大人 用 プリーツ マスク の 作り方。 型紙・ミシン不要!大人用の手作りプリーツマスク

プリーツマスク 丈夫できれいな作り方 大人用サイズ(M)

大人 用 プリーツ マスク の 作り方

表地の柄に表裏ある場合、ここでは裏が上! 表地と裏地をそれぞれの中心で(【1】と【2】で裁断した向きのままで)重ねる。 【4】 上下から1cmの部分を縫う。 【5】 内側に手を入れ、マスクの内側を表に返し一度アイロンをかけて整える。 【6】 上から7mm、下から3mmの部分を縫い、上部のすき間(写真)にノーズワイヤーを入れ、中央に合わせる。 【7】 縦にステッチを入れ、ワイヤーを固定する。 【8】 型紙の上下1cm(点線部分)を折る。 【9】 裏地部分に型紙を重ね合わせ、プリーツを入れるところにチャコペンで印をつける。 【10】 上から谷折り、山折りする。 これを3回繰り返す。 アイロンは都度かけて折り目をつける。 【11】 クリップ(もしくはまち針)でおさえる。 【12】 左右から7mmの部分を縫ってプリーツを固定する。 【13】 左右1. 5cmの部分を折り、アイロンをかけ折り目をつける。 【14】 左右をさらに1. 5cm折り込み、アイロンをかけ折り目をつける。 【15】 【14】でアイロンをかけた部分をクリップ(もしくはまち針)でおさえる。 【16】 折り込んだ内側から3mmの部分を縫う。

