妊娠 糖尿病 診断 基準。 で、結局妊娠糖尿病ってなぜ血糖値が下がらないのかという話

妊娠糖尿病の診断基準を改定 【日本糖尿病・妊娠学会】

妊娠 糖尿病 診断 基準

妊娠中は、胎盤から出る「HPL」というホルモンなどが血糖値を下げるインスリンの働きを抑えるため、血糖値が高めになります。 その程度が大きい人が、妊娠糖尿病と診断されます。 妊娠中期にスクリーニング検査をして、妊娠糖尿病の疑いがある人にはさらに詳しい検査をします。 ブドウ糖入りのジュースを飲んだ前後の血糖値を測り、基準値を超えた場合は妊娠糖尿病と診断されます。 妊婦の約1割が、妊娠糖尿病になると言われています。 生活習慣が主な原因となる2型糖尿病は、妊娠糖尿病よりも診断基準の血糖値が高く、区別されます。 妊娠糖尿病は、必要なカロリーを糖質や脂質、たんぱく質でバランスよく食べる食事療法によって、血糖値の上昇を抑えられる人が多いです。 ただ、食事だけでは血糖値をコントロールできず、インスリン注射が必要になる人もいます。 血糖値が高すぎる状態が続くと、流産や早産のほか、胎児が大きくなりすぎることで難産になることがあります。 出産後に、赤ちゃんが低血糖になることももあります。 妊娠糖尿病と診断されると妊娠高血圧症にもなりやすく、将来糖尿病になる確率も高いと言われています。 妊娠糖尿病と診断された女性の中には、おなかの子どものために血糖値を正常に戻そうと思って、糖質を抜こうとする人がいますが、絶対にやめましょう。 糖質が不足すると、体内の脂肪を分解することで発生するケトン体がたくさん出て、入院する人もいます。 必要な量の糖質を食べながら、血糖値を上げにくくする食べ方を紹介します。 食事は、野菜、肉や魚などのおかず、ご飯などの糖質の順に食べるとよいでしょう。 野菜に多く含まれる食物繊維は、糖の吸収を穏やかにしてくれます。 おかずに含まれる脂質やたんぱく質は、糖質に比べて消化と吸収が緩やかに行われるため、食後の血糖値を急激に上昇させないという利点があります。 また、よくかむことで食事の満足感が得られ、食べ過ぎを防げます。 妊娠糖尿病の人がバランスのよい食事をしても血糖値が高い状態が続く場合、1回あたりの食事量を減らし、1日5~6回の分割食にすることでも血糖値は安定しやすくなります。 妊娠糖尿病に限らず、ダイエットのための「糖質制限」も長期的にはおすすめできません。 体を維持するにはエネルギーが必要なので、糖質を減らした分、どうしても肉や魚などのおかずが増えがちです。 脂質が増えて脂質異常症になったり、塩分が増えて高血圧症になったりする可能性があります。 赤ちゃんが成長するためには、糖質が必要です。 食べる糖質の量を極端に減らすと、ケトン体などが出て、おなかの子の成長に影響が出ます。 医師や管理栄養士から必要と言われた量の食事を食べることが大切です。 女性は年齢が上がるほど、妊娠糖尿病になりやすくなります。 肥満の人や、家族に2型糖尿病の患者がいる人、過去に妊娠糖尿病などの糖代謝異常があった人もなりやすいです。 血糖値の上昇を抑えるには、運動も有効です。 ただ、息切れするような運動ではなく、ヨガやストレッチなどがおすすめです。 だれかと一緒に談笑しながらウォーキングをするのも良いです。 妊娠中の検査で測る項目のひとつに「尿糖」があります。 血糖値が高いほど、尿糖も「陽性」の結果が出やすくなるため、糖尿病などの病気を見つける目安になります。 ただ、尿糖で「陽性」の結果が出ても、病気であるとは限りません。 食事した2~3時間後は尿糖が陽性になりやすいなど、結果が影響されやすいからです。 <アピタル:患者を生きる・食べる> (聞き手・).

