トーラス 構造。 【トーラス構造と古典数学】オイラーの多面体定理との統合?

トーラス構造とフラワーオブライフ:循環のイメージって? シンクロニシティクラブの神聖幾何学3分間講義|パラレルシフト:自分に還る人生のシフト

トーラス 構造

橋でよく使われるトラス構造 トラス橋(トラスきょう)は、部分に構造を使ったである。 トラスは細長い部材を両端で三角形に繋いだ構造でありそれを繰り返して桁を構成する。 トラス橋はの一種に分類される。 橋で使われるトラスの形式には図のようなものがある。 材料としてはや鉄などのが使われるが、ある程度以上の規模の橋はが主流である。 鉄を使ったものの場合多くは箱型断面やH型断面の溶接構造が一般的だが、やが組み合わされた構造の場合もある。 近年製のものも作られるようになった。 トラス橋の設計に伴う構造計算では部材のつなぎ目は一点で繋がり自由に回転できるようになっているとして考える。 理想的なトラスでは荷重や温度変化に伴う部材のたわみや伸縮はこの接続点部分に集約される。 実際の橋梁においては、初期のトラス橋では理論と同じピン接合の構造が見られたが、現在ではガセットプレートによる剛結接合が一般的である。 トラス構造は他の形式の橋梁でも部分的に用いられることがあり、の桁部分に用いたものは トラス吊り橋(例 : )と呼ぶ。 一方でアーチ部分がトラス状になったものは ブレースト・リブ・アーチ橋(例 : )、橋脚がトラス状になったものは (例 : 旧)と呼び、通常トラス橋とは呼ばない。 現在では50mから100m程度の径間で架設されることが多く、多くの場合、アーチ橋と経済性や景観との比較の上、採否が決定される。 同じ長さの場合、 プレートガーダー橋(鈑桁)よりも軽量となるが、架設に手間がかかる。 近鉄京都線澱川橋梁 - 曲弦トラス 2つの橋脚でトラス構造の桁を支えるもの。 トラス橋として最も簡単な形式である。 () - 単純トラス橋では日本最長の164. 4mである。。 - 1890年製の日本で現役最古の鉄製トラス道路橋 連続トラス橋 [ ] ひとつの長い桁をふたつの橋脚間で完結させず、いくつかの橋脚で支えるもの。 全長3750m。 トラス橋として世界最長。 () - 3径間連続トラス橋。 () - 水面からの高さ105mはとして日本一の高さ。 載荷弦の位置による分類 [ ] 載荷弦とは、上弦(水平方向の部材のうち、上側)・下弦(同・下側)のうち、荷重が乗る側のことである。 鉄道橋でいえば、線路が載っている側である。 上路式 [ ] 青雲橋(徳島県)自碇式PC複合トラス橋 不載荷弦(荷重が載らない側の弦材)が曲線を描くもの。 不載荷弦にかかる応力はトラスの中央部でもっとも大きく、端部でもっとも小さいため、その負担に応じて桁高を変化させたものである。 多くは 格点(部材の結合点)を直線で結ぶ、折れ線状である。 長スパンとなった場合には不載荷弦端部の桁高を低くでき、中央部の断面積を平行弦トラスよりも小さくできるので、同じスパンの平行弦トラスよりも軽量化できる(平行弦トラスの不載荷弦中央部は、曲弦トラスの場合よりも高い強度が必要となる)。 第二次世界大戦前の採用例が多い。 曲弦トラスの別称 [ ] 19世紀末から20世紀初頭の日本において多く架設された、が設計した標準桁(当時は標準桁を各地で使用した)を クーパートラス Cooper truss という。 径間100フィートから300フィートまで10種が設計され、うち9種263連が架設された。 特定の形の呼称ではないが、径間200フィートの単線下路曲弦プラットトラス(かつ中央パネルの3格間の上弦部分が直線状となる シュウェドラートラス Schwedler truss )が92連ともっとも多く架設されたためにその代名詞的存在となり、とくにこれをクーパートラスと呼ぶことがある。 上弦が放物線に近い形状の桁を パーカートラス Parker truss という。 日本の国鉄では200フィートの複線用トラス桁で多く採用されていた。 平行弦トラス [ ] 載荷弦、不載荷弦ともに直線かつ平行であるもの。 現代での採用例が多い。 トランケートトラス [ ] クーパー橋の例。 中央の青い Suspended Spanが吊桁で、それを両側から方持ち梁が保持している カンチレバートラス Cantilever truss または ゲルバートラス Gerber truss とは、トラス構造を持つである。 通常のトラス橋は下弦が引張力を、上弦が圧縮力を受け持つが、カンチレバートラス橋の片持ち梁部分は逆で、上弦が引張力を、下弦が圧縮力を受け持つ。 主として大きなスパンが必要な箇所に架けられる。 ()が考案したため、日本ではとも言われる。 