次の

マスクの作り方【立体・プリーツ・平面】ハンドメイドに挑戦しよう

大人 用 プリーツ マスク の 作り方

無料型紙ダウンロード 実物大の型紙です。 「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。 型紙を印刷しないで、指定されたサイズに直接布をカットしてもOKです。 「大人 ふつう サイズ」「大人 小さめ サイズ」「子供サイズ」の3種類があります。 型紙はすべて長方形で、縦の長さはどれも同じ 19cm です。 幼児用等、 縦の長さが長すぎる場合は縦19cmではなく縦17cmや縦18cmにしてください。 そして工程【8】でプリーツの折る位置を調節してください。 お約束 作成した作品は販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。 なお、型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。 その場合は無料で配布してください。 印刷した型紙を友達に渡しても良いですし、学校・職場・施設・お店などで配布したり、マスクの材料を買ってくれた方におまけとして 無料で 付けていただいても構いません。 ガーゼは水通しをしないで作成すると洗濯したときにかなり縮みます。 洗っても縮まない生地の場合は水通しはしなくても大丈夫です。 マスクを使う人によって顔の大きさ・形・好みがかなり違うため、まずは 試作品を1つ作ってサイズを確認してください。 サイズを確認せずにたくさんのマスクを作ると布がムダになることがあります。 それでは、大人 小さめ サイズの作り方を説明します。 大人 ふつう サイズや子供サイズも同じ作り方です。 ノーズフィッター ワイヤー は省略OKです。 布を切る 【1】作りたいマスクのサイズの型紙で布を1枚切ります。 鼻側とアゴ側を三つ折りにする 【2】鼻側 上側 とアゴ側 下側 を裏側に1cm折ります。 【3】そのままさらに1cm折ります。 すると布が3枚重なった 三つ折りになります。 【4】三つ折りになっている部分の上を赤線のように縫ってとめます。 次は、ノーズフィッターを入れます。 ノーズフィッターなしの場合は、工程【8】へ進んでください。 ノーズフィッターを入れる【ノーズフィッターありの場合】 【5】【 ノーズフィッターありの場合のみ行う】ワイヤー ノーズフィッター を用意します。 長さは、大人 ふつう サイズは11cm、大人 小さめ サイズは9cm、子供サイズは7cmをめやすにしてください。 【6】鼻側の三つ折り部分の端からノーズフィッターを差し込みます。 【7】ノーズフィッターが真ん中になるようにしてください。 写真ではノーズフィッターが見えていませんが、赤線部分にノーズフィッターが入っています。 これで、ノーズフィッターが入りました。 折る位置にしるしを付ける プリーツを作るために折る位置に、しるしを付けます。 【8】しるしを付けるのは、裏側の両端です。 写真の黄色矢印・ピンク矢印位置を参考に鼻側から、 3. (型紙の右端の方にもしるしが書いてありますので、参考にしてください。 5cmを4. 5cmぐらいにしてみてください。 逆に、型紙の 縦の長さを短く マイナス1~2cm した場合は、最初の3. 5cmを2. 5cmぐらいにしてみてください。 プリーツを作る 【9】これから折る位置を確認します。 一番上の黄色は、「たにおり」その下の印のピンクは「やまおり」に折ります。 つまり、「やまおり」と「たにおり」と交互に折っていくことになります。 この、折り方は裏側から見たときの折り方です。 なお、「たにおり」と「やまおり」を逆にして折ってしまってもプリーツは作れます。 プリーツの向きが逆になるだけです。 折り紙などが得意な方は上の画像を見ただけで簡単に折れてしまうかもしれませんが、今回は私がいつもやっている手順を紹介します。 【10】まずは布の表側を見えるようにしておきます。 そして、アゴ側を上に、鼻側を下にします。 【11】鼻側の端を持って、鼻側から2番目のしるし(ピンク)で表側に折ります。 すると、鼻側から一番近いしるし たにおり線・黄色 がまだ折られていない状態で見えてますね。 次の工程ではここを折ります。 【12】鼻側の端を持って先ほど見えていた 「たにおり線(黄色)」で裏側に折ります(手前に倒します)。 するとプリーツが一つ出来上がります。 プリーツ部分の真ん中あたりをマチ針、プリーツの両端をクリップなどでとめておくとプリーツがバラバラになりません。 【13】同じようにして、次のやまおり線で表側に折ります。 すると、次の工程で折る予定のたにおり線が見えます。 【14】たにおり線で裏側に折ります。 するとプリーツがまた一つ出来上がります。 プリーツ部分の真ん中あたりをマチ針、プリーツの両端をクリップなどでとめます。 【15】さらに同じようにして、たにおり線を飛ばしてやまおり線を折り、 【16】先ほど飛ばした たにおり線を折ると合計3つのプリーツが出来上がりました。 