ブルース バットマン。 バットマン:ブルース・ウェインの帰還

昔 バットマンにブルースリーが出たことがあったような記憶が有るけど 間違...

ブルース バットマン

この項目では、コミックのキャラクターについて説明しています。 その他の名称については「」をご覧ください。 バットマン 出版の情報 出版者 初登場 Detective Comics 27 5月 クリエイター (デベロッパー) ()(コンセプト) 作中の情報 本名 ブルース・ウェイン 所属チーム ウェイン・エンタープライズ バットマン・オブ・オール・ネイション パートナー ジェームズ・ゴードン 著名な別名 Matches Malone(マチス・マローン) Lefty Knox(レフティ・ノックス) Minuteman(ミニットマン) 能力• 天才レベルの知性• 限界まで鍛えた肉体および精神• 優れた• のエキスパート• ハイテク機器や武器を利用 バットマン( Batman)は、の出版する『』に登場する架空の。 と ()によって創造され、1939年に登場した。 「Dark Knight(闇の騎士)」「World's Greatest Detective(世界最高の探偵)」「Caped Crusader(ケープを纏った十字軍騎士)」などの異名を持つ。 やには「Pointy Ears(とんがり耳)」と呼ばれる。 1939年に『』で初登場してからすぐにバットマンは人気となり、1940年にはコミックブック『』が発刊された。 人気は1986年のの『』で最高潮に達する。 によるバットマンの実写映画は、キャラクターに対する国民の関心を維持することに役立っている。 アメリカのアイコンとして、バットマンはライセンスを取得し、世界中でさまざまな商品が販売されている。 テレビアニメやテレビゲームでは、、、がバットマンの声を担当した。 実写作品ではルイス・ウィルソン、ロバート・ロウリー、、、、、、によって演じられている。 創造 [ ] 影響 [ ] 1939年にナショナル・アライド(のちの)が発行した『』が人気となり、編集者は多くのスーパーヒーローを要求した。 ボブ・ケインがバットマンを設計した。 ビル・フィンガーは「ケインがバットマンと呼ばれるキャラクターのアイデアを持っていた」と語った。 フィンガーはブルース・ウェインの名前を考案し、とから取って名付けた。 ケインとフィンガーはバットマンの外見、性格、方法、および兵器の多くについてのインスピレーションを得るために、コミックストリップ、新聞に掲載された漫画など1930年代の大衆文化を参考にした。 バットマンは『(1903年、)』や『(1919年、)』のような二重のを持つ貴族の主人公のように、人前で馬鹿を演じることにより疑いを回避して英雄的行為を行う。 フィンガーはパルプのヒーローからインスピレーションを受け、、シャドウ、ディック・トレイシー、およびのような探偵のキャラクターにした。 権利 [ ] ボブ・ケインは報酬と引き換えにバットマンの所有権を得る契約をした。 ケインはすべてのバットマンのコミックで署名欄を作成し、ケインの名前は各話のタイトルページに必ず書かれていた。 1960年代にコミックブックから姿を消したあとは、各話の作家やアーティストに置き換えられた。 1970年代には他の作家もケインと同じ手法を取った。 しかし、ビル・フィンガーは同じ扱いを受けなかった。 1974年にフィンガーが死亡した時点では、DCはバットマンの共同製作者として報酬を受け取っていなかった。 2015年9月にDCエンターテイメントは、フィンガーがバットマンを創造した報酬を受け取ることを明らかにした。 フィンガーの遺族とDCは交渉し、『』と『』の第2シーズンの報酬を初めてバットマンの作成者として受け取った。 コミックブックには「ビルフィンガーとボブ・ケインによって作成されたバットマン」と表記された。 フィンガーは「バットマンはもともとパルプのスタイルで描いていた」と述べた。 同社の主要なスーパーヒーロー、バットマンとスーパーマンは同社の成功の礎であり 、業界で最も影響力のある出版社となった。 最初のバットマンの要素にいくつかを加え、バットマンの描写はより進化した。 ケインは、バットマンの下顎の輪郭をより顕著に描き、頭部の耳を長くした。 ケインは「約一年後、彼は完全な姿の、私の成熟したバットマンだった」と述べた。 フィンガーによって描かれたそれは、強盗に殺された両親の殺人を目撃した若いブルース・ウェインであることが示唆されている。 数日後、両親の墓石の前で子供が「私の両親の霊に掛けて、すべての犯罪者と戦争し、私の人生の残りをかけて彼らに復讐する」と誓う。 ケインは「フィンガーの提案によって導入された」と述べた。 1942年にはバットマンの背後にいるライターやアーティストがバットマンの神話の基本的な要素のほとんどを確立していた。 第二次世界大戦の次の年には、DCコミックスは「社会的な論評の陽気な少年ファンタジー」に賛成した。 このアプローチの影響で、1940年代の「荒涼と威嚇するような世界観」は消え去り、バットマンは明るくカラフルな「社会のために行動する立派な市民」として描かれるようになった。 人物 [ ] 本名は ブルース・ウェイン Bruce Wayne。 ゴッサム・シティの億万長者、慈善家、プレイボーイ、および「ウェイン・エンタープライズ」のオーナー。 幼いころに眼前で両親のトーマスとマーサを強盗に殺害され、以来のに育てられる。 表舞台では著名な慈善家として福祉や雇用拡大のために活動する一方で、裏では両親の命を奪った犯罪への復讐と恐怖からバットマンとして戦う。 自虐的・自嘲的かつストイックで、やや悲観的な現実主義者。 トラウマの原因は幼少期の事件による。 幼少期に洞窟で大量のコウモリに襲われた彼は、その後両親と観覧した演劇に登場したコウモリを怖がり、両親にせがんで劇場を途中退場した。 