次の

妊娠糖尿病|公益社団法人 日本産科婦人科学会

妊娠 糖尿病 診断 基準

妊娠糖尿病とは?何が原因でなり、どれくらいの方がいるの? 妊娠糖尿病(GDM)は最近かなり増加傾向にあると言われています。 背景には2型糖尿病が日本人全般に増えてきている事が挙げられます。 現在では 日本人の妊婦さんの約1割が妊娠糖尿病が疑われると言われています。 ここから、妊娠糖尿病の解説をしていきたいと思います。 妊娠糖尿病は妊娠によるホルモンの分泌の変化により妊娠していない時には見つからなかった糖代謝異常が見つかった状態を指します。 妊娠糖尿病の原因の1つとして言われているのは、 インスリン抵抗性の亢進があると言われています。 ただ、妊娠後ではインスリンの量は多くなると言われていますが、その分泌が不十分な場合があり、血糖値を下げることが出来ず妊娠糖尿病になってしまうということになります。 次は妊娠糖尿病の診断について書いてみたいと思います。 妊娠糖尿病の診断について詳しく解説します 妊娠すると、産婦人科に受診されると思いますが、その時に随時血液検査を行います。 妊娠糖尿病の検査方法として、 75g経口ブドウ糖負荷試験というのを行います。 その結果で妊娠糖尿病かを判断します。 その他に・・・ 妊娠中の明らかな糖尿病や妊娠以前に糖尿病を患っている糖尿病合併妊娠などもあります。 こういった検査方法で妊娠糖尿病か否かを診断しています。 次は妊娠糖尿病にかかってしまうとどうなりやすいかを書いてみたいと思います。 妊娠糖尿病になると、将来どうなりやすくなるのか? 妊娠糖尿病になってしまうと、色々弊害が起きやすくなるのですが、ここではその事について書いてみたいと思います。 (糖尿病は遺伝すると言われる1つの理由です。 こういったことが言われていますので、当然妊娠糖尿病にかかってしまったらしっかりした血糖コントロールをしていくことが重要になってきます。 次はどのような方が妊娠糖尿病になりやすいのか書いてみたいと思います。 特に 1番の理由と言われているのが肥満になります。 しかし、肥満の方が全員そうなる訳ではなくて、 問題はインスリンの分泌能にかかってきます。 これは 個人差が激しいので全員が全員同じとは言えません。 痩せている人でも分泌能が低ければ、ちょっと太っただけでも妊娠糖尿病になることもあります。 これらの事が言えるために、日本の産婦人科では妊娠中はあまり太り過ぎないように言われることが多いと思います。 しかし、もし妊娠糖尿病にかかってしまっても悲観することはありません。 厳しい管理が必要になってきますが、しっかり管理して頂ければ問題も少ないので、しっかり管理していきましょう。 次はもし、妊娠糖尿病になってしまった時、どう対処していくのか書いてみたいと思います。 最初に食事療法と運動療法でコントロールしていく形になります。 ここから、妊娠中の食事療法の基本概念になるのですが・・・ 母体の維持と胎児の発育に必要なエネルギーの確保と食後に高血糖にさせず、空腹時にケトン体を増やさせないという条件が必要になります。 正直、これは個人レベルでは中々難しいことになりますので、ドクターや栄養士さん、看護師さんなどと一緒にしっかり取り組んでいく必要があります。 体格、体重などから摂取カロリーを計算し、その方にあった方法を見つけていかないといけません。 (個人差がかなり大きいのでしっかり牽引してもらって下さい。 ) 食事での治療(食事療法)では、1日に5、6回に分割して食事を行うことで血糖コントロールを取り組みやすくし、 妊娠中なので過度な運動は避けますが、運動も週に2~3回取り入れていく場合もあります。 それでも血糖値のコントロールが出来ない場合は、インスリン治療を行います。 インスリン製剤はは胎盤を通過しないので、安全に使用できると言われています。 このように段階を踏んで治療していくことになります。 先程も書きましたが、 一人ですべて行うとなると限界があります。 ドクターや看護師さん、栄養士さんなど詳しく教えて下さいますので、しっかり指導を受け、牽引してもらってください。 次に出産後の妊娠糖尿病について書いてみたいと思います。 スポンサードリンク 出産後の妊娠糖尿病について 妊娠糖尿病を患ってしまった場合、 出産終わったから終わりという訳ではありません。 とは言え、出産後2ヶ月程度で血糖値や体重なども元に戻り安定するのであれば、そこまで心配することもありません。 しかし、これは知っておいてほしいのですが、 妊娠糖尿病を患うということは元から糖代謝における容量が少ない方が多いです。 その為、出産後も生活習慣や体重管理などしっかりしていかないと2型糖尿病になりやすいと言われています。 しかしながら、生活習慣や体重管理などしっかり出来ていればさほど問題もありませんので、知っておく程度で良いと思います。 最後に 今回、妊娠糖尿病についてかなり色々書いてみました。 ちょっと詳しく書きすぎてしまったので、かなりのボリュームになってしまいましたが、これだけ知っておけば妊娠糖尿病についての基本的な知識は問題ないと思います。 妊娠糖尿病は一人では管理もきついと思いますので、周りの方々の手を借りて一緒にがんばってください。 そして、聞きたいことがあれば遠慮せずにドクターや看護師さん、助産師さん、栄養士さんに聞いてみて下さい。 しっかり答えて頂けると思います。 カテゴリー•