プリーツ部分の真ん中あたりをマチ針、プリーツの両端をクリップなどでとめます。 プリーツがバラバラにならないようにする【省略OK】 【17】【省略OK】両端から2. 5cmの位置の赤線部分を縫います。 ここを縫っておくとプリーツがバラバラになりにくくなり、アイロンもかけやすくなります。 【18】【省略OK】アイロンを掛けてプリーツをピシッとさせます。 【19】【省略OK】端から5mmぐらいの位置の赤線を縫います。 ここを縫っておくと、次の工程で両端のプリーツがバラバラにならないので初心者さんにお勧めです。 でも、慣れている方はここを縫わない方が仕上がりがきれいかもしれません。 ちなみに、私が(自分や家族の)マスクを作るときには、工程【17】~【19】はすべて省略してしまっています。 両端を三つ折りにする これから、マスクの両端を三つ折り(1cm折ってさらに1. 5cm折る します。 今回は、工程【19】で両端を5mm縫わなかった場合でもプリーツがバラバラにならない折り方でやってみます。 【20】まずは、プリーツがバラバラにならないようにクリップを付けた状態からスタートです。 【21】プリーツをクリップを付けたまま裏側に1cm折ります。 【22】両端をクリップなどで止めます。 【23】プリーツ部分のクリップをとめなおします。 【24】クリップを付けたままさらに裏側に1. 5cm折ります。 【25】クリップを止めなおします。 これで三つ折り(1cm折ってさらに1. 5cm折る ができました。 【26】反対側も同じように三つ折りにします。 表側に折ると見た目はあまりよくありませんが、肌当たりも良く、密閉度も上がります。 【27】 下の写真の赤線の部分を2本縫います。 先ほど折った部分の上です。 マスクゴムを通すことを考えで端の方を縫ってください。 マスクゴムを入れる ゴムひもを用意します。 大人サイズですと35cmくらいのものを2本、子供サイズですと30cmくらいのものを2本です。 【28】先ほど縫った三つ折り部分に、 ゴムひもを通して端を軽く縛ります。 これから長さを調節するので、まだしっかりと縛らないでください。 【29】このマスクを使う人が実際に付けてみて、結び目の位置を決めます。 決まったらしっかりと結びます。 左右でなるべく同じ長さになるようにしてください。 【30】【省略OK】ゴムひもを引っ張って、結び目を布の近くに移動します。 【31】【省略OK】そして、さらに引っ張ると、結び目が布の中に隠れます。 ゴムひもの入れ方がよくわからない場合は、の工程【66】からとても詳しく解説していますのでそちらをご覧ください。 これで、出来上がりです。 お疲れさまでした。 あとがき 暑い夏に向けて涼しいマスクの作り方を知りたいとのご要望が多く、何とか快適に過ごせるマスクはできないかと考えてみました。 いろいろと試作してみましたが、裏地なしの1枚で作るのがやはり涼しいです。 立体タイプやその他のタイプも作ってみましたが、裏地なしですとペラペラで形が保持できずに顔に貼りつきやすいようです。 プリーツタイプはペラペラでも意外と顔に貼りつきにくいため、裏地なしのプリーツタイプの作り方を公開することにしました。 布も色々な種類を試してみました。 綿 めん 素材のガーゼや さらし などが通気性や吸水性 吸湿性 があって快適でした。 プリーツの折り目も作りやすく縫いやすいです。 ただ、薄すぎて耐久性やフィルター性能に不安もあります。 もう一つのおすすめは、Tシャツのリメイクです。 冷感シャツや吸水・発散に優れているものはそれなりに快適です。 適度な厚みもあってしわになりにくいため見た目もきれいです。 ただ、Tシャツ生地は初心者さんには扱いづらいので、縫いやすい綿 めん の生地で練習してからチャレンジしてみてください。 マスクを付けるときに、プリーツをたくさん広げて目のすぐ下からアゴまですっぽり覆ってしまうと暑くなりやすいです。 暑いときには、小さめのマスクでプリーツをあまり広げず、顔を覆う面積を少なくしてみてください。 裏地なしですとフィルター性能に不安がありますが、状況に合わせてマスクを使い分け、熱中症にならないようにお気をつけてお過ごしください。 おまけ:マスクの洗い方 我が家での布マスクの利用頻度は高いです。 私は夜寝るときの喉の保湿に、子供たちは学校給食準備時のマスクとして使っています。 なので、ほぼ毎日マスクを洗濯しています。 そこで、私のマスク洗濯方法を紹介します。 洗うときは、ネットに入れて洗濯するのがおおすすめですが、私は洗濯機 ドラム式 にその他の洗濯物と一緒にネットに入れずに洗っています。 ネットに入れない方が汚れが落ちやすいので。 もう、何年もネットに入れずに洗っていますがマスクのゴムが伸びてしまった等のトラブルはないです。 (縦型洗濯機では試してみた事はないのでわかりませんが) そして、乾燥機をかけると縮んでしまうので、手でしわを伸ばしながら他の洗濯物と一緒に部屋干ししています。 うっかり乾燥機をかけてマスクが縮んだ場合はもう一度洗って干せば大丈夫です。

