腰痛 早く 治す 方法。 腰痛を早く治したい!!@整体師じろーの腰痛ガイド

【ヘルニアを早く治す方法は?】椎間板ヘルニアの原因と予防方法

腰痛 早く 治す 方法

文/川口陽海 椎間板ヘルニアや変形性腰椎症、脊柱管狭窄症などによる腰痛や坐骨神経痛は、なかなか治らず長引いて慢性化してしまうことも少なくありません。 私の には、慢性の腰痛や坐骨神経痛の患者さんがたくさん治療に来られますが、順調に良くなる方と、すこし時間がかかってしまう方がいらっしゃいます。 早く治る方とそうでない方の違い、傾向がわかってきました。 早く治りやすい方は、次のような傾向があります。 逆に痛みを気にすれば気にするほど痛くなります。 また、今は痛くないのに、『痛くなりそうだな』とか、『痛くなったらやだな』とか考えることも良くありません。 これは『痛み予期』といって、痛みを想像するだけで脳の中では痛みを感じたのと同じ反応が起こってしまい、想像した通り、またはそれ以上に痛みがおこります。 これが慢性痛の特徴です。 痛みにばかり気が向いてしまうと、脳が痛みに反応しやすくなって、より痛みが強くなったり治りにくくなったりするのです。 なるべく楽しいことや集中できることをおこなって、痛みから気を反らすように心がけましょう。 楽観的に考える 患者さんの中には非常に楽観的な方がいらっしゃいます。 『先生、笑っちゃうほど痛いんですよ~』というような方が典型的なタイプで、実際本当に笑っています。 こういう方は早く治る場合が多いです。 そうは言っても痛みが全然治らず、薬も効かず、症状が続くようなら手術と言われたりしたら、どうしても悲観的になってしまいますよね。 普通は笑顔なんてとても作れないと思います。 その気持ちは良くわかります。 それでもなるべく楽観的に、ポジティブに、自分の痛みは必ず良くなる、と考えるようにしてください。 ひとつ安心していただきたいのは、ほとんどの腰痛や坐骨神経痛は手術などしなくても良くなるし、改善する方法はたくさんあるということです。 具体的な方法は、この【川口陽海の腰痛改善教室】でも毎回お伝えしていきますので、以下の過去記事や、今回ご紹介する体幹インナーマッスルトレーニングなどもご参考になさってください。 積極的に身体を動かす 慢性の腰痛や坐骨神経痛を治すのに最も良くないのは、痛みのために身体を動かさないこと、安静にし過ぎることです。 安静にすることで筋力や体力は低下し、血行は悪くなり、気分は落ち込み、するとますます痛みが悪化し、治りにくくなり……、と、どんどんどんどん悪循環に陥ってしまいます。 慢性の腰痛や坐骨神経痛を治すためには、痛みを気にせず、楽観的に考えるとともに、『自分で治すぞ!』と積極的に身体を動かすことが一番の特効薬となります。 ウォーキングやストレッチなどの軽い運動からはじめて、段階的に運動量を増やしていくことで、少しずつ痛みから回復していきます。 しかし、どんな運動をどのくらいしたら良いかわからなかったり、身体を動かすことに怖さがあったり、歩くだけでも痛みがあったり、という方も少なくないと思います。 そこで今回は、 の で一番初めに指導する、体幹インナーマッスルトレーニングをご紹介します。 このエクササイズは、腰痛や坐骨神経痛のある方でも、あまり痛みをおこさず、安全におこなうことができます。 慢性腰痛・坐骨神経痛を改善する体幹インナーマッスルトレーニング このトレーニングをおこなうことで、腹横筋、骨盤底筋、多裂筋など体幹インナーマッスルを回復することができます。 これらの体幹インナーマッスルは、腹圧を高め、背骨や骨盤を身体の内側から支える働きがあります。 体幹インナーマッスルの働きについては、次の動画がわかりやすいのでご覧ください。 慢性の腰痛や坐骨神経痛の方は、ほとんどの場合この体幹インナーマッスルが弱くなり、力が入りずらくなっています。 そこで、腹式呼吸を使いながらインナーマッスルに力を入れる練習をし、同時に痛みの出ない姿勢を身につけていきます。 それでは、動画や画像を参考にやってみましょう。 【次ページに続きます】.

