サポカー 補助 金 対象 者。 【池原照雄の単眼複眼】高齢者への「サポカー補助金」スタート…低迷需要の刺激にも

サポカー補助金の申請方法(自家用中古車)_サポカー補助金_サポカー補助金交付を行う次世代自動車振興センター

サポカー 補助 金 対象 者

2020年3月9日より始まったサポカー補助金の申請受付。 「サポカー補助金」制度とは、65歳以上の高齢運転者による衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入を補助するもの。 補助の対象となる車種、装置などはさまざまだが、ちょっと「ややこしい」ことになっている。 そのややこしさとは、「サポカー」もしくは「サポカーS」に適合していたとしても、サポカー補助金がもらえないクルマがあるというのだ。 補助金の対象となるクルマとそうではないクルマの違いとは何か。 それは、衝突被害軽減ブレーキが「対車両」に限った機能で、「対歩行者」には働かない装置を搭載したクルマは補助金の対象にならない。 「サポカー」とは、「セーフティ・サポートカー」の略。 サポカーは、政府が高齢運転者の交通事故防止の一環として、衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置などを搭載するクルマを指すもの。 これがいわゆる安全運転サポート車=サポカーである。 サポカーは搭載する機能により「サポカー」と「サポカーS」の2つに分かれる。 「サポカー」は衝突被害軽減ブレーキを搭載するもので、すべての運転者に推奨するクルマ。 「サポカーS」は衝突被害軽減ブレーキに加え、ペダル踏み間違い急発進抑制装置などを搭載した車両が該当し、特に高齢運転車に推奨するクルマ。 「サポカーS」はさらに衝突被害軽減ブレーキの機能に応じて以下の3つの区分が設けられている。 「ワイド」はさらに車線逸脱警報と先進ライトを搭載したクルマが該当する。 ペダル踏み間違い急発進抑制装置を搭載しない「サポカー」でも、対歩行者の衝突被害軽減ブレーキであれば、額は少ないがサポカー補助金をもらえる。 何ともややこしい。 おもにスポーツカーや登場から年数が経った末期モデルで、衝突被害軽減ブレーキが対車両のみのクルマだ。 (1グレードでもサポカー補助金の対象となる車名は除く。 」と思った人はするどい。 じつは上記には「サポカーSワイド」でサポカー補助金の条件を満たしていても対象外となるモデルがあるのだ。 それは、車両価格が税抜きで1000万円を超えるクルマ。 なので、レクサスLCとレクサスLX、トヨタ センチュリーは、全グレードで税抜き1000万円超なので対象外となっている。 このほか、レクサスLSはすべてのグレードがサポカーSワイドに対応しながら、ほとんどのグレードが税抜き価格で1000万円以上なので補助金の対象外。 1000万円未満のLS500(FR/4WD)およびLS500 iパッケージ(FR)のみがサポカー補助金をもらえる。 ただし、申請できるのは2020年3月9日以降に中古新規登録(登録車)または中古新規検査届出(軽自動車)、もしくは移転登録された車両に対してで、3月9日より前に登録したものに関しては対象外となる点に注意したい。 また、もらえる補助金は、登録車と軽自動車で変わらず、対歩行者の衝突被害軽減ブレーキのみ搭載する車両が2万円、対歩行者の衝突被害軽減ブレーキに加えペダル踏み間違い急発進抑制装置を搭載する車両は4万円と、新車に比べて少ない。 補助金をもらうと1年間の使用義務が生じ、これに満たない期間で手放した場合は返納しなければならない。 中古車を購入してサポカー補助金をもらおうと思っている人は、対象となる年式や装備内容に注意したい。 まず、装備の条件として対歩行者の衝突被害軽減ブレーキを搭載する車両が条件となるのだが、発売当時は「対車両」だったものが、改良などで「対歩行者」に対応したモデルもあるからだ。 加えて注意したいのは、オプションで対象装備を装着しているか否かということ。 モデルによっては、標準装備されている対象となる装備がレスオプションで省かれている場合もある。 サポカー補助金が受けられる中古車は、メーカーが公表しているのでそれをチェックするか、実際にお目当てのクルマを取り扱っている販売店で確認しよう。 あらためて対象となる条件などを下記にまとめるので参考にしてほしい。 もしくは衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)とペダル踏み間違い急発進抑制装置の搭載車 ・車両本体価格が税抜き1000万円以下の車両 ・新車は2019年12月23日以降に登録された車両。 中古車は2020年3月9日以降に移転登録した車両。 後付けペダル踏み間違い急発進等抑制装置は認定された店舗などで、その店舗が認定日以降に設置したもの ・サポカー補助金を利用して購入した車両は1年間の使用が義務づけられる。 予算がなくなりしだい募集を終了する。 予算が続けば次年度への繰り越しを予定。 (2020年3月9日より申請受付開始) 〈文=driver web編集部〉.

