ホンダ ヴェゼル 新型。 ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2020年12月発売

ホンダ ヴェゼル・新型ヴェゼルの年齢別保険料

ホンダ ヴェゼル 新型

新型ヴェゼルのエクステリア 新型ヴェゼルのデザインはクーペスタイルSUVという基本は継承され、 キープコンセプトのデザインで質感を洗練させたものになります。 ホンダではフィットやフリードでヘッドライトの間にフロントグリルのないデザインを設定しています。 こちらをSUVのヴェゼルに採用することはないでしょう。 新型ヴェゼルのボディカラー 基本的に現行モデルと同等のものが用意され、例えばオレンジ系メタリックなどイメージカラーとなる新色も追加されるでしょう。 2トーンカラーカラーはブラックルーフの採用があるかもしれません。 フィットNESSのようなボディカラーは採用されないとみていいでしょう。 新型ヴェゼルのパワートレイン 走行性能に磨きをかけたものになり、2モーター式の1. 5Lハイブリッド・1. 5Lガソリン&ターボが採用されます。 ハイブリッドはインサイトと同等の1. 5Lエンジンと2モーター式のハイブリッドが採用され、燃費はWTLCモードで27. システム出力も150psとなる可能性が高くなります。 4WDシステム ガソリン・ハイブリッドともに4WDシステムはフィットと同等の機械式となり、SH-AWDなど新たなシステムの導入の可能性は低いです。 新型ヴェゼルの内装に現行から学んだ使い勝手向上の施工 インパネにはエントリーグレードを除き大型ディスプレイが用意され、 ホンダコネクトにも対応するはずです。 ステアリングはフィットと同等の目新しい2本スポークのものになる可能性があります。 シートアレンジ機能は少なくとも現行モデルと同等で、現行モデルとプラットフォームを共通し、現行モデル以上の広さになる可能性もあります。 シートスライド機能はサイズが同等であれば採用されない可能性が高いです。 現行モデルにも本革シートなど多彩なシートカラーが用意されており、こちらも継続されるでしょう。 新型ヴェゼルの安全装備 予防安全装備は フィットと同等のHonda SENSINGが搭載されます。 販売時期によっては検知スピードの向上や機能の追加もあり得ます。 ヘッドアップディスプレイの装備に関しては上位にあたるCR-Vに搭載されていないためやや微妙といえるでしょう。

次の

【ヴェゼル新型 ロッキー/ライズの対抗馬も!?】2021年 姿を表すホンダ車たち

ホンダ ヴェゼル 新型

ヴェゼル フルモデルチェンジ情報&予想変更点 次期新型ヴェゼルにハイブリッドシステムe:HEV i-MMD 現行型ヴェゼルのハイブリッドシステムでは、i-DCDが採用されていますが、 次期型では2モータータイプのe:HEV搭載の可能性が有力です。 これまでホンダの2モータータイプのハイブリッドシステムはi-MMDと呼ばれていましたが4代目フィットからe:HEVへと名称が改められています。 4代目フィットでは小型化されたe:HEVが採用されましたが、次期新型ヴェゼルにも同様の小型タイプのe:HEVが活用されると予想できます。 0L直列3気筒ターボエンジン搭載の可能性も ホンダのパワートレーン戦略「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」によると、ガソリンNAの1. 5Lや1. 8Lエンジンを直列3気筒 1. 0リッター直噴ガソリンターボエンジンへ置き換える可能性が考えられます。 これを踏まえると、次期新型ヴェゼルのガソリングレードは、 NAモデルの代わりとして、1. 0L直列3気筒ターボが採用される可能性を予想します。 次期新型ヴェゼルのエクステリア 現行ヴェゼルはデザインが好評ということもあり、次期型でもクーペスタイルのクロスオーバーSUVという所からキープコンセプトとなる可能性を予測できます。 ただ、電気自動車の「Honda e」やマイナーチェンジした「新型フリード」のデザインを見る限り、 最新のホンダのデザインは、グリルをあまり目立たさずに、マイルドですっきりとしたデザインが採用される傾向にあります。 これを考えると、次期新型ヴェゼルは、現行型よりもシンプルでスタイリッシュな外観となることが予想できます。 新型ヴェゼル 最新のプラットフォーム「ホンダアーキテクチャー」採用 ホンダは、 2020年に市場投入するグローバルモデルに「ホンダアーキテクチャー」と呼ばれる手法を活用した技術を導入させることを2019年5月の事業方針説明会にて発表しています。 新型ヴェゼルには、この 「ホンダアーキテクチャー」を活用した新プラットフォームが採用される可能性が有力です。 次期新型ヴェゼルにもコネクティッド化の流れ 2018年から 自動車業界はコネクティッド化の流れが始まっており、ホンダも4代目フィットでコネクティッド技術を活用。 現在、コネクティッドカーと言えば、 スマホとの連携や、AIの音声認識等を活用したオペレートシステム等々の機能が主流です。 次期ヴェゼルにはより進んだコネクティッド機能が活用されると予想できます。 次期新型ヴェゼル PHV化の可能性 ホンダは、グローバル販売台数の中で4輪車の3分の2を2030年に電動化させることを目標としています。 それゆえ、今後はハイブリッドだけでなく PHV(プラグインハイブリッド)やEV(電気自動車)に力を入れていくことになります。 その中で、次期新型ヴェゼルには、PHVモデルが追加されることが予想されます。

