ヘイト スピーチ 川崎 市。 ヘイトスピーチ、罰則付きで禁止する全国初の条例が制定。川崎市長「被害に遭われた方たちは喜んでくれていると思う」

ヘイト罰則、川崎市の差別禁止条例 7月から全面施行 :日本経済新聞

ヘイト スピーチ 川崎 市

あの条例を、川崎市民の知人たちも軒並み知らない事に物凄い危機感を抱いています。 日本人家畜化条例で治外法権の生き地獄が生まれるのです。 法王猊下はその危険を目の当たりにしても洗礼を受けない日本人が悪いとされるならカソリックの未来は暗い。 — しもむら天弘 Buddhist priest shimomuratenkou 川崎市のヘイトスピーチ条例には、多くの問題点が存在する。 以下で、俺はその問題点について語ろう。 大和民族は日本列島の先住民かつ民族的原住民である。 その先住民及び原住民の口をふさぐような法律や条例は原住民及び先住民の奴隷化である。 もしアメリカにおける法律がアメリカ先住民の米国民を罰するようなものであるならば、その法律はアメリカ先住民の奴隷化である。 上記のヘイトスピーチ法とは朝鮮人がどんなに法律や損害を日本人に与えるとしても、朝鮮人は批判されたくない。 簡単にいうと、朝鮮人は日本人を黙らせたい、または奴隷や家畜扱いしたいである。 この法律は大和民族の奴隷化及び家畜化として歴史的に記録されるべきである。 取り決め もしxが実態のない単語からなる法律であるならば、xは正当性を持たない法律である。 取り決め もしxが既存の単語で代用可能な法律であるならば、xは正当性を持たない法律である。 なぜ日本語でなくカタカナ用語か? 俺はなぜhate speechが日本語に訳されないのか疑問に思う。 名誉毀損や侮辱で良い。 カタカナ用語の問題点は他人を欺くために存在するように思える。 悪魔や呪い言葉 差別やヘイト・スピーチは悪魔や魔女と同様に実体が存在しない単語( 幽霊言葉や呪いの言葉)である。 ヘイト・スピーチやアメリカにおけるポリコレはキリスト教・清教徒の行為に近いように見える。 実際、ポリコレの強い東海岸では、魔女狩りが発生した。 代用できる単語は不要である。 ヘイトスピーチは名誉毀損で代用すれば良い。 もしxが代用される単語であるならば、xは不要な単語である。 君はこういう論理を使用する。 この種の単語を作成する人間は一般的に人種対立や民族対立や性別の対立を人工的に創り出したい。 黒人の知能指数を指摘することも朝鮮人を批判することも彼らに対する名誉毀損でないし、言い方を注意すれば失礼でもない。 2:法律の正当性の問題 取り決め もしxがキリスト教由来の概念を持った法律であるならば、xは東洋地域における正当性を持たない法律である。 取り決め もしxがアメリカ先住民の虐殺が繰り返される法律であるならば、xは正当性を持たない法律である。 取り決め もしxが両方向性や相互性を持たない法律であるならば、xは正当性を持たない法律である。 人権というキリスト教の概念 人権という概念はキリスト教由来である。 だから、無宗教の東洋人にそれを押し付けることは宗教的な侮辱である。 ヘイト・スピーチという概念はこの人権が基盤になっている。 モンゴロイド先住民を侮辱する法律〜noble savage 日本人も朝鮮人も中国人も東洋地域における先住民かつ原住民である。 彼らを差別主義者と呼ぶことはアメリカ先住民をnoble savageと呼ぶことに等しい。 アメリカ先住民は私たちと同じモンゴロイド人種である。 だから、私たちはこの悲劇を繰り返すべきでない。 日本人はなぜか白人視点で物事を語る。 相互性や両方向性の欠如 この種の法律は相互性や両方向性が存在しない。 だから、原住民や先住民のみが不利益を被る法律である( 原住民の奴隷化法案?)。 なぜか後から入ってきた人間が先住民や原住民を差別主義者と侮辱する。 本来であれば、法律はその土地の原住民や先住民が手厚く保護されなければいけないい。 3:悪意〜日本人を黙らせたい 取り決め( 悪意防止法) もしxが悪意を持った法律であるならば、xは決して制定されない法律である。 この法律の目的は朝鮮人や日本人嫌いの日本人が日本人を黙らせたい、罰したいである。 差別や人権やヘイトスピーチという建前が存在するが、そん実態は日本人を家畜化したい、奴隷化したいである。 要するに、批判されたくない、不安を感じたくないであるが、彼らはその理由を認識できない。 上記でも述べたが、現行法で十分である。 上記のヘイトスピーチ法とは朝鮮人がどんなに法律や損害を日本人に与えるとしても、朝鮮人は批判されたくない。 簡単にいうと、朝鮮人は日本人を黙らせたい、または奴隷や家畜扱いしたいである。 この法律は大和民族の奴隷化及び家畜化として歴史的に記録されるべきである。