キングポストトラス [ ] Kトラス プラットトラス Pratt truss とは、斜材を橋中央部から端部に向けて「逆ハ」の字形状に配置したものである。 垂直材に圧縮力、斜材に引張力が生じる。 この力の作用の仕方は、 ハウトラスと逆である。 斜材が K字形、 Y字形となるものもあり、それぞれ Kトラス、 Yトラスとも称する。 端柱(端部の斜材)の有無は問わないが、端柱がある場合は端柱が、ない場合は端部の斜材だけ「ハ」の字形状になる。 これも「逆ハ」の字形状になるもは トレリストラスといい、構造が異なる。 ピン結合に適した構造で、日本では明治時代によく採用されたが、やがてより部材が節約でき軽量化を果たせるワーレントラスに移行した。 アメリカでは長さ250(76. 2)までの鉄道橋を、木橋から鋼橋に架け替える際によく採用された。 マサチューセッツ州の とその父、ケイレブ・プラット Caleb Pratt により考案され、に特許が取得された。 径間が長いプラットトラスでは、部材が長大化することによる断面増・重量増、また圧縮材が長大化することにより部材が座屈する可能性が増すことから、部材が長大にならないように格点を追加し、そこから補助的に部材を挿入することで格間を短くしたものがある。 それを 分格トラスと総称し、さらにいくつかの種類に分かれる。 () - 中山町側3連 ペンシルベニアトラス [ ] 上路ボウストリングトラスは非常に珍しい存在。 剛結合の例。 トラスはワーレン。 境橋(新潟県) ボウストリングトラス Bowstring truss とは、上弦と下弦がそれぞれ(ボウ)と(ストリング)のような形状となっているもの。 特に下路式の場合には端部が大きな開口部となり端部の強度に難が生じるため、現在ではほとんど採用されない。 日本では、1890年代にドイツの製のプレハブ式のものが70連ほど導入された。 プレハブ式であったのは、組み立てに簡便なことを狙ったもので、そのために ピントラス構造であった(ドイツ国内では剛結合が一般的であった)。 は47連を導入したが、その後、車両の大型化に伴い架け替えの必要が生じた。 架け替えの理由は部材の劣化ではなく、単に設計荷重が少ないためだったので、それでもよい道路橋などに転用された。 下路式の タイド・アーチ Tied arch と同じとする見方もあるが、下路式タイド・アーチは基本的にアーチ部分と路床(補剛桁)が圧縮・引張荷重を負担するのに対して、本形式はトラス部分でも圧縮・引張荷重を受ける。 トラスの組み方には、プラットトラスとワーレントラスがある。 がに特許を取得している。 - 旧。 フィンクトラス [ ] ワーレントラス ワーレントラス Warren truss とは、斜材の向きを交互にしたトラス橋で、トラスが逆「W」形なのが特徴。 プラットトラスと異なり垂直材がないため鋼材が節約でき、安価で軽量となる。 斜材は橋中央部から端部に向けて「ハ」の字にあたる部分が圧縮力を、「逆ハ」の字にあたる部分が引張力を負担する。 中央の「V」字形になる部分では活加重に応じて両者を負担する。 長スパンとなった場合には桁高が高くなり、それに比例して各部材が長く、太くなってしまうため副材として垂直材を設けることがある。 垂直材は、端部から中央部にかけて、引張力と圧縮力を交互に負担する。 日本では、明治初期に小さなものが使用された後、しばらくはプラットトラスが主流となったが、昭和に入って再び使用されはじめた。 とウイロビ・モンザニ Willoughby Theobald Monzani により、特許が取得された。 () - 垂直材のない、平行弦ワーレントラス。 () - 垂直材のある、平行弦ワーレントラス。 - 垂直材のある、曲弦ワーレントラス。 (・旧城東貨物線)• 、3径間連続ワーレントラス• (東海道本線)• () - 曲弦ワーレントラス• 八ツ山跨線線路橋()• () ダブルワーレントラス [ ] ダブルワーレントラス ダブルワーレントラス Double Warren truss とは、斜材をすべて「X字形」に交差したもの。 斜材への負担のかかり方は、通常のワーレントラスと変わらない。 垂直材を追加したタイプもある。 日本では明治時代に架けられた鉄橋のうち、1径間 1スパン が比較的長い箇所では、ワーレントラスを採用すると強度が不足するため、強度を高められたダブルワーレントラスが採用された。 しかし、径間や強度の割に多くの鋼材を要するため、技術が進んだ大正時代以降は採用が減少した。 JR橋梁及び - 明治20年()にとして建設されたものを大正10年~大正12年に改造移設。 国内最古の現役である。 (旧)• 宮川橋梁()• 岩崎運河()• () - 寒河江市側5連 ラティストラス [ ].

