ハウス オブ ペイン。 DOBERMAN INFINITY、ハウス・オブ・ペインの大ヒット曲をカバー

ハウス・オブ・ペインが、アディダスとコラボしたCampus 80's

ハウス オブ ペイン

怒鳴りつけるようなラップを見せるエヴァーラスト、畳みかけるようなライミングを得意とするダニー・ボーイ、そして、ハイ・レヴェルなトラック群を作り出すDJリーサル(現在はリンプ・ビズキットのメンバーとして活躍中)からなる白人ラップ・トリオ、ハウス・オブ・ペイン(もとは高校の同級生同士だったとか)。 彼らを強烈に印象づけたのは、デビュー・アルバム『ハウス・オブ・ペイン』(92年)からのシングル・カット「ジャンプ・アラウンド」だ。 また、その後に発表した2nd『セイム・アズ・イット・エヴァー・ワズ』(94年)と3rd『トゥルース・クラッシュド・トゥ・アース・シャル・ライズ・アゲイン』(96年)では、ロサンゼルスを拠点としながらもイーストコースト・フレイヴァーたっぷりの太いサウンドを響かせた。 その熱気溢れる楽曲群で、当初は多くの男性ファンを獲得していたが、楽曲自体にそれほど変化がなかったことでリスナーが食傷気味となったためか、人気は徐々に失速。 96年に解散。 それ以降はそれぞれソロや別グループでキャリアを積んでいる。 Same As It Ever Was 2010年01月26日リリース アルバム・15曲• 1 Word Is Bond• 2 Who's the Man• 3 I'm a Swing It• 4 All That• 5 On Point Lethal Dose Remix• 6 Where I'm From• 7 Interlude• 8 It Ain't a Crime• 9 Still Got a Lotta Love• 10 Same As It Ever Was• 11 Keep It Comin'• 12 Runnin' Up On Ya• 13 On Point• 14 Over There Shit• 15 Back from the Dead• Same As It Ever Was 2010年01月26日リリース アルバム・15曲• 1 Same As It Ever Was• 2 On Point• 3 Back from the Dead• 4 Word Is Bond• 5 It Ain't a Crime• 6 Who's the Man• 7 I'm a Swing It• 8 Over There Shit• 9 Where I'm From• 10 Runnin' Up On Ya• 11 All That• 12 On Point Leathal Dose Remix• 13 Still Got a Lotta Love• 14 Keep It Comin'• 15 Interlude• Truth Crushed to Earth Shall Rise Again 2010年01月26日リリース アルバム・13曲• 1 No Doubt• 2 Heart Full of Sorrow feat. Sadat X• 3 Fed Up Remix [feat. Guru]• 4 Shut the Door• 5 Fed Up• 6 Earthquake• 7 X-Files• 8 Killa Rhyme Klik• 9 The Have Nots• 10 What's That Smell• 11 Choose Your Poison• 12 While I'm Here• 13 Pass the Jinn•

次の

ハウス・オブ・ペインとは

ハウス オブ ペイン

意味は、「汚物・放蕩・正義」。 大野とダニーボーイ ハウス・オブ・ペイン 、ティム・アー ムストロング ランシド の 3 人で名前を考えました。 目線はストリート。 だけどワールドワイドです。 価格は FREE。 そして 2015 年 3 月 30 日。 新たに動画メディア「FLJ TOKYO. COM」をウェブサ イトとしてローンチ。 こちらも目線はストリート。 バイリンガル 日本語・英語 の字幕入りで、さらにワールドワイドに発信していきます。 こちらも価格は FREE。 ABOUT DRAGON ZOE LLC ドラゴンゾーイはFLJを出版するために立ち上げた会社です。 ですが、ドラゴンゾーイは、FLJの出版/広告以外にも、カタログ等の編集制作、広告やCDパッケージ等のアートディレクション、アパレル・ブランドの広告代理業、音楽プロデュース、イベント制作等、様々なクリエイティヴ事業に携わっています。 元々、FineやWARPといった雑誌の編集長時代から、イベントを主催したり、自らバンドやDJをやったり、TV番組やラジオ番組を企画したりするのが好きでした。 だから、一見全く違う形態の仕事に見えますが、僕にとっては、インプットが同じで、アウトップトのスタイルが違うだけなのです。 ドラゴンゾーイでは、一番大好きな「雑誌」を軸にしながらも、いろいろなスタイルで発信していきたいと思います。 ドラゴンゾーイをよろしくお願いいたします。 代表 大野俊也.

次の

ハウス・オブ・ペインとは

ハウス オブ ペイン

怒鳴りつけるようなラップを見せるエヴァーラスト、畳みかけるようなライミングを得意とするダニー・ボーイ、そして、ハイ・レヴェルなトラック群を作り出すDJリーサル(現在はリンプ・ビズキットのメンバーとして活躍中)からなる白人ラップ・トリオ、ハウス・オブ・ペイン(もとは高校の同級生同士だったとか)。 彼らを強烈に印象づけたのは、デビュー・アルバム『ハウス・オブ・ペイン』(92年)からのシングル・カット「ジャンプ・アラウンド」だ。 また、その後に発表した2nd『セイム・アズ・イット・エヴァー・ワズ』(94年)と3rd『トゥルース・クラッシュド・トゥ・アース・シャル・ライズ・アゲイン』(96年)では、ロサンゼルスを拠点としながらもイーストコースト・フレイヴァーたっぷりの太いサウンドを響かせた。 その熱気溢れる楽曲群で、当初は多くの男性ファンを獲得していたが、楽曲自体にそれほど変化がなかったことでリスナーが食傷気味となったためか、人気は徐々に失速。 96年に解散。 それ以降はそれぞれソロや別グループでキャリアを積んでいる。 Same As It Ever Was 2010年01月26日リリース アルバム・15曲• 1 Word Is Bond• 2 Who's the Man• 3 I'm a Swing It• 4 All That• 5 On Point Lethal Dose Remix• 6 Where I'm From• 7 Interlude• 8 It Ain't a Crime• 9 Still Got a Lotta Love• 10 Same As It Ever Was• 11 Keep It Comin'• 12 Runnin' Up On Ya• 13 On Point• 14 Over There Shit• 15 Back from the Dead• Same As It Ever Was 2010年01月26日リリース アルバム・15曲• 1 Same As It Ever Was• 2 On Point• 3 Back from the Dead• 4 Word Is Bond• 5 It Ain't a Crime• 6 Who's the Man• 7 I'm a Swing It• 8 Over There Shit• 9 Where I'm From• 10 Runnin' Up On Ya• 11 All That• 12 On Point Leathal Dose Remix• 13 Still Got a Lotta Love• 14 Keep It Comin'• 15 Interlude• Truth Crushed to Earth Shall Rise Again 2010年01月26日リリース アルバム・13曲• 1 No Doubt• 2 Heart Full of Sorrow feat. Sadat X• 3 Fed Up Remix [feat. Guru]• 4 Shut the Door• 5 Fed Up• 6 Earthquake• 7 X-Files• 8 Killa Rhyme Klik• 9 The Have Nots• 10 What's That Smell• 11 Choose Your Poison• 12 While I'm Here• 13 Pass the Jinn•

次の