小南 満 佑子。 小南満佑子(こみなみまゆこ)がかわいい!愛用コスメやアクセサリーは?身体のケアは何をしてる?

小南満佑子のwiki的経歴と気になる高校と東京音楽大学時代彼氏の存在は?

小南 満 佑子

略歴 に生まれ、4歳の時に同県に転居。 踊ることが幼いころから好きで、兄の影響も受けて転居後よりのスタジオに通い始め、時に移動の車内で食事を済ませつつ大人の中に混じってクラシックバレエやジャズダンス、タップダンスのレッスンを受ける。 小学4年生の時にの劇場で上演された『』に出演して「全ての身体表現が詰まっている華やかな世界」と魅了されて、「を広げてもっとうまくなりたい」との思いでクラシックの声楽を習い始め、関西歌劇団のソプラノの先生に師事する。 さらに歌唱力を鍛えたいと音楽科へ進学して声楽を専攻する。 国内外で演奏活動を行い、には東京国際声楽コンクール高校生の部にて奨励賞を、には声楽オーディションにて最優秀賞を受賞するなど、数々の声楽コンクールで入賞を果たす。 高校1年時のに見た映画『』、翌に大阪で見たミュージカル『』でコゼット役に憧れを抱き、実力を試したいとして高校3年時に2015年版のミュージカル『レ・ミゼラブル』のコゼット役オーディションに応募して、若すぎるとして不合格になるもののアンサンブルに誘われ最年少で合格する。 上京しへ進学した2015年4月、アンサンブルキャストとして同作で初舞台に立つ。 翌の『』へのヒロイン・リカ役での出演を経て、の『レ・ミゼラブル』30周年記念公演にコゼット役で出演し初のプリンシパルキャストを務める。 にもコゼット役で出演し 、大学在学中に3年にわたって同作へ出演を果たしている。 2017年にはミュージカル『ポストマン』に、にはミュージカル『』に出演。 2019年は、に投稿されていたで高校の同期生たちと奉納演奏会 を行った際の動画がのの目に留まり、面識のなかった宮本から直々にオファーを受けて『』に役で出演する。 また、同年3月よりで不定期に放送されているミュージカル情報番組『プリンスロード』で()とともにを務めている。 2020年3月に東京音楽大学を卒業。 同年度前期放送の『』でに初出演し、映像作品にも進出。 「抜群に歌がうまく」また「歌がうまいだけでなく気品と強さを兼ね備えて華のある女優さん」として出演オファーを受け、演じるヒロインのライバルとなる音楽学校声楽科の生徒・夏目千鶴子役を演じて、劇中にてを披露し圧巻の歌唱により脚光を浴びる。 人物 身長は166。 趣味は神社仏閣巡り、舞台・映画鑑賞。 幼少時より西宮市の廣田神社に参拝し、奉納演奏会も開いている。 コンクールや発表会、製作発表などの前には必ず衣裳を持参して神社に正式参拝しお祓いを受け、また長い公演期間の中日や休演日、地方公演前などにも定期的に参拝し、「自分自身が全力で演じることが出来る」ように「観ていただいたお客様に喜んでいただける」ようにとの願いを込めて「舞台に立たせていただけることに感謝」する。 神社へ行くことが気分転換になり、リラックス法になっているという。 また、好きである。 特技は英会話、オペラ、ダンス。 英会話を3歳から習い 、得意な英語を活かして海外スタッフとの人脈を広げ、「将来は海外で、英語で歌って演じられるようになりたい」と語る。 大学ではクラシックの声楽を学んだが、ジャンルを区別して考えることなく「ミュージカルもクラシックも歌い続けていきたい」と語る。 音域は下のG(ソ)から上のE(ミ)までと広く、(ヘッドボイス)と(チェストボイス)に明確な境目がなく曲に応じて自在に織り交ぜるという。 出演 ミュージカル• ( ほか)• レ・ミゼラブル(2015年4月 - 9月) - アンサンブル• レ・ミゼラブル(2017年5月 - 10月) - コゼット 役• レ・ミゼラブル(2019年4月 - 8月) - コゼット 役(、とのトリプルキャスト)• (2016年2月 - 3月、帝国劇場) - リカ 役• ポストマン(2017年12月、) - 美月・ソフィア 役• (2018年10月、 ほか) - ケイト・マクゴーワン 役• (2019年11月 - 12月、) - 役• (2021年3月、 ホールC) - ハンナ・キャンベル 役 テレビ番組• プリンスロード() - MC• プリンスロード〜2019 ミュージカル大辞典〜(2019年3月23日)• プリンスロード VOL. 2 〜2019-2020 ミュージカル大辞典〜(2019年8月25日)• プリンスロード VOL. 3 〜2020 ミュージカル大辞典〜(2020年1月12日)• プリンスロード VOL. 4 〜2020ミュージカル大辞典〜(2020年5月17日) テレビドラマ• (2020年5月12日 - 、) - 夏目千鶴子 役• NEXT. 2020年5月11日閲覧。 ダイヤモンド・オンライン : p. 2020年5月11日閲覧。 、 2020年5月11日閲覧。 ダイヤモンド・オンライン : p. 2020年5月11日閲覧。 ミュージカル『』. 2019年全国公演キャスト. 2020年5月12日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2020年5月14日閲覧。 五月女菜穂 2016年11月25日. SPICE. 2020年5月11日閲覧。 2016年11月25日. 2020年5月11日閲覧。 岸桂子 2019年7月24日. 2020年5月11日閲覧。 ダイヤモンド・オンライン : p. 2020年5月11日閲覧。 2016年8月23日. 2020年5月11日閲覧。 ナターシャ. 2019年3月17日. 2020年5月11日閲覧。 blueprint. 2020年3月19日. 2020年5月11日閲覧。 2020年3月19日. 2020年5月11日閲覧。 オフィシャルサイト. 2020年5月11日閲覧。 小南満佑子 2017年4月25日. インタビュアー:Akiko Yamashita. NorieM Japan. 2020年5月11日閲覧。 PRTIMES 2020年6月19日. 2020年6月21日閲覧。

