの影響が少ない。 有効成分は食品添加物。 有機農産物の生産に使用可。 炭酸水素塩剤[混:銅剤] うどんこ病、炭疽病、つる枯病、すすかび病など幅広い病害に有効で、残効性、耐雨性にすぐれます。 カルボキシアミド剤[混:ストロビルリン系剤] りんご・なしの黒星病をはじめ、果樹園の主要病害に高い効果を示します。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) 予防的。 成分が作物に均一拡散し効果安定。 ストロビルリン系剤 水中分散・懸濁性優秀。 耐性菌出現事例なし。 有機塩素剤 うどんこ病の予防薬。 展着剤要加用。 治療薬とのローテーション散布でより効果的。 果実への汚れが少ない。 特別栽培農業物生産などに最適。 微生物農薬 優れた浸透性・耐雨性。 揮散性 ベーパー作用 あり。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) 懸垂性良好。 作物汚れが少ない。 浸達性・耐雨性優秀。 ベーパー活性あり。 病原菌侵入後の散布でも病斑・胞子形成阻止。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) 有効成分は重曹で、光合成の原料ともなる。 有用昆虫 蚕・ハチ等 への影響が少ない。 炭酸水素塩剤 残効優秀。 揮散性で新展開上位葉にも有効。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) 植物体内に吸収されやすい。 耐雨性あり。 散布後展開葉にも有効。 アシルアラニン系剤[混:有機塩素剤] 高い浸達性。 感染直後の治療効果あり。 耐性菌発生リスクが低い。 シアノアセトアミド系剤[混:有機塩素剤] 残効性・耐雨性・浸達性あり。 ハチへの影響ほぼなし。 アニリノピリミジン系剤 接触毒作用の予防剤。 他剤との混用性良好。 イミノクタジン系剤 予防的。 少ない粉立ち。 接触毒作用。 イミノクタジン系剤 有機農産物生産に使用可。 有用菌が病原菌と競合し繁殖を抑制する。 ハチ・天敵への影響が少ない。 微生物農薬 鉱物質を含まない。 作物汚れが少ない。 農業用抗生物質剤 日本で発見された農業用抗生物質。 予防治療効果あり。 作物汚れ・薬害が少ない。 農業用抗生物質剤 殺虫殺菌剤。 うどんこ・ハダニ 卵・成幼虫 ・サビダニに有効。 益虫 天敵・訪花昆虫など に悪影響が少ない。 キノキサリン系剤 有用昆虫 ミツバチ・蚕 への影響が少ない。 耐雨性・残効性優秀。 ガス効果で閉鎖的なハウスで有効。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) 予防・治病効果・葉内への浸透移行性・耐雨性あり。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) すすかび病 登録のある農薬 特徴 系統 微生物で殺菌。 低温でも効果発揮。 作物汚れほぼなし。 微生物農薬 予防的。 胞子阻害で二次感染も防止。 チオフェン系剤 作物汚れが少ない。 ストロビルリン系剤[混:有機塩素剤] 食用きのこ由来物質で菌の呼吸阻害。 浸透浸達性あり。 ストロビルリン系剤 予防的。 残効・耐雨性優秀。 天敵・ハチに影響が少ない。 アニリド系剤 展着性・菌への浸透性優秀。 訪花昆虫への影響ほぼなし。 銅剤 うどんこ病、炭疽病、つる枯病、すすかび病など幅広い病害に有効で、残効性、耐雨性にすぐれます。 カルボキシアミド剤[混:ストロビルリン系剤] りんご・なしの黒星病をはじめ、果樹園の主要病害に高い効果を示します。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) 予防的。 成分が作物に均一拡散し効果安定。 ストロビルリン系剤 水中分散・懸濁性優秀。 耐性菌出現事例なし。 有機塩素剤 うどんこ病の予防薬。 展着剤要加用。 治療薬とのローテーション散布でより効果的。 果実への汚れが少ない。 特別栽培農業物生産などに最適。 微生物農薬 優れた浸透性・耐雨性。 揮散性 ベーパー作用 あり。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) 懸垂性良好。 作物汚れが少ない。 浸達性・耐雨性優秀。 ベーパー活性あり。 病原菌侵入後の散布でも病斑・胞子形成阻止。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) 植物体内に吸収されやすい。 耐雨性あり。 散布後展開葉にも有効。 アシルアラニン系剤[混:有機塩素剤] 高い浸達性。 感染直後の治療効果あり。 耐性菌発生リスクが低い。 シアノアセトアミド系剤[混:有機塩素剤] 接触毒作用の予防剤。 他剤との混用性良好。 イミノクタジン系剤 予防的。 少ない粉立ち。 接触毒作用。 イミノクタジン系剤 鉱物質を含まない。 作物汚れが少ない。 農業用抗生物質剤 有用昆虫 ミツバチ・蚕 への影響が少ない。 耐雨性・残効性優秀。 ガス効果で閉鎖的なハウスで有効。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) 予防・治病効果・葉内への浸透移行性・耐雨性あり。 エルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤) 長い残効性。 予防的効果。 りんご旭種以外では薬害ほぼなし。 ジカルボキシイミド剤 灰色かび病 登録のある農薬 特徴 系統 予防的。 胞子阻害で二次感染も防止。 チオフェン系剤 作物汚れが少ない。 ストロビルリン系剤[混:有機塩素剤] 無人ヘリ散布。 有機農産物生産に使用可。 有用菌が病原菌と競合し繁殖を抑制する。 有用昆虫 ハチ等 への影響が少ない。 微生物農薬 有用昆虫 ハチ・蚕・ダニ等 への影響が少ない。 作物汚れやにおいが少ない。 主成分 炭酸水素カリウムは植物に吸収される。 吸収後、肥料効果を発揮して生長促進する。 炭酸水素塩剤 予防的。 残効・耐雨性優秀。 天敵・ハチに影響が少ない。 アニリド系剤 耐性菌回避に適す。 持続性あり。 ベンゾイミダゾール系剤[混:ポリハロアルキルチオ剤] 残効性・浸透移行性あり。 薬害が少ない。 予防・治療の両効果あり。 天敵・有用昆虫への影響が少ない。 ベンゾイミダゾール系剤 うどんこ病、炭疽病、つる枯病、すすかび病など幅広い病害に有効で、残効性、耐雨性にすぐれます。 カルボキシアミド剤[混:ストロビルリン系剤] 残効性・耐雨性あり。 浸透移行性なし。 訪花昆虫・蚕への影響が少ない。 粉立ちが少ない。 ジカルボキシイミド剤[混:ベンゾイミダゾール系剤] 浸透移行性・耐雨性優秀。 病斑進展阻止効果あり。 ミツバチ・蚕への影響が少ない。 ジカルボキシイミド剤 ハウス内の湿度を高めないので、多湿を好む病害の発生を助長しません。 ジカルボキシイミド剤 有用昆虫 蚕・ハチ・ダニ等 への影響ほぼなし。 長い残効性・優れた耐雨性。 フェニルピロー系剤 水中分散・懸濁性優秀。 耐性菌出現事例なし。 有機塩素剤 浸透力・残効・速効性に優れる。 予防散布に。 ベンゾイミダゾール系剤 有効成分は重曹で、光合成の原料ともなる。 有用昆虫 蚕・ハチ等 への影響が少ない。 炭酸水素塩剤 灰色かび病に高い予防効果・治療効果があり、既存薬剤に耐性を示す菌にも優れた効果を発揮します。 ピラゾリノン系剤 予防的。 病斑進展阻止効果あり。 作物汚れや薬害発生リスクが少ない。 葉内への浸達、茎~上位葉への浸透移行あり。 ベンジルカーバメート系剤 残効性・耐雨性・浸達性あり。 ハチへの影響ほぼなし。 アニリノピリミジン系剤 接触毒作用の予防剤。 他剤との混用性良好。 イミノクタジン系剤 予防的。 少ない粉立ち。 接触毒作用。 イミノクタジン系剤 浸透移行性に優れる。 ベンゾイミダゾール系剤 有機農産物生産に使用可。 有用菌が病原菌と競合し繁殖を抑制する。 ハチ・天敵への影響が少ない。 微生物農薬 有用細菌が有効成分の予防剤。 作物への汚れが目立ちにくい。 農薬使用回数にカウントされない。 マルハナバチ・ミツバチ・天敵昆虫に影響なし。 微生物農薬 長い残効性。 予防的効果。 りんご旭種以外では薬害ほぼなし。 ジカルボキシイミド剤 フロアブル剤なので水和剤に比べて、作物に対する汚れが目立ちません。 各種作物の主要病害に卓効。 ジカルボキシイミド剤 褐色腐敗病 登録のある農薬 特徴 系統 作物汚れが少ない。 ストロビルリン系剤[混:有機塩素剤] 次世代菌の密度を低減する。 残効性・耐雨性に優れる。 有機塩素剤 植物体内に吸収されやすい。 耐雨性あり。 散布後展開葉にも有効。 アシルアラニン系剤[混:有機塩素剤] 耐雨性・残効性優秀。 作物汚れが少ない。 粉立ちが少ない。 石灰硫黄合剤・ボルドー液との混用不可。 シアノアセトアミド系剤 耐雨性優秀。 浸透性あり。 その他 薬害事例なし。 残効性・耐雨性優秀。 遊走子のう形成阻害し次世代の菌繁殖を抑制。 ハチ・天敵への影響ほぼなし。 シアゾイミダゾール剤 浸透性・耐雨性あり。 マンデルアミド系剤 褐色細菌病・軟腐病 登録のある農薬 特徴 系統 塩基性硫酸銅剤。 予防的効果。 亜鉛・マグネシウムを配剤。 銅剤 予防的効果。 散布跡が残りにくい。 銅イオンで糸状菌・細菌を防除。 銅剤 菌核病 登録のある農薬 特徴 系統 予防的。 胞子阻害で二次感染も防止。 チオフェン系剤 予防的。 残効・耐雨性優秀。 天敵・ハチに影響が少ない。 アニリド系剤 残効性・浸透移行性あり。 薬害が少ない。 予防・治療の両効果あり。 天敵・有用昆虫への影響が少ない。 ベンゾイミダゾール系剤 残効性・浸透移行性あり。 ジカルボキシイミド剤[混:ベンゾイミダゾール系剤] 浸透移行性・耐雨性優秀。 病斑進展阻止効果あり。 ミツバチ・蚕への影響が少ない。 ジカルボキシイミド剤 浸透力・残効・速効性に優れる。 予防散布に。 ベンゾイミダゾール系剤 液剤なので調合が簡単。 ベンゾイミダゾール系剤 灰色かび病に高い予防効果・治療効果があり、既存薬剤に耐性を示す菌にも優れた効果を発揮します。 ピラゾリノン系剤 予防的。 病斑進展阻止効果あり。 作物汚れや薬害発生リスクが少ない。 葉内への浸達、茎~上位葉への浸透移行あり。 ベンジルカーバメート系剤 浸透移行性に優れる。 ベンゾイミダゾール系剤 長い残効性。 予防的効果。 りんご旭種以外では薬害ほぼなし。 ジカルボキシイミド剤 黒枯病 登録のある農薬 特徴 系統 作物汚れが少ない。 ストロビルリン系剤[混:有機塩素剤] 残効性・浸透移行性あり。 