その直後に強盗に両親を目の前で射殺され、「自分があと少し恐怖に耐えてさえいれば両親は死ななかった」という悔恨の念を今も抱える。 ほとんどのスーパーヒーローと違って、バットマンはスーパーパワーを持っていない。 彼は知恵と努力、武術、科学技術、莫大な富、脅迫、そして不屈の意志を駆使する。 14歳から複数の大学で犯罪学・化学・法医学の知識を得るも、より実用的な技術を欲し世界各地を巡る。 ヘンリー・ドゥカードからは犯人捕捉法、キリギ率いる忍びたちから、アフリカの部族から狩猟技術、世界有数の暗殺者デビッド・カイン、ボクシング世界チャンピオンのテッド・グラントらから格闘技 、オリバー・クイーンことから 、の僧侶から地域伝来の治癒法、開業医から を教わる。 20歳でに入ろうとするも法律に沿った活動に限界を感じ、ゴッサム・シティに帰還する。 犯罪者に恐怖を与える「恐怖の象徴」が必要であると考え、彼自身の恐怖心の象徴でもあるを元にする バットマンというを作り、活動を始める。 大邸「ウェインマナー」の地下には洞窟があり、そこを秘密基地の バットケイブにしている。 事件が起こるとゴッサムの警察署に設置されたの バットシグナルが照射される。 バットマンは執事のアルフレッド、警察本部長の、相棒のというような様々な人間の支援を受けてゴッサム・シティで活躍している。 バットマンはさまざまな女性と恋愛関係を持つが、そのどれもが任務の一環や一時的なもので終わる。 しかし、とは長年にわたり仕事のパートナーとして、また男女の関係としての付き合いが続く。 "Batman 24"(2017年8月)でバットマンはキャットウーマンにプロポーズをする。 "Batman 32"(2017年12月)でふたたびバットマンが尋ねるとキャットウーマンは「イエス」と答える。 能力と技術 [ ] バットマンは固有の超人的な力を持っていない。 彼は自身の科学的知識、探偵のスキル、および競技的な腕前に依存している。 バットマンは世界で最も偉大な探偵の1人、もしくは世界最大の犯罪解決者とみなされている。 DCユニバースにおける最大の武術家の1人であり、天才レベルの知性を持ち人間の限界まで鍛えたフィジカルコンディショニングを有する者として記載されている。 博学であり、バットマンの知識は数え切れないほどの分野にわたり、DCユニバースの他のキャラクターでは並ぶ者はいないとされる。 バットマンは犯罪との闘いに必要なスキルを取得するため、世界を旅してきた。 バットマンは無尽蔵の富を使い高度な技術を探求でき、そして熟練した科学者としてそれらを修正して使用することができる。 バットマンはDCユニバースのなかで最高の白兵戦を行える者として、127種類以上のさまざまな武道の訓練を受けている。 テレパシーとマインドコントロールを物理的な苦痛で耐えることができる。 変装、多言語、スパイ活動、悪名高いギャングであるマチス・マローンののもとで情報収集する。 エクスポロジーを駆使することで、現れたり消えたり不可避の脱却をすることもできる。 バットマンの尋問は、建物の端で人を切るなど容疑者から情報を聞き出すために極端な方法を使用する。 彼の威圧的で恐ろしい外見は、多くの場合に容疑者から情報を取得する際に必要なものである。 バットマンの最も決定的な特徴にかかわらず、みずからの敵が彼を害する可能性を持つ者でも、自身の強い正義感から命を奪わない。 犯罪と戦うための修行のなかで、バットマンはさまざまなスキルを身に付けた。 これにより多くの機械を操作することができる。 いくつかの出版物では、魔術師の訓練を受ける。 テクノロジー [ ] 「 バットモービル」はこの項目へされています。 バンドについては「」をご覧ください。 バットスーツ バットマンのコスチュームは犯罪者を恐怖させるためにコウモリのイメージを内包している。 数十年間、様々なストーリー、メディア、アーティストの解釈を通してバットマンのコスチュームは変更されても、最も特徴的な要素は一貫性を維持している。 顔のほとんどを覆うカバーカウル、コウモリのような耳のペア、胸に様式化されたバットエンブレム、そして常に存在するユーティリティベルトである。 ケインとフィンガーは、もともと黒いマントとカウルとグレーのスーツを持つものとしてバットマンを創造したが、黒は着色される時の規則で青色で強調される。 したがって、コスチュームの色は濃いブルーとグレーで登場する。 の監督した『』および『』では、真ん中に黄色のバットエンブレムがあり、完全に黒として描かれている。 の監督した「」では、真ん中に黒いバットエンブレムがある完全に黒のハイテクギアとして描かれている。 が演じる「」では、灰色のスーツに黒いカウル、黒いケープ、黒いバットシンボルとコミックブックにより忠実なスーツを着ている。 バットスーツはとの特性を持ち、敵との戦闘を助け、重大な危機から身を守る。 初期のコスチュームでは手袋は無地の物を身に着けていたが、現在 [ ]の手袋は両腕の手甲部分に三枚の刃を備えている。 キャラクターの外観、とくにコウモリの耳とケープの長さはアーティストによって大きく異なる。 編集者のデニス・オニールは「我々には彼を同じにする必要性はありません。 バットマンのバットケイブには200ぐらいのスーツがぶら下がっていることでしょう」と述べた。 バットモービル 『』のバットモービル バットモービルは黒い車として描かれており、車体後部にはコウモリを示唆する特徴がある。 航空機のバットプレーン(のちのバットウイング)を使って呼び出すなど、さまざまな手段で輸送される。 バットマンの兵器には、バットを接頭辞にした名前が付けられている(バットラング、バットモービルなど)。 バットマン自身はバットを接頭辞にした名前を採用した可能性が低いことを示唆している。 