ドラえもん 歌詞。 星野源 ドラえもん 歌詞

星野源 ドラえもん

ドラえもん 歌詞

2018年3月3日に公開された映画『ドラえもん のび太の宝島』の主題歌になった星野源の『ドラえもん』。 映画の為に書き下ろされた楽曲なのですが、2019年10月から土曜日の17時に放送時間が変更したことに合われ現在では、 テレビアニメのドラえもんの主題歌にもなっていますね。 映画で使われた楽曲がそのままテレビアニメに使われるのは、ドラえもんの40年の歴史では初めてのことです。 長男がドラえもんが大好きで映画もみたのですが、星野源のドラえもんの歌詞は ドラえもん世界観そのものが表現されていて、星野源さんのドラえもんに対する愛を感じますね。 では、 星野源のドラえもんの歌詞の意味を勝手に考察! 星野源のドラえもんの歌詞 少しだけ不思議な 普段のお話 指先と机の間 二次元 落ちこぼれた君も 出来すぎあの子も 同じ雲の下で 暮らした次元 そこの四次元 機会だって 涙を流して 震えながら 勇気を叫ぶだろう だから ここにおいでよ 一緒に冒険しよう 何者でもなくても 世界を救おう いつか 時が流れて 必ず辿り着くから 君に会えるよ どどどどどどどどど ドラえもん 背中越しの過去と 輝く未来を 赤い血の流れる 今で繋ごう 僕ら繋ごう 拗ねた君も 静かなあの子も 彼の歌も 誰かを救うだろう だから ここにおいでよ 一緒に冒険しよう 何者でもなくても 世界を救おう いつか 時が流れて 必ず辿り着くから 君に会えるよ どどどどどどどどど ドラえもん 台風だって 心を痛めて 愛を込めて さよならするだろう 君が遺したもの 探し続けること 浮かぶ空想から また未来が生まれる ここにおいでよ 一緒に冒険しよう 何者でもなくても 世界を救おう いつか 時が流れて 必ず辿り着くから 君に会えるよ どどどどどどどどど ドラえもん 出典: 歌はこちらの動画を見て下さいね。 君が遺したもの 探し続けること 浮かぶ空想から また未来が生まれる ドラえもんのひみつ道具や、ドラえもんという心を持ったロボット。 ドラえもんの放送が開始された40年前は、夢見る空想の世界でしたが、40年経った現代では、AIの技術が発達してきて、感情があるロボットも出てきましたね。 ドラえもんに会えるのも夢ではないかもしれないと、思えるようになりました。 また、ドラえもんには多くのひみつ道具が登場します。 ひみつ道具は未来の技術が詰まった素敵な道具ですね。 『こんな道具があったら便利だろうな』という空想からさまざまなひみつ道具が出来たんだと思います。 スマホは、今では一般的になりましたが、40年前の人にとっては、ひみつ道具に近いものがありますよね。 台風だって 心を痛めて 愛を込めて さよならするだろう メインのキャラクター以外に、ド ラえもんのひみつ道具である『台風のたまご』から誕生した台風のフー子も登場しています。 フー子は、巨大台風から日本を守り、のび太を救うために、巨大台風に絡みついて共に消えてしまうのです。 ちなみに、漫画では、6巻に収録されています。 星野源のドラえもんがテレビアニメの主題歌として使われている 星野源のドラえもんの歌詞は、ドラえもんの世界観が表現されているということもあり、映画だけで終わらず、テレビアニメの主題歌としても使われることになったのだと思いました。 星野源のドラえもんの歌詞を自分なりに解釈してみて感じたのは、 星野源はドラえもんが大好きなんだろうなと、ドラえもんに対する愛を感じました。 そんなドラえもん愛があったからこそ、ドラえもんの世界観を歌詞の中に表現できたんでしょうね。 土曜日の夕方に引っ越ししたドラえもんで、毎週星野源のドラえもんが聴けるので、星野源ファンとして、とても嬉しいです。 まとめ 星野源のドラえもんの歌詞の意味を自分なりの解釈を紹介しました。 ドラえもんのちょっとだけ不思議で夢のある世界と、そこに登場するキャラクター。 星野源の未来に対する思いなどを感じることが出来ました。 歌詞を見れば見るほど、テレビアニメの主題歌にもぴったりの楽曲です。 ドラえもんのCDには、ドラえもんを含むドラえもんの世界観が詰まった4つの曲が収録されています。 合わせて楽しんでみて下さいね。