薬害が少ない。 予防・治療の両効果あり。 天敵・有用昆虫への影響が少ない。 ベンゾイミダゾール系剤 水中分散・懸濁性優秀。 耐性菌出現事例なし。 有機塩素剤 浸透力・残効・速効性に優れる。 予防散布に。 ベンゾイミダゾール系剤 浸透移行性に優れる。 ベンゾイミダゾール系剤 長い残効性。 予防的効果。 りんご旭種以外では薬害ほぼなし。 ジカルボキシイミド剤 青枯病 登録のある農薬 特徴 系統 登録作物への薬害・作物汚れほぼなし。 多剤耐性菌への交差耐性なし。 農業用抗生物質剤 半身萎凋病 登録のある農薬 特徴 系統 浸透移行性に優れる。 ベンゾイミダゾール系剤 育苗期処理で防ぐ主な害虫 アブラムシ類 登録のある農薬 特徴 系統 植穴処理で長期間防除できる。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性・速効性・残効性に優れる。 魚類・鳥類・天敵に安全性が高い。 ネオニコチノイド系剤 アブラムシ・コナジラミに効果的。 ピシジンカルボキサミド系剤 既存剤に抵抗性を持つ害虫に有効。 アミノキナゾリン系剤 浸透移行性に優れる。 残効性が長い 1~2か月。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性・持続性優秀。 有機リン・カーバメート・合成ピレスロイド系などに抵抗性を持つ害虫にも有効。 ネオニコチノイド系剤 コナジラミ類 登録のある農薬 特徴 系統 浸透移行性・速効性・残効性に優れる。 魚類・鳥類・天敵に安全性が高い。 ネオニコチノイド系剤 既存剤に抵抗性を持つ害虫に有効。 アミノキナゾリン系剤 浸透移行性に優れる。 残効性が長い 1~2か月。 ネオニコチノイド系剤 水をベースにした薬剤で、有機溶剤の臭いがない。 合成ピレスロイド系剤 浸透移行性・持続性優秀。 有機リン・カーバメート・合成ピレスロイド系などに抵抗性を持つ害虫にも有効。 ネオニコチノイド系剤 新規有効成分で難防除害虫に安定した効果。 環状ケトエノール系剤 ハスモンヨトウ 登録のある農薬 特徴 系統 吸収移行性に優れる。 薬害の事例なし。 残効性優秀 茎葉処理:2週間以上。 アントラニリックジアミド系剤 既存の薬剤抵抗性害虫にも高い効果。 アントラニリックジアミド系剤 ハモグリバエ類 登録のある農薬 特徴 系統 浸透移行性・速効性・残効性に優れる。 魚類・鳥類・天敵に安全性が高い。 ネオニコチノイド系剤 収穫日の前日まで使用可能な野菜が多数。 スピノシン系剤 吸収移行性に優れる。 薬害の事例なし。 残効性優秀 茎葉処理:2週間以上。 アントラニリックジアミド系剤 定植時処理で防ぐ主な害虫 アザミウマ類 登録のある農薬 特徴 系統 浸透移行性・速効性・残効性に優れる。 魚類・鳥類・天敵に安全性が高い。 ネオニコチノイド系剤 初期予防に。 浸透移行性 残効性あり。 有機りん系剤 既存の薬剤抵抗性害虫にも高い効果。 アントラニリックジアミド系剤 新規有効成分で難防除害虫に安定した効果。 環状ケトエノール系剤 アブラムシ類 登録のある農薬 特徴 系統 薬害の恐れが少ない。 浸透移行性に優れる。 ネオニコチノイド系剤 植穴処理で長期間防除できる。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性・速効性・残効性に優れる。 魚類・鳥類・天敵に安全性が高い。 ネオニコチノイド系剤 アブラムシ・コナジラミに効果的。 ピシジンカルボキサミド系剤 初期予防に。 浸透移行性 残効性あり。 有機りん系剤 浸透移行性に優れる。 残効性が長い 1~2か月。 ネオニコチノイド系剤 水をベースにした薬剤で、有機溶剤の臭いがない。 合成ピレスロイド系剤 浸透移行性・持続性優秀。 有機リン・カーバメート・合成ピレスロイド系などに抵抗性を持つ害虫にも有効。 ネオニコチノイド系剤 チョウ目害虫およびアザミ馬やナモグリバエ等の広範囲な害虫に。 ベンゼンジカルボキサミド ハチ・天敵に影響が少ない。 浸透移行性あり。 ネオニコチノイド系剤 新規有効成分で難防除害虫に安定した効果。 環状ケトエノール系剤 オンシツコナジラミ類 登録のある農薬 特徴 系統 ウンカ ヨコバイ カイガラムシ コナジラミ 脱皮阻害+卵抑制。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 初期予防に。 浸透移行性 残効性あり。 有機りん系剤 臭気が少ない。 長い残効性 2~3か月。 土性 pH 温度 湿度などの影響を受けない。 手撒き可能。 被覆・ガス抜き不要。 有機りん系剤 コナジラミ類 登録のある農薬 特徴 系統 薬害の恐れが少ない。 浸透移行性に優れる。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性・速効性・残効性に優れる。 魚類・鳥類・天敵に安全性が高い。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性に優れる。 残効性が長い 1~2か月。 ネオニコチノイド系剤 チョウ目害虫およびアザミ馬やナモグリバエ等の広範囲な害虫に。 ベンゼンジカルボキサミド 浸透移行性・持続性優秀。 有機リン・カーバメート・合成ピレスロイド系などに抵抗性を持つ害虫にも有効。 