次の

“朝ドラ”初出演!小南満佑子がデュエットを披露「山崎(育三郎)さんの存在はとても心強かったです」<エール>

小南 満 佑子

第32回 5月12日 の放送で新たに登場したヒロインのライバル・夏目千鶴子を演じる小南満佑子がコメントを寄せた。 本作は、「栄冠は君に輝く~全国高等学校野球大会の歌~」など数々の名曲を生み出してきた昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子 きんこ 氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く。 窪田は、福島で代々続く老舗呉服店の長男で、気弱でいじめられがちだったが音楽と出合い、その秘めた才能を発揮して作曲を始める古山裕一を、二階堂が裕一の妻となる関内音を演じる。 小南が演じるのは、音が通う東京帝国音楽学校の声楽科の生徒でソロリサイタルも開催するほどの実力者である千鶴子。 第32回では上級生のプリンス・久志を演じる山崎育三郎と、イタリア語のオペラであるモーツァルト作詞作曲のドン・ジョヴァンニ「La Ci Darem La Mano」を歌唱するシーンが放送された。 そんな小南に撮影に参加してみての感想や、山崎との共演シーンについてなどを聞いた。 撮影現場では、見るもの聞くもの全てが新鮮で、毎回緊張の連続でしたが、スタッフ・出演者の皆様が温かく迎えて下さり、安心して役に集中することができました。 又、監督とは役についていろいろとお話させて頂いたり、歌うシーンではスタッフさんが加湿器を常に側に置いて下さったり、音楽チームの方々が細かくご指導下さったり、あらゆる面から支えて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。 特に、一番多く御一緒させて頂いた音役の二階堂ふみさんとは、劇中では良きライバルという関係ですが、撮影中はいつもフレンドリーに接して下さり、お芝居に対する真摯な姿勢や温かい人柄に多くのことを学ばせて頂きました。 私自身は、朝ドラ初出演ですが、初めての映像作品でこの様な素晴らしい作品、スタッフの皆様、キャストの皆様と出逢え、お仕事させて頂く日々は大変貴重な経験であり、本当にありがたく思います。 久志さんと一緒に歌わせて頂くにあたり、やはり全生徒憧れのプリンスとの初デュエットに対する喜びも持ちつつ、音楽学校の中でエリートと呼ばれ、実力を持つ千鶴子なので、いつもと変わらず、クールに、堂々と振る舞うように、歌唱中は歌にばかり集中し過ぎず、オペラの中の一つのシーンとその役の心情に寄り添いながら、久志さんとの呼吸を大切にするよう心がけました。 山崎さんはミュージカル界の先輩ですが、実は御一緒させて頂くのは今回が初めてです。 ドラマの現場が初めての私に、色々と教えて下さり、緊張していると気遣って話しかけて下さったりと、山崎さんの存在はとても心強かったです。 デュエットももちろん初めてでしたが、リハーサルの際、一度目から呼吸が自然に合わさる感覚があり、たくさんリードして頂いたことに大変感謝しております。 (ザテレビジョン).

