ろ ぼ 速。 ドコモ負けるな…爆速6G技術のホワイトペーパーをサムスンが公開

【ナビレビュー】ケンウッドの最新“彩速ナビ”「MDV

ろ ぼ 速

乗り込んだ瞬間からジムニーワールドへ 単に本格的なオフロード志向のモデルというだけではなく、いろんな意味でこのスズキジムニー、実はそうとう只者ではない。 搭載されるのは専用チューンの直3DOHCターボで、軽自動車としては自主規制ギリギリの最高出力を発生。 5速とはいえ、マニュアルトランスミッションを組み合わせている。 しかも2ドアモデルで4WD……とくれば、スポーツ軽カーファンとしては「、おお、まるでアルトワークス!」などと思わず勘違いしてしまいそうなスペックの持ち主である。 もちろん、実際はご覧のとおりの背高スクエアボディ。 なので、めくるめくような速さの世界を追求するクルマではないことは一目瞭然。 だが5速MTとの組み合わせは、しっかりスポーツする楽しさを味わわせてくれたのだった。 運転席に乗り込んだ瞬間の印象は、すこぶる満足感の高いものだった。 サイドウインドウからAピラー、フロントウインドウまで、視界に入る世界は気持ちいいくらいスクエアだが、それが視覚的な守られ感と安心感を生んでいる。 インストルメントパネルまわりのデザインは適度に無骨だけれど、キューブ状のメーターナセルや丸いエアの吹き出し口など、デザイン的なウイットが心地良い。 スマートキーなので、エンジン始動はスイッチひと押し。 アイドリング時のノイズはさすがに現代っ子らしく耳障りなものではない。 シフトレバー部分の躾の良さにも驚かされた。 フルフルと軽トラック感を伴うような振動はごくわずか。 かすかに伝わる脈動感がスパルタンな魅力の一片を強調してくれる。 ユニットの取り付け方法を改良した効果は、明らかだ。 背高スクエアボディながら、5速MTとの組合せでスポーティな走りを楽しむことができた。 気の抜けたドライビングでは本来の魅力は味わえないかも 静止状態でのシフトストロークは、前後はそれなりに大きいものの、左右方向は適度にタイト。 シフトフィールは剛性感があり、積極的に操るのが楽しそうだ。 クラッチペダルも軽すぎず重すぎず、スムーズにスタートできた。 オフロード志向ということで、ごく低い回転域から突き上げるようなトルクを予想していたのだけれど、エアコンをオートにしていると2000rpmまではあまり力強さを感じない。 アクセルペダルの踏み込みに対して期待値なりのトルクが生み出されるのは、2500rpmを過ぎたあたりから。 吹け上がりそのものはスムーズで素早いので、リミットの7000rpmまで回してからシフトしてもいい。 けれど、普通に流れに乗るなら4000rpmくらいまで回してシフトチェンジすれば、加減速Gに伴う前後方向の姿勢変化も落ち着いていて、滑らかに走らせることができる。 ちょっとスポーティに行きたいなら、4500rpmから上をキープするのがオススメ。 もう1段トルクが厚めで、アクセルペダルの踏み込みに対してリニアでゆとりある加速感が味わえる。 吹け上がりの良さとあいまってこのシフトチェンジがなかなか忙しい。 だが、限りあるパワートルクを効率よく操る感覚はやはり格別だ。 それはまるでクルマの方が、「せっかくの5速MTなんだから、気合いを入れて運転しなけりゃもったいないでしょ」と語りかけているかのよう。 大げさではなく、「アルトワークス」にも似たスポーツ軽カーの「操る醍醐味」に満ちた世界を垣間見せてくれる。 2WDモードならコーナリングでのハンドリングも、ダイレクト感があってかなり楽しめる。 高速道路などでは路面のうねりにやや落ち着きを欠く挙動を見せることもあったが、基本的には万能と言っていい仕上がりだと思う。 類まれな走破性、機動性の高さをフルに使いこなしたいのなら、マニュアルトランスミッションという選択肢は、きっとアリだ。 (文:神原 久).

次の

1日の歩数が多いほど死亡リスクが低い 速さは無関係:話題の論文 拾い読み!:日経Gooday(グッデイ)

