授乳 ゼーゼー。 1ヶ月弱の乳児を育てている

赤ちゃん&子育てインフォ

授乳 ゼーゼー

アレグラ(フェキソフェナジン)などの花粉症の薬は授乳中も飲むことができる 花粉症のときに使われる薬は、 抗アレルギー薬といわれるものがメインです。 じんましんにもよく使われます。 代表的な薬をあげると、アレグラ(フェキソフェナジン)、クラリチン(ロタラジン)などがあります。 これらの薬は、その性質や特性から、母乳にはいる薬の成分量が少なく、 赤ちゃんにおっぱいをあげながら服用しても問題ないとされています。 でも、このお薬の説明書(添付文書)をみると、授乳を避けることと書いてあります。 というのは、 母乳にお薬がどれくらい入ると、赤ちゃん対してどんな影響があるか 十分なデータがないからです。 なので、動物実験などで 母乳にごくわずかでも薬が入ることがわかった時点で、 リスクが全くゼロといえなから、授乳中は使わないでください という製薬メーカー側の意向(リスク回避)が入っています。 このお薬の情報をもとに、 お医者さんによっては、 授乳をやめるように言われたり、 授乳中に出せる薬はないと言われることもあるかもしれません。 ママにとっても、赤ちゃんにとっては おっぱいはとっても大切なもの。 花粉症で病院を受診するときは、 母乳育児に協力的な産婦人科さんや小児科さんを選ぶといいですね。 他にも、目だけ、鼻だけというように、 場所を限定して使う目薬や点鼻液も、 使った部位だけで薬がはたらくので、母乳への影響は少ないと考えられています。 例えば、パタノールといった抗アレルギー薬の目薬、 フルメトロンといった炎症を抑える目薬、 ナゾネックスなどのステロイドの点鼻液ですね。 (他にもいろいろと種類があります。 ) だけど、やっぱり不安だわというママさんには、漢方薬もおすすめです。 私は、西洋薬とひけをとらない効果を感じています! 花粉症に使う漢方薬の小青竜湯を授乳中に飲んでも大丈夫? 花粉症に使われる漢方薬はいろいろあります。 代表的なものをひとつあげると、 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)でしょうか。 私も、急な鼻水やくしゃみ、目のかゆみに、よくお世話になっている漢方薬です。 小青竜湯についてはこちらのブログ記事も参考にしてくださいね。 小青竜湯には、 麻黄(まおう)という生薬が材料に使われています。 この麻黄は、他の生薬と組み合わせることで、 からだをあたためたり、 咳やゼーゼーをおさえたり、 むくみや腫れをとるはたらきがあります。 麻黄の主成分であるエフェドリンは、 咳を抑える成分として、市販の風邪薬にも使われています。 と同時に、 交感神経を刺激して、 私たちの活動のスイッチをONにする役目もします。 人によっては、 血圧上昇や動悸という麻黄の副作用がでることもあります。 漢方薬だから安全というわけではないんですね。 授乳中に小青竜湯を飲んだ場合も、 母乳を通じて赤ちゃんの方へわずかでも入ったときに、 もしかしたら、赤ちゃんの寝つきが悪くなる可能性も否定はできません。 とはいうものの、 私も授乳中に小青竜湯を服用していましたが、 その日に限って、赤ちゃんの寝つきが悪かったという経験はないです。 だから、めったにないことだとはおもいます。 でも、事前に知っていると安心できますよね。 勤務先の薬局でも、授乳中のママには必ず説明するようにしています。 妊娠中の花粉症対策について書いたこちらの記事。 もちろん、授乳中のママにも使える漢方とハーブなので、あわせてお役だてください! 漢方を含む花粉症の市販薬タウロミンについては、こちらのブログ記事を参考にしてくださいね。 まとめ ということで、授乳中にアレグラなどの西洋薬や漢方の小青竜湯といった花粉症の薬を飲んでも問題ないかについて、お話ししてきました。 アレグラやクラリチン、小青竜湯は、授乳中に飲んでも問題ありません。 授乳中のママはどうしても赤ちゃんのことが最優先。 自分のことは後回しにしたり、我慢しがちですよね。 命には別条はないけれどつらい、 鼻水や目のかゆみといった花粉症の不快な症状。 上手に薬とつきあいながら、花粉症シーズンも赤ちゃんと笑顔で過ごしてくださいね。 製薬企業で5年間、新薬開発に関わる研究員として勤務後、薬剤師に転職。 漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。 漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。 一見、難しそうな漢方やハーブ。 家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。 勤務先の薬局や公民館、幼稚園で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。 2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブの通信講座をスタート。 毎回すぐにお申込みいただき、継続開催中。 「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