次の

小南満佑子(こみなみまゆこ)身長や兄弟は?朝ドラ「エール」に出演!|あんころ情報局

小南 満 佑子

コンクールや発表会前には、必ず衣装を神社に持って行き、正式参拝し、お祓いを受けているのだそうです。 地方公演に行く前にも、必ず参拝、お祓いをし、また、長い公演期間の時には、中日や休演日に行くなどして、定期的に神社に行っています。 小南満佑子さんは、神社へ参拝しに行くことについて、NorieM Japanのインタビューで、このように話していました。 「自分自身が全力で演じることが出来るように、観ていただいたお客様に喜んでいただけることを願って、そして舞台に立たせていただけることに感謝して参拝しています。 」 また、インタビューで、神社へ行くことが気分転換になっていて、 リラックス法になっているとも話していました。 小南満佑子の経歴 小南満佑子さんは、4歳の時に 兵庫県西宮市に引っ越してから、夙川にあるスタジオに通い始め、大人に混じり、 クラシックバレエ・ジャズダンス・タップダンスのレッスンを受けていました。 小学校4年生の時にミュージカル『森は生きている』に出演したことがきっかけで、「音域を広げてもっと上手くなりたい」と、 クラシックの声楽を習い始めます。 そして、 2016年 『Endless SHOCK 』 2015年、2017年、2019年 『レ・ミゼラブル』 2017年 『ポストマン』 2018年 『タイタニック』 と、数々のミュージックに出演したり、演出家の宮本亜門さんから、直々にオファーされ、 『イノサンmusicale』に マリーアントワネット役で出演するなど、とても実力を持っています。 また、 ミュージカル情報番組『プリンスロード』の MCを務めていたり、 NHK連続テレビ小説『エール』で初めて ドラマにも出演しています。 小南満佑子の学歴 小南満佑子が通った高校 小南満佑子さんは、小学4年生の時に、クラシックの声楽を、関西歌劇団のソプラノの先生に習っていましたが、もっと歌唱力を付けたいと、 兵庫県立西宮高等学校音楽科へ進学しました。 高校時代から、実力のあった小南満佑子さんは、2014年に 『東京国際声楽コンクール高校生の部』で 奨励賞を受賞し、また、2015年にはアメリカ合衆国にある音楽大学の 『ジュリアード音楽院声楽オーディション』で 最優秀賞を受賞するなど、数々のコンクールで入賞しました。 高校1年生の時に、 映画『レ・ミゼラブル』、高校2年生の時に、 ミュージカル『レ・ミゼラブル』を見て、 コゼット役に憧れ、また、実力を試してみたいと、高校3年生の時にミュージカル『レ・ミゼラブル』のコゼット役のオーディションに応募しました。 コゼット役は、年齢が若過ぎると不合格にはなってしまいましたが、アンサンブルとして、最年少で合格しました。 小南満佑子が通った大学 小南満佑子さんは、 東京音楽大学に通っていました。 — 2020年 3月月7日午後6時06分PST 大学へ進学した後、アンサンブルキャストとして、ミュージカル『レ・ミゼラブル』に出演し、初めて舞台に立ちました。 翌年2016年には、KinKi Kidsの堂本光一さんが主演を務めている、ミュージカル作品シリーズ 『Endless SHOCK』のヒロインに抜擢され、リカ役を演じています。 そして、翌年2017年には、 『レ・ミゼラブル』30周年記念公演に念願の コゼット役で出演することが決まり、初のプリンシパルキャストを務めました。 また、2019年にも『レ・ミゼラブル』にコゼット役で出演していて、大学在学中に3度も『レ・ミゼラブル』に出演しています。

次の