アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーレシピ。 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーで作る米麴のみの甘酒レシピ!

【みんなが作ってる】 ヨーグルトメーカーのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーレシピ

最近、よく 発酵食に関する記事を目にしませんか?健康食ブームとともに麹や納豆、味噌などの発酵食品を使った料理が見直されているようです。 そういう私もひと月前にヨーグルトが自作できるという ヨーグルトメーカーを購入しました。 購入前は「ヨーグルトなんて簡単にできるの?」とちょっと半信半疑でしたが、ヨーグルトメーカーを使えばとても簡単に作ることができて驚きました。 やることと言ったら、材料を混ぜて温度と時間を設定するだけ。 手間もかかりません。 しかも作ったヨーグルトをどんどん増やしていくことも可能なんです。 健康のためにヨーグルトを毎日飲むことは大切ですが、ヨーグルト代って結構かかるもんです。 ヨーグルトにかかるコストを抑えながら健康を維持する。 これって理想ですよね。 ヨーグルトを毎日飲む自分としてはもっと早くヨーグルトメーカーを買っておけばと思っているくらいの衝撃でした。 でも、ヨーグルトメーカーってヨーグルトを作るだけじゃもったいないんです!調べてみると他にもいろいろと作ることができるんです! この記事ではヨーグルトメーカーを購入した方や購入を検討している方のために、ヨーグルトメーカーを使ったレシピサイトの紹介をしたいと思います。 ヨーグルトだけじゃないヨーグルトメーカーの使い方 ヨーグルトメーカーと言ってもヨーグルトを作るだけではありません。 他にもいろいろな発酵食品を作ることができるんです。 代表的なのは• ヨーグルト(プレーン・カスピ海・ケフィア・飲むヨーグルト)• 麹(塩麹・醤油麹など)• 天然酵母• 西京味噌• 塩レモン• サワークリーム• バター など、スーパーでいつも購入していたものが少しの手間で家庭でも作ることができるんです。 オススメのヨーグルトメーカーはどれ? まずはヨーグルトメーカーをまだ購入されてない方に情報です。 ヨーグルトメーカーには2種類のタイプがあります。 専用容器を使うタイプと 牛乳パックを使うタイプの2種類です。 オススメは 牛乳パックが入るタイプのものです。 乳酸菌などの発酵菌は雑菌に弱いので使う容器にも気を使う必要があります。 容器に雑菌が入っていると発酵不足で期待通りにいかないことも。 牛乳パックなら開封後すぐの使用なら雑菌が入っていないため、発酵菌の死滅による発酵不足など避けることができます。 アマゾンでの人気はアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーです。 温度と時間が自由に設定できて発酵食品を作るのに適しています。 こちらは牛乳パックが入るタイプのヨーグルトメーカーですが、専用容器やスプーンが付属品としてついてきますので、牛乳パックを使わない麹などはこの専用容器を使って作ることができます。 ヨーグルトメーカーで使えるレシピサイト集 ヨーグルトメーカーを販売しているメーカーのサイトには、基本的なレシピの他に少し変わったアレンジレシピがたくさん紹介されています。 ヨーグルト作りに慣れてきたらアレンジレシピにも挑戦してみましょう。 レシピには材料の他に目安時間と発酵温度の設定も記載されています。 持っているメーカーが違っていても時間と温度の設定を間違えなければ同じように作ることができます。 参考にしてみましょう。 アイリスオーヤマ アマゾンのヨーグルトメーカーのではアイリスオーヤマの商品が常にランキング上位です。 特徴は飲むヨーグルトを作るためのプリセットメニューがあるため、簡単に飲むヨーグルトが作ることができて人気があるようです。 アイリスオーヤマの公式サイトではヨーグルト、甘酒、塩麹、醤油麹や納豆などの基本的なレシピの他• タンドリーチキン• 天然酵母プチパン• 鶏の唐揚げ• 水キムチ• 塩レモン などのレシピも掲載されています。 ドリテック 次に紹介するのはドリテックのです。 こちらのレシピページではチーズやバターのレシピも掲載してあります。 アレンジレシピも含めると35種類とたくさんのレシピが掲載されています。 一見の価値ありです! 変わったところでは低温調理レシピというものがあり、ヨーグルトメーカーを使ったローストビーフや鶏ハムの作り方も紹介されています。 ビタントニオ こちらもヨーグルトメーカーを販売しているビンタトニオのです。 レシピなど30種類ほど掲載されています。 変わったところでは• 鶏レバーの甘辛煮• シュークルート• フムス• 牛すじの下処理• 砂肝のコンフィ などヨーグルトメーカーの使い方に慣れてきた中級者向けのレシピが掲載されているのが特徴です。 写真が綺麗なので挑戦してみたくなります! タニカ電器 そして最後に紹介するのがヨーグルトメーカーで有名なタニカ電器のサイトです。 発酵食品専門ポータルサイト「」というサイトはタニカ電器のヨーグルティアというヨーグルトメーカーを使ったレシピサイトですが、時間や温度設定が記載されているので参考になります。 こちらはタニカブログです。 元気なお子さん2人がいるハルさん一家の発酵食日記の投稿が参考になります。 母親目線でアレンジレシピを創作されていて参考になります。 読んでいても楽しいですよ。 こちらの「発酵食品試作報告書」なるページでは市販品の牛乳や豆乳とヨーグルトの組み合わせを替えて試作し、掛け合わせの相性などを調べて結果をデータベース化しています。 作ってみる前に相性の予想ができるのはかなり助かりますね。 このページにタニカの本気度が伺えます! まとめ メーカーのサイトには基本的な発酵食レシピの他に、発酵食を使ったアレンジレシピがたくさん掲載されています。 作ってみたいなと思うレシピはあったでしょうか? こうしてみるとヨーグルトメーカーと呼ぶよりも低温発酵調理器具と呼んだ方がしっくりくるぐらい多彩な発酵食レシピを作ることができますね。 基本的な発酵食作りに慣れてきたら次はオリジナルのレシピを考えてみてはどうでしょうか? いろいろなレシピを参考にしながら、ヨーグルトメーカーをもっと活用していきましょう!.