次の

ヘイトスピーチに初の「刑事罰」12日にも可決 川崎市の条例めぐり議論噴出「表現の自由萎縮」「実効性なし」 「対象言動」は慎重な判断が必要 (1/2ページ)

ヘイト スピーチ 川崎 市

立法に際して注意するべき点 まず前提として、立法をするに際しては次の2点(だけでもないのですが)に注意する必要があります。 1点は関連法令との整合性に意を用いること。 そしてもう1点は、立法事実による裏づけを確保することです。 2点目については、少し説明しないと分かりにくいかもしれませんね。 立法事実とは、ある法の立法目的およびそれを達成する手段の合理性を裏づける社会的・経済的・文化的な一般事実のことです。 大変おおざっぱな言い方をしてしまえば、次のようなことです。 すなわち、ある法を制定するためには、そうした法がぜひとも必要だと言えるような社会状況にあることが求められる。 ここで、「そのような社会状況にあること」が立法事実である、というイメージです。 立法事実がないのに、法を制定して人びとの権利を制約してしまうことは許されません。 解消法 たとえば、いわゆる解消法を見てみましょう。 同法は、正式名称を「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」といいます。 この正式名称からも分かるように、同法は少なくとも一次的には、「本邦外出身者」に対する差別の解消を目指すものです。 ところで、この「本邦外出身者」については同法2条に定義があり、「専ら本邦の域外にある国若しくは地域の出身である者又はその子孫であって適法に居住するもの」をいうとされています。 同法の審議過程では、このような定義だと等が「本邦外出身者」に含まれないこととなり、こうした者への差別を容認するものとも読まれかねないとの問題意識に基づくものと思われる指摘が、の仁比聡平からなされました。 これに対して、発議者の一人であるのは次のように答えています。 まず、いわゆるこのですけれども、現在も問題となっている自身は、いわゆる人種差別一般のように人種や人の肌とかいうのではなくて、特定の民族、まさに在日韓国・の方がターゲットになっているわけですよね。 ですから、そういう立法事実を踏まえて、この法律に対して対象者が不必要に拡大しないように、立法事実としてそういう方々が中心となってを受けているということで、本邦外出身者ということを対象として限定しているわけでございます。 ここにおいて西田は、同法(案)が在日韓国・がの標的になっているという立法事実をふまえて対象を本邦外出身者に限定した旨を明言しています。 そして同法は、附帯決議において、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」以外のものであれば、いかなる差別的言動であっても許されるとの理解は誤りであることが確認されたものの、「本邦外出身者」という文言やその定義については、一切変更を加えられることなく成立しました(なお、附帯決議がなんらの法的拘束力も有しないのは周知のことかと思います)。 以上のとおり、解消法は、在日韓国・に対する深刻な被害が発生しているという立法事実をふまえて、対象を「本邦外出身者」への差別に限定したものだったのです。 立法事実 さらに、本条例を制定したにはの集住地域があり、彼らを標的としたヘイトデモがくりかえされてきたという経緯もあります。 たとえば解消法が成立するまでの3年間を見てみると、平成25年に3回、に4回、に3回のヘイトデモが、で行われているようです。 さらに最近でも、平成30年6月、の元会長()を党首とするの最高顧問が立ち上げた団体がの教育文化会館で集会を開こうとし、反対する市民らとの間で激しいもみ合いになった事案があります。 なお、この団体は、その後同年12月、翌2月にも差別的言動を行わないよう同市から「警告」を受けながら、同市の公の施設において集会を開いています。 このように、は他所と比べても特に本邦外出身者の被害が深刻な体なのです。 今回の条例は、こうした立法事実に鑑み、特に「本邦外出身者」に対する一定の差別的言動に限って、の対象としたものと考えられます。 言うまでもないことですが、本条例は(21条1項)に対するかなり強度な制約です。 ですから、その対象となる行為はできるだけ限定する必要があります。 そうした見地からすれば、の対象となる行為を「本邦外出身者」に対する一定の差別的言動に限ったのはむしろ自然で、立法事実が存するわけでもない者に対する言動まで対象としていれば、それこその疑いが濃くなっていたでしょう。 日ごろ「君の意見には反対だがそれを主張する権利は命をかけて守る」とおっしゃっているような方々は、「日本人に対する差別表現の自由までは制約されなかった」と喜ぶべきところだと思います。 当然のことですが、念のため。 本条例の附帯決議について(蛇足) 蛇足ながら、最後に本条例の附帯決議について軽くコメントしておきます。 本条例では、から附帯決議案が出されており、その中には当初次のような文言がありました。 本邦外出身者に対する不当な差別的言動以外のものであれば、いかなる差別的言動であっても許されるとの理解は誤りであるとの基本的認識の下、本邦外出身者のみならず、日本国民たる市民に対しても不当な差別的言動が認められる場合には、本条例の罰則の改正も含め、必要な施策及び措置を講ずること。 これは、以下のように修正されたうえで可決されました。 本邦外出身者に対する不当な差別的言動以外のものであれば、いかなる差別的言動であっても許されるとの理解は誤りであるとの基本的認識の下、本邦外出身者以外の市民に対しても、不当な差別的言動による著しい人権侵害が認められる場合には、必要な施策及び措置を検討すること。 修正は主に3点。 まず、当初は「不当な差別的言動が認められる場合には……措置を講ずる」とされていたのが、「不当な差別的言動による著しい人権侵害が認められる場合には……措置を検討する」と改められた点。 これは、立法事実としてきちんとしたものを求めるという趣旨でしょう。 次に、当初は「本条例の罰則の改正も含め、必要な施策及び措置を……」とされていたところ、「本条例の罰則の改正も含め」との文言が削除された点。 これは上記のとおりに対する強度の制約となる罰則については、慎重に臨む必要があるとの考慮に基づくものでしょう。 そして最後に、「日本国民たる市民」が「本邦出身者以外の市民」に変更された点。 この変更の意味するところは、本記事を読んでこられた方なら容易に了解できると思います。 修正後の文言は、法解消法の制定過程において問題となった「等への差別」を明確にフォローしているのです。 これらの修正は、おおむね妥当なものだと思います。 特に「日本国民たる市民」から「本邦出身者以外の市民」への修正は良いですね。 すでに指摘した「等への差別」のフォローという点で良いのはもちろんですが、感覚的にも、「日本人差別」という類の言葉は、一部の人びとによって反差別をくさしマイノリティを攻撃する道具に貶められてしまっている印象があるので、そうした言葉を避けているという点でも気分が良いです。 : 差別のない人権尊重のまちづくり条例。 : 本条例12条ないし14条、23条、24条。 : (補訂)『』(、第5版、2011年)372頁参照。 : 4月19日法務委員会における発言。 : 本条例2条、12条参照。 : なお、ここに「法」とは解消法を指します。 本条例2条参照。 : 5月26日。 kanaloco. kanaloco. kanaloco. html : (笑。 Arecolle.