次の

【型紙不要】花粉に負けない…!下向きプリーツ(花粉症用)マスクの作り方

大人 用 プリーツ マスク の 作り方

ダブルガーゼ 20cmカットくらい• マスク用ゴム• 縫い針• 布用ハサミ• 待ち針• 縫い糸 ダブルガーゼは、100均のものや、手芸店で売っているハギレでOKです。 マスク用ゴムは、耳に当たっても痛くないよう柔らかいつくりです。 専用ゴムがお店で見つからないときは、多少耳に負担はありますが、白い丸ゴムでも代用できます。 マスクの作り方3タイプ マスクの作り方を、3タイプ動画や画像を使って紹介します。 予防効果を高めたい方は立体マスクを、簡単なのがいい方は平面マスクがおすすめです。 立体マスクのレシピ 無料の型紙をネットでダウンロードしておきましょう。 プリントしたものをハサミでカットして使います。 今回使用した型紙は、自分サイズに調節したものです。 下記URLから、無料で型紙をダウンロードできます。 リンク: 型紙は、表布と裏布共通です。 表布と裏布の生地を変える場合は、それぞれ2枚ずつ用意します。 すべて同じ生地で作成する場合は、型紙1枚で4枚の生地をカットしてください。 表布を柄の生地にして、裏布を白いWガーゼ生地にするのもおすすめ。 真っ白だと味気ない感じがする場合は、表布に柄をもってくるとかわいいです。 型紙をカットしたら、生地にラインを付けていきます。 チャコペンを使ってラインを付けてから、生地をカットしましょう。 型紙は約1cmの縫い代付きで、別途縫い代を付ける必要がありません。 生地を4枚つくり終えたところです。 用意した布は、中表にして2枚を重ねます。 「中表」とは、表になる部分を中にすることです。 表と裏の区別がつきにくい生地であれば、厳密にしなくてOK。 柄の生地だと、裏と表が区別されているものがあります。 縫う場所は、マスク中央になるところです。 縫い代1cmくらいのところを、並み縫いしていきましょう。 表布、裏布どちらもマスク中央部分を並み縫いしてください。 マスク中央部分は、左右に割っていきます。 カーブしているので、そのままだと生地が引きつります。 ハサミで数か所切り込みを入れると、左右に割っても突っ張りません。 生地にハサミを入れるときは、縫い目を切らないようにしてください。 ガッツリ切り込みを入れるのではなく、少量切るイメージで大丈夫です。 縫い代部分を、左右に割っていきます。 割る作業は手間で省いてしまいがちなのですが、省略すると仕上がりがよくなりません。 アイロンを当てるのは大変ですが、頑張って作業していきましょう。 割る作業は、全部を一度にアイロンがけしようとしても、上手くいきません。 少しずつ左右に手で開きながら、アイロンを当てていきます。 表布、裏布ができあがったら、中表にして2枚を合わせます。 待ち針をつけるときは、中心から始めてください。 中心がズレると仕上がりがよくないため、中心から合わせましょう。 真ん中、左右の順番に待ち針をつけていくと、2枚の生地をぴったり合わせられます。 生地は、上下を並み縫いします。 2枚の生地を縫い合わせて、筒状になりました。 左右どちらかの口に手を入れ、生地をひっくり返しましょう。 ひっくり返すと、縫い目が中に隠れて見えなくなります。 ひっくり返すと、縫い目が浮いている状態です。 そのままだと仕上がりがわるいので、アイロンを当てて押さえます。 さらに仕上がりをよくするため、表面から押さえのステッチを入れました。 手縫いの場合は、縫い目が見えないよう、表の縫い目を小さくしています。 押さえのステッチは、並み縫いのことです。 マスクゴム27cmを2本用意しましょう。 専用のゴムが売っていなければ、丸ゴムを購入すると代用できます。 マスク売り切れで、マスクゴムも品数が少なくなっている場合は、白い丸ゴムなど代用できるものを使ってください。 マスクゴムを通す部分を作っていきます。 上下の並み縫いの縫い目が大きいほうが、マスクの裏側です。 マスクの裏側に向かって、端を三つ折りにしていきましょう。 待ち針で数か所留めておきます。 三つ折りした部分は、生地が厚くなります。 手縫いだと並み縫いすることはできないので、まつり縫いで仕上げます。 まつり縫いは、生地を少しずつすくっていく縫い方です。 マスクゴムは、紐通しを使って通していきます。 紐通しがなければ、ヘアピンでも代用が可能です。 ゴムは、紐通しの穴に入れてから、通していきましょう。 マスクゴムを通したら、端を結びます。 結び目が表に出ていると見た目が悪いため、ゴムを通している生地に隠してください。 ゴムを片方から引っ張ると、ゴムの結び目が中に隠れます。 今回は、左右にレースを縫い付けました。 レースは、まつり縫いや並み縫いなどで、縫い付けてください。 立体マスクのできあがりです。 プリーツマスクのレシピ プリーツマスクの場合は、型紙がなくても作れます。 使用する生地は、マスクの完成サイズによって調節してください。 