次の

🔑1.トーラス構造とエネルギー

トーラス 構造

下図をみてください。 これはトラス構造を利用した橋です。 このように部材同士を三角形につなぎ合わせた構造形式が「トラス構造」です。 (写真元:さんから引用) 今回は、そんなトラス構造の仕組み、メリット、デメリット、計算法、トラス構造の種類について説明します。 また、トラス構造とラーメン構造の違いを説明します。 ラーメン構造の詳細は、下記が参考になります。 トラス構造とは? トラス構造は部材同士を三角形につなぎ合わせた構造形式です。 また、部材同士の節点はピン接合にします。 トラス構造は、なぜ強いのでしょうか?三角形は四角形に比べて「強い」構造です。 試しに、紙で三角形と四角形を作ってみください。 指で押してみると、四角形は簡単に変形します。 一方、三角形は堅いはずです。 この性質を利用したのが、トラス構造です。 また、トラス構造の節点はピン接合です。 部材の両端がピン接合で三角形のため、外力を加えても軸力しか発生しません。 部材は曲げモーメントよりも軸力で伝える方が効率的です。 以上の性質を活かして、トラス構造は大空間構造(体育館やドーム)や、長い橋梁に利用されます。 例えば名古屋ドームの屋根はトラス構造です。 下記の記事が参考になります。 下図に示す京都駅アトリウムは原広司さん+アトリエファイ建築研究所の意匠設計で、構造設計は 木村俊彦さんと金箱構造設計事務所による設計です。 (写真元:さんから引用) トラス構造の特徴を、下記に整理しました。 覚えておきましょう。 ・部材同士で構成される形状が三角形であること• ・部材同士の節点がピン接合であること トラスの種類とトラス橋 「トラス」は、三角形の組み方により沢山の種類に分けられます。 最も一般的なトラス構造が、ワーレントラスです。 下図に示します。 トラスの種類が良く分かる構造物が、トラス橋です。 建築物は、天井や壁に隠されて構造材が見えません。 トラス橋は、構造部材がそのままトラス構造を表現するので一目瞭然です。 下図は、プラットトラス構造です。 トラス構造のメリット トラス構造のメリットを考えます。 トラスは部材の接合部をピン接合にします。 且つ、三角形の形状であるため、部材には軸力しか発生しません。 軸力の意味は、下記が参考になります。 例えば四角形に力を作用させます。 すると、四角形は力を受けて曲がってしまいます。 一方、三角形は力に対して「曲がる」ではなく、「縮む」又は「伸びる」ような変形をします。 「曲がる」という変形が起きる部材には、曲げモーメントが作用しています。 しかし、「縮む、伸びる」変形には軸力しか作用していません。 同じ大きさの部材でも、曲げモーメントが作用する部材と、軸力のみ作用する部材では、後者が圧倒的に有利です。 つまり、軸力のみ作用する部材は効率的な断面が選定できます(部材を小さくできる)。 以上、トラス構造のメリットを下記に示します。 ・部材間には軸力しか作用しない。 ・よって、細い部材で構造物を構成することが可能。 ・大規模空間の屋根構造等にも適した構造形式である。 ・軽快で細い部材で建築物を創ることができ、意匠的にも魅力がある。 トラス構造のデメリット トラス構造はメリットの大きな形式ですが、下記のデメリットもあります。 ・施工が面倒 ・トラス架構としての「せい」が大きい 1つは施工が面倒と言う点です。 トラス構造は、上弦材、下弦材、束材、斜材という部材が必要です。 部材が交錯する点は、どうしても接合部が複雑になりがちです。 2つめは、トラス架構としての梁せいが大きい点です。 下図をみてください。 トラス構造は、各部材に作用する応力は小さいのですが、その分、高さを大きくします。 一般的な構造物では、階高に制約があるためトラス構造は採用できないのです。 トラス構造の計算方法 ではトラス構造に作用する部材力(応力)は、どのように計算するのでしょうか。 計算方法は、下記のように2つあります。 ・節点法• ・断面法 それぞれ下記の記事が参考になります。 是非、勉強に役立ててくださいね。 さて今回は、節点法を使って下図のトラスに作用する部材力を計算します。 少し複雑な形状や、詳細な解き方は上記の記事を参考にしてください。 まず反力を計算します。 外力は下向きにPなので、反力Rは下記です。 R=P/2 斜材の部材力をN1、水平材の部材力をN2とします。 節点法は、節点周りの外力と応力の釣り合いから未知数を解く方法です(外力=応力になる関係)。 また部材力は「引張力として作用している」と仮定します。 別に圧縮力として仮定しても良いのですが、一応そういう慣習です。 つまり引張力が作用する部材は「正の値」、圧縮力が働く部材は「負の値」です。 N1を鉛直、水平成分に分けます。 水平方向に外力は作用していません。 よって、N1との釣り合いを考えます。 以上のように、斜材は圧縮力が、水平材には引張力が「圧縮力の半分だけ」作用します。 部材に曲げモーメントが一切作用しませんね。 トラス構造とラーメン構造の違い トラス構造とは逆の考え方の構造形式が、ラーメン構造です。 下図をみてください。 ラーメン構造は、柱と梁を剛接合することで柱と梁を一体化します。 一体化すれば、地震が来ても柱と梁が一体として抵抗するので強くなります。 普通、四角形は弱い形ですが、上記の工夫(剛接合)をすることで立派な耐震構造となります。 ラーメン構造は空間を広く取れる(斜材が無い)ので、現在、ほとんどの建物に採用されています。 またラーメン構造については下記の記事が参考になります。 以上、ラーメン構造の特徴は下記の通りです。 ・ラーメン構造は節点を剛接合することで柱と梁を一体化する構造• ・斜材が無いので、空間を広くとれる• ・トラスに比べると、変形しやすい。 ・小規模、中規模の建築物に広く採用される構造形式 まとめ 今回は、トラス構造の特徴や利点について説明しました。 トラス構造の仕組みなどが理解頂けたと思います。 仕組みを理解したあとは、是非、トラス構造の計算方法に進みましょう。 下記の記事も併せて参考にしてください。

