履歴 書 送付 方法。 【履歴書の郵送完全ガイド】封筒の書き方から切手や送り状の疑問・簡易書留の有り無し・電話での催促方法まで徹底解説

履歴書を簡易書留で送るのは失礼?履歴書の郵送マナー解説|転職Hacks

履歴 書 送付 方法

コールセンターのお仕事を探している人へオススメページPICK UP! 履歴書を書くのには、けっこう神経を使いますよね。 では、履歴書を入れて送る封筒のあて名書きには、神経を使っていますか? 実は、けっこう見られているのが送付のマナーです。 「大切なのは、中の履歴書でしょ!」と思っていても、採用の担当者は、履歴書を目にする前に、送られてきた封筒をまず見ることになるからです。 第一印象で損をしないように、封筒の書き方と送り方をぜひ知っておきましょう。 封筒の書き方は覚えておくと便利な社会人マナー 封筒の書き方や送付のしかたは、履歴書のためだけに覚えるのではありません。 釈迦人になると、さまざまな書類を取引先に送付する機会が増えます。 手紙や書類の送付方法というビジネスマナーは、一番初歩でありながら社会人になってからもずっと使える、便利なマナー知識です。 この機会に知っておくと、ビジネスシーンでも、親戚づきあいでも役立ちますから、ひととおり覚えてしまいましょう。 履歴書の送付には封筒・切手・送り状・黒ボールペンを用意 まずは、必要なものを準備します。 履歴書の送付に必要なものは、封筒、切手、送り状、ボールペンです。 封筒は、白いものがベストです。 茶封筒がダメという理由はないのですが、白いワイシャツが清廉潔白なイメージを持たせるのと同様に履歴書送付では一般的に白い封筒を使用します。 こういう場面では奇をてらわず正統派で行きましょう。 サイズは履歴書を3つ折りにしてちょうど入るものを使いましょう。 2つに折った履歴書がA4判であれば長形3号、B5判であれば長形4号が標準です。 切手は、履歴書一枚なら82円で済むでしょうが、他に必要書類が多ければ、念のため郵便局に持ち込み、測ってもらいましょう。 うっかり料金不足で先方に届いてしまい、返送になればまだいいものの、先方が負担してくれるといったような事態にはならないよう注意します。 送り状の紙は、パソコンで作成するなら、2つに折った履歴書と同じサイズでけっこうです。 手書きであれば、シンプルな便せんか、一筆箋を用意します。 ボールペンは黒が基本です。 字に自信のある方で、普段から使い慣れているのであれば万年筆を使って書くのもアピールになるかも知れません。 住所よりも担当者名をやや大きく、中央に書く 宛名を書くときに気をつけたいのが、字の大きさとバランスです。 社名と担当者名が封筒の中央に来るように意識して住所を書きます。 社名と担当者名は、住所よりもやや大きく書くと全体のバランスがよくなります。 はじめに、封筒中央に大きく社名と担当者名を書いてしまい、そのうえで右側に住所を書いていくのもいいでしょう。 担当者の所属部署は、名前の右側にやや小さく書き添えます。 大きい会社では特に、所属部署は必須です。 