『』でバットマンはキャリー・ケリーに、子供がバットマンの車をそう呼んだため、若い頃にバットモービルを思い付いたと語る。 テレビドラマの『 』では、使用された車はが1955年に発表したのをベースに製作されている。 テレビではキャットウーマンに乗られて持ち去られ、映画では変装したペンギンに盗ませジョーカー・リドラー・キャットウーマンの本拠地を探すために利用する。 2018年の映画『』にもこの車種が登場する。 の監督した『』および『』では、機関銃や爆弾を搭載している。 緊急時に側面部の外装を外すことでより変形して機動性を高めることができる。 駐車時は盗難防止のために装甲を展開する機能がある。 『』にもバートン版のバットマンとともに登場する。 の監督した『』および『』では、スケルトンデザインを使い、生物的なボディになっている。 車体後部にはコウモリのウィングデザインが用いられている。 『』では『』のものよりフロントと後部のウイングが長くなり大型になっている。 の監督した『』では、との組み合わせで作られた。 別称「タンブラー()」。 の監督した『』では、やを意識してデザインされ、によるの効率化も特徴となっている。 ユーティリティベルト ユーティリティベルトには犯罪と戦うツール、武器、調査機器などを携帯している。 ベルトの異なるバージョンでは、ポーチやハードシリンダーとしてこれらのアイテムを携帯している。 バットマンは携帯された グラップネル・ガンを発射して空を飛ぶように描かれている。 これはアンカーの付いたワイヤーを射出して、遠くの物体に取り付け、ワイヤーを巻き取る事での屋上をスイングする。 はバットマンの両親の殺人事件で使用されたため、使うことを拒んでいる。 1960年代のテレビドラマではバットマンがめったに使わない武器が描かれている。 例を挙げれば、バットコンピューター、バットスキャナー、バットレーダー 、バットカフス、バットポンツーン、バットドリンキングウォーターディスペンサー、バットカメラとバット偏光フィルター、 バットサメ除けバットスプレー、バットロープなど。 バットシグナル バットマンが必要になると、ゴッサムの警察署に設置されたサーチライトが照射され、夜空に輝くバットシンボルが作られる。 バットケイブ 地下洞窟に作られたバットマンの秘密基地。 これはローカルとグローバルの両方の監視のために彼のコマンドセンターとして機能するだけでなく、犯罪との戦いのためにバットマンの車や機器を収容する。 また、バットマンの記念品のための倉庫として使われる。 『 Batman: Shadow of the Bat issue 45 』や『』、『』では洞窟は地下鉄道の一部だったと言われている。 ほかにもの地下やにもバットケイブを作っている。 出典 [ ]• Batman 242 June 1972• Detective Comics 846 Sept. 2008• 1 July 2000• Hollywood Reporter. 2015年9月21日閲覧。 2015年10月21日閲覧。 Fleisher, Michael L. The Encyclopedia of Comic Book Heroes Volume 1 Batman Collier Books 1976 p. London. 2008年7月22日. の2008年7月29日時点におけるアーカイブ。 IGN Entertainment. 2014年2月20日時点のよりアーカイブ。 2011年5月27日閲覧。 Batman: The Complete History. Chronicle Books, 1999. , p. Daniels, Les. DC Comics: A Celebration of the World's Favorite Comic Book Heroes. Wright, Bradford W. Comic Book Nation. Baltimore: Johns Hopkins, 2001. , p. w , p , i. "The Batman and How He Came to Be" Detective Comics 33 1—2 1939年11月 ,• Nov. 1939 , 2010年1月18日 -• John Jefferson Darowski, " 2008年4月21日 - " December 2007. Retrieved March 20, 2008. on March 20, 2008. , p. 36 [ ]• Boichel, p. , p. Robin Vol. 4 31、Detective Comics 734• Robin Vol 4 70• Batman: The Ultimate Guide to the Dark Knight, 2nd edition, 2005, DK Publishing• Mike Conray, 500 Great Comicbook Action Heroes. Mike Conray, 500 Great Comicbook Action Heroes. Greenberger, Robert 2008. The Essential Batman Encyclopedia. Del Rey Books. Greenberger, Robert 2008. The Essential Batman Encyclopedia. Del Rey Books. w , p. "War of the Worlds" JLA 3 1997年3月 ,• w , and Jack Herbert p. "Superman: Doomed" Superman 31 2014年7月 ,• Daniels 1999 , p. Daniels 1999 , pp. 159—60. 2015年11月18日. Superman vol. 4 5.