ネオニコチノイド系剤 既存の薬剤抵抗性害虫にも高い効果。 アントラニリックジアミド系剤 ハチ・天敵に影響が少ない。 浸透移行性あり。 ネオニコチノイド系剤 新規有効成分で難防除害虫に安定した効果。 環状ケトエノール系剤 ハダニ類 登録のある農薬 特徴 系統 臭気が少ない。 長い残効性 2~3か月。 土性 pH 温度 湿度などの影響を受けない。 手撒き可能。 被覆・ガス抜き不要。 有機りん系剤 新規作用性を有し、既存殺ダニ剤抵抗性個体群にも有効。 その他 ハモグリバエ 登録のある農薬 特徴 系統 浸透移行性・速効性・残効性に優れる。 魚類・鳥類・天敵に安全性が高い。 ネオニコチノイド系剤 吸収移行性に優れる。 薬害の事例なし。 残効性優秀 茎葉処理:2週間以上。 アントラニリックジアミド系剤 マメハモグリバエ 登録のある農薬 特徴 系統 薬害の恐れが少ない。 浸透移行性に優れる。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性に優れる。 残効性が長い 1~2か月。 ネオニコチノイド系剤 ミカンキイロアザミウマ 登録のある農薬 特徴 系統 薬害の恐れが少ない。 浸透移行性に優れる。 ネオニコチノイド系剤 アブラムシ・コナジラミに効果的。 ピシジンカルボキサミド系剤 ミナミキイロアザミウマ 登録のある農薬 特徴 系統 薬害の恐れが少ない。 浸透移行性に優れる。 ネオニコチノイド系剤 植穴処理で長期間防除できる。 ネオニコチノイド系剤 臭気が少ない。 長い残効性 2~3か月。 土性 pH 温度 湿度などの影響を受けない。 手撒き可能。 被覆・ガス抜き不要。 有機りん系剤 浸透移行性・持続性優秀。 有機リン・カーバメート・合成ピレスロイド系などに抵抗性を持つ害虫にも有効。 ネオニコチノイド系剤 ハチ・天敵に影響が少ない。 浸透移行性あり。 ネオニコチノイド系剤 生育期処理で防ぐ主な害虫 アオムシ 登録のある農薬 特徴 系統 微生物農薬。 有機農産物生産に使用可。 展着性優秀。 作物汚れが少ない。 BT剤 微生物農薬。 有機農産物生産に使用可。 天敵・有用昆虫 ハチ等 などに影響が少ない。 BT剤 薬臭ほぼなし。 訪花昆虫・天敵への影響なし。 水産動物・鳥類に安全性が高い。 BT剤 アザミウマ類 登録のある農薬 特徴 系統 食毒作用。 すばやく分解される。 マクロライド系剤 高い浸透移行性。 速効的。 残効性優秀。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性・残効性優秀。 有機りん系剤 チョウ目害虫、ハモグリバエ類、コナジラミ類、アザミウマ。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 土壌放線菌生産物質で殺虫。 速効・残効的。 スピノシン系剤 摂食阻害作用ですばやく被害拡大・進展抑制。 スピノシン系剤 チョウ目害虫およびアザミ馬やナモグリバエ等の広範囲な害虫に。 ベンゼンジカルボキサミド 新規有効成分で難防除害虫に安定した効果。 環状ケトエノール系剤 アブラムシ類 登録のある農薬 特徴 系統 温度の高低に関係なく安定効果。 合成ピレスロイド系剤 アブラムシ・コナジラミに効果的。 ピシジンカルボキサミド系剤 耐雨性優秀。 葉への吸収効率が良く安定効果。 溶けやすく粉立ちが少ない。 ネオニコチノイド系剤 残効性優秀。 忌避作用あり。 速効的。 合成ピレスロイド系剤 高い浸透移行性。 速効的。 残効性優秀。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性・速効性・残効性に優れる。 魚類・鳥類・天敵に安全性が高い。 ネオニコチノイド系剤 有効成分は食品添加物。 環境・天敵・蜜蜂への影響が低い。 抵抗性発達の恐れなし。 気門封鎖剤 物理的に気門を封鎖して殺虫。 抵抗性発達なし。 有効成分は食用油脂。 ミツバチ・天敵への影響が少ない。 天然殺虫剤 接触毒・食毒作用。 浸透移行性あり。 有機りん系剤 優れた浸透移行性・残効性 2~3週間 優秀。 溶けやすく粉立ちが少ない。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性に優れる。 残効性が長い 1~2か月。 ネオニコチノイド系剤 吸汁阻害。 高い浸透移行性。 ハチ・天敵に影響が少ない。 ピリジンアゾメチン系剤 速効性。 持続性あり。 合成ピレスロイド系剤 速効性・残効性優秀。 合成ピレスロイド系剤 デンプンで物理的に気門を塞いで殺虫。 抵抗性発達のおそれなし。 残効性なし。 天敵・有用昆虫への影響ほぼなし。 天然殺虫剤 水に溶けやすい。 作物汚れが少ない。 ハチ・天敵への影響が少ない。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性・持続性優秀。 有機リン・カーバメート・合成ピレスロイド系などに抵抗性を持つ害虫にも有効。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性あり。 残効は短い。 コリンエステラーゼ活性を阻害。 有機りん系剤 抵抗性が付きにくい。 食品添加物がベースの薬剤。 