次の

革新的な「6次元メッシュ/トーラス」ネットワーク技術

トーラス 構造

下図をみてください。 これはトラス構造を利用した橋です。 このように部材同士を三角形につなぎ合わせた構造形式が「トラス構造」です。 (写真元:さんから引用) 今回は、そんなトラス構造の仕組み、メリット、デメリット、計算法、トラス構造の種類について説明します。 また、トラス構造とラーメン構造の違いを説明します。 ラーメン構造の詳細は、下記が参考になります。 トラス構造とは? トラス構造は部材同士を三角形につなぎ合わせた構造形式です。 また、部材同士の節点はピン接合にします。 トラス構造は、なぜ強いのでしょうか?三角形は四角形に比べて「強い」構造です。 試しに、紙で三角形と四角形を作ってみください。 指で押してみると、四角形は簡単に変形します。 一方、三角形は堅いはずです。 この性質を利用したのが、トラス構造です。 また、トラス構造の節点はピン接合です。 部材の両端がピン接合で三角形のため、外力を加えても軸力しか発生しません。 部材は曲げモーメントよりも軸力で伝える方が効率的です。 以上の性質を活かして、トラス構造は大空間構造(体育館やドーム)や、長い橋梁に利用されます。 例えば名古屋ドームの屋根はトラス構造です。 下記の記事が参考になります。 下図に示す京都駅アトリウムは原広司さん+アトリエファイ建築研究所の意匠設計で、構造設計は 木村俊彦さんと金箱構造設計事務所による設計です。 (写真元:さんから引用) トラス構造の特徴を、下記に整理しました。 覚えておきましょう。 ・部材同士で構成される形状が三角形であること• ・部材同士の節点がピン接合であること トラスの種類とトラス橋 「トラス」は、三角形の組み方により沢山の種類に分けられます。 最も一般的なトラス構造が、ワーレントラスです。 下図に示します。 トラスの種類が良く分かる構造物が、トラス橋です。 建築物は、天井や壁に隠されて構造材が見えません。 トラス橋は、構造部材がそのままトラス構造を表現するので一目瞭然です。 下図は、プラットトラス構造です。 トラス構造のメリット トラス構造のメリットを考えます。 トラスは部材の接合部をピン接合にします。 且つ、三角形の形状であるため、部材には軸力しか発生しません。 軸力の意味は、下記が参考になります。 例えば四角形に力を作用させます。 すると、四角形は力を受けて曲がってしまいます。 一方、三角形は力に対して「曲がる」ではなく、「縮む」又は「伸びる」ような変形をします。 「曲がる」という変形が起きる部材には、曲げモーメントが作用しています。 しかし、「縮む、伸びる」変形には軸力しか作用していません。 同じ大きさの部材でも、曲げモーメントが作用する部材と、軸力のみ作用する部材では、後者が圧倒的に有利です。 つまり、軸力のみ作用する部材は効率的な断面が選定できます(部材を小さくできる)。 以上、トラス構造のメリットを下記に示します。 ・部材間には軸力しか作用しない。 ・よって、細い部材で構造物を構成することが可能。 ・大規模空間の屋根構造等にも適した構造形式である。 ・軽快で細い部材で建築物を創ることができ、意匠的にも魅力がある。 トラス構造のデメリット トラス構造はメリットの大きな形式ですが、下記のデメリットもあります。 ・施工が面倒 ・トラス架構としての「せい」が大きい 1つは施工が面倒と言う点です。 トラス構造は、上弦材、下弦材、束材、斜材という部材が必要です。 部材が交錯する点は、どうしても接合部が複雑になりがちです。 2つめは、トラス架構としての梁せいが大きい点です。 下図をみてください。 トラス構造は、各部材に作用する応力は小さいのですが、その分、高さを大きくします。 一般的な構造物では、階高に制約があるためトラス構造は採用できないのです。 トラス構造の計算方法 ではトラス構造に作用する部材力(応力)は、どのように計算するのでしょうか。 計算方法は、下記のように2つあります。 ・節点法• ・断面法 それぞれ下記の記事が参考になります。 是非、勉強に役立ててくださいね。 さて今回は、節点法を使って下図のトラスに作用する部材力を計算します。 少し複雑な形状や、詳細な解き方は上記の記事を参考にしてください。 まず反力を計算します。 外力は下向きにPなので、反力Rは下記です。 R=P/2 斜材の部材力をN1、水平材の部材力をN2とします。 節点法は、節点周りの外力と応力の釣り合いから未知数を解く方法です(外力=応力になる関係)。 また部材力は「引張力として作用している」と仮定します。 別に圧縮力として仮定しても良いのですが、一応そういう慣習です。 つまり引張力が作用する部材は「正の値」、圧縮力が働く部材は「負の値」です。 N1を鉛直、水平成分に分けます。 水平方向に外力は作用していません。 よって、N1との釣り合いを考えます。 以上のように、斜材は圧縮力が、水平材には引張力が「圧縮力の半分だけ」作用します。 部材に曲げモーメントが一切作用しませんね。 トラス構造とラーメン構造の違い トラス構造とは逆の考え方の構造形式が、ラーメン構造です。 下図をみてください。 ラーメン構造は、柱と梁を剛接合することで柱と梁を一体化します。 一体化すれば、地震が来ても柱と梁が一体として抵抗するので強くなります。 普通、四角形は弱い形ですが、上記の工夫(剛接合)をすることで立派な耐震構造となります。 ラーメン構造は空間を広く取れる(斜材が無い)ので、現在、ほとんどの建物に採用されています。 またラーメン構造については下記の記事が参考になります。 以上、ラーメン構造の特徴は下記の通りです。 ・ラーメン構造は節点を剛接合することで柱と梁を一体化する構造• ・斜材が無いので、空間を広くとれる• ・トラスに比べると、変形しやすい。 ・小規模、中規模の建築物に広く採用される構造形式 まとめ 今回は、トラス構造の特徴や利点について説明しました。 トラス構造の仕組みなどが理解頂けたと思います。 仕組みを理解したあとは、是非、トラス構造の計算方法に進みましょう。 下記の記事も併せて参考にしてください。

次の