次の

『ダークナイト』は何番目?映画『バットマン』シリーズの順番!旧四部作・新三部作のあらすじと悪役

ブルース バットマン

株式会社Ampus TEL:03-5305-4095 バットマン: ブルース・ウェイン 検索結果:77件 表示:1~50件 1 メディコム・トイがおくる史上最強のアクションフィギュアシリーズ「マフェックス(MAFEX)」。 ワイヤー入り布製マント、差し替え頭部付属などで、ジム・リーが描くスタイリッシュなバットマンを再現した傑作仕様はそのままです。 ワイヤーランチャー、バットラングの他に、今回はなんと「ガーゴイル像」をフィーチャーした可動式フィギュアスタンドも付属!あのイラストが可動フィギュアで再現が可能となりました。 『ハッシュ』版の特徴でもあるネイビー&グレーのコスチュームに加え、ワイヤー入り布製マント、差し替え頭部付属などで、ジム・リーが描くスタイリッシュなバットマンを見事再現しています。 特にブルース・ウェイン頭部の付属にはファン歓喜!ワイヤーランチャー、バットラング、可動式フィギュアスタンドなども付属し、様々なポージングを可能としています。 約22ヶ所の可動箇所と付属のアクセサリーパーツでゴッサムシティの守護神を遊びつくそう! 90年代、アクションフィギュア界にハイクオリティという新たな風を巻き起こしたマクファーレントイズとDCキャラクターたちが手を組み始動した新シリーズ「DCマルチバース」。 今後の展開にも注目です。 ブルース・ウェインは何ヶ月にもわたって普通の市民として過ごし、その間、他のヒーローが代役を務めてきた。 しかしついにブルースはゴッサムの正統なる守護者として復帰した。 街は喜びをもって救済者を迎え、バットマンと人々は彼の生みだした精神について考える。 休みの間にいろいろあった彼女は、学校でのポジションもビミョーなものになっていた。 そんな折に新入生マップスの面倒を見ることになるが、彼女はこれまた最近ビミョーな距離にあるボーイフレンド、カイルの妹で……。 『バットマン・ザ・フューチャー』では年老いた姿で登場するブルース・ウェインを、全高約15センチでバスト化。 ゴッサムシティで連続殺人事件が発生。 なんと被害者は別世界のブルース・ウェイン達だった。 犯人は別の世界から来た、ジョーカーを殺し、その心臓からあふれた毒に侵された「笑うバットマン」であった。 そう、バットマンの能力を全て持ちながら、毒により彼の持つ倫理観や信念を失った、最凶のダークナイトだ。 ジョーカーは彼に対抗するには、「お前がヤツになるしかない」と、バットマンの前で自身の心臓を打ち抜き、毒に感染させてしまう。 精神を蝕む毒に抵抗しながら、バットマンは「笑うバットマン」を倒すことはできるのか。 それがバットマンビヨンドこと『バットマン ザ・フューチャー』。 このDVDはそのTVシリーズから人気エピソード5話を収録したベスト盤。 ついに飛行能力を手にした新たなるバットマンの活躍をぜひお楽しみください。 クリスチャン・ベール演じるブルース・ウェインは何故バットマンという茨の道を選んだのか…。 両親の思いが残るゴッサム・シティをバットマンは守る事が出来るのか…。 DCユニバース第5弾は「バットマン」ブルース・ウェインです。 DCコミックス作品でも活躍のRicken氏のイラストをコンセプトアートとし、たくましく引き締まった身体を武藤直哉氏の造型にて再現。 堂々とたたずむその姿は、ロビンらを率いてゴッサムシティを守る「闇の騎士(ダークナイト)」としての彼の強い意志を感じます。 