タルク 発がん 性。 タルクの有害成分が原因の発がん性について

タルクが危険な化粧品成分って本当?美肌の効果と安全性を検証!

タルク 発がん 性

米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは19日、タルク(滑石)を原料とするベビーパウダーの販売を、アメリカとカナダでやめると発表した。 ジョンソン・エンド・ジョンソンは、タルクを使った同社製品によってがんになったとする、何千人もの消費者たちから訴訟を起こされている。 訴訟は長年にわたっており、同社は数十億ドルの賠償金の支払いを命じられている。 同社は一貫して、タルク製品の安全性を主張している。 5%に当たる)を 今後数カ月かけて減らしていく。 在庫のある小売店は、その分の販売を続ける。 同社に対しては、同社のタルク製品が発がん性物質の石綿(アスベスト)で汚染されているとして、1万6000人以上が訴訟を起こしている。 同社は問題となっているベビーパウダーについて、北米での需要は減少していると述べた。 「消費者動向の変化が大きいほか、この製品に関する誤った情報にも影響された」としている。 また、製品購入者たちに訴訟を起こすよう呼びかける弁護士たちによって、「絶え間ない集中砲火」に見舞われてきたとしている。 「タルク原料の本製品の安全性には確固とした信頼を置いている。 同社は、米食品医薬品局(FDA)の検査で同社のベビーパウダーに微量のアスベストが検出されたことを受け、独自に検査を実施。 昨年10月、アスベストは見つからなかったとした。 裁判所は2018年、同社のタルク製品によって卵巣がんを発症したと訴えた女性22人に47億ドル(約5070億円)の賠償金を支払うよう同社に命じた。 同社は上訴している。 2020年5月21日:ジョンソン・エンド・ジョンソンの株価 当サイト内に転載されている動画、画像等の著作権は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的は一切御座いません。 何か問題がございましたら、お手数ですが、メールにてご連絡下さい。 確認次第、適切な処置を致します。 当サイト及びリンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損害及びトラブルに関して当方では一切の責任と義務を負いかねますので予めご了承下さい。 また当サイトに掲載されている情報は、教育や娯楽のための一般的な市場情報としてのみ提供されており、投資アドバイスではありません。 そのような情報の使用または引用、利用から発生する直接的または間接的な損失・利益に対して、一切責任を負うことはありません。

次の

酸化チタンは発がん性があるが化粧品で危険なのはコレ!

タルク 発がん 性

随分前から化粧品やベビーパウダーに入っているタルクには、注意が必要だと言われています。 タルクの入っている日用品ですぐに思いつくものと言えば、ファンデーションやベビーパウダーです。 日本ではタルクに関してあまり問題視されていない気がします。 しかし先ごろアメリカのロイター通信で、こんなニュースが報じられました。 訴えの内容ですが、メーカーは消費者に対して数十年にわたり、タルクを使用した製品にはがんを引き起こす恐れがある事について警告することを怠ったとしています。 日本人はお風呂やシャワーの後にベビーパウダーをはたいたり、フレグランスを体に付けるということは習慣的にはあまりありません。 消臭パウダーをはたくと良いという化粧品メーカーの宣伝があったからだそうです。 習慣的なタルク使用は卵巣がんのリスク大 1994年にはすでにアメリカのがん予防連合は、習慣的なタルクの使用は卵巣がんのリスクが高くなると言ってきました。 出典 加工して作成 またがん予防連合はタルクを扱うメーカー各社にも、緊急にタルクの使用の危険性を消費者に知らせるように求めています。 タルクが危険であると表示する嘆願書をアメリカの食品衛生医薬局(FDA)にも提出しています。 しかしながら今までタルクの使用は続いていますし、損害賠償まで発展したことはなかったと思います。 アメリカでは毎日38人もの女性が卵巣がんで亡くなっています。 タルクは乳幼児にも使われます。 非常に怖いことだと思います。 タルクが卵巣がんの大きな危険因子であることはいくつもの研究機関ですでに分かっていると言います。 出典 加工して作成 タルクの使用がなくなれば良いのにと思います。 日本製にも使われているタルク 日本の日用品は大丈夫だろうかと探してみました。 近所のそこそこ大きなスーパーでは、訴訟を起こされた例のメーカーのベビーパウダーは見つかりませんでした。 良かったです。 が、日本のメーカーのものは置いてありました。 「その他の成分」の一番はじめにタルクと書かれています。 化粧品コーナーではファンデーションを見てみました。 こちらは一番はじめにタルクと書かれています。 最初に書かれているということは、一番内容量が多いということです。 入っている量の多い順番に表示するようになっているからです。 ベビーパウダーはどこに使いますか?赤ちゃんが女の子だったら心配ですよね。 ファンデーションだって日中ずっと皮膚に付いたままではないでしょうか。 日本では取りざたされていないタルクですが十分注意が必要だと思います。 タルクの入っていないベビーパウダー、ファンデーションを選ぶ方が賢明かもしれません。 安全なおすすめファンデーション 私のおすすめはこちらのファンデーションです。 使い心地も良く肌馴染みも上々です。 どうせ使うなら、美しさも健康も逃さない安全なものを選びたいですね。