次の

【レシピ】アイリスオーヤマ IYM

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーレシピ

ボタン一つで手軽にヨーグルトを作ることができる ヨーグルトメーカーがあれば、いつでも菌活生活を始めることができるのでとっても便利ですよね。 しかも、ヨーグルトにかかるコストも節約することもできるので、お財布にもとっても優しいので気になるところです。 そこでいろいろ調べてみると、 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーが取れも人気があることがわかりました。 中でも「 IYM-014」と「 IYM-013」は通販サイトのランキングでも上位に入っているほどの人気! でも、価格の違いについては分かるけど、それ以外にどんな違いがあるのかも気になりますよね~。 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014とIYM-013の機能や特徴の違い それではさっそく、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーの「IYM-013」と「IYM-014」の基本情報から見てみましょう。 9L プラ製0. 一番大きな 違いは「 自動メニューの数」です。 IYM-014だと、自動メニューは「甘酒とプレーン」の2種類しかないのですが、IYM-013なら「飲むヨーグルト・甘酒・塩麹・プレーン・カスピ海」というように、2倍以上の自動メニューを搭載しているのです。 本体のサイズや使える牛乳パックのサイズ、電源コードの長さなどは基本同じなので、このメニュー次第でどちらを選べばいいのか決めるのがよさそうです。 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーで作れるレシピに違いは? 自動メニューには違いがありますが、作れるレシピは共通で次のようになっています。 ・飲むヨーグルト ・甘酒・塩麹 ・プレーン ・カスピ海 ・味噌 ・納豆 ・酵母 ・フルーツビネガー ・水キムチ このように、作ることができるレシピは同じでした。 後は自動モードで簡単に作れる方が良いのか、手動で温度や時間を細かく設定していくのか?の違いですね。 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーの特徴 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは、 牛乳パックのまま作ることができるので、毎回消毒する必要もなく簡単で衛生的に自家製ヨーグルトなどの発酵食を楽しむことができるのが特徴です。 自動メニュー機能を使えば、それぞれのメニューに最適な温度と時間を設定してくれるのでヨーグルトメーカーを使ったことがないという人には、メニュー数が多い方が使いやすくすぐに自家製のヨーグルトを楽しむことができます。 そして準備するものも、 牛乳とヨーグルト、そしてヨーグルトメーカーの3つだけなので、だれでも簡単にヨーグルトを量産することができるのです。 サイズもコンパクトサイズで設計されているので、置き場所や収納スペースもとることもなく、どこでも置きやすいのも魅力です。 ヨーグルトメーカーを使うときの注意事項 ただし 2つの注意点もあります。 1つ目は、 かき混ぜるスプーンは煮沸消毒をすることが必要です。 菌を取り扱うので、雑菌が入ってしまうと同じように増やしてしまうことになるのでとても危険ですよね。 容器は牛乳パックを使うからいいけれど、スプーンはしっかり煮沸消毒するのを忘れないようにしましょう。 2つ目は、1Lの牛乳パックを買ってきたときには後で加える 100ml分のヨーグルトを入れる分、牛乳を抜き取っておくことです。 そのままヨーグルトを入れてしまうと量が合わないので自動メニューを使っても上手にできないとの口コミもありましたので気を付けてくださいね。 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014の口コミ評判や評価 まずは、IYM-014を実際に購入して使ってみた人のリアルな口コミや評判、評価から見てみましょう。 今回は、良い・悪い口コミに分けてみました。 基本は放置してればヨーグルトができるので重宝してます。 レシピも入っていたので簡単にできたので満足です。 ただ塩麹はレシピの半量でも自分は良いと思いました。 1リットルで作って1週間で完食するサイクルで使っています。 使い方が簡単という口コミがとてもたくさんありました。 牛乳パックで作ることができるし、寝る前にセットしておけばよく朝には美味しいヨーグルトが完成しているというのも良いですね。 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-013の口コミや評判はこちら では、IYM-013の口コミ評判についても見てみましょう。 冷蔵機能があれば最高だと思います。 タネにするヨーグルトや設定次第で完成が変わってくるのも、ヨーグルトメーカーの特徴ですね。 だからこそ、試行錯誤しながら自分好みに近づけていくのを楽しむことができます。 でも、手動メニューのレシピをもっと知りたいという声もありました。 でもいろいろ試行錯誤して自分好みのヨーグルトを作ろうと思います。 自分で作った方がまろやかでおいしい気もするし、操作も簡単なので買って正解でした。 使い方も簡単でヨーグルトも美味しくできたと連絡がきたので選んでよかったです。 このように、両親へのプレゼントで選んでいる人もいるくらい人気です。 操作も簡単でタイマー機能も付いてるので、好きな樹移管に合わせて作れるのは便利ですね。 豊富な自動メニューを使えば、ボタン1つで簡単にいろいろな発酵食ができるのも嬉しいですね。 どちらも5,000円以下とヨーグルトメーカーの中でも低価格ですので、まずはお試しで買ってみるというのもおすすめです。