次の

1ヶ月弱の乳児を育てている

授乳 ゼーゼー

アレグラ(フェキソフェナジン)などの花粉症の薬は授乳中も飲むことができる 花粉症のときに使われる薬は、 抗アレルギー薬といわれるものがメインです。 じんましんにもよく使われます。 代表的な薬をあげると、アレグラ(フェキソフェナジン)、クラリチン(ロタラジン)などがあります。 これらの薬は、その性質や特性から、母乳にはいる薬の成分量が少なく、 赤ちゃんにおっぱいをあげながら服用しても問題ないとされています。 でも、このお薬の説明書(添付文書)をみると、授乳を避けることと書いてあります。 というのは、 母乳にお薬がどれくらい入ると、赤ちゃん対してどんな影響があるか 十分なデータがないからです。 なので、動物実験などで 母乳にごくわずかでも薬が入ることがわかった時点で、 リスクが全くゼロといえなから、授乳中は使わないでください という製薬メーカー側の意向(リスク回避)が入っています。 このお薬の情報をもとに、 お医者さんによっては、 授乳をやめるように言われたり、 授乳中に出せる薬はないと言われることもあるかもしれません。 ママにとっても、赤ちゃんにとっては おっぱいはとっても大切なもの。 花粉症で病院を受診するときは、 母乳育児に協力的な産婦人科さんや小児科さんを選ぶといいですね。 他にも、目だけ、鼻だけというように、 場所を限定して使う目薬や点鼻液も、 使った部位だけで薬がはたらくので、母乳への影響は少ないと考えられています。 例えば、パタノールといった抗アレルギー薬の目薬、 フルメトロンといった炎症を抑える目薬、 ナゾネックスなどのステロイドの点鼻液ですね。 (他にもいろいろと種類があります。 ) だけど、やっぱり不安だわというママさんには、漢方薬もおすすめです。 私は、西洋薬とひけをとらない効果を感じています! 花粉症に使う漢方薬の小青竜湯を授乳中に飲んでも大丈夫? 花粉症に使われる漢方薬はいろいろあります。 代表的なものをひとつあげると、 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)でしょうか。 私も、急な鼻水やくしゃみ、目のかゆみに、よくお世話になっている漢方薬です。 小青竜湯についてはこちらのブログ記事も参考にしてくださいね。 小青竜湯には、 麻黄(まおう)という生薬が材料に使われています。 この麻黄は、他の生薬と組み合わせることで、 からだをあたためたり、 咳やゼーゼーをおさえたり、 むくみや腫れをとるはたらきがあります。 麻黄の主成分であるエフェドリンは、 咳を抑える成分として、市販の風邪薬にも使われています。 と同時に、 交感神経を刺激して、 私たちの活動のスイッチをONにする役目もします。 人によっては、 血圧上昇や動悸という麻黄の副作用がでることもあります。 漢方薬だから安全というわけではないんですね。 授乳中に小青竜湯を飲んだ場合も、 母乳を通じて赤ちゃんの方へわずかでも入ったときに、 もしかしたら、赤ちゃんの寝つきが悪くなる可能性も否定はできません。 とはいうものの、 私も授乳中に小青竜湯を服用していましたが、 その日に限って、赤ちゃんの寝つきが悪かったという経験はないです。 だから、めったにないことだとはおもいます。 でも、事前に知っていると安心できますよね。 勤務先の薬局でも、授乳中のママには必ず説明するようにしています。 妊娠中の花粉症対策について書いたこちらの記事。 もちろん、授乳中のママにも使える漢方とハーブなので、あわせてお役だてください! 漢方を含む花粉症の市販薬タウロミンについては、こちらのブログ記事を参考にしてくださいね。 まとめ ということで、授乳中にアレグラなどの西洋薬や漢方の小青竜湯といった花粉症の薬を飲んでも問題ないかについて、お話ししてきました。 アレグラやクラリチン、小青竜湯は、授乳中に飲んでも問題ありません。 授乳中のママはどうしても赤ちゃんのことが最優先。 自分のことは後回しにしたり、我慢しがちですよね。 命には別条はないけれどつらい、 鼻水や目のかゆみといった花粉症の不快な症状。 上手に薬とつきあいながら、花粉症シーズンも赤ちゃんと笑顔で過ごしてくださいね。 製薬企業で5年間、新薬開発に関わる研究員として勤務後、薬剤師に転職。 漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。 漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。 一見、難しそうな漢方やハーブ。 家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。 勤務先の薬局や公民館、幼稚園で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。 2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブの通信講座をスタート。 毎回すぐにお申込みいただき、継続開催中。 「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