頭部の差し替えパーツにより、おなじみの「バットマン」姿に!さらに初回生産分として頭部パーツが付属(計3個)。 ノーマルのシリアス顔とは異なる、すこし微笑んだ表情のブルースが再現可能です。 もう元には戻れない! 地球の歴史に隠然と存在する、強力で希少な金属。 驚異的な能力を秘め、命すらもたらすその金属は化学の周期表には収まらない。 なぜなら、この世界の物質ではないから。 我々の世界と「ダーク・マルチバース」と呼ばれる悪夢の世界を結びつけるために、その金属が使われようとしていた。 好きだバットマン!もちブルース・ウェインも好き!でもブルースがプリントされたTシャツってないよなぁとお困りのアナタの心にバットシグナル!シルエットなので自分だけのブルースを想像しよう。 バイオワールドによる企業コラボ(?)、各社のネックストラップ&IDホルダーに続き、今度はラゲッジタグをリリースします!旅行などでスーツケースなどの荷物に目印として付ける「荷物札(ラゲッジタグ)」。 そのラゲッジタグを「ウェインインダストリー」デザインで再現しました。 使い込んで味が出るレザー調の素材、型押しで入れられたようなロゴ、そしてなによりタグを通す穴が「バットラング」型に…気分はブルース様!でも今後は猫のような女性による窃盗にご注意です。 ご注文締切日10月24日(水) アメコミクラブの商品は、お客様のご都合によるキャンセルはできませんのでご注意下さい。 クラシカルな雰囲気だった「アセンディング」に続いてのコミック版バットマン、今回は現在のデザインにグッと近づいたシルエット!30箇所以上の可動域を内蔵した全高約17センチの素体モデルを採用し、ストレッチ性のあるコスチュームによりストレスなくポージングが可能で、アクションフィギュアの醍醐味である「動かして遊ぶ」が楽しめます。 マスクにダメージを負い、その破れたところから見える素顔が痛々しいものを含む全3種のヘッド、初の付属となるバットドローンなど、プレイバリューの高いアクセサリーたちも見逃せません。 こちらはより「Detective Comics」登場初期のカラーリングに近い、ディープブルーカラーに変更となったプレビュー限定バージョン。 ブルース・ウェイン頭部も追加付属されました。 今回のTシャツ「BATMAN AND BRUCE」のデザインはシルエットになっていますので、思い思いのブルースを想像してください。 中央のコウモリとゴッサムにより二人の関係が保たれているデザインもたまりませんね。 今回のTシャツ「BATMAN AND BRUCE」のデザインはシルエットになっていますので、思い思いのブルースを想像してください。 中央のコウモリとゴッサムにより二人の関係が保たれているデザインもたまりませんね。 今回のTシャツ「BATMAN AND BRUCE」のデザインはシルエットになっていますので、思い思いのブルースを想像してください。 中央のコウモリとゴッサムにより二人の関係が保たれているデザインもたまりませんね。 今回のTシャツ「BATMAN AND BRUCE」のデザインはシルエットになっていますので、思い思いのブルースを想像してください。 中央のコウモリとゴッサムにより二人の関係が保たれているデザインもたまりませんね。 今回のTシャツ「BATMAN AND BRUCE」のデザインはシルエットになっていますので、思い思いのブルースを想像してください。 中央のコウモリとゴッサムにより二人の関係が保たれているデザインもたまりませんね。

次の

バットマンの両親を殺したのは誰ですか?