次の

サポカー補助金 (METI/経済産業省)

サポカー 補助 金 対象 者

安全運転サポート車の区分 機能 セーフティ・ サポートカー S (略称:サポカー S) ワイド• 自動(衝突軽減)ブレーキ〈対歩行者〉• 自動(衝突軽減)ブレーキ〈対車両〉• 自動(衝突軽減)ブレーキ• サポカー補助金とは Honda SENSING搭載車のご購入でサポカー補助金を受けることができます! 令和2年度中に 満65歳以上となる方が対象です。 (ただし、令和2年度中に満65歳となる方は、令和2年3月31日までに登録〈届出〉された場合は対象外)• また、補助金の返納が必要となる場合がある等、条件があります。 (ただし、令和2年度中に満65歳となる方は、令和2年3月31日までに登録〈届出〉された場合は対象外)• また、補助金の返納が必要となる場合がある等、条件があります。 LINE UP サポカー S〈ワイド〉 タイプ 区分• N-BOX G・Honda SENSING ワイド• N-BOX G・L Honda SENSING ワイド• N-BOX 特別仕様車 G・L Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ワイド• N-BOX G・L ターボ Honda SENSING ワイド• N-BOX 特別仕様車 G・L ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ワイド• N-BOX G・EX Honda SENSING ワイド• N-BOX 特別仕様車 G・EX Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ワイド• N-BOX G・EX ターボ Honda SENSING ワイド• N-BOX 特別仕様車 G・EX ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ワイド• N-BOX G・スロープ Honda SENSING ワイド• N-BOX G・スロープL Honda SENSING ワイド• N-BOX G・スロープL ターボ Honda SENSING ワイド タイプ 区分• SEDAN サポカー• *1 本機種はマニュアル車のため誤発進抑制機能はサポートカーSの要件から除外されます。 *2 メーカーオプション(Honda SENSING)装着車• *3 メーカーオプション(シティーブレーキアクティブシステム)装着車• *4 メーカーオプション(LEDヘッドライト+LEDアクティブコーナリングライト)装着車• *5 メーカーオプション(LEDヘッドライト)装着車• また、他のメーカーオプションとセット装着になる場合がございます。 詳しくは販売会社にお問い合わせください。 「衝突被害軽減ブレーキの性能認定制度」とは? シティーブレーキアクティブシステム (低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能) 前方車両との衝突の回避・軽減を、自動(衝突軽減)ブレーキで支援。 また、前方に障害物がある状況で、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、急発進の防止を支援する機能も装備しています。 運転者のステアリング操作に代わるものではありません。 運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、また、ウインカーを作動させている場合には作動しません。 ハイビームとロービームの自動切り替え制御には状況により限界がございます。 必要に応じて手動で切り替え操作を行ってください。 本システムは、車両(二輪車や自転車等を除く)を作動対象としています。 いずれも道路状況、天候状況によっては使用できない場合があります。 N-WGN、FITは二輪車のみ作動しません。 道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。 各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。

次の

【保存版】サポカー補助金制度スタート!【対象車種と申請方法解説】|Driving Pleasure向上委員会

サポカー 補助 金 対象 者

令和2年1月30日に成立した令和元年度補正予算に、65歳以上の高齢運転者による衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入等を補助する「サポカー補助金」が盛り込まれました。 これを受けて、サポカー補助金の対象となる中古車の車種等について、「サポカー補助金に関する審査委員会」における審査の結果、本日取りまとめられましたので公表します。 1.サポカー補助金の対象となる中古車の車種 サポカー補助金の対象となる中古車の車種等について、「サポカー補助金に関する審査委員会」における審査の結果、本日取りまとめられましたので、別添(3.添付資料参照)のとおり公表します。 なお、対象車種等に該当しても「衝突被害軽減ブレーキ」「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」の機能を備えていない車両や当該機能を備えていても適切に作動する状態にない車両は補助の対象外となりますので、購入に際して販売店等に御確認ください。 本日付けで対象として決定した車種等については、3月9日(サポカー補助金申請受付開始日)以降に中古車として登録(登録車)又は自動車検査証交付(軽自動車)された自動車がサポカー補助金の交付対象となります。 補助金の交付を受けた中古車については、中古車として登録(登録車)又は自動車検査証交付(軽自動車)された日より1年以上の間、原則として同一の者による使用(自動車検査証上の使用者名義を変更しないこと)が求められます。 違反すると補助金を返納いただくことになります。 事故等により全損扱いとなり、保険会社が代位取得した際に、当該車両が中古車として転売された場合には返納の必要が生じますのでご注意ください。 また、補助の交付は、1人につき1台限りとなります。 また、1事業者につき65歳以上の高齢運転者の人数を超える数の車両または後付け装置の補助の交付は受けられません。 申請書• 申請者本人の運転免許証の写し• 自動車検査証の写し• 車両を購入したことが分かる書類(領収書の写し等)• 4.その他 後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置導入補助事業における「後付け装置取扱事業者」については、補助事業執行団体であるにおいて公表しています。 関連リンク• (事業用自動車について) 国土交通省自動車局技術政策課長 野津 担当者:玉屋、伊堂寺、八田 電話:03-5253-8111(内線 42254) 03-5253-1639(FAX)• (交付申請書の様式等について) (一社)次世代自動車振興センター サポカー普及促進部 電話:03-3527-9618 03-3527-9669(FAX)•

次の