鬼滅の刃 182話。 【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』182話(21巻)【感想】

鬼滅の刃ネタバレ最新182話確定【無惨VS炭治郎のその後】

鬼滅の刃 182話

逆に冷静になるほどの怒りを得た炭治郎と、鬼舞辻との戦いが本格的にスタートすることになった! 鬼殺隊の奮闘ぶりも凄まじかったし、鬼舞辻の戦闘能力も底が知れない! 鬼滅の刃182話より引用 今回は巻頭カラー。 鬼舞辻&鬼殺隊の戦いが幕を開けた! 上弦の壱・黒死牟も相当にやばい相手だったけど、さすが鬼舞辻の危険度はそれ以上。 伸ばした腕をムチのようにしならせて放つ斬撃は、驚異的なまでのリーチと破壊力を持っていたと思う。 しかも開始序盤で炭治郎が眼球を負傷。 主人公である炭治郎がこんなに早く深手をおってしまうとは…! 鬼滅の刃182話より引用 驚異的なまでのリーチと破壊力! 鬼舞辻が強いことはあらかじめわかっていた。 きっと黒死牟や猗窩座がそうだったんだから、鬼舞辻は当然のように 「頭を潰しても死なない」感じだろう。 圧倒的なまでの攻撃力だけでなく、反則級の自己治癒能力を持つ男、鬼舞辻無惨。 彼を撃破する方法なんて存在するのか…? 【スポンサーリンク】 甘露寺&小芭内の合流! またシナリオ後半では甘露寺&小芭内の合流が行われた。 鬼舞辻的には 「鳴女が殺したはず」という認識だったし、そういうカットも一瞬あったからゾッとしたよね 少し前に時透くんと玄弥の2人が死亡したこともあって、毛穴という毛穴が開く思いがしたよ…。 鬼滅の刃182話より引用 甘露寺&小芭内の合流! 作風にもよるけど、バトルマンガでは 「致命傷になっても死なないんでしょ?w」みたいな雰囲気になるのはよくない。 こう思われるだけで緊迫感・緊張感が一気になくなるし、それは面白さの評価にも直結する。 しかしここ、ワニ先生は実際にキャラに死を与えることで 「この作者はちゃんとキャラを殺す(キャラが大事だからといって強引に生かさない)」という信頼が固まった。 これは読者に対して 「不自然な展開や、媚びるような流れにはしませんよ」という約束でもあると思う。 読者としてはこういう作者はとても貴重で、どこまでも応援したくなってしまうよね! 少し話はそれたけど、ずっと問題だった 「鳴女」に対しては、愈史郎が対応してくれていた様子。 以下、彼女の視界を見事コントロールするに至ったようだ! 鬼滅の刃182話より引用 鳴女の視界を見事コントロールする愈史郎! 戦いを妨害することに非常に長けた鳴女という鬼。 この鬼を完封することが出来れば、少なくとも 「数の優位」は確保できる。 あとは愈史郎がずっと封じ続けられるかどうか?がひとつの焦点になってくるね! あと、鬼舞辻の攻撃は基本的に一撃必殺の技だらけな印象もあるので、致命傷を避けながら連携して戦っていきたいところ。 あぁ、来週の183話も楽しみで仕方がなくなってきたね…!!.