ろ ぼ 速

乗り込んだ瞬間からジムニーワールドへ 単に本格的なオフロード志向のモデルというだけではなく、いろんな意味でこのスズキジムニー、実はそうとう只者ではない。 搭載されるのは専用チューンの直3DOHCターボで、軽自動車としては自主規制ギリギリの最高出力を発生。 5速とはいえ、マニュアルトランスミッションを組み合わせている。 しかも2ドアモデルで4WD……とくれば、スポーツ軽カーファンとしては「、おお、まるでアルトワークス!」などと思わず勘違いしてしまいそうなスペックの持ち主である。 もちろん、実際はご覧のとおりの背高スクエアボディ。 なので、めくるめくような速さの世界を追求するクルマではないことは一目瞭然。 だが5速MTとの組み合わせは、しっかりスポーツする楽しさを味わわせてくれたのだった。 運転席に乗り込んだ瞬間の印象は、すこぶる満足感の高いものだった。 サイドウインドウからAピラー、フロントウインドウまで、視界に入る世界は気持ちいいくらいスクエアだが、それが視覚的な守られ感と安心感を生んでいる。 インストルメントパネルまわりのデザインは適度に無骨だけれど、キューブ状のメーターナセルや丸いエアの吹き出し口など、デザイン的なウイットが心地良い。 スマートキーなので、エンジン始動はスイッチひと押し。 アイドリング時のノイズはさすがに現代っ子らしく耳障りなものではない。 シフトレバー部分の躾の良さにも驚かされた。 フルフルと軽トラック感を伴うような振動はごくわずか。 かすかに伝わる脈動感がスパルタンな魅力の一片を強調してくれる。 ユニットの取り付け方法を改良した効果は、明らかだ。 背高スクエアボディながら、5速MTとの組合せでスポーティな走りを楽しむことができた。 気の抜けたドライビングでは本来の魅力は味わえないかも 静止状態でのシフトストロークは、前後はそれなりに大きいものの、左右方向は適度にタイト。 シフトフィールは剛性感があり、積極的に操るのが楽しそうだ。 クラッチペダルも軽すぎず重すぎず、スムーズにスタートできた。 オフロード志向ということで、ごく低い回転域から突き上げるようなトルクを予想していたのだけれど、エアコンをオートにしていると2000rpmまではあまり力強さを感じない。 アクセルペダルの踏み込みに対して期待値なりのトルクが生み出されるのは、2500rpmを過ぎたあたりから。 吹け上がりそのものはスムーズで素早いので、リミットの7000rpmまで回してからシフトしてもいい。 けれど、普通に流れに乗るなら4000rpmくらいまで回してシフトチェンジすれば、加減速Gに伴う前後方向の姿勢変化も落ち着いていて、滑らかに走らせることができる。 ちょっとスポーティに行きたいなら、4500rpmから上をキープするのがオススメ。 もう1段トルクが厚めで、アクセルペダルの踏み込みに対してリニアでゆとりある加速感が味わえる。 吹け上がりの良さとあいまってこのシフトチェンジがなかなか忙しい。 だが、限りあるパワートルクを効率よく操る感覚はやはり格別だ。 それはまるでクルマの方が、「せっかくの5速MTなんだから、気合いを入れて運転しなけりゃもったいないでしょ」と語りかけているかのよう。 大げさではなく、「アルトワークス」にも似たスポーツ軽カーの「操る醍醐味」に満ちた世界を垣間見せてくれる。 2WDモードならコーナリングでのハンドリングも、ダイレクト感があってかなり楽しめる。 高速道路などでは路面のうねりにやや落ち着きを欠く挙動を見せることもあったが、基本的には万能と言っていい仕上がりだと思う。 類まれな走破性、機動性の高さをフルに使いこなしたいのなら、マニュアルトランスミッションという選択肢は、きっとアリだ。 (文:神原 久).

次の

【試乗】スズキ ジムニー5速MT車はオンロードでのスポーツ走行もOK。シフトワークが楽しい!

ろ ぼ 速

芸能界引退によって迷宮入りするかに見えた木下優樹菜(32才)の引き際の様子が徐々に明らかになりつつある。 「ユッキーナは、不倫相手だった30代男性ミュージシャンAさんに対する強い想いが抑えきれなかったようです」(木下を知る関係者) フジモンこと藤本敏史(49才)と結婚していた頃に不倫関係になったAさんとは、「タピオカ騒動」を経て、離婚が成立してからも関係がバレないように密かに愛を育んできた。 どうやら木下の所属事務所さえ把握していなかったようだ。 「彼女が描いたシナリオはこうです。 タピオカ騒動がひと段落したら芸能界に復帰。 ただし、以前のようにテレビにバンバン出るわけではなく、プロデュースするアパレルブランドの経営や、YouTuberとしてやっていく。 それなりに生計を立てられるようになったらAさんと再婚する。 ユッキーナは芸能界復帰と再婚を一気に実現しようと考えていたようです」(前出・関係者) ところが、復帰宣言の直後に事態は急転。 週刊誌からAさんとの不倫交際について問い合わせがあると、事務所の知るところとなる。 さらにAさんとは結婚するつもりだと明かすと、事務所側は復帰直後でさすがにそれは無理だ、世間が許さないと諭したそうです」(芸能関係者) そこで木下はプッツン! 「じゃあ芸能界やめます。 事務所もやめる。 もう一般人なんで、結婚させてもらいますから」というふうに啖呵を切ったという。 「タピオカ騒動での活動休止でストレスもMAXだったところに、不倫の発覚。 木下が描いた青写真はその後、音を立てて崩れていく。 「Aさんとの関係にも亀裂が入ったそうです。 結婚するには不倫関係が表沙汰にならないことが絶対条件だった。 一部にはカリスマ的な人気を誇るAさんの今後の活動にも支障が出かねません。 周囲の説得もあったのでしょう、Aさんの心は離れていったようです」(別の芸能関係者) 献身的に元妻を支えてきたフジモンはというと、 「お金のことはオレがなんとかする。 子供のことだけを考えてほしい」 と説得するも、無念。 木下の再婚の意思を知って意気消沈していたという。

次の