次の

ゼーレオオハサマ メルロー樽熟成2017 赤 <エーデルワイン>

授乳 ゼーゼー

むせてるんだから、飲むのやめなさいよ… 「赤ちゃんってホント、本能で生きているんだな」と思いました。 そうこうしているうちに、さらに苦しそうな顔でむせる息子。 顔を真っ赤にしてケホケホ …少し落ち着くとすぐに、また飲み始めます。 そんなことが1日に数回起こるようになりました。 「こんなにむせる赤ちゃんって、なんかおかしい?」 「気管が弱いとか?」 「肺に母乳が入って肺炎とかになっちゃわない?」 どんどん心配になってきました。。。 苦しそうだけど気管支炎になる可能性はある? あまりに頻繁に赤ちゃんがむせると、気管支炎などの心配をしてしまいます。 大人なら、むせても そのとき苦しいくらいで大したことはないですよね。 でも、 大人ならそれで済むけど、か弱い赤ちゃんにとっては一大事なんじゃ…? ここからは 『むせることで肺炎や気管支炎になる可能性があるのか』と 『要注意な症状』について詳しく解説します。 肺炎や気管支炎になる可能性はあるの? 結論からいうと、 むせることによって肺炎や気管支炎になる可能性は極めて低いんです。 「乳幼児と高齢者は重症化しやすいので要注意」 インフルエンザやRSウイルス、ノロウイルスなどの説明のときなんかに聞いたことがありますよね。 赤ちゃんや子供や高齢者の方は、抵抗力や体力が弱かったりします。 なので、健康な大人が大した事にならないことでも重症化しやすいんですよね。 それを踏まえて考えると『 むせる』っていう、大人なら何ともないことでも 赤ちゃんなら肺炎や気管支炎になっちゃうかも…? 実際に、 授乳中にむせることが原因で、 赤ちゃんが気管支炎や肺炎になる可能性は ほとんどないんです。 『むせる』ということは、人間の防衛反応の一つ。 気管に入った、もしくは入りそうな母乳やミルクを咳込むことで外に出しているんですね。 気管支炎や肺炎なんて恐ろしいことになる可能性がほとんどないのは分かったけど やっぱりむせている苦しそうなわが子を見ているのはツライよ… 「むせないためにできる対策ってあるのかな?」 「むせちゃったら、私にできることってある?」 新生児がむせるのには、いくつか理由があるんです。 その理由と授乳姿勢などのすぐにできる対策をご紹介します。 赤ちゃんが授乳中にむせる理由 そもそも、なんで母乳やミルクが気管に入りそうになるんでしょうか? 赤ちゃんがむせる理由は、思っていたよりもたくさんありました。 赤ちゃんが飲むのが上手じゃないから 赤ちゃんが母乳やミルクを飲むのが 『まだ上手じゃないからむせている』という可能性があります。 普通に母乳やミルクを飲めているように見える赤ちゃん。 でも、赤ちゃんが初めて母乳やミルクを飲むのは産まれてから。 母乳やミルクが出る勢いが強い 赤ちゃんが一度に飲み込める量に対して 母乳やミルクの出る勢いが強いことも、原因の一つです。 うちの息子もむせておっぱいから口を離すと、母乳がピューっと出ていることが多かったです。 考えてみたら… 大人でも水鉄砲で水を飲もうとしたら、喉に勢いよく水が当たってむせますよね。 …もう子供じゃないんで、やりませんけど 笑 眠い ええ、2・3時間おきの授乳で私も常に眠いです。 いや、ママのことじゃないです、 赤ちゃんが眠いってことです 笑 赤ちゃんが母乳やミルクを飲みながら、寝てしまうことも多々ありますよね。 うちの子の場合はほとんどです。 寝ながら飲んでいると、上手に飲めなくてむせてしまうんですね。 この他にも、飲みすぎたときに胃から母乳やミルクが逆流して、むせることもあるんです。 むせないための対策 ほんの少し気を付けるだけで、授乳中にむせる回数を減らすこともできます。 むせないために、できる対策をいくつかご紹介しますね。 授乳姿勢を変えてみる 新生児だと横抱きやフットボール抱きで授乳している方が多いと思います。 赤ちゃんがむせないようにするためには、 縦抱きや レイドバック法も試してみてください。 レイドバック法は、カンガルーケアのような姿勢での授乳です。 ママがクッションなどに もたれかかって、後ろに上体を倒した姿勢でお腹に赤ちゃんを乗せて授乳します。 最初は戸惑うかもしれないですが、慣れるとけっこうラクに授乳できますよ。 そんなこと言わないで!ちゃんと本気で飲むから! と赤ちゃんが泣いたら、もう一回授乳すれば大丈夫です。 むせたときはどうする? むせないように対策したけど、むせちゃった!というときは…• 赤ちゃんの上体を少し起こしてトントン 赤ちゃんの体が横になっている状態だと、やっぱりむせやすいし気管に入った母乳やミルクも外に出にくいです。 なので、上体を起こして優しく背中をトントンしてあげます。 私は、余裕があるときはゲップをさせるときみたいに赤ちゃんの頭を私の肩に乗せて、背中をトントンしていました。 授乳中にむせる赤ちゃんについてのまとめ• 授乳中にむせることが原因で気管支炎や肺炎になることはない• むせる原因を探りつつ対処法を試してみる• 月齢がすすめばむせることも減る むせる赤ちゃんって結構多いんですよね。 苦しそうで心配になってしまいますが、原因や対処法を知っていれば慌てず、不安にならずに済みます。 これからだんだん成長して、飲むのも上手になっていくと むせることも減ると思います。 我が家の息子も生後3ヶ月ころには、気づいたら ほとんどむせなくなっていました。 もちろん肺炎や気管支炎にもならずに、元気に成長しています。

次の