次の

腰痛の原因をたった30秒で治す「朝30秒の正座」驚きの効果

腰痛 早く 治す 方法

突然襲う激痛、「ぎっくり腰」。 痛みによって動けなくなり、大切な会議やプレゼンに欠席したり、リスケジュールを余儀なくされたりした経験をお持ちの方も多いと思います。 では、自分がぎっくり腰になってしまったとき、早く治すために「やってはいけない」ことは次のうち、どれでしょうか。 1 普段のように動く 2 痛み止めの薬を飲む 3 安静にする 正解は、3「安静」です。 え? と思われた方も多いかもしれません。 腰が痛いときには「大事をとって安静にする」ほうが良いイメージがありますよね。 でも、いま腰痛の常識は、大きく変わっています。 フィンランド労働衛生研究所が行った研究(下図)では、ぎっくり腰になった人に「ベッド上で安静」にするよう指示した場合と「できるだけ通常の生活をする」ように指示した場合を比べると、安静にした場合は仕事に復帰するまでの期間が倍近くかかってしまうことがわかりました(N Engl J Med. 1995 Feb 9;332 6 :351-5. 現在の日本の腰痛治療の指針となるガイドラインにも、「安静は必ずしも有効な治療法とはいえない」と明記されています(腰痛診療ガイドライン 2012 監修 日本整形外科学会/日本腰痛学会)。 なぜ、安静にしていると治りが悪くなってしまうのか? 日常生活で歩いたり立ったりするだけでも、私たちの体は重力に対抗して姿勢を保つために筋肉を働かせています。 「無重力で生活した宇宙飛行士は筋肉が衰えてしまう」という話を聞いたことがある方もいると思いますが、それは重力の負荷がなくなるためです。 ベッドでじっとしていると同じことが起きて、腰を支える筋肉が衰えて痛みが起きやすくなります。 また血液の流れが悪くなって「痛み物質」がとどまりやすくもなります。 さらに近年の研究では、半年以上にわたって腰痛に悩む人の脳を調べたところ、痛みの処理に関わる部分の働きが衰え、通常の人よりも痛みを「感じやすくなる」ケースがあることもわかりました。 (J Neurosci. 2011 May 18;31 20 :7540-50.

次の

ぎっくり腰を早く治す方法を専門家が解説!やって良いこと悪いこと7選

腰痛 早く 治す 方法

文/川口陽海 身体をちょっとひねった拍子に『うっ・・・』 下に落ちたものを拾おうとかがんだら『あっ・・・』 重い物を持った拍子に『ギクッ!』 この時期少し冷えてきたりすると、このようにふとした拍子に、いわゆるギックリ腰をおこす方が増えてきます。 もしあなたがギックリ腰になってしまったら…、できるだけ早く治したいですよね? にも、この時期にはギックリ腰の問い合わせが増えてきます。 今回の腰痛改善教室は、ギックリ腰になってしまった際に、速やかに回復させるため自分で出来る方法をお伝えしたいと思います。 ギックリ腰とは ギックリ腰(ぎっくり腰)とは『急性腰痛症』の俗称です。 急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)は、突然腰部に疼痛が走る疾患で、関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状をいう。 俗称はぎっくり腰(ぎっくりごし)。 地方によっては「びっくり腰」とも呼ばれ、欧米ではその病態から「魔女の一撃」とも呼ばれている。 危険な症状 ほとんどの『ギックリ腰(急性腰痛症)』はあまり心配ありません。 しかし、中には危険な病気やケガが原因で腰痛がおこり、場合によっては命に関わることもあります。 例えば骨折、悪性腫瘍、脊椎感染症、解離性大動脈瘤、強直性脊椎炎、馬尾症候群、腎臓結石・尿管結石、膵炎(すい炎)、婦人科系の病気などです。 次の項目にいくつか該当するものがあれば、病院で精密検査を受けることをおすすめします。 安心するためにも病院で検査を受けましょう。 万が一危険な病気やケガが見つかった場合は、医師の指示に従い、腰痛そのものより原因となっている病気やケガの治療に専念してください。 ギックリ腰の一般的な経過 ギックリ腰になってしまったら、はじめはかなり痛みがあり、不安もあると思います。 一刻も早く治したい、痛みをなくしたいと思われるでしょうが、腰痛も風邪を引いたときと同じように治るプロセスというものがあります。 ギックリ腰は、『3日激しく痛んで1週間で治まる』というのが一般的な経過です。 腰を痛めた直後の2~3日はかなり強い痛みに襲われます。 しかし日に日に痛みは薄れていき、1週間程度で痛みはかなり楽になります。 1週間以内に約40%の人が回復し、3週間で60~85%、6週間以内に90%の人が回復するというデータがあります。 1か月から1か月半でほとんどの人が完治するということです。 でも場合によってはなかなか治らず、慢性化してしまうこともあります。 はじめの3~7日間の過ごし方で順調に回復するか、長引いてしまうかが決まります。 ではどのような過ごし方をしたら良いのでしょうか? 【次ページに続きます】.

次の