遠くに行きたい 疲れた。 メバルのアクアパッツァ|遠くへ行きたい

遠くに行きたいと思ってしまう理由

遠くに行きたい 疲れた

ここからは、遠くに行きたいと思う時の心理に目を向けてみます。 自分で自覚できている心理がある人もいれば、気付けていない人もいるもの。 あなたの中にどんな心理が眠っているのか、自分と向き合ってみることが大切です。 日々の生活に、いつのまにか不安や焦りを感じてはいないでしょうか。 遠くに行きたい理由にもあったように、刺激がない生活によってもこうした思いを抱える場合があります。 「このままで良いんだろうか」「死ぬまでこの生活なのか」と考えてしまうのでしょうね。 他にも「お金が足りない」「時間がない」「楽しみが持てない」といった状況から、焦りや不安を抱える人もいます。 人間関係でトラブル続き、仕事では失敗ばかりという日々が続けば、誰だって気が滅入りますよね。 ただ、この状態が長く続くとやがて限界がきてしまいます。 「あ~、何もかもがめんどくさい」「いっそのこと全て投げ出そうかな」と、投げやりな気持ちになるでしょう。 これは一種の防衛本能。 このままでは身が持たないと感じて、気持ちを切り替えようとしているのです。 この気持ちの切り替えの時に、遠くに行きたいと思うことがあります。 自分の中で「頑張ろう」という気持ちがプツっと切れてしまったのでしょうね。 結果が見えない、あるいはハッキリするまで時間がかかるという場合、そのことばかり考えてモヤモヤするでしょう。 例えば、大きな仕事を任せられた時。 初めのうちは「よし、やってやるぞ!」と強い意気込みを持ちますが、決戦となる日が近づけば近づくほど、プレッシャーがどんどん強くなりますよね。 「これで合っているんだろうか」「準備は不足していないだろうか」と、モヤモヤした状態になるでしょう。 そんな時、遠くに行きたいと思ってしまうこともあります。 自分の中でスッキリしない心理状態が続くと、現実逃避したくなることも。 中途半端な今から逃れたくなってしまうのでしょう。 指図される毎日に嫌気がさしてきたり、思い通りに過ごせない毎日が窮屈に感じてくることもありますよね。 そんな時、誰も知らないところへ行って自由にのびのび過ごしたいと思うものです。 遠くに行けば、周りは自分とまったく関わりない人ばかりです。 そうなれば、余計な気遣いをしたり顔色を伺ったりすることはしなくて済みますよね。 人間関係に疲れた時や、我慢することが多い日常を送っていると、こうした心理から遠くに行きたいと思うことがあるでしょう。

次の

遠くに行きたい人の心理13選!どこか遠くへ逃げたいと感じる理由は?