天然殺虫剤 新規有効成分で難防除害虫に安定した効果。 環状ケトエノール系剤 ウリノメイガ 登録のある農薬 特徴 系統 天敵類・ハチに影響がない。 害虫の異常増殖 リサージェンス の心配がない。 BT剤 オオタバコガ 登録のある農薬 特徴 系統 脱皮阻害作用。 遅効的。 浸透移行性なし。 残効性優秀。 有用昆虫・天敵への影響が少ない。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 速効性。 接触毒・食毒で神経に作用。 マクロライド系剤 食毒作用。 すばやく分解される。 マクロライド系剤 接触毒による速効性と食毒による残効性。 マクロライド系剤 微生物の生産物質で殺虫。 有機農産物生産に使用可。 粉立ちが少なく計量しやすい。 天敵・花粉媒介昆虫への影響ほぼなし。 BT剤 浸透移行性・残効性優秀。 有機りん系剤 脱皮阻害作用。 持続性あり。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 微生物農薬。 有機農産物生産に使用可。 展着性優秀。 作物汚れが少ない。 BT剤 土壌放線菌生産物質で殺虫。 速効・残効的。 スピノシン系剤 微生物で殺虫。 有機農産物生産に使用可。 ハチ・天敵への影響が少ない。 溶けやすい。 粉立ちが少ない。 BT剤 微生物農薬。 有機農産物生産に使用可。 天敵・有用昆虫 ハチ等 などに影響が少ない。 BT剤 摂食阻害作用ですばやく被害拡大・進展抑制。 スピノシン系剤 天敵類・ハチに影響がない。 害虫の異常増殖 リサージェンス の心配がない。 BT剤 食毒性で神経系に作用。 素早く食害阻止。 残効あり。 Naチャンネル阻害剤 薬害事例なし。 耐雨性・持続性あり。 異常脱皮誘発作用。 訪花昆虫・天敵への影響が少ない。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 優れた持続性。 蚕に影響あり。 摂食行動を阻害。 ベンゼンジカルボキサミド系剤 残効性・耐雨性優秀。 天敵・有用昆虫への影響が少ない。 粉立ちが少ない。 作物汚れが少ない。 プロペニルオキシフェニル系剤 吸収移行性に優れる。 薬害の事例なし。 残効性優秀 茎葉処理:2週間以上。 アントラニリックジアミド系剤 脱皮阻害。 遅効性。 幼虫に有効。 移行性なし。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 脱皮・接触阻害作用。 残臭期間が短い。 有用昆虫・天敵への影響ほぼなし IGR剤(昆虫成長制御剤) オンシツコナジラミ 登録のある農薬 特徴 系統 残効性優秀。 忌避作用あり。 速効的。 合成ピレスロイド系剤 速効性。 持続性あり。 合成ピレスロイド系剤 コガネムシ 幼虫 登録のある農薬 特徴 系統 ガス効果で土壌害虫に有効。 有機りん系剤 定植時使用。 コナガ・アブラムシ・スリップスの発生抑制。 ネオニコチノイド系剤 コナガ 登録のある農薬 特徴 系統 微生物農薬。 有機農産物生産に使用可。 展着性優秀。 作物汚れが少ない。 BT剤 微生物農薬。 有機農産物生産に使用可。 天敵・有用昆虫 ハチ等 などに影響が少ない。 BT剤 天敵類・ハチに影響がない。 害虫の異常増殖 リサージェンス の心配がない。 BT剤 薬臭ほぼなし。 訪花昆虫・天敵への影響なし。 水産動物・鳥類に安全性が高い。 BT剤 コナジラミ類 登録のある農薬 特徴 系統 耐雨性優秀。 葉への吸収効率が良く安定効果。 溶けやすく粉立ちが少ない。 ネオニコチノイド系剤 速効性。 接触毒・食毒で神経に作用。 マクロライド系剤 作物汚れが少ない。 幼虫優先期に適す。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 高い浸透移行性。 速効的。 残効性優秀。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性・速効性・残効性に優れる。 魚類・鳥類・天敵に安全性が高い。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行・耐雨・速効・残効優秀。 吸汁阻害。 益虫に安全。 ピシジンカルボキサミド系剤 有効成分は食品添加物。 環境・天敵・蜜蜂への影響が低い。 抵抗性発達の恐れなし。 気門封鎖剤 脱皮阻害作用。 持続性あり。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 速効的。 摂食・歩行・飛翔阻害。 作物への定着防止。 アミノキナゾリン系剤 微生物生産物質で殺虫。 速効性・分解が早い。 マクロライド系剤 物理的に気門を封鎖して殺虫。 抵抗性発達なし。 有効成分は食用油脂。 ミツバチ・天敵への影響が少ない。 天然殺虫剤 優れた浸透移行性・残効性 2~3週間 優秀。 溶けやすく粉立ちが少ない。 ネオニコチノイド系剤 吸汁阻害。 高い浸透移行性。 ハチ・天敵に影響が少ない。 ピリジンアゾメチン系剤 摂食阻害作用ですばやく被害拡大・進展抑制。 スピノシン系剤 速効性・残効性優秀。 合成ピレスロイド系剤 脱皮阻害作用。 薬害ほぼなし。 天敵・授粉昆虫への影響が少ない。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 水に溶けやすい。 