次の

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーで作る塩麹がレシピ通り作ると塩辛い!?実際に問合せてみた

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーレシピ

そして、地味に 付属容器の容量が0. 9Lに増えています。 地味なんですが、これ意外と重要な改良点です。 「牛乳パックのまま作れるタイプ」となっていますが、1Lの牛乳パックをそのまま入れてできるわけではありません。 いや、1Lパックをそのまま入れるのですが、中身の牛乳は種菌となるヨーグルト分を取り出して作っていきます。 それがだいたい100mlほどです。 移し替えるにしても、容器をセットして作るにしても800mlでは少し足りない感じです。 900mlと大きくなって扱いやすくなりました。 ネット限定のKYM-013はどう違う? アイリスプラザにはIYM-011,IYM-012,IYM-013,IYM-014の他にKYM-013があります。 この品番では販売店には出回らないということですね。 あくまでネットでの販売のみになっています。 この品番にはこんな人がおすすめ! ここまで、ヨーグルトメーカーについて語ってきましたが、いったいどれが一番いいの?と悩む人がいるかもしれません。 各品番ごとにおすすめする人を一例としてあげていきますね。 IYM-011にはこんな人がおすすめ!• ヨーグルトだけを作りたい人• 簡単にヨーグルトを作りたい人• 安いヨーグルトメーカーが欲しい人 IYM-012にはこんな人がおすすめ!• 安いヨーグルトメーカーが欲しい人• 細かい設定をしたい人• 色々なレシピを作りたい人 IYM-013にはこんな人がおすすめ!• 飲むヨーグルトを作りたい人• 自動メニューで簡単に作りたい人• 細かい設定で作りたい人• 色々なレシピを作りたい人• 付属容器が2ヶ欲しい人 IYM-014にはこんな人がおすすめ!• 自動メニューで簡単に作りたい人• 細かい設定をしたい人• 色々なレシピを作りたい人• 安いヨーグルトメーカーが欲しい人 まとめのつぶやき.

次の