次の

【カラメル色素】に発がん性物質!?安全なのか?危険なのか?

タルク 発がん 性

化粧品はもちろん、食品添加物や医薬品にも活用されているので、 発がん性の噂は事実ではありません。 タルクの粉にアスベストが混入・・・危険性が噂される真相が判明 ではなぜ、安全なはずのタルクに発がん性という物騒な噂がつきまとっているのでしょう。 実は、今から30年以上前、韓国のタルクに アスベストが混入する事件が勃発しました。 アスベストは鉱物繊維の1つで、肺がんや中皮腫を発症する恐れがあることが判明し、現在は原則的に製造も使用も禁止されています。 当時、海外では品質管理が今ほど厳しくなかったため、ありえない事件も起きてしまったわけです。 かなり大騒ぎになりましたが、国産タルクは管理体制が良かったため、アスベストが混入する事件は1件も起きていません。 しかも、この事件をきっかけに、さらに管理体制に目を光らせるようになったため、国際的な基準で照らし合わせてみても、日本のタルクは高品質と言えます。 まさに 風評被害で「タルク=危険」というイメージがついてしまっただけなので、タルク自体の毒性はありません。 生薬として冷えの改善治療に使われることもあるぐらい、安全性に関して不安要素はないので安心して下さい。 タルクパウダー不使用の洗顔料が販売されているのはなぜ? 「タルク=安全」なら、どうしてもタルクパウダー不使用とわざわざ明記する洗顔料があるのでしょうか。 理由は2つあります。 まず、いくら発がん性や危険性は風評被害とは言え、企業側は一旦イメージが悪くなってしまった存在を積極的に取り入れようとは考えにくいものです。 例えば鉱物油も盛んに「鉱物油フリー」とアピールされていますが、鉱物油の代表でもある ワセリンは医療現場でも大活躍しているほど安心な成分です。 ベビーパウダーの原料になっている流動パラフィンも鉱物油の1つです。 必ずしも鉱物油が危険なわけではありませんが、精製技術が低かった昔の鉱物油でトラブルが起きてしまった時代があったため、現在でもイメージを気にして無配合にしているメーカーが少なくありません。 もう1つの理由は、単純に肌に合わない可能性を否定できないからです。 タルクは汚れを吸着する力に優れているので洗顔料の成分として最適ですが、中には 洗浄力が強すぎると感じる方もいるかも知れません。 そういった方を配慮し、タルク不使用の洗顔料も発売していると考えられます。 あの有名な洗顔料もタルクがメイン成分!ベビーパウダーが洗顔料になる? 繰り返しますが、タルクは本当に安全な洗顔料成分です。 昔から大人気のカネボウスイサイも、メイン成分はタルクです。 タルクは汚れを吸着する洗浄力に優れているため、タルクを含むベビーパウダーで洗顔する美容法、パックする美容法を実践する方もいます。 資生堂の研究でも、タルクは高い吸着作用によって肌荒れや抗炎症作用を発揮することが突き止められています。 深刻な皮膚刺激性やアレルギーリスクの問題もクリアしているため、医療レベルでも安全性が認められています。 タルクはオイリースキンにとって頼れる存在ですが、肌がデリケートだと洗浄力が強すぎると感じることもあります。 もし刺激を感じるようならタルクの量が少ない洗顔料やタルクフリーの洗顔料を選んで下さい。

次の