「御中」、「様」の使い分けに注意 担当者名を書いたら、最後に敬称を入れます。 「御中」と「様」はきちんと使い分けましょう。 「様」は、人名の後につける敬称です。 担当者の名前がわかっているときには、宛名に名前を書き入れた後、「様」をつけます。 また、「採用担当者あてに送ってください」と言われた場合には、「採用ご担当者 様」と書きます。 名前と「様」の間は、一文字分ほど空けましょう。 「御中」は会社名や部署名の後につける敬称です。 部署名と「御中」の間は、一文字分ほど空けましょう。 子どもが書いたのかと見間違えられるほど大きな字で書くことは避けたいですが、あまりにも控えめすぎる字や、クセの強すぎる字はそれだけでご自身の印象につながりますので気をつけましょう。 差出人の欄には住所を略さず書く 封筒の裏側に、自分の住所と名前を書きます。 省略することなく、都道府県名から丁寧に書きましょう。 階数もきちんと調べて記入すれば送り間違いを防げます。 宛名には絶対に修正液を使わない 基本的に、封筒の宛名には修正液を使わないのがマナーです。 相手の名前を書き間違えることが、最も失礼であるという考えからきています。 書き損じてしまったら、新しい封筒を用意しましょう。 すでに切手を貼ってしまっていた場合には、切手の部分を水で湿らせてしばらく待てば、簡単にはがせます。 封筒の左下に「履歴書在中」と赤ペンで書き、四角で囲む 封筒の中に何が入っているかを相手に知らせましょう。 左下に赤ペンで「履歴書在中」と書き、四角で囲みます。 こう書かれていることで、配達員の方にも中身がわかりていねいに扱いをしてくれる可能性があります。 市販の履歴書には、あらかじめ朱書きが印刷されている封筒が同封されていることもあります。 送り状はシンプルに書く 履歴書に送り状を添えると、さらにていねいな印象を与えることができます。 送り状の目的は、直接顔の見えない相手にきちんと挨拶をすること、「こういった書類を送付させていただきます」とことわり書きをすることです。 よって、送り状での過剰なPRはやめ、シンプルに徹しましょう。 自己PRをするにしても、2~3行にとどめます。 封をしたら〆を書く 宛名書きを終え、履歴書と送り状を封筒に入れたら糊付けします。 その後、封をした部分の中央に「〆」と書きましょう。 密封を知らせるマークです。 〆切りに余裕をもって投函を 郵便物は、日本国内であれば1~2日で到着してしまいますが、油断は禁物です。 締め切りには余裕を持って投函しましょう。 「当日消印有効」の締め切り日になってしまったら、ポストに投函せず、郵便局の窓口へ直接持ち込むのが確実です。 近くに24時間開いている郵便窓口があるかどうかも事前に確認しておきましょう。 おわりに せっかく履歴書を完璧に書いたのだから、送付だってスマートに行いたいですよね。 マナーを守り、ていねいに送付を行えば、あなたの気持ちは必ず採用担当者に伝わります。 最後まで気を抜かず、確実に採用をゲットしましょう!.