遠くに行きたい 疲れた

今の生活が疲れてきたから、どこか遠くへ行きたい気分。 でもお金があまりない。 毎日仕事ばっかりの日常に疲れて逃げたくなる気持ちが、人生に何度かありますよね。 言ってしまえば現実逃避なのかもしれないけど、思いつくまま行動を起こしたっていいんですよ。 いつもとは違った何かの行動を取るってことは良い経験なると思うので。 どこかふらっと知らない土地に行きたい。 そんな気持ちを我慢する方法なんて、ここでは書くつもりはないので、その点はご安心を。 でも「失踪したい」じゃなくて「疾走する」と言って、どこかで消えずに戻ってきてほしいかな。 目的地はわからないけど「どこか遠く行きたいな」という人の気持ちに答えて、手助けになるようなことを書いてみたい。 「遠い場所でも、これだけ安く済ませる方法あるなら、こんな場所に行ってみたいな」って思いつくかもしれません。 自分の周りにいる人間が嫌な人ばっかりで楽しいこともない。 なんかもう自分の居場所がないし孤独。 心がズタズタで疲れたから、もう何もかも忘れるために、誰も知らない遠い土地か静かな場所で落ち着ける場所に行きたい。 逃げのつもりでいるのはわかっている。 このまま宛てもなくどこかに行っても何の解決にもならないことだって。 でも今の状況から解放されたいのに、このまま苦しみと向き合い続けても、自分がおかしくなりそう。 迷惑ばかりかけてるぐらいなら、いっその事このまま消えてもいいかな。。。 遠い海外まで行ってきて何を得てきたんだ?って言われれば、大したスキルも身に付かなかったとしか言えないけど。 まぁ少なくとも、人生観は少しくらい広がったかなって思ってます。 で、「遠くへ行きたい」って気持ちに対してなんですが、 「物事に逃げずに上手に向き合うべきなのです」 なんて僕は言わないです。 思うがままに行動に出たっていい。 逃げて逃げて、逃げてるうちに「自分というもの」がわかってくるので、目指すべき道が見つかることだってあります。 もし、「どこか遠くへ行きたい」の「どこか」が、「この世」でない所を指して思ってるなら。 僕が他人の行動を抑える権利なんてない。 けど、せめて話し相手になってあげることはできる。 どこかへ逃亡して新しい人生を築いてみたいのなら 何かも捨てて、新しい土地でリセットして自分は生まれ変わるんだ!って思うことあるある。 それでもいいと思うんですよ。 「何となく」でも「自分を変えるため」でも。 今の場所から飛び出すことができるのに、やらないでクヨクヨ考えるのもいいんですが、やった後からクヨクヨ考えるのだっていいんです。 自分の知らない遠い場所で生活してみたものの、結局、環境や仕事がキツくて嫌で「実家に帰ってきちゃった」っていうパターンになってしまっても。 無駄だと思う時間を過ごすのも、悪いことじゃない。 失敗だろう経験だって、普段の生活で気づかない幸せや世界観が広がるだろうし、今後生きる上での判断力が強くなると思うので。 心機一転に、 ・県外生活 ・海外留学 ・ワーキングホリデー ・海外ボランティア 県外でも海外でもどこでもいいですが、 「行こうか行かないか」迷ってるくらいなら、「さぁ行くんだ」と背中ぐらい押してあげれます。 一時的の旅でもいいのなら、交通費が安い手段を提案 「一瞬でもいいから今の日常から抜け出したい」というのなら、遠くまで行ける安い手段を提案できます。 少なくとも、方向的に「何となく南の方面や北の方面に行きたいなぁ」って感覚は誰にだってあるんじゃないかと。 あと、日帰りじゃないなら宿泊費と食費は忘れずに。 自家用車を利用して車中泊の旅 車中泊は、車の中で寝るので、何より 得するのは宿泊代。 車の中で布団敷いて、全窓ガラスに日除けシートをくっ付ければ、プライベートルームの完成! 交通費については、 燃エネの車だったら尚更いい。 燃費が悪いと、遠くまで行けば行くほどガソリン代が半端なく高くなるんで。 2017年のゴールデンウィーク、僕は平日も休みを取って9連休にして、車中泊の旅に行ってきました。 東北から関西までの長旅で、ひたすらドライブドライブ! 車の中にいる時間のほうが長かったんじゃないかっていう。 片道3日がかりとかなり遠かったけど、それでも景色を見ながらのドライブは最高だった! 前見ないと危ないな 軽自動車で2000キロと長距離だったけど、ガソリンは2万円も行かなかったです。 そして泊まる場所は基本的に 道の駅。 車中泊で来ている車もなかなか多いです。 だから気にしなくても大丈夫。 格安夜行バスなら低価格で遠くまで行ける 夜行バスは本当に安いです。 場所にもよりますが、連休を避ければ 片道2000円~3000円でかなり遠いところまで行けます。 東京~大阪でも8時間と遠いのに 1700円で行けるのがすごい。 青森~東京でも片道4000円前後。 高速道路で移動して所要時間は11時間くらいと長いですが。 格安夜行バスの会社を探すなら、夜行バス比較ナビというサイトが良いですね。 格安バスは安い分デメリット的な要素もあります。 ・バスの中なので眠りづらい ・長時間移動で腰が疲れる ・隣の席に知らない人がいる 眠れない人はホントに眠れないので、 現地に到着したらどこか仮眠できる場所を調べておくといいですね。 カプセルホテルとかネットカフェとか。 夜行バスで少しでも眠れるようにしたいのであれば、ちょっと値段は張りますがJRのバスなどを利用するのがオススメ。 隣の席とくっ付いてない縦列独立シートだったり、カーテンが付いてることがあるので。 青春18切符で電車を利用してノンビリ旅 聞いたことあると思いますが、 JR普通列車なら乗り放題で遠くまで行けます。 5日分セットを1枚で、 11,500円 1日あたり2,370円 で売られています。 新幹線よりはスピードは遅い。 でも、のんびりと窓を眺めながら遠くまで行きたいなら、青春18切符がオススメ。 「18歳までの人しか乗れないんじゃないの?」って思う人もいますが、年齢は関係なく誰でも使えます。 購入場所は、 みどりの窓口や旅行会社など。 発売期間と利用期間は春季、夏季、冬季と決まってます。 5回分となってますが、他の人にも使うことだってできます。 どこへでも遠くまで行けるんですが、注意として、 乗れない区間、グリーン車指定席、特急とか乗れない場合があるということ。 ややこしいんで、青春18切符についてもっと詳しく知りたいなら、も参考に。 交通費をかけたくないなら自転車の旅 「長期の連休はあるけど、お金をかけたくない!」 というのなら、自転車でひたすら遠いとこまで疾走するのもアリ。 「いや、自転車の旅とか、、、人目が気になるし。 メンドクサイ」って思うかもしれませんが。 まぁそうですね。 山とかの上り坂もあるので、そこそこ体力があってアウトドア系が好きな人じゃないと難しい。 原チャリでも嫌かも。 いちおう自転車でも、一日がかりなら隣の県ぐらいまで行けますね。 荷物は、 パンク修理キット、洗面用具、テントセットとかを自転車に備え付けて。 寝る場所は、山ん中の人気のないとこでテントを広げて夜を過ごすっていうのもアリです。 民宿のような、安い所なら泊まってもいいかなって言う人は、 「空いてる部屋を貸したい人」と「利用したい人」をマッチングさせるサービス、Airbnbというサイトを利用するのもいいです。 ホテルや旅館より安かったりする宿泊施設もよくあります。 海外までもっと遠くへ行きたいならLLCの格安航空券 海外までもっと遠くへ行きたいけど、 「でも海外に行くのってお金かかるって聞くしなぁ」。 確かにそう。 でもそれは昔の話。 ちなみにLLCというのは、 ローコストキャリアの略。 つまり格安航空航空会社のことです。 受託荷物の重量制限を低くしたり、機内食などのサービスを抜いての最低価格。 最近は国内より海外のほうが安いことがよくあるんですよ。 白人がいる遠い国だとさすがに値段が張りますが、 アジア圏内なら韓国、台湾、香港、タイ、とかは運賃でいえば 片道1万円くらいで行けるって話です。 格安航空券を探すなら、例えばTトラベルなどのサイトで、お得な価格の航空券が見つかることがあります。 下手したらセール期間なら片道数千円で行けるってことも。 注意点は、運賃代の他に 空港施設利用料や燃油サーチャージ代などの費用も足されるので、その値段も考慮した方がいいということ。 あとは食費、宿泊費、お土産代なども見積もってですね。 宿泊費を抑えたいなら、ゲストハウスやホステルを利用するか、airbnbで宿泊先を探すか。 遠くへ行きたいと感じる時こそ思い切って飛び出そう 宛のない旅でも、ふらっと旅でも、自分探しの旅でも、「何となくどこか遠くへ行きたいなぁ」って感じるなら。 気の赴くまま家から飛び出してみてください。 刺激的な事や変わった出来事も起こるかもしれないし、いつもと違った何かを感じれます。 自分と違う人間を見かけるだけでも、価値観が変わる事も。 長期の旅になればトラブルや困り事が起こることもありますが、過ぎてしまえば良い思い出になるはず。 それとは逆に、実は日常に疲れていて、.