ブルース バットマン

この項目では、コミックのキャラクターについて説明しています。 その他の名称については「」をご覧ください。 バットマン 出版の情報 出版者 初登場 Detective Comics 27 5月 クリエイター (デベロッパー) ()(コンセプト) 作中の情報 本名 ブルース・ウェイン 所属チーム ウェイン・エンタープライズ バットマン・オブ・オール・ネイション パートナー ジェームズ・ゴードン 著名な別名 Matches Malone(マチス・マローン) Lefty Knox(レフティ・ノックス) Minuteman(ミニットマン) 能力• 天才レベルの知性• 限界まで鍛えた肉体および精神• 優れた• のエキスパート• ハイテク機器や武器を利用 バットマン( Batman)は、の出版する『』に登場する架空の。 と ()によって創造され、1939年に登場した。 「Dark Knight(闇の騎士)」「World's Greatest Detective(世界最高の探偵)」「Caped Crusader(ケープを纏った十字軍騎士)」などの異名を持つ。 やには「Pointy Ears(とんがり耳)」と呼ばれる。 1939年に『』で初登場してからすぐにバットマンは人気となり、1940年にはコミックブック『』が発刊された。 人気は1986年のの『』で最高潮に達する。 によるバットマンの実写映画は、キャラクターに対する国民の関心を維持することに役立っている。 アメリカのアイコンとして、バットマンはライセンスを取得し、世界中でさまざまな商品が販売されている。 テレビアニメやテレビゲームでは、、、がバットマンの声を担当した。 実写作品ではルイス・ウィルソン、ロバート・ロウリー、、、、、、によって演じられている。 創造 [ ] 影響 [ ] 1939年にナショナル・アライド(のちの)が発行した『』が人気となり、編集者は多くのスーパーヒーローを要求した。 ボブ・ケインがバットマンを設計した。 ビル・フィンガーは「ケインがバットマンと呼ばれるキャラクターのアイデアを持っていた」と語った。 フィンガーはブルース・ウェインの名前を考案し、とから取って名付けた。 ケインとフィンガーはバットマンの外見、性格、方法、および兵器の多くについてのインスピレーションを得るために、コミックストリップ、新聞に掲載された漫画など1930年代の大衆文化を参考にした。 バットマンは『(1903年、)』や『(1919年、)』のような二重のを持つ貴族の主人公のように、人前で馬鹿を演じることにより疑いを回避して英雄的行為を行う。 フィンガーはパルプのヒーローからインスピレーションを受け、、シャドウ、ディック・トレイシー、およびのような探偵のキャラクターにした。 権利 [ ] ボブ・ケインは報酬と引き換えにバットマンの所有権を得る契約をした。 ケインはすべてのバットマンのコミックで署名欄を作成し、ケインの名前は各話のタイトルページに必ず書かれていた。 1960年代にコミックブックから姿を消したあとは、各話の作家やアーティストに置き換えられた。 1970年代には他の作家もケインと同じ手法を取った。 しかし、ビル・フィンガーは同じ扱いを受けなかった。 1974年にフィンガーが死亡した時点では、DCはバットマンの共同製作者として報酬を受け取っていなかった。 2015年9月にDCエンターテイメントは、フィンガーがバットマンを創造した報酬を受け取ることを明らかにした。 フィンガーの遺族とDCは交渉し、『』と『』の第2シーズンの報酬を初めてバットマンの作成者として受け取った。 コミックブックには「ビルフィンガーとボブ・ケインによって作成されたバットマン」と表記された。 フィンガーは「バットマンはもともとパルプのスタイルで描いていた」と述べた。 同社の主要なスーパーヒーロー、バットマンとスーパーマンは同社の成功の礎であり 、業界で最も影響力のある出版社となった。 最初のバットマンの要素にいくつかを加え、バットマンの描写はより進化した。 ケインは、バットマンの下顎の輪郭をより顕著に描き、頭部の耳を長くした。 ケインは「約一年後、彼は完全な姿の、私の成熟したバットマンだった」と述べた。 フィンガーによって描かれたそれは、強盗に殺された両親の殺人を目撃した若いブルース・ウェインであることが示唆されている。 数日後、両親の墓石の前で子供が「私の両親の霊に掛けて、すべての犯罪者と戦争し、私の人生の残りをかけて彼らに復讐する」と誓う。 ケインは「フィンガーの提案によって導入された」と述べた。 1942年にはバットマンの背後にいるライターやアーティストがバットマンの神話の基本的な要素のほとんどを確立していた。 第二次世界大戦の次の年には、DCコミックスは「社会的な論評の陽気な少年ファンタジー」に賛成した。 このアプローチの影響で、1940年代の「荒涼と威嚇するような世界観」は消え去り、バットマンは明るくカラフルな「社会のために行動する立派な市民」として描かれるようになった。 人物 [ ] 本名は ブルース・ウェイン Bruce Wayne。 ゴッサム・シティの億万長者、慈善家、プレイボーイ、および「ウェイン・エンタープライズ」のオーナー。 幼いころに眼前で両親のトーマスとマーサを強盗に殺害され、以来のに育てられる。 表舞台では著名な慈善家として福祉や雇用拡大のために活動する一方で、裏では両親の命を奪った犯罪への復讐と恐怖からバットマンとして戦う。 自虐的・自嘲的かつストイックで、やや悲観的な現実主義者。 トラウマの原因は幼少期の事件による。 幼少期に洞窟で大量のコウモリに襲われた彼は、その後両親と観覧した演劇に登場したコウモリを怖がり、両親にせがんで劇場を途中退場した。 その直後に強盗に両親を目の前で射殺され、「自分があと少し恐怖に耐えてさえいれば両親は死ななかった」という悔恨の念を今も抱える。 