作物汚れが少ない。 ハチ・天敵への影響が少ない。 ネオニコチノイド系剤 新規有効成分で難防除害虫に安定した効果。 環状ケトエノール系剤 チャノホコリダニ 登録のある農薬 特徴 系統 速効性。 接触毒・食毒で神経に作用。 マクロライド系剤 食毒作用。 すばやく分解される。 マクロライド系剤 作物汚れが少ない。 幼虫優先期に適す。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 速効的。 残効性優秀。 溶けやすい。 有用昆虫 蚕やハチ ・天敵への影響が少ない。 飛び込みハダニにも有効。 全生育ステージに有効。 ナフトキノン系剤 微生物生産物質で殺虫。 速効性・分解が早い。 マクロライド系剤 物理的に気門を封鎖して殺虫。 抵抗性発達なし。 有効成分は食用油脂。 ミツバチ・天敵への影響が少ない。 天然殺虫剤 接触毒作用。 卵・幼虫などに効果。 速効性・残効性・耐雨性あり。 天敵への影響が少ない。 プロペンニトリル系殺ダニ剤 新規作用性を有し、既存殺ダニ剤抵抗性個体群にも有効。 その他 殺虫殺菌剤。 うどんこ・ハダニ 卵・成幼虫 ・サビダニに有効。 益虫 天敵・訪花昆虫など に悪影響が少ない。 キノキサリン系剤 新規有効成分で難防除害虫に安定した効果。 環状ケトエノール系剤 ハスモンヨトウ 登録のある農薬 特徴 系統 温度の高低に関係なく安定効果。 合成ピレスロイド系剤 脱皮阻害作用。 遅効的。 浸透移行性なし。 残効性優秀。 有用昆虫・天敵への影響が少ない。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 速効性。 接触毒・食毒で神経に作用。 マクロライド系剤 食毒作用。 すばやく分解される。 マクロライド系剤 浸透移行性・残効性優秀。 有機りん系剤 脱皮阻害作用。 持続性あり。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 微生物農薬。 有機農産物生産に使用可。 展着性優秀。 作物汚れが少ない。 BT剤 微生物で殺虫。 有機農産物生産に使用可。 ハチ・天敵への影響が少ない。 溶けやすい。 粉立ちが少ない。 BT剤 収穫日の前日まで使用可能な野菜が多数。 スピノシン系剤 食毒性で神経系に作用。 素早く食害阻止。 残効あり。 Naチャンネル阻害剤 脱皮阻害作用。 薬害ほぼなし。 天敵・授粉昆虫への影響が少ない。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 薬害事例なし。 耐雨性・持続性あり。 異常脱皮誘発作用。 訪花昆虫・天敵への影響が少ない。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 優れた持続性。 蚕に影響あり。 摂食行動を阻害。 ベンゼンジカルボキサミド系剤 残効性・耐雨性優秀。 天敵・有用昆虫への影響が少ない。 粉立ちが少ない。 作物汚れが少ない。 プロペニルオキシフェニル系剤 吸収移行性に優れる。 薬害の事例なし。 残効性優秀 茎葉処理:2週間以上。 アントラニリックジアミド系剤 脱皮・接触阻害作用。 残臭期間が短い。 有用昆虫・天敵への影響ほぼなし IGR剤(昆虫成長制御剤) ハダニ類 登録のある農薬 特徴 系統 温度の高低に関係なく安定効果。 合成ピレスロイド系剤 物理的に気門を封鎖して殺虫。 抵抗性発達なし。 有効成分は食品添加物。 生体・土壌中では炭酸ガス・水に分解される。 天然殺虫剤 食毒作用。 すばやく分解される。 マクロライド系剤 幼虫の脱皮阻害・雌成虫処理で孵化抑制。 遅効的。 残効性優秀。 天敵への影響が少ない。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 速効的。 残効性優秀。 溶けやすい。 有用昆虫 蚕やハチ ・天敵への影響が少ない。 飛び込みハダニにも有効。 全生育ステージに有効。 ナフトキノン系剤 有効成分は微生物生産物。 化学合成農薬にカウントされない 一部除く。 マクロライド系剤 微生物生産物質で殺虫。 速効性・分解が早い。 マクロライド系剤 物理的に気門を封鎖して殺虫。 抵抗性発達なし。 有効成分は食用油脂。 ミツバチ・天敵への影響が少ない。 天然殺虫剤 接触毒作用。 卵・幼虫などに効果。 速効性・残効性・耐雨性あり。 天敵への影響が少ない。 プロペンニトリル系殺ダニ剤 幼虫に有効。 残効優秀。 天敵・益虫に影響が少ない。 ベンゾイルアセトニトリル系剤 幼虫・成虫に有効。 速効的。 作物汚れが少ない。 遅効的。 残効性・耐雨性優秀。 受粉昆虫への影響が少ない。 ピラゾール系剤 雌成虫に付着すると卵が未孵化する。 卵に有効。 接触毒作用。 遅効的。 残効性あり。 有機硫黄系剤 速効性。 持続性あり。 合成ピレスロイド系剤 殺卵性。 雌接触により孵化抑制。 残効性あり。 遅効的。 有用昆虫・天敵への影響が少ない。 ヘキシチアゾクス剤 デンプンで物理的に気門を塞いで殺虫。 抵抗性発達のおそれなし。 残効性なし。 天敵・有用昆虫への影響ほぼなし。 天然殺虫剤 鉱物質を含まない。 作物汚れが少ない。 農業用抗生物質剤 幼虫・成虫に効果。 