次の

妊娠糖尿病の診断基準を改定 【日本糖尿病・妊娠学会】

妊娠 糖尿病 診断 基準

妊娠糖尿病とはどのような病気ですか?• 妊娠中に血糖が高くなることで注意を必要とする糖代謝異常には、大きく分けて3種類があります。 「 妊娠糖尿病」と「 妊娠中の明らかな糖尿病」と「 糖尿病合併妊娠」です。 「 妊娠糖尿病」は、妊娠中に発見または発症した糖尿病ほどではない軽い糖代謝異常です。 一方、「 糖尿病合併妊娠」とは、糖尿病といわれていたひとが妊娠した状態です。 「 妊娠中の明らかな糖尿病」には、もしかしたら妊娠前から診断されていない糖尿病があったかもしれないという糖代謝異常などが含まれます。 どうして妊娠糖尿病になるのですか?• 妊娠すると血糖値が上がりやすくなります。 糖代謝異常というのは、すい臓で作られるインスリンというホルモンの量や働きが不十分となり、血糖の調節がうまくいかなくなった状態です。 インスリンは血糖を下げる働きがあります。 妊娠すると、胎盤からでるホルモンの働きでインスリンの働きが抑えられ、また胎盤でインスリンを壊す働きの酵素ができるため、妊娠していないときと比べてインスリンが効きにくい状態になり、血糖が上がりやすくなります。 このため、妊娠中、特に妊娠後半は高血糖になる場合があり、一定の基準を超えると妊娠糖尿病と診断されます。 妊娠糖尿病と診断されました。 赤ちゃんに影響がありますか?• 妊娠糖尿病は、どのように診断するのですか?• 妊娠糖尿病の診断は、主に血液検査で行われます。 血糖の血液検査には以下のような種類があります。 随時血糖(ずいじけっとう): 通常の血糖検査です。 普通に食事を摂取した状態で血糖を測定します。 空腹時血糖(くうふくじけっとう): 食事を取らない状態での血糖検査です。 通常、朝食を食べない状態で来院していただき検査を行います。 ブドウ糖負荷検査: 糖分の入った検査用のジュースを飲んで血糖を検査する方法です。 例)50gグルコースチャレンジテスト、75gブドウ糖負荷試験 妊娠糖尿病の診断は次のように二段階に分けて検査を行います。 スクリーニング検査 すべての妊婦さんを対象に、妊娠糖尿病かもしれない人をひろいあげる目的の検査です。 当院では 妊娠初期の随時血糖と、中期の50gグルコースチャレンジテストでスクリーニングを行います。 陽性の場合、次の検査2. へすすみます。 診断のための検査 妊娠糖尿病の診断のために、 75gブドウ糖負荷試験を行います。 2010年7月に妊娠糖尿病の診断基準が改定され、以下のような基準となりました。 以下のような妊娠糖尿病になりやすい体質が疑われる場合は、担当医からご説明の上1. のスクリーニング検査は行わず、はじめから75gブドウ糖負荷試験を行う場合があります。 妊娠糖尿病になりやすい体質が疑われる場合 ・肥満 ・家族に糖尿病の人がいる ・高年妊娠(35歳以上) ・尿糖の陽性が続く場合 ・以前に大きな赤ちゃんを産んだことがある人 ・原因不明の流産・早産・死産の経験がある人 ・羊水過多(ようすいかた:羊水が多い) ・妊娠高血圧症候群の人、もしくは過去に既往がある人 また、妊娠糖尿病とは別に、妊娠期に糖尿病がはじめて見つかる場合があり「 妊娠中の明らかな糖尿病」として別に判断されます *。 いずれも分娩後は診断の再確認が必要である。 そのため、随時血糖値や75gブドウ糖負荷試験後血糖値は非妊時の糖尿病診断基準をそのまま当てはめることはできない。 これらは妊娠中の基準であり、出産後は改めて非妊娠時の「糖尿病の診断基準」に基づき再評価することが必要である。 妊娠糖尿病と診断されたら、妊娠中の血糖値をしっかり把握し、それを参考に食事療法・運動療法・薬物療法を行って血糖を健常妊婦さんに近い状態にコントロールすることが大切です。 自己血糖測定とは、患者さん自身が血糖を測ることです。 それにより、血糖のコントロールがうまくいっているかどうかチェックしていきます。 人の血糖の動きは一日の中でも大きく変動し、個人差も大変大きいものです。 