次の

履歴書をメールで送付する場合の注意点とは?マナーをわかりやすく解説(例文付き)|20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

履歴 書 送付 方法

コールセンターのお仕事を探している人へオススメページPICK UP! 履歴書を書くのには、けっこう神経を使いますよね。 では、履歴書を入れて送る封筒のあて名書きには、神経を使っていますか? 実は、けっこう見られているのが送付のマナーです。 「大切なのは、中の履歴書でしょ!」と思っていても、採用の担当者は、履歴書を目にする前に、送られてきた封筒をまず見ることになるからです。 第一印象で損をしないように、封筒の書き方と送り方をぜひ知っておきましょう。 封筒の書き方は覚えておくと便利な社会人マナー 封筒の書き方や送付のしかたは、履歴書のためだけに覚えるのではありません。 釈迦人になると、さまざまな書類を取引先に送付する機会が増えます。 手紙や書類の送付方法というビジネスマナーは、一番初歩でありながら社会人になってからもずっと使える、便利なマナー知識です。 この機会に知っておくと、ビジネスシーンでも、親戚づきあいでも役立ちますから、ひととおり覚えてしまいましょう。 履歴書の送付には封筒・切手・送り状・黒ボールペンを用意 まずは、必要なものを準備します。 履歴書の送付に必要なものは、封筒、切手、送り状、ボールペンです。 封筒は、白いものがベストです。 茶封筒がダメという理由はないのですが、白いワイシャツが清廉潔白なイメージを持たせるのと同様に履歴書送付では一般的に白い封筒を使用します。 こういう場面では奇をてらわず正統派で行きましょう。 サイズは履歴書を3つ折りにしてちょうど入るものを使いましょう。 2つに折った履歴書がA4判であれば長形3号、B5判であれば長形4号が標準です。 切手は、履歴書一枚なら82円で済むでしょうが、他に必要書類が多ければ、念のため郵便局に持ち込み、測ってもらいましょう。 うっかり料金不足で先方に届いてしまい、返送になればまだいいものの、先方が負担してくれるといったような事態にはならないよう注意します。 送り状の紙は、パソコンで作成するなら、2つに折った履歴書と同じサイズでけっこうです。 手書きであれば、シンプルな便せんか、一筆箋を用意します。 ボールペンは黒が基本です。 字に自信のある方で、普段から使い慣れているのであれば万年筆を使って書くのもアピールになるかも知れません。 住所よりも担当者名をやや大きく、中央に書く 宛名を書くときに気をつけたいのが、字の大きさとバランスです。 社名と担当者名が封筒の中央に来るように意識して住所を書きます。 社名と担当者名は、住所よりもやや大きく書くと全体のバランスがよくなります。 はじめに、封筒中央に大きく社名と担当者名を書いてしまい、そのうえで右側に住所を書いていくのもいいでしょう。 担当者の所属部署は、名前の右側にやや小さく書き添えます。 大きい会社では特に、所属部署は必須です。 「御中」、「様」の使い分けに注意 担当者名を書いたら、最後に敬称を入れます。 「御中」と「様」はきちんと使い分けましょう。 「様」は、人名の後につける敬称です。 担当者の名前がわかっているときには、宛名に名前を書き入れた後、「様」をつけます。 また、「採用担当者あてに送ってください」と言われた場合には、「採用ご担当者 様」と書きます。 名前と「様」の間は、一文字分ほど空けましょう。 「御中」は会社名や部署名の後につける敬称です。 部署名と「御中」の間は、一文字分ほど空けましょう。 子どもが書いたのかと見間違えられるほど大きな字で書くことは避けたいですが、あまりにも控えめすぎる字や、クセの強すぎる字はそれだけでご自身の印象につながりますので気をつけましょう。 差出人の欄には住所を略さず書く 封筒の裏側に、自分の住所と名前を書きます。 省略することなく、都道府県名から丁寧に書きましょう。 階数もきちんと調べて記入すれば送り間違いを防げます。 宛名には絶対に修正液を使わない 基本的に、封筒の宛名には修正液を使わないのがマナーです。 相手の名前を書き間違えることが、最も失礼であるという考えからきています。 書き損じてしまったら、新しい封筒を用意しましょう。 すでに切手を貼ってしまっていた場合には、切手の部分を水で湿らせてしばらく待てば、簡単にはがせます。 封筒の左下に「履歴書在中」と赤ペンで書き、四角で囲む 封筒の中に何が入っているかを相手に知らせましょう。 左下に赤ペンで「履歴書在中」と書き、四角で囲みます。 こう書かれていることで、配達員の方にも中身がわかりていねいに扱いをしてくれる可能性があります。 市販の履歴書には、あらかじめ朱書きが印刷されている封筒が同封されていることもあります。 送り状はシンプルに書く 履歴書に送り状を添えると、さらにていねいな印象を与えることができます。 送り状の目的は、直接顔の見えない相手にきちんと挨拶をすること、「こういった書類を送付させていただきます」とことわり書きをすることです。 よって、送り状での過剰なPRはやめ、シンプルに徹しましょう。 自己PRをするにしても、2~3行にとどめます。 封をしたら〆を書く 宛名書きを終え、履歴書と送り状を封筒に入れたら糊付けします。 その後、封をした部分の中央に「〆」と書きましょう。 密封を知らせるマークです。 〆切りに余裕をもって投函を 郵便物は、日本国内であれば1~2日で到着してしまいますが、油断は禁物です。 締め切りには余裕を持って投函しましょう。 「当日消印有効」の締め切り日になってしまったら、ポストに投函せず、郵便局の窓口へ直接持ち込むのが確実です。 近くに24時間開いている郵便窓口があるかどうかも事前に確認しておきましょう。 おわりに せっかく履歴書を完璧に書いたのだから、送付だってスマートに行いたいですよね。 マナーを守り、ていねいに送付を行えば、あなたの気持ちは必ず採用担当者に伝わります。 最後まで気を抜かず、確実に採用をゲットしましょう!.