有用昆虫・天敵に影響が少ない。 ヒドラジン系剤 浸透移行性あり。 残効は短い。 コリンエステラーゼ活性を阻害。 有機りん系剤 抵抗性が付きにくい。 食品添加物がベースの薬剤。 天然殺虫剤 ハモグリバエ類 登録のある農薬 特徴 系統 チョウ目害虫を中心に、速効性に優れている。 マクロライド系剤 接触毒による速効性と食毒による残効性。 マクロライド系剤 チョウ目害虫、ハモグリバエ類、コナジラミ類、アザミウマ。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 農薬としてカウントされない殺ダニ剤。 マクロライド系剤 浸透移行性 残効あり。 果樹 野菜 茶 稲の各害虫に。 ネオニコチノイド系剤 鱗翅目及び総翅目害虫に対して高い殺虫活性。 プロペニルオキシフェニル系剤 吸収移行性に優れる。 薬害の事例なし。 残効性優秀 茎葉処理:2週間以上。 アントラニリックジアミド系剤 マメハモグリバエ類 登録のある農薬 特徴 系統 耐雨性優秀。 葉への吸収効率が良く安定効果。 溶けやすく粉立ちが少ない。 ネオニコチノイド系剤 食毒作用。 すばやく分解される。 マクロライド系剤 幼虫の脱皮阻害・雌成虫処理で孵化抑制。 遅効的。 残効性優秀。 天敵への影響が少ない。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 優れた浸透移行性・残効性 2~3週間 優秀。 溶けやすく粉立ちが少ない。 ネオニコチノイド系剤 浸透移行性・効果持続性あり。 有用昆虫 天敵 ハチ等 への影響ほぼなし。 IGR剤(昆虫成長制御剤) ミナミキイロアザミウマ 登録のある農薬 特徴 系統 耐雨性優秀。 葉への吸収効率が良く安定効果。 溶けやすく粉立ちが少ない。 ネオニコチノイド系剤 脱皮阻害作用。 遅効的。 浸透移行性なし。 残効性優秀。 有用昆虫・天敵への影響が少ない。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 幼虫の脱皮阻害・雌成虫処理で孵化抑制。 遅効的。 残効性優秀。 天敵への影響が少ない。 IGR剤(昆虫成長制御剤) 優れた浸透移行性・残効性 2~3週間 優秀。 溶けやすく粉立ちが少ない。 ネオニコチノイド系剤 水に溶けやすい。 作物汚れが少ない。 ハチ・天敵への影響が少ない。 ネオニコチノイド系剤 残効性・耐雨性優秀。 天敵・有用昆虫への影響が少ない。 粉立ちが少ない。 作物汚れが少ない。 プロペニルオキシフェニル系剤 ヨトウムシ ヨトウムシは表皮や葉脈を残して葉の裏側の葉肉を食害する。 登録のある農薬 特徴 系統 微生物の生産物質で殺虫。 BT剤 微生物農薬。 有機農産物生産に使用可。 展着性優秀。 作物汚れが少ない。 BT剤 微生物で殺虫。 有機農産物生産に使用可。 ハチ・天敵への影響が少ない。 溶けやすい。 粉立ちが少ない。 (車で運送可能な一部離島でも運送中継料が別途で発生する場合があります。

次の

ナスの病気一覧。画像で半身委ちょう病、うどんこ病などの対策を考える

なす の 病気

ただし実験環境下で確認されたものであり、効果の程度はその土壌の状態、投入するタイミング、量によって左右されることをご了承ください。 なす(学名Solanum melongena,英名Eggplant) 病名(和名) 病原菌 病名(英語) 苗立枯病 Rhizoctonia solani damping-off 青枯病 Ralstonia solanacearum bacterial wilt 灰色かび病 Botrytis cinerea gray mold 菌核病 Sclerotinia sclerotiorum stem rot 黒枯病 Corynespora melongenae black rot すすかび病 Mycovellosiella nattrassii leaf mold うどんこ病 Erysiphe cichoracearum powdery mildew Oidiopsis sicula Sphaerotheca fuliginea 綿疫病 Phytophthora nicotianae phytophthora rot 半枯病 Fusarium oxysporum f. melongenae 半身萎凋病 Verticillium dahliae verticillium wilt 褐紋病 Phomopsis vexans brown spot 褐色円星病 Paracercospora agenula leaf spot えそ斑点病 Broad bean wilt virus モザイク病 Cucumber mosaic virus mosaic Tomato mosaic virus 斑点細菌病 Pseudomonas sp. 注文時にいずれかの支払い方法をお選びください。 払込用紙にて郵便局からお払い込みください。 振込手数料はかかりません。 お急ぎの場合はクレジットカード決済もしくは銀行振込をご利用ください。 送料が別途かかります。 送料別途ご連絡の場合はご了承のメールを受領後に決済と発送手続きとなります。 ご注文日から一週間ご連絡が取れなった場合にはキャンセル扱いとさせていただきます。 クレジットカードをご利用の場合は ご注文後1週間前後での商品お届けになります。 在庫状況などにより発送が遅れる場合がございます。 入金の確認、またはクレジットカード払いでのご注文を受けてから発送までに1週間以上かかると予想された際は当社よりご連絡申し上げます。 恐れ入りますが商品到着後 3 日以内にご連絡お願いします。 (送料は弊社が負担します。 )その場合必ず前もってお電話 019-651-0411 あるいはE-mail()にてご連絡お願いいたします。 ご連絡のない返品は受け付けられないことがございます。