次の

川崎市、ヘイトスピーチ禁止条例可決 罰金最高50万円→日本人は言われっぱなし。

ヘイト スピーチ 川崎 市

「差別」を禁止する対策として一歩踏み込んだ、川崎市に注目が集まっている。 ヘイトスピーチなど差別的な言動を禁止するため、全国で初めて刑事罰を盛り込んだ条例案が12月12日、川崎市議会で可決、成立した。 市の勧告や命令に従わず、差別的な言動を3度繰り返した場合、最大50万円の罰金を科すことになると、Forbes JAPANので伝えた。 ただ、刑事罰が下されるのは、日本以外の国や地域の出身者への差別が対象であり、川崎市が行ったパブリックコメントでは、「日本人に対するヘイトスピーチはなぜ含まれないのか」と、疑問の声が多く寄せられた。 12日午前10時に開会した川崎市議会の12月定例会。 議場には多くの報道陣と傍聴者が集まり、その「歴史的瞬間」を見守った。 市は全会一致を目指していたが、採決する際には議員2人が退席し、残る57人全員が起立し、賛成した。 条例は成立し、2020年7月1日から全面施行される。 この後、57人の議員が起立し、ヘイトスピーチ禁止条例案が可決した。 公権力の濫用防止と表現の自由にも配慮 条例の正式名称は「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」。 川崎市内の公共の場所において、日本以外の国や地域の出身者に対する不当な差別的言動を禁じている。 また公の場のヘイトスピーチだけでなく、近年問題になっているインターネット上の人権侵害についても、「市内の国外出身者に対する不当な差別的な言動」があった場合は、拡散防止の措置や公表に踏み切ることも記した。 具体的には、違反行為に対して、1回目は「勧告」、2回目は「命令」、さらに命令に従わなかった場合は、氏名などを公表し、50万円以下の罰金に処する。 法人の場合は、行為者だけでなく法人も罰することになる。 「勧告・命令」のいずれも、有効期間は6カ月間に限定し、公権力の濫用防止に繋げることにした。 今後、市は「差別防止対策等審査会」(構成員は5人)を設置し、表現の自由に配慮し、違反行為かどうかについて、慎重に判断する。 そもそもヘイトスピーチとは ヘイトスピーチとは、そもそも何を示すのだろうか。 一般的には「憎悪に基づく発言」の一形態を意味する。 法務省によると、ヘイトスピーチ解消法においては、特定の国の出身者であることや、その子孫であることのみを理由に、日本社会から追い出そうとするなどの一方的な内容の言動を示すという。 川崎市の条例では、「不当な差別的言動」として、以下の3つの類型を示した。 ・本邦外出身者が住む 地域から退去させることを扇動し、又は告知するもの ・本邦外出身者の 生命、身体、自由、名誉または財産に危害を加えることを扇動し、又は告知するもの ・本邦外出身者を 人以外のものに例えるなど、著しく侮辱するもの 公益財団法人「人権教育啓発推進センター」の報告書においても、ヘイトスピーチは同様に3つの類型に分けられ、「〇〇人は日本から出て行け」「〇〇人を皆殺しにしろ」「ゴキブリ〇〇人」といった例が挙げられる。

次の