次の

履歴書を簡易書留で送るのは失礼?履歴書の郵送マナー解説|転職Hacks

履歴 書 送付 方法

履歴書データの作り方 履歴書はパソコンで作成したものを 履歴書は、パソコンを使って作ったものを用意するようにしましょう。 「手書きのものを添付してください」と指示がない限りは、パソコンで作ったものをメール添付すべきです。 ぜひ活用してみてください。 写真の撮り方・貼り方のワンポイント 前提として、顔写真は鮮明なものを選びましょう。 オススメなのが、ショッピングモールなどに入っている写真スタジオを使って、プロに証明写真を撮影してもらうこと。 自然で清潔感のある印象の写真を撮ってもらえるはずです。 価格はスタジオにもよりますが、大体数百円~数千円程度。 最近では、撮影した画像データを入れたCD-Rをくれるスタジオも。 プロが撮影したデータを使って履歴書を作れば、採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。 スマートフォンやデジカメを使って自分で証明写真を撮影することもできますが、どうしても写真が曲がってしまったり、不鮮明なものになってしまったりするものです。 採用担当者によっては「志望度が低いのかな……?」と感じる人もいるそう。 自分の印象を左右する写真だからこそ、多少お金はかかっても写真スタジオに頼むのがいいでしょう。 画像データを取り込んだら、履歴書のフォーマットの所定の位置に貼り付けます。 貼り付け方• 証明写真のデータを選択すれば、貼り付け完了 ファイル名のつけ方や、パスワードに関するマナー ここからは、具体的な「履歴書の送り方」をご紹介します。 メールで履歴書を送付する際は、履歴書ファイルにパスワードを設定すると良いでしょう。 個人情報の管理を徹底する会社が増えている今だからこそ、パスワードつきのファイルを送信することで「情報管理がしっかりできる人」という印象を与えることができます。 ファイル名を見た時に誰の書類なのか分かりやすいように、そして後から探しやすいように分かりやすいファイル名をつけておくのがマナーです。 履歴書をメールに添付する方法• メール作成画面を開いて「ファイルの添付」をクリック• 上で保存した履歴書のファイルを選択すれば、メール添付が完了 2. 履歴書を添付するメールの構成 メールの構成について メールは、以下の様な構成で作成しましょう。 志望動機や自己PRは履歴書内にのみ記入し、メールの本文には記入しないでください。 かえってマイナスの印象になります。 あくまで「応募者から履歴書が送られてきたこと」が伝われば良いと覚えておきましょう。 各項目を作成する際のポイントは、以下の記事で紹介していきます。 件名、本文を書く上でのポイント 件名は短くわかりやすく 件名は「何の用で送っているメールなのか」が分かりやすいようにつけましょう。 採用担当者の中には、 1日に 100通以上のメールのやり取りをする人もいます。 また、分かりづらい件名のメールだとスルーされてしまうこともあります。 また、上で設定した履歴書のパスワードは、別のメールで送信します。 メールで履歴書送付をする際は、「履歴書を添付したメール」「履歴書のパスワードを記載したメール」の 2通に分けて送りましょう。 件名に関しては、以下の例を参考にしてください。 また、ビジネスメールですので(株)(財)といった略語は使わずに、「株式会社」「財団法人」と正式な記載をするようにします。 文末にはビジネスメールの基本でもある「署名」を。 以下のメールテンプレートを参考にして、作成すれば簡単です。 メールにて履歴書等の応募書類を送付させていただきますので、 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 なお、履歴書のファイルには念のためパスワードを設定しております。 後ほどパスワードをお送りいたしますので、 併せてご確認をいただけますでしょうか。 お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認、ご検討をいただき 一度、面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 履歴書に設定したパスワードをお送りいたします。 以下のチェックリストにそって確認すれば、抜け漏れもないはずです。 履歴書フォーマットのDLページ に無料の履歴書フォーマット(Excel版)がありますので、ぜひご活用ください。 また、「履歴書の書き方が分からない」「自己PRの書き方の見本がほしい」という方には、下記のページが参考になるかと思います。 ここまでご紹介してきたポイント・マナーを参考にメールを送れば、基本的には問題はありません。 面接への第一歩である「履歴書の提出」。 印象の良いメールを送って、自信を持って次の選考に進んでください!.

次の