次の

なすの病気一覧 日本初!トウモロコシの活性炭のオンラインショップ アーク農園

なす の 病気

ナスが掛かる病気の発生原因と症状 茄子(ナス) は収穫期間が6月~10月中旬までと長いので様々な病気が発生しやすい野菜です。 ナスは連作を嫌う多肥性の野菜のため連作障害と肥料切れに注意して育てましょう。 日当たりの良い場所を好みますが土壌の乾燥を嫌う面があり高温多湿を好みます。 そのため水やりを多めに行いますが、土壌が多湿の環境になり過ぎると土壌病害がよく発生します。 病気が現れる箇所 は葉・茎・根・果実・花と多岐にわたり、 土壌伝染する病気が多い ので病気の早期発見と予防に努めましょう。 ナスが掛かる病気に多い症状 は 葉が日中枯れる・葉が萎れる・葉にモザイク状の模様が出る・葉に白い粉が付く・果実が腐る・葉がよじれる・株全体が萎れる・葉が枯れる・株が枯れる・葉に褐色の小斑点が出る・葉の半分だけが枯れる・水染みが出来る・葉が茶色くなる・果実に水染みが出来るなどです。 ナスの青枯病 ナスの株が上部から 日中に萎れ始めに夜間や曇天時に回復 することを繰り返す 発生しやすい時期 :6~8月 症状の特徴 :株の頂上部の葉から病気が進行する。 葉が萎れて回復を繰り返して最後は青みを残して枯れる。 発生条件 :連作や高温で乾燥状態が長期間続くと発生する。 未熟な有機物や窒素肥料の与えすぎ。 治療方法 :薬剤での初期治療は有効。 ナスのうどん粉病 ナスの葉に うどん粉のような白い粉 が発生する。 そのうち葉全体に拡がる。 発生しやすい時期 :6~10月 症状の特徴 :葉にうどん粉をまぶしたような小さな白色の病斑(カビ)が発生する。 発生条件 :初夏から初秋 の低温で乾燥した気候が続くと発生する病気。 肥料の窒素分が多い。 治療方法 :薬剤による治療が可能です。 ナスの半身萎凋病 ナスの株(枝や葉)の 半分だけが枯れる。 発生しやすい時期 :5~7月 症状の特徴 :初期は葉や枝の半分だけが枯れますが、そのうち全体に拡がり最後は株が枯れます。 発生条件 :連作している畑で発生します。 一度発生した畑には原因菌(カビ)が長期間残留します。 治療方法 :薬剤による治療が可能です。 ナスの褐色腐敗病 ナスの枝・茎・果実に 茶褐色の水染み の様な病斑が出る。 白いカビ が生えて腐敗する。 発生しやすい時期 :6~9月 症状の特徴 :茎は地際部に症状が出る。 果実は茶褐色の水染みが急速に拡がり症状部に白いカビが生える。 発生条件 :密植のし過ぎや多肥によって株元の風通しが悪くなっている。 土壌の多湿が発生の原因です。 治療方法 :薬剤による治療が可能です。 ナスの褐色円星病 葉に 薄い褐色の病斑 が現れる。 症状が悪化すると 葉が落ちる株が枯れる などする。 発生しやすい時期 :8~9月 症状の特徴 :葉に縁が黄色で中心部が淡い褐色 灰色 の直径5~6㎜ほどの病斑がポツポツと現れる。 発生条件 :夏から秋にかけて雨天が多い年に発病することが多い。 高温多湿の時。 治療方法 :薬剤による治療が可能です。 ナスが掛かるその他の病気の種類は? えそ斑点病:茶褐色の小病斑が出る 菌核病:葉や茎水染みが出来て軟化する モザイク病:葉にモザイク模様が出る ナスの病気の発生を防ぐための対策は? ナスは連作障害が起こりやすいので4~5年は間隔を空けるようにしましょう。 伝染性の病気が出た畑で連作をする時は、抵抗性接ぎ木苗を利用すると病気の発生を抑制できます。 抵抗性の接ぎ木苗で栽培すると伝染性の病気の症状は現れませんが病気自体は発症している状態の時があります。 その際は当然他の野菜に感染してしまうので、可能であれば土壌消毒を行って原因菌を完全に防除しましょう。 ナスは灌水が多くても少なくても病気に掛かりやすい野菜です。 特に多湿を嫌いますので水やりは植え付け時にたっぷりと与えますが、それ以外は土が乾燥した時のみに一度にたっぷり与えましょう。 大量の水やりは病気の発生を促すだけですので毎日与える必要はありません。 梅雨時期と秋雨時期は、大量の雨で原因菌が雨水に運ばれて他の土壌に移動するので、排水経路をしっかり確保してプランターや畝間に水がたまる箇所がないようにすることが病気の発生を予防出来ます。 ナスは土壌中で繁殖するウイルスや病原菌が茎や葉の傷口に付着して病気に感染するので、敷藁やマルチングをして泥の跳ね返りを防ぐことで病気の発生をかなり抑制出来ます。 果実を収穫する時や摘葉する時は、晴れた日の午前中(日当たりが良い時間帯)に行うと切り口が乾きやすく病気が伝染しにくくなります。 ナスは多肥性の野菜ですが、生育が旺盛になると葉が茂り過ぎ日当たりが悪くなって病気を誘発してしまいます。 茂り過ぎた葉は摘葉して収穫が始まったら肥料は窒素分の少ないものを利用しましょう。

次の