血糖を適切にコントロールするためにはそうした血糖の動きをチェックする必要がありますが、そのためには頻回の採血が必要になります。 それをご自宅でも手軽に測定できるようにしたものが血糖自己測定器です。 血糖自己測定を行いご自分の一日の血糖の変化を詳しく知ることにより、その後の食事・運動・薬物療法を適切に行って理想的な血糖値により近づけることができるようになります。 血糖値を正確に把握するために、多くの場合: 毎食前・毎食後2時間(食事開始後2時間)・寝る前(必要時)の 計6回(必要時7回)測定します。 ただし、1日や週に測定する回数は、血糖コントロール状態によって個人差がありますので、主治医の指示に従ってください。 妊娠中の血糖の目標値は、いくつですか?• 妊娠中は血糖を健常妊婦さんに近い状態にコントロールすることが大切です。 血糖コントロールは以下の項目で行います。 血糖値 血糖値は 採血した瞬間の血糖値を反映しますが一定の期間内での血糖値の変動や平均値を知ることはできません。 体のなかでは「血液中のブドウ糖の量」が、ある一定の範囲内でバランスよく保たれています。 HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー) 血糖値が測定したその瞬間の血糖値を反映させるのに対して、HbA1 c値は 過去約1~2ヶ月間という長期間の血糖コントロールの指標になります。 血液の中にある酸素を運ぶものがヘモグロビンです。 このヘモグロビンにブドウ糖がくっついたものがHbA1cです。 HbA1c値は、血糖値が低ければ減少し、高ければ増加します。 GA(グリコアルブミン) HbA1c値が過去1~2カ月間の長期間を示すのに対して 約2週間前後という短期間の血糖コントロール指標としてGA値があります。 血液の中にあるアルブミンにブドウ糖がくっついたものがGAです。 GA値は、血糖値が低ければ減少し、高ければ増加します。 2 低血糖時の対応 ブドウ糖(グルコースサプライを 2個(約10グラム、約40カロリー)又は糖分約10gを摂取します。 いつでも、どこでも グルコースサプライなどをすぐ摂取できるよう、身につけておく(例えば、財布の中など)ことが重要です。 (手元に血糖測定器がありすぐ測定できる状態であれば、血糖値を測定してみると振り返りに役立ちます。 ただし、緊急性を要するときにはまずは糖分摂取です。 ) 家族や職場の方にも低血糖を知っておいてもらえると良いかと思います。 自分自身で対処できなくなってから周囲の方が気づかれた時、その威力を発揮する可能性は大きいと考えられます。 どうしても近くに砂糖など糖分がない場合は市販のジュースを摂取で危険を回避出来ます。 妊娠糖尿病でした。 産後に気をつけることはありますか?• 妊娠糖尿病の人は産後に血糖が正常化することが多いです。 しかし、妊娠糖尿病と診断され、産後にいったん正常化した人を対象にした研究によると、20年から30年後にはその半数が糖尿病になった、という報告があります。 いったん血糖が正常化すると、定期的な検査を受け忘れることが多くなってしまいますが、 妊娠糖尿病だった人は糖尿病に移行しやすいため、定期的なフォローアップが非常に大切です。 まずは産後 1~3ヶ月で75gブドウ糖負荷試験を行い、血糖の状態が正常化していることを確認しましょう。 正常化していても、年に1回のブドウ糖負荷試験を行い、糖尿病へ移行しないように注意しましょう。 特に、離乳食が開始になり、おっぱいを卒業するころからの体重増加に注意しましょう。 成育医療研究センターでは、産後1~3か月に母性内科でブドウ糖負荷試験を行っています。 その後の定期チェックのために、以後は、封書によるブドウ糖負荷試験外来ご案内システムへの登録をおすすめしています。 興味のある方は、 妊娠中に「血糖が高い」といわれた方へ ~出産後も気をつけて欲しいこと~のリーフレットもご覧ください。 リーフレットについては、をご覧ください。

次の