ほとんどのスーパーヒーローと違って、バットマンはスーパーパワーを持っていない。 彼は知恵と努力、武術、科学技術、莫大な富、脅迫、そして不屈の意志を駆使する。 14歳から複数の大学で犯罪学・化学・法医学の知識を得るも、より実用的な技術を欲し世界各地を巡る。 ヘンリー・ドゥカードからは犯人捕捉法、キリギ率いる忍びたちから、アフリカの部族から狩猟技術、世界有数の暗殺者デビッド・カイン、ボクシング世界チャンピオンのテッド・グラントらから格闘技 、オリバー・クイーンことから 、の僧侶から地域伝来の治癒法、開業医から を教わる。 20歳でに入ろうとするも法律に沿った活動に限界を感じ、ゴッサム・シティに帰還する。 犯罪者に恐怖を与える「恐怖の象徴」が必要であると考え、彼自身の恐怖心の象徴でもあるを元にする バットマンというを作り、活動を始める。 大邸「ウェインマナー」の地下には洞窟があり、そこを秘密基地の バットケイブにしている。 事件が起こるとゴッサムの警察署に設置されたの バットシグナルが照射される。 バットマンは執事のアルフレッド、警察本部長の、相棒のというような様々な人間の支援を受けてゴッサム・シティで活躍している。 バットマンはさまざまな女性と恋愛関係を持つが、そのどれもが任務の一環や一時的なもので終わる。 しかし、とは長年にわたり仕事のパートナーとして、また男女の関係としての付き合いが続く。 "Batman 24"(2017年8月)でバットマンはキャットウーマンにプロポーズをする。 "Batman 32"(2017年12月)でふたたびバットマンが尋ねるとキャットウーマンは「イエス」と答える。 能力と技術 [ ] バットマンは固有の超人的な力を持っていない。 彼は自身の科学的知識、探偵のスキル、および競技的な腕前に依存している。 バットマンは世界で最も偉大な探偵の1人、もしくは世界最大の犯罪解決者とみなされている。 DCユニバースにおける最大の武術家の1人であり、天才レベルの知性を持ち人間の限界まで鍛えたフィジカルコンディショニングを有する者として記載されている。 博学であり、バットマンの知識は数え切れないほどの分野にわたり、DCユニバースの他のキャラクターでは並ぶ者はいないとされる。 バットマンは犯罪との闘いに必要なスキルを取得するため、世界を旅してきた。 バットマンは無尽蔵の富を使い高度な技術を探求でき、そして熟練した科学者としてそれらを修正して使用することができる。 バットマンはDCユニバースのなかで最高の白兵戦を行える者として、127種類以上のさまざまな武道の訓練を受けている。 テレパシーとマインドコントロールを物理的な苦痛で耐えることができる。 変装、多言語、スパイ活動、悪名高いギャングであるマチス・マローンののもとで情報収集する。 エクスポロジーを駆使することで、現れたり消えたり不可避の脱却をすることもできる。 バットマンの尋問は、建物の端で人を切るなど容疑者から情報を聞き出すために極端な方法を使用する。 彼の威圧的で恐ろしい外見は、多くの場合に容疑者から情報を取得する際に必要なものである。 バットマンの最も決定的な特徴にかかわらず、みずからの敵が彼を害する可能性を持つ者でも、自身の強い正義感から命を奪わない。 犯罪と戦うための修行のなかで、バットマンはさまざまなスキルを身に付けた。 これにより多くの機械を操作することができる。 いくつかの出版物では、魔術師の訓練を受ける。 テクノロジー [ ] 「 バットモービル」はこの項目へされています。 バンドについては「」をご覧ください。 バットスーツ バットマンのコスチュームは犯罪者を恐怖させるためにコウモリのイメージを内包している。 数十年間、様々なストーリー、メディア、アーティストの解釈を通してバットマンのコスチュームは変更されても、最も特徴的な要素は一貫性を維持している。 顔のほとんどを覆うカバーカウル、コウモリのような耳のペア、胸に様式化されたバットエンブレム、そして常に存在するユーティリティベルトである。 ケインとフィンガーは、もともと黒いマントとカウルとグレーのスーツを持つものとしてバットマンを創造したが、黒は着色される時の規則で青色で強調される。 したがって、コスチュームの色は濃いブルーとグレーで登場する。 の監督した『』および『』では、真ん中に黄色のバットエンブレムがあり、完全に黒として描かれている。 の監督した「」では、真ん中に黒いバットエンブレムがある完全に黒のハイテクギアとして描かれている。 が演じる「」では、灰色のスーツに黒いカウル、黒いケープ、黒いバットシンボルとコミックブックにより忠実なスーツを着ている。 バットスーツはとの特性を持ち、敵との戦闘を助け、重大な危機から身を守る。 初期のコスチュームでは手袋は無地の物を身に着けていたが、現在 [ ]の手袋は両腕の手甲部分に三枚の刃を備えている。 キャラクターの外観、とくにコウモリの耳とケープの長さはアーティストによって大きく異なる。 編集者のデニス・オニールは「我々には彼を同じにする必要性はありません。 バットマンのバットケイブには200ぐらいのスーツがぶら下がっていることでしょう」と述べた。 バットモービル 『』のバットモービル バットモービルは黒い車として描かれており、車体後部にはコウモリを示唆する特徴がある。 航空機のバットプレーン(のちのバットウイング)を使って呼び出すなど、さまざまな手段で輸送される。 バットマンの兵器には、バットを接頭辞にした名前が付けられている(バットラング、バットモービルなど)。 バットマン自身はバットを接頭辞にした名前を採用した可能性が低いことを示唆している。 『』でバットマンはキャリー・ケリーに、子供がバットマンの車をそう呼んだため、若い頃にバットモービルを思い付いたと語る。 