次の

どこか遠くへ行きたい、逃げたい、旅に出たい心理に向き合う

遠くに行きたい 疲れた

ここからは、遠くに行きたいと思う時の心理に目を向けてみます。 自分で自覚できている心理がある人もいれば、気付けていない人もいるもの。 あなたの中にどんな心理が眠っているのか、自分と向き合ってみることが大切です。 日々の生活に、いつのまにか不安や焦りを感じてはいないでしょうか。 遠くに行きたい理由にもあったように、刺激がない生活によってもこうした思いを抱える場合があります。 「このままで良いんだろうか」「死ぬまでこの生活なのか」と考えてしまうのでしょうね。 他にも「お金が足りない」「時間がない」「楽しみが持てない」といった状況から、焦りや不安を抱える人もいます。 人間関係でトラブル続き、仕事では失敗ばかりという日々が続けば、誰だって気が滅入りますよね。 ただ、この状態が長く続くとやがて限界がきてしまいます。 「あ~、何もかもがめんどくさい」「いっそのこと全て投げ出そうかな」と、投げやりな気持ちになるでしょう。 これは一種の防衛本能。 このままでは身が持たないと感じて、気持ちを切り替えようとしているのです。 この気持ちの切り替えの時に、遠くに行きたいと思うことがあります。 自分の中で「頑張ろう」という気持ちがプツっと切れてしまったのでしょうね。 結果が見えない、あるいはハッキリするまで時間がかかるという場合、そのことばかり考えてモヤモヤするでしょう。 例えば、大きな仕事を任せられた時。 初めのうちは「よし、やってやるぞ!」と強い意気込みを持ちますが、決戦となる日が近づけば近づくほど、プレッシャーがどんどん強くなりますよね。 「これで合っているんだろうか」「準備は不足していないだろうか」と、モヤモヤした状態になるでしょう。 そんな時、遠くに行きたいと思ってしまうこともあります。 自分の中でスッキリしない心理状態が続くと、現実逃避したくなることも。 中途半端な今から逃れたくなってしまうのでしょう。 指図される毎日に嫌気がさしてきたり、思い通りに過ごせない毎日が窮屈に感じてくることもありますよね。 そんな時、誰も知らないところへ行って自由にのびのび過ごしたいと思うものです。 遠くに行けば、周りは自分とまったく関わりない人ばかりです。 そうなれば、余計な気遣いをしたり顔色を伺ったりすることはしなくて済みますよね。 人間関係に疲れた時や、我慢することが多い日常を送っていると、こうした心理から遠くに行きたいと思うことがあるでしょう。

次の