次の

ヴェゼル新型モデル情報2021年1月発売|予想価格230万~300万円新開発1.5Lハイブリッドe:HEV搭載

ホンダ ヴェゼル 新型

ヴェゼル フルモデルチェンジ情報&予想変更点 次期新型ヴェゼルにハイブリッドシステムe:HEV i-MMD 現行型ヴェゼルのハイブリッドシステムでは、i-DCDが採用されていますが、 次期型では2モータータイプのe:HEV搭載の可能性が有力です。 これまでホンダの2モータータイプのハイブリッドシステムはi-MMDと呼ばれていましたが4代目フィットからe:HEVへと名称が改められています。 4代目フィットでは小型化されたe:HEVが採用されましたが、次期新型ヴェゼルにも同様の小型タイプのe:HEVが活用されると予想できます。 0L直列3気筒ターボエンジン搭載の可能性も ホンダのパワートレーン戦略「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」によると、ガソリンNAの1. 5Lや1. 8Lエンジンを直列3気筒 1. 0リッター直噴ガソリンターボエンジンへ置き換える可能性が考えられます。 これを踏まえると、次期新型ヴェゼルのガソリングレードは、 NAモデルの代わりとして、1. 0L直列3気筒ターボが採用される可能性を予想します。 次期新型ヴェゼルのエクステリア 現行ヴェゼルはデザインが好評ということもあり、次期型でもクーペスタイルのクロスオーバーSUVという所からキープコンセプトとなる可能性を予測できます。 ただ、電気自動車の「Honda e」やマイナーチェンジした「新型フリード」のデザインを見る限り、 最新のホンダのデザインは、グリルをあまり目立たさずに、マイルドですっきりとしたデザインが採用される傾向にあります。 これを考えると、次期新型ヴェゼルは、現行型よりもシンプルでスタイリッシュな外観となることが予想できます。 新型ヴェゼル 最新のプラットフォーム「ホンダアーキテクチャー」採用 ホンダは、 2020年に市場投入するグローバルモデルに「ホンダアーキテクチャー」と呼ばれる手法を活用した技術を導入させることを2019年5月の事業方針説明会にて発表しています。 新型ヴェゼルには、この 「ホンダアーキテクチャー」を活用した新プラットフォームが採用される可能性が有力です。 次期新型ヴェゼルにもコネクティッド化の流れ 2018年から 自動車業界はコネクティッド化の流れが始まっており、ホンダも4代目フィットでコネクティッド技術を活用。 現在、コネクティッドカーと言えば、 スマホとの連携や、AIの音声認識等を活用したオペレートシステム等々の機能が主流です。 次期ヴェゼルにはより進んだコネクティッド機能が活用されると予想できます。 次期新型ヴェゼル PHV化の可能性 ホンダは、グローバル販売台数の中で4輪車の3分の2を2030年に電動化させることを目標としています。 それゆえ、今後はハイブリッドだけでなく PHV(プラグインハイブリッド)やEV(電気自動車)に力を入れていくことになります。 その中で、次期新型ヴェゼルには、PHVモデルが追加されることが予想されます。

次の