大人用マスクであれば• 生地・・・縦16cm横25cm• マスクゴム・・・30cm 生地の横幅や、マスクゴムの長さで調節してください。 市販のマスクとサイズを比べながら作成すると、希望のサイズに調節しやすいです。 生地は表布・裏布各1枚ずつ用意してください。 表布と裏布を中表に重ねます。 上から1cmまでを縫い代として、並み縫いしていきましょう。 反対側も同様に並み縫いしてください。 中表になっている生地を、ひっくり返しましょう。 縫い目が浮いた感じになるので、アイロンで押さえます。 仕上がりに差が出るため、アイロン当ては省略しないようにしてください。 上から3か所、プリーツを折っていきましょう。 折り目はそれぞれ1cmくらいです。 市販のマスクの大きさを見て、仕上がりを調節してください。 プリーツの部分も浮いてくるので、アイロンで押さえます。 端の部分を並み縫いで抑えると、プリーツがずれてきません。 端を三つ折りにする前に、マスクゴムを通しておきます。 三つ折りにしたら、待ち針で留めておきましょう。 端の部分は、まつり縫いにしていきます。 最初縫う部分を、数回縫っておくと、端からほつれにくいです。 ゴムで引っ張られる部分なので、耐久性を高めておくのがおすすめです。 プリーツマスクのできあがりです。 マスクの上下端が浮いてくるようなら、押さえるため並み縫いでステッチを入れると、おさまりがよくなります。 平面マスクのレシピ 平面マスクも、型紙なしで作れて簡単です。 ハンドメイドマスクの中で、一番作り方が簡単で、初心者におすすめです。 使用するガーゼは、100均のものでも使えます。 手芸店が近くにある場合は、Wガーゼを購入しておきましょう。 お店にWガーゼの生地がない場合は、ドラッグストアにあるガーゼを重ね合わせたものでも代用が可能です。 【完成サイズ】• マスクゴム・・27cm2本 生地は、完成の横サイズを3倍でカットします。 横を20cmにしたい場合は、横60cmに生地をカットです。 横を15cmにしたい場合は、横45cmに生地をカットしてください。 縦の大きさは完成の2倍です。 8cmにしたいときは16cm、10cmにしたいときは20cmで生地をカットしましょう。 布を半分に折ってください。 中心に向かって上下を折るため、折り目を付けるためです。 生地を一度開いてから、中心に向かって上下を折りたたみます。 下を上に折ったら、上側も同様に折りたたんでください。 生地の上下を折ったら、アイロンで抑えておきましょう。 少しの手間で、仕上がりがよくなります。 両端を折りたたみ、3つ折りにしていきます。 3つ折りにしてからもアイロンを当てておきましょう。 そのままだと端がほつれてきてしまいます。 片方の端を、1cmくらい折り返しましょう。 アイロンを当ててから、待ち針で固定しておきます。 折り返した部分を、並み縫いしていきます。 表にレースを付ける場合は、ざっくり縫いでもOKです。 裏側の縫い目が多少雑でも、マスクを付けてしまえばわかりません。 反対側も並み縫いしていきます。 サイズを測っておいて、反対側も同じ幅で並み縫いしておきましょう。 動画の場合は、1. 5cm幅になっています。 マスク表面にレースを付けていきます。 ひっくり返し、レースの幅を測ってカットします。 レースの端は、そのままでもほつれてこないため、マスクと同等の幅で切ります。 縫い目の上にちょうどレースがきて、縫い目が見えません。 レースを待ち針で固定しておきます。 上下をまつり縫いしていきましょう。 マスクゴムは27cmを2本用意します。 紐通しを使って、マスクの両端にある穴に通していきましょう。 ヘアピンを使っても、紐を通すことができます。 ゴムの端は結んで、マスクの中に隠すと仕上がりがキレイです。 結び目を回して、紐通し穴に隠していきます。 真っ白なガーゼマスクだと、何となく味気ないです。 端にレースを付けることで、見た目が可愛くなり、雑な縫い目カバーにもなります。 市販のマスクとほぼ同じ大きさに仕上がったため、付け心地はいいですよ。 まとめ 市販の不織布だと、何となく息苦しい感じがしますよね。 私は不織布だと長時間付けるのが辛いです。 ガーゼを使ったマスクなら、蒸れない・苦しくないマスクができあがります。 ただし、Wガーゼを使った方法だと、不織布より効果は落ちるのかもしれません。 ガーゼの通気性がいいということは、それだけ悪いものも通り抜ける可能性があります。 またWガーゼは縮みやすいため、洗濯する予定なら、水通しをしてくださいね。 1~2時間水に浸して乾かすと、洗濯しても縮まなくなります。 水通しが面倒な方は、予め大きめサイズで作成しましょう。 3タイプのハンドメイドマスクの中で、個人的には平面マスクが一番気に入りました。 生地を3つ折りにするため、マスクの厚みがあります。 厚みがあればそれだけ効果も高まるのではないでしょうか。 作成時間も15分程度で、真っすぐ縫いだけなので簡単です! ぜひマスクを手作りしてみてくださいね。

次の