次の

鬼滅の刃ネタバレ最新182話確定【無惨VS炭治郎のその後】

鬼滅の刃 182話

『鬼滅の刃』の アニメ全 26 話と漫画 1 冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。 無料トライアル期間内に解約すれば、 リスク無しですべて無料で楽しむことができます。 さらに、無料登録で得られるポイントを使って 『鬼滅の刃』最新巻の 18 巻を手に入れることもできます。 さらに動画配信サービス・U-NEXTは 「アニメ見放題作品数 No. 1 」を獲得。 』『スラムダンク』『トリコ』など週刊少年ジャンプ漫画のアニメが見放題になっています。 また、U-NEXTは ほかの動画配信サービスではあまり無い、アダルト系の作品が 3 万本見放題になっています。 正直、これだけでも無料登録する価値はあります。 無料体験キャンペーンが終了してしまう前に、今すぐ登録しておきましょう。 >> >> c SHUEISHA Inc. All rights reserved. 時は大正、日本。 炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。 さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。 人と鬼が織りなす哀しき兄弟の物語が、今、始まる--! 出典: 『鬼滅の刃』前回182話のおさらいまとめ 鬼舞辻無惨と炭治郎・義勇の戦いが開始。 無惨は頚を斬っても倒せない。 無惨を倒す方法は、太陽の下へ引きずり出すことだけ。 そのために戦略を練りながら戦う炭治郎と義勇だったが、無惨の圧倒的な力に追い詰められていく。 そして上弦の肆(よん)・鳴女によって柱の甘露寺と伊黒が倒されたことを炭治郎と義勇に伝える無惨。 無惨の攻撃の死角を縫って仕掛けようとした炭治郎は、無惨の攻撃で右目を失う。 この右目は失われたままなるのか。 炭治郎のピンチに助けに入ったのが死んだはずの甘露寺と伊黒。 兪史郎が上弦の肆(よん)・鳴女の視覚を操り、無惨には二人が死んだと見せかけて隙をつくり、右目を失った炭治郎を助けることができた。 珠世を殺した無惨に対する強い怒りを原動力に、兪史郎は「今からお前を地上へ叩き出してやる!! 」と叫び、鳴女を操り無惨に仕掛けていく。 c SHUEISHA Inc. All rights reserved. そして兪史郎は気づかれないよう距離を詰めて、鳴女の視覚を乗っ取る。 その上で脳内に侵入して、無惨の支配を外して頭も乗っ取る。 最後に、無惨には柱や他の鬼狩りが死んだと思わせた裏で味方を集結させ、総力戦で一気に叩く。 これが兪史郎の立てた戦略だった。 甘露寺は兪史郎が操った鳴女の力で部屋を移動させていく。 無惨は目視できないものの、鳴女の近くに兪史郎がいることを察知し、殺してやろうと考える。 無惨はほとんど外れていた鳴女の支配を絡めとり、鳴女のこめかみに侵入していた兪史郎の指を伝って、兪史郎の細胞まで吸収し始めた。 兪史郎と無惨はそれぞれの力を振り絞り、互いにせめぎ合う。 その無惨に仕掛けたのは伊黒と義勇。 『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。 無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。 さらに、無料登録で得られるポイントを使って 『鬼滅の刃』最新巻の 18 巻を手に入れることもできます。 さらに動画配信サービス・U-NEXTは 「アニメ見放題作品数 No. 1 」を獲得。 』『スラムダンク』『トリコ』など週刊少年ジャンプ漫画のアニメが見放題になっています。 また、U-NEXTは ほかの動画配信サービスではあまり無い、アダルト系の作品が 3 万本見放題になっています。 正直、これだけでも無料登録する価値はあります。 無料体験キャンペーンが終了してしまう前に、今すぐ登録しておきましょう。 >> >>.

