勉強 させ て いただき ます。 キャスト・スタッフ|遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます|ドラマ|WOWOW

中学生の勉強時間・睡眠時間ってどのくらい?|栄光ゼミナールの高校受験情報

勉強 させ て いただき ます

それもその筈、この言葉、出所は「大阪」でっしゃろ? 「大阪」の商人さんが、使わはったもんで、語源なんてたどらしまへんのや。 それが証拠に、 わては、「勉強」は正しい使い方でおまへん。 「勉学」とか「勉励」と言いなはれ、と言われ続けておりましたんや。 「勉強」という文字を「勉学」と同義で使うのは、日本人だけだす。 ですから、「勉強」=「値切り」は「無理を重ねてもしょうもおへん、清水の舞台から飛び降りたつもりで、もういっちょう、値切らせてもらいまっさ」という大阪言葉=関西弁が語源だす、という回答にさせてもらいます。 それに「お勉強させてもらいます」なんて、なんて関西的でかっこいいんでしゃろ、浪速の商人は、「詩人」だす。 乱気流さん 「勉強」の語句自体は、孔子の孫・子思の作と伝えられる『中庸』 元『礼記』の一編 にも見出され、 読んで字の如く「強いて勉める」ことで「つとめはげむ。 精を出す。 努力する。 」等を意味して、本来対象とする事物・分野等を特定・限定していた訳では有りま せん。 商取引の値段交渉の際に互いに「高い・安い。 まける・まけない。 」等と露骨に言い合ったり、直接的に「値引き」等の表現を遣うのは失礼でもある事から、両者がお互いの立場を尊重する駆け引きの中で「値段を下げて利益が薄くなっても売ります=精一杯無理をする。 努力する。 」その姿勢・態度を指して「勉強」と間接的な表現がされるようになりました。 現代の国語辞典を見れば、商品の値段を安くする事と学問・技芸等を身に付けるために努力する・学習等と項目を分けていて、後者の方が一般化しているのは確かですが、学問・学習でも「精を出す。 努力する。 」ことを要するので「勉強」の言葉があてられるようになっただけで、 遣われ方としては商取引の方が古く、本来的には、学生が勉強に励むことも、商人が勉強に励むことも同じ意味で、どちらも「精を出してその道に励む」ことを意味していますので、同じ字があてられている訳です。 参考図書:大修館『漢語新辞典』鎌田正・米山寅太郎著 新講社『日本語おもしろ雑学練習帳〔語源篇〕』日本雑学能力協会編著 Tsuneさん 大辞林によると、「勉強する」には、もともと、「(商人が)商品の値段を安くして売ること」という意味があります。 また、なぜ、「勉強」という字をあてるようになったかは、「勉強」という言葉の第一義は「努力して困難に立ち向かうこと」であることから、商人にとっては「値引きすること」はすなわち「努力して困難に立ち向かうこと」であるためそのような表現が使われるようになったと思われます。 参考URL:物の由来や語源に関する掲示板 よりかさん 勉強…精を出す。 困難なことを強いて勤める。 旺文社 漢和辞典 勉強するの本来の意味は困難なことを強いて勤めることだと思います。 商人にとって値下げは「困難なこと」それを自らさせて頂くという意味で勉強を使うのではないでしょうか。 くろぅさん 俗語ですが、勉強を「学習する」という意味に使うのは近代日本語の特別な用法です。 もともと勉強という言葉の意味は、困難なことをむりにがんばってやること、むりに勧めることという意味です。 ですから、商人が商売をする上で、また買い手が値切る上でそのかけひきにストレートに「まける、まけない」というより「勉強」という言葉を使い始めたのがきっかけだと思いますが、勉強するということはさせる相手よりも力関係で下になりますから、売り手とすれば客を立てて売るという姿勢につながりこの言葉が重宝されるようになったと思われます。 matsumotoさん 「勉強」の語源は中国語で「無理をすること」という意味だそうです。 つまり商人が無理をして値引きするという意味で「勉強する」という使い方をする様になったようです。 「勉強」が現代のように「学習」の意味で使われるようになったのは明治以降のことで、「無理をして知識をつける」ことが美徳とされて「勉強=学習」となったそうです。 参考URL:LIFE 勉強などの由来かと思ったら、どうやら商取引などの方が古そうなのにはビックリです。 それにしても、ムリをして知識をつけるなんて、いかにも昔の学校の授業みたいでイヤですね。 子供には、ムリをせずに興味を持って勉学してくれればいいのですが、やっぱりついつい「勉強しろ〜!」って言っちゃうんだよね。 なるべく勉強という言葉を使わないにするかな.. 正答者の方々です。 本当にありがとうございました。 そくらちゃん・乱気流さん・Tsuneさん・よりかさん・くろぅさん・matsumotoさん.