次の

映画ドラえもん うたの大全集

ドラえもん 歌詞

カテゴリ• タイトル『ドラえもん』の意味 漫画『ドラえもん』の主人公のドラえもん、彼は、のび太くんの未来を救うために、22世紀の未来からやってきました。 ポンコツで、欠点が多い、それでも、のび太くんの未来のために奮闘するドラえもんは、 誰もが欠点を抱えながらも必死に生きている 私たちと共通するところがあるのではないでしょうか? 『ドラえもん』のテーマ ドラえもんは、映画や漫画の中で、色々な人を幸せにしていったり、世界を救ってきました。 けれども、ドラえもん自身は、欠点の多いポンコツロボットとして、漫画の中では描かれています。 それでも、ドラえもんは何度も世界を救ってきました。 誰かを幸せにするには、何が必要かが、この曲のテーマになっていると思います。 星野源『ドラえもん』の歌詞の意味 不思議な存在、ドラえもん 少しだけ不思議な 普段のお話 指先と机の間 二次元 落ちこぼれた君も 出来すぎあの子も 同じ雲の下で 暮らした次元 そこに四次元 皆さんはご存知だと思いますが、ドラえもんは22世紀の猫型ロボットで、のび太くんの家の机の中から、現代にやってきました。 ドラえもんは、周りにうまく溶け込んでいますが、それでも、未来から来たという不思議なところがあります。 現代で普通に暮らしながらも、少しだけ不思議な要素を持っている。 これはドラえもんであるということを端的に表しています。 彼らは、同じ時代に、同じ場所で暮らしていました。 そこに突如として、タイムマシンで、異次元である未来からドラえもんがやってくるわけです。 豊かな心を持ったロボット、ドラえもん 時が流れて 必ず辿り着くから 君をつくるよ どどどどどどどどど ドラえもん けれども、ドラえもんとのび太くんたちは、別の時代、別の次元の存在です。 いつか、同じ時代、同じ次元で会えるように、ドラえもんを作るといった決意が込められています。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は星野源さんの『ドラえもん』の歌詞の考察をさせていただきました。 歌の中では、のび太くんたちが、今までの冒険で学んだこと、 それは、誰でも、それぞれの方法で誰かを幸せにできるということが込められていましたね。 ところどころに散りばめられた、ドラえもんの作品をイメージした詩、ここから、ドラえもんという作品の完成度の高さと星野源さんのドラえもんに対する愛がわかります。 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次の

大山のぶ代 ドラえもん音頭 歌詞

ドラえもん 歌詞

『ドラえもん』の劇場長編映画は、1980年公開の第1作『のび太の恐竜』以来、実に34年間休まずに続いている。 映画といえば主題歌がつきものだが、『ドラえもん』34作の主題歌を改めて振り返ると、大きくふたつの時期に分けることができる。 それが「武田鉄矢期」と「J-POP期」だ。 武田鉄矢期は『のび太の恐竜』から第17作『のび太と銀河超特急』(1996年)まで。 第5作『のび太の魔界大冒険』の主題歌「風のマジカル」以外の16作すべての主題歌に武田鉄矢が何らかの形で関わっている。 武田本人が歌唱していない曲も、詞はすべて武田によるものだ。 劇場版『ドラえもん』ファンにとって武田鉄矢期の主題歌の評価はとても高い。 世の中がいくら武田のことを「暑苦しい」「説教くさい」と敬遠しても、ここだけは別世界のようだ。 原作者、藤子・F・不二雄からの信頼も厚く、武田降板の話が出たときは温厚なF先生が烈火のごとく怒って降板を食い止めたというエピソードもある。 武田による歌詞の特徴は、3つある。 第15作『のび太と夢幻三剣士』主題歌「世界はグー・チョキ・パー」は、大人たちのはめる枠なんて関係ない、子供はもっとのびのびしていいと語りかける名曲だ。 第7作『のび太と鉄人兵団』主題歌「わたしが不思議」はゲストキャラの少女リルルの心情を歌い上げたものだ。 武田の場合、ほとんどの曲が「詞先」(曲より先に詞を書く)で、まず絵コンテを深く読み解き、そこから詞を作り上げていったのだという。 第10作『のび太の日本誕生』主題歌「時の旅人」では1億年前の青空に思いを馳せている。 第17作『のび太と銀河超特急』主題歌「私の中の銀河」は貝殻の渦巻きと銀河の渦巻きを重ね合わせた武田宇宙論だ。 いずれも劇場にやってきた子どもたちの想像力を刺激する歌詞だといえるだろう。 J-POPへ突入。 BUMP OF CHICKEN、Perfumeら、ビッグアーティストが登場 F先生の死をもって武田は『ドラえもん』から「勇退」し、主題歌はJ-POP期に移行。 矢沢永吉、SPEED、ゆず、スキマスイッチ、柴咲コウ、BUMP OF CHICKEN、PerfumeらJ-POPのビッグアーティストが登場することになった。 アーティスト同様、詞の世界も多種多様になり、ひと言で特徴を言い表すことは難しい。 一時期はストーリーとほとんど関連のないラブソングも複数登場したが、Perfumeによる第33作『のび太のひみつ道具博物館』主題歌「未来のミュージアム」のように作品世界に寄り添った曲も登場している。

次の