次の

【鬼滅の刃】最新話「第182話」ネタバレと感想【大災】

鬼滅の刃 182話

そして、自分の采配によって多くの人が虐殺されたと言い、自分の責任だと考えているようです。 これまで、皆が何百年も無惨を倒す今日この日のために、やってきたことが全て、何もかも自分のせいで無駄になった感じています。 お館様の妹である、「くいな」と「かなた」は、お館様の名前を呼ぶものの、反応がありません。 すると、突然「くいな」と「かなた」のどちらかが、お館様をビンタし始めます 笑 「しっかりなさいませ、お館様!早く次の御指示を!」と叫んでおり、この言葉でまだ戦いは終わっていないと、お館様は我に返ることができました。 それと同時に、父上もそして、お祖父様もみんな同じ重圧と、苦しみに耐えてきたことを思い出しました。 すぐに、無惨の位置を捕捉し続けるように命令するとともに、柱を直ちに集結させることにします。 この一箇所に、他の隊員、とにかく全てを一刻も早く集めると。 お館様は、我に返らせてくれて「ありがとう」と感謝し、くいなとかなたは涙を流しています。 甘露寺の決断 無惨が復活したので、柱は至急集結せよという伝令が、カラスを通して伝わります。 これは、上弦の肆である鳴女と戦っていた、甘露寺と伊黒にも伝令が伝わります。 カラスの伝令を受けて、甘露寺はもたもたしている間に無惨が復活してしまったと悔やんでいます。 伊黒も、時透と玄弥が死にながらも、上弦の壱を倒しているというのに、自分は何をやっているのだと自身を責めています。 現在戦っている鳴女の血鬼術は、決して殺傷能力が高いわけではありません。 しかし、延々とイタチごっこをさせられており、頸を狙うことがでないので、時間がかかっているようです。 なんとか、甘露寺たちにしてみると、柱二人がここで足止めを食らっている現状を突破したいですよね。 そして、他の柱達と合流したいと考えていますが、鳴女により道を阻まれています。 甘露寺は、考えていました。 柱は至急集結との伝令がきて、鳴女を放っておいて、集まったほうがいいのか? この決断に対して迷っているようです。 その時でした! 何者かが甘露寺の後襟を掴み引っ張ります。 無惨VS炭治郎 二人は復活した無惨と対峙しています。 すでに、無惨と対峙した炭治郎は、殺された家族のことや、禰豆子、煉獄、玄弥、しのぶ、時透、皆を思い出して、呼吸が荒くなっていきます。 日輪刀を強く握りしめ、いつでも斬りに掛かれるような状態です。 目は充血して、炭治郎は怒りの表情を見せます。 富岡は冷静で、まずは落ち着けと炭治郎に言っているものの、富岡の目も充血していますね。 怒りで目の周りの血管が浮き出るほどの富岡。 そんな中で無惨が発した言葉は、「しつこい」と言い出します。 それは、鬼殺隊は本当にしつこくて、無惨は心底うんざりしたと言います。 鬼殺隊のメンバーが口を開けば、親の仇、子の仇、兄弟の仇とバカの一つ覚えだと。 無惨は、「お前たちは生き残ったのだからそれで充分だろう」というのでした。 例え、身内が殺されようが、自分は幸運だったと思って、普段通りの生活を続ければ済む話だという考えのようです。 この無惨の考えに炭治郎は「お前何言ってるんだ?」と聞きます。 これには、怒りを通り越して、本当に何を言っているのか理解できないというような感じでした。 無惨は表情を変えずに、自分に殺されることは大災にあったのと同じと思えと言いました。 もし自然がどれだけ人を殺したとしても、その天変地異に対して復讐しようとするものはいないというような感覚です。 もう一度死んだ人間が生き返ることはあり得ない。 だから、いつまでもそんなことに拘ってないで、日銭を稼いで静かに暮せば良いのだと。 無惨は、ほとんどの人間がそう生活してるなかで、なぜ鬼殺隊はそうしないのか?と問いかけます。 無惨が考える理由はひとつ。 「鬼殺隊は異常者の集まりだから」 無惨は、異常者の相手は疲れたと言って、いい加減終わりにしたいのだと。 これまでの無惨の言葉に対して炭治郎は、「お前は存在してはいけない生き物」だと言い、すでに瞳孔を開かせ静かに言います。 甘露寺はその一人で、どのような決断を下すのでしょうか。 現れたのは味方?敵? 甘露寺を後ろから引いたのは誰なのでしょうかね? これは敵か味方か全く予想がつかないですが、まさか甘露樹までやられてしまうという展開になるのでしょうか? すでに柱が数名殺されているというような状況下において、甘露寺もそうなってしまうのでは?と予想せずにはいられないですね。 次回もハラハラする展開になりそうです! 炭治郎死す? 炭次郎と無惨の対峙が引き続き続いています。 無惨からすれば死など災害のようなものらしいです・・・ このような衝撃的な言葉を耳にして、すでに炭治郎の怒りはMAX状態です。 これから本格的に鬼殺隊VS無惨の戦いが始まりそうですね! 無惨の考えや、言葉を聞いた炭治郎の中で何かが切れてしまった様に見えました。 そして静かに無惨は無惨に対して、「存在してはいけない生き物」と言いましたよね。 これはよくない予感しかしません・・・ せっかく冨岡が落ち着けと言って、炭治郎を抑えたのに攻撃しそうな感じプンプンです。 炭治郎は怒りの気持ちだけで向かっていく気がしていますね。 個人的な予感では、そのまま無惨に返り討ちにされてしまうことでしょう。 他の柱の到着前に、戦力がまた1つ奪われることになってしまっては、意味がありませんからね。 そんな事態だけは避けて欲しいものです。 とはいえ、輝利哉は個々の戦力差を痛感しており、全隊士の集結を目指しています。 確かにその選択については、正しいと思えますが、とはいえ集結したとして無惨と互角に戦えるような力があるのでしょうか? これまでの展開を見てみても、上弦の鬼達を相手にして、多くの柱が殺されている現状でした・・・ 普通に考えれば、残念ながら互角に戦えるとは思えません。 これが味方ならないいですが、敵だと完全に詰んでしまいます。 そして、無惨と対峙している炭治郎ですが、なんとか襲い掛かるのをこらえていますが、いつ爆発するかは分からないですからね。

次の