次の

遠藤憲一、小栗旬&仲里依紗らの芝居に噴き出す? ドラマ「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」メーキング動画が公開

勉強 させ て いただき ます

テレビドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』が、11月12日からWOWOWプライムで放送される。 遠藤憲一演じる刑事・諸井情が連続殺人犯を追うサスペンスドラマの撮影現場を舞台にした同作は、遠藤と脚本を手掛ける宮藤官九郎が日本を代表する「名俳優たちの役作り」を勉強するという趣旨で制作されたワンシチュエーションコメディードラマ。 トラブルが発生してドラマを撮り直すことになったが、遠藤の共演者が既に現場にいないため、たまたま現場の近くに居合わせた「名俳優」たちに「僕らのドラマに、出てもらってもいいですか?」とオファーしていくというあらすじだ。 監督を務めたのは、『笑う犬』シリーズや『リチャードホール』で宮藤と番組を手掛けてきた伊藤征章。 テレビドラマ初挑戦となる。 各話ゲストは後日発表。 遠藤憲一は「脚本・宮藤官九郎。 ぶっ飛び加減が絶好調です。 ゲストの皆さん・名優勢ぞろい。 こちらもぶっ飛び具合が最高潮です。 ただただ振り回されている俺。 心の底から、勉強させていただきました。 1話たりとも見逃さないで下さい!」、宮藤は「同じセリフ、同じ演出、同じカット割りでも、演じる俳優が変わることで、全然違うものになるのだろうか。 それがこの企画の発端でした。 そこで重要になるのは受け役。 味があって、懐が深くて、チャーミングで謙虚。 遠藤憲一さんのお名前が挙がったと同時に『勉強させていただきます』というタイトルも決まりました」とそれぞれコメントを寄せている。 遠藤憲一のコメント オファーを受けた時の印象 どんなことになるのか想像もつかなかったのですが、宮藤くんに任せていれば絶対大丈夫だなと思ったので即決しました。 最初に脚本を読んだ時の感想、撮影現場のエピソードについて 脚本を読んだ時は大笑いしました。 撮影時には笑いをこらえるのに必死でした。 ゲストの方たちは尊敬する俳優さんばかりで、実際撮影したらやっぱりすごく魅力的。 皆さんものすごく真剣に演じていて、演技に対してピュアで、毎回本当に楽しかったです。 視聴者へのメッセージ 脚本・宮藤官九郎。 ぶっ飛び加減が絶好調です。 ゲストの皆さん・名優勢ぞろい。 こちらもぶっ飛び具合が最高潮です。 ただただ振り回されている俺。 心の底から、勉強させていただきました。 1話たりとも見逃さないで下さい! 宮藤官九郎のコメント 同じセリフ、同じ演出、同じカット割りでも、演じる俳優が変わることで、全然違うものになるのだろうか。 それがこの企画の発端でした。 そこで重要になるのは受け役。 味があって、懐が深くて、チャーミングで謙虚。 遠藤憲一さんのお名前が挙がったと同時に『勉強させていただきます』というタイトルも決まりました。 監督の伊藤さんとは『笑う犬』や『リチャードホール』のコント作家として猛勉強させて頂いて、もう今さら勉強することはないかなと思ってましたが、プレーンなTAKE1、アテ書きのTAKE2、設定と展開は変えず、2通りの台本を書く作業が、こんなに勉強になるとは。 そしてゲストの顔ぶれ。 ただただ豪華。 豪華で謙虚。 そして真面目。 勉強させて頂きました!.

次の

値引きするという意味の「勉強する」

勉強 させ て いただき ます

同じセリフ、同じ演出、同じカット割りでも、演じる俳優が変わることで、全然違うものになるのだろうか。 それがこの企画の発端でした。 そこで重要になるのは受け役。 味があって、懐が深くて、チャーミングで謙虚。 遠藤憲一さんのお名前が挙がったと同時に『勉強させていただきます』というタイトルも決まりました。 監督の伊藤さんとは『笑う犬』や『リチャードホール』のコント作家として猛勉強させて頂いて、もう今さら勉強することはないかなと思ってましたが、プレーンなTAKE1、アテ書きのTAKE2、設定と展開は変えず、2通りの台本を書く作業が、こんなに勉強になるとは。 そしてゲストの顔ぶれ。 ただただ豪華。 豪華で謙虚。 そして真面目。 勉強させて頂きました!.

次の