テレビドラマの『 』では、使用された車はが1955年に発表したのをベースに製作されている。 テレビではキャットウーマンに乗られて持ち去られ、映画では変装したペンギンに盗ませジョーカー・リドラー・キャットウーマンの本拠地を探すために利用する。 2018年の映画『』にもこの車種が登場する。 の監督した『』および『』では、機関銃や爆弾を搭載している。 緊急時に側面部の外装を外すことでより変形して機動性を高めることができる。 駐車時は盗難防止のために装甲を展開する機能がある。 『』にもバートン版のバットマンとともに登場する。 の監督した『』および『』では、スケルトンデザインを使い、生物的なボディになっている。 車体後部にはコウモリのウィングデザインが用いられている。 『』では『』のものよりフロントと後部のウイングが長くなり大型になっている。 の監督した『』では、との組み合わせで作られた。 別称「タンブラー()」。 の監督した『』では、やを意識してデザインされ、によるの効率化も特徴となっている。 ユーティリティベルト ユーティリティベルトには犯罪と戦うツール、武器、調査機器などを携帯している。 ベルトの異なるバージョンでは、ポーチやハードシリンダーとしてこれらのアイテムを携帯している。 バットマンは携帯された グラップネル・ガンを発射して空を飛ぶように描かれている。 これはアンカーの付いたワイヤーを射出して、遠くの物体に取り付け、ワイヤーを巻き取る事での屋上をスイングする。 はバットマンの両親の殺人事件で使用されたため、使うことを拒んでいる。 1960年代のテレビドラマではバットマンがめったに使わない武器が描かれている。 例を挙げれば、バットコンピューター、バットスキャナー、バットレーダー 、バットカフス、バットポンツーン、バットドリンキングウォーターディスペンサー、バットカメラとバット偏光フィルター、 バットサメ除けバットスプレー、バットロープなど。 バットシグナル バットマンが必要になると、ゴッサムの警察署に設置されたサーチライトが照射され、夜空に輝くバットシンボルが作られる。 バットケイブ 地下洞窟に作られたバットマンの秘密基地。 これはローカルとグローバルの両方の監視のために彼のコマンドセンターとして機能するだけでなく、犯罪との戦いのためにバットマンの車や機器を収容する。 また、バットマンの記念品のための倉庫として使われる。 『 Batman: Shadow of the Bat issue 45 』や『』、『』では洞窟は地下鉄道の一部だったと言われている。 ほかにもの地下やにもバットケイブを作っている。 出典 [ ]• Batman 242 June 1972• Detective Comics 846 Sept. 2008• 1 July 2000• Hollywood Reporter. 2015年9月21日閲覧。 2015年10月21日閲覧。 Fleisher, Michael L. The Encyclopedia of Comic Book Heroes Volume 1 Batman Collier Books 1976 p. London. 2008年7月22日. の2008年7月29日時点におけるアーカイブ。 IGN Entertainment. 2014年2月20日時点のよりアーカイブ。 2011年5月27日閲覧。 Batman: The Complete History. Chronicle Books, 1999. , p. Daniels, Les. DC Comics: A Celebration of the World's Favorite Comic Book Heroes. Wright, Bradford W. Comic Book Nation. Baltimore: Johns Hopkins, 2001. , p. w , p , i. "The Batman and How He Came to Be" Detective Comics 33 1—2 1939年11月 ,• Nov. 1939 , 2010年1月18日 -• John Jefferson Darowski, " 2008年4月21日 - " December 2007. Retrieved March 20, 2008. on March 20, 2008. , p. 36 [ ]• Boichel, p. , p. Robin Vol. 4 31、Detective Comics 734• Robin Vol 4 70• Batman: The Ultimate Guide to the Dark Knight, 2nd edition, 2005, DK Publishing• Mike Conray, 500 Great Comicbook Action Heroes. Mike Conray, 500 Great Comicbook Action Heroes. Greenberger, Robert 2008. The Essential Batman Encyclopedia. Del Rey Books. Greenberger, Robert 2008. The Essential Batman Encyclopedia. Del Rey Books. w , p. "War of the Worlds" JLA 3 1997年3月 ,• w , and Jack Herbert p. "Superman: Doomed" Superman 31 2014年7月 ,• Daniels 1999 , p. Daniels 1999 , pp. 